1/35『陸上自衛隊 87式偵察警戒車』完成

AFV模型製作代行のご依頼を頂いて製作していた、ピットロードの1/35陸上自衛隊『87式偵察警戒車』が完成しました。

本日は完成写真をご紹介します。

bawadusama17.jpg
1/35陸上自衛隊『87式偵察警戒車』、右前方からの全景。キットは(恐らくトランペッター設計の)ピットロードのものを使用し、ディテールアップには付属の純正エッチングに加えて、ライオンロア製パーツ、そしてアドラーズネストのアンテナパーツ2種を使用しました。

bawadusama16.jpg
1/35陸上自衛隊『87式偵察警戒車』、左側面からの全景。車体の左側に装具類が備わり、シンプルな形状ながらも部分的に入り組んだ造形美を楽しむ事が出来ます。

bawadusama18.jpg
マッドガードやナンバープレートなどは純正エッチングとライオンロアパーツで重複があったので、それぞれイメージに近いものを使用しました。前照灯のカバーはライオンロア製で、(今回使用した大量のエッチングパーツ群の中でも)特に高いディテールアップ効果を発揮してくれました。

bawadusama19.jpg
右側面は装備品も少なく、比較的シンプルな造型ですが、そのぶん砲塔側の発煙弾の発射筒蓋に取り付けたチェーンやプラロッドとエッチングのコラボによる追加ディテール、そして真鍮挽き物パーツを使用したアンテナ基部などの精密感が引き立ちます。

bawadusama20.jpg
左側面の装具類の取り付け金具はプラパーツのモールドを削り取り、全てライオンロアのエッチングに交換しました。また、ドアのハンドルやヒンジなどもエッチング化によるディテールアップ効果の高いポイントです。

bawadusama21.jpg
左後部から少しばかり望遠気味に撮影した様子。迷彩塗装にはGSIクレオスのMr.カラー特色『陸上自衛隊戦車色』を使用し、マーキングは(お客様のご希望により)第3師団第3偵察隊のものを再現しました。(ウェザリングはお客さまのご希望により、コンバットタイヤ付近をメインに土埃を付着させました)

bawadusama22.jpg
なお、搭乗員フィギュアはそのままでは砲塔内に収まらなかったので、脚を切り詰めるなどしてそれらしい高さに調整しました。陸自特有の迷彩服は、塗装にて再現しています。(キューポラ内側の押出ピン跡はゼリー状瞬間接着剤で埋め、表側のヒンジなどもフルエッチングにて仕上げました) 解放した状態の潜望鏡も相まって、砲塔上部はメリハリのある仕上がりになりました。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(2017年3月27日更新!取引例に11作品追加! 現在計320作品掲載中)
↓↓↓
mfhbana.jpg

モデルファクトリーハイギヤードが主催する
艦船模型と飛行機模型の完成品販売webショップ『CHERRY&ANCHOR』
↓↓↓
crbana.jpg


■模型誌作例掲載情報
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo63』に、1/350航空母艦『隼鷹』作例記事掲載。(発売中)
┣ イカロス出版『艦船プラモカタログ2017』に、1/700航空母艦『CV-7 ワスプ』作例記事掲載。(発売中)
┗ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo64』に艦船模型作例記事掲載予定。(2017年5月15日発売)


■次回模型展示会参加予定
┣ 『第51回静岡ホビーショー モデラーズクラブ合同展示会』
┣ 開催場所 :ツインメッセ静岡
┣ 所在地 :静岡県静岡市駿河区曲金3-1-10
┣ 開催日時:2017年5月13日 9:00~17:00
┃           14日 9:00~16:00
┗ 出展ブース :『奈良模型愛好会』 および 『チームKen-1 feat. 鳶色の会』より参加


■次回個展開催のお知らせ
┣ 日時:2017年6月10~11日
┣ 開催場所:奈良県奈良市右京1丁目3-4 サンタウンプラザ すずらん館
┣ 交通:近鉄京都線・『高の原駅』駅下車 徒歩5分、駐車場有り「入庫から1時間無料」
┗ お問い合わせ先:関西学研都市センター株式会社 営業部販売促進課 TEL:0742-71-3639
スポンサーサイト

1/35『陸上自衛隊 87式偵察警戒車』製作中 その2

AFV模型製作代行のご依頼をいただき、ピットロードの1/35『陸上自衛隊 87式偵察警戒車』を製作中です。

1705091.jpg
本日は砲塔の製作とアンテナの取り付けから塗装にかけての様子をご紹介します

1705092.jpg
ライオンロアのエッチングパーツは、キットでは(閉じた状態がディフォルトになっている潜望鏡カバー)を解放した状態を再現できるようになっています。写真向かって左側の潜望鏡は車長用の潜望鏡で、右側は砲手用の照準潜望鏡です。(砲手用潜望鏡はワイパーや開閉部のシリンダーまでが再現される拘りの設計になっています)

1705093k_20170509212309ffa.jpg
発煙弾の発射筒蓋に取り付けてあるチェーンも、ライオンロアのエッチングによるものです。なお、砲塔周りにライオンロアのパーツを使用するには、一部ロッド状の材料が必要になるのですが、セットには含まれていないのでプラ丸棒を使用して仕上げました。

1705094.jpg
アンテナの再現は(お客さまのご希望により)アドラーズネストのパーツを二種類使用しました。写真左側がマストベースのパーツで、真鍮挽き物パーツと密巻きスプリングのセット、そして右側がアンテナ本体(挽き物パーツ2点)と基部のプラパーツの
セットです。

1705095.jpg
アンテナパーツといえば真鍮線などでの作り替えが御馴染みですが、やはり専用パーツは精度が高くて見応えがあります。(キューポラのパーツは内側に大きな押出ピン跡があったのでゼリー状の瞬間接着剤で処理しました。また、裏側の目立たないヒンジやハンドルも全てエッチングに交換しています)

1705096.jpg
これでようやく塗装に移れます。下地にはまず黒いサーフェイサーで透け止めを施し、続いてオキサイドレッドのサフで仕上げました。

1705097k.jpg
迷彩塗装には、GSIクレオスのMr.カラー特色『陸上自衛隊戦車色』を使用しました。まず最初に濃緑色3414を全体に吹き、続いて(塗装図に従って)茶色3616を重ね、最後に装具にOD色を差して仕上げています。


1705098.jpg
なお、ライトカバーのように内部まで色がいきわたりにくいパーツは接着前に個別に塗装を済ませました。まだナンバープレートやマッドガードが付いていませんが、迷彩塗装を終えると完成が近づいてきたことを実感します。

1705099.jpg
後部から見るとサイドマーカーなどの存在が際立ち、陸上自衛隊の車両のイメージを高めてくれます。

17050910.jpg
フィギュアはキットに付属の物を使用し、マーキングは(お客様のご希望により)第3師団第3偵察隊所属車両のものを再現しました。ここまで来れば、残す作業はクリアーパーツの接着とウェザリングのみです。

次回は完成写真をご紹介します。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(2017年3月27日更新!取引例に11作品追加! 現在計320作品掲載中)
↓↓↓
mfhbana.jpg

モデルファクトリーハイギヤードが主催する
艦船模型と飛行機模型の完成品販売webショップ『CHERRY&ANCHOR』
↓↓↓
crbana.jpg


■模型誌作例掲載情報
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo63』に、1/350航空母艦『隼鷹』作例記事掲載。(発売中)
┣ イカロス出版『艦船プラモカタログ2017』に、1/700航空母艦『CV-7 ワスプ』作例記事掲載。(発売中)
┗ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo64』に艦船模型作例記事掲載予定。(2017年5月15日発売)


■次回模型展示会参加予定
┣ 『第51回静岡ホビーショー モデラーズクラブ合同展示会』
┣ 開催場所 :ツインメッセ静岡
┣ 所在地 :静岡県静岡市駿河区曲金3-1-10
┣ 開催日時:2017年5月13日 9:00~17:00
┃           14日 9:00~16:00
┗ 出展ブース :『奈良模型愛好会』 および 『チームKen-1 feat. 鳶色の会』より参加


■次回個展開催のお知らせ
┣ 日時:2017年6月10~11日
┣ 開催場所:奈良県奈良市右京1丁目3-4 サンタウンプラザ すずらん館
┣ 交通:近鉄京都線・『高の原駅』駅下車 徒歩5分、駐車場有り「入庫から1時間無料」
┗ お問い合わせ先:関西学研都市センター株式会社 営業部販売促進課 TEL:0742-71-3639

1/35『陸上自衛隊 87式偵察警戒車』製作中 その1

AFV模型製作代行のご依頼をいただき、ピットロードの1/35『陸上自衛隊 87式偵察警戒車』を製作中です。

1705081.jpg
ピットロード1/35『陸上自衛隊 87式偵察警戒車』のパーツ写真。車体の上下と砲塔上部は大型の一体成型パーツが用意されています。戦車と比べると足回りは若干シンプルですが、そのぶん車体に取り付けるパーツはそれなりに多く、写真のパーツの他に3枚の大盤ランナーが付属しています。

1705082.jpg
足回りはタイヤとホイールが左右分割されて別に成形されており、着色する際に有利な設計です。組みたての際にはタイヤの合わせ目の処理が完成度を大きく左右します。

1705083.jpg
そして今回、お客様よりお持ち込みいただいたキットには(純正のエッチングパーツの他に)ライオンロア製の豪華なエッチングパーツセットが付属していました。このパーツは合いの悪さや説明書の取り付け指示の不備などが多く、思っていた以上に使用に困難を伴いましたが、細部のディテールを充実させるのに非常に役立ちました。

1705084.jpg
組み立てを終えたシャシー裏側の様子。フェンダーは純正でもエッチングを使う仕様となっており、薄くて実感的な表現とすることが可能です。(両輪を繋ぐ車軸は金属の丸棒を差し込む仕組みになっているため、ステアリング機構はありません)

1705085.jpg
なお、車体の上下の分割面や砲塔の後部などにはかなり目立つ合わせ目が発生したため、隙間や段差の処理にパテや瞬間接着剤を盛り付け、板貼りのサンドペーパーで丁寧に仕上げました。

1705086.jpg
特に車体上下の合わせ目の合いは非常に悪く、モールドを温存しながら合わせ目を自然に仕上げ、且つエッジにダレが発生しないように仕上げるのにはかなりの苦労を伴いました。しかしながら苦労の甲斐あって、上手く一体感を演出することができ、ホッと一安心です。

1705087.jpg
車体の基本部分が終わると、次はライオンロアのエッチングパーツの取り付けです。このパーツの中の多くはキットのモールドを削り取ってから取り付けるように指定されているのですが、(考証が甘いのか?)モールドとパーツの大きさが不自然に異なるものがいくつかあったので、実車写真を参考にしつつ、サイズ的に不自然でないものを選んで取り付けました。

1705088.jpg
とはいえフックやヒンジ、工具類の取り付け金具やハッチのハンドルなどの細かいモールドをひとつひとつ丁寧に削り取りつつ、エッチングに交換していくのには膨大な作業量を要求されました。おそらく1/350の駆逐艦クラスの艦船模型をフルエッチングで組むのと同等の工数と時間を必要としましたが、プラのままでは分厚くて実感を損ないがちな部分が金属板で薄く仕上がることで大幅に実感がアップしました。

1705089.jpg
タイヤとホイールも無事に組み終わり、砲塔のディテールアップもおおかた完了しました。(アンテナのみ、後ほどアドラーズネストのパーツに交換予定です) 車体と同様に、”エッチングてんこ盛り”で仕上げた砲塔の製作については次回ご紹介します。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(2017年3月27日更新!取引例に11作品追加! 現在計320作品掲載中)
↓↓↓
mfhbana.jpg

モデルファクトリーハイギヤードが主催する
艦船模型と飛行機模型の完成品販売webショップ『CHERRY&ANCHOR』
↓↓↓
crbana.jpg


■模型誌作例掲載情報
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo63』に、1/350航空母艦『隼鷹』作例記事掲載。(発売中)
┣ イカロス出版『艦船プラモカタログ2017』に、1/700航空母艦『CV-7 ワスプ』作例記事掲載。(発売中)
┗ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo64』に艦船模型作例記事掲載予定。(2017年5月15日発売)


■次回模型展示会参加予定
┣ 『第51回静岡ホビーショー モデラーズクラブ合同展示会』
┣ 開催場所 :ツインメッセ静岡
┣ 所在地 :静岡県静岡市駿河区曲金3-1-10
┣ 開催日時:2017年5月13日 9:00~17:00
┃           14日 9:00~16:00
┗ 出展ブース :『奈良模型愛好会』 および 『チームKen-1 feat. 鳶色の会』より参加


■次回個展開催のお知らせ
┣ 日時:2017年6月10~11日
┣ 開催場所:奈良県奈良市右京1丁目3-4 サンタウンプラザ すずらん館
┣ 交通:近鉄京都線・『高の原駅』駅下車 徒歩5分、駐車場有り「入庫から1時間無料」
┗ お問い合わせ先:関西学研都市センター株式会社 営業部販売促進課 TEL:0742-71-3639

1/72 150t超重戦車『オイ』完成

奈良模型愛好会の春展に合わせて製作していた、1/72『150t超重戦車オイ』が完成しました。

本日は完成写真をご紹介します。

boisya01.jpg
キットはファインモールドから今年発売されたばかりの新製品です。実車は旧日本陸軍が対ソ戦用に秘密裏に開発を進めていた車両で、走行試験の段階で終戦を迎えたことから、完成することはありませんでした。

boisya02.jpg
1/72『150t超重戦車オイ』、左側面からの全景。塗装は(実車が完成していないことから)資料などが存在しないので、組み立て説明書に記載されている想像図を参考に、GSIクレオスの『日本陸軍戦車色後期迷彩色カラ―セット』を使用して後期迷彩を再現しました。

boisya03.jpg
左後部からの様子。ファインモールドのキットは合計4基もの砲塔を装備した多砲塔戦車として再現されています。各パーツの合いは(プラ成形の履帯も含めて)非常に良好で、一切のストレスなく製作を楽しむ事ができました。

boisya04.jpg
ウェザリングはGSIクレオスのウェザリングカラーの『サンディウォッシュ』にて全体的にウォッシングを行い、下周りを中心に『ウェザリングパステルセット1』のサンドを擦りつけ、履帯は鉛筆で金属感を演出した上に、タミヤの『ウェザリングマスターBセット』の『サビ』を擦りつけました。

boisya05.jpg
低いアングルから見た様子。(実に堂々とした佇まいです) 平板で組まれた車体と正六角形の砲塔は、けして洗練度の高いデザインとは言えませんが、ある意味この車両独特の味付けとも言えますね。実用化には色々と無理があった模様ですが、小型戦車のイメージが強い日本陸軍がこのような超重戦車の開発を画策していた事実は非常に興味深いです。

boisya06.jpg
奈良模型愛好会春展での展示風景。写真左下に写っている同スケールのドイツ重戦車群と比べることで、試製『オイ』車の巨大さが伺えます。

当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつも投票いただきありがとうございます)

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(現在受注が集中しているため、製作開始およびお届けにお時間を頂いております)
↓↓↓
mfhbana.jpg


■第1回 すずらん模型展 【HIGH-GEARed個展】開催のお知らせ
┣ 日時:2016年5月26日(木)~5月28日午前10時~午後5時
┣ 開催場所:奈良県奈良市右京1丁目3-4 サンタウンプラザ すずらん館1階 すずらんサークル横特設会場
┣ 交通:近鉄京都線・『高の原駅』駅下車 徒歩5分、駐車場有り「入庫から1時間無料」
┗ お問い合わせ先:関西学研都市センター株式会社 営業部販売促進課 TEL:0742-71-3639

1/72 150t超重戦車『オイ』製作記

本日は、今月開催された『奈良模型愛好会 春展』に向けてプライベートで製作した、AFV作品の作業の様子をご紹介します。

AFVは個人的には昔から好きなジャンルではあるのですが、製作代行以外での完成は1/35『3号戦車J型 http://nabeck.web.fc2.com/sungo.htm 』以来、3年半ぶりになります。

1603291.jpg
今回の『奈良模型愛好会 春展』のテーマは『ミニスケール』ということでしたので、個人的に1/72スケールの戦車を1輌くらいは作りたいという気持ちがあったのですが、タイミングの良いことにファインモールドから1/72で旧日本軍の試作車両『150t超重戦車オイ』が発売されたことで、ターゲットが定まりました。 

1603292.jpg
この車両は、少年時代に『ワールドアドバンスド大戦略』というゲームに登場していたことから興味を持っていたのですが、今回はファインモールド社が新資料を入手し、製品化を行ったということで大きく期待していました。1/72としては少々高額なキットではあるのですが、サイズ的には1/48以上のボリュームがあり、外板周りのディティールもたいへん充実した納得のキットです。

1603293.jpg
転輪は数が多いのでゲート処理に時間がかかりましたが、各パーツの合いも良好で、多砲塔戦車ならではの威圧感溢れる外観が手軽に再現できました。私は戦車の製作歴はそれほど多いわけではありませんが、ファインモールドの『オイ』車はこれまで製作してきたキットの中でも非常に組み立てやすく、作業の進展もたいへんスムーズでした。

1603294k.jpg
塗装はガイアノーツの『サーフェイサー エヴォオキサイドレッド』を下地に吹き、その上からGSIクレオスの『日本陸軍戦車色後期迷彩色カラ―セット』の『TC14 草色』を全体に吹き重ねました。なお転輪側面にはカバーが備わりますが、(履帯取り付けの障害になることから)バラで塗装を進めています。

1603296.jpg
履帯パーツはプラ成形で、直線部分は複数のコマを繋いだ一本モノの細長いパーツ、カーブのかかっている部分は一コマずつの単体での成型がなされています。

1603297.jpg
これらの履帯パーツはバラで塗装し、草色塗装を終えた車体に接着しました。

1603298.jpg
履帯を取り付け、カバーや消音機を仮付けした様子。なお、履帯カバーの内部は後からウェザリングできないので、この時点で作業を済ませておきました。

1603299.jpg
『TC13茶色』および『TC15枯草色』による迷彩塗装は(エアブラシ塗装も考えたのですが)筆塗りにて行いました。ボカシを入れていないのと、スケールが小さいこともあるせいか?かなりコントラストが強くてビビッドな色彩に見えます。

1603290.jpg
ウェザリングはGSIクレオスのウェザリングカラーの『サンディウォッシュ』にて全体的にウォッシングを行い、下周りを中心に『ウェザリングパステルセット1』のサンドを擦りつけ、履帯は鉛筆で金属感を演出した上に、タミヤの『ウェザリングマスターBセット』の『サビ』を擦りつけました。

明日は、1/72 150t超重戦車『オイ』の完成写真をご紹介します。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつも投票いただきありがとうございます)

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(現在受注が集中しているため、製作開始およびお届けにお時間を頂いております)
↓↓↓
mfhbana.jpg


■第1回 すずらん模型展 【HIGH-GEARed個展】開催のお知らせ
┣ 日時:2016年5月26日(木)~5月28日午前10時~午後5時
┣ 開催場所:奈良県奈良市右京1丁目3-4 サンタウンプラザ すずらん館1階 すずらんサークル横特設会場
┣ 交通:近鉄京都線・『高の原駅』駅下車 徒歩5分、駐車場有り「入庫から1時間無料」
┗ お問い合わせ先:関西学研都市センター株式会社 営業部販売促進課 TEL:0742-71-3639
プロフィール

HIGH-GEARed

Author:HIGH-GEARed
奈良市在住、スケールモデル販売業者「モデルファクトリーハイギヤード」の製作担当兼代表をしております。

また、渡辺真郎の名前で『月刊モデルアート』、『艦船模型スペシャル』等の模型雑誌の作例記事も書かせていただいております。

「プロモデラーの人ってどんな生活をしているの?」という疑問に少しでもお答えできるよう、業務日記と日常日記を織り交ぜた内容でお届けしております。

当ブログの作品紹介はホームページの補助的な役割で活用しており、ホームページの方をメインとして、模型作例を多数掲載しております。 ぜひご覧ください。

HIGH-GEARed HOBBY WORKS!!
↓↓↓
http://nabeck.web.fc2.com/

模型製作ご依頼はこちら(お気軽にお問い合わせください)
↓↓↓
http://nabeck.web.fc2.com/hg-mdf.htm

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR