FC2ブログ

1/700戦艦『扶桑』フルハルモデル製作 その2

艦船模型製作代行のご依頼をいただいて製作していた、1/700戦艦『扶桑』フルハルモデルが完成しました。

本日は、完成画像をご紹介します。

bnakatanisama36.jpg
1/700戦艦『扶桑』フルハルモデル、左舷側からの全景。1/700スケールの戦艦『扶桑』のフルハルキットは、フジミとアオシマから発売されておりますが、この作品はフジミのキットを製作したものです。

bnakatanisama35.jpg
右舷側からやや望遠気味に撮影したアングル。ディテールアップは(お客さまからのご指定で)汎用の手すりエッチングパーツと空中線の取り付けのみにとどまり、比較的、控えめなものとなりました。

bnakatanisama37.jpg
1/700戦艦『扶桑』フルハルモデル、左舷後方からの見下ろしアングル。フジミのキットは昭和13年当時を再現しており、艦橋上部には防空指揮所や電探類がなく、対空機銃も25mmの連装が8基のみという、シンプルな時代のものになります。

bnakatanisama38.jpg
右舷艦首から煙突付近にかけてのクローズアップ。艦橋はキットパーツをそのまま素組みしただけですが、パーツ数が非常に多いこともあって充分に見栄えがします。

bnakatanisama39.jpg
右舷中央部から艦尾にかけての様子。のちの仕様では艦尾付近に備わった航空作業甲板がお馴染みですが、この時代にはまだ
設置されておらず、シンプルな木甲板となっています。

bnakatanisama40.jpg
昭和13年当時の戦艦『扶桑』の搭載機は、第三主砲塔と隣り合った左舷側の軌条に備えられており、主砲塔上面に設置された射出機を使用して運用されていました。(艦載機は、キットに付属の九五式水偵を2機製作)

bnakatanisama41.jpg
フジミの1/700戦艦『扶桑』は、主砲身も最初から砲口が開口されており、素組みでもそれなりに見栄えがします。手すりはテトラモデルの汎用エッチングを現物合わせで取り付けたもので、簡易的な処理ながらもなかなか実感の高い仕上がりになりました。

来週前半は、今回の『扶桑』と同様に前後編と完成画像紹介の3回に分けて、フジミの1/700航空母艦『日向』フルハルモデルの製作記をご紹介します。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓
ninki01.png

艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

■メディア掲載情報
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo71』に、1/350戦艦『大和』作例記事掲載。全国書店にて発売中!
┣ イカロス出版『あさひ型モデリングガイド』に1/700護衛艦『しらぬい』作例記事掲載。全国書店にて発売中!
┗ モデルアート社出版『月刊MODEL Art 2019年4月号』に、1/700艦船模型作例記事掲載予定。2月末頃発売!

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(2019年2月10日更新! 取引例と模型誌作例の計32作品を一挙公開!)
↓↓↓
mfhbana.jpg


モデルファクトリーハイギヤード公式 スケールモデル完成品webショップ『CHERRY&ANCHOR』
(2019年2月7日、飛行機模型完成品新入荷!)
↓↓↓
crbana.jpg


■『奈良模型愛好会 春展2019』参加のご案内
┣ 日時:3月23日(土)13:00~20:00、24日(日)10:00~16:00
┣ 場所:サンタウンプラザ すずらん館1階 すずらんサークル(奈良県奈良市右京1丁目3-4)
┣ 交通:近鉄京都線「高の原駅」下車 徒歩5分
┗ 問い合わせ先:奈良模型愛好会 藤木 tkykfjk@icloud.com

スポンサーサイト

1/700戦艦『扶桑』フルハルモデル製作 その2

艦船模型製作代行のご依頼をいただき、1/700戦艦『扶桑』のフルハルモデルを製作中です。

今回は、上部構造物と主砲塔、艦載機&艦載艇などの製作の様子をご紹介します。

19022101.jpg
艦船模型の製作の中でも、割と手間がかかるのが艦載艇の製作です。戦艦『扶桑』には、それなりに多くの艦載艇が積まれていますので、キットパーツをひとつひとつ、筆で塗り分けました。

19022102.jpg
各艇を取り付けた様子。長官艇は後部の居住区を二色で塗り分けると模型映えがします。

19022103.jpg
続いては、煙突と後部艦橋の製作です。今回の製作ご依頼は、ディテールアップはほとんど施さず「手摺パーツと張り線のみを付けてほしい」という内容ですので、キットパーツをそのまま素組みしました。

19022104.jpg
主砲塔も同様です。フジミのキットは砲身の砲口が最初から開口されておりますので、パーティングラインとゲートの処理さえ丁寧に行えば、プラパーツのままでもそれなりに見栄えがします。

19022105.jpg
主砲塔と煙突&後部艦橋を取り付けた様子。フジミの『扶桑』のフルハルキットは、昭和13年時の設定ですので、第三主砲塔上部には射出機(カタパルト)が備わります。

19022106.jpg
艦橋は1/700スケールとはいえ、かなり複雑な構成となっており、総パーツ数は105個にも及びます。心理的には、一気に組み上げてから塗装をしたくなってしまうところですが、(この『扶桑』戦前の仕様ということでので)艦橋床面のリノリウム塗装を行う都合で、フロアごとに分割した状態で塗り分けを行いました。

19022107.jpg
組み上げ後の艦橋。少々手間がかかりましたが、床面が綺麗に塗り分けられた様子を見ると、苦労した甲斐がありました。なお、昭和13年の扶桑にはまだ防空指揮所が備わっていないこともあり、最終時の『扶桑 http://modelfactoryhg.blog.fc2.com/blog-entry-1279.html 』と比べると、随分と形状が異なることに気付かされます。

19022108.jpg
とはいえ、この不安定な形状の艦橋をとりつけると、いかにも『扶桑』らしさが増してきました。

19022109.jpg
艦載機は、九五式水偵です。パーツはクリアー成形されていたので、黒サフを下地に吹いて隠蔽してから三色の迷彩塗装を行いました。

19022110.jpg
あとは、汎用の手すりパーツと空中線、そしてスクリュー&機銃、菊花紋章などを取り付ければ完成です。

次回は、1/700戦艦『扶桑』フルハルモデルの完成写真をご紹介します。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓
ninki01.png

艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

■メディア掲載情報
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo71』に、1/350戦艦『大和』作例記事掲載。全国書店にて発売中!
┣ イカロス出版『あさひ型モデリングガイド』に1/700護衛艦『しらぬい』作例記事掲載。全国書店にて発売中!
┗ モデルアート社出版『月刊MODEL Art 2019年4月号』に、1/700艦船模型作例記事掲載予定。2月末頃発売!

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(2019年2月10日更新! 取引例と模型誌作例の計32作品を一挙公開!)
↓↓↓
mfhbana.jpg


モデルファクトリーハイギヤード公式 スケールモデル完成品webショップ『CHERRY&ANCHOR』
(2019年2月7日、飛行機模型完成品新入荷!)
↓↓↓
crbana.jpg


■『奈良模型愛好会 春展2019』参加のご案内
┣ 日時:3月23日(土)13:00~20:00、24日(日)10:00~16:00
┣ 場所:サンタウンプラザ すずらん館1階 すずらんサークル(奈良県奈良市右京1丁目3-4)
┣ 交通:近鉄京都線「高の原駅」下車 徒歩5分
┗ 問い合わせ先:奈良模型愛好会 藤木 tkykfjk@icloud.com

1/700戦艦『扶桑』フルハルモデル製作 その1

艦船模型製作代行のご依頼をいただき、1/700戦艦『扶桑』のフルハルモデルを製作中です。

本日からは、この『扶桑』の製作記をご紹介します。

19022001.jpg
1/700の戦艦『扶桑』のフルハルキットは、フジミとアオシマから発売されていますが、今回製作しているのは(お客さまからお持ち込みいただいた)フジミの帝国海軍シリーズのキットです。

19022002.jpg
アオシマのキットはフルハル専用船体を新規設計したものですが、フジミキットは従来の特シリーズの船体上部に船底のパーツを取り付ける構成となっており、接着部の幅を揃えるためのフレームが3枚付属しています。

19022003.jpg
また、プラ製の飾り台も付属しているのですが、今回は使用せずに、木製台座と真鍮製の飾り脚に切り替えました。

19022004.jpg
船底パーツ裏側に穴を開けて、飾り脚固定用のナットを仕込んだら、船体上部の接着を行います。その際、(形状を安定させるために)内側のランナーは切り離さずに接着を行い、完全に固着したあとに取り除きました。

19022005.jpg
その後、甲板パーツを接着して船体の下処理は完了です。

19022006.jpg
船体上部と船底パーツの合いはそれほど悪いわけではないのですが、そのままでは若干段差がでてしまいますので、捨てサフを吹いた上で吃水線に沿ってサンディングを行いました。(側面の垂直部分は、板張りのペーパーで処理すれば美しく仕上がります)

19022007.jpg
船体上下の合わせ目処理を終えたら、副砲やダビット、錨やフェアリーダーなどを取り付けて塗装に移ります。

19022008.jpg
塗装順は、オキサイドレッドのサーフェイサーを下地に、「船底色→外舷色→甲板色」の順番で行いました。まだ構造物や主砲などは一切乗っていない状態ですが、扶桑型戦艦は長大な船体を持っていることもあって、この状態でも割と絵になります。

19022009.jpg
その後、甲板に設置する細やかな装備品を個別に塗装して取り付けました。フジミの『扶桑』は、(1/700であるにも関わらず)1/350に近いパーツ分割になっているため、非常に多くのゲートの処理を必要としました。

19022010.jpg
小物類を取り付けた『扶桑』の船体。副砲の防水キャンパスにも色を入れたせいか、日本戦艦らしい雰囲気が出てきました。私の場合、舷梯はエッチングで組む場合はタン系の塗装を施すのですが、今回はプラパーツをそのまま使用するため、ウッドブラウン塗装で主張を抑えた仕上げとしました。

次回も、1/700戦艦『扶桑』フルハルモデルの製作の様子をご紹介します。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓
ninki01.png

艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

■メディア掲載情報
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo71』に、1/350戦艦『大和』作例記事掲載。全国書店にて発売中!
┣ イカロス出版『あさひ型モデリングガイド』に1/700護衛艦『しらぬい』作例記事掲載。全国書店にて発売中!
┗ モデルアート社出版『月刊MODEL Art 2019年4月号』に、1/700艦船模型作例記事掲載予定。2月末頃発売!

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(2019年2月10日更新! 取引例と模型誌作例の計32作品を一挙公開!)
↓↓↓
mfhbana.jpg


モデルファクトリーハイギヤード公式 スケールモデル完成品webショップ『CHERRY&ANCHOR』
(2019年2月7日、飛行機模型完成品新入荷!)
↓↓↓
crbana.jpg


■『奈良模型愛好会 春展2019』参加のご案内
┣ 日時:3月23日(土)13:00~20:00、24日(日)10:00~16:00
┣ 場所:サンタウンプラザ すずらん館1階 すずらんサークル(奈良県奈良市右京1丁目3-4)
┣ 交通:近鉄京都線「高の原駅」下車 徒歩5分
┗ 問い合わせ先:奈良模型愛好会 藤木 tkykfjk@icloud.com

1/350航空母艦『赤城』完成 その2【左舷側】

艦船模型製作代行のご依頼を頂いて製作していた、ハセガワの1/350航空母艦『赤城』が完成しました。

前回の右舷側の完成写真( http://modelfactoryhg.blog.fc2.com/blog-entry-1649.html )に引き続いて、今回は左舷側をご紹介します。

btsujimurasama14.jpg
1/350航空母艦『赤城』、左舷側からの全景。右舷側は煙突が目立っていたのに対し、左舷側は艦橋と(舷側より若干、張り出した)シールドなし高角砲が印象に残ります。

btsujimurasama15.jpg
1/350航空母艦『赤城』、左舷後方からの全景。『蒼龍型』以降の空母専用設計の艦と比較すると複雑な面構成ですが、船体と上構も含め、『加賀』よりはいくらかスマートな印象も受けます。

btsujimurasama16.jpg
左舷艦首付近のクローズアップ。無数のジャッキステーが魅力的な箇所ですが、このあたりは比較的、左右対称に近い形状をしています。

btsujimurasama17.jpg
左舷艦首付近の見下ろしアングル。木甲板色は板目ごとの色の差異を表現するために4色で塗り分け、エナメルのブラウンと艶消しクリアーでのコーティングを行いました。また、白線などの表示類もすべて塗装による仕上げです。

btsujimurasama18.jpg
同じく見上げアングル。飛行甲板の裏側のディテールは、ハセガワの『ディテールアップエッチングパーツ スーパー』を使用することで見ごたえのあるものとなりました。また、艦首と艦尾の左右両舷に備わる舷梯は、『ディテールアップエッチングパーツ ベーシックA』のものを使用しています。

btsujimurasama19.jpg
艦橋周りの様子。対空兵装などの武装類は全て手を入れました。12cm高角砲と20cm単装砲は砲身をマスターモデルの真鍮砲身に切り替え、25mm連装機銃は本体をファインモールド製ナノドレッドシリーズのパーツに交換の上、機銃身を全てポントスモデルの真鍮パーツに植え替えました。

btsujimurasama20.jpg
艦橋にはハセガワとエデュアルドのエッチング、更にはベテランモデルとGenuine modelの各種レジンパーツを贅沢に投入してディテールアップを施したほか、窓枠内部には透明プラ板を貼ってガラス表現も施しました。メインマストはガフが省略されているので真鍮線で追加し、揚旗策などもより実感的に再現しています。

btsujimurasama21.jpg
12cm高角砲には臨戦態勢のイメージで兵員フィギュアを配置しました。砲尾側には砲弾を持った兵士を配置し、緊張感のある雰囲気に仕上げています。

btsujimurasama22.jpg
高角砲デッキの上部は、飛行甲板の前端部と後端部と同様に、トラス状の構造材が目立つ部分です。また、飛行機救助網の支柱や甲板作業員ポケットからのラッタルも、空母らしい機能美を実感することができます。

btsujimurasama23.jpg
写真では確認しづらいですが、左舷側の短艇格納庫は解放式となっており、内部には運搬軌条や旋回盤、そしてディテールアップされた運貨艇も収めました。飛行甲板と機銃スポンソンを繋ぐラッタルにはエデュアルドのパーツを使用し、踏板部分が実物同様に抜けた表現としております。

btsujimurasama24.jpg
飛行甲板上の九七式艦上攻撃機のクローズアップ。飛行甲板上には兵員フィギュアを多数配し、出撃に向けて整備員と搭乗員が最後の確認と挨拶を交わしている様子を表現しました。また、艦載機本体も、プロペラを全てエッチングに交換したほか、風防上のアンテナやアンテナ線の追加などの各種ディテールアップを行っています。

btsujimurasama25.jpg
艦尾の見上げアングル。ハンギングレール上のクレーンは左舷側に寄せて固定しました。赤い舵柄信号標はレインボーモデルのエッチングによるもので、大型で存在感のある表現としています。

btsujimurasama26.jpg
少しアングルを変えて撮影した、左舷艦尾側の様子。艦尾信号灯は、(ハセガワにしては珍しく)説明書の取り付け向きが間違って記載されていたので、正しい向きに修正しました。船体には全体的にブラックとグレー系数色でウォッシングを施し、錨やボラード&フェアリーダー、そしてモンキーラッタルなど(の錆の出やすい部分)については、軽めの錆汚れを追加しました。

btsujimurasama27.jpg
最後は、左舷艦首側からの見下ろしアングルです。『赤城』は、どの角度から見ても、どの箇所を切り取っても、非常に見応えがある航空母艦であることを、今回の製作を通して改めて実感しました。

なお、今回ご紹介しました1/350航空母艦『赤城』の完成写真は、ブログ掲載用にサイズを落としておりますが、フルサイズの画像を下記アドレスに掲載しておりますので、「より大きなサイズで写真を見たい!」という方は、ぜひ以下のリンクをクリックしてご覧くださいませ。
↓↓↓

http://nabeck.web.fc2.com/tsujimurasama01.htm


モデルファクトリーハイギヤードでは、この『赤城』をはじめ、1/350の空母作品の製作ご依頼を大募集しております。
『加賀』、『飛龍』、『翔鶴』なども、同様のレベルでディテールアップ可能ですので、ご興味のございます方は、メールフォーム( http://form1.fc2.com/form/?id=531294 )などからお気軽にお問い合わせください。

(次回は、1/700戦艦『扶桑』フルハルモデルの製作記をご紹介します)

当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓
ninki01.png

艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

■メディア掲載情報
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo71』に、1/350戦艦『大和』作例記事掲載。全国書店にて発売中!
┣ イカロス出版『あさひ型モデリングガイド』に1/700護衛艦『しらぬい』作例記事掲載。全国書店にて発売中!
┗ モデルアート社出版『月刊MODEL Art 2019年4月号』に、1/700艦船模型作例記事掲載予定。2月末頃発売!

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(2019年2月10日更新! 取引例と模型誌作例の計32作品を一挙公開!)
↓↓↓
mfhbana.jpg


モデルファクトリーハイギヤード公式 スケールモデル完成品webショップ『CHERRY&ANCHOR』
(2019年2月7日、飛行機模型完成品新入荷!)
↓↓↓
crbana.jpg


■『奈良模型愛好会 春展2019』参加のご案内
┣ 日時:3月23日(土)13:00~20:00、24日(日)10:00~16:00
┣ 場所:サンタウンプラザ すずらん館1階 すずらんサークル(奈良県奈良市右京1丁目3-4)
┣ 交通:近鉄京都線「高の原駅」下車 徒歩5分
┗ 問い合わせ先:奈良模型愛好会 藤木 tkykfjk@icloud.com

1/350航空母艦『赤城』完成 その1【右舷側】

艦船模型製作代行のご依頼を頂いて製作していた、ハセガワの1/350航空母艦『赤城』が完成しました。

『赤城』は右舷側と左舷側でかなりディテールが異なる船ですので、まずは完成写真の前編として、右舷側をピックアップしてご紹介します。

btsujimurasama01.jpg
ハセガワ1/350航空母艦『赤城』、右舷からの全景です。ディテールアップには、ハセガワから発売されている「ベーシックA」、「ベーシックB」、「ベーシックC」、「スーパー」に加えて、エデュアルドのエッチングパーツ、そしてレインボーモデルの汎用ジャッキステーやモンキーラッタル&舵柄信号標――。更にはベテランモデルやGenuine modelのレジンパーツに加え、マスターモデルとポントスモデルの真鍮砲身などを使用しました。

btsujimurasama02.jpg
ハセガワ1/350航空母艦『赤城』、右舷後部からの全景。飛行甲板上の艦載機には、ハセガワの1/350「日本海軍空母艦載機セット(QG30)」を合計5箱用意し、真珠湾第一次攻撃隊の計36機を再現しました。

btsujimurasama03.jpg
右舷艦首付近のクローズアップ。格納庫前端部は側面にジャッキステーが多く、模型映えのするポイントです。今回の製作においては、これらのジャッキステーはプラモールドを切削のうえ、全てレインボーモデルの汎用エッチングパーツに切り替えました。

btsujimurasama04.jpg
飛行甲板上の乗組員は、フジミの『1/350 帝国海軍 乗組員フィギュア』の未塗装版を、筆で塗り分けたものを400体ほど配置しています。

btsujimurasama05.jpg
飛行甲板裏側のトラス状補強材(ガーダー&ビーム)は、ハセガワの『ディテールアップパーツ スーパー』にて再現し、支柱や主錨付近のモンキーラッタルはレインボーのパーツに切り替えました。

btsujimurasama06.jpg
右舷中央部の様子。特徴的なボートダビットと、存在感抜群の煙突が『赤城』独特の構造美を引き立てています。

btsujimurasama07.jpg
艦橋周りには発艦する攻撃隊を見送る将兵を配置し、マストには多数の旗を掲げました。映画「トラ・トラ・トラ!」や、「永遠の0」などでもお馴染みのシーンです。

btsujimurasama08.jpg
艦橋には戦闘時に装備するマントレットやキャンパスを取り付け、黒板にはオアフ島の地図を描き入れました。また、艦橋上の装備品である双眼望遠鏡や各種管制装置はベテランモデルのレジンパーツに交換し、伝声管も取り付けました。

btsujimurasama09.jpg
右舷の高角砲はシールド付きとあって、さほど精密感はないのですが、砲身はマスターモデルの真鍮挽物砲身に切り替え、救命浮標も取り付けました。

btsujimurasama10.jpg
右舷艦尾付近のクローズアップ。マストおよびラッタル類のディテールアップは、全てエデュアルドのエッチングパーツによるもので、張り線には0.3号のメタルラインを使用しました。

btsujimurasama11.jpg
なお、飛行甲板上の攻撃隊は「制空隊→水平爆撃隊→雷撃隊」の順番で並べ、垂直尾翼の機体番号は分かる範囲で実機の番号を忠実に再現しました。(判明しない機については連番としています)

btsujimurasama12.jpg
塗装については、全体的に艶消し仕上げとしていますが、スクリューや機銃身、菊花紋章や艦載機のプロペラなどは(メリハリと高級感を出すために)、敢えて艶ありの仕上げとしています。

btsujimurasama13.jpg
飛行甲板後端部の下面はトラス上の補強材に加え、クレーンのハンギングレールが素晴らしい機能美を見せてくれます。この部分は、他にも舵柄信号標や艦尾信号灯、そしてラック格納の救命浮標が備わり、空母のメカニズムの美しさが結集しています。

次回は、1/350航空母艦『赤城』の左舷側のディテールと拡大画像をご紹介します。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓
ninki01.png

艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

■メディア掲載情報
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo71』に、1/350戦艦『大和』作例記事掲載。全国書店にて発売中!
┣ イカロス出版『あさひ型モデリングガイド』に1/700護衛艦『しらぬい』作例記事掲載。全国書店にて発売中!
┗ モデルアート社出版『月刊MODEL Art 2019年4月号』に、1/700艦船模型作例記事掲載予定。2月末頃発売!

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(2019年2月10日更新! 取引例と模型誌作例の計32作品を一挙公開!)
↓↓↓
mfhbana.jpg


モデルファクトリーハイギヤード公式 スケールモデル完成品webショップ『CHERRY&ANCHOR』
(2019年2月7日、飛行機模型完成品新入荷!)
↓↓↓
crbana.jpg


■『奈良模型愛好会 春展2019』参加のご案内
┣ 日時:3月23日(土)13:00~20:00、24日(日)10:00~16:00
┣ 場所:サンタウンプラザ すずらん館1階 すずらんサークル(奈良県奈良市右京1丁目3-4)
┣ 交通:近鉄京都線「高の原駅」下車 徒歩5分
┗ 問い合わせ先:奈良模型愛好会 藤木 tkykfjk@icloud.com

プロフィール

HIGH-GEARed

Author:HIGH-GEARed
奈良市在住、スケールモデル販売業者「モデルファクトリーハイギヤード」の製作担当兼代表をしております。

また、渡辺真郎の名前で『月刊モデルアート』、『艦船模型スペシャル』等の模型雑誌の作例記事も書かせていただいております。

「プロモデラーの人ってどんな生活をしているの?」という疑問に少しでもお答えできるよう、業務日記と日常日記を織り交ぜた内容でお届けしております。

当ブログの作品紹介はホームページの補助的な役割で活用しており、ホームページの方をメインとして、模型作例を多数掲載しております。 ぜひご覧ください。

HIGH-GEARed HOBBY WORKS!!
↓↓↓
http://nabeck.web.fc2.com/

模型製作ご依頼はこちら(お気軽にお問い合わせください)
↓↓↓
http://nabeck.web.fc2.com/hg-mdf.htm

コメントの投稿は必ず記名をお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR