1/24『クレーマーレーシング ポルシェ956 LM1984』完成

1/350航空母艦『ニミッツ』を製作中ですが、今週月曜日からは(艦船模型スペシャル誌次号の)作例の追い込みで余裕がない為、一旦作業を中段しております。

そこで今回は、先日の『奈良模型愛好会 春展2018』に出展しました、タミヤ1/24『ポルシェ956』の完成写真をご紹介します。

bporu01.jpg
1/24『クレーマーポルシェ956』の全景。キットは数年前にタミヤから限定再販されたもの(スポーツカーシリーズ No.314 1/24 ポルシェ 956 ケンウッドカラー 1984 ルマン)を使用しました。

bporu02.jpg
リアカウルの合いも良好で、浮きや歪みも一切ありません。ボディカラーはタミヤの指定色では少し明るすぎるように思われましたので、フィニッシャーズのブルー系統の塗料をベースに独自に調色したものを使用しました。(クリアーは鎌倉応用化工のアクセルクリアーを使用し、研ぎ出しを行っています)

bporu03.jpg
グループCカーは、ストレートでの安定性を重視したロングホイールベースが魅力ですが、このポルシェ956は、後継の962Cより若干前後に短く、軽快な印象を与えてくれます。

bporu04.jpg
なお、エンジン内部は少ないパーツ数ながらも、重心の低い水平対向エンジンをメインとした実感的なメカニズムが再現されていました。このキットの初版は1980年代前半ですが、各パーツの合いも完璧で「さすがはタミヤ!」と唸らされます。

bporu05.jpg
ディテールアップには純正エッチングパーツを使用していますが、全てのパーツは使用せず、あくまで目立つ部分のみに留めました。それほど作り込んでいるわけではないのですが、思った以上に魅力的な仕上がりを実現する事ができて、非常に満足しています。

グループCカーを製作したのは今回が初めてですが、タミヤからはたくさんの魅力的なCカーキットが発売されておりますので、これからもまた機会を見つけて取り組んでみたいと思います。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

■メディア掲載情報
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo67』に、1/700航空母艦『アークロイヤル(アオシマ)』作例記事掲載
┣ イカロス出版『艦船プラモカタログ2018』に、1/700駆逐艦『島風』作例記事掲載
┗ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo68』に、1/700艦船模型作例記事×2隻、掲載予定。5月15日発売!

モデルファクトリーハイギヤード公式 スケールモデル完成品webショップ『CHERRY&ANCHOR』
(2018年2月10日、1/350特型駆逐艦精密完成品ほか、艦船模型完成品5隻入荷!)
↓↓↓
crbana.jpg

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(2018年1月9日更新!取引例およびメディア掲載作品に計14作品追加&工房紹介ページリニューアル)
↓↓↓
mfhbana.jpg

■次回模型展示会参加のお知らせ
┣ 『静岡ホビーショー 第29回モデラーズクラブ合同作品展』
┣ 開催日時:5月12日(土)9:00~17:00
┃       5月13日(日)9:00~16:00
┣ 開催場所:ツインメッセ静岡
┗ 出展ブース:『奈良模型愛好会』および『チームKen-1 & 鳶色の会』の各ブースに出展予定

スポンサーサイト

1/24『クレーマーレーシング ポルシェ956 LM1984』製作中

本日は、プライベートで製作中のカーモデルをご紹介します。

18030901.jpg
と、言いましても、この、タミヤ1/24『ポルシェ956(ケンウッドカラー)1984ル・マン』は今回が初めてのご紹介ではなく、3年前の春にボディ塗装を終わらせた様子を当ブログに掲載していらい、アップする機会を逸していたものです。

18030902.jpg
ボディはデカール貼りも終え、クリアーを重ねてから3年近い年月を経過していることもあり、塗膜もこれ以上はヒケることがないので、ある意味、安心感を持って製作にあたることができます。

18030903.jpg
ちなみに、ボディ塗装を終えて以降は完全に放置していたわけではなく、インテリアやエンジンルーム、フレーム周りのパーツ切り出しと塗装を細々と続けていました。この写真はドライバーシート周りの様子で、シートベルトやラジエーター&インタークーラーなどのコアにはタミヤの純正エッチングパーツを使用しています。

18030904.jpg
エンジン&トランスミッションと補機類も組み立て前にパーツ単位で塗り分けました。こうしてみると、タミヤのポルシェ956は適度なディテールを保ちつつも、パーツ数を極限まで抑える工夫がされていることが分かります。

18030905.jpg
アップライトおよびサスアーム、フレームの一部など、メカニズムを構成するパーツ群も繊細に仕上げられています。

18030906.jpg
タイヤとホイールの様子。タイヤ表面は400番のサンドペーパーで慣らしてユーズドタイヤをイメージした仕上げとしました。また、ブレーキディスクにはタミヤ純正のステンレスエッチングパーツを張ってドリルドローターを再現しています。

18030907.jpg
塗装を済ませたパーツ群を全て並べてみました。昔、タミヤのカタログに、このような写真が掲載されていて、ワクワクしつつ眺めていた様子を思い出します(笑)。良く出来たキットはパーツ単位で見ても美しいので、あえて組みたてずに額に入れて飾るのも一興かもしれません。

18030908.jpg
カーモデルと言えば、今年も『関西オートモデラーの集い』用に、恒例の初代MR2(AW11)を一台製作予定です。この写真はSV-3ですが、実際にはAW11後期型S/Cのキットをベースに、架空の仕様を製作する予定です。こちらも春以降に製作記を掲載しますので、カーモデルファンの方はぜひご覧くださいませ。



当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

■メディア掲載情報
┣ モデルアート社出版『月刊 MODEL Art 2018年4月号』に1/700戦艦『大和』作例記事掲載
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo67』に、1/700航空母艦『アークロイヤル(アオシマ)』作例記事掲載
┣ イカロス出版『艦船プラモカタログ2018』に、1/700駆逐艦『島風』作例記事掲載
┗ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo68』に、1/700艦船模型作例記事掲載予定。5月15日発売!

モデルファクトリーハイギヤード公式 スケールモデル完成品webショップ『CHERRY&ANCHOR』
(2018年2月10日、1/350特型駆逐艦精密完成品ほか、艦船模型完成品5隻入荷!)
↓↓↓
crbana.jpg

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(2018年1月9日更新!取引例およびメディア掲載作品に計14作品追加&工房紹介ページリニューアル)
↓↓↓
mfhbana.jpg

■次回模型展示会参加のお知らせ
┣ 『奈良模型愛好会 春展2018』
┣ 開催日時:4月7日(土)13:00~20:00
┃       4月8日(日)10:00~16:00
┣ 開催場所:奈良県奈良市右京1丁目3-4 サンタウンプラザ すずらん館1階 すずらんサークル
┗ 交通:近鉄京都線・『高の原駅』駅下車 徒歩5分

フジミ1/24『ハイギヤードMR2』完成

先週末から今週月曜日にかけては世間では三連休でしたが、私はと言いますと、1/350戦艦『アラバマ http://modelfactoryhg.blog.fc2.com/blog-entry-1296.html 』の納品や、艦船模型スペシャル次号の原稿作成で少々忙しくしておりました。

その影響で1/200戦艦『ビスマルク』 の製作も一旦ストップしておりましたので、本日は8月に完成していたプライベート作品、1/24『ハイギヤードMR2』の完成写真をご紹介します。

bhgmr201.jpg
1/24『ハイギヤードMR2』、運転席側前方からの全景。

『ハイギヤードMR2』とは、少年ジャンプ連載の大人気自動車コミック『よろしくメカドック https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%88%E3%82%8D%E3%81%97%E3%81%8F%E3%83%A1%E3%82%AB%E3%83%89%E3%83%83%E3%82%AF 』登場車両で、メカドック所属の主人公、風見 潤(かざみ じゅん)のライバルのひとり、東條 誠(とうじょう まこと)がチューナー兼ドライバーを務めていた車両です。

bhgmr202.jpg
キットは今年の夏、フジミから再販されたものを使用する予定だったのですが、原作に登場する車両が前期型のNAエンジン搭載車だったのに対し、キットは後期型スーパーチャージャーエンジン搭載車を再現したものでしたので、現在絶版プレミアキットと化している前期型キットを蔵出しして使用しました。(結局、再販キットから使用したのはデカールのみです)

bhgmr203.jpg
独特のボディカラーはシャーウッドトーニングと呼ばれるもので、グリーンメタリックとベージュメタリックのツートンです。カラ―コードは『2S8』で、グリーンが『6H7』、ベージュが『4E3』となるのですが、模型用塗料では近似色の調色が難しかったので、ホルツの実車用タッチアップカラーの調色サービス(MINIMIX http://minimix.holts.co.jp/ )を利用しました。

bhgmr204.jpg
クリアーコーティングには藤倉応用化工( http://www.fok.jp/index.html )の『♯100 Sクリアー』を使用し、塗料の希釈も同社の『アクセルS35(S)シンナー』にて行いました。

bhgmr205.jpg
前期型と後期型との違いは、両キットの完成品を並べてみると良くわかります。

bhgmr206.jpg
真後ろから見ると、ムーンルーフの有無以外にテールレンズの形状の違いや、エンジンフード表面のバルジの有無などが異なっています。

bhgmr207.jpg
右側面のドア後ろにあるインテークダクトのカバー形状も、前期型と後期型では大きく異なります。他にもドアの内張りやセンタートンネルカバーなど、インテリアのスタイリングもより角ばったデザインが採用され、スパルタンさが一層際立つ造形に仕上げられています。

『関西オートモデラーの集い』に合わせて、毎年一台ずつ完成する1/24『トヨタMR2 AW11』ですが、作りたいネタはまだまだあります。来年はモーターショー展示車両の『SV-3』か? 北米仕様車を製作予定ですので、その際にはまた楽しんで仕上げたいと思います。

実車オーナー歴20年超のカーモデラーとして、納得の仕上がりをこれからも目指して参りますので、今後の作品にもぜひご期待ください。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

モデルファクトリーハイギヤードが主催する
艦船模型と飛行機模型の完成品販売webショップ『CHERRY&ANCHOR』
(2017年10月6日、艦船模型甲板塗装用マスキングシート×5種&1/32飛行機模型完成品×1機入荷)
↓↓↓
crbana.jpg

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(2017年9月1日更新!取引例に10作品追加! 現在計346作品掲載中)
↓↓↓
mfhbana.jpg

■メディア掲載情報
┣ モデルアート社出版『月刊MODEL Art 2017年11月号』に1/700駆逐艦『島風』『電』作例記事掲載(発売中)
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo65』に、1/700石油タンカー『日章丸』作例記事掲載(発売中)
┣ イカロス出版『艦船プラモカタログ2017』に、1/700航空母艦『CV-7 ワスプ』作例記事掲載(発売中)
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo66』に艦船模型作例および実艦解説記事掲載予定。(11月15日発売)
┗ イカロス出版『艦船プラモカタログ2018』に、1/700艦船模型作例記事掲載予定。(12月発売)

■次回模型展示会参加のお知らせ
┣ 『モデラーズ フェスティバル 2017 』
┣ 日時 :2017年11月4日(土)11:00~18:00、5日(日)11:00~16:00
┣ 開催場所 :大阪ATC ITM棟10階 大阪デザイン振興プラザ デザインギャラリー
┗ お問い合わせ先:モデラーズ フェスティバル 実行委員会 伊藤 modefesosaka@gmail.com

プライベート製作品のご紹介

本日は朝から原稿締め切りに追われておりまして、1/350航空母艦『赤城』の製作記は一旦お休みです。

代わりに今回は、この夏から秋にかけて進めているプライベート製作品をご紹介します。

1707251.jpg
まずは、来月下旬に予定している『関西オートモデラーの集い https://blogs.yahoo.co.jp/modeler_club_wednesday/14830747.html 』に向けて製作している、ハイギヤードMR2です。原作『よろしくメカドック』に登場した車両は、シャーウッドトーニングという緑メタリックとシャンパンゴールドのツートンカラーのもの(ちなみにアニメ版ではストロングブールの単色塗装)で、微妙な色彩の為に模型用の塗料では調色が難しかったので、ホルツの調色サービスを利用しました。

1707252.jpg
ボディは30数年前に絶版になった貴重な前期型キットのものを使用しています。デカールを貼ると若干現実離れした雰囲気になりましたが、ある意味”キャラクターモデル”でもありますので、劇中のイメージを演出できればと思っています。

1707253.jpg
ちなみにキャラクターモデルといえば、京都のモデラーmineさん主催の『アカ肉旧コン http://akabu.net/03compe/03-01kyucon/03-01-07kyucon07/03-01-07kyucon07-top.html 』での発表に向け、バンダイの宇宙戦艦ヤマト旧キットシリーズの『地球防衛軍艦隊 宇宙空母』も製作進行中です。

1707254.jpg
『宇宙空母』を仮組みした様子。そのまま組むのでは芸がないので、今後は筋彫りの追加や飛行甲板の自作、艦橋のバランス変更などを予定しています。

1707255k.jpg
最後は、以前にも何度かご紹介している1/700港湾ジオラマの次回作に配置するアクセサリーです。この鉄道車両群はアライアンスモデルワークスのレジン&エッチングキットを組んだもので、海魂やファイブスターモデルのドラム缶や木箱、プラ角棒で自作した角材などを積み荷として配置しました。この作品は時間をかけてじっくりと仕上げているので、秋頃に完成を御披露目できればと思っています。、


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

■メディア掲載情報
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo64』に、1/500一等巡洋艦『八雲』作例記事掲載。(発売中)
┣ イカロス出版『艦船プラモカタログ2017』に、1/700航空母艦『CV-7 ワスプ』作例記事掲載。(発売中)
┣ KKベストセラーズ出版『CIRCUS MAX 8月号』に艦船模型作例写真および企画記事掲載。(発売中)
┣ モデルアート社出版『月刊MODEL Art 2017年9月号 』に愛用ツールおよび製作環境紹介記事掲載。(発売中)
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo65』に艦船模型作例記事掲載予定。(2017年8月15日発売)
┣ モデルアート社出版『月刊MODEL Art 2017年11月号 』に艦船模型作例記事×2隻掲載予定。
┃(2017年9月25日発売)
┗ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo66』に艦船模型作例記事掲載予定。(2017年11月15日発売)


モデルファクトリーハイギヤードが主催する
艦船模型と飛行機模型の完成品販売webショップ『CHERRY&ANCHOR』
(2017年7月14日、1/350艦船模型2隻入荷!)
↓↓↓
crbana.jpg

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(2017年6月5日更新!取引例に16作品追加! 現在計336作品掲載中)
↓↓↓
mfhbana.jpg

■次回模型展示会参加のお知らせ
┣ 『第5回関西オートモデラーの集い』
┣ 案内ブログページ: https://blogs.yahoo.co.jp/modeler_club_wednesday/14830747.html
┣ 日時:2017年8月27日(11:30~17:30)
┣ 開催場所:ボークス大阪ショールーム8F
┗ お問い合わせ先:水曜倶楽部ブログ内コメント欄にて受付

今後の展示会参加予定と1/24『ハイギヤードMR2』の製作

本日は、この夏から秋にかけて参加予定の模型展示会と、それに向けて製作予定のカーモデルをご紹介します。

1707121.jpg
まずは、第0回から皆勤で参加させていただいている、『関西オートモデラーの集い』です。今年の第5回展示会の概要は、以下の通りです。

● 『第5回関西オートモデラーの集い』
┣ 案内ブログページ: https://blogs.yahoo.co.jp/modeler_club_wednesday/14830747.html
┣ 日時:2017年8月27日(11:30~17:30)
┣ 開催場所:ボークス大阪ショールーム8F
┗ お問い合わせ先:水曜倶楽部ブログ内コメント欄にて受付

1707124.jpg
なお、この展示会では、私は毎年フジミの1/24『トヨタ MR2 AW11』を一台ずつ製作して出展するのが定番でして、今年も新たに一台を完成させる予定です。製作予定のキットは、今年再販となった『よろしくメカドック https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%88%E3%82%8D%E3%81%97%E3%81%8F%E3%83%A1%E3%82%AB%E3%83%89%E3%83%83%E3%82%AF 』の登場車両、『ハイギヤードMR2』です。

私のハンドルネーム(と屋号)の元ネタでもあるこの車には非常に思い入れがあるので、キットの再販はとても嬉しかったのですが、残念ながらこのキットには(フジミ製品にありがちな)詰めの甘さがありました。

1707125.jpg
それは何かというと、『よろしくメカドック』の原作に登場したMR2が1984年登場のNAエンジン(4A-GELU)搭載の前期型であるのに対し、キットのボディやパーツは1986年登場のスーパーチャージャーエンジン(4A-GZELU)搭載の後期型であるために、ボディ形状の一部や内張りなどのデザインが大きく異なっている点です。

上の写真は、既に絶版になっている前期型のキットと比較した様子で、側面から見るとルーフのタイプ(ムーンルーフとノーマルルーフ)や、ドアノブの後部にあるインテークのパネル形状が異なることが分かります。(以前は後期型のTバールーフのキットも製品化されていました)

1707126.jpg
また、後期型はフロントバンパーも延長され、大型のリップスポイラーも追加されています。テールレンズ周りのスタイリングも大きく異なるために)、キットに含まれている後期型をベースで製作するのは(実車を良く知る自分としては)やはり違和感があります。

1707127.jpg
エンジンフードとドア内張りのデザインも大きく異なります。

『ハイギヤードMR2』をはじめとして、現在発売中の『トヨタ MR2 AW11』のキットは前期型の金型を改修することによって後期型への仕様変更が行われたもののようで、前期型キットはもう二度と再版される事はありません。

そのため、貴重な前期型キットを使用してしまうのは少々もったいない気もするのですが、『原作通りのハイギヤードMR2』を再現するために、このさい『前期型キット+ハイギヤードデカール』を組み合わせて製作する事を決めました。

1707128.jpg
なお、”絶版で再販不可の貴重なキット”といえば、フジミからは以前にこんなレアな製品も発売されていました。これは、モーターショー発表の試作車『SV-3』です。

実車は(写真でしか見た事がないのですが)、市販化後のAW11と比べるとフェンダーからドアにかけてのボリュームが抑え目だったり、フロントガラスのアールがより平面的だったりと、プロポーションに若干の違いがある模様です(フジミのMR2のボディはこのSV-3の金型をベースにしていることから、バランスを崩しているようですね)

このSV-3も、ゆくゆくは自身のコレクションとして完成させたいと思っておりますので、また来年以降の関西オートモデラーで御披露目できればと思っております。

1707122.jpg
少々話題が脱線しましたが、続いては今週末の日曜日から翌月曜祝日にかけて予定されている『和歌山プラモデル合同展示会』のご紹介です。この展示会には(現地へ伺う事はできないため)作品のみを出展させていただく予定です。

なお、開催概要は以下の通りです。

● 『和歌山プラモデル合同展示会2017』
┣ 公式サイトURL: http://www.tim.hi-ho.ne.jp/uesan/tenjikai.html
┣ 日時:2017/7/16(日) 12:00~21:00、7/17(月・祝) 10:00~18:00
┣ 開催場所:河南コミュニティーセンター
┗ お問い合わせ先:サイト内掲示板にて受付

↑『和歌山プラモデル合同展示会』には、私が所属する模型サークル『鳶色の会 https://tobiiro.jimdo.com/ 』会長で艦船模型誌ライターの山口隆司さんや、カーモデラーとして親交の深いken-1さん、川原慎一郎さんらもゲストプロモデラーとして参加されます。

1707123.jpg
私の出展作は、港湾ジオラマ最新作となる、1/700『別府国際観光港フェリーターミナル』と、現在発売中の『艦船模型スペシャルNo64』作例の1/500一等巡洋艦『八雲』、そして『艦船プラモカタログ2017』の作例、1/700航空母艦『ワスプ』を予定しています。

当日は私は現地にはおりませんが、和歌山のモデラーの皆様やゲストプロモデラーの作品群を是非、会場にてお楽しみくださいませ。


そして、さいごになりますが、第10回を迎える今年の『奈良模型愛好会展示会』の概要も決まりました。

●『奈良模型愛好会 第10回展示会』
┣日時 :9月17日(日)10:00~20:00、9月18日(祝)10:00~16:30
┣開催場所:奈良県奈良市右京1丁目3-4 サンタウンプラザ すずらん館1階 すずらんサークル
┣交通 :近鉄京都線・『高の原駅』駅下車 徒歩5分
┗お問い合わせ先:奈良模型愛好会 竹本 flakpz1@yahoo.co.jp

(今年の奈良模型愛好会展示会は昨年までとは開催場所が変更になっておりますので、お気を付けください)

展示会の詳細は、また当ブログでご紹介します。

また、秋には毎年恒例のモデラーズフフェスティバルにも参加予定ですので、作品展の会場で、模型ファンの皆さまとご交流をいただけるときを楽しみにしております。



当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

■作例掲載情報
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo64』に、1/500一等巡洋艦『八雲』作例記事掲載。(発売中)
┣ イカロス出版『艦船プラモカタログ2017』に、1/700航空母艦『CV-7 ワスプ』作例記事掲載。(発売中)
┣ KKベストセラーズ出版『CIRCUS MAX 8月号』に艦船模型作例写真および企画記事掲載。(発売中)
┣ モデルアート社出版『月刊MODEL Art 2017年9月号 』に模型製作についてのコラム記事掲載予定。(2017年7月25日発売)
┗ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo65』に艦船模型作例記事掲載予定。(2017年8月15日発売)


モデルファクトリーハイギヤードが主催する
艦船模型と飛行機模型の完成品販売webショップ『CHERRY&ANCHOR』
(2017年6月30日、1/700艦船模型完成品計4隻入荷!)
↓↓↓
crbana.jpg

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(2017年6月5日更新!取引例に16作品追加! 現在計336作品掲載中)
↓↓↓
mfhbana.jpg

■次回模型展示会参加のお知らせ
┣ 『第5回関西オートモデラーの集い』
┣ 案内ブログページ: https://blogs.yahoo.co.jp/modeler_club_wednesday/14830747.html
┣ 日時:2017年8月27日(11:30~17:30)
┣ 開催場所:ボークス大阪ショールーム8F
┗ お問い合わせ先:水曜倶楽部ブログ内コメント欄にて受付


■作品のみ出展のお知らせ
┣ 『和歌山プラモデル合同展示会2017』
┣ 公式サイトURL: http://www.tim.hi-ho.ne.jp/uesan/tenjikai.html
┣ 日時:2017/7/16(日) 12:00~21:00、7/17(月・祝) 10:00~18:00
┣ 開催場所:河南コミュニティーセンター
┗ お問い合わせ先:サイト内掲示板にて受付
プロフィール

HIGH-GEARed

Author:HIGH-GEARed
奈良市在住、スケールモデル販売業者「モデルファクトリーハイギヤード」の製作担当兼代表をしております。

また、渡辺真郎の名前で『月刊モデルアート』、『艦船模型スペシャル』等の模型雑誌の作例記事も書かせていただいております。

「プロモデラーの人ってどんな生活をしているの?」という疑問に少しでもお答えできるよう、業務日記と日常日記を織り交ぜた内容でお届けしております。

当ブログの作品紹介はホームページの補助的な役割で活用しており、ホームページの方をメインとして、模型作例を多数掲載しております。 ぜひご覧ください。

HIGH-GEARed HOBBY WORKS!!
↓↓↓
http://nabeck.web.fc2.com/

模型製作ご依頼はこちら(お気軽にお問い合わせください)
↓↓↓
http://nabeck.web.fc2.com/hg-mdf.htm

コメントの投稿は必ず記名をお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR