模型修理のお仕事(マスターワークコレクション1/700航空母艦『信濃』)

当工房では艦船模型の製作の他に、ちょくちょく急ぎで模型修理のご依頼を頂く事がありまして、以前は1/350航空母艦『ガンビアベイ』の修復記事( http://modelfactoryhg.blog.fc2.com/blog-entry-731.html )などもご紹介させていただきましたが、その時以来の模型の修理作業の様子をご紹介します。

今回、修復をさせて頂いたのは、タミヤから発売されていた完成品『マスターワークコレクション』の1/700航空母艦『信濃』です。

hayashisama00.jpg
修復をご希望の箇所は、艦橋上部のマストです。ご自身で修復に挑戦されたものの、タッチアップに使用した色が合わず、接着面も汚れてしまったので、なるべく破損前に近い状態に戻してほしいというご依頼でした。(写真は、最初にお客様にお送りいただいたものです)

hayashisama01.jpg
そこで作品を当工房にお送りいただき、修理をさせていただくことになりました。これまで、マスターワークの信濃をじっくりと見せていただく機会はあまりなかったのですが、(改めて見てみると)さすがタミヤのお抱えモデラーが製作した公式作品だけあって、細部に至るまで非常に丁寧に仕上げられているのがわかります。

hayashisama03.jpg
しかし残念ながら、運送の際のトラブルで、起倒式マストの一部が破損するアクシデントがありましたので、これらの修復も同時に行うことになりました。

hayashisama02.jpg
メインマストの修復は、まず再接着されていた部分を一旦取り外し、残った接着剤などをデザインナイフやヤスリなどで落とすところから始まりました。

hayashisama04.jpg
メインマスト取り付け部も同様に、接着剤を剥がして表面を丁寧に慣らし、取り付け穴を開け直して(補修塗装を行う為に)マスキングを施します。

なお、マスターワークコレクションの塗装にはタミヤ社内専用の独自の塗料が使用されている為、市販カラーでは色が合うものがありません。色合い的にも少々難しい調色が必要になりましたが、現物合わせ(ピットロードカラーPC17+Mr.カラー32番+307番の目分量配合)でなんとかほぼ同じ発色を実現する事ができました。

hayashisama05.jpg
修復を終えたメインマスト。手前味噌ではありますが、補修跡は一切、わからないレベルまで仕上げる事が出来ました。

hayashisama06.jpg
運送の過程で破損した起倒式マストは、タミヤへのパーツ請求(Dパーツ×2)にて新品部品を取り寄せて処理しました。

hayashisama07.jpg
自家調合の塗料で色合わせもバッチリです。

hayashisama08.jpg
無事に修復を終えて新品同様の状態にまで復元された、マスターワークコレクション1/700航空母艦『信濃』。現在では入手困難な製品になっておりますので、この修復を期に、ぜひ末永く再展示いただけましたらと思います。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

モデルファクトリーハイギヤードが主催する
艦船模型と飛行機模型の完成品販売webショップ『CHERRY&ANCHOR』
(2017年5月25日、1/48飛行機モデル4機新入荷!)
↓↓↓
crbana.jpg

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(2017年3月27日更新!取引例に11作品追加! 現在計320作品掲載中)
↓↓↓
mfhbana.jpg


■模型誌作例掲載情報
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo64』に、1/500一等巡洋艦『八雲』作例記事掲載。(発売中)
┣ イカロス出版『艦船プラモカタログ2017』に、1/700航空母艦『CV-7 ワスプ』作例記事掲載。(発売中)
┗ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo65』に艦船模型作例記事掲載予定。(2017年8月15日発売)


■個展開催のお知らせ
┣『第3回すずらん模型展 【第2回HIGH-GEARed個展】』
┣ 日時:2017年6月10~11日(10:00~17:00)
┣ 開催場所:奈良県奈良市右京1丁目3-4 サンタウンプラザ すずらん館1階 すずらんサークル
┣ 交通:近鉄京都線・『高の原駅』駅下車 徒歩5分、駐車場有り「入庫から1時間無料」
┗ お問い合わせ先:関西学研都市センター株式会社 営業部販売促進課 TEL:0742-71-3639
スポンサーサイト

山口隆司さん製作の1/350航空母艦『隼鷹』と、『関西コミティア50』のご案内

●山口隆司氏製作の1/350航空母艦『隼鷹』 

明後日から、『静岡ホビーショー モデラーズクラブ合同展示会』に参加します。

今回、私は『奈良模型愛好会』と『チームKen-1 feat. 鳶色の会』の2ブース掛け持ちでの参加となるのですが、『チームKen-1 feat. 鳶色の会』のブースからは(『鳶色の会 https://tobiiro.jimdo.com/ 』会長の)山口隆司さんの最新作、1/350航空母艦『隼鷹』が出展されます。

先日、直接作品を拝見させていただく機会がありましたので、本日は現地公開にさきがけて完成写真をご紹介します。

17051102.jpg
こちらが山口隆司さんの最新作、1/350航空母艦『隼鷹』。私が昨年、艦船模型スペシャルNo63の作例用に製作した作品( http://modelfactoryhg.blog.fc2.com/blog-entry-1141.html )はフルハルモデルでしたが、山口さんの作品はいつものように洋上モデルとして製作されています。

17051103.jpg
そしてもちろん、飛行甲板や対空機銃などには大量の兵員フィギュアが躍動感たっぷりに表現されています。

17051104.jpg
なお、キットで省略されている飛行機格納庫はスクラッチによる再現で、(マリアナ沖海戦時の第二次攻撃隊の発艦準備風景をイメージして)前部エレベーターは下げた状態にて製作されています。

17051105.jpg
艦橋付近では作戦の最終確認が行われ、零戦52型を整備兵たちが手押しで後退させている様子を再現しています。

17051101.jpg
右舷からの全体像。海面ベースのさざ波は、これまでと同様にホームセンターで見つけたペット用の穀類を敷き詰めて表現されたということです。

17051106.jpg
艦橋を右舷から見た様子。マントレットが戦闘の緊張感を高めています。

17051107.jpg
艦載機はキットに付属の零戦や彗星艦爆の他に、九九式艦爆も搭載されています。九九式艦爆はハセガワの前期型空母艦載機セットがベースですが、カウリングやスピナーなどの形状は、後期型の資料に合わせて修正されています。

17051108.jpg
一方、こちらは一旦フルハルモデルとして完成させたのち、船底を切り取って洋上モデルに改造したトランペッターモデル1/350戦艦『ローマ』です。同じ船でもフルハルモデルかジオラマ仕様かで随分雰囲気が変わる事に驚かされました。

合同展示会当日は、是非とも『チームKen-1 feat. 鳶色の会』ブースにお立ち寄りくださいませ。


●『関西コミティア50』のご案内

今週末は私も静岡HSに参加しますが、実は私の妻の『鍋弓わた http://www.aksd.net/ 』も、大阪の別イベントに参加するのでご案内します。

5月14日の日曜日にインテックス大阪で開催される、『関西コミティア50 http://www.k-comitia.com/ 』のスペースNo.【B-72】にて本人作の漫画本を販売しますので、興味のある方は是非どうぞ

17051109.jpg
作品は『肖像画家のメレーテ-1929年におけるバルト海のふたつ星-』というもので、表紙フルカラー48pです。一冊800円で、イベント後は通信販売も予定しています。

17051110.jpg
世界観は1929年の世界恐慌直前のバルト海の小国が舞台となっており、事情があってその国に移り住むことになった画家の少女が主人公の物語です。

17051111.jpg
なお、漫画の中には(背景として)ヨーロッパの建築や当時の船舶、車両などがいろいろと登場しますので、私も文明考証や資料提供などの面で製作に協力させていただきました。

近現代史や当時の欧州事情に興味のある方には楽しんで頂ける内容になっていると思いますので、是非ご覧ください。

鍋弓わたのスペース『極星堂』は、この看板が目印です
↓↓↓
bunani.jpg



当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(2017年3月27日更新!取引例に11作品追加! 現在計320作品掲載中)
↓↓↓
mfhbana.jpg

モデルファクトリーハイギヤードが主催する
艦船模型と飛行機模型の完成品販売webショップ『CHERRY&ANCHOR』
↓↓↓
crbana.jpg


■模型誌作例掲載情報
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo63』に、1/350航空母艦『隼鷹』作例記事掲載。(発売中)
┣ イカロス出版『艦船プラモカタログ2017』に、1/700航空母艦『CV-7 ワスプ』作例記事掲載。(発売中)
┗ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo64』に艦船模型作例記事掲載予定。(2017年5月15日発売)


■次回模型展示会参加予定
┣ 『第51回静岡ホビーショー モデラーズクラブ合同展示会』
┣ 開催場所 :ツインメッセ静岡
┣ 所在地 :静岡県静岡市駿河区曲金3-1-10
┣ 開催日時:2017年5月13日 9:00~17:00
┃           14日 9:00~16:00
┗ 出展ブース :『奈良模型愛好会』 および 『チームKen-1 feat. 鳶色の会』より参加


■次回個展開催のお知らせ
┣ 日時:2017年6月10~11日
┣ 開催場所:奈良県奈良市右京1丁目3-4 サンタウンプラザ すずらん館
┣ 交通:近鉄京都線・『高の原駅』駅下車 徒歩5分、駐車場有り「入庫から1時間無料」
┗ お問い合わせ先:関西学研都市センター株式会社 営業部販売促進課 TEL:0742-71-3639

この春の製作予定

3月末にかけましては、艦船模型スペシャル誌次号の作例締切に追われておりますので、本日は4月以降に取り掛かる製作ご依頼品をご紹介します。

1703272.jpg
まずはフジミの1/700戦艦『霧島』 です。比較的スタンダードなディテールアップ作品となる予定ですが、1944年仕様の戦艦『金剛』と船体パーツを共有していることから生じる設計上の不備については簡単な修正を行う予定です。

1703273.jpg
続いて、シールズモデル(フォーサイト)の1/700戦艦『三笠』。1/700の戦艦『三笠』といえば、現在ではハセガワキットも発売されていますが、今回はお客様よりお持ち込みいただいたシールズのキットをベースとして、既に絶版となったピットロードのエッチングパーツを組み合わせたディテールアップを行います。

1703271.jpg
そしてこちらは、今年最初のご依頼で製作させていただきました、1/700航空母艦『瑞鶴 http://modelfactoryhg.blog.fc2.com/blog-entry-1123.html 』と同様のフジミの1/700フルハルモデル艦船キット、1/700戦艦『金剛』です。フジミの『金剛』は純正エッチングパーツの内容が少々淡白ですので、汎用パーツを多用して精度の高い作品を目指していく予定です。

1703274.jpg
久しぶりのAFVモデルの製作ご依頼も頂いております。製作するのは(難易度が比較的高いと噂されている)、ピットロード1/35『陸上自衛隊87式偵察警戒車』です。キットに付属のエッチングパーツやアドラーズネストのアンテナなどを追加し、強めの汚し塗装を施した作品に仕上げる予定です。

また、4月下旬から5月の初めにかけましては、ほかに1/700護衛艦、1/700航空母艦『赤城』なども予定しております。

5月中旬以降は1/350の戦艦、空母などの連作に加えて1/200戦艦『ビスマルク』の仕上げを行う予定となり、いずれも豪華なディテールアップ内容になりますので、当ブログを通じて製作工程などをお楽しみいただけましたらと思います。

雑誌作例や展示会参加などの予定も考えると、この春もかなりタイトなスケジュールになりますが、お客様に御満足いただけますように一作一作、心を込めて製作させていただきますので、どうぞよろしくお願いいたします。

1703275.jpg
余談ですが、プライベートサイトの『HIGH-GEARed's HOBBY WORKS!! http://nabeck.web.fc2.com/  』も2カ月半ぶりに更新しました。公開が遅れていた『1/350戦艦 陸奥 製作記』もようやくアップできましたので、ご興味のございます方は是非ご覧ください。

1703276.jpg
また、業務サイトの『モデルファクトリーハイギヤード http://nabeck.web.fc2.com/hg-mdf.htm 』も取引例を11件追加し、作品掲載数が合計320作品となりました。 ブログ更新と比較してサイト更新の方が少々遅れがちで申し訳ないのですが、引き続き管理運営を続けて参りますので、これからもよろしくお願い申し上げます。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(2017年3月27日更新!取引例に11作品追加! 現在計320作品掲載中)
↓↓↓
mfhbana.jpg

モデルファクトリーハイギヤードが主催する
艦船模型と飛行機模型の完成品販売webショップ『CHERRY&ANCHOR』
↓↓↓
crbana.jpg


■模型誌作例掲載情報
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo63』に、1/350航空母艦『隼鷹』作例記事掲載。(発売中)
┣ イカロス出版『艦船プラモカタログ2017』に、1/700航空母艦『CV-7 ワスプ』作例記事掲載。(発売中)
┗ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo64』に艦船模型作例記事掲載予定。(2017年5月15日発売)


■次回模型展示会参加予定
┣ 『第51回静岡ホビーショー モデラーズクラブ合同展示会』
┣ 開催場所 :ツインメッセ静岡
┣ 所在地 :静岡県静岡市駿河区曲金3-1-10
┣ 開催日時:2017年5月13日 9:00~17:00
┃           14日 9:00~16:00
┗ 出展ブース :『奈良模型愛好会』 および 『チームKen-1 feat. 鳶色の会』より参加


■次回個展開催のお知らせ
┣ 日時:2017年6月10~11日
┣ 開催場所:奈良県奈良市右京1丁目3-4 サンタウンプラザ すずらん館
┣ 交通:近鉄京都線・『高の原駅』駅下車 徒歩5分、駐車場有り「入庫から1時間無料」
┗ お問い合わせ先:関西学研都市センター株式会社 営業部販売促進課 TEL:0742-71-3639

今月製作の艦船模型をご紹介

モデルファクトリーヒロの1/700戦艦『大和』アルティメイトキットに続く、艦船模型製作代行のご依頼品ですが、今月下半期は1/700の重巡洋艦2隻の製作を予定しております。

1702141k.jpg
まずはフジミの1/700重巡洋艦『利根1945』です。

1702142k.jpg
ディテールアップは主にフジミのパーツを使用し、舷側の外板継ぎ目モールド追加や張り線の展張などの自作系の加工も幾つか盛り込む予定です。

1702143k.jpg
そしてこちらはタミヤの1/700航空巡洋艦『最上』と重巡洋艦の『鈴谷』ですが、この2隻のキットは個別に仕上げるのではなく、ニコイチして最終時の重巡洋艦『熊野』として完成させる予定です。

1702144k.jpg
ディテールアップはフジミの最上用をメインとしますが、このパーツは航空巡洋艦用となっているので、汎用パーツや他の重巡用パーツなどを追加投入して、前述の『利根』と同等のディテールバランスに仕上げます。

1702145k.jpg
また、2隻共に共通して、E型主砲塔をヤマシタホビーのパーツに交換し、砲身をアドラーズネストの真鍮砲身に切り替えます。

1702146k.jpg
小物類も、ファインモールド製のナノドレッドシリーズのパーツに交換します。

なお、2月下旬から3月にかけては『艦船模型スペシャルNo64』の作例製作や、1/350戦艦『リシュリュー』の製作がすでに決まっているので、(確定申告と展示会との兼ね合いもあって)かなり多忙なスケジュールになりそうですが、身体に気をつけつつ、更に良い作品をお見せできるように頑張ろうと思います。

昨年暮れから今年の上半期にかけましては当初の予定通りに製作スケジュールを進める事ができず、多くの御客様に製作開始をお待ちをいただくことになりましてたいへん恐れ入りますが、今後も(完成度を最優先しつつ)1隻1隻、丁寧に仕上げて参りますので、引き続き当工房をよろしくお願い申し上げます。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(2017年1月9日更新!取引例に26作品追加)
↓↓↓
mfhbana.jpg

モデルファクトリーハイギヤードが主催する
艦船模型と飛行機模型の完成品販売webショップ『CHERRY&ANCHOR』
↓↓↓
crbana.jpg


■模型誌掲載情報
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo62』に、1/700重雷装巡洋艦『大井』作例記事掲載。(発売中)
┣ イカロス出版『艦船プラモカタログ2017』に、1/700航空母艦『CV-7 ワスプ』作例記事掲載。(発売中)
┗ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo63』に艦船模型作例記事掲載予定。(2017年2月15日発売)

『おおさかホビーフェス』にお邪魔してきました

昨日は午後から『マイドームおおさか』で開催されました、『おおさかホビーフェス』に御邪魔してきました。

東京ホビーショーのレポートなどと同様に、既にweb上には多くの情報が出ていると思われますが、(せっかくの機会ですので)当日訪れたブースの製品写真の中から、艦船模型関係の商品を御紹介します。

1611041.jpg
まずはウェーブのウォーシップシリーズの新製品で、1/350駆逐艦『秋月』です。既に雑誌などで告知されているように、モノクロームから発売されていたキットと同じ金型を使用し、1942年と1944年のコンパチキットとしてリリースされる予定です。キットには、舷窓の盲蓋や爆雷装填台、機銃の防盾などがメインの小判エッチングが付属しますが、手摺などが付属した豪華版も後ほどリリースの予定があるとのことでした。

1611042.jpg
こちらはピットロードから発売予定の1/700護衛艦『いずも』です。ハセガワ版がウォーターラインであるのに対して、ピットロード版はフルハルモデルとして製作可能となっており、艦橋などを極力一体成型してパーツ数を押さえているところがウリとのことでした。また、ヘリコプターは以前に開発したひゅうが型のものが付属しますが、甲板作業車は新規開発が行われ、精度の高い物に仕上がっているそうです。

1611043.jpg
続いて、シールズモデルのブランドで御馴染みの『フォーサイト http://www.f-sight.jp/ 』さんのブースに展示されていた製品群です。写真上側は、記念艦三笠のオフィシャルモデルの1/500戦艦『富士』。下側は同社の代表的シリーズでもある、1/700の南極観測シリーズの砕氷船群です。フォーサイトと言えば、個人的には以前から1/700レジンキットの『信濃丸』が気になっておりまして、民間船(日本郵船)バージョンが再版される事があれば欲しいなと思う今日この頃です。

1611044.jpg
こちらはアオシマブースに出展されていた、1/700航空母艦『イラストリアス』です。ワスプやハーミーズもそうですが、(日本艦がもてはやされる中で)外国艦も忘れずにしっかりラインナップを充実させてくれるところが、アオシマのありがたいところです。

1611045.jpg
続いて誰もが驚いたと思われるアイテム、潜水母艦『大鯨』です。空母に改装されて『龍鳳』になる前の姿で、水上機母艦の『千歳』や『千代田』以上に『隠れ空母』的なビジュアルをしているところがたいへん魅力的な艦です。個人的にも昔から好きな船ですので、機会があればぜひ作ってみたいと思います。

1611046.jpg
そして、こちらもアオシマのニッチなアイテム、飛行艇母艦『秋津洲』です。この手の船は飛行機好きの注目も集めそうですし、ジオラマ映えするので人気が高まりそうですね。

1611047.jpg
こちらは童友社のブースに展示されていた、ホビーボスの1/350戦艦『ストラスブルク(ストラスブール)』。未塗装のサンプルでしたが、モールドなどは非常に好印象でした。 私も来年は(製作ご依頼で)1/350で戦艦『リシュリュー』を製作予定ですので、フランス艦の魅力に目覚めそうな気がします。

1611048.jpg
続いて、姉妹艦の『ダンケルク』です。1/350で世界の戦艦が揃うとは、本当に良い時代になりました。

1611049.jpg
第二次大戦時の戦艦も魅力ですが、前弩級艦が1/350で新規にラインナップされるのも驚きです。こちらはフランス海軍1/350戦艦『ダントン』です。(かなりマニアックな艦種だけあって、ブースの担当者の方も実艦については詳しいことはわからないと仰っていました)

他に、当日は艦船の目玉である、ハセガワの1/350航空母艦『隼鷹 http://www.hasegawa-model.co.jp/product/z30/ 』の完成サンプルとランナー、エッチングなども出展されていたのですが、ブースの方とのお話に夢中になってしまって、写真を撮り損ねてしまいました。(反省)

(隼鷹につきましては、また今後ご紹介出来る機会があると思いますので、その際にぜひご覧いただけましたらと思います)

なお、開催日当日は、いつもお世話になっている『鳶色の会 http://tobiiro.jimdo.com/ 』の山口隆司さん&早野治朗さんとご一緒に各ブースを巡っていたのですが、(私の地元関西での開催とあって)知人のモデラーの方との出会いも多く、クアトロポルテ( http://4porte.luna.weblife.me/ )代表のTさんをはじめ、『何時になった出来るやら? http://hirog60.blog.fc2.com/ 』のシロプリさん、『Web Exhaustnote http://ex-n.sakura.ne.jp/ 』の大磯さんたちと会場にて出会い、ご交流をいただきました。

また、いつもお世話になっているモデルアート社のブースの皆さまともご交流の時間をいただき、心より感謝申し上げます。


■『モデラーズ フェスティバル 2016』参加のお知らせ■


1611011.jpg
明日5日から明後日6日にかけて開催されいる『モデラーズフェスティバル』に参加いたします。以下、開催概要です。


■モデラーズ フェスティバル 2016
┣ 開催期間:11月5日(土) 午前11時~午後6時
┃        11月6日(日) 午前10時~午後4時
┣ 開催場所: 大阪 ATC ITM 棟 10 階 大阪デザイン振興プラザ デザインギャラリー&デザインショーケース
┣ 参加ブース:デザインショーケース内 『チームKen-1 feat. 鳶色の会』ブースに出展予定
┣ 備考:5日(土)は全日参加予定、翌6日は午後3:00頃から会場におります
┗ 公式サイト:http://modefes.tumblr.com/


私のスケジュールは一日目は全日参加予定ですが、二日目は午後3時前後から撤収時間にかけての時間帯のみ会場に詰めている予定です。(作品の方は全日展示されております)

なお、 『チームKen-1 feat. 鳶色の会』とは、カーモデルライターのKen-1さんを筆頭に関西の模型誌ライターが結成したチーム名で、メンバーは

Ken-1さん
川原慎一郎さん
紀伊國屋谷左衛門さん
山口隆司さん
早野治朗さん
渡辺真郎(HIGH-GEARed)

の6名です。

当日は、『モデルカーズ』や『モデルグラフィックス』、『艦船模型スペシャル』や『月刊MODEL Art』などの各誌面に掲載された作例群を多数展示しますので、会場にてぜひ直接ご覧くださいませ。

模型を愛する皆様とのご交流を心より楽しみにしております。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつも投票いただきありがとうございます)

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(現在受注が集中しているため、製作開始およびお届けにお時間を頂いております)
↓↓↓
mfhbana.jpg


■次回、模型展示会参加のご案内
┣『モデラーズ フェスティバル 2016』
┣ 11月5日(土) 午前11時~午後6時
┃ 11月6日(日) 午前10時~午後4時
┣ 開催場所: 大阪 ATC ITM 棟 10 階 大阪デザイン振興プラザ デザインギャラリー・デザインショーケース
┣ デザインショーケース内 『チームKen-1 feat. 鳶色の会』ブースに出展予定
┗ 公式サイト:http://modefes.tumblr.com/
プロフィール

HIGH-GEARed

Author:HIGH-GEARed
奈良市在住、スケールモデル販売業者「モデルファクトリーハイギヤード」の製作担当兼代表をしております。

また、渡辺真郎の名前で『月刊モデルアート』、『艦船模型スペシャル』等の模型雑誌の作例記事も書かせていただいております。

「プロモデラーの人ってどんな生活をしているの?」という疑問に少しでもお答えできるよう、業務日記と日常日記を織り交ぜた内容でお届けしております。

当ブログの作品紹介はホームページの補助的な役割で活用しており、ホームページの方をメインとして、模型作例を多数掲載しております。 ぜひご覧ください。

HIGH-GEARed HOBBY WORKS!!
↓↓↓
http://nabeck.web.fc2.com/

模型製作ご依頼はこちら(お気軽にお問い合わせください)
↓↓↓
http://nabeck.web.fc2.com/hg-mdf.htm

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR