1/350戦艦『リシュリュー』完成

艦船模型製作代行のご依頼を頂いて製作していた、トランペッターモデルのフランス海軍戦艦『リシュリュー』が無事に完成しました。

本日は完成写真をご紹介します。

bnakaisama643.jpg
1/350フランス海軍戦艦『リシュリュー』、右舷前方からの全景。キットはトランペッターモデルの1/350のものをベースとし、フライホークのディテールアップセット中心に、ポントスモデルの木製甲板やマスターモデルの金属砲身などを使用してディテールアップを行いました。

bnakaisama644.jpg
艦首側に4連装主砲塔を二基背負い式に配置した独特の艦容と、一部グラデーションが施された迷彩塗装が第二次大戦期の世界の戦艦群の中でも際立つ個性を見せてくれます。

bnakaisama645.jpg
トランペッターモデル1/350フランス海軍戦艦『リシュリュー』、左舷後部からの全景。艦首側に主砲塔が配置されていたのに対し、艦尾側には副砲塔が3基装備されています。

bnakaisama646.jpg
右舷からの全景。戦艦としてはよくネルソン級に似た装備配置と言われますが、デッキの構成などは利根型重巡にも似ているように思います。

bnakaisama647.jpg
少し望遠で撮影し、吃水線上部のみをトリミングしました。海上に浮かぶ勇姿を思わせるショットです。

bnakaisama648.jpg
錨甲板は錨鎖のプラモールドを除去して精密チェーンに交換し、波除け板などもフライホークのエッチングに切り替えました。

bnakaisama649.jpg
主砲身はフライホークのパーツセットに付属している真鍮砲身を使用し、防水キャンパスには和紙を巻き付けてゴワついた質感を演出しました。

bnakaisama650.jpg
艦橋周りは整流装置やレーダーなどに多数のエッチングを使用しています。リシュリューは他国の戦艦と比較して艦橋が非常に大きいので、細々としたディテールアップがたいへん引き立ちます。

bnakaisama651.jpg
マストと一体化した独特の煙突(マック)は、リシュリューの設計の中でも非常に特徴的な部分です。ディテールアップに使用したフライホークのパーツは、キットのマストをベースに使用するように指定されていましたが、シャープさを出す為にマスト本体も真鍮線にて自作を行いました。艦載艇はキットパーツをベースにキャビンなどをフライホークのエッチングに切り替えています。

bnakaisama652.jpg
艦尾の一段下がったデッキは、もともとは艦載機の駐機甲板です。リシュリューはアメリカにて米海軍のエリコン20mm機銃やボフォース40mm四連装機銃が増設され、航空関係の艤装は全て降ろされました。 なお、ボフォース機銃のディテールアップはフライホークのエッチングをベースに、オレンジホビーの真鍮砲身をく組み合わせる方法で行いました。

なお、今回も大きな完成写真をアップロードしておりますので、ご興味のございます方は、是非とも下記アドレスをクリックしてご覧くださいませ。

↓↓↓

http://nabeck.web.fc2.com/nakaisama55hd.htm

次回はプライベートで製作していた作品をご紹介します。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(2017年1月9日更新!取引例に26作品追加)
↓↓↓
mfhbana.jpg

モデルファクトリーハイギヤードが主催する
艦船模型と飛行機模型の完成品販売webショップ『CHERRY&ANCHOR』
↓↓↓
crbana.jpg


■模型誌作例掲載情報
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo63』に、1/350航空母艦『隼鷹』作例記事掲載。(発売中)
┣ イカロス出版『艦船プラモカタログ2017』に、1/700航空母艦『CV-7 ワスプ』作例記事掲載。(発売中)
┗ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo64』に艦船模型作例記事掲載予定。(2017年5月15日発売)


■次回模型展示会参加予定
┣ 『第51回静岡ホビーショー モデラーズクラブ合同展示会』
┣ 開催場所 :ツインメッセ静岡
┣ 所在地 :静岡県静岡市駿河区曲金3−1−10
┣ 開催日時:2017年5月13日 9:00~17:00
┃           14日 9:00~16:00
┗ 出展ブース :『奈良模型愛好会』 および 『チームKen-1 feat. 鳶色の会』より参加


■次回個展開催のお知らせ
┣ 日時:2017年6月10~11日
┣ 開催場所:奈良県奈良市右京1丁目3-4 サンタウンプラザ すずらん館
┣ 交通:近鉄京都線・『高の原駅』駅下車 徒歩5分、駐車場有り「入庫から1時間無料」
┗ お問い合わせ先:関西学研都市センター株式会社 営業部販売促進課 TEL:0742-71-3639
スポンサーサイト

個展の日程確定と1/350戦艦『リシュリュー』製作 その11

1/350戦艦『リシュリュー』製作記の途中ですが、以前ご案内いたしました個展の日程が確定しましたので、お知らせいたします。

開催日程は6月の10~11日で確定しました。 現状でご案内できる展示会の情報は以下の通りになります。

■第三回すずらん模型展『第二回HIGH-GEARed個展(仮称)』
┣ 日時:2017年6月10~11日
┣ 開催場所:奈良県奈良市右京1丁目3-4 サンタウンプラザ すずらん館
┣ 交通:近鉄京都線・『高の原駅』駅下車 徒歩5分、駐車場有り「入庫から1時間無料」
┗ お問い合わせ先:関西学研都市センター株式会社 営業部販売促進課 TEL:0742-71-3639

今後、更に詳細が固まり次第、順次情報をお知らせしますので、引き続きご注目くださいませ。

それでは、引き続き1/350フランス海軍戦艦『リシュリュー』の製作記に戻ります。

bnakaisama633.jpg
今回はいよいよ艦橋の製作をご紹介します。中央構造物と同じように密閉区画の外壁は箱組のオンパレードとなりますので、まずはこれらの壁面パーツを接着し、合わせ目を丁寧に処理しました。

bnakaisama634.jpg
艦橋の主なパーツを部分的に組み立ててから並べてみました。こうして見るとフロアの数が非常に多く、大戦時の戦艦としては吹きさらしの層が多いためか? 若干日本戦艦にも似た構成である事に気付かされます。

bnakaisama635.jpg
艦橋のディテールアップのメインに使用したのはフライホークのエッチングパーツです。フライホークパーツはフロア裏側の三角補強板に加え、ブルワーク外側の整流装置がたいへん繊細に表現されていることが特徴です。

bnakaisama636.jpg
作業に先立ち、まずはフロア裏側の三角補強板のプラモールドを削り取り、押出ピン跡とポリパテで埋めて平滑に整えました。

bnakaisama637.jpg
リシュリュー艦橋の三角補強板は、同じく三角形の肉抜き穴を持つ独特の形状のもので、フランス製品らしいアーティスティックなこだわりが見て取れます。(密閉区画の各窓や水密扉もフライホークのエッチングによるものです)

bnakaisama638.jpg
続いて、ブルワーク外側の整流装置を仕上げます。キットのプラパーツにはそれらしいモールドも入っているのですが、今回はフライホークのパーツに切り替えるべく、モールドの切削を行いました。

bnakaisama639.jpg
整流装置のエッチングは少々複雑な構成で、平板状のパーツを二段階に分けて折り曲げ、切り込みに従って長方形の桟のパーツを差し込んで仕上げて行きます。

bnakaisama640.jpg
桟を差し込んだパーツをブルワーク外側に貼り付け、更にその外側に横板を二枚渡します。横板と桟の一部は『井の字』型に組む構成となっているので、わずかな狂いも許されない繊細な作業を要求されました。

bnakaisama641.jpg
このような整流装置は各層にあるため、作業量は膨大となりました。(この部分を仕上げるだけも実に丸二日を要しています) また、フライホークパーツの羅針艦橋壁面はキットパーツと全く合わず、結局、フロアパーツとエッチングをお互いに1ミリずつ切り欠いたうえ、更にはフロア側の一部に1mmのプラ角棒を貼り足してようやくそれらしい位置に収めることができました。

bnakaisama642.jpg
オキサイドレッドの下地塗装状態の艦橋を船体に仮組みした様子。以前に製作した1/350戦艦『ビスマルク』( http://modelfactoryhg.blog.fc2.com/blog-entry-787.html )や、1/350戦艦『プリンス・オブ・ウェールズ』( http://modelfactoryhg.blog.fc2.com/blog-entry-1045.html )などと比較して、艦橋が非常に巨大であったことが伺えるシルエットとなりました。

明日は本来はブログは休みの日ですが、明後日から開催予定の『奈良模型愛好会 第8回春展』のご案内をさせていただきます。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(2017年1月9日更新!取引例に26作品追加)
↓↓↓
mfhbana.jpg

モデルファクトリーハイギヤードが主催する
艦船模型と飛行機模型の完成品販売webショップ『CHERRY&ANCHOR』
↓↓↓
crbana.jpg


■模型誌作例掲載情報
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo63』に、1/350航空母艦『隼鷹』作例記事掲載。(発売中)
┣ イカロス出版『艦船プラモカタログ2017』に、1/700航空母艦『CV-7 ワスプ』作例記事掲載。(発売中)
┗ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo64』に艦船模型作例記事掲載予定。(2017年5月15日発売)


■次回模型展示会参加予定
┣ 『奈良模型愛好会 第8回春展』
┣ 開催場所 : 奈良県社会福祉総合センター 1F展示スペース
┣ 所在地 :  奈良県橿原市久米町320番11 TEL: 0744-29-0111
┣ 開催日時:平成29年3月19日 13:00~18:00
┃                 20日 10:00~16:00
┗ お問合せ先 :森 武臣 landcruiser_panzer@yahoo.co.jp


■次回個展開催のお知らせ
┣ 日時:2017年6月10~11日
┣ 開催場所:奈良県奈良市右京1丁目3-4 サンタウンプラザ すずらん館
┣ 交通:近鉄京都線・『高の原駅』駅下車 徒歩5分、駐車場有り「入庫から1時間無料」
┗ お問い合わせ先:関西学研都市センター株式会社 営業部販売促進課 TEL:0742-71-3639

1/350戦艦『リシュリュー』製作 その10

艦船模型製作代行のご依頼を頂き、トランペッターモデルの1/350フランス海軍戦艦『リシュリュー』を製作中です。

bnakaisama624.jpg
本日は副砲と甲板上の小物類の製作の様子をご紹介します。トランペッターモデルのリシュリューの副砲塔パーツは、主砲塔と同じく測距儀と機銃座のみが別パーツとなり、本体は一体成型とされています。ディテールアップも主砲塔と同様に、ラッタルをレインボーモデルのエッチングに切り替えることがメインとなりました。

bnakaisama625.jpg
副砲身はフライホークとマスターモデルの真鍮挽き物パーツの二択となったのですが、写真右側のマスターモデル製の方が若干精度が良かったので、今回はそちらを使用しました。

bnakaisama626.jpg
真鍮砲身を取り付けた塗装前の副砲塔全景。なお、副砲塔は主砲塔とは異なり、(後部に装備されている事と搭載位置が高いこともあってか?)実艦写真でも防水キャンパスは確認できなかったので、砲身基部はむき出しの状態で仕上げました。

bnakaisama627.jpg
船体の砲座への固定を済ませた副砲塔群。リシュリュー級戦艦は主砲塔が前部に集中配置している一方、副砲塔は後部に集中していることが特徴的です。

bnakaisama628.jpg
甲板上の機銃ブルワークは、甲板に固定する前に個別に塗装して装備しました。側面色は迷彩塗装に合わせて二色を塗り分け、更に床面にはデッキ色を塗装しています。

bnakaisama629.jpg
錨鎖はプラモールドを削り取り、精密チェーンに交換してストッパーも追加しました。 ポントスモデルの木製甲板には錨鎖用のチェーンも付属していたのですが、長さが足りなかったのでモノクロームの鎖を使用しています。

bnakaisama630.jpg
その他、細かいところでは波除け板をフライホークのエッチングに切り替えました。無数に取り付けられた小さな三角補強板が、艦船独特の構造美を演出します。

bnakaisama631.jpg
これで残す主要構造物は艦橋のみとなりました。船体のグラデーション塗装も相まって、とても近代的かつシャープな艦容に仕上がりつつあります。

bnakaisama632.jpg
艦橋の製作とディテールアップも開始しています。 フライホークのパーツセットは整流装置のエッチングが非常に充実しているので、是非とも丁寧に仕上げて多層式艦橋の美しさを再現する事ができればと思います。



当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(2017年1月9日更新!取引例に26作品追加)
↓↓↓
mfhbana.jpg

モデルファクトリーハイギヤードが主催する
艦船模型と飛行機模型の完成品販売webショップ『CHERRY&ANCHOR』
↓↓↓
crbana.jpg


■模型誌作例掲載情報
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo63』に、1/350航空母艦『隼鷹』作例記事掲載。(発売中)
┣ イカロス出版『艦船プラモカタログ2017』に、1/700航空母艦『CV-7 ワスプ』作例記事掲載。(発売中)
┗ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo64』に艦船模型作例記事掲載予定。(2017年5月15日発売)


■次回模型展示会参加予定
┣ 『奈良模型愛好会 第8回春展』
┣ 開催場所 : 奈良県社会福祉総合センター 1F展示スペース
┣ 所在地 :  奈良県橿原市久米町320番11 TEL: 0744-29-0111
┣ 開催日時:平成29年3月19日 13:00~18:00
┃                 20日 10:00~16:00
┗ お問合せ先 :森 武臣 landcruiser_panzer@yahoo.co.jp


■次回個展開催のお知らせ
┣ 日時:2017年6月予定(日程調整中)
┣ 開催場所:奈良県奈良市右京1丁目3-4 サンタウンプラザ すずらん館
┣ 交通:近鉄京都線・『高の原駅』駅下車 徒歩5分、駐車場有り「入庫から1時間無料」
┗ お問い合わせ先:関西学研都市センター株式会社 営業部販売促進課 TEL:0742-71-3639

1/350戦艦『リシュリュー』製作 その9

艦船模型製作代行のご依頼を頂き、トランペッターモデルの1/350フランス海軍戦艦『リシュリュー』を製作中です。

bnakaisama615.jpg
今回はいよいよ主兵装の38cm四連装主砲塔の製作をご紹介します。キットの砲塔本体は主要部分が一体成型され、測距儀カバーと機銃ブルワークは別パーツ構成となっています。

bnakaisama616.jpg
砲塔の前盾にはラッタルが階段状にモールドされていますが、少々実感を欠いているのでモールドを切削の上、レインボーモデルの汎用ラッタルに切り替えました。(同時に、省略さえている側面のラッタルも追加しています)

bnakaisama617.jpg
測距儀カバー接着の際には、上面および後部にかなり目立つ段差が発生するので、ポリパテで埋めました。

bnakaisama618.jpg
砲座の踊り場にある床面や手すりなどはフライホークのエッチングを使用しています。また、砲座の前部には押出ピン跡があるので、こちらもポリパテにて処理しました。

bnakaisama619.jpg
主砲身はキットでは防水キャンパス付きのパーツ(右)と防水キャンパスなしのパーツ(左)が選択可能です。キャンパスのモールドがいまひとつメリハリに欠けるので使用を躊躇いましたが、御客様とご相談の上、今回はキャンパス付きでの製作をさせていただきました。

bnakaisama620.jpg
用意している金属砲身は2種類です。左側のフライホークの真鍮砲身は防水キャンパス付きの砲身に対応したもので、対する右側のマスターモデルのアルミ砲身は防水キャンパスなしでの製作に対応しています。 今回はキャンパス付きで仕上げるため、(当初のマスター砲身の使用予定を変更して)フライホークの砲身を使用しました。

bnakaisama621.jpg
塗装後の砲塔本体の様子。防水キャンパスはキットのプラパーツに和紙を巻いてゴワついた質感を演出しました。もともとのモールドはかなり貧弱でしたが、思った以上に実感的な仕上がりとなって安心しました。

bnakaisama622.jpg
船体への設置を済ませた様子。同じ4連装主砲塔搭載戦艦のキングジョージ5世級( http://modelfactoryhg.blog.fc2.com/blog-entry-1045.html )の前後配置とは異なり、同型の大型砲塔が背負い式で集中配置されている様子は非常に迫力があります。

bnakaisama623.jpg
ちなみに英国式の4連砲塔とは異なり、フランス式の4連装砲塔は中央部に装甲隔壁を設けることで、片側2門が損害を受けても反対側の2門で砲撃を続行できるように工夫がなされていました。ダンケルク級での使用実績もあり、初期トラブルを頻発した英国式砲塔と比較して信頼性の高い優秀な主砲塔であったと言われています。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(2017年1月9日更新!取引例に26作品追加)
↓↓↓
mfhbana.jpg

モデルファクトリーハイギヤードが主催する
艦船模型と飛行機模型の完成品販売webショップ『CHERRY&ANCHOR』
↓↓↓
crbana.jpg


■模型誌作例掲載情報
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo63』に、1/350航空母艦『隼鷹』作例記事掲載。(発売中)
┣ イカロス出版『艦船プラモカタログ2017』に、1/700航空母艦『CV-7 ワスプ』作例記事掲載。(発売中)
┗ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo64』に艦船模型作例記事掲載予定。(2017年5月15日発売)


■次回模型展示会参加予定
┣ 『奈良模型愛好会 第8回春展』
┣ 開催場所 : 奈良県社会福祉総合センター 1F展示スペース
┣ 所在地 :  奈良県橿原市久米町320番11 TEL: 0744-29-0111
┣ 開催日時:平成29年3月19日 13:00~18:00
┃                 20日 10:00~16:00
┗ お問合せ先 :森 武臣 landcruiser_panzer@yahoo.co.jp


■次回個展開催のお知らせ
┣ 日時:2017年6月予定(日程調整中)
┣ 開催場所:奈良県奈良市右京1丁目3-4 サンタウンプラザ すずらん館
┣ 交通:近鉄京都線・『高の原駅』駅下車 徒歩5分、駐車場有り「入庫から1時間無料」
┗ お問い合わせ先:関西学研都市センター株式会社 営業部販売促進課 TEL:0742-71-3639

1/350戦艦『リシュリュー』製作 その8

艦船模型製作代行のご依頼を頂き、トランペッターモデルの1/350フランス海軍戦艦『リシュリュー』を製作中です。

今回は、リシュリューの構造上の大きな特徴でもある、主檣(MAST)と煙突(STACK)を一体化したマック構造物(MACK)の製作をご紹介します。

bnakaisama606.jpg
トランペッターモデル1/350戦艦『リシュリュー』、マックの主要パーツの様子。この構造物も例によって板状のパーツを箱組みして仕上げます。

bnakaisama607.jpg
主要パーツを組み上げた様子。プラが非常に薄いので、合わせ目処理の際にはパーツを破損したり穴を開けたりしないように注意が必要でした。

bnakaisama608.jpg
側面のモールドは比較的メリハリが効いているのですが、ラッタルや水密扉などはモールドを切削した上でエッチングパーツへの切り替えを行いました。

bnakaisama609.jpg
ファンネルキャップも同様にフライホークのパーツへの切り替えを行います。表面の段差を削り取った上で出口を開口するなどの手間をかけた分、奥行きのある仕上がりとなりました。

bnakaisama610.jpg
マストに付くレーダーや足場もフライホークのエッチングを使用します。通常はキットのプラパーツをベースにディテールアップ行うようですが、キットパーツの精度は見ての通りですので、今回は真鍮線でいちから自作を行いました。

bnakaisama611.jpg
1.0ミリ径の真鍮線にフライホークのエッチングを取り付けて仕上げたリシュリューのマスト。フライホークのパーツセットにはマスト関連の挽き物パーツは含まれていないのですが、真鍮線を使うことで全金属製の美しいマストが出来あがりました。

bnakaisama612.jpg
煙突側面のディテールアップも無事完了です。写真では少々確認しづらいですが、スポンソン下部のガゼットもエッチングに切り替え、ラッタルもレインボーモデルのパーツに交換しました。

bnakaisama613.jpg
塗装を済ませたマックを中央構造物に仮置きしてみました。垂直面の二色の塗り分けと水平面、そしてファンネルキャップを合わせて四色にもなる塗り分けがひときわ鮮やかです。

bnakaisama614.jpg
リシュリューへのマック構造物の採用は大戦時の戦艦の中でも特筆すべきもので、この構造は戦後型の艦艇に多く受け継がれました。

次回は同じくリシュリューに採用された特筆すべき装備、4連装主砲塔の製作をご紹介します。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(2017年1月9日更新!取引例に26作品追加)
↓↓↓
mfhbana.jpg

モデルファクトリーハイギヤードが主催する
艦船模型と飛行機模型の完成品販売webショップ『CHERRY&ANCHOR』
↓↓↓
crbana.jpg


■模型誌作例掲載情報
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo63』に、1/350航空母艦『隼鷹』作例記事掲載。(発売中)
┣ イカロス出版『艦船プラモカタログ2017』に、1/700航空母艦『CV-7 ワスプ』作例記事掲載。(発売中)
┗ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo64』に艦船模型作例記事掲載予定。(2017年5月15日発売)


■次回模型展示会参加予定
┣ 『奈良模型愛好会 第8回春展』
┣ 開催場所 : 奈良県社会福祉総合センター 1F展示スペース
┣ 所在地 :  奈良県橿原市久米町320番11 TEL: 0744-29-0111
┣ 開催日時:平成29年3月19日 13:00~18:00
┃                 20日 10:00~16:00
┗ お問合せ先 :森 武臣 landcruiser_panzer@yahoo.co.jp


■次回個展開催のお知らせ
┣ 日時:2017年6月予定(日程調整中)
┣ 開催場所:奈良県奈良市右京1丁目3-4 サンタウンプラザ すずらん館
┣ 交通:近鉄京都線・『高の原駅』駅下車 徒歩5分、駐車場有り「入庫から1時間無料」
┗ お問い合わせ先:関西学研都市センター株式会社 営業部販売促進課 TEL:0742-71-3639

プロフィール

HIGH-GEARed

Author:HIGH-GEARed
奈良市在住、スケールモデル販売業者「モデルファクトリーハイギヤード」の製作担当兼代表をしております。

また、渡辺真郎の名前で『月刊モデルアート』、『艦船模型スペシャル』等の模型雑誌の作例記事も書かせていただいております。

「プロモデラーの人ってどんな生活をしているの?」という疑問に少しでもお答えできるよう、業務日記と日常日記を織り交ぜた内容でお届けしております。

当ブログの作品紹介はホームページの補助的な役割で活用しており、ホームページの方をメインとして、模型作例を多数掲載しております。 ぜひご覧ください。

HIGH-GEARed HOBBY WORKS!!
↓↓↓
http://nabeck.web.fc2.com/

模型製作ご依頼はこちら(お気軽にお問い合わせください)
↓↓↓
http://nabeck.web.fc2.com/hg-mdf.htm

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR