FC2ブログ

1/700岡崎汽船『日豊丸』完成

本日は、プライベート作品として製作していた、1/700岡崎汽船『日豊丸』の完成写真をご紹介します。

bbnippohmaru01.jpg
『日豊丸』は、戦前に岡崎汽船(現在の日豊海運)が所有していた木材運搬船で、戦時中は特設給水船として日本海軍に徴用され、トラック島空襲によって沈没しました。実船は現在でも(95式軽戦車などを積載したまま)デュブロン島沖の水深45mの海底に残っており、ダイビングスポットとしても知られています。

bbnippohmaru02.jpg
1/700岡崎汽船『日豊丸』、左舷側からの全景。キットはフェアリー企画の海軍特設給水船仕様のものをベースに、武装を撤去し、塗装替えする方法で徴用前の姿を再現しました。塗色は白黒写真から推定したものですが、ファンネルマークなどは汎用のアクセントデカールやラインデカールを組み合わせることで、実物のイメージに近づけることができました。

bbnippohmaru03.jpg
キットはフルレジンで船体が前後三分割となっていたため、合わせ目の処理がカギとなりました。また、丸窓のモールドも不ぞろいだったために一旦全て埋め、テンプレートによるドリル加工で再生しています。(船尾と船首側面の船名表示はインクジェットプリンターで自作し、プロムナードデッキの支柱はプラ角棒で自作しました)

bbnippohmaru04.jpg
船首からブリッジ&煙突にかけてのクローズアップ。前部マストは0.8mm径の真鍮線で自作し、クロスツリーはハセガワの1/700日本郵船『氷川丸』のパーツから流用しました。門型クレーンの柱も『氷川丸』のクレーン支柱を使用し、汎用のトラスエッチングで繋げる方法で再現しました。また、クレーンブームは0.5mm径のプラ丸棒を切り出して自作したものです。

bbnippohmaru05.jpg
その他、救命ボートも氷川丸からの流用で、ボートダビットはファインモールド製のナノドレッドシリーズのパーツによる再現です。キセル型通風筒は、シールズモデルの明治艦用汎用パーツをドリルで開口し、手すりやラッタル、シュラウドなども汎用品を現物合わせで取り付けました。

bbbnippohmaru06.jpg
海面ベースはいつものようにジェルメディウムで造成し、航行波は船足の遅さをイメージしたものに仕上げました。今回の製作は推測によるところが多く、どれくらい実船に正確なのかは分かりませんが、完成した姿はいかにも「模範的な戦前型の貨物船」といえる可愛らしいスタイリングで、大いに気に入りました。 

今回完成した『日豊丸』は、個人的に製作した船舶模型としては、2017年秋に完成した1/700日本郵船『信濃丸 http://modelfactoryhg.blog.fc2.com/blog-entry-1326.html 』以来、約一年半ぶりの完成品でもあり、恐らくは平成最後のプライベート作品になるのではないかと思います。

昨年は自分用に船の模型を作る時間が全くありませんでしたので、今年は小型船をメインに、あと2~3作程度の完成を目指したいところです。

(次回もプライベート作品をご紹介します)

当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓
190407ninki0kontena.png

艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

■メディア掲載情報
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo71』に、1/350戦艦『大和』作例記事掲載。全国書店にて発売中!
┣ イカロス出版『あさひ型モデリングガイド』に1/700護衛艦『しらぬい』作例記事掲載。全国書店にて発売中!
┣ イカロス出版モデリングガイド新刊に、1/700作例記事掲載予定。2019年5月頃発売予定!
┗ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo73』に、1/700作例記事掲載予定。2019年8月15日発売予定!


艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(2019年2月10日更新! 取引例と模型誌作例の計32作品を一挙公開!)
↓↓↓
mfhbana.jpg


モデルファクトリーハイギヤード公式 スケールモデル完成品webショップ『CHERRY&ANCHOR』
(2019年3月27日、飛行機模型完成品続々入荷!)
↓↓↓
crbana.jpg

■『静岡ホビーショー モデラーズクラブ合同展示会』参加のご案内
┣ 日時:2019年5月11日(土)~12日(日)
┣ 場所:ツインメッセ静岡
┣ 参加サークル:「奈良模型愛好会(南館K154)」「チームKen-1&鳶色の会(西館263)」の2ブースに出展
┗ 公式サイト: https://www.hobby-shizuoka.com/
スポンサーサイト

1/700岡崎汽船『日豊丸』製作 その2

本日も、プライベート製作品のフェアリー企画1/700『日豊丸』の製作の様子をご紹介します。

19040900.jpg
前回の船体の接着に引き続き、主要パーツ群を仮置きした様子です。(成形色の印象も手伝って、型から引き出したシャーベットみたいですね)

19040901.jpg
デッキと船橋構造物にはかなり大きな隙間がありましたので、プラ角棒を2本重ねて塞ぎました。船体とデッキの幅もかなり違うので、最終的にはデッキ側の幅を1㎜ほど詰めて舷側のラインと揃えています。

19040902.jpg
船体外舷の継ぎ目は、最初にゼリー状の瞬間接着剤を充填し、ある程度埋まったところで硬化剤で固めました。その状態で「捨てサフ」を吹いてサンディングし、消えきらない部分は液状瞬間接着剤を流して同様に処理しています。(削る際には船体の幅が変わってしまったり、船橋構造物の形状を変えてしまわないように注意が必要でした)

19040903.jpg
主要パーツの下地処理が終わった段階で、プロムナードデッキ開口部に(プラ角棒)で支柱を追加しました。実船の支柱はもっと数が多い可能性がありますが、今回は(作業性と見た目のバランスを考慮して)4本取り付けています。

19040904.jpg
ブリッジと煙突にも巨大なバリが付いていたため、プラ材などで作り直すことも考えたのですが、結局はバリをしっかりと落とし、ヒケや気泡をひとつひとつ埋めて形状を整えました。

19040905.jpg
各パーツの修正を終えた段階で、改めて船体に仮置きしてみたところ、ようやく商船模型らしいフォルムが見えてきました。(ある意味、ここからが「第二のスタート地点」と言えそうです) このあと、一旦埋めた舷窓モールドもドリル加工で再生しました。

19040906.jpg
塗り分けについては、実船の白黒2枚を参考に一般的な白黒塗装としました。(細部の塗り分けや、上からしか見えない部分についてはわからないので、ある程度推測を交えています) 独特のファンネルマークも写真から導き出したもので、汎用のラインデカールとアクセントデカールを組み合わせて再現しました。

19040907.jpg
続いて、救命ボートや通風筒を取り付けるのですが、キットに付属のレジンパーツはバリと湯周り不足が激しかったため――

19040908.jpg
ハセガワの1/700日本郵船『氷川丸』をひと箱、ドナーとして用意し、パーツの流用を行いました。商船の1/700プラキットは他にもあるのですが、『氷川丸』は実売価格が1,000円を切っていてコストパフォーマンスが高く、他船のパーツをランナー単位で請求するよりも安くつく点が嬉しいです。

19040909.jpg
マストはキットには付属していないので真鍮線で自作し、クロスツリーのみ『氷川丸』のマストから切り取ったものを使用しました。また、門型マストも氷川丸のクレーン支柱を使用し、汎用のトラスパーツを組み合わせています(写真左) エッチングは手摺とラッタルなどの汎用品を使用し、アクセントとして明治艦用のシュラウドを取り付けました(写真右)

19040910.jpg
船名表示のデカールはパソコンでデータを作成し、プリンターで自作しました。(家庭用のインクジェットプリンターでは白を出力できないため、ホワイトデカールに黒の縁取り部分を印刷しています) 

なお、キットの箱絵では『日豊丸』のスペルは『NIPPO MARU』となっていましたが、実船写真からは『NIPPOH MARU』と読み取れましたので、そのように表記しています。

駆け足での工程画像紹介となりましたが、次回は完成写真をご紹介します。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓
190407ninki0kontena.png

艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

■メディア掲載情報
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo71』に、1/350戦艦『大和』作例記事掲載。全国書店にて発売中!
┣ イカロス出版『あさひ型モデリングガイド』に1/700護衛艦『しらぬい』作例記事掲載。全国書店にて発売中!
┣ イカロス出版モデリングガイド新刊に、1/700作例記事掲載予定。2019年5月頃発売予定!
┗ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo73』に、1/700作例記事掲載予定。2019年8月15日発売予定!


艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(2019年2月10日更新! 取引例と模型誌作例の計32作品を一挙公開!)
↓↓↓
mfhbana.jpg


モデルファクトリーハイギヤード公式 スケールモデル完成品webショップ『CHERRY&ANCHOR』
(2019年3月27日、飛行機模型完成品続々入荷!)
↓↓↓
crbana.jpg

■『静岡ホビーショー モデラーズクラブ合同展示会』参加のご案内
┣ 日時:2019年5月11日(土)~12日(日)
┣ 場所:ツインメッセ静岡
┣ 参加サークル:「奈良模型愛好会(南館K154)」「チームKen-1&鳶色の会(西館263)」の2ブースに出展
┗ 公式サイト: https://www.hobby-shizuoka.com/

1/700岡崎汽船『日豊丸』製作 その1

先週から今週にかけては、イカロス出版誌の作例締切に追われて少々忙しくしております。

そこで今週は、主にプライベート作品の製作の様子をご紹介します。

まずは、奈良模型愛好会の春展への出展を目的に製作していた、1/700岡崎汽船『日豊丸』からです。

19040801.jpg
キットはフェアリー企画の製品です。昨年の静岡ホビーショーの合同展示会において、私の商船作品群をご覧になったお客さまから、「フリマの会場で、フェアリー企画さんが商船キットを幾つか出してましたよ~」との情報を頂きまして、すぐに入手しました。

キットは海軍特設給水船の仕様ですが、形状的には商船時代(←木材運搬船だったようです)と、それほど変わりないようでしたので、例によって武装を撤去して塗装替えをする方法で戦前の姿の再現を目指しました。

19040802.jpg
キット内容はフルレジンで、船体は前部、中部、後部の三分割となっています。このような分割構造はフェアリー企画の艦船キットではデフォルトのようで、反りを修正する必要はない反面、合わせ目処理には気を使う仕様です。

19040803.jpg
主要パーツは三分割された船体とデッキの一部、そしてブリッジの上部と煙突です。(ひとつひとつのパーツの処理に手間がかかりますので、パーツ数自体が少なめになっていて助かりました)

19040804.jpg
各パーツのクローズアップ。大きなバリと表面のキズは比較的、容易に修正可能ですが、舷窓などの不ぞろいのモールドは一旦埋めてから処理しなおす必要があります。

19040805.jpg
パーツをじっくり眺めれば眺めるほど、今後の製作が思いやられてしまいますが、とにもかくにも船体を接着しないと始まらないので、(その準備として)まずは断面のバリを落とし、ドリル穴を3カ所ずつ開口しました。

19040806.jpg
この穴に真鍮線を差し込んでおけば、接着後の強度不足をおぎなう補強になります。真鍮線に対して差し込み穴は大きめに開け、ゼリー状の瞬間接着剤を充填して隙間を埋めました。

19040807.jpg
船首から船尾までの軸線を整えるために、接着の際にはスコヤをつかって直線を出しました。ちなみに、このスコヤは(建築模型と樹脂製品の試作の)会社に勤めていたときに、15mm厚のアクリル板から自作したもので、ジオラマ用の建造物をスクラッチするときなどに重宝しています。

19040808.jpg
接着の済んだ船体を裏側から見た様子。三分割構造の船体が、ようやくひとつにまとまりました。

19040809.jpg
合わせ目の隙間や舷側のモールドはこのような具合です。この状況を見て心が折れてしまうモデラーも多いかもしれませんが、表面処理をじっくりと行えば修正は充分に可能です。

次回も、1/700岡崎汽船『日豊丸』の製作をご紹介します。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓
190407ninki0kontena.png

艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

■メディア掲載情報
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo71』に、1/350戦艦『大和』作例記事掲載。全国書店にて発売中!
┣ イカロス出版『あさひ型モデリングガイド』に1/700護衛艦『しらぬい』作例記事掲載。全国書店にて発売中!
┣ イカロス出版モデリングガイド新刊に、1/700作例記事掲載予定。2019年5月頃発売予定!
┗ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo73』に、1/700作例記事掲載予定。2019年8月15日発売予定!


艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(2019年2月10日更新! 取引例と模型誌作例の計32作品を一挙公開!)
↓↓↓
mfhbana.jpg


モデルファクトリーハイギヤード公式 スケールモデル完成品webショップ『CHERRY&ANCHOR』
(2019年3月27日、飛行機模型完成品続々入荷!)
↓↓↓
crbana.jpg

■『静岡ホビーショー モデラーズクラブ合同展示会』参加のご案内
┣ 日時:2019年5月11日(土)~12日(日)
┣ 場所:ツインメッセ静岡
┣ 参加サークル:「奈良模型愛好会(南館K154)」「チームKen-1&鳶色の会(西館263)」の2ブースに出展
┗ 公式サイト: https://www.hobby-shizuoka.com/




1/700コンテナ船『コロンボ・エクスプレス』製作 その1

艦船模型製作代行のご依頼品は、現在、次回作となる1/350航空母艦『ニミッツ』の製作を進めていますが、このところ決算業務なども重なって、まとまった形でアップできる状態が出来ていませんので、本日と明日はプライベートで製作している作品をご紹介します。

18030801.jpg
現在、プライベートで製作している船舶模型は、ドイツレベルの1/700コンテナ船『コロンボ・エクスプレス』です。昨年まではプライベート製作では客船模型( http://modelfactoryhg.blog.fc2.com/blog-category-22.html )の製作をつづけてきましたが、集大成ともいえるジオラマ作品『Port of Yokohama1930s ( https://tobiiro.jimdo.com/816%E6%A8%AA%E6%B5%9C%E6%B8%AF-%E3%82%B8%E3%82%AA%E3%83%A9%E3%83%9E%E4%BD%9C%E5%93%81/ ) 』を完成させたことで一区切りを迎えたので、今年一年は貨物船に凝ってみようと思っています。

18030802.jpg
ドイツレベルのコロンボエクスプレスは左右分割の船体に一枚ものの甲板を組み合わせる構成になっています。コンテナ船ということで、その他の目立ったパーツといえば、ブリッジ周りのみで、船本体のパーツは比較的シンプルな印象です。

18030803.jpg
ちなみに、実船のコロンボエクスプレスの全長は336mということで、全長333mのニミッツ級と比較しても僅かに上回る巨大さです。(大和型戦艦は263m) 船体形状がシンプルなこともあって、なかなか実船の巨大さを実感しづらいところが難点ですが、今後予定しているジオラマ化の過程で(比較対象となる)車両やタグボートなどを配置してスケール感を演出しようと考えています。

18030804.jpg
なお、『コロンボ・エクスプレス』を製作するにあたり、仕上がり具合のカギとなるのはやはりコンテナです。ドイツレベルのキットは満載状態のコンテナをひとつのブロックとして再現しているため、合計23個のブロックを順番に箱組みしていきました。

18030805.jpg
仕上がった23個のコンテナブロック。パーツの精度はまずまず良いので、組み立てに苦労するようなことはなかったのですが、上蓋は『落とし蓋』になっているため、天辺に合わせ目が発生するのが難点です。

18030806.jpg
そこで、それらの合わせ目は溶きパテを盛ってからサンディングすることで修正を行いました。なお、落とし蓋の外周部分は筋彫りがありませんので、これらの彫り足しも行っています。

18030807.jpg
ちなみに、この筋彫りはひとつひとつ個別に作業するよりも、4個程度のブロックをマスキングテープで束ねてから彫り込む方が合理的です。(筋彫り工具には、GSIクレオスのラインチゼルを使用しました)

18030808.jpg
合わせ目と筋彫りの修正を終えたコンテナ群は、黒サフで立ち上げ、続いてオキサイドレッドの下地で仕上げました。なお、このオキサイドレッドは、一部のコンテナの色としてそのまま使用します。(今回はジオラマ用にコンテナを複製する予定がある為、この時点でコンテナブロックの型取りを行いました) 

18030809.jpg
残すはコンテナ塗装ですが、実船に近い色のバランスを実現するのに少々苦労を伴いました。自分なりのセンスで実物のコンテナの色彩を参考に、3色ほどの塗料を調色したのですが、最初は思ったようなバランスが実現できず、色調を調正しながら3回ほど塗り直す事になりました。

18030810.jpg
塗り分けはマスキングとエアブラシ吹きの連続でかなり手間がかかりますが、船尾側から少しずつ進めて、まもなく船体中央付近に近づいてきたところです。

この『コロンボ・エクスプレス』は、できれば5月の静岡ホビーショー、モデラーズクラブ合同展示会での単品作品での御披露目を目指し、夏頃にまでにはジオラマとしても完成させたいと思っております。

明日も、引き続きプライベート作品の製作過程をご紹介します。

当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

■メディア掲載情報
┣ モデルアート社出版『月刊 MODEL Art 2018年4月号』に1/700戦艦『大和』作例記事掲載
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo67』に、1/700航空母艦『アークロイヤル(アオシマ)』作例記事掲載
┣ イカロス出版『艦船プラモカタログ2018』に、1/700駆逐艦『島風』作例記事掲載
┗ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo68』に、1/700艦船模型作例記事掲載予定。5月15日発売!

モデルファクトリーハイギヤード公式 スケールモデル完成品webショップ『CHERRY&ANCHOR』
(2018年2月10日、1/350特型駆逐艦精密完成品ほか、艦船模型完成品5隻入荷!)
↓↓↓
crbana.jpg

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(2018年1月9日更新!取引例およびメディア掲載作品に計14作品追加&工房紹介ページリニューアル)
↓↓↓
mfhbana.jpg

■次回模型展示会参加のお知らせ
┣ 『奈良模型愛好会 春展2018』
┣ 開催日時:4月7日(土)13:00~20:00
┃       4月8日(日)10:00~16:00
┣ 開催場所:奈良県奈良市右京1丁目3-4 サンタウンプラザ すずらん館1階 すずらんサークル
┗ 交通:近鉄京都線・『高の原駅』駅下車 徒歩5分

ドイツレベル 1/700コンテナ船『コロンボ・エクスプレス』レビュー

先日、今後予定しているプライベート製作品として、ドイツレベルの1/700コンテナ船『コロンボ・エクスプレス』をブログに掲載したところ、思いのほか多方面の皆さまからキットについての質問やメールでのお問い合わせをいただきましたので、この機会にキットのレビューをご紹介します。

1707111.jpg
この製品は確か、2011年7月以来の再販だったと思います。当時、JMC大阪の展示会で完成品が出展されているのを見て、即購入を決めたものの、国内では既に品薄状態となっており、長年入手できずに悔しい思いをしていました。

ちなみに初版当時の箱絵は右舷側からローアングルで描かれたもので、今回の再販に合わせて箱絵のリニューアルが行われました。(そのさい何故か、国内での品名も『コロンボ・エクスプレス』から『コロンボ・エキスプレス』に変更になっています)

1707112.jpg
箱を開けるとこんな感じです。ヨーロッパのキットに限らず、国産キットと比べると海外製品は「もう少し箱が小さくてもいいんじゃない?」と思ってしまう雰囲気がありますが、ロシアや東欧のキットよりはまだいくらかコンパクトな設計です。

1707113.jpg
船体は左右分割で、デッキは主要部分が一体成型となっています。(デッキは多少反りがあるものの、組み立てに支障はありません) なお、船底にはバウスラスターが繊細にモールドされていますが、今回は洋上モデルとして製作する予定ですので、以前製作したQM2( http://modelfactoryhg.blog.fc2.com/blog-entry-651.html )と同様に、吃水線下は切り飛ばす予定です。

1707114.jpg
また、その他の船体パーツは平面構成のものばかりですので、シンプルな板状のパーツとして成形されていました。(船首のウインチなどは、なかなかに繊細です)

1707115.jpg
船体を仮組した様子。現代のコンテナ船がいかに巨大か? を実感できるように、隣に同一縮尺の戦艦『武蔵』を配置してみました。

1707116.jpg
ブリッジパーツは板状のものを箱組するようになっており、まるで建築模型の様な構成です。

1707117.jpg
コンテナも同様に板状パーツを箱組するように設計されており、複数積み重ねたものをひとつのブロックとして組み上げる方式となっています。数は少々多めですが、シンプルな構成ですので組みたて自体はラクそうです。

1707118.jpg
ただし、塗り分けにはかなりの苦労を伴いそうで、『箱絵の様な実感的なモザイク仕上げ』にするにはかなりの根気を必要としそうです。

1707119.jpg
コンテナ用のデカールは、船会社のハパックロイドのロゴしか含まれていないので、他のロゴを自作しようか? と思ったのですが、ホワイトエンサインから多彩なロゴを再現したデカールが発売されているようですので、そちらの使用も検討しています。また、ディテールアップパーツはKAモデルから手摺やラッタルなどの専用エッチングが発売されているので、近々そちらも入手しようと思います。

ちなみに、この1/700『コロンボ・エクスプレス』の製作においては、ブリッジ周り等をメインに電飾を仕込むことを計画しておりまして、名古屋港のコンテナヤード(飛島埠頭)を再現した港湾ジオラマとして仕上げる予定です。(来年春頃予定)

ガントリークレーンはフルスクラッチになりますが、(構造を調べてみたところ)当初想像していたよりずっと簡単に作れそうですし、コンテナヤードの港湾設備も非常にシンプルですので、本格的な電飾に挑戦する余力が持てそうです。

17071110.jpg
ちなみに話題は変わりますが、最近のドイツレベルの箱のデザインはとてもクールで気に入っています。この写真は昨年、購入した1/600ユナイテッド・ステーツ・ライン『ユナイテッドステーツ』です。少々中途半端な縮尺ですが、キットの内容は割と良さそうですので、こちらもおいおい、ジオラマ作品として製作したいと考えています。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

■作例掲載情報
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo64』に、1/500一等巡洋艦『八雲』作例記事掲載。(発売中)
┣ イカロス出版『艦船プラモカタログ2017』に、1/700航空母艦『CV-7 ワスプ』作例記事掲載。(発売中)
┣ KKベストセラーズ出版『CIRCUS MAX 8月号』に艦船模型作例写真および企画記事掲載。(発売中)
┣ モデルアート社出版『月刊MODEL Art 2017年9月号 』に模型製作についてのコラム記事掲載予定。(2017年7月25日発売)
┗ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo65』に艦船模型作例記事掲載予定。(2017年8月15日発売)


モデルファクトリーハイギヤードが主催する
艦船模型と飛行機模型の完成品販売webショップ『CHERRY&ANCHOR』
(2017年6月30日、1/700艦船模型完成品計4隻入荷!)
↓↓↓
crbana.jpg

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(2017年6月5日更新!取引例に16作品追加! 現在計336作品掲載中)
↓↓↓
mfhbana.jpg

■次回模型展示会参加のお知らせ
┣ 『第5回関西オートモデラーの集い』
┣ 案内ブログページ: https://blogs.yahoo.co.jp/modeler_club_wednesday/14830747.html
┣ 日時:2017年8月27日(11:30~17:30)
┣ 開催場所:ボークス大阪ショールーム8F
┗ お問い合わせ先:水曜倶楽部ブログ内コメント欄にて受付


■作品のみ出展のお知らせ
┣ 『和歌山プラモデル合同展示会2017』
┣ 公式サイトURL: http://www.tim.hi-ho.ne.jp/uesan/tenjikai.html
┣ 日時:2017/7/16(日) 12:00~21:00、7/17(月・祝) 10:00~18:00
┣ 開催場所:河南コミュニティーセンター
┗ お問い合わせ先:サイト内掲示板にて受付
プロフィール

HIGH-GEARed

Author:HIGH-GEARed
奈良市在住、スケールモデル販売業者「モデルファクトリーハイギヤード」の製作担当兼代表をしております。

また、渡辺真郎の名前で『月刊モデルアート』、『艦船模型スペシャル』等の模型雑誌の作例記事も書かせていただいております。

「プロモデラーの人ってどんな生活をしているの?」という疑問に少しでもお答えできるよう、業務日記と日常日記を織り交ぜた内容でお届けしております。

当ブログの作品紹介はホームページの補助的な役割で活用しており、ホームページの方をメインとして、模型作例を多数掲載しております。 ぜひご覧ください。

HIGH-GEARed HOBBY WORKS!!
↓↓↓
http://nabeck.web.fc2.com/

模型製作ご依頼はこちら(お気軽にお問い合わせください)
↓↓↓
http://nabeck.web.fc2.com/hg-mdf.htm

コメントの投稿は必ず記名をお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR