港湾ジオラマ『神戸港 中突堤旅客ターミナル』完成


モデルファクトリーハイギヤードが主催する
艦船模型と飛行機模型の完成品販売webショップ『CHERRY&ANCHOR』
↓↓↓
crbana.jpg



本日は、プロモデラーの長徳佳崇さんの主催するニコニコ生放送での作品発表会、『スケールモデル祭り2016 http://modelersfes.blog.fc2.com/ 』エントリー作品として製作していた、1/700港湾ジオラマ『神戸港 中突堤旅客ターミナル』の完成写真をご紹介します。。

bkobecity01.jpg
5年前からずっと完成状態を頭に思い描いていた、神戸港中突堤のジオラマがようやく完成しました。ランドマークでもあるメリケンパークオリエンタルホテルを挟んで客船が2隻停泊し、なかなかに模型映えのする作品に仕上がったと思います。

bkobecity02.jpg
奥に停泊している客船は、英国スカイトレックス社のメタルキットを組み立てたもので、岸壁やホテル、スロープやチャペルなどは全てプラ板にて自作しました。 自動車は1/700輸送艦『しもきた』に付属の陸上自衛隊車両を一般車風に塗装し直したもので、出港前の慌ただしくも華やかな情景を再現しました。

bkobecity03.jpg
神戸ポートタワーのある内陸部から海側を眺めた様子。メリケンパークオリエンタルホテルはどの程度のディティールで再現すべきか? 非常に悩んだのですが、最終的には精密感よりも全体的なバランスを重視しました。 各フロアは2枚貼りした2mm厚のプラ板を積層して製作したもので、かなりの重量があります。

bkobecity04.jpg
海面はアクリル絵の具で着色し、グロスポリマーメディウムとジェルメディウムを重ねて透明感とさざ波を演出しました。波止場は日頃、カップルの溜まり場になっていますので、1/700の水兵のエッチングフィギュアを一般人風に塗装して、それらしい雰囲気に仕上げています。

bkobecity05.jpg
写真上側は、スカイトレックスの1/700客船『シーボーンプライド』。写真下側は、国内最大のレストランシップ『ルミナス神戸2』です。 この1/700『ルミナス神戸2』はフルスクラッチで、(実船図面などは手に入らないので)パンフレットに記載された一般配置図を平面図代わりに使用し、側面図は真横から撮影した実船写真をもとに作成しました。(船体はエポキシパテの削り出しで自作し、プラ材積層の上部構造物を組み合わせています)

毎年一作を目標に製作を続けている1/700港湾ジオラマですが、来年は『別府国際観光港 第3埠頭』の製作を予定していますので、製作記掲載の際には是非ご覧くださいませ。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつも投票いただきありがとうございます)

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(現在受注が集中しているため、製作開始およびお届けにお時間を頂いております)
↓↓↓
mfhbana.jpg

モデルファクトリーハイギヤードが主催する
艦船模型と飛行機模型の完成品販売webショップ『CHERRY&ANCHOR』
↓↓↓
crbana.jpg


■次回、模型展示会参加のご案内
┣『奈良模型愛好会 第9回展示会』
┣ 日時:2016年9月18日(日)11:00~20:00
┃         9月19日(祝)11:00~16:00
┣ 開催場所: 『ボークスホビースクエア京都 1階エントランスホール』
┣ 会場URL: https://www.volks.co.jp/jp/shop/kyoto_hs/
┣ 交通:JR京都線「西大路駅」より、西大路通りを北へ徒歩7分
┗ お問い合わせ先:奈良模型愛好会 竹本 E-Mail:flakpz1@yahoo.co.jp
スポンサーサイト

港湾ジオラマ『神戸港 中突堤旅客ターミナル』製作 その4

本日は、6月16日以来となる1/700港湾ジオラマ『神戸港 中突堤旅客ターミナル』の製作記をご紹介します。

作品自体は6月末頃に既に完成し、『第9回船舶(艦船)模型合同展』、『第二回すずらん模型展』、『和歌山プラモデル合同展示会2016』と、既に3回の作品展に(未完成状態での展示も含めて)出展させて頂いておりますが、ブログの方では製作過程の紹介が最後まで行えてなかったので、改めてのご紹介となります。

1608251.jpg
前回までの状態です。中突堤中央ターミナルのランドマークでもある、『メリケンパークオリエンタルホテル』が無事に完成し、あとは岸壁と小物類、そしてジオラマの主役となる客船の製作を残すのみとなりました。

1608252.jpg
岸壁はアスファルトで舗装された場所やコンクリートの部分、タイル張りの箇所など、現地の色合いをできる限り正確に再現することに努めました。塗装は複数色を重ねたチラシ塗装にて、石目調の質感を表現しています。

1608253.jpg
塗装が終わり、部分的に植栽も済ませた様子。オリエンタルホテル前面の両サイドにあるチャペルのうち、写真手前側の建物は、実物の形状が少々複雑だったため、若干簡略化した形状に仕上げました。

1608254.jpg
自動車は、大阪港ジオラマ( http://modelfactoryhg.blog.fc2.com/blog-entry-940.html )製作時と同じく、タミヤの1/700輸送艦『しもきた』に付属の陸自車両を一般車風に塗装し直して使用しました。なお、車両の色の種類や割合が不自然にならないように、塗装前には道行く車や駐車場に停車している車の色を観察し、統計をとりました。

1608255.jpg
岸壁やホテルのバルコニー、乗船場に配置するフィギュアは、ピットロードのエッチング水兵です。水兵なので全員男性設定ではありますが、服装の色のバランスを変えたり、長い髪を書き込んだり、足の長さを調整したりして性別の違いを意識した仕上げを行いました。今回のジオラマにはこれらのフィギュアを合計100体ほど配置しています。

1608256.jpg
なお今回のジオラマ製作にあたって、新作の客船模型を製作しました。キットは英国スカイトレックス社のもので、ドイツ客船の『シーボーンプライド(現スタープライド)』です。 キットとは言っても、船体を含め、ほとんどの装備品は一体成型されているため、組立に関しては容易でしたが、塗装の際にはマスキングや細部への筆塗りに少々苦労しました。

1608257.jpg
塗装を完了した1/700客船『シーボーン・プライド』。船体以外の別パーツは煙突とマスト、二本のアンテナのみですが、最低限のパーツ構成で実船のイメージを思った以上に忠実に再現している様子に驚かされました。 窓のモールドは一部省略されていますが、黒で色差しすることによってそれらしい雰囲気を再現できました。

1608258.jpg
なお、実船の『シーボーンプライド』は、2010年5月に神戸港中突堤に接岸していますので、今回のジオラマはそのときの情景を再現したものとなります。完成写真は週明け月曜日にご紹介します。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつも投票いただきありがとうございます)

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(現在受注が集中しているため、製作開始およびお届けにお時間を頂いております)
↓↓↓
mfhbana.jpg

モデルファクトリーハイギヤードが主催する
艦船模型と飛行機模型の完成品販売webショップ『CHERRY&ANCHOR』
↓↓↓
crbana.jpg


■次回、模型展示会参加のご案内
┣『第4回 関西オートモデラーの集い』
┣ 日時:2016年8月28日(日)午前11時30分~午後5時30分
┣ 開催場所:大阪市浪速区日本橋4-9-18 『ボークス大阪ショールーム8F』
┣お問い合わせ:水曜倶楽部ブログ内『第4回関西オートモデラーの集い』ページにコメントとしてお書きください
┣ 水曜倶楽部 ブログURL: http://blogs.yahoo.co.jp/modeler_club_wednesday
┗ 一般参加者としてカーモデル作品出展予定

港湾ジオラマ『神戸港 中突堤旅客ターミナル』製作 その3

本日は今月8日以来の港湾ジオラマ『神戸港 中突堤旅客ターミナル』の製作の様子を御紹介します。

1606161.jpg
前回の記事の中でまだ製作していなかった、ホテルの1F~3Fのフロアを製作しました。各フロアは1/700原寸でおよそ5ミリでしたので、タミヤの5mm角棒を『ロの字』に組んで外壁を作り、プロムナードになっているフロア部分は0.5mmのプラ板に2mm幅のプラ帯材を巻きつける方法で製作しました。

1606162.jpg
1Fフロアを仮置きした様子。右側に見える開口部は、駐車場の入り口です。

1606163.jpg
続いて、2Fフロアを重ねた様子。(客船乗り場はこのフロアにあります) バルコニーの柱は実物ではもっと細いのですが、今回は建物の形状自体を大幅に簡略化している関係で、柱も若干太めにするなどしてディティールのバランスを取りました。

1606164.jpg
3Fの壁面は、前回製作した4F以上の高層部分の裏側に取り付けました。このフロアにはエントランスがあり、およそ半分がタクシーやバスのロータリーとなっているので、内部の柱をプラ角棒で再現しました。

1606165.jpg
各フロアを仮組した全体像。プラ板のみでのスクラッチということで、「本当にメリケンパークオリエンタルホテルに見えてくれるのか?」と、製作前には若干不安でしたが、思った以上に実物のイメージに近い仕上がりになり、満足です。

1606166.jpg
塗装工程はまず一旦全体を黒に隠ぺいし、窓の部分をマスキングして徐々に発色を明るくしていきました。

1606167.jpg
プロムナードをコンクリート色に、そして外壁を白に近いグレーに塗装してマスキングを剥がすと、いよいよ1/700のメリケンパークオリエンタルホテルが完成です。

1606168.jpg
別角度。非常に特殊な形状の建築物ですので、市販の材料と手持ちの設備でそれらしく仕上げるのには思った以上に苦労しました。 あとは岸壁の塗装とスロープ両脇に並ぶチャペルを完成させれば、港湾ジオラマの基本部分は完成です。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつも投票いただきありがとうございます)

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(現在受注が集中しているため、製作開始およびお届けにお時間を頂いております)
↓↓↓
mfhbana.jpg

モデルファクトリーハイギヤードが主催する
艦船模型と飛行機模型の完成品販売webショップ『CHERRY&ANCHOR』
↓↓↓
crbana.jpg


■次回、模型展示会参加のご案内
┣『第9回船舶(艦船)模型合同展示会』
┣ 開催場所: 兵庫県神戸市 バンドー神戸青少年科学館 展示ホール4F
┣ 開催日程 2016年 6月 18日(土)10時 ~ 17時
┃                19日(日)10時 ~ 16時
┗備考: 模型サークル『鳶色の会』会員として参加

港湾ジオラマ『神戸港 中突堤旅客ターミナル』製作 その2

昨日に引き続き、1/700港湾ジオラマ『港湾ジオラマ『神戸港 中突堤旅客ターミナル』の製作の様子を御紹介します。

本日は、今回のジオラマの主役となる『メリケンパーク オリエンタルホテル』の製作記の第一回目となります。

16060801.jpg
建物の図面などは一般人には入手ができませんので、まずはグーグルアースの航空写真をキャプチャーし、1/700原寸大に拡大(または縮小コピー)したもので平面形状をチェックしました。

16060802.jpg
続いては立面形状です。こちらは現地で撮影した写真を参考としました。この写真は少し斜めからのアングルとなっていますが、実際にはなるべく真横から撮影した写真を1/700原寸に調整し、各部の寸法を割り出します。

16060803.jpg
寸法をチェックした結果、各フロアとバルコニーの手すりの高さはどちらもおよそ2ミリ程度であることが分かりましたので、フロアーとバルコニーをそれぞれ2mm厚のプラ板で切り出し、交互に積層しつつ組み立ていく方法を採用しました。各フロアとバルコニーにはそれぞれパーツ番号を割り振り、航空写真と側面写真を計測しつつ、各パーツのサイズをメモしていきます。

16060804.jpg
2mmプラ板を切り出して実際に積層してみた様子。バルコニーの末端部分は垂直に切っただけですので、このままで段付きが目立ち、少々実感にかけてしまいます。そこで今回は、この末端部分を実物と同じように斜めに削り込む処理を行いました。

16060805.jpg
ここで出番となるのが、木製台座製作時に使用した卓上フライス盤です。削り込む角度は側面写真のバルコニー末端部の角度を分度器で計測し、各フロアに合わせた角度にフライスモーターを設定しました。(写真右上は、斜めに削り込まれた末端部のアップです)

16060806.jpg
各フロアを下から順番に積み上げ、最上段は0.5mm厚のプラ板を箱組し、内部にフレームを入れて自作しました。

16060807.jpg
このようにして、下の層にいくに従って徐々に末広がりとなっていく独特の形状をなんとかそれらしく再現することができました。(この写真は、4階より上の部分が無事に完成した様子です) なお、1~3階までのフロアは駐車場やバスローターリー、エスカレーターなどが入り組んでかなり複雑な形状になっているので、今後の作業で少しずつ追加していこうと思います。

16060808.jpg
製作途上のメリケンパークオリエンタルホテルを岸壁に仮置きした様子。手前に置かれている客船は、1/700の『ルミナス神戸2 https://www.luminouskobe.co.jp/ 』で、いまからちょうど5年前にフルスクラッチした作品です。奥に見える客船は、スカイトレックスの1/700『シーボーン・プライド(現スタープライド) https://en.wikipedia.org/wiki/Star_Pride 』で、現在少しずつ製作を進めています。 

このジオラマは、できれば今月開催の『第9回船舶(艦船)模型合同展示会』でお披露目できればと思います。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつも投票いただきありがとうございます)

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(現在受注が集中しているため、製作開始およびお届けにお時間を頂いております)
↓↓↓
mfhbana.jpg

モデルファクトリーハイギヤードが主催する
艦船模型と飛行機模型の完成品販売webショップ『CHERRY&ANCHOR』
↓↓↓
crbana.jpg


■次回、模型展示会参加のご案内
┣『第9回船舶(艦船)模型合同展示会』
┣ 開催場所: 兵庫県神戸市 バンドー神戸青少年科学館 展示ホール4F
┣ 開催日程 2016年 6月 18日(土)10時 ~ 17時
┃                19日(日)10時 ~ 16時
┗備考: 模型サークル『鳶色の会』会員として参加

港湾ジオラマ『神戸港 中突堤旅客ターミナル』製作 その1

本日は、『スケールモデル祭り2016 http://modelersfes.blog.fc2.com/ 』エントリー作品の1/700港湾ジオラマ『神戸港 中突堤旅客ターミナル』の製作記の第一回目を御紹介します。

16060701kk.jpg
今回、製作する中突堤旅客ターミナルの(実物の)全景です。埠頭の中央には旅客ターミナルを兼ねた宿泊施設として『メリケンパークオリエンタルホテル http://www.kobe-orientalhotel.co.jp/ 』という(波や虹をモチーフにした)アーティスティックなデザインの建物があり、神戸ポートタワーと並ぶ神戸の海のランドマークとして御馴染みです。今回は海の面積が比較的少なめのジオラマとなるため、この独特の形をしたホテルをいかにそれらしくスクラッチするか?が決め手となりました。

16060702.jpg
建物を作り始める始める前に、まずはベースの製作です。使用したのはホームセンター(コーナン)で購入したパイン材で、まずは410×350mm角のサイズにカットしました。

16060703.jpg
そのままではアクリルケースを取り付ける事ができないので、卓上フライス盤を使用して端から6mmの外周部を一段削り込んで段付きを再現します。

16060704.jpg
面取りを行ったあとにオイルフィニッシュを施し、市販の木製台座と比べても遜色のない仕上がりとなりました。ベースの自作は手間がかかりますが、サイズや素材を自分好みに出来、コストも比較的安く上げる事ができるのが利点です。

16060705.jpg
岸壁はタミヤの2ミリ厚のプラ板から切り出したものです。海面の表現はこれまではカガミ(カスミ)状のアクリル板を使用していましたが、今回はアクリル絵の具とメディウムで再現する為、岸壁のラインに合わせてマスキングを行いました。

16060706.jpg
続いて、海面の色付けを行います。使用したのはアクリル絵の具のリキテックスで、『フタログリーンイエローシェード』と『ウルトラマリンブルー』を混ぜ、水で溶いたものを(敢えてムラを出しつつ)塗り広げました。

16060707.jpg
乾燥後の様子。かなりのムラのある仕上げですが、ベタ塗りするよりもムラのあるほうが、完成後のイメージはより実物に近づきます。

16060708.jpg
リキテックスが乾燥したら、続いてメディウムの塗り重ねです。最初に『グロスポリマーメディウム』を平滑に塗り、続いて『ジェルメディウム』を筆で叩くように盛り付けてさざ波を再現します。

16060709.jpg
メディウム乾燥後の様子。(透明感のある海が生まれました) 敢えて残した色ムラによって、港湾特有の浅海面のイメージが再現出来て満足しています。

16060710.jpg
海面のテクスチャーのクローズアップ。現地は波静かな瀬戸内海の防波堤の内側にあり、かなり波は少ない港ですので、あまり荒れた表現は施さずに静かな海面を演出しました。

明日は建築物のスクラッチの様子を御紹介します。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつも投票いただきありがとうございます)

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(現在受注が集中しているため、製作開始およびお届けにお時間を頂いております)
↓↓↓
mfhbana.jpg

モデルファクトリーハイギヤードが主催する
艦船模型と飛行機模型の完成品販売webショップ『CHERRY&ANCHOR』
↓↓↓
crbana.jpg


■次回、模型展示会参加のご案内
┣『第9回船舶(艦船)模型合同展示会』
┣ 開催場所: 兵庫県神戸市 バンドー神戸青少年科学館 展示ホール4F
┣ 開催日程 2016年 6月 18日(土)10時 ~ 17時
┃                19日(日)10時 ~ 16時
┗備考: 模型サークル『鳶色の会』会員として参加
プロフィール

HIGH-GEARed

Author:HIGH-GEARed
奈良市在住、スケールモデル販売業者「モデルファクトリーハイギヤード」の製作担当兼代表をしております。

また、渡辺真郎の名前で『月刊モデルアート』、『艦船模型スペシャル』等の模型雑誌の作例記事も書かせていただいております。

「プロモデラーの人ってどんな生活をしているの?」という疑問に少しでもお答えできるよう、業務日記と日常日記を織り交ぜた内容でお届けしております。

当ブログの作品紹介はホームページの補助的な役割で活用しており、ホームページの方をメインとして、模型作例を多数掲載しております。 ぜひご覧ください。

HIGH-GEARed HOBBY WORKS!!
↓↓↓
http://nabeck.web.fc2.com/

模型製作ご依頼はこちら(お気軽にお問い合わせください)
↓↓↓
http://nabeck.web.fc2.com/hg-mdf.htm

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR