1/350戦艦『BB-60 アラバマ』製作 完成

艦船模型製作代行のご依頼を頂いて製作していた、トランペッターモデルのアメリカ海軍戦艦『BB-60 アラバマ』が無事に完成しました。

本日は完成写真をご紹介します。

bnakaisama653_2017092020034568b.jpg
トランペッターモデル1/350戦艦『BB-60 アラバマ』、左舷からの全景。『アラバマ』は、アメリカ戦艦では『ノースカロライナ級戦艦』の次級で『アイオワ級戦艦』の前級にあたる、『サウスダコタ級戦艦』の4番艦にあたり、(集中防御の観点から)全長を切り詰めて被弾面積を減らす設計が施されていることが特徴です

bnakaisama654_2017092020034720f.jpg
トランペッターモデル1/350戦艦『BB-60 アラバマ』、左舷側をやや上空から見た様子。就役当時の『アラバマ』にはメジャー12改と呼ばれる迷彩塗装が施されていましたが、(北極海での活動を目的として)他艦とは異なる配色となっていたようですので、色のチョイスは実艦のカラー写真を参考にしました。

bnakaisama655_20170920200348780.jpg
右舷後部からの全景。ディテールアップにはフライホークのスーパーディテールアップセットをメインに使用し、ゴールドメダルモデルズのサウスダコタ級戦艦用エッチングパーツ━━ 更にはアライアンスモデルの汎用武装パーツなどをふんだんに採り入れて贅沢な仕上げとしました。(木製甲板はポントスモデルのブルーデッキです)

bnakaisama666_20170920200404526.jpg
少し見上げアングルで吃水線上のみをトリミングすると、洋上での勇姿を彷彿とさせてくれます。なお、実艦の『アラバマ』は、アラバマ州モービルにおいて現在も展示&保存が行われており、このような姿や艦上の様子を実際に見学する事ができます。

bnakaisama656_20170920200349a5a.jpg
錨鎖甲板のクローズアップ。床板と錨鎖導板はフライホークのエッチングによるもので、チェーンはポントスモデルの木製甲板に付属のものを使用しました。(エリコン20mm機銃と防弾板は配置される場所によって塗色が異なることが特徴です)

bnakaisama657_201709202003517d9.jpg
主兵装である16インチ45口径三連装主砲塔を背負い式に配置した、前甲板のクローズアップ。砲塔上に配置されている救命筏は、フライホークのレジン&エッチングパーツを組み立てたもので、砲身も同社製の真鍮挽き物パーツに交換しました。

bnakaisama658_2017092020035244d.jpg
艦橋を含む中央構造物は迷彩塗装が複雑な箇所です。船体と同様に側面を濃淡2色のグレーで塗り分なくてはならず、水平面のデッキブルーを含めると(各々のブロックごとに)3色の塗り分けが必要になります。

bnakaisama659_20170920200354606.jpg
また、各指揮所の床面およびブルワークなどはフライホークのエッチングに切り替え、裏側にも補強のビームやトラスなども仕込んでシャープな仕上げを施しました。

bnakaisama660_201709202003555f9.jpg
右舷後部からの全景。マストは真鍮挽き物パーツに交換し、ボフォース40mm四連装機関砲と5インチ両用砲は汎用パーツに交換しています。

bnakaisama661_20170920200357c34.jpg
機銃ブルワークはフライホークのエッチングを使用する事で、実感的な薄さを表現する事が出来ました。日本海軍のブルワークとは異なり、三角ガゼットが外側に取り付けられている点が興味深いです。

bnakaisama662_20170920200358259.jpg
5インチ両用砲はアライアンスモデルのレジン&真鍮挽き物&エッチングによる製品に切り替えました。(塗り分けなどは実艦写真を参考に行っています)

bnakaisama663_2017092020040035d.jpg
ボフォース40mm四連装機関砲はアライアンスモデルのレジンパーツとフライホークの真鍮パーツを組み合わせて製作しました。両社のパーツを良いトコ取りしたとても豪華な仕上げです。

bnakaisama664_201709202004012be.jpg
航空作業甲板は床板やカタパルトにフライホークのパーツを使用しました。手摺やデリックにはゴールドメダルのエッチングをチョイスし、場所に応じて使用パーツを使い分けています。

bnakaisama665_20170920200403720.jpg
搭載機のキングフィッシャーはトランペッターモデルのキットパーツをベースにフライホークのエッチングと挽き物パーツでディテールアップを施しました。


なお、今回も大きな完成写真をアップロードしておりますので、ご興味のございます方は、是非とも下記アドレスをクリックしてご覧くださいませ。

↓↓↓

http://nabeck.web.fc2.com/nakaisama56hd.htm

次回はプライベートで製作していた作品をご紹介します。

当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

■メディア掲載情報
┣ モデルアート社出版『月刊MODEL Art 2017年10月号 』に、1/700戦艦『三笠』作例記事再掲載。(発売中)
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo65』に、1/700石油タンカー『日章丸』作例記事掲載。(発売中)
┣ イカロス出版『艦船プラモカタログ2017』に、1/700航空母艦『CV-7 ワスプ』作例記事掲載。(発売中)
┣ KKベストセラーズ出版『CIRCUS MAX 8月号』に艦船模型作例写真および企画記事掲載。(発売中))
┣ モデルアート社出版『月刊MODEL Art 2017年11月号 』に艦船模型作例記事×2隻掲載予定。(9月25日発売)
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo66』に艦船模型作例および実艦解説記事掲載予定。(11月15日発売)
┗ イカロス出版『艦船プラモカタログ2018』に、1/700艦船模型作例記事掲載予定。(12月発売)

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(2017年9月1日更新!取引例に10作品追加! 現在計346作品掲載中)
↓↓↓
mfhbana.jpg

モデルファクトリーハイギヤードが主催する
艦船模型と飛行機模型の完成品販売webショップ『CHERRY&ANCHOR』
(2017年7月14日、1/350艦船模型2隻入荷!)
↓↓↓
crbana.jpg

■次回模型展示会参加のお知らせ
┣ 『モデラーズ フェスティバル 2017 』
┣ 日時 :2017年11月4日(土)11:00~18:00、5日(日)11:00~16:00
┣ 開催場所 :大阪ATC ITM棟10階 大阪デザイン振興プラザ デザインギャラリー
┗ お問い合わせ先:モデラーズ フェスティバル 実行委員会 伊藤 modefesosaka@gmail.com




スポンサーサイト

1/350戦艦『BB-60 アラバマ』製作 その10

艦船模型製作代行のご依頼を頂き、トランペッターモデルの1/350アメリカ海軍戦艦『BB-60 アラバマ』を製作中です。

本日は中央構造物の製作記の三回目をご紹介します。

bnakaisama751.jpg
前回紹介しきれなかった部分ですが、中央構造物上の機銃ブルワークや裏側の補強ビームなどはフライホークのスーパーディテールアップセットのパーツを使用しました。

bnakaisama752.jpg
そして艦橋側面のラッタルも、汎用エッチングのモンキーラッタルに交換しています。(フロアパーツも塗装前に全て接着してしまいました)

bnakaisama753.jpg
塗装前の様子。『アラバマ』の中央構造物は迷彩塗装が複雑なうえ、水平面の塗り分けもあるため、本塗装の際のマスキング工程は複雑を極めました。

bnakaisama754.jpg
左舷後部からの様子。アメリカ海軍の戦艦の艦橋は日本艦などと比べると面構成がシンプルであることも手伝って、この時点ではディテールアップは少々控えめに見えてしまいますが、実際にはこのあと、マストや手摺、5インチ砲や射撃管制機などの複雑なパーツを取り付けていきますので、完成時のイメージはかなり変わって参ります。

bnakaisama755.jpg
なお、マストのパーツはフライホーク製の真鍮挽き物とエッチングのコラボによるもので、プラパーツでは表現しきれない真円度と細さを両立したシャープな仕上がりとなりました。

bnakaisama756.jpg
塗装の際には、(迷彩塗装の塗り分けで混乱しないように)フロアパーツとその下の壁面を含めた部分をひとつのブロックとして、下から順番に作業を進めていきました。

bnakaisama757.jpg
塗装順はまず、側面の濃淡グレーを塗り分け、最後にデッキ色を重ねる順番で行っています。雲型迷彩のマスキングには、曲がるタイプのマスキングテープや通常タイプの直線マスキングテープ、更にはゾルも併用しました。

bnakaisama758.jpg
組みあがった各ブロックを下から順番に積み上げていく様子。

bnakaisama759.jpg
なお、キットに付属のカラー図面は間違いや不明点が多かったことから、今回の塗り分けは主に実艦の空撮写真を参考に行いました。

bnakaisama760.jpg
こうして艦橋の基本部分が仕上がり、ようやく戦艦らしい姿が見えてきました。

bnakaisama761.jpg
現在製作中の1/350戦艦『BB-60 アラバマ』は、前述のマストを含め、5インチ砲や機銃類、弾薬箱や手摺、スクリューなど、細かなパーツの取り付けと手直しをまだまだ数多く残していますが、できれば明日中に完成させて、明後日から開催の『奈良模型愛好会 第10回』展示会に出展させていただこうと思います。(お客様より了承済み)

当日は台風の影響が心配されますが、会場におみえの際には、ぜひ完成した実物をご覧くださいませ。



●奈良模型愛好会 第10回展示会 開催概要
┣ 日時 :9月17日(日)10:00~20:00、9月18日(祝)10:00~16:30
┣ 開催場所 :奈良県奈良市右京1丁目3-4 サンタウンプラザ すずらん館1階 すずらんサークル
┣ 交通:近鉄京都線・『高の原駅』駅下車 徒歩5分
┗ お問い合わせ先:奈良模型愛好会 竹本 flakpz1@yahoo.co.jp


当日はほとんどの時間、私も会場におりますので、ぜひ御気軽にお声掛けください。

模型を愛する皆様とのご交流を心待ちにしております。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(2017年9月1日更新!取引例に10作品追加! 現在計346作品掲載中)
↓↓↓
mfhbana.jpg

モデルファクトリーハイギヤードが主催する
艦船模型と飛行機模型の完成品販売webショップ『CHERRY&ANCHOR』
(2017年7月14日、1/350艦船模型2隻入荷!)
↓↓↓
crbana.jpg

■メディア掲載情報
┣ モデルアート社出版『月刊MODEL Art 2017年10月号 』に、1/700戦艦『三笠』作例記事再掲載。(発売中)
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo65』に、1/700石油タンカー『日章丸』作例記事掲載。(発売中)
┣ イカロス出版『艦船プラモカタログ2017』に、1/700航空母艦『CV-7 ワスプ』作例記事掲載。(発売中)
┣ KKベストセラーズ出版『CIRCUS MAX 8月号』に艦船模型作例写真および企画記事掲載。(発売中))
┣ モデルアート社出版『月刊MODEL Art 2017年11月号 』に艦船模型作例記事×2隻掲載予定。(9月25日発売)
┗ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo66』に艦船模型作例記事掲載予定。(11月15日発売)


■次回模型展示会参加のお知らせ
┣ 『奈良模型愛好会 第10回展示会』
┣ 日時 :9月17日(日)10:00~20:00、9月18日(祝)10:00~16:30
┣ 開催場所 :奈良県奈良市右京1丁目3-4 サンタウンプラザ すずらん館1階 すずらんサークル
┣ 交通:近鉄京都線・『高の原駅』駅下車 徒歩5分
┗ お問い合わせ先:奈良模型愛好会 竹本 flakpz1@yahoo.co.jp

1/350戦艦『BB-60 アラバマ』製作 その9

艦船模型製作代行のご依頼を頂き、トランペッターモデルの1/350アメリカ海軍戦艦『BB-60 アラバマ』を製作中です。

本日は中央構造物の製作記の二回目をご紹介します。

bnakaisama741.jpg
今回はパーツ構成の複雑な管制装置の製作の様子からご紹介します。写真はフライホークのエッチングから『Mk37』射撃指揮装置用に必要なパーツを切り出した様子で、非常に多くのパーツ数で構成されていることが分かります。

bnakaisama742.jpg
『Mk.37』用のエッチングは、必要数×4基に対して、予備一基ぶんを含めて合計5基ぶんのパーツが含まれていました。組み立ては少々難易度が高いですが、非常に実感的な仕上がりです。

bnakaisama743.jpg
そしてこちらは艦橋上部に取り付ける『Mk.8』レーダーのパーツ群で、繊細なパーツ構成により、奥行きのあるディテールを再現する事が出来ました。

bnakaisama744.jpg
『Mk.8』が完成した様子。なお、この部分はキットのプラパーツのうちのひとつに湯周り不良がありましたので、正常なパーツから型取りしてレジンで複製しました(写真右側の白い方)

bnakaisama745.jpg
フライホークのディテールアップセットに含まれる艦橋パーツは、主にフロアやブルワークをそのままエッチングに置き換えるものが中心です。

bnakaisama746.jpg
中でも整流装置はパーツ分けが細かく、外枠を正確に曲げた上で、およそ1ミリ角の整流板を差し込む構成となっています。

bnakaisama747.jpg
これらは組み立てにとても神経を使いますが、完成したときの雰囲気はとてもよく、頑張った甲斐がある事を実感させてくれました。

bnakaisama748.jpg
また、フロアまるごとを再現した大盤エッチングはデッキ部分と下層部の天蓋を二枚張り合わせる構成の為、フロアとブルワークの厚みの差を自然に演出してくれます。

bnakaisama749.jpg
また、これらのフロアパーツの裏側には補強板が備わっており、下から見上げた時のディテール感を一層充実させてくれます。

bnakaisama750.jpg
その他、機銃ブルワークの一部や床面などもエッチングに切り替えました。

まだまだ取り付けを終えていないエッチングや挽き物パーツが多く、組み立てや塗装になかなか進むことができないのがもどかしいですが、明日も引き続き、艦橋製作の続きをご紹介します。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(2017年9月1日更新!取引例に10作品追加! 現在計346作品掲載中)
↓↓↓
mfhbana.jpg

モデルファクトリーハイギヤードが主催する
艦船模型と飛行機模型の完成品販売webショップ『CHERRY&ANCHOR』
(2017年7月14日、1/350艦船模型2隻入荷!)
↓↓↓
crbana.jpg

■メディア掲載情報
┣ モデルアート社出版『月刊MODEL Art 2017年10月号 』に、1/700戦艦『三笠』作例記事再掲載。(発売中)
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo65』に、1/700石油タンカー『日章丸』作例記事掲載。(発売中)
┣ イカロス出版『艦船プラモカタログ2017』に、1/700航空母艦『CV-7 ワスプ』作例記事掲載。(発売中)
┣ KKベストセラーズ出版『CIRCUS MAX 8月号』に艦船模型作例写真および企画記事掲載。(発売中))
┣ モデルアート社出版『月刊MODEL Art 2017年11月号 』に艦船模型作例記事×2隻掲載予定。(9月25日発売)
┗ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo66』に艦船模型作例記事掲載予定。(11月15日発売)


■次回模型展示会参加のお知らせ
┣ 『奈良模型愛好会 第10回展示会』
┣ 日時 :9月17日(日)10:00~20:00、9月18日(祝)10:00~16:30
┣ 開催場所 :奈良県奈良市右京1丁目3-4 サンタウンプラザ すずらん館1階 すずらんサークル
┣ 交通:近鉄京都線・『高の原駅』駅下車 徒歩5分
┗ お問い合わせ先:奈良模型愛好会 竹本 flakpz1@yahoo.co.jp

1/350戦艦『BB-60 アラバマ』製作 その8

艦船模型製作代行のご依頼を頂き、トランペッターモデルの1/350アメリカ海軍戦艦『BB-60 アラバマ』を製作中です。

本日はフェアリーダーおよび手摺の取り付けと、中央構造物の製作記の一回目をご紹介します。

bnakaisama731.jpg
トランペッターモデルの船体には、予めフェアリーダー(クローズドチョックック)が一体でモールドされているのですが、開口部が抜けていない点と、サイズ的に少々オーバースケールであることが気になります。

bnakaisama732.jpg
フライホークのパーツセットには、精密なレジン成形の対策用パーツが封入されているのですが、これはこれで手摺チェーンとの兼ね合いが少々難しくなる点がネックです。

bnakaisama733.jpg
一方、ゴールドメダルのエッチング手摺は、フェアリーダーを一体化しており、『兼ね合いの問題』を最初から解決してくれていましたので、今回はこのパーツを使用することにしました。

bnakaisama734.jpg
エッチングのフェアリーダーは厚みに欠けることが難点ですが、ゴールドメダルのパーツは同型状のエッチングを複数枚貼り合わせて厚みを出す構成になっているため、手摺とフェアリーダーの『厚みの違い』を自然に仕上げる事が出来ました。

bnakaisama735.jpg
射出機付近用には一段手摺も用意されており、実感的な仕上がりです。なお、これらの手摺エッチングは切り出し前にヘイズグレーの単色塗装を施しているのですが、最終的には(迷彩塗装のラインに合わせて)部分的にネイビーブルーの色差しを行う予定です。

bnakaisama736.jpg
続いて中央構造物の製作を行うのですが、1/350戦艦『アラバマ』では、近年のトランペッターモデルの艦船キットのような一体成型パーツが全く含まれていないので、ひたすら天蓋パーツと壁面パーツを箱組し、合わせ目を消す作業をくりかして仕上げて行きました。

bnakaisama737.jpg
箱組した構造物を一層一層、順番に積み重ねて行く様子。なお、機銃ブルワーク等はフライホークのエッチングに交換する為、この時点でプラモールドの切削を行いました。

bnakaisama738.jpg
前部艦橋や煙突のパーツも豪快に左右分割されています。これらのパーツの側面にはラッタルなどがモールドされていますが、これらも後ほどエッチングのモンキーラッタルへの切り替えを行う為、削り落としておく必要があります。

bnakaisama739.jpg
仮組を終えた中央構造物。サウスダコタ級の艦橋周りはアイオワ級やノースカロライナ級と比較すると若干寸詰まりな印象もありますが、コンパクトに纏めて防御力を高めた設計である事を理解させてくれます。

bnakaisama740.jpg
中央構造物は立面部の迷彩塗装と平面部のデッキ色の塗り分けが絡んで工程が複雑になるため、塗装作業は一層ずつ下から順番に仕上げていきました。(上部構造物の詳細な工程につきましては、明日の記事の中でご紹介します)


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(2017年9月1日更新!取引例に10作品追加! 現在計346作品掲載中)
↓↓↓
mfhbana.jpg

モデルファクトリーハイギヤードが主催する
艦船模型と飛行機模型の完成品販売webショップ『CHERRY&ANCHOR』
(2017年7月14日、1/350艦船模型2隻入荷!)
↓↓↓
crbana.jpg

■メディア掲載情報
┣ モデルアート社出版『月刊MODEL Art 2017年10月号 』に、1/700戦艦『三笠』作例記事再掲載。(発売中)
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo65』に、1/700石油タンカー『日章丸』作例記事掲載。(発売中)
┣ イカロス出版『艦船プラモカタログ2017』に、1/700航空母艦『CV-7 ワスプ』作例記事掲載。(発売中)
┣ KKベストセラーズ出版『CIRCUS MAX 8月号』に艦船模型作例写真および企画記事掲載。(発売中))
┣ モデルアート社出版『月刊MODEL Art 2017年11月号 』に艦船模型作例記事×2隻掲載予定。(9月25日発売)
┗ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo66』に艦船模型作例記事掲載予定。(11月15日発売)


■次回模型展示会参加のお知らせ
┣ 『奈良模型愛好会 第10回展示会』
┣ 日時 :9月17日(日)10:00~20:00、9月18日(祝)10:00~16:30
┣ 開催場所 :奈良県奈良市右京1丁目3-4 サンタウンプラザ すずらん館1階 すずらんサークル
┣ 交通:近鉄京都線・『高の原駅』駅下車 徒歩5分
┗ お問い合わせ先:奈良模型愛好会 竹本 flakpz1@yahoo.co.jp

1/350戦艦『BB-60 アラバマ』製作 その7

艦船模型製作代行のご依頼を頂き、トランペッターモデルの1/350アメリカ海軍戦艦『BB-60 アラバマ』を製作中です。

本日は甲板上の小物類の製作と取り付けの様子をご紹介します。

bnakaisama721.jpg
フライホークのスーパーディテールアップセットは甲板上の小物パーツが充実しているため、今回はそれらのパーツを主に使用しました。この写真に写っているのはボラードを再現する為のパーツで、真鍮挽き物製のボラード本体と、エッチングの取り付けプレートを組み合わせる構成です。

bnakaisama722.jpg
なお、ボラードの塗色は迷彩塗装に合わせて濃淡グレーの二色が入り混じっているため、(実艦写真を参考に)場所に応じて塗色を使い分けました。

(フライホークのボラードのパーツは非常に精度が高いことが特徴ですが、残念なことに、またまたパーツの封入数不足【←合計8本不足】がありましたので、足りないものについては他社製パーツで補填することになりました)

bnakaisama723.jpg
これはデッキ上の出入り口のハッチを再現する為のパーツです。これらはレジン成形の外枠と、エッチングのハッチ本体を接着して使用しました。

bnakaisama724.jpg
今回の製作では、(艦首錨甲板や艦尾の航空作業甲板などに大盤エッチングを使用する関係で)もともとあるハッチのモールドを削り落としている箇所が多いので、このように厚みのある表現がなされたパーツが用意されていて非常に助かりました。

bnakaisama725.jpg
これらのパーツは全てキットに含まれているプラ製のもので、そのほとんどは水平面と垂直面の塗り分けが必要になりました。迷彩塗装に応じた濃淡グレーの使い分けもありますので、塗装前には「どのパーツをどこにとりつけるのか?」という綿密なスケジュールの組み立てが欠かせません。

bnakaisama726.jpg
艦首錨甲板は、フライホークのパーツセットから、甲板本体と錨鎖導板の二枚構成のエッチングを貼り付けて再現しました。

bnakaisama727.jpg
そしてこちらは真鍮挽き物のボラードやエッチングの機銃ブルワーク、ビットやケーブルホルダーなどを取り付けた様子。機銃ブルワークは迷彩塗装が左右非対称である影響を受けて、右舷側と左舷側で塗色が異なっていることが特徴です。(波除板はフライホークのエッチングで三角補強板なども繊細に表現する事ができました)

なお、説明書に記載されていないチェーンストッパーの取り付け向きは、アラバマ州に保存されている実艦の資料(Googleストリートビュー)を参考にしました。

bnakaisama728.jpg
シェルター甲板や構造物側面に並ぶ機銃ブルワークもフライホーク製で、外張り式の三角補強板も含めて全てエッチングに切り替えています。(これらのブルワークも、迷彩塗装に合わせて濃淡グレーを使い分けています)

bnakaisama729.jpg
航空作業甲板もハッチやボラード、射撃指揮所が付いてより実感的になりました。

bnakaisama730.jpg
明日は手摺の取り付けと、上部構造物の本格的製作に進みたいと思います。




当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(2017年9月1日更新!取引例に10作品追加! 現在計346作品掲載中)
↓↓↓
mfhbana.jpg

モデルファクトリーハイギヤードが主催する
艦船模型と飛行機模型の完成品販売webショップ『CHERRY&ANCHOR』
(2017年7月14日、1/350艦船模型2隻入荷!)
↓↓↓
crbana.jpg

■メディア掲載情報
┣ モデルアート社出版『月刊MODEL Art 2017年10月号 』に、1/700戦艦『三笠』作例記事再掲載。(発売中)
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo65』に、1/700石油タンカー『日章丸』作例記事掲載。(発売中)
┣ イカロス出版『艦船プラモカタログ2017』に、1/700航空母艦『CV-7 ワスプ』作例記事掲載。(発売中)
┣ KKベストセラーズ出版『CIRCUS MAX 8月号』に艦船模型作例写真および企画記事掲載。(発売中))
┣ モデルアート社出版『月刊MODEL Art 2017年11月号 』に艦船模型作例記事×2隻掲載予定。(9月25日発売)
┗ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo66』に艦船模型作例記事掲載予定。(11月15日発売)


■次回模型展示会参加のお知らせ
┣ 『奈良模型愛好会 第10回展示会』
┣ 日時 :9月17日(日)10:00~20:00、9月18日(祝)10:00~16:30
┣ 開催場所 :奈良県奈良市右京1丁目3-4 サンタウンプラザ すずらん館1階 すずらんサークル
┣ 交通:近鉄京都線・『高の原駅』駅下車 徒歩5分
┗ お問い合わせ先:奈良模型愛好会 竹本 flakpz1@yahoo.co.jp
プロフィール

HIGH-GEARed

Author:HIGH-GEARed
奈良市在住、スケールモデル販売業者「モデルファクトリーハイギヤード」の製作担当兼代表をしております。

また、渡辺真郎の名前で『月刊モデルアート』、『艦船模型スペシャル』等の模型雑誌の作例記事も書かせていただいております。

「プロモデラーの人ってどんな生活をしているの?」という疑問に少しでもお答えできるよう、業務日記と日常日記を織り交ぜた内容でお届けしております。

当ブログの作品紹介はホームページの補助的な役割で活用しており、ホームページの方をメインとして、模型作例を多数掲載しております。 ぜひご覧ください。

HIGH-GEARed HOBBY WORKS!!
↓↓↓
http://nabeck.web.fc2.com/

模型製作ご依頼はこちら(お気軽にお問い合わせください)
↓↓↓
http://nabeck.web.fc2.com/hg-mdf.htm

コメントの投稿は必ず記名をお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR