FC2ブログ

1/35『陸上自衛隊 74式戦車』完成

AFV模型製作代行のご依頼をいただいて製作していた、タミヤの1/35『陸上自衛隊 74式戦車』が完成しました。

本日は、完成写真をご紹介します。

bkatosama110b.jpg
タミヤ1/35『陸上自衛隊 74式戦車』、車体前部から左側面からの全景。主砲塔は固定せず、旋回可能としました。

bkatosama111b.jpg
タミヤ1/35『陸上自衛隊 74式戦車』、右側面からの全景。キットは冬季装備も取り付け可能な仕様ですが、お客さまのご希望により、通常仕様として製作しました。

bkatosama112b.jpg
左後部からの見下ろしアングル。基本的には素組ですが、アンテナのみは0.5mm径の真鍮線で自作したものを取り付けました。

bkatosama113b.jpg
同じく、右側前方からの見下ろしアングル。2色迷彩にはGSIクレオスの専用色から、「濃緑色3414」と「茶色3606」を使用しています。

bkatosama114b.jpg
少し低いアングルから車体左側を見た様子。履帯はキットに付属の軟質プラ製をそのまま使用していますが、シャシーに真鍮線を刺し、上から抑え込む方法で、(実車にみられる)弛みを表現しました。

bkatosama115b.jpg
同じ目線の高さで、右側後部を捉えた様子。ウェザリングは、GSIクレオスのウェザリングカラーとタミヤのウェザリングマスターを併用しました。

bkatosama116b.jpg
フィギュアはキットに付属のもので、冬季仕様ではなく、通常仕様を2体載せました。なお、隊員服は(お客さまからのご希望で)現用の迷彩服ではなく、OD色単色の旧仕様を再現しました。

bkatosama117b.jpg
マーキングはお客さまよりご指定をいただき、戦車第11大隊の「士魂」仕様となりました。

katosama118c.jpg
車体左側側面の車載後部のクローズアップ。写真からは若干、はみ出していますが、マフラーにはスス汚れも追加しています。

bkatosama119c.jpg
履帯の隙間には、演習場の砂が入り込んだ状態を表現しました。タミヤの74式戦車は古いキットではありますが、現在の目で見ても充分に水準以上のディテールと組みやすさを併せ持った、素晴らしい製品でした。

なお、このタミヤ1/35「74式戦車」、個人的にも以前から製作しようと思っておりまして、(お客さまからプレゼントしていただいた)キットを所有しているほか、ディテールアップパーツも多数買い込んであります。

なかなか製作時間が取れずにいるのですが、いつかはこれも、満足のいく形で完成させてみたいと思います。


オマケ動画。今年の5月に陸上自衛隊大久保駐屯地で開催された記念行事での訓練展示の様子です。今回は、74式戦車の機動を中心に、5分半の動画に編集しました。 (旋回するポイントに近い客席におりましたので、なかなかいい絵が撮れました)

●大久保駐屯地62周年記念行事(2019)のレポートはこちら
その1 http://modelfactoryhg.blog.fc2.com/blog-entry-1740.html
その2 http://modelfactoryhg.blog.fc2.com/blog-entry-1741.html
その3 http://modelfactoryhg.blog.fc2.com/blog-entry-1742.html
その4 http://modelfactoryhg.blog.fc2.com/blog-entry-1743.html

当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓
190626ninki0sensya.jpg
艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

■メディア掲載情報
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo73』に、1/700戦艦『金剛』作例記事掲載。全国書店にて発売中!
┣ イカロス出版『いずも型護衛艦モデリングガイド』に、1/700護衛艦『かが』作例記事掲載。全国書店にて発売中!
┣ イカロス出版『あさひ型モデリングガイド』に1/700護衛艦『しらぬい』作例記事掲載。全国書店にて発売中!
┣ モデルアート社出版『月刊MODEL Art 2019年11月号』のマテリアル紹介記事に参加予定。9月26日発売予定!
┗ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo74』に、1/350作例記事掲載予定。11月15日発売予定!

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(2019年2月10日更新! 取引例と模型誌作例の計32作品を一挙公開!)
↓↓↓
mfhbana.jpg

モデルファクトリーハイギヤード公式 スケールモデル完成品webショップ『CHERRY&ANCHOR』
(2019年8月21日、1/350貨客船「氷川丸」完成品、再入荷!)
↓↓↓
crbana.jpg

●次回参加予定の展示会
┣ 「奈良模型愛好会 秋展2019」
┣ 日時:9月22日(日)13:00~20:00、9月23日(月祝)10:00~16:30
┣ 開催場所 :奈良県奈良市右京1丁目3-4 サンタウンプラザ すずらん館1階 すずらんサークル
┣ 交通:近鉄京都線・『高の原駅』駅下車 徒歩5分
┗ お問い合わせ先 :奈良模型愛好会 松本 hiro-orih.joker-joker@softbank.ne.jp
スポンサーサイト



1/35『陸上自衛隊 74式戦車』製作 その2

AFV模型製作代行のご依頼をいただき、タミヤの1/35『陸上自衛隊 74式戦車』を製作しています。

本日も前回に引き続き、製作の様子をご紹介します。

19090401.jpg
前回までに、車体と転輪、砲塔の主要部の組み立てが完了したので、まずはオキサイドレッドのサーフェイサーによる下地処理を行いました。

19090402.jpg
上塗りは、GSIクレオスMr.カラー「濃緑色3414」と「茶色3606」を使用し、陸上自衛隊標準の2色迷彩としました。写真は塗装を済ませた転輪群で、ゴムタイヤの塗り分けは筆塗りによるものです。

19090403.jpg
転輪は予め2色に塗り分けましたが、車体の方は先に「濃緑色3414」を全体にムラなく塗り、あとから「茶色3606」を重ねる方法を採りました。

19090404.jpg
「茶色3606」の塗り分けは、場所によってエアブラシと筆塗りを併用しました。転輪の取り付けを完了すると、いよいよ戦車らしさが際立ってきます。

19090405.jpg
履帯(キャタピラ)は、初期のキットでは塗装不可能なポリ製でしたが、現在は塗装と接着が可能な軟質プラ製に変更されています。もともとはOD色で成形されていましたが、黒サフで下地処理をしたうえでメタリック色を全体に塗装しました。

19090406.jpg
軟質プラ製の履帯は、上部が跳ね上がってしまって重量感に欠けるため、今後の作業で真鍮線による抑え込みを行う予定です。他にも車載工具や投光器の取り付け、更にウェザリングやフィギュアの搭載も残しているため、まだ少し時間がかかりそうです。


オマケ動画。先日、アップロードの機会を逃していた「大久保駐屯地創立62周年記念行事(2019)」の観閲行進の様子です。

74式戦車は(08:44頃に)2両登場しますので、施設課の車両群の走行風景も併せてお楽しみください。

●大久保駐屯地62周年記念行事(2019)のレポートはこちら
その1 http://modelfactoryhg.blog.fc2.com/blog-entry-1740.html
その2 http://modelfactoryhg.blog.fc2.com/blog-entry-1741.html
その3 http://modelfactoryhg.blog.fc2.com/blog-entry-1742.html
その4 http://modelfactoryhg.blog.fc2.com/blog-entry-1743.html



当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓
190626ninki0sensya.jpg
艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

■メディア掲載情報
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo73』に、1/700戦艦『金剛』作例記事掲載。全国書店にて発売中!
┣ イカロス出版『いずも型護衛艦モデリングガイド』に、1/700護衛艦『かが』作例記事掲載。全国書店にて発売中!
┣ イカロス出版『あさひ型モデリングガイド』に1/700護衛艦『しらぬい』作例記事掲載。全国書店にて発売中!
┣ モデルアート社出版『月刊MODEL Art 2019年11月号』のマテリアル紹介記事に参加予定。9月26日発売予定!
┗ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo74』に、1/350作例記事掲載予定。11月15日発売予定!

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(2019年2月10日更新! 取引例と模型誌作例の計32作品を一挙公開!)
↓↓↓
mfhbana.jpg

モデルファクトリーハイギヤード公式 スケールモデル完成品webショップ『CHERRY&ANCHOR』
(2019年8月21日、1/350貨客船「氷川丸」完成品、再入荷!)
↓↓↓
crbana.jpg

●次回参加予定の展示会
┣ 「奈良模型愛好会 秋展2019」
┣ 日時:9月22日(日)13:00~20:00、9月23日(月祝)10:00~16:30
┣ 開催場所 :奈良県奈良市右京1丁目3-4 サンタウンプラザ すずらん館1階 すずらんサークル
┣ 交通:近鉄京都線・『高の原駅』駅下車 徒歩5分
┗ お問い合わせ先 :奈良模型愛好会 松本 hiro-orih.joker-joker@softbank.ne.jp

1/35『陸上自衛隊 74式戦車』製作 その1

AFV模型製作代行のご依頼をいただき、タミヤの1/35『陸上自衛隊 74式戦車』の製作を開始しました。

本日からは、その製作の様子をご紹介します。

19090301.jpg
今回、製作に使用したのは、ベテランキットながら現在でも人気が高いタミヤ製品です。パッケージには、「冬季装備」と書かれていますが、実際には通常仕様も製作可能なコンパチキットの仕様になっております。

19090302.jpg
シャシーはモノコック構造になっており、一体成型でとても頑丈です。このキットはもともとシングル戦車(モーターライズ)として設計されているため、パーツ構成も最小限で組み立て易い構成です。

19090303.jpg
サスペンションや車軸を組み込み、リアパネルを取り付けたシャシーを裏側から見た様子。このキットはサスペンションの取り付け部を加工することで、油気圧サスペンションによる姿勢変更を再現することも可能です。

19090304.jpg
車体上部はほぼ一体成型となっており、ハッチの開閉が選択可能です。この時点でライトやマフラーカバーなどの小物の取り付けも同時に行ったのですが、(塗装工程にパーツ分割を利用するために)車載工具やマフラー出口の取り付けは後回しとしました。

19090305.jpg
シャシーと車体は接着をしなくても、ツメとツメをひっかけることで充分な強度を確保することができます。これも、シングル戦車やリモコン戦車に対応させることが前提だった、初期設計の名残です。

19090306.jpg
主砲塔は上下分割となりますが、パーツの合いは非常に良好だったため、合わせ目処理などは最小限で済みました。

19090307.jpg
一方、主砲身に関してはさすがに多少は手を入れなくてはいけませんでしたが、左右分割でこれほど長い砲身であるにも関わらず、合わせ目はほとんどわからない程度にまで処理できました。(砲身はサーマルジャケット付きのタイプを使用しています)

19090308.jpg
その後、スモークディスチャージャーやアンテナ基部などを取り付け、砲塔も全体形が見えてきました。なお、暗視装置は(塗り分け工程を円滑にするために)この時点では取り付けず、接着は後回しにしました。

19090309.jpg
ゲートとパーティングライン処理に手間のかかる転輪も、全て塗装準備が整いました。 次回は、塗装の様子をご紹介します。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓
190626ninki0sensya.jpg
艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

■メディア掲載情報
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo73』に、1/700戦艦『金剛』作例記事掲載。全国書店にて発売中!
┣ イカロス出版『いずも型護衛艦モデリングガイド』に、1/700護衛艦『かが』作例記事掲載。全国書店にて発売中!
┣ イカロス出版『あさひ型モデリングガイド』に1/700護衛艦『しらぬい』作例記事掲載。全国書店にて発売中!
┣ モデルアート社出版『月刊MODEL Art 2019年11月号』のマテリアル紹介記事に参加予定。9月26日発売予定!
┗ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo74』に、1/350作例記事掲載予定。11月15日発売予定!

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(2019年2月10日更新! 取引例と模型誌作例の計32作品を一挙公開!)
↓↓↓
mfhbana.jpg

モデルファクトリーハイギヤード公式 スケールモデル完成品webショップ『CHERRY&ANCHOR』
(2019年8月21日、1/350貨客船「氷川丸」完成品、再入荷!)
↓↓↓
crbana.jpg

●次回参加予定の展示会
┣ 「奈良模型愛好会 秋展2019」
┣ 日時:9月22日(日)13:00~20:00、9月23日(月祝)10:00~16:30
┣ 開催場所 :奈良県奈良市右京1丁目3-4 サンタウンプラザ すずらん館1階 すずらんサークル
┣ 交通:近鉄京都線・『高の原駅』駅下車 徒歩5分
┗ お問い合わせ先 :奈良模型愛好会 松本 hiro-orih.joker-joker@softbank.ne.jp

1/35『陸上自衛隊 87式偵察警戒車』完成

AFV模型製作代行のご依頼を頂いて製作していた、ピットロードの1/35陸上自衛隊『87式偵察警戒車』が完成しました。

本日は完成写真をご紹介します。

bawadusama17.jpg
1/35陸上自衛隊『87式偵察警戒車』、右前方からの全景。キットは(恐らくトランペッター設計の)ピットロードのものを使用し、ディテールアップには付属の純正エッチングに加えて、ライオンロア製パーツ、そしてアドラーズネストのアンテナパーツ2種を使用しました。

bawadusama16.jpg
1/35陸上自衛隊『87式偵察警戒車』、左側面からの全景。車体の左側に装具類が備わり、シンプルな形状ながらも部分的に入り組んだ造形美を楽しむ事が出来ます。

bawadusama18.jpg
マッドガードやナンバープレートなどは純正エッチングとライオンロアパーツで重複があったので、それぞれイメージに近いものを使用しました。前照灯のカバーはライオンロア製で、(今回使用した大量のエッチングパーツ群の中でも)特に高いディテールアップ効果を発揮してくれました。

bawadusama19.jpg
右側面は装備品も少なく、比較的シンプルな造型ですが、そのぶん砲塔側の発煙弾の発射筒蓋に取り付けたチェーンやプラロッドとエッチングのコラボによる追加ディテール、そして真鍮挽き物パーツを使用したアンテナ基部などの精密感が引き立ちます。

bawadusama20.jpg
左側面の装具類の取り付け金具はプラパーツのモールドを削り取り、全てライオンロアのエッチングに交換しました。また、ドアのハンドルやヒンジなどもエッチング化によるディテールアップ効果の高いポイントです。

bawadusama21.jpg
左後部から少しばかり望遠気味に撮影した様子。迷彩塗装にはGSIクレオスのMr.カラー特色『陸上自衛隊戦車色』を使用し、マーキングは(お客様のご希望により)第3師団第3偵察隊のものを再現しました。(ウェザリングはお客さまのご希望により、コンバットタイヤ付近をメインに土埃を付着させました)

bawadusama22.jpg
なお、搭乗員フィギュアはそのままでは砲塔内に収まらなかったので、脚を切り詰めるなどしてそれらしい高さに調整しました。陸自特有の迷彩服は、塗装にて再現しています。(キューポラ内側の押出ピン跡はゼリー状瞬間接着剤で埋め、表側のヒンジなどもフルエッチングにて仕上げました) 解放した状態の潜望鏡も相まって、砲塔上部はメリハリのある仕上がりになりました。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(2017年3月27日更新!取引例に11作品追加! 現在計320作品掲載中)
↓↓↓
mfhbana.jpg

モデルファクトリーハイギヤードが主催する
艦船模型と飛行機模型の完成品販売webショップ『CHERRY&ANCHOR』
↓↓↓
crbana.jpg


■模型誌作例掲載情報
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo63』に、1/350航空母艦『隼鷹』作例記事掲載。(発売中)
┣ イカロス出版『艦船プラモカタログ2017』に、1/700航空母艦『CV-7 ワスプ』作例記事掲載。(発売中)
┗ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo64』に艦船模型作例記事掲載予定。(2017年5月15日発売)


■次回模型展示会参加予定
┣ 『第51回静岡ホビーショー モデラーズクラブ合同展示会』
┣ 開催場所 :ツインメッセ静岡
┣ 所在地 :静岡県静岡市駿河区曲金3-1-10
┣ 開催日時:2017年5月13日 9:00~17:00
┃           14日 9:00~16:00
┗ 出展ブース :『奈良模型愛好会』 および 『チームKen-1 feat. 鳶色の会』より参加


■次回個展開催のお知らせ
┣ 日時:2017年6月10~11日
┣ 開催場所:奈良県奈良市右京1丁目3-4 サンタウンプラザ すずらん館
┣ 交通:近鉄京都線・『高の原駅』駅下車 徒歩5分、駐車場有り「入庫から1時間無料」
┗ お問い合わせ先:関西学研都市センター株式会社 営業部販売促進課 TEL:0742-71-3639

1/35『陸上自衛隊 87式偵察警戒車』製作中 その2

AFV模型製作代行のご依頼をいただき、ピットロードの1/35『陸上自衛隊 87式偵察警戒車』を製作中です。

1705091.jpg
本日は砲塔の製作とアンテナの取り付けから塗装にかけての様子をご紹介します

1705092.jpg
ライオンロアのエッチングパーツは、キットでは(閉じた状態がディフォルトになっている潜望鏡カバー)を解放した状態を再現できるようになっています。写真向かって左側の潜望鏡は車長用の潜望鏡で、右側は砲手用の照準潜望鏡です。(砲手用潜望鏡はワイパーや開閉部のシリンダーまでが再現される拘りの設計になっています)

1705093k_20170509212309ffa.jpg
発煙弾の発射筒蓋に取り付けてあるチェーンも、ライオンロアのエッチングによるものです。なお、砲塔周りにライオンロアのパーツを使用するには、一部ロッド状の材料が必要になるのですが、セットには含まれていないのでプラ丸棒を使用して仕上げました。

1705094.jpg
アンテナの再現は(お客さまのご希望により)アドラーズネストのパーツを二種類使用しました。写真左側がマストベースのパーツで、真鍮挽き物パーツと密巻きスプリングのセット、そして右側がアンテナ本体(挽き物パーツ2点)と基部のプラパーツの
セットです。

1705095.jpg
アンテナパーツといえば真鍮線などでの作り替えが御馴染みですが、やはり専用パーツは精度が高くて見応えがあります。(キューポラのパーツは内側に大きな押出ピン跡があったのでゼリー状の瞬間接着剤で処理しました。また、裏側の目立たないヒンジやハンドルも全てエッチングに交換しています)

1705096.jpg
これでようやく塗装に移れます。下地にはまず黒いサーフェイサーで透け止めを施し、続いてオキサイドレッドのサフで仕上げました。

1705097k.jpg
迷彩塗装には、GSIクレオスのMr.カラー特色『陸上自衛隊戦車色』を使用しました。まず最初に濃緑色3414を全体に吹き、続いて(塗装図に従って)茶色3616を重ね、最後に装具にOD色を差して仕上げています。


1705098.jpg
なお、ライトカバーのように内部まで色がいきわたりにくいパーツは接着前に個別に塗装を済ませました。まだナンバープレートやマッドガードが付いていませんが、迷彩塗装を終えると完成が近づいてきたことを実感します。

1705099.jpg
後部から見るとサイドマーカーなどの存在が際立ち、陸上自衛隊の車両のイメージを高めてくれます。

17050910.jpg
フィギュアはキットに付属の物を使用し、マーキングは(お客様のご希望により)第3師団第3偵察隊所属車両のものを再現しました。ここまで来れば、残す作業はクリアーパーツの接着とウェザリングのみです。

次回は完成写真をご紹介します。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(2017年3月27日更新!取引例に11作品追加! 現在計320作品掲載中)
↓↓↓
mfhbana.jpg

モデルファクトリーハイギヤードが主催する
艦船模型と飛行機模型の完成品販売webショップ『CHERRY&ANCHOR』
↓↓↓
crbana.jpg


■模型誌作例掲載情報
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo63』に、1/350航空母艦『隼鷹』作例記事掲載。(発売中)
┣ イカロス出版『艦船プラモカタログ2017』に、1/700航空母艦『CV-7 ワスプ』作例記事掲載。(発売中)
┗ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo64』に艦船模型作例記事掲載予定。(2017年5月15日発売)


■次回模型展示会参加予定
┣ 『第51回静岡ホビーショー モデラーズクラブ合同展示会』
┣ 開催場所 :ツインメッセ静岡
┣ 所在地 :静岡県静岡市駿河区曲金3-1-10
┣ 開催日時:2017年5月13日 9:00~17:00
┃           14日 9:00~16:00
┗ 出展ブース :『奈良模型愛好会』 および 『チームKen-1 feat. 鳶色の会』より参加


■次回個展開催のお知らせ
┣ 日時:2017年6月10~11日
┣ 開催場所:奈良県奈良市右京1丁目3-4 サンタウンプラザ すずらん館
┣ 交通:近鉄京都線・『高の原駅』駅下車 徒歩5分、駐車場有り「入庫から1時間無料」
┗ お問い合わせ先:関西学研都市センター株式会社 営業部販売促進課 TEL:0742-71-3639
プロフィール

HIGH-GEARed

Author:HIGH-GEARed
奈良市在住、スケールモデル販売業者「モデルファクトリーハイギヤード」の製作担当兼代表をしております。

また、渡辺真郎の名前で『月刊モデルアート』、『艦船模型スペシャル』等の模型雑誌の作例記事や考証記事を書かせていただいております。

このところ、無記名のコメント(名無し、通りすがり)などが増えております。HN記載のない投稿は全て削除しますので、ご注意ください

インターネット上とはいえ、人間同士の交流の場としてコメント欄を公開しておりますので、マナーをお守りいただき、フェアなお付き合いをよろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR