フロッグフット1/700 ⑤計画 第5388号艦『鷹野』完成

艦船模型製作代行のご依頼を受けて製作していた、フロッグフット社製レジンキット1/700 第5388号艦『鷹野』が完成しました。

『鷹野』は、航空機の運用が可能な給油艦『速吸』の設計を発展させたもので、14機もの艦攻を運用可能な給油艦として8隻が計画されたものの、戦局の悪化により、実際に完成することはありませんでした。

キットは前述のフロッグフット製で、マストなどの製作に自作を必要とし、細かな装備品はピットロードの艦船装備セットを使用して仕上げるガレージキットです。

キットには船体パーツの他に、艦橋構造物や煙突、飛行甲板、格納庫甲板、各甲板の支柱などのパーツが入っていましたが、甲板や支柱は使用が困難な仕上がりでしたので、プラ板や汎用エッチングなどでスクラッチして仕上げました。

また、汎用エッチングや精密プラパーツなどのディティールアップパーツをふんだんに取り入れるとともに、船体や自作の甲板などにも適時ディティールアップを施しています。

以下、完成写真です。

toriisama61.jpg
フロッグフット1/700 第5388号艦『鷹野』 左舷前方よりの全景

toriisama62.jpg
フロッグフット1/700 第5388号艦『鷹野』 右舷後部よりの全景

toriisama63.jpg
『鷹野』の艦容は左右非対称となっています。右舷側から見ると、長門型戦艦を思わせる屈曲煙突が目立ちます。

toriisama64.jpg
『鷹野』の艦橋付近。船首の船倉はキットには設定はありませんでしたが、お客様のご希望により追加しました。また、デリックの門型架構も、お客様のご指示によって追加した部分です。

toriisama65.jpg
飛行甲板上に主翼を広げた状態で配置された、『流星改』艦上攻撃機。飛行機本体にはフジミのパーツを使用し、滑走台はハセガワの一式二号射出機のエッチングに付属しているものを使用しました。プロペラおよび脚(格納庫甲板上の機体のみ)は、ファインモールドのエッチングパーツを使用しています。

toriisama66.jpg
お客様のご指示で、船尾楼には25mm三連装機銃および単装機銃、爆雷投射機と爆雷装填台を追加しました。機銃はファインモールド、爆雷投射機はピットロード、装填台はハセガワの各パーツを使用しています。

toriisama67.jpg
探照灯および錨もファインモールド製、窓枠および水密扉、舷外電路はハセガワ、22号電探はピットロード、12.7cm連装高角砲は海魂のレジン&真鍮挽物のパーツを組み立てて使用しています。

toriisama68.jpg
船体中央部の機銃およびスポンソンも、お客様のご指示による追加です。左舷から格納庫甲板を見ると、手前に給油ホースを通す蛇管通路が見えます。

toriisama69.jpg
その奥には、主翼を折りたたんだ流星改が確認できます。また、写真にはほとんど写っていませんが、飛行甲板裏側のトラスも、汎用のエッチングを使って作りこみました。煙突にも汎用のジャッキステーやファンネルキャップを追加した他、後部の支え櫓も汎用エッチングの組み合わせで製作しています。クレーンはレインボーモデルの巡洋艦用を使用し、13号電探はハセガワのエッチングを使用しました。いろいろなメーカーのパーツの美味しいところを詰め込んだ、豪華な作品です。

toriisama71.jpg
その他、お客様のご希望で、ドラム缶や弾薬箱、角材などを雑然と配置しました。救命浮標や舷灯なども、いいアクセントになったと思います。 鷹野は、サイズ的には氷川丸とほとんど同じ大きさですが、この大きさで14機の艦攻を運用可能にする複雑なメカニズムは、見ていて飽きません。 このような魅力的な船があることを今回初めて知ることができ、製作の機会を与えてくださった(また、完成まで小生を信じて長らくお待ちいただいた)お客様に、この場を使い、心より感謝を申し上げます。



当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓

艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(現在受注が集中しているため、製作開始およびお届けにお時間を頂いております)
↓↓↓
mfhbana.jpg
スポンサーサイト

フロッグフット1/700 ⑤計画 第5388号艦『鷹野』製作記 その7

艦船模型製作代行のご依頼を受け、フロッグフット社製の1/700計画艦『鷹野』のレジンキットを製作中です。

本日は、武装の追加と塗装&組み立て、艦載機の積載作業の様子をご紹介します。

前回の更新記事をご覧になったお客様から、今朝、実戦参加を想定した武装の追加をご要望いただきましたので、今回はそれらの武装の追加から行いました、

toriisama50.jpg
追加する武装は主に25mm三連装機銃と単装機銃、爆雷投射機ということでしたので、取り急ぎ、こちらで装備位置を推測し、図で示してお送りしたところ、一部に修正を頂いたので、修正後の位置に武装を追加しました。画像上段がこちらで考えた武装配置、下段が修正いただいた武装配置です。

toriisama49.jpg
12.7cm連装高角砲は重巡洋艦に積まれているタイプと同じシールド付きのものをご要望いただきましたので、今回はお持ち込みいただいた海魂のレジンパーツを使用しました。使用感も精密さでベテランモデルの高角砲と大変よく似た印象です。このタイプの高角砲は、ピットロードの「NE03 1/700 日本海軍 艦船装備セット[3]」のパーツも大変精密にできていいますので、これから重巡を作られる方には大変オススメです。

toriisama53.jpg
塗装後の船尾の様子。船尾楼両舷に配置される25mm三連装機銃のブルワークは、ピットロードの「E03 日本海軍 艦船装備セットIII 」に入っているブルワーク用パーツを切り詰めて八角オープン形状に修正のうえ使用しました。 爆雷投射機は、同じくピットロードの「E10 日本海軍 艦船装備セットV 」のパーツを使用し、爆雷装填台はハセガワの「小艦艇装備品セット A」のエッチングを使用しました。

toriisama52.jpg
格納庫甲板は、飛行甲板を接着してからでは手が入らないので、先に配置しました。5機の流星改を翼を折りたたんだ状態で配置しましたが、スペース的にはまだ若干余裕があるので、本当はもう1~2機程度は配置できるかもしれません。

toriisama51.jpg
飛行甲板を接着する前の船体。艦載機一列分の開放式の格納庫がなんとも印象的です。

toriisama54.jpg
機銃追加のために新設したスポンソンは、ピットロードの「E03 日本海軍 艦船装備セットIII 」に入っている用途不明のブルワーク(おそらく、別売りされる前のネタ元キット用)をベースに、プラ丸棒で脚を追加して『速吸』と似た中二階の高さに設定しました。

toriisama55.jpg
続いて、飛行甲板上に9機の流星改を配置しました。飛行甲板上の機体は、格納庫甲板上の機体のように脚は出さず、お客様のご希望通り、伊勢型戦艦用の滑走台を使用しました。(フジミの流星改は魚雷の取り付け位置の関係で、そのままでは滑走台の使用が困難なので、魚雷のゲタの部分を切り取ってクリアランスを調整しました)

toriisama56.jpg
格納庫甲板と飛行甲板の二段に分けて搭載された流星改。鷹野の種別は給油艦ですが、14機もの艦攻を運用可能ということですし、もはや給油という任務だけには縛られない立派な航空打撃力を有している艦と言ってもいいのではないでしょうか?

toriisama57.jpg
フロッグフット1/700計画艦『鷹野』。右舷船首部の様子。キットの設定と異なる部分は、艦橋前に船倉を配置したことと、デリックを2本の独立した支柱を持つタイプから、門型架構に変更した点です。この部分の改造には、「艦船模型スペシャルNo49」掲載の内藤純一氏の作例 給油艦『速吸』の制作記事が大変参考になりました。

toriisama58.jpg
艦中央部のクローズアップ。この角度からだと、格納庫甲板サイドから、流星改の脚や、折りたたんだ主翼が少し見て取れます。

toriisama59.jpg
船尾の様子。マストは真鍮線とプラ板による自作、13号電探は長谷川のエッチング、クレーンはレインボーモデルの日本海軍巡洋艦用です。25mm機銃は三連装、単装ともに、ファインモールドナノドレッドシリーズのリニューアルパーツを使用しています。

toriisama60.jpg
計画艦『鷹野』全景。前回のブログ記事まで、赤茶色だったり白だったり、金色だったりと、それぞれ別々の素材感を放っていた各パーツが、いよいよ一体となりました。 あとは張り線を取り付け、クリアーコートを行えば、いよいよ『鷹野』の完成です。



当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓

艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(現在受注が集中しているため、製作開始およびお届けにお時間を頂いております)
↓↓↓
mfhbana.jpg

フロッグフット1/700 ⑤計画 第5388号艦『鷹野』製作記 その6

艦船模型製作代行のご依頼を受け、フロッグフット社製の1/700計画艦『鷹野』のレジンキットを製作中です。

本日は、艦橋構造物の製作をご紹介します。

toriisama42.jpg
左側の画像が、キットに付属している艦橋パーツの全てです。右は仮組みした様子。キット説明書には窓枠の存在もしっかりと記されているのですが、パーツには窓枠の存在を思わせるモールドはないので、今回はエッチングに取り替える工作を行いました。

toriisama43.jpg
フロッグフットの鷹野の艦橋は、プラモデルのような箱組ではなく、レジンの無垢とあって、ニッパーやナイフなどで正確に削り落とすのは難しいため、再びフライス盤に登場いただくことになりました。画像左のように、窓枠の絵をパーツに書き込み、この絵が完全に消えるまでΦ6のエンドミルで削り込みます。窓枠の高さはおよそ1.2mmの換算で削り込みました。

toriisama44.jpg
削り落とした厚みの部分に海魂の窓枠エッチングパーツを接着し、その他のパーツを組み立て、手すりなどのエッチングを取り付けた様子。防空指揮所の双眼望遠鏡や測距儀、探照灯などはキットには付属していないので、各々、ナノドレッドやピットロードNEパーツ、自作パーツなどを用いて補填しています。

toriisama45.jpg
艦橋を飛行甲板に接着し、ウイングのブルワークをプラ板自作にて追加した様子。前部マストも真鍮線とプラ板による自作です。前甲板に装備される小型マストは、船倉を追加した関係でキットの指定位置に装備できなかったので、高角砲座の直後に移設しました。

toriisama46.jpg
後部から見た様子。蛇管通路の最前部に取り付けられている、L字型の真鍮線は、油管を再現したものです。その他、旗竿も真鍮線を使用して自作し、海魂のエッチング手すりを取り付けました。

toriisama47.jpg
本日の作業を終えた様子。少し前までは少々得体の知れない雰囲気がありましたが、艦橋と前部マストが付くと、完全に特務艦の雰囲気が出てきました。鷹野の正式な種別は給油艦ですが、巨大な飛行機搭載施設を見ると、どちらかというと水上機母艦のようなイメージがありますね。

toriisama48.jpg
船体で残す作業は、短艇およびダビットの取り付けと高角砲の搭載のみとなりました。塗装前とあって、まだまだレジンや金属などの素材感が混在している状況ですが、塗装後にどのような一体感を見せてくれるか、とても楽しみです。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓

艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(現在受注が集中しているため、製作開始およびお届けにお時間を頂いております)
↓↓↓
mfhbana.jpg

フロッグフット1/700 ⑤計画 第5388号艦『鷹野』製作記 その5

艦船模型製作代行のご依頼を受け、フロッグフット社製の1/700計画艦『鷹野』のレジンキットを製作中です。

本日は、飛行甲板の製作の続編として、裏側の支柱およびトラスの製作の様子をご紹介します。

キットのパーツ割りでは、格納庫甲板と支柱が一体成型され、飛行甲板の裏側はモールドなしですが、今回は飛行甲板裏にモールドを追加する関係で、支柱は格納庫甲板側とせず、飛行甲板裏側に固定する方法に変更し、支柱の位置を避けつつ、トラスを追加する方法でディティールアップを行いました。 

toriisama37.jpg
飛行甲板裏側には、飛行機運搬軌条と旋回盤の位置出しのための穴が無数に開いているため、まず、それらをポリパテで埋めたあとに1mm角のプラ棒で自作した支柱を接着します。中央部に貼っているプラ帯は、反りの予防のためのもので、トラスのモールドはこの位置のみ避けて設置しました。

toriisama38.jpg
続いて、プラ板で自作した三角補強板を、支柱の根元に接着します。支柱は格納庫甲板に降りるものと、最上甲板に降りるものの二種類があり、それぞれ長さが異なるので、現物合わせでプラ角材を切り詰めつつ調整しました。

toriisama39.jpg
トラスのエッチングは、海魂の汎用パーツです。もちろん資料などはないので想像で組み合わせていますが、横から覗く分にはかなりそれらしい雰囲気を再現することができました。

toriisama40.jpg
完成した飛行甲板を仮置きしました。裏側のディティールは、この角度ではあまり見えませんが、支柱の降りる位置が格納庫甲板と最上甲板で異なり、それぞれ長さも違っている点がお分かりいただけると思います。

toriisama41.jpg
格納庫甲板を横または下から覗き込むと、このような具合です。飛行甲板および格納庫甲板はフルスクラッチになりましたが、個人的にはなかなか良い雰囲気に仕上がってくれたのではないか?と思っています。



当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓

艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(現在受注が集中しているため、製作開始およびお届けにお時間を頂いております)
↓↓↓
mfhbana.jpg

フロッグフット1/700 ⑤計画 第5388号艦『鷹野』製作記 その4

艦船模型製作代行のご依頼を受け、フロッグフット社製の1/700計画艦『鷹野』のレジンキットを製作中です。

本日は、飛行甲板の製作の様子をご紹介します。

toriisama29.jpg
鷹野の甲板は三層になっており、最上甲板の他に格納庫甲板(これまで上甲板と記載していた部分で、ここにも飛行機が乗ります)、飛行甲板があります。飛行甲板はレジンパーツとして成型されていますが、キット紹介の時に記載したように、飛行機運搬軌条のモールドは一部は湯周り不良で、一部は軌間が埋まっているという始末ですので、今回の製作では、プラ板とエッチングでいちから作り直すことになりました。

toriisama30.jpg
まず、キットのレジンパーツを型紙として、プラ板を同じ形状に切り出します。表面にリブの入ったプラ板を使用している理由は、このあと、滑り止め鋼板のエッチングを貼り付ける際に、瞬間接着剤の食いつきをよくするためです。

toriisama31.jpg
真鍮製の滑り止め鋼板シート(ハセガワ製)を貼り付けた様子。継ぎ目はコンマ3ミリのプラ角材を貼って隠しました。また、側面にもプラ帯を巻いて甲板パーツの積層構造が見えないように処理しています。

toriisama32.jpg
続いて、飛行機運搬軌条と旋回盤を設置します。これもキットのレジン甲板の装備位置を基本として、同じ位置に配置しました。使用したエッチングは、ライオンロアのもので、旋回盤の数が多いことから、3セットを使用しました。

toriisama33.jpg
続いて、飛行甲板と最上甲板の中間に位置する格納庫甲板を製作します。画像はキットのパーツで、飛行甲板を支える支柱も一体成型されたものですが、これも例によって、バリと反りが激しく、使い物にならないので、プラ材で自作することになりました。

toriisama34.jpg
格納庫甲板は蛇管通路と同じく、橋桁などを取り付ける指定はなかったのですが、これではいかにも不自然なので、1mm角のプラ棒を使用して橋桁を追加しました。 

toriisama35.jpg
出来上がった各甲板パーツを仮組みした様子。まだ艦橋構造物と前部マストがないので、とても不思議な艦容に見えます。

toriisama36.jpg
速吸と比較して、更に巨大化した飛行甲板がなんとも印象的です。飛行甲板を支える支柱と飛行甲板の裏側はやはり自作となりますが、それらの製作の様子は、後日改めてお伝えします。



当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓

艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(現在受注が集中しているため、製作開始およびお届けにお時間を頂いております)
↓↓↓
mfhbana.jpg
プロフィール

HIGH-GEARed

Author:HIGH-GEARed
奈良市在住、スケールモデル販売業者「モデルファクトリーハイギヤード」の製作担当兼代表をしております。

また、渡辺真郎の名前で『月刊モデルアート』、『艦船模型スペシャル』等の模型雑誌の作例記事も書かせていただいております。

「プロモデラーの人ってどんな生活をしているの?」という疑問に少しでもお答えできるよう、業務日記と日常日記を織り交ぜた内容でお届けしております。

当ブログの作品紹介はホームページの補助的な役割で活用しており、ホームページの方をメインとして、模型作例を多数掲載しております。 ぜひご覧ください。

HIGH-GEARed HOBBY WORKS!!
↓↓↓
http://nabeck.web.fc2.com/

模型製作ご依頼はこちら(お気軽にお問い合わせください)
↓↓↓
http://nabeck.web.fc2.com/hg-mdf.htm

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR