モデルファクトリーヒロ 1/700戦艦『大和』(2回目) 完成

艦船模型製作代行のご依頼をいただいて製作しておりました、モデルファクトリーヒロの1/700戦艦『大和』アルティメイトキットが無事に完成しました。

本日は、完成写真をご紹介します。

bkuwaharasama01.jpg
モデルファクトリーヒロ1/700戦艦『大和』アルティメイトキット、右舷船首側からの全景。ヒロの大和は右舷側が開口され、内部機械が再現されている事が大きな特徴です。

bkuwaharasama02.jpg
右舷船首付近の様子。内部表現はもちろんですが、舷側の外板継ぎ目や舷外電路などの表現を見ても、昨今の1/700艦船模型キットの中でも屈指のディティールを持っている事が分かります。

bkuwaharasama03.jpg
砲塔下部の弾薬庫が再現された第二主砲塔からボイラー&タービン機関にかけての内部ディティールが表現された中央付近。光造形にて成形された艦橋や煙突、メインマストなども非常にシャープな仕上がりです。

bkuwaharasama04.jpg
別角度。艦内の隔壁はステンレスのエッチングによるもので、ボイラーやタービン、減速機や吸気口などはホワイトメタル成形のパーツを組み込みました。甲板や構造物に取り付けられた25mm三連装機銃やシールドなし12.7cm連装高角砲は、ファインモールド製のナノドレッドシリーズのパーツに交換しています。

bkuwaharasama05.jpg
右舷艦尾の様子。航空作業甲板の飛行機運搬軌条はエッチングにて再現されて立体感のある仕上がりです。また、船体内部は艦載機および艦載艇の格納庫が再現され、大和型戦艦特有のメカニズムを楽しむ事が出来ます。

bkuwaharasama06.jpg
弾薬庫や砲塔下部が再現されているのは第二主砲塔のみで、第一、第三主砲塔の下部はバイタルパートの装甲部を大型のメタルパーツにて再現しています。

bkuwaharasama07.jpg
主機械周りの表現は艦船好きにとっては心惹かれる部分です。どの吸気路が甲板上のどの設備に繋がっているか? また、巨大なボイラーに対してタービン本体は意外と小さいこと、そして減速機が思った以上に大きいことなど、模型を見ていると発見させられる事が多いです。

bkuwaharasama08k_20170214134657100.jpg
主砲塔の外部装甲を取り外す事が出来るのも、このキットの特徴です。艦内の表現と同じく、隔壁はエッチング、装備品はホワイトメタル成形によるもので、砲身は真鍮挽き物で構成されて実感あふれる仕上がりです。

bkuwaharasama09.jpg
右舷側の内部表現はもちろんですが、モデルファクトリーヒロの大和は左舷側の開口されていない舷側部もなかなかに見応えがあります。

bkuwaharasama10.jpg
こうしてみると、通常の1/700のフルハルモデルとしても極めて秀逸なキットであることを実感します。モデルファクトリーヒロからは、内部表現を省略した戦艦『武蔵』も発売されており、(この大和型戦艦のシリーズは)外部のディテールにも非常に自信を持った製品であることが伺えます。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(2017年1月9日更新!取引例に26作品追加)
↓↓↓
mfhbana.jpg

モデルファクトリーハイギヤードが主催する
艦船模型と飛行機模型の完成品販売webショップ『CHERRY&ANCHOR』
↓↓↓
crbana.jpg


■模型誌掲載情報
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo62』に、1/700重雷装巡洋艦『大井』作例記事掲載。(発売中)
┣ イカロス出版『艦船プラモカタログ2017』に、1/700航空母艦『CV-7 ワスプ』作例記事掲載。(発売中)
┗ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo63』に艦船模型作例記事掲載予定。(2017年2月15日発売)
スポンサーサイト

モデルファクトリーヒロ 1/700戦艦『大和』(2回目) その13

艦船模型製作代行のご依頼を頂き、モデルファクトリーヒロ1/700戦艦『大和』アルティメイトキットを製作中です。

本日は中央構造物の塗装と船体への組み込みをご紹介します。

1702100.jpg
中央構造物を組み込むにあたり、対空兵装は交換可能なものは全てファインモールド製のナノドレッドシリーズのパーツに交換しました。写真は1/700の大和および武蔵用のシールド付き25mm三連装機銃のみを写したものですが、今回の製作では他にシールドなしの12.7cm連装高角砲と探照灯も同シリーズのパーツに交換しました。

1702101.jpg
オキサイドレッドの下地塗装を終えた中央構造物に対空兵装と高角砲の射界制限枠を組み込んだ様子。この後、再びオキサイドレッドを塗り重ね、本塗装を行いました。

1702102.jpg
続いて、塗装を終えた中央構造物を甲板に固定しました。ホワイトメタルパーツを中心に組まれた中央構造物は非常に重量があるので、輸送の際に外れたりしないように接着は念入りに行いました。

1702103.jpg
中央構造物の接着にともない、製作が遅れていた各部の装備品も各々製作のうえ取り付けを行いました。艦尾の射出機の取り付けも無事に終わり、航空作業甲板周りの作業もほぼ完了です。

1702104.jpg
大方、完成のイメージが見えてきた大和の前甲板周り。残す作業はシールド無しの25mm三連装機銃やスクリュープロペラ、菊花紋章の取り付けと最上甲板外周の手摺、張り線の展張などです。

1702105.jpg
この大和は今週中の完成を予定しておりましたが、実は私、今週水曜日頃からたいへん重い風邪をひいてしまいまして、3日間ほど全く作業ができない状態(ほぼ寝たきり)に陥っておりました。 

本日夜になってようやく症状も若干落ち付いたのですが、この病欠の影響で完成は週明け頃に持ち越しとなりそうです。(予定が遅れまして申し訳ございません)

仕事柄、なかなか休みが取れないのは仕方がないのですが、(久しぶりのダウンを経験して)自己管理の甘さを痛感しました。

これを教訓に一層、体調管理には気を付けたいと思います。



当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(2017年1月9日更新!取引例に26作品追加)
↓↓↓
mfhbana.jpg

モデルファクトリーハイギヤードが主催する
艦船模型と飛行機模型の完成品販売webショップ『CHERRY&ANCHOR』
↓↓↓
crbana.jpg


■模型誌掲載情報
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo62』に、1/700重雷装巡洋艦『大井』作例記事掲載。(発売中)
┣ イカロス出版『艦船プラモカタログ2017』に、1/700航空母艦『CV-7 ワスプ』作例記事掲載。(発売中)
┗ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo63』に艦船模型作例記事掲載予定。(2017年2月15日発売)

モデルファクトリーヒロ 1/700戦艦『大和』(2回目) その12

艦船模型製作代行のご依頼を頂き、モデルファクトリーヒロ1/700戦艦『大和』アルティメイトキットを製作中です。

本日は中央構造物の製作の後編をご紹介します。

1702091.jpg
これは光造形によって一体成型されたメインマストのパーツ。組みたての手間がいらない点はありがたいですが、脆いので破損には注意が必要です。

1702092.jpg
そのマストパーツにラッタルや13号電探のパーツを取り付けた様子。電探は失敗に備えて、予備のパーツが用意されていました。

1702093.jpg
前部艦橋も基本部分は光造形による一体成型です。15m測距儀や各種管制装置など、別パーツはかなりの数がありますが、合わせ目の処理などがほとんど必要ないのはありがたいです。

1702094.jpg
メタルやエッチングの別パーツを取り付けた様子。MFHの大和は、防空指揮所の双眼望遠鏡までがホワイトメタルにて成形されており、信号ヤードの揚旗索がエッチングで用意さえるなど、凝った仕上がりです。

1702095.jpg
ホワイトメタルパーツを中心に光造形によって成形された各種構造物、そしてエッチングの手すりやラッタルなどを取り付けて、中央構造物は完成です。

1702096.jpg
厳密には、まだ対空兵装の一部や高角砲の射界制限枠などが付いていませんが、残している作業は明日ご紹介します。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(2017年1月9日更新!取引例に26作品追加)
↓↓↓
mfhbana.jpg

モデルファクトリーハイギヤードが主催する
艦船模型と飛行機模型の完成品販売webショップ『CHERRY&ANCHOR』
↓↓↓
crbana.jpg


■模型誌掲載情報
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo62』に、1/700重雷装巡洋艦『大井』作例記事掲載。(発売中)
┣ イカロス出版『艦船プラモカタログ2017』に、1/700航空母艦『CV-7 ワスプ』作例記事掲載。(発売中)
┗ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo63』に艦船模型作例記事掲載予定。(2017年2月15日発売)

モデルファクトリーヒロ 1/700戦艦『大和』(2回目) その11

艦船模型製作代行のご依頼を頂き、モデルファクトリーヒロ1/700戦艦『大和』アルティメイトキットを製作中です。

本日からは中央構造物の製作を二回に分けてご紹介します。

1702081.jpg
これは中央構造物の基部のパーツです。同じ1/700のタミヤキットやフジミキットと似た構成で、大まかな部分が一体成型されている事で作業性に優れますが、バリやゲート跡が左舷側に集中しているので、ナイフやヤスリなどで丁寧に取り除いてから仕上げました。

1702082.jpg
高角砲座などの小物はホワイトメタルにて成形された別パーツを取り付け、床面の滑り止めパターンや吸気口、水密扉などはキットに付属のステンレス製のエッチングを取り付けました。これらは全て金属同士の接着となるので強度を保つのに苦労しました。

1702083.jpg
シールド付き高角砲は、金属パイプの砲身を差し込んで仕上げます。砲身の取り付け穴などは開いていないので、シャッター部分を0.4ミリのドリルで開口してから取り付けました。

1702084.jpg
シールド付き高角砲に加えて、高射装置や機銃射撃指揮装置を取り付けた中央構造物の様子。パーツを取り付ければ取り付けるほどに重量が増して破損のリスクが高まるので、各部の接着はゼリー状の瞬間接着剤での一次固定と、流し込み瞬間接着剤による二次固定を繰り返して仕上げました。

1702085.jpg
続いては後部艦橋の製作です。このキットの中央構造物の中で、後部艦橋のみは唯一一体成型がされず、メタルパーツで左右分割されているため、合わせ目にはゼリー状の瞬間接着剤を大量に盛り、乾燥後に研磨する事で合わせ目を処理しました。

1702086.jpg
エッチングによる手摺やラッタルなどを取り付けた様子。エッチングは全てステンレスなので、デザインナイフの刃はなるべく早いサイクルで取り替え、切断面を荒らさないように心がけました。

1702087.jpg
煙突は光造形パーツにステンレスのエッチングを組み合わせる構成です。探照灯管制機のみメタルパーツですが、比較的パーツ数も押さえられて組みやすい構成でした。(探照灯はファインモールド製のナノドレッドシリーズに交換する為、この段階ではまだ取り付けていません)



明日は中央構造物の製作記の後編をご紹介します。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(2017年1月9日更新!取引例に26作品追加)
↓↓↓
mfhbana.jpg

モデルファクトリーハイギヤードが主催する
艦船模型と飛行機模型の完成品販売webショップ『CHERRY&ANCHOR』
↓↓↓
crbana.jpg


■模型誌掲載情報
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo62』に、1/700重雷装巡洋艦『大井』作例記事掲載。(発売中)
┣ イカロス出版『艦船プラモカタログ2017』に、1/700航空母艦『CV-7 ワスプ』作例記事掲載。(発売中)
┗ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo63』に艦船模型作例記事掲載予定。(2017年2月15日発売)

モデルファクトリーヒロ 1/700戦艦『大和』(2回目) その10

艦船模型製作代行のご依頼を頂き、モデルファクトリーヒロ1/700戦艦『大和』アルティメイトキットを製作中です。

本日は前回の主砲塔に引き続き、副砲塔の製作をご紹介します。

1702071.jpg
副砲塔は主砲塔とは異なり、内部表現はありませんので成形パーツなどは比較的シンプルですが、1/700としてはかなり細身の砲身にも真鍮挽き物パーツがきちんと用意されるなど、行き届いたパーツ構成になっています。

1702072k_20170207234736579.jpg
エッチングの方も充実しており、手摺やラッタル、キャンパスガードなどに加えて、前後の副砲で形状の異なる空中線支柱や後部の踊り場なども繊細に再現されていました。 パーツの合いは抜群ですが、ラッタルは副砲塔一基に付き7本も取り付けないといけないので、歪みなどを出さないように細心の注意を払いました。

1702073.jpg
なお、塗装の際には真鍮挽き物の砲身とホワイトメタルのキャンパスのパーツは個別に塗り分け、後ほど接着しました。(パーツ分割を塗り分けに生かせるので主砲身も主砲身も同様の方法で塗り分けています)

1702074.jpg
塗装を終えた副砲塔全景。なお、副砲塔は砲座ごとマグネットで取り外しできるように設計されています。(←副砲が固定されていると、第二、第三主砲塔の外装カバーを外せなくなる為)

1702075.jpg
写真右側が前部の第一副砲塔、左側が後部の第四副砲塔です。大和型戦艦は竣工時には艦橋の左右両舷にも副砲塔が備わっており、(合計4基を装備していたことから)後部は『第二』ではなく、『第四』の名称で呼ばれていたそうです。

1702076.jpg
昨日ご紹介した主砲塔と副砲塔を甲板上に並べた様子。これでようやく戦艦らしさが出て参りました。

1702077.jpg
そして、こちらはカバーを外した様子。第二主砲塔のカバーを外す際には、マグネットで仮固定された第一副砲塔を一度取り外す必要があります。

1702078.jpg
後部の第三主砲塔と第四副砲塔も同様です。

1702079.jpg
第二主砲塔の下部も船体内部に収まり、これで残す作業は中央構造物と射出機のみとなりました。明日からはそれらの製作についてご紹介します。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(2017年1月9日更新!取引例に26作品追加)
↓↓↓
mfhbana.jpg

モデルファクトリーハイギヤードが主催する
艦船模型と飛行機模型の完成品販売webショップ『CHERRY&ANCHOR』
↓↓↓
crbana.jpg


■模型誌掲載情報
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo62』に、1/700重雷装巡洋艦『大井』作例記事掲載。(発売中)
┣ イカロス出版『艦船プラモカタログ2017』に、1/700航空母艦『CV-7 ワスプ』作例記事掲載。(発売中)
┗ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo63』に艦船模型作例記事掲載予定。(2017年2月15日発売)
プロフィール

HIGH-GEARed

Author:HIGH-GEARed
奈良市在住、スケールモデル販売業者「モデルファクトリーハイギヤード」の製作担当兼代表をしております。

また、渡辺真郎の名前で『月刊モデルアート』、『艦船模型スペシャル』等の模型雑誌の作例記事も書かせていただいております。

「プロモデラーの人ってどんな生活をしているの?」という疑問に少しでもお答えできるよう、業務日記と日常日記を織り交ぜた内容でお届けしております。

当ブログの作品紹介はホームページの補助的な役割で活用しており、ホームページの方をメインとして、模型作例を多数掲載しております。 ぜひご覧ください。

HIGH-GEARed HOBBY WORKS!!
↓↓↓
http://nabeck.web.fc2.com/

模型製作ご依頼はこちら(お気軽にお問い合わせください)
↓↓↓
http://nabeck.web.fc2.com/hg-mdf.htm

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR