1/700重巡洋艦『熊野』最終時 完成

艦船模型製作代行のご依頼をいただいて製作していた、1/700重巡洋艦『熊野』最終時が完成しました。

前回製作の『利根』と同時進行の部分が多かったため、製作記は少々短めとなりましたが、本日は完成写真をご紹介します。

btomiyamasama29.jpg
1/700重巡洋艦『熊野』最終時、右舷前部からの全景。タミヤから発売されている1/700『熊野』のキットは竣工時の軽巡状態を再現している為、今回は姉妹艦の重巡『鈴谷』の主要パーツをベースとし、同じく姉妹艦の航空巡洋艦『最上』の上部構造物を合わせる方法で製作しました。

btomiyamasama30.jpg
1/700重巡洋艦『熊野』最終時、左舷後部からの全景。エッチングパーツによるディテールアップは、フジミの航空巡洋艦『最上』用をはじめとして、5種(計6枚)を使用し、武装面ではヤマシタホビーのE型砲塔セットとアドラーズネストの真鍮主砲身、ナノドレッドの25mm三連装機銃、単装機銃、探照灯を使用しました。

btomiyamasama31.jpg
その他、自作系のディテールアップとして、舷側の外板継ぎ目と汚水捨管、舷窓蓋と舷外電路のモールド追加、クライプバンドの自作、空中線の展張などを行い、密度を高めました。

btomiyamasama32.jpg
艦首から艦橋にかけてのクローズアップ。船体および艦橋基部はタミヤの重巡洋艦『鈴谷』のものを流用し、艦橋上部やメインマストには、同じくタミヤの航空巡洋艦『最上』用のパーツを組み合わせました。(錨鎖甲板の錨鎖はモノクロームのチェーンに交換し、錨類はナノドレッドのパーツを使用。リールはフジミの『利根』用から流用したほか、旗竿は真鍮線で自作しています)

btomiyamasama33.jpg
別角度。艦橋両サイドの25mm三連装機銃用の角型機銃座はフジミの戦艦『大和』用のエッチングを流用し、単装機銃用の橇は、同じくフジミの戦艦『扶桑』用のパーツを流用しました。機銃と探照灯は、全てナノドレッドのパーツに変更しています。

btomiyamasama34.jpg
メインマスト下部の密閉区画は『最上』のパーツをベースに、プラ板で外壁を自作して再現しました。後部艦橋は『鈴谷』用をベースに『最上』の機銃座を切り取って移植したもので、後部マストも同様に『鈴谷』と『最上』のパーツを組み合わせたミキシングビルドにて再現しています。なお、後部マストの13号電探はハセガワの汎用エッチングによるもので、同様に右舷後部に装備した応急舵も、ハセガワのパーツを使用しました。

btomiyamasama35.jpg
手すりやラッタルなどのエッチングは、フジミの航空巡洋艦『最上』用を使用していますが、重巡使用の『熊野』とは後部の形状が大きく異なるので、現物合わせにて切り詰めや継ぎ足しを行いつつ、自然な仕上げを目指しました。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(2017年1月9日更新!取引例に26作品追加)
↓↓↓
mfhbana.jpg

モデルファクトリーハイギヤードが主催する
艦船模型と飛行機模型の完成品販売webショップ『CHERRY&ANCHOR』
↓↓↓
crbana.jpg


■模型誌作例掲載情報
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo63』に、1/350航空母艦『隼鷹』作例記事掲載。(発売中)
┣ イカロス出版『艦船プラモカタログ2017』に、1/700航空母艦『CV-7 ワスプ』作例記事掲載。(発売中)
┗ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo64』に艦船模型作例記事掲載予定。(2017年5月15日発売)


■次回模型展示会参加予定
┣ 『奈良模型愛好会 第8回春展』
┣ 開催場所 : 奈良県社会福祉総合センター 1F展示スペース
┣ 所在地 :  奈良県橿原市久米町320番11 TEL: 0744-29-0111
┣ 開催日時:平成29年3月19日 13:00~18:00
┃                 20日 10:00~16:00
┗ お問合せ先 :森 武臣 landcruiser_panzer@yahoo.co.jp

スポンサーサイト

1/700重巡洋艦『熊野』最終時製作 その3

艦船模型製作代行のご依頼を受け、1/700重巡洋艦『熊野』の最終時を製作中です。

タミヤから発売されている1/700『熊野』のキットは竣工時の軽巡状態を再現している為、今回は姉妹艦の重巡『鈴谷』の主要パーツをベースとし、同じく姉妹艦の航空巡洋艦『最上』の上部構造物を合わせる方法で製作しました。

1702281.jpg
本日は装備品の取り付けと艦橋&マスト等のディテールアップの様子をご紹介します。射出機や探照灯の櫓などにはフジミの航空巡洋艦『最上』用のエッチングを組み立て、個別に塗装してから取り付けました。

1702282.jpg
艦橋の窓枠とラッタルにはフジミの『最上』用のエッチングを使用し、手摺には『利根』のパーツを流用しました。メインマスト下部側面には、プラ板を貼って兵員待機所の外壁を再現し、22号電探の取り付け部の張り出しもプラ板にて自作しています。(21号電探は『最上』用のエッチングによるものです)

1702283.jpg
『鈴谷』の後部艦橋に『最上』の機銃座を取り付けて製作した後部艦橋は、クレーンに『最上』用のパーツを使用し、ハセガワの汎用エッチングから13号電探を取り付けました。また、省略されているガフは0.3ミリ径の真鍮線にて自作しています。

1702284.jpg
艦橋両サイドの角型機銃座は、フジミの戦艦『大和』用エッチングパーツのものを使用し、艦尾付近にも2箇所取り付けました。

1702285.jpg
塗装後の様子。艦載機や艦載艇などをまだ取り付けていないので若干殺風景ではありますが、最終時の重巡洋艦『熊野』の基本部分が出来上がりました。

1702286.jpg
艦載艇と艦載機を搭載すれば、残す作業は25mm三連装&単装機銃と手すり&ラッタル、探照灯の取り付け、そして空中線の展張などです。

1702287.jpg
それらのパーツ類も全て塗装と組み立てを済ませ、取り付け準備が整いました。 次回は完成写真をご紹介します。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(2017年1月9日更新!取引例に26作品追加)
↓↓↓
mfhbana.jpg

モデルファクトリーハイギヤードが主催する
艦船模型と飛行機模型の完成品販売webショップ『CHERRY&ANCHOR』
↓↓↓
crbana.jpg


■模型誌作例掲載情報
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo63』に、1/350航空母艦『隼鷹』作例記事掲載。(発売中)
┣ イカロス出版『艦船プラモカタログ2017』に、1/700航空母艦『CV-7 ワスプ』作例記事掲載。(発売中)
┗ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo64』に艦船模型作例記事掲載予定。(2017年5月15日発売)


■次回模型展示会参加予定
┣ 『奈良模型愛好会 第8回春展』
┣ 開催場所 : 奈良県社会福祉総合センター 1F展示スペース
┣ 所在地 :  奈良県橿原市久米町320番11 TEL: 0744-29-0111
┣ 開催日時:平成29年3月19日 13:00~18:00
┃                 20日 10:00~16:00
┗ お問合せ先 :森 武臣 landcruiser_panzer@yahoo.co.jp

1/700重巡洋艦『熊野』最終時製作 その2

艦船模型製作代行のご依頼を受け、1/700重巡洋艦『熊野』の最終時を製作中です。

タミヤから発売されている1/700『熊野』のキットは竣工時の軽巡状態を再現している為、今回は姉妹艦の重巡『鈴谷』の主要パーツをベースとし、同じく姉妹艦の航空巡洋艦『最上』の上部構造物を合わせる方法で製作しました。

1702271.jpg
主砲塔は前回製作の重巡洋艦『利根 http://modelfactoryhg.blog.fc2.com/blog-entry-1147.html 』の時と同様に、ヤマシタホビーの砲塔と、アドラーズネストの真鍮砲身を組み合わせました。

1702272.jpg
なお、砲塔天蓋の手摺は、フジミの最上用のエッチングのものを使用しましたが、(フジミの最上は航空巡洋艦状態を再現している関係で)数が不足するので同じエッチングを合計2枚使用して数を揃えました。

1702273.jpg
煙突はタミヤの重巡洋艦『鈴谷』のパーツを使用し、ファンネルキャップ、ジャッキステー、汽笛周りの足場などにフジミのエッチングを使用しました。(タミヤキットの煙突とは若干形状が異なるため、一部切り詰めたりするなどして調整しています)

1702274.jpg
前部艦橋は基部にタミヤの重巡洋艦『鈴谷』のパーツを使用し、(防空指揮所が増設された)上層部分と機銃座の部分には航空巡洋艦『最上』のパーツを組み合わせました。(その際、兵員待機所と高射装置が一部干渉するので、兵員待機所側を少し削って一体化させています) また、前部マストは最上用を使用していますが、鈴谷用の煙突を使用している兼ね合いで主脚の長さが不足する為、プラロッドにて継ぎ足し工作を行いました。

1702275.jpg
後部艦橋は『鈴谷』のパーツをベースとして、『最上』用の後部艦橋のパーツから機銃座のみを切り取って移植しました。また、後部マストは基部からクロスツリーまでが鈴谷用、上部は最上用を使用しています。

1702276.jpg
なおタミヤの『最上』は、艦橋窓枠下部の遮風装置の前板が省略されているので、細切りのプラ板を貼り付けて蓋をしました。

1702277.jpg
増設された機銃座や閉鎖された舷窓が、最上型重巡洋艦の後期型の精悍さを演出します。次回は、艦橋周りのディテールアップや小物類の取り付けの様子をご紹介します。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(2017年1月9日更新!取引例に26作品追加)
↓↓↓
mfhbana.jpg

モデルファクトリーハイギヤードが主催する
艦船模型と飛行機模型の完成品販売webショップ『CHERRY&ANCHOR』
↓↓↓
crbana.jpg


■模型誌作例掲載情報
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo63』に、1/350航空母艦『隼鷹』作例記事掲載。(発売中)
┣ イカロス出版『艦船プラモカタログ2017』に、1/700航空母艦『CV-7 ワスプ』作例記事掲載。(発売中)
┗ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo64』に艦船模型作例記事掲載予定。(2017年5月15日発売)


■次回模型展示会参加予定
┣ 『奈良模型愛好会 第8回春展』
┣ 開催場所 : 奈良県社会福祉総合センター 1F展示スペース
┣ 所在地 :  奈良県橿原市久米町320番11 TEL: 0744-29-0111
┣ 開催日時:平成29年3月19日 13:00~18:00
┃                 20日 10:00~16:00
┗ お問合せ先 :森 武臣 landcruiser_panzer@yahoo.co.jp

1/700重巡洋艦『熊野』最終時製作 その1

艦船模型製作代行のご依頼を受け、1/700重巡洋艦『熊野』の最終時を製作中です。

1702241.jpg
なお、タミヤから発売されている1/700『熊野』のキットは竣工時の軽巡状態を再現している為、製作は姉妹艦の重巡『鈴谷』の主要パーツをベースに使用し、同じく姉妹艦の航空巡洋艦『最上』の上部構造物を合わせる方法で行いました。

1702242.jpg
艦首と艦尾付近の(吃水板と船体の)合わせ目には隙間や段差が発生するので、捨てサフを吹いた上で完全に段差が消えるまでサンディングして整えました。また、船体側面にはバルジがあるので、この部分は段差を消さないように二つ折りにしたサンドペーパーを差し込むようにして磨くことで処理しています。

1702243.jpg
続いて、『利根』のときと同じように細切りのマスキングテープを使った塗膜の段差で外板継ぎ目モールドの追加を行いました。

1702244.jpg
追加された外板継ぎ目モールドのクローズアップ。なお、大戦中盤以降の艦艇は舷窓の一部が閉鎖されていたので、今回はその表現も行いました。

1702245.jpg
舷窓の閉鎖方法は、0.65mm径のプラロッドを差し込む方法で行いました。まず、塞ぎたい舷窓に0.7mm径のドリル穴を開口し、続いて適当な長さに切ったプラロッドを差し込んでセメントで固定していきます。

1702246.jpg
続いて舷側のツラから0.2mmほどを残してロッドをカットし、断面を板貼りのサンドペーパーで仕上げることで、舷窓の蓋のモールドとなります。

1702247.jpg
更には汚水捨管と舷外電路も追加し、殺風景だった舷窓のディテールが充実しました。船体と甲板の塗り分けも終え、最上型重巡特有のバランスのいい艦容が見えてきました。

1702248.jpg
錨はファインモールド製のナノドレッドシリーズのパーツに切り替え、錨鎖はモノクロームの精密チェーンに置き換えました。ここまでは、ほぼ全て重巡洋艦『鈴谷』のパーツを使用していますが、今後の上部構造物の製作においては部分的に航空巡洋艦『最上』のパーツを組み合わせつつ、製作を進めて参ります。



当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(2017年1月9日更新!取引例に26作品追加)
↓↓↓
mfhbana.jpg

モデルファクトリーハイギヤードが主催する
艦船模型と飛行機模型の完成品販売webショップ『CHERRY&ANCHOR』
↓↓↓
crbana.jpg


■模型誌作例掲載情報
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo63』に、1/350航空母艦『隼鷹』作例記事掲載。(発売中)
┣ イカロス出版『艦船プラモカタログ2017』に、1/700航空母艦『CV-7 ワスプ』作例記事掲載。(発売中)
┗ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo64』に艦船模型作例記事掲載予定。(2017年5月15日発売)


■次回模型展示会参加予定
┣ 『奈良模型愛好会 第8回春展』
┣ 開催場所 : 奈良県社会福祉総合センター 1F展示スペース
┣ 所在地 :  奈良県橿原市久米町320番11 TEL: 0744-29-0111
┣ 開催日時:平成29年3月19日 13:00~18:00
┃                 20日 10:00~16:00
┗ お問合せ先 :森 武臣 landcruiser_panzer@yahoo.co.jp

プロフィール

HIGH-GEARed

Author:HIGH-GEARed
奈良市在住、スケールモデル販売業者「モデルファクトリーハイギヤード」の製作担当兼代表をしております。

また、渡辺真郎の名前で『月刊モデルアート』、『艦船模型スペシャル』等の模型雑誌の作例記事も書かせていただいております。

「プロモデラーの人ってどんな生活をしているの?」という疑問に少しでもお答えできるよう、業務日記と日常日記を織り交ぜた内容でお届けしております。

当ブログの作品紹介はホームページの補助的な役割で活用しており、ホームページの方をメインとして、模型作例を多数掲載しております。 ぜひご覧ください。

HIGH-GEARed HOBBY WORKS!!
↓↓↓
http://nabeck.web.fc2.com/

模型製作ご依頼はこちら(お気軽にお問い合わせください)
↓↓↓
http://nabeck.web.fc2.com/hg-mdf.htm

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR