1/350戦艦『扶桑』製作 その4

艦船模型製作代行のご依頼を頂き、フジミの1/350戦艦『扶桑』を製作中です。

本日は煙突および後部艦橋、マストなどの製作の様子をご紹介します。

1708181.jpg
煙突は純正エッチングパーツが充実しており、かなり行き届いたディテールアップが可能です。特に探照灯の櫓やブルワークなどは真鍮板ならではの薄い仕上がりが非常に実感的で見応えがあります。

1708182.jpg
煙突本体もジャッキステーやファンネルキャップ、整流板などが繊細に再現されています。両サイドに取り付けられた13号電探も、後期型の艦艇ならではの精悍さを演出しています。

1708183.jpg
艦尾方向からの全景。船体が巨大である反面、煙突本体は非常に細く、当時、鈍足扱いされていた『扶桑』の機関の出力不足を実感させてくれます。

1708184.jpg
後部艦橋はマスト中腹のクロスツリーやクレーンケーブル&フック、基部の吸気口ダクトなどに純正エッチングパーツを使用しています。また、高角砲の砲身は、プレミアムキットに付属の真鍮砲身に交換しました。

1708185.jpg
艦首側から見た様子。扶桑の構造物はどれも背が高い割に細長く作られており、同艦の特徴的な艦容を形づくっています。

1708186.jpg
クロスツリーおよびクレーン周りのディテールアップの様子。一般的に、戦艦の構造物の中でも後部艦橋は比較的地味な存在ではありますが、前部艦橋が機能を失った場合には司令部として働く場所でもありますので、重要な構造物であることには違いありません。

1708187.jpg
オキサイドレッドの下地処理を終えた様子。エッチングとプラの質感がひとつに纏まり、精密感を実感できる瞬間です。

1708188.jpg
塗装を済ませた煙突と後部艦橋。残す構造物は前部艦橋のみですが、現在は(同時進行していた)模型誌作例の方の追い込みにかかっておりまして、作業の再開は週明け頃からになりそうです。

製作記の方は少々駆け足でご紹介して参りましたが、引き続き完成までお伝えして参りますので、引き続きよろしくお願い申し上げます。(来週半ば頃完結予定)


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

■メディア掲載情報
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo65』に、1/700石油タンカー『日章丸』作例記事掲載。(発売中)
┣ イカロス出版『艦船プラモカタログ2017』に、1/700航空母艦『CV-7 ワスプ』作例記事掲載。(発売中)
┣ KKベストセラーズ出版『CIRCUS MAX 8月号』に艦船模型作例写真および企画記事掲載。(発売中)
┣ モデルアート社出版『月刊MODEL Art 2017年9月号 』に愛用ツールおよび製作環境紹介記事掲載。(発売中)
┣ モデルアート社出版『月刊MODEL Art 2017年11月号 』に艦船模型作例記事×2隻掲載予定。
┃(2017年9月25日発売)
┗ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo66』に艦船模型作例記事掲載予定。(2017年11月15日発売)


モデルファクトリーハイギヤードが主催する
艦船模型と飛行機模型の完成品販売webショップ『CHERRY&ANCHOR』
(2017年7月14日、1/350艦船模型2隻入荷!)
↓↓↓
crbana.jpg

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(2017年6月5日更新!取引例に16作品追加! 現在計336作品掲載中)
↓↓↓
mfhbana.jpg

■次回模型展示会参加のお知らせ
┣ 『第5回関西オートモデラーの集い』
┣ 案内ブログページ: https://blogs.yahoo.co.jp/modeler_club_wednesday/14830747.html
┣ 日時:2017年8月27日(11:30~17:30)
┣ 開催場所:ボークス大阪ショールーム8F
┗ お問い合わせ先:水曜倶楽部ブログ内コメント欄にて受付

スポンサーサイト

1/350戦艦『扶桑』製作 その3

艦船模型製作代行のご依頼を頂き、フジミの1/350戦艦『扶桑』を製作中です。

本日は主砲塔などの武装および、艦載艇,&艦載機などの製作についてご紹介します。

1708171.jpg
戦艦『扶桑』は、姉妹艦の『山城』と並び、(現在発売中の1/350日本戦艦としては珍しく)主砲塔が6基搭載されているところが特徴ですので、これらの製作はより丁寧に行うように心がけました。写真上側はランナーからパーツを切り出した状態で、下側はラッタルや防水キャンパルなどのモールドを、(エッチングへの切り替えに備えて)切削した様子です。

1708172.jpg
そして、フジミの純正エッチングパーツを取り付けます。扶桑の主砲塔は全部で4種類のバリエーションがあり、形状の似通ったものが混在しているので、パーツ選定や取り付け箇所を間違わないように注意が必要でした。

1708173.jpg
なお、主砲身はプレミアムキットに付属の真鍮挽き物砲身を使用し、エッチングの外筒砲取り付け台と操作台を取り付けました。砲塔の数が多いと砲身の数も多くなり、それだけエッチングの取り付け箇所も多くなる反面、予備のパーツが一切用意されていないため、作業の際には神経を使いました。

1708174.jpg
主砲塔と主砲身、そして防水キャンパスは個別に塗装した上で接着しました。また、写真には撮っていないのですが、舷側の副砲も同じく真鍮挽き物パーツに切り替え、同様の塗装順序にて仕上げております。

1708175.jpg
主砲塔取り付け完了後の様子。長大な船体に6基の主砲塔が縦に並ぶ様子は圧巻です。(この機会に通風塔やウインチ、手すりやラッタルなどの甲板上の装備品の取り付けも行いました)

1708176.jpg
続いては艦載艇の製作です。9mカッターはフジミの扶桑の場合は全てボートクラッチに置いた状態で固定を行うのですが、キットパーツの腰掛部分にはダビット釣り下げ用の穴が二か所開いているので、パテと瞬間接着剤で埋めました(写真左)。また、内火艇もキャビンをエッチングに切り替える為に、プラモールドを大胆に削り取っています。(写真右)

1708177.jpg
完成した短艇群。1944年の扶桑はスリガオ海峡での突撃前の状態とあって、搭載艇はかなり少なめです。

1708178.jpg
艦載機は零式観測機を一機製作しましたが、フジミのパーツは主翼が分厚く、シャープさに欠けましたのでタミヤ製のパーツに変更しました。(機体番号を含むデカールの一部はフジミ製です)

1708179.jpg
こちらは本日の作業を終えた時点の様子です。煙突や後部艦橋も無事に仕上がり、主要構造物は前部艦橋を残すのみとなりました。明日は、これらの構造物の製作の様子をご紹介します。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

■メディア掲載情報
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo65』に、1/700石油タンカー『日章丸』作例記事掲載。(発売中)
┣ イカロス出版『艦船プラモカタログ2017』に、1/700航空母艦『CV-7 ワスプ』作例記事掲載。(発売中)
┣ KKベストセラーズ出版『CIRCUS MAX 8月号』に艦船模型作例写真および企画記事掲載。(発売中)
┣ モデルアート社出版『月刊MODEL Art 2017年9月号 』に愛用ツールおよび製作環境紹介記事掲載。(発売中)
┣ モデルアート社出版『月刊MODEL Art 2017年11月号 』に艦船模型作例記事×2隻掲載予定。
┃(2017年9月25日発売)
┗ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo66』に艦船模型作例記事掲載予定。(2017年11月15日発売)


モデルファクトリーハイギヤードが主催する
艦船模型と飛行機模型の完成品販売webショップ『CHERRY&ANCHOR』
(2017年7月14日、1/350艦船模型2隻入荷!)
↓↓↓
crbana.jpg

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(2017年6月5日更新!取引例に16作品追加! 現在計336作品掲載中)
↓↓↓
mfhbana.jpg

■次回模型展示会参加のお知らせ
┣ 『第5回関西オートモデラーの集い』
┣ 案内ブログページ: https://blogs.yahoo.co.jp/modeler_club_wednesday/14830747.html
┣ 日時:2017年8月27日(11:30~17:30)
┣ 開催場所:ボークス大阪ショールーム8F
┗ お問い合わせ先:水曜倶楽部ブログ内コメント欄にて受付

1/350戦艦『扶桑』製作 その2

お盆休み返上で1/350戦艦『扶桑』を製作中です。

本日は『製作記 その1』で紹介できなかった、船体の塗り分けと木製甲板の貼り付け作業の様子をお知らせいたします。

1708161.jpg
船体塗装後の様子。オキサイドレッドのサーフェイサーで下地処理を終えたのち、先に艦底色を塗装し、続いて(船底部をマスキングしてから)外舷色を塗り重ねました。外舷色に使用したのは、タミヤの『TS66 呉海軍工廠グレー』で、木甲板部もムラなく塗り込みました。

1708162.jpg
木甲板部の再現には、フジミ純正の木製甲板を使用しました。この甲板シートは薄い木の板をレーザーカットした製品で、裏側には糊も付着しているのでフィルムを剥がすだけで(シールの様に)手軽に貼り付けることが出来るのですが、経年変化に弱く、気温や湿度の変化でめくれが生じやすいので、剥がれ防止のために接着剤を塗布して貼り付けました。

1708163.jpg
木製甲板シート貼り付け後の様子。ボートクラッチ(短艇架台)はプラモールドを削り取り、木製甲板付属のエッチングに切り替えました。

1708164.jpg
25mm連装6三連装機銃のブルワークも、同じエッチングに切り替えています。このブルワークのパーツは裏側の三角補強板も再現しており、実感的に仕上がりました。

1708165.jpg
木製甲板付属のエッチングで最も効果が高いのは、航空作業甲板の大盤パーツです。このパーツは、リノリウム押さえ金具の塗膜を剥がして真鍮の地金を露出させることで、実感の高い金具表現が可能です。

1708166.jpg
飛行機運搬軌条や旋回盤も同エッチングに付属のパーツに取り替え、メリハリのある航空作業甲板が出来あがりました。

1708167.jpg
船体の大まかな塗装と甲板の色分けが完了し、ようやく『建造中の戦艦』のイメージが出て参りました。次回は甲板上の構造物と主砲、副砲を製作していく様子をご紹介します。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

■メディア掲載情報
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo65』に、1/700石油タンカー『日章丸』作例記事掲載。(発売中)
┣ イカロス出版『艦船プラモカタログ2017』に、1/700航空母艦『CV-7 ワスプ』作例記事掲載。(発売中)
┣ KKベストセラーズ出版『CIRCUS MAX 8月号』に艦船模型作例写真および企画記事掲載。(発売中)
┣ モデルアート社出版『月刊MODEL Art 2017年9月号 』に愛用ツールおよび製作環境紹介記事掲載。(発売中)
┣ モデルアート社出版『月刊MODEL Art 2017年11月号 』に艦船模型作例記事×2隻掲載予定。
┃(2017年9月25日発売)
┗ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo66』に艦船模型作例記事掲載予定。(2017年11月15日発売)


モデルファクトリーハイギヤードが主催する
艦船模型と飛行機模型の完成品販売webショップ『CHERRY&ANCHOR』
(2017年7月14日、1/350艦船模型2隻入荷!)
↓↓↓
crbana.jpg

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(2017年6月5日更新!取引例に16作品追加! 現在計336作品掲載中)
↓↓↓
mfhbana.jpg

■次回模型展示会参加のお知らせ
┣ 『第5回関西オートモデラーの集い』
┣ 案内ブログページ: https://blogs.yahoo.co.jp/modeler_club_wednesday/14830747.html
┣ 日時:2017年8月27日(11:30~17:30)
┣ 開催場所:ボークス大阪ショールーム8F
┗ お問い合わせ先:水曜倶楽部ブログ内コメント欄にて受付

模型誌に作例記事掲載のお知らせ 【モデルアート社出版 艦船模型スペシャルNo65】  1/700出光興産 石油タンカー『日章丸(二世)』

例年、お盆時期の出版となる、モデルアート社出版『艦船模型スペシャル』の秋の号(第65号)が発売となりました。

kspkaizoku01.jpg
今回も私、HIGH-GEARedこと渡辺真郎が、ライター陣の一人として末席を汚しておりますので、ご紹介させて頂きます。 

今号の特集は『第二次ソロモン海戦』ということで、これまであまり書籍などで扱われる機会の少なかった同海戦の参加艦艇の作例や戦闘の経緯などが詳しく記された注目の号となっております。

日米両軍の主力空母をメインに、精巧な作例が揃っておりますので、艦船模型にご興味のございます方は、ぜひご覧くださいませ。(私が所属している艦船模型サークル『鳶色の会』会員でモデルファクトリーハイギヤード協力モデラーの山崎剛氏による1/700駆逐艦『夕雲』『巻雲』の作例も掲載されています)

kspkaizoku02.jpg
なお、その『第二次ソロモン海戦』の号で私が担当したのは何か? と言いますと、ちょっと意外なネタでして――。ニューキットセレクションとして、百田尚樹氏によるベストセラー小説『海賊とよばれた男』に登場する実在のオイルタンカー『日章丸』を担当させていただきました。

kspkaizoku03.jpg
この1/700『日章丸』は、海洋堂【センムの部屋】シリーズの最新製品で、本来は完成品という形態で販売されているものですが、作例では吃水線下を切り取り、海面ベースを自作するなどして本格的洋上航行モデルとしての完成を試みました。(写真左が加工前、右が加工後)

kspkaizoku04.jpg
記事におきましては、ビギナーを対象とした『海面製作の手順』やお勧めの素材セットのご案内を写真付きで解説させていただいたほか、『日章丸』本体に施した加工についても詳しく解説しております。

艦船模型ファンの皆様はもちろん、『海賊とよばれた男』の小説や漫画、映画などをご覧になった皆さまにも、ぜひお楽しみいただけましたらと存じます。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

■メディア掲載情報
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo65』に、1/700石油タンカー『日章丸』作例記事掲載。(発売中)
┣ イカロス出版『艦船プラモカタログ2017』に、1/700航空母艦『CV-7 ワスプ』作例記事掲載。(発売中)
┣ KKベストセラーズ出版『CIRCUS MAX 8月号』に艦船模型作例写真および企画記事掲載。(発売中)
┣ モデルアート社出版『月刊MODEL Art 2017年9月号 』に愛用ツールおよび製作環境紹介記事掲載。(発売中)
┣ モデルアート社出版『月刊MODEL Art 2017年11月号 』に艦船模型作例記事×2隻掲載予定。
┃(2017年9月25日発売)
┗ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo66』に艦船模型作例記事掲載予定。(2017年11月15日発売)


モデルファクトリーハイギヤードが主催する
艦船模型と飛行機模型の完成品販売webショップ『CHERRY&ANCHOR』
(2017年7月14日、1/350艦船模型2隻入荷!)
↓↓↓
crbana.jpg

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(2017年6月5日更新!取引例に16作品追加! 現在計336作品掲載中)
↓↓↓
mfhbana.jpg

■次回模型展示会参加のお知らせ
┣ 『第5回関西オートモデラーの集い』
┣ 案内ブログページ: https://blogs.yahoo.co.jp/modeler_club_wednesday/14830747.html
┣ 日時:2017年8月27日(11:30~17:30)
┣ 開催場所:ボークス大阪ショールーム8F
┗ お問い合わせ先:水曜倶楽部ブログ内コメント欄にて受付

1/350戦艦『扶桑』製作 その1

艦船模型製作代行のご依頼を頂き、フジミの1/350戦艦『扶桑』の製作を開始しました。

本日は製作記の第一回目をご紹介します。

1708141.jpg
1/350戦艦『扶桑』の製作は6年ぶり、2回目となります。ディテールアップは当工房でのスタンダードなレベルにプラスアルファの仕上げとするため、フジミからスポット販売されていたプレミアムキットをベースとしました。

1708142.jpg
プレミアムキットは、同艦のディテールアップに使用可能なパーツなどが豊富に付属したセットで、メーカー純正のエッチングパーツが4枚付属しているほか――

1708143.jpg
主砲、副砲、高角砲の真鍮挽き物砲身が全種付属しているお得なセットです。(2017年8月現在入手困難品)

1708144.jpg
今回は、このプレミアムキットに加えてフジミ純正の木製甲板も使用しました。この木製甲板は、機銃ブルワークやボートクラッチ(架台)、そして航空作業甲板と飛行機運搬軌条のエッチングも付属していて充実した内容となっています。

1708145.jpg
船体の組み立ての様子。比較的新しい国産大型艦船キットらしく、内部には頑強なフレームが備わっていて安心感があります。

1708146.jpg
甲板パーツは一枚ものとあって、あまり合いは良くありませんでしたが、各部を切削して調整することでスキマなく収める事ができました。写真に写っている機銃ブルワークなどは、エッチングへの切り替えに備えて、この段階で削り落としておきます。

1708147.jpg
後部の航空作業甲板はリノリウム張りの床面ごと大盤エッチングに切り替える為、軌条を含めて(ハッチ以外の)全てのモールドを削り取りました。

1708148.jpg
副砲ケースメートを取り付け、オキサイドレッドの下地塗装を終えた船体全景。

1708149.jpg
なお、この『扶桑』はお盆期間中、(土日も含めて)全日無休で作業を続けておりまして、本日までにここまで仕上がりました。

(今月の製作予定は、この扶桑の他に雑誌作例が2隻と、依頼品の1/700戦艦が1隻あるので、スケジュール的にかなりタイトになっています)

明日は『扶桑』製作記は一旦お休みして別の話題をご紹介しますが、”扶桑のここまでに至る経過”も、後ほど改めてご紹介しますので、ご興味のございます方は是非ご覧くださいませ。



当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

■メディア掲載情報
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo64』に、1/500一等巡洋艦『八雲』作例記事掲載。(発売中)
┣ イカロス出版『艦船プラモカタログ2017』に、1/700航空母艦『CV-7 ワスプ』作例記事掲載。(発売中)
┣ KKベストセラーズ出版『CIRCUS MAX 8月号』に艦船模型作例写真および企画記事掲載。(発売中)
┣ モデルアート社出版『月刊MODEL Art 2017年9月号 』に愛用ツールおよび製作環境紹介記事掲載。(発売中)
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo65』に艦船模型作例記事掲載予定。(2017年8月15日発売)
┣ モデルアート社出版『月刊MODEL Art 2017年11月号 』に艦船模型作例記事×2隻掲載予定。
┃(2017年9月25日発売)
┗ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo66』に艦船模型作例記事掲載予定。(2017年11月15日発売)


モデルファクトリーハイギヤードが主催する
艦船模型と飛行機模型の完成品販売webショップ『CHERRY&ANCHOR』
(2017年7月14日、1/350艦船模型2隻入荷!)
↓↓↓
crbana.jpg

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(2017年6月5日更新!取引例に16作品追加! 現在計336作品掲載中)
↓↓↓
mfhbana.jpg

■次回模型展示会参加のお知らせ
┣ 『第5回関西オートモデラーの集い』
┣ 案内ブログページ: https://blogs.yahoo.co.jp/modeler_club_wednesday/14830747.html
┣ 日時:2017年8月27日(11:30~17:30)
┣ 開催場所:ボークス大阪ショールーム8F
┗ お問い合わせ先:水曜倶楽部ブログ内コメント欄にて受付

プロフィール

HIGH-GEARed

Author:HIGH-GEARed
奈良市在住、スケールモデル販売業者「モデルファクトリーハイギヤード」の製作担当兼代表をしております。

また、渡辺真郎の名前で『月刊モデルアート』、『艦船模型スペシャル』等の模型雑誌の作例記事も書かせていただいております。

「プロモデラーの人ってどんな生活をしているの?」という疑問に少しでもお答えできるよう、業務日記と日常日記を織り交ぜた内容でお届けしております。

当ブログの作品紹介はホームページの補助的な役割で活用しており、ホームページの方をメインとして、模型作例を多数掲載しております。 ぜひご覧ください。

HIGH-GEARed HOBBY WORKS!!
↓↓↓
http://nabeck.web.fc2.com/

模型製作ご依頼はこちら(お気軽にお問い合わせください)
↓↓↓
http://nabeck.web.fc2.com/hg-mdf.htm

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR