FC2ブログ

「紫電改」原寸大模型見学

掲載がずいぶん遅くなりましたが、本日は(今年7月7日に訪れた)兵庫県加西市鶉野での「紫電改」原寸大模型の見学記をご紹介します。

この見学イベントは、もともとはブログリンクでお世話になっている、シロプリさん( https://hirog60.blog.fc2.com/ )のお誘いから始まったのですが、最終的には様々な人脈が入り乱れることになり、やまつくオフ会でお世話になった( http://modelfactoryhg.blog.fc2.com/blog-entry-1177.html )為平さんや、(最近ではボランティアガイドもされている)屋根裏部屋の男さん( http://blog.livedoor.jp/yanesan/ )にもご案内をいただくことになりました。

19100401.jpg
また、当日は他にも、妻の鍋弓わた( https://www.aksd.net/ )と、シロプリさんの友人のたつさんも加わり、(備蓄倉庫で合流したお二方も含めて計8名の)なかなかに盛大なオフ会になりました。この写真は、シロプリさん&たつさんと待ち合わせた淡河サービスエリアに到着した直後の様子です。

19100402.jpg
そこから下道に降りてしばらく走り、地元ローカル線の北条鉄道( http://www.hojorailway.jp/ )の法華口駅前で、為平さんたちと合流しました。駅前にはのどかな田園風景が広がっており、新緑の季節であることも相まって清々しさを胸いっぱいに感じることが出来ました。

19100403.jpg
法華口駅は1915年開業で、現在は駅舎内にベーカリーも開店し、地元の方や観光客などで大いに賑わっています。ここからは屋根裏部屋の男さんのお車に乗車し、まずは紫電改が展示されている場所に向かいました。

19100404.jpg
紫電改が収納、展示されている場所は、加西市の防災備蓄倉庫を兼ねた施設で、木造のハンガーをイメージした美しい倉庫に保管されています。

加西市の広報ページ
↓↓↓
https://kanko-kasai.com/%e3%80%8c%e7%b4%ab%e9%9b%bb%e6%94%b9%e3%80%8d%e5%ae%9f%e7%89%a9%e5%a4%a7%e6%a8%a1%e5%9e%8b%e3%81%ae%e4%b8%80%e8%88%ac%e5%85%ac%e9%96%8b%e3%81%ab%e3%81%a4%e3%81%84%e3%81%a6/

19100405.jpg
紫電改の特長でもある、片翼2連装の20mm機銃や、カウリング内に覗くシリンダー&配管も見事に再現されています。

1910411.jpg
主脚の収納部やブレーキのパイピングなどの表現も完璧です。私は基本的に、機械の構造美と整備が行き届いた状態を見るのがとても好きでして、このように「生きたマシン」のオーラが出ているレプリカには最高に興奮します。 

19100406.jpg
鶉野の紫電改を見て最も感動したのは、実物そのままの表現が施された沈頭鋲と、波打った外板の表現です。これは、内部フレームを実物通りに再現しているからこそなせる業で、「いまにもエンジンをかけて飛行展示に出ていくんじゃないか?」という錯覚さえ起こさせるものでした。

19100407.jpg
紫電改を見学したあとは、付近の戦跡もご案内いただきました。こうした観光用の看板の表記はある意味、物騒にも見えてしまいますが、そう見えることじたい、現在が平和な時代であるからこそと実感させられます。

19100408.jpg
これは弾薬を保管していた倉庫で、分厚いコンクリ―ト構造が、当時の物々しさを伝えてくれます。

19100409.jpg
これは、爆弾庫前での記念撮影。左から屋根裏部屋の男さん、私、為平さんの順です。

19100410.jpg
そしてこちらは25mm連装機銃が据えられていた機銃座です。敵機が襲来したときには反撃を行うわけですが、機銃のみでの対空射撃はほとんど効果がなく、この機銃座もわざわざ攻撃されるようなことはなかったそうです。

この日は好天にも恵まれ、ボランティアガイドのお二方のご案内のおかげもあって、とても充実した戦跡見学となりました。

当日、ご一緒した皆さま、楽しいお時間を本当にありがとうございました。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓
ninki01.png

艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

■メディア掲載情報
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo73』に、1/700戦艦『金剛』作例記事掲載。全国書店にて発売中!
┣ イカロス出版『いずも型護衛艦モデリングガイド』に、1/700護衛艦『かが』作例記事掲載。全国書店にて発売中!
┣ イカロス出版『あさひ型モデリングガイド』に1/700護衛艦『しらぬい』作例記事掲載。全国書店にて発売中!
┣ モデルアート社出版『月刊MODEL Art 11月号』に「パテの小技 裏技 豆知識」を掲載。全国書店にて発売中!
┣ モデルアート社出版『月刊MODEL Art 2019年12月号』の技術紹介記事に参加予定。10月26日発売予定!
┗ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo74』に、1/350作例記事掲載予定。11月15日発売予定!

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(2019年2月10日更新! 取引例と模型誌作例の計32作品を一挙公開!)
↓↓↓
mfhbana.jpg

モデルファクトリーハイギヤード公式 スケールモデル完成品webショップ『CHERRY&ANCHOR』
(2019年9月18日、艦船模型用マスキングシート再入荷!)
↓↓↓
crbana.jpg
スポンサーサイト



陸上自衛隊『大久保駐屯地 創立62周年・第4施設団創隊58周年記念行事』レポート その4

本日は、陸上自衛隊『大久保駐屯地 創立62周年・第4施設団創隊58周年記念行事』のレポートの最終回をご紹介します。

19070401.jpg
いよいよ、訓練展示が開始されます。まずはUH-1からレンジャー部隊が降下し、敵陣の偵察を開始しました。この降下実演は、年々、客席に近いところで行われる傾向があるようで、今回は滑走路地区に近い至近距離で見ることが出来ました。

19070402.jpg
つついてオートバイ部隊による偵察が行われた際に敵兵と遭遇し、銃撃戦が展開されました。それに伴い、軽装甲機動車が出動して威力偵察が行われます。

19070403.jpg
敵陣の位置を正確に掴んだところで重迫撃砲中隊の『高機動車』が出動し、『120mm迫撃砲RT』を展開――。

19070404.jpg
支援射撃を行いつつ、弾着のタイミングを狙って『74式戦車』2両も前進を開始します。

19070405k.jpg
重厚な車体をロールさせつつ、ジグザグに進路を取ってフル加速で並走する様子はとても迫力がありました。射撃の直後には、即座に右に旋回して単縦陣で一旦後方に下がり、再び並列状態で待機します。

19070406.jpg
一気に突撃しない理由は、敵陣の手前に地雷原があるためで、ここで『92式地雷原処理車』の出番になります。今回は2両が参加していたため、1両は客席の前で地雷原処理用ロケットの発射の手順を見せてくれました。(写真上) そして、会場の中央付近に進んだ、もう一両の地雷原処理車から模擬弾が発射され――(写真中)、地雷原を爆破します。(写真下)

19070407.jpg
直後に『75式ドーザ』が突撃し、敵陣の鉄条網を突破!!小型の車両ながら、物凄い勢いで加速していく様子はなかなか見応えがありました。

19070408.jpg
最後は、再び迫撃砲の支援射撃に呼応して戦車と各車両、そして歩兵が突入し、敵陣を制圧しました。今回の訓練展示のシナリオは、比較的シンプルではありましたが、そのぶんスピード感あふれる展開で楽しめました。

また、これまで『74式戦車』は、敵陣と自陣に1両ずつが割り当てられることが多かったのですが、今回は自陣に2両固められていたため、息の合った連携を見ることができました。訓練展示は毎回、少しずつ内容が変わって目が離せないので、次回の開催も楽しみに待ちたいと思います。

19070409.jpg
訓練展示が終わったあとは、楽しみにしていた『74式戦車』の試乗体験です。今年は長めのコースを2周走ってくれるサービスもあり、存分に楽しむことができました。

19070410.jpg
他にも、駐屯地の各所で試乗体験や装備品展示が盛大に行われており、『UH-1J』の機内見学もできました。ヘリコプターといえば、普段は(我々のような一般人は)博物館に展示されている機体を見るくらいしかなかなか機会がありませんので、こうして「生きている状態」をじっくりと見せていただけるのはたいへん貴重です。

今回のレポートは、できれば動画付きでアップしたかったのですが、このところどうにも忙しくて編集の時間がなく、残念ながら断念となりました。

ですが、ファイルは大切に残してあるので、この夏頃に予定しているご依頼品の製作記の中で改めてご紹介しようと思います。
4回にわたるレポートをご覧いただき、まことにありがとうございました。

当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓
190626ninki0sensya.jpg
艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

■メディア掲載情報
┣ モデルアート社出版『月刊MODEL Art 19年8月号』に、模型製作解説記事掲載。全国書店にて発売中!
┣ イカロス出版『いずも型護衛艦モデリングガイド』に、1/700護衛艦『かが』作例記事掲載。全国書店にて発売中!
┣ イカロス出版『あさひ型モデリングガイド』に1/700護衛艦『しらぬい』作例記事掲載。全国書店にて発売中!
┗ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo73』に、1/700作例記事掲載予定。2019年8月15日発売予定!


艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(2019年2月10日更新! 取引例と模型誌作例の計32作品を一挙公開!)
↓↓↓
mfhbana.jpg

モデルファクトリーハイギヤード公式 スケールモデル完成品webショップ『CHERRY&ANCHOR』
(2019年6月19日、1/700護衛艦『DD-120 しらぬい』完成品、新入荷!)
↓↓↓
crbana.jpg

●次回模型展示会出展のお知らせ
┣ 『第7回関西オートモデラーの集い』
┣ 案内ブログページ:https://blogs.yahoo.co.jp/modeler_club_wednesday/16146884.html
┣ 日時:2019年8月25日(11:30~17:30)
┗ 開催場所:ボークス大阪ショールーム8F

陸上自衛隊『大久保駐屯地 創立62周年・第4施設団創隊58周年記念行事』レポート その3

本日も前回に引き続き、、陸上自衛隊『大久保駐屯地 創立62周年・第4施設団創隊58周年記念行事』のレポートをご紹介します。

今回は、観閲行進の後編になります。

19070301.jpg
『94式水際地雷敷設装置』に続いては、『特大型ダンプ』が行進しました。今回は残念ながら、行進中に荷台を上下させるパフォーマンスは行われていませんでした。

19070302.jpg
この2両は、併せて『07式機動支援橋』です。写真上側が『架設車』、下側は『橋節運搬車』ということで役割が別れており、 橋脚を使用しないガイドビーム方式の架橋装備になります。

19070303.jpg
写真上側は、ラフテレーンクレーン型のトラッククレーン。そして下側は、アースオーガー(掘削ドリル)が特徴の『道路障害作業車』です。この車両は各種アタッチメントを使用することで、行方不明者の捜索や瓦礫除去作業に活躍します。

19070304.jpg
写真上側は、73式大型トラックがベースの『重レッカ』、下側も73式大型トラックですが、こちらは作業装置付有蓋車で、整備課に多く配備されている車両です。

19070305.jpg
重迫撃砲中隊の『高機動車』。牽引しているのは『120mm迫撃砲RT』で、今回の訓練展示では、従来の155mm榴弾砲『FH70』の代わりに支援射撃を行う役目を果たしていました。

19070306.jpg
こちらは『軽装甲機動車』で、(73式トラックなどと同様に)陸上自衛隊の装備品展示で良く見かける代表的な車両です。

19070307.jpg
今回、唯一の装輪装甲車として参加していた『82式指揮通信車』。前年は、他に『87式偵察警戒車』や『NBC偵察車』が参加していたことを思えば、少々寂しい感じもします。

19070308.jpg
そして、最後に登場するのは『74式戦車』です。車体に描かれた『3戦-1』の番号は、第3戦車大隊第1戦車中隊を意味するもので、今津駐屯地からの参加となりました。

19070309.jpg
今年は『74式戦車』は2両参加していました。こちらはアクティブ型赤外線暗視装置を装備したタイプで、第3戦車大隊の部隊マークはレッドライオンに大隊ナンバーを意匠化した3本線を組み合わせたものです。

19070310.jpg
戦車の行進に合わせて、上空には『UH-1J (41892)』が飛来しました。一昨年まで参加していた『AH-1 コブラ』は残念ながら不参加でしたが、駐屯地内には、退役した『UH-1H「41631」』も展示されており、ヘリコプターファンにも楽しめるイベントだったと思います。

次回は、陸上自衛隊『大久保駐屯地 創立62周年・第4施設団創隊58周年記念行事』のレポートの最終回です。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓
190626ninki0sensya.jpg
艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

■メディア掲載情報
┣ モデルアート社出版『月刊MODEL Art 19年8月号』に、模型製作解説記事掲載。全国書店にて発売中!
┣ イカロス出版『いずも型護衛艦モデリングガイド』に、1/700護衛艦『かが』作例記事掲載。全国書店にて発売中!
┣ イカロス出版『あさひ型モデリングガイド』に1/700護衛艦『しらぬい』作例記事掲載。全国書店にて発売中!
┗ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo73』に、1/700作例記事掲載予定。2019年8月15日発売予定!


艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(2019年2月10日更新! 取引例と模型誌作例の計32作品を一挙公開!)
↓↓↓
mfhbana.jpg

モデルファクトリーハイギヤード公式 スケールモデル完成品webショップ『CHERRY&ANCHOR』
(2019年6月19日、1/700護衛艦『DD-120 しらぬい』完成品、新入荷!)
↓↓↓
crbana.jpg

●次回模型展示会出展のお知らせ
┣ 『第7回関西オートモデラーの集い』
┣ 案内ブログページ:https://blogs.yahoo.co.jp/modeler_club_wednesday/16146884.html
┣ 日時:2019年8月25日(11:30~17:30)
┗ 開催場所:ボークス大阪ショールーム8F

陸上自衛隊『大久保駐屯地 創立62周年・第4施設団創隊58周年記念行事』レポート その2

前回に引き続き、陸上自衛隊『大久保駐屯地 創立62周年・第4施設団創隊58周年記念行事』のレポートをご紹介します。

午前10時を過ぎたところで、いよいよ観閲行進が開始されます。

19070201.jpg
音楽隊の演奏は『分列行進曲 https://www.mod.go.jp/gsdf/fan/sound/download/bunretsu_koshin.mp3 』に切り替わり、最初に京都府旗、奈良県旗、国連旗に加えて、観閲部隊指揮官や『災害派遣初動対応部隊』の行進が行われました。それに続いて徒歩行進を行ったのは『自衛官候補生教育隊』で、未来の自衛隊を支える若者たちに激励の拍手が送られました。

19070202.jpg
続いては、いよいよ車両行進です。音楽隊の演奏は、非常にノリの良い行進曲『祝典ギャロップ https://www.mod.go.jp/gsdf/fan/sound/download/shukuten_gallop.mp3 』に切り替わり、続々と部隊が入場してきました。1中隊の中隊長と幕僚が3台の73式小型トラックに分乗し、各隊のプロフィールが次々と紹介されていきました。

19070203.jpg
前を走るのは『1/2t救急車』で、続く『73式大型トラック』には、災害派遣などで良く目にする水タンクをけん引しています。

19070204.jpg
大型ドーザと搭載したセミトレーラー。この重量感と力強さは男心をくすぐります。

19070205.jpg
こちらは小型車両ながら非常に人気が高い『75式ドーザ』です。一見、後進しているようにも見えますが、この車両はドーザ側が後ろですので、これが前進状態となります。

19070206.jpg
中型セミトレーラに搭載された、掩体掘削機。こうした重機は、災害派遣の際に活躍する施設課ならでは装備品です。

19070207.jpg
箱型発射機を搭載していることが特徴の、この車両は『92式地雷原処理車』です。今回はのちの訓練展示にむけて2両が参加していました。

19070208.jpg
写真下側は『92式浮橋』で、上側は『作業用動力ボート』です。災害時、橋の崩落現場でなど活躍する装備で、システム1式で最大104mの浮橋を設置することができます。

19070209.jpg
これは災害現場の瓦礫などを細かく砕いて輸送しやすくするための装備、『自走式破砕機』です。採石場や資源リサイクル施設でも使用されている機械で、建築模型製作会社に勤めていた時には、プラント内に設置する構造模型を良く製作していました。

19070210.jpg
こちらは、水陸両用の『94式水際地雷敷設装置』。煙突状のマフラーと、後部のスクリューに特徴がある車両で、のちの装備品展示においては、試乗も行われていました。

次回も、陸上自衛隊『大久保駐屯地 創立62周年・第4施設団創隊58周年記念行事』のレポートをご紹介します。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓
190626ninki0sensya.jpg
艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

■メディア掲載情報
┣ モデルアート社出版『月刊MODEL Art 19年8月号』に、模型製作解説記事掲載。全国書店にて発売中!
┣ イカロス出版『いずも型護衛艦モデリングガイド』に、1/700護衛艦『かが』作例記事掲載。全国書店にて発売中!
┣ イカロス出版『あさひ型モデリングガイド』に1/700護衛艦『しらぬい』作例記事掲載。全国書店にて発売中!
┗ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo73』に、1/700作例記事掲載予定。2019年8月15日発売予定!


艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(2019年2月10日更新! 取引例と模型誌作例の計32作品を一挙公開!)
↓↓↓
mfhbana.jpg

モデルファクトリーハイギヤード公式 スケールモデル完成品webショップ『CHERRY&ANCHOR』
(2019年6月19日、1/700護衛艦『DD-120 しらぬい』完成品、新入荷!)
↓↓↓
crbana.jpg

●次回模型展示会出展のお知らせ
┣ 『第7回関西オートモデラーの集い』
┣ 案内ブログページ:https://blogs.yahoo.co.jp/modeler_club_wednesday/16146884.html
┣ 日時:2019年8月25日(11:30~17:30)
┗ 開催場所:ボークス大阪ショールーム8F

陸上自衛隊『大久保駐屯地 創立62周年・第4施設団創隊58周年記念行事』レポート その1

先々月の5月25日には、毎年恒例の『陸上自衛隊大久保駐屯地』の記念行事を見学して参りました。

今週は本日から3回程度に分けて、当日の様子をご紹介します。

19070101k.jpg
私が居住する奈良には陸上自衛隊の駐屯地がないため、奈良を受け持つ駐屯地は、市内から電車で20分弱の京都府宇治市にある『大久保駐屯地』となります。昨年は、74式戦車の試乗券を手に入れるために、開門前から入り口に並びましたが、今年もそれに倣って朝早くからの駐屯地訪問となりました。

19070102.jpg
これは、当日いただいた大久保駐屯地の全体図です。戦車の試乗券は早いもの勝ちになるため、開門と同時に(地図を頼りに)配布所に走りました。

19070103.jpg
配布所には既に長蛇の列ができていましたが、なんとか夫婦で2枚の試乗券を手に入れました。当日は、(昨年の記念行事の際にもたいへんお世話になった)常連のお客さま(と、ご友人)とも合流し、観閲行進や訓練展示が非常に見やすい来賓席にご案内をいただきました。(いつも格別のお計らいに感謝申し上げます)

19070104.jpg
式典会場となる滑走路地区には、既に式典開始に向けて車両の数々が待機していました。

19070105.jpg
これが来賓席からのロケーションです。左側に見える屋根付きのスペースは、各隊の司令や議員の先生方のVIP席で、国旗の掲揚や先生方のご挨拶もここで行われます。

19070106.jpg
ご挨拶を前に、会場に整列する隊員の皆さん。ここ最近の5月は、一気に気温が上がって真夏のようになる日が珍しくありませんが、この日の気温はなんと34度! にも拘わらず、直立不動で微動だにしないその姿は頼もしい限りです。

19070107.jpg
挨拶が終わり、観閲行進の準備が始まると、まずは散水車が出動し――

19070108.jpg
猛烈な勢いで地面に水を吸わせました。

19070109.jpg
そして、すぐさまタイヤローラー車で慣らし、砂埃の舞い上がりを防ぐ処置が施されます。(この2両は、のちの戦車試乗の際にもとても良いコンビネーションを見せてくれていました)

このような処理をかなり広い面積に渡ってじっくりと行い、観閲行進の準備がようやく完了となりました。

19070110.jpg
行進が始まって最初に入場してきたのは、中部方面音楽隊です。曲目は、元陸軍軍楽大尉、須摩洋朔氏作曲による行進曲『大空 https://www.mod.go.jp/gsdf/fan/sound/download/ozora.mp3 』です。音楽隊は演奏しながら行進し、式典会場の中央付近の位置につきました。

次回も引き続き、陸上自衛隊『大久保駐屯地 創立62周年・第4施設団創隊58周年記念行事』のレポートをご紹介します。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓
190626ninki0sensya.jpg
艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

■メディア掲載情報
┣ モデルアート社出版『月刊MODEL Art 19年8月号』に、模型製作解説記事掲載。全国書店にて発売中!
┣ イカロス出版『いずも型護衛艦モデリングガイド』に、1/700護衛艦『かが』作例記事掲載。全国書店にて発売中!
┣ イカロス出版『あさひ型モデリングガイド』に1/700護衛艦『しらぬい』作例記事掲載。全国書店にて発売中!
┗ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo73』に、1/700作例記事掲載予定。2019年8月15日発売予定!


艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(2019年2月10日更新! 取引例と模型誌作例の計32作品を一挙公開!)
↓↓↓
mfhbana.jpg

モデルファクトリーハイギヤード公式 スケールモデル完成品webショップ『CHERRY&ANCHOR』
(2019年6月19日、1/700護衛艦『DD-120 しらぬい』完成品、新入荷!)
↓↓↓
crbana.jpg

●次回模型展示会出展のお知らせ
┣ 『第7回関西オートモデラーの集い』
┣ 案内ブログページ:https://blogs.yahoo.co.jp/modeler_club_wednesday/16146884.html
┣ 日時:2019年8月25日(11:30~17:30)
┗ 開催場所:ボークス大阪ショールーム8F

プロフィール

HIGH-GEARed

Author:HIGH-GEARed
奈良市在住、スケールモデル販売業者「モデルファクトリーハイギヤード」の製作担当兼代表をしております。

また、渡辺真郎の名前で『月刊モデルアート』、『艦船模型スペシャル』等の模型雑誌の作例記事や考証記事を書かせていただいております。

このところ、無記名のコメント(名無し、通りすがり)などが増えております。HN記載のない投稿は全て削除しますので、ご注意ください

インターネット上とはいえ、人間同士の交流の場としてコメント欄を公開しておりますので、マナーをお守りいただき、フェアなお付き合いをよろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR