DAMEYA 1/2000艦船模型 3Dプリントキット完成 その2【特型3種、陽炎型、島風】

本日は昨日に引き続き、『DAMEYA-NET http://www.dameya.net/ 』製1/2000艦船模型3Dプリントキットの完成写真を御紹介します。

本日ご紹介する作品は、全て駆逐艦となるので比較的似た艦種ばかりになりますが、それぞれの艦容や装備の特徴が再現されているので、微妙な違いをご覧いただけます。

bshigasama08.jpg
まずはⅠ型からⅢ型の3種に大別される特型駆逐艦の『特Ⅰ型(通称:吹雪型)』です。このタイプの特型駆逐艦は、A型砲塔と呼ばれる背の高い12.7cm連装砲が特徴的です。

bshigasama09.jpg
後部からの様子。煙突周りの吸気口はキセル型のものが取り付けられており、後の特型と比較して幾分シャープな印象を受けます。

bshigasama10.jpg
続いて、同じ特型駆逐艦の後継艦となる『特Ⅱ型(通称:綾波型)』です。特Ⅰ型と比較して目立つ違いは、煙突の吸気口が御椀型に改められた点と、最大仰角を75度まで引き上げたB型砲塔を搭載している点です。

bshigasama11.jpg
煙突基部の丸い出っ張りが御椀型吸気口です。(Ⅰ型の同じ角度の写真と見比べると違いが良くわかります) B型砲塔はA型砲塔と比較して幾分背が低く、横幅が広いのが特徴です。

bshigasama14.jpg
手前の艦は『特Ⅰ型改』とも呼ばれる、浦波です。特型駆逐艦I型とII型の中間的なスタイルを持つ駆逐艦で、特Ⅱ型と同様の御椀型吸気口を煙突に備えつつも、主砲塔は特Ⅰ型と同じA型を装備しています。こうした特徴を持つ船は24隻建造された特型駆逐艦の中でも浦波のみですが、DAMEYA製キットはこの艦のみの特徴もきちんと再現しています。(写真奥は、姉妹艦を持たない駆逐艦『島風』です)

bshigasama15.jpg
写真手前に『島風』を配置した様子。島風特有の鋭い船首形状と5連装の魚雷発射管が非常に精密に再現されています。1/2000ということで、非常に小さなモデルではあるのですが、遠目に見ても直ぐに『島風!』と分かる説得力のある造形には本当に感心させられました。

bshigasama12.jpg
続いては『陽炎型駆逐艦』で、対空兵装を強化した状態を再現しています。特型と比較して角ばった形状の艦橋構造物や、次発装填装置などが精密に再現され、スキッドビームや後部艦橋の13号電探の造形は驚くほどシャープに仕上げられています。

bshigasama13.jpg
1/2000陽炎型駆逐艦、左舷後部からの全景。とても1/2000とは思われない、見事な仕上がりです。

bshigasama17.jpg
今回、製作をご依頼いただいた全艦艇を並べてみました。各艦のサイズは6cm程度と極小ですが、各々のディティールが非常にしっかりしているので見事な艦隊となりました。 場所もとらず、考証も確かですので、このシリーズは多くの艦船模型ファンの皆さまにお勧めです。



当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつも投票いただきありがとうございます)

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(現在受注が集中しているため、製作開始およびお届けにお時間を頂いております)
↓↓↓
mfhbana.jpg


■次回、模型展示会参加のご案内
┣『モデラーズ フェスティバル 2016』
┣ 11月5日(土) 午前11時~午後6時
┃ 11月6日(日) 午前10時~午後4時
┣ 開催場所: 大阪 ATC ITM 棟 10 階 大阪デザイン振興プラザ デザインギャラリー
┗ 公式サイト:http://modefes.tumblr.com/


スポンサーサイト

DAMEYA 1/2000艦船模型 3Dプリントキット完成 その1【鳳翔、木曾、古鷹】

艦船模型製作代行のご依頼を受けて製作していた、『DAMEYA-NET http://www.dameya.net/ 』製品の1/2000スケール極小スケールの艦船3Dプリントキットが無事に完成しました。

本日はその完成写真の第一回目を御紹介します。

bshigasama01.jpg
まずは1/2000空母『鳳翔』からです。このキットには、アルプスプリンターで印刷されたとみられる甲板標示デカールも付属しており、マーキングなども比較的手軽に再現する事ができました。このアングルで見る鳳翔は、飛行甲板前端部の支柱と横向きに設置された3本煙突が見どころです。

bshigasama02.jpg
付属の艦載機を搭載した様子。鳳翔の特徴でもある細長い格納庫と、その両サイドに複数装備された単装砲塔も非常に精密に再現されています。

bshigasama03.jpg
ちなみに艦載機はこのような大きさです。機体が破損しないようにゲートから慎重に切り出し、エアブラシと筆塗りを併用して塗り分けました。(右上の潜水艇は、木曾に付属していた『まるゆ艇』です)

bshigasama04.jpg
そしてこちらは1/2000軽巡洋艦『木曾』本体。カッターやダビットは一体成型で、最小限のパーツ構成ながら5500トン軽巡特有のスタイリングが見事に再現されています。

bshigasama05.jpg
マストの曲がりは可能な範囲で修正したのですが、若干反りが残りました。この点は3Dプリントの弱点かもしれません。

bshigasama06.jpg
こちらは1/2000『古鷹型重巡洋艦』です。主砲や高角砲などの武装類はもちろん、艦橋の精密な造形は特にすばらしいです。

bshigasama07.jpg
後部からの様子。各艦は1/2000というスケールに合わせて再現すべき部分と省略すべき部分が非常にセンス良くまとめられているのが印象に残りました。 ディティールがこれだけしっかりしていると、塗り分ける手にもおのずと力が入ります。

明日はDAMEYA製1/2000艦船模型3Dプリントキットの完成写真の二回目を御紹介します。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつも投票いただきありがとうございます)

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(現在受注が集中しているため、製作開始およびお届けにお時間を頂いております)
↓↓↓
mfhbana.jpg


■次回、模型展示会参加のご案内
┣『モデラーズ フェスティバル 2016』
┣ 11月5日(土) 午前11時~午後6時
┃ 11月6日(日) 午前10時~午後4時
┣ 開催場所: 大阪 ATC ITM 棟 10 階 大阪デザイン振興プラザ デザインギャラリー
┗ 公式サイト:http://modefes.tumblr.com/


DAMEYA 1/2000艦船模型 3Dプリントキット製作

艦船模型製作代行のご依頼を受け、極小スケールの艦船3Dプリントキットを製作しておりますので、本日はその様子を御紹介します。

製作しているのは、1/144のAFVモデルや航空機モデルを開発販売している『DAMEYA-NET http://www.dameya.net/ 』さんの製品で、1/2000スケールで出力された日本海軍艦艇のキット群です。

1610071.jpg
製作をご依頼いただいたキットは、同製品の中から航空母艦『鳳翔』、『古鷹型重巡洋艦』、軽巡洋艦『木曾(まるゆ付)』、駆逐艦『島風・浦波セット』、『陽炎型駆逐艦(対空兵装強化時・2隻セット)』、『特型駆逐艦1型(吹雪型・2隻セット)』、『特型駆逐艦2型(綾波型・2隻セット)』の合計7キット(13隻)です。 キットは写真のような、キャラメル箱程度の大きさの箱にパッケージングされているのが特徴です。

1610072.jpg
長さ6cm程のフレームに船体や上部構造物のパーツが隙間なく出力され、無駄のないパーツ構成で仕上げられています。

1610073.jpg
陽炎型駆逐艦キットのクローズアップ。製品は光造形機で出力される半透明のアクリル樹脂を積層して成形されたもので、マストなどの細いパーツは強度が不足しているため、フレームには破損防止のための覆いが成形されているのが嬉しいところです。

1610074.jpg
塗装前にはワックス状のサポート材を落とし、船体側面の積層痕をサンドペーパーなどで軽く処理してから、1000番のサーフェイサーで下地処理を施しました。(塗装は普段の1/700艦船模型と同様にマスキング+エアブラシ吹きで行っています) 船体や各パーツには反りが出ているものが多いですが、公式サイトにはそうした場合のリカバリー方法も記されており、ユーザーサイドに立った客観性の高い製品づくりに神経が注がれている点が印象に残りました。

1610075.jpg
軽巡および重巡の船体の塗装が完了した様子。カッターやダビットは非常にシャープに一体成型されており、塗り分け甲斐のある部分です。

1610076.jpg
全長6cmに満たない駆逐艦も非常に繊細な仕上がりです。今回は特型を3種類製作しましたが、建造年代によって異なる各艦の装備品などの違いが非常に正確に再現されており、キットの開発技術はもちろん、考証の確かさにも非常に驚かされました。

各艦の完成写真は、連休明け火曜日にご紹介します。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつも投票いただきありがとうございます)

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(現在受注が集中しているため、製作開始およびお届けにお時間を頂いております)
↓↓↓
mfhbana.jpg


■次回、模型展示会参加のご案内
┣『モデラーズ フェスティバル 2016』
┣ 11月5日(土) 午前11時~午後6時
┃ 11月6日(日) 午前10時~午後4時
┣ 開催場所: 大阪 ATC ITM 棟 10 階 大阪デザイン振興プラザ デザインギャラリー
┗ 公式サイト:http://modefes.tumblr.com/
プロフィール

HIGH-GEARed

Author:HIGH-GEARed
奈良市在住、スケールモデル販売業者「モデルファクトリーハイギヤード」の製作担当兼代表をしております。

また、渡辺真郎の名前で『月刊モデルアート』、『艦船模型スペシャル』等の模型雑誌の作例記事も書かせていただいております。

「プロモデラーの人ってどんな生活をしているの?」という疑問に少しでもお答えできるよう、業務日記と日常日記を織り交ぜた内容でお届けしております。

当ブログの作品紹介はホームページの補助的な役割で活用しており、ホームページの方をメインとして、模型作例を多数掲載しております。 ぜひご覧ください。

HIGH-GEARed HOBBY WORKS!!
↓↓↓
http://nabeck.web.fc2.com/

模型製作ご依頼はこちら(お気軽にお問い合わせください)
↓↓↓
http://nabeck.web.fc2.com/hg-mdf.htm

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR