1/350航空母艦『赤城』製作 その19

艦船模型製作代行のご依頼を頂き、ハセガワの1/350航空母艦『赤城』を製作中です。

本日は、飛行甲板裏側の組み立ておよびディテールアップの最終回です。

1707211k.jpg
艦首や艦尾などのメインとなる部分のトラスを組み終わったら、最後に飛行甲板両脇の三角補強板を順番に取り付けて行きます。この部分は不用意に取り付けると、(船体と接着する際に)格納庫側面と干渉して泣きを見ることになるので、船体と飛行甲板を仮固定した状態で組んでいきました。

1707212k.jpg
また、機銃スポンソンの一部が飛行甲板裏側と干渉する箇所もあるので、(パーツを仮付けしつつ)不具合のないように取り付けました。

1707213.jpg
なお、飛行甲板後部の支柱は本数も多く、構造も複雑なうえ、エッチングのトラスを介して組みこまなくてはいけないため、ズレる要素が非常に多く、位置合わせには気を使いました。こうした問題を解決するには、船体と甲板を何度も仮組みしつつ、(微調整を繰り返して)慎重に組み上げていくしかありません。

1707214k.jpg
位置が決まったところで、0.3mmの真鍮線にて支柱同士を繋ぐ補強の”筋交い”を追加しました。私の場合、この筋交いの取り付け位置は、天蓋の艦載艇用クレーンの可動範囲を塞がない場所を選ぶようにしています。

1707215k.jpg
これでようやく、全てのトラスを無事に組み終わりました。この写真は右舷艦首付近のクローズアップです。

1707216k.jpg
そして、右舷中央部の煙突のある括れの様子。

1707217k.jpg
一方、こちらは左舷側の高角砲デッキの括れです。この部分はまだ船体側の内壁を組み終わってないので、後ほど微調整を入れるかもしれません。

1707218.jpg
後部の支柱には2か所の踊り場と小型クレーン、そしてそれらにアクセスする為のラッタルが備わります。(この部分のパーツは、ハセガワのディテールアップエッチングパーツ『スーパー』ではなく、『ベーシックB』に含まれているため、忘れないように注意が必要です)

1707219.jpg
艦尾側からの全景。本当は本日中にサフ吹きまでいきたかったのですが、梱包と出荷などの業務が重なって間に合わなかったので、塗装などの様子は来週月曜日にご紹介します。

―――以下、昨日に引き続いて京都で開催予定の『第7回アートメイド』のご案内です。

7月23日(日)、京都国際マンガミュージアム( https://www.kyotomm.jp/ )にて、オリジナルマンガやアート作品の即売イベント『第7回アートメイド http://www.comicon.co.jp/artmade/ 』が開催されます。

17072110.jpg
そのイベントに、妻の『鍋弓わた』が主催するサークル『極星堂 http://www.aksd.net/ 』が参加します。

スペースNoはA-06で、前回の関西コミティアで販売を開始した『肖像画家のメレーテ http://www.toranoana.jp/mailorder/article/04/0030/54/20/040030542037.html 』の新刊『ライネンラントを旅する』を発表予定です(内容は作品の世界観を紹介したガイドブックを兼ねたショートストーリーです)

近隣にお住まいでイベントに興味のある皆様は、ぜひ京都国際マンガミュージアムにお越しくださいませ。

(新刊はなんと格安!200円です!)


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

■作例掲載情報
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo64』に、1/500一等巡洋艦『八雲』作例記事掲載。(発売中)
┣ イカロス出版『艦船プラモカタログ2017』に、1/700航空母艦『CV-7 ワスプ』作例記事掲載。(発売中)
┣ KKベストセラーズ出版『CIRCUS MAX 8月号』に艦船模型作例写真および企画記事掲載。(発売中)
┣ モデルアート社出版『月刊MODEL Art 2017年9月号 』に製作環境紹介記事掲載予定。 (2017年7月25日発売)
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo65』に艦船模型作例記事掲載予定。(2017年8月15日発売)
┗ モデルアート社出版『月刊MODEL Art 2017年11月号 』に艦船模型作例記事×2隻掲載予定。 (2017年9月25日発売)


モデルファクトリーハイギヤードが主催する
艦船模型と飛行機模型の完成品販売webショップ『CHERRY&ANCHOR』
(2017年7月14日、1/350艦船模型2隻入荷!)
↓↓↓
crbana.jpg

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(2017年6月5日更新!取引例に16作品追加! 現在計336作品掲載中)
↓↓↓
mfhbana.jpg

■次回模型展示会参加のお知らせ
┣ 『第5回関西オートモデラーの集い』
┣ 案内ブログページ: https://blogs.yahoo.co.jp/modeler_club_wednesday/14830747.html
┣ 日時:2017年8月27日(11:30~17:30)
┣ 開催場所:ボークス大阪ショールーム8F
┗ お問い合わせ先:水曜倶楽部ブログ内コメント欄にて受付
スポンサーサイト

1/350航空母艦『赤城』製作 その18 (と、今週末のイベントのお知らせ)

艦船模型製作代行のご依頼を頂き、ハセガワの1/350航空母艦『赤城』を製作中です。

本日は飛行甲板裏側トラス製作の3回目と、イベント情報をお知らせします。

1707201.jpg
今回は飛行甲板中央部のトラス組みをご紹介します。パーツ数は比較的少ないので、一見すると簡単そうですが、全体的に細長いこともあって、(艦首側や艦尾側と違って)基準にする大枠を組むことが出来ないので、端から順番に組んでいきました。

1707202.jpg
接着は、差し込み口の3か所に一か所程度の割合で、少量のゼリー状瞬間接着剤で仮固定し、位置が決まったところで液状タイプを流し込んで固定しています。

1707203.jpg
このようにして、右舷側の高角砲デッキの切り欠き部分のトラスが完成しました。

1707204.jpg
一方、こちらは左舷側の煙突上部のトラスです。太い支柱はエッチングを箱型に折り曲げて形にする必要があるため、スムーズに組むには”折り曲げ精度”が非常に重要になります。

1707205.jpg
船体中央部のトラスを組み終わった様子。あとにも先にも、飛行甲板下部にこれほど括れの多い空母は『赤城』のみで、こうした複雑な構造こそが、同艦の大きな魅力を形成しているように思います。

1707206.jpg
艦尾側の飛行甲板裏側には、ハセガワのディテールアップエッチングパーツ『スーパー』に付属の支柱を組みました。クレーンや探照灯収納部の取り付けも完了し、複雑な構造美が引き立って参りました。

1707207.jpg
一見、飛行甲板裏側の製作は完了した様にも見えますが、実際にはまだ支柱に取り付けるラッタルや踊り場、小型クレーンなどの取り付けと、支柱同士を繋ぐ”筋交い”や、一部のトラスの追加を残しています。

明日の製作記更新で、トラス関連の製作記事は最終となりますので、赤城の製作に興味のございます方は是非ご覧ください。

―――以下、話題が変わります。

7月23日(日)、京都国際マンガミュージアム( https://www.kyotomm.jp/ )にて、オリジナルマンガやアート作品の即売イベント『第7回アートメイド http://www.comicon.co.jp/artmade/ 』が開催されます。

1707208k.jpg
そのイベントに、妻の『鍋弓わた』が主催するサークル『極星堂 http://www.aksd.net/ 』が参加します。

スペースNoはA-06で、前回の関西コミティアで販売を開始した『肖像画家のメレーテ http://www.toranoana.jp/mailorder/article/04/0030/54/20/040030542037.html 』の新刊『ライネンラントを旅する』を発表予定です(内容は作品の世界観を紹介したガイドブックを兼ねたショートストーリーです)

近隣にお住まいでイベントに興味のある皆様は、ぜひ京都国際マンガミュージアムにお越しくださいませ。

(当日は私も手伝いで現地におります)


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

■作例掲載情報
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo64』に、1/500一等巡洋艦『八雲』作例記事掲載。(発売中)
┣ イカロス出版『艦船プラモカタログ2017』に、1/700航空母艦『CV-7 ワスプ』作例記事掲載。(発売中)
┣ KKベストセラーズ出版『CIRCUS MAX 8月号』に艦船模型作例写真および企画記事掲載。(発売中)
┣ モデルアート社出版『月刊MODEL Art 2017年9月号 』に製作環境紹介記事掲載予定。 (2017年7月25日発売)
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo65』に艦船模型作例記事掲載予定。(2017年8月15日発売)
┗ モデルアート社出版『月刊MODEL Art 2017年11月号 』に艦船模型作例記事×2隻掲載予定。 (2017年9月25日発売)


モデルファクトリーハイギヤードが主催する
艦船模型と飛行機模型の完成品販売webショップ『CHERRY&ANCHOR』
(2017年7月14日、1/350艦船模型2隻入荷!)
↓↓↓
crbana.jpg

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(2017年6月5日更新!取引例に16作品追加! 現在計336作品掲載中)
↓↓↓
mfhbana.jpg

■次回模型展示会参加のお知らせ
┣ 『第5回関西オートモデラーの集い』
┣ 案内ブログページ: https://blogs.yahoo.co.jp/modeler_club_wednesday/14830747.html
┣ 日時:2017年8月27日(11:30~17:30)
┣ 開催場所:ボークス大阪ショールーム8F
┗ お問い合わせ先:水曜倶楽部ブログ内コメント欄にて受付

1/350航空母艦『赤城』製作 その17

艦船模型製作代行のご依頼を頂き、ハセガワの1/350航空母艦『赤城』を製作中です。

本日は、飛行甲板裏側のトラス組みの艦尾側の様子をご紹介します。

1707191.jpg
艦尾側の飛行甲板裏側トラスは艦首側より数段複雑な構成になっているので、まずは二重構造になっている最後端の一段目から処理しました。この部分のトラスのパターンは比較的シンプルではありますが、左右非対称になっているので、組み込みの向きを間違えないように注意が必要です。

1707192.jpg
一段目が終われば、デッキのパーツを一枚挟み、続いて2段目を処理します。この部分は(艦首側と同様に)支柱に繋がるメインの部分を『井の字』型に組み、今後の桁を組んでいく際の基準としました。

1707193.jpg
続いてはまず艦首側から順番に横桁を組み――

1707194.jpg
中心から外側に向かって縦桁を組んでいきます。これで艦尾後端部のトラス組みは完了しました。

1707195.jpg
なお、艦尾後端部の更に奥には独立したトラスがあるので、こちらもセオリーどおりにまず外枠から組み立て――

1707196.jpg
続いて横桁を差し込み、

1707197.jpg
最後に縦桁を組み込んで仕上げました。

1707198.jpg
これで艦尾のトラス組みは全て完了ですが、最後に少々難易度の高い艦載艇用クレーン軌条の取り付けが待っています。このパーツは、ハセガワの1/350航空母艦『赤城』用ディテールアップエッチングパーツ『スーパー』には含まれていないため、同シリーズの『ベーシックB』のパーツを組み立てて使用しました。

17071910.jpg
組みあがったクレーン軌条。このパーツの組み立ての様子は今回は省略しておりますが、詳しくは前回の赤城製作記のレポートの中( http://modelfactoryhg.blog.fc2.com/blog-entry-764.html )にてご紹介しておりますので、ご興味のある方は是非ご覧ください。

1707199.jpg
あとは探照灯の収納部と支柱を取り付ければ、艦尾飛行甲板裏側の製作とディテールアップはほぼ完了です。次回も引き続き、飛行甲板の裏側をご紹介します。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

モデルファクトリーハイギヤードが主催する
艦船模型と飛行機模型の完成品販売webショップ『CHERRY&ANCHOR』
(2017年7月14日、1/350艦船模型2隻入荷!)
↓↓↓
crbana.jpg

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(2017年6月5日更新!取引例に16作品追加! 現在計336作品掲載中)
↓↓↓
mfhbana.jpg

■作例掲載情報
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo64』に、1/500一等巡洋艦『八雲』作例記事掲載。(発売中)
┣ イカロス出版『艦船プラモカタログ2017』に、1/700航空母艦『CV-7 ワスプ』作例記事掲載。(発売中)
┣ KKベストセラーズ出版『CIRCUS MAX 8月号』に艦船模型作例写真および企画記事掲載。(発売中)
┣ モデルアート社出版『月刊MODEL Art 2017年9月号 』に模型製作についてのコラム記事掲載予定。(2017年7月25日発売)
┗ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo65』に艦船模型作例記事掲載予定。(2017年8月15日発売)


■次回模型展示会参加のお知らせ
┣ 『第5回関西オートモデラーの集い』
┣ 案内ブログページ: https://blogs.yahoo.co.jp/modeler_club_wednesday/14830747.html
┣ 日時:2017年8月27日(11:30~17:30)
┣ 開催場所:ボークス大阪ショールーム8F
┗ お問い合わせ先:水曜倶楽部ブログ内コメント欄にて受付



1/350航空母艦『赤城』製作 その16

艦船模型製作代行のご依頼を頂き、ハセガワの1/350航空母艦『赤城』を製作中です。

本日からは、赤城製作の見所のひとつでもある、飛行甲板裏側のトラス組みの様子をご紹介します。

17071801.jpg
使用するのは、ハセガワ純正の1/350航空母艦『赤城』用のディテールアップエッチングパーツ『スーパー』です。

17071802.jpg
このパーツセットは主に3枚のエッチングパーツから構成されており、3枚目は横桁のパーツをメインとしています。

17071803.jpg
パーツ2枚目には縦桁の長いパーツが含まれます。

17071804.jpg
3枚目は飛行甲板後部のトラスをメインとし、支柱なども付属しています。

17071805.jpg
今回は艦首側のトラス組みの様子をご紹介します。まず、支柱に繋がるメインの部分を『井の字』型に組み、今後のトラス組みの基準とします。

17071806.jpg
続いて、内側から縦桁を”ひとつ飛ばし”で順番に埋めて行き――

17071807.jpg
横桁を埋めます。

17071808.jpg
最後に、残った縦桁を差し込んで美しいトラスが完成しました。

17071809.jpg
ちなみにハセガワのエッチングは非常に精度が高く、接着なしでもここまで強固に組みあがります。

17071810.jpg
艦首側のトラスは、飛行甲板外周脇のトラスにも繋がってくるので、これらも同時に組み付けました。明日も引き続き、飛行甲板裏側のトラス組みの様子をご紹介します。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

モデルファクトリーハイギヤードが主催する
艦船模型と飛行機模型の完成品販売webショップ『CHERRY&ANCHOR』
(2017年7月14日、1/350艦船模型2隻入荷!)
↓↓↓
crbana.jpg

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(2017年6月5日更新!取引例に16作品追加! 現在計336作品掲載中)
↓↓↓
mfhbana.jpg

■作例掲載情報
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo64』に、1/500一等巡洋艦『八雲』作例記事掲載。(発売中)
┣ イカロス出版『艦船プラモカタログ2017』に、1/700航空母艦『CV-7 ワスプ』作例記事掲載。(発売中)
┣ KKベストセラーズ出版『CIRCUS MAX 8月号』に艦船模型作例写真および企画記事掲載。(発売中)
┣ モデルアート社出版『月刊MODEL Art 2017年9月号 』に模型製作についてのコラム記事掲載予定。(2017年7月25日発売)
┗ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo65』に艦船模型作例記事掲載予定。(2017年8月15日発売)


■次回模型展示会参加のお知らせ
┣ 『第5回関西オートモデラーの集い』
┣ 案内ブログページ: https://blogs.yahoo.co.jp/modeler_club_wednesday/14830747.html
┣ 日時:2017年8月27日(11:30~17:30)
┣ 開催場所:ボークス大阪ショールーム8F
┗ お問い合わせ先:水曜倶楽部ブログ内コメント欄にて受付

1/350航空母艦『赤城』製作 その15

艦船模型製作代行のご依頼を頂き、ハセガワの1/350航空母艦『赤城』を製作中です。

本日は昨日の板目塗装に引き続いて、白線の塗装工程についてご紹介します。

1707141.jpg
前回は木甲板の板目ごとの塗り分けとウォッシングの様子までをご紹介しました。今回は白線の塗装表現についてご紹介します。

1707142.jpg
白線塗装は、自分でテープを切り出してマスキングするとなるとかなり面倒ですが、専用設計のマスキングシート使えば非常に手軽かつ実感的な仕上げと出来るのでお勧めです。

この製品、『1/350航空母艦 赤城用 甲板塗装用マスキングシート』は、当工房『モデルファクトリーハイギヤード』で販売しているもので、webショップ『CHERRY&ANCHOR http://www.cherry-anchor.com/ 』にて全国通販を行っておりますので、ご興味のございます方はぜひご覧ください。

●『モデルファクトリーハイギヤード 艦船模型甲板塗装用マスキングシート』掲載ページ
http://www.cherry-anchor.com/shopbrand/ct14/

1707143.jpg
このマスキングシートは、おおまかにわけて鉄板部分の塗装用と白線の塗装用の2枚ずつに分類されています。この写真のシートは鉄板部分の塗り分けに使うもので、前回に塗り分けた木甲板部に貼って使用します。

1707144.jpg
貼り付け後の状態。これで木甲板部は完全に隠れたので、鉄板部分に外舷色を吹き付けて塗り分けを行います。

1707145.jpg
塗装後にテープを剥がすと、このように美しく塗り分けられた飛行甲板が姿を現します。飛行甲板外周やエレベーター部はもちろん、着艦制動策の基部や伸縮継ぎ手なども繊細な仕上がりです。

1707146.jpg
製作中の船体に仮置きした様子。いよいよ空母を製作している実感が湧いてまいりました。

1707147.jpg
続いて白線塗装用のシートを貼り付け、余分なところをマスキングしてから白塗装を行います。なお、このシートは基本的には『先に甲板全体を白に塗装してから白線部をマスキングし、その上で木甲板色、外舷色を塗り重ねる』という順序で使用するようになっているのですが、今回は個人的にな好みで『先に木甲板、続いて外舷色、最後に白線塗装』という順序にアレンジして使用しました。

1707148.jpg
こうして直線部と破線部の塗り分けが完了しました。なお、飛行甲板の白線塗装の際には、原色の白をそのまま使うとコントラストが強くなりがちですので、私の場合は少量のグレーを混ぜてトーンを落とした色を使用しています。

1707149.jpg
続いて、風向き標識や艦名標示などを塗り分けました。風向き標識などはテープを切り出してマスキングするのはかなり難しいので、専用シートの存在には随分と助けられています。

17071410.jpg
塗り分けを終えた飛行甲板。今回は指定の塗り分け方法とは逆の順番でやったこともあって少々難易度が高かったのですが、(木甲板の板目塗装も相まって)機能美溢れる飛行甲板を再現することが出来ました。

17071411.jpg
3枚に分割された飛行甲板を順番に並べた様子。(左から艦首側、中央、艦尾側の順です)

17071412.jpg
これで飛行甲板表側の塗り分けが完了しました。次回は飛行甲板の裏側のエッチングトラスの組み付けをご紹介します。



当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

モデルファクトリーハイギヤードが主催する
艦船模型と飛行機模型の完成品販売webショップ『CHERRY&ANCHOR』
(2017年7月14日、1/350艦船模型2隻入荷!)
↓↓↓
crbana.jpg

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(2017年6月5日更新!取引例に16作品追加! 現在計336作品掲載中)
↓↓↓
mfhbana.jpg

■作例掲載情報
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo64』に、1/500一等巡洋艦『八雲』作例記事掲載。(発売中)
┣ イカロス出版『艦船プラモカタログ2017』に、1/700航空母艦『CV-7 ワスプ』作例記事掲載。(発売中)
┣ KKベストセラーズ出版『CIRCUS MAX 8月号』に艦船模型作例写真および企画記事掲載。(発売中)
┣ モデルアート社出版『月刊MODEL Art 2017年9月号 』に模型製作についてのコラム記事掲載予定。(2017年7月25日発売)
┗ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo65』に艦船模型作例記事掲載予定。(2017年8月15日発売)


■次回模型展示会参加のお知らせ
┣ 『第5回関西オートモデラーの集い』
┣ 案内ブログページ: https://blogs.yahoo.co.jp/modeler_club_wednesday/14830747.html
┣ 日時:2017年8月27日(11:30~17:30)
┣ 開催場所:ボークス大阪ショールーム8F
┗ お問い合わせ先:水曜倶楽部ブログ内コメント欄にて受付


■作品のみ出展のお知らせ
┣ 『和歌山プラモデル合同展示会2017』
┣ 公式サイトURL: http://www.tim.hi-ho.ne.jp/uesan/tenjikai.html
┣ 日時:2017/7/16(日) 12:00~21:00、7/17(月・祝) 10:00~18:00
┣ 開催場所:河南コミュニティーセンター
┗ お問い合わせ先:サイト内掲示板にて受付

プロフィール

HIGH-GEARed

Author:HIGH-GEARed
奈良市在住、スケールモデル販売業者「モデルファクトリーハイギヤード」の製作担当兼代表をしております。

また、渡辺真郎の名前で『月刊モデルアート』、『艦船模型スペシャル』等の模型雑誌の作例記事も書かせていただいております。

「プロモデラーの人ってどんな生活をしているの?」という疑問に少しでもお答えできるよう、業務日記と日常日記を織り交ぜた内容でお届けしております。

当ブログの作品紹介はホームページの補助的な役割で活用しており、ホームページの方をメインとして、模型作例を多数掲載しております。 ぜひご覧ください。

HIGH-GEARed HOBBY WORKS!!
↓↓↓
http://nabeck.web.fc2.com/

模型製作ご依頼はこちら(お気軽にお問い合わせください)
↓↓↓
http://nabeck.web.fc2.com/hg-mdf.htm

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR