FC2ブログ

1/700東海汽船『橘丸』完成

プライベート作品として製作していた、シールズモデルズの1/700東海汽船『橘丸』が完成しました。

本日は、完成写真をご紹介します。

btachibanamaru01_20190622005301740.jpg
1/700東海汽船『橘丸』、左舷前方からの全景。キットはシールズモデルズのレジンキットで、モデルアート社出版『日本の客船』の連動企画として2006年に製品化されたものです

btachibanamaru02_20190622005302971.jpg
1/700東海汽船『橘丸』、右舷のほぼ真横からの全景。この『橘丸』は、現在、東海汽船で運航されている同名船(3代目橘丸)の先代で、初代から数えて2代目にあたります。戦前の昭和10年に建造された船としては非常に美しいスタイリングをしており、特に流線型のデザインを採り入れた船橋構造物や煙突の形状が魅力です。

btachibanamaru03_20190622005304e07.jpg
左舷後部からの見下ろしアングル。『橘丸』は、もともとは大島航路の観光用に建造された客船ですが、中国大陸において揚子江の定期運航に就いたり、海軍と陸軍の両方に徴用されてそれぞれ病院船として活躍するなか、大破着底の後に浮揚修復されたり、米軍に拿捕されたり、復員船に使用されたりと、数奇な運命をたどりました。

btachibanamaru04_201906220053050d4.jpg
戦後は大島航路に復帰し、1954年公開の映画『ゴジラ』にも出演しました。(←ここでも強運船ぶりを発揮し、ゴジラに至近距離まで接近されたにも拘らず、襲撃されることなく無事にやり過ごすことに成功しています) 『橘丸』は戦後も数次に渡って塗色の変更が行われていますが、この作品では昭和31~42年頃に施されていたとみられるダークブルー塗装を再現しました。

btachibanamaru05_201906220053077df.jpg
船首から船橋にかけてのクローズアップ。ディテールアップには汎用の手すりとラッタルのエッチングパーツを使用し、張り線を追加したのみです。

btachibanamaru06_201906220053081e0.jpg
それらのディテールアップ以外にも、今回は救命浮輪や搭載艇の滑車、更にはデッキ上にテーブルやイスなども追加しようかと考えたのですが、これまで製作してきた1/700客船模型作品とディテールバランスを揃えるため、敢えて省略しました。

btachibanamaru07_201906220053104db.jpg
船尾の様子。海面ベースはジェルメディウムで製作し、白波はメディウムにマグネシウムの粉末を混ぜたもので再現しました。

btachibanamaru08_20190622005311cde.jpg
100円玉との大きさ比較。『橘丸』の全長は80メートルほどということで、1/700の模型は12センチ程度の極小サイズです。これほど小さいキットであるにも関わらず、各パーツの形状やディテールは素晴らしく、楽しく製作することができました。

btachibanamaru09_20190622005313ec0.jpg
写真左手前から、1/700関西汽船『くれない丸』(2012年製作)、1/700大阪商船『に志き丸』(2013年製作)、1/700東海汽船『橘丸』(2019年製作)の順です。これで、夢にまで見た『日本の客船シリーズ』全3種をようやくコンプリートすることができました。

今回の『橘丸』は、令和初の新作船舶模型作品であるとともに、客船模型としては、1/700日本郵船『信濃丸 http://modelfactoryhg.blog.fc2.com/blog-entry-1326.html 』以来、1年8か月ぶりの完成となりました。

このところ、チラホラと貨物船の製作を画策していたことから、客船の製作が少し滞っていましたが、作りたいキットはまだまだあるので、少しずつでも進めていければと思います。

(次回も、プライベート作品のご紹介となります)

当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓
ninki01.png

艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

■メディア掲載情報
┣ イカロス出版『いずも型護衛艦モデリングガイド』に、1/700護衛艦『かが』作例記事掲載。全国書店にて発売中!
┣ イカロス出版『あさひ型モデリングガイド』に1/700護衛艦『しらぬい』作例記事掲載。全国書店にて発売中!
┣ モデルアート社出版『月刊MODEL Art 19年8月号』に、模型製作解説記事掲載予定。2019年6月26日発売予定!
┗ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo73』に、1/700作例記事掲載予定。2019年8月15日発売予定!


艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(2019年2月10日更新! 取引例と模型誌作例の計32作品を一挙公開!)
↓↓↓
mfhbana.jpg

モデルファクトリーハイギヤード公式 スケールモデル完成品webショップ『CHERRY&ANCHOR』
(2019年6月19日、1/350戦艦『長門』完成品、新入荷!)
↓↓↓
crbana.jpg

●次回模型展示会出展のお知らせ
┣ 『第7回関西オートモデラーの集い』
┣ 案内ブログページ:https://blogs.yahoo.co.jp/modeler_club_wednesday/16146884.html
┣ 日時:2019年8月25日(11:30~17:30)
┗ 開催場所:ボークス大阪ショールーム8F

スポンサーサイト

1/700東海汽船『橘丸』製作

1/350戦艦『武蔵』の製作中ですが、本日からは、この春製作していたプライベート作品をご紹介します。

19062003.jpg
平成最後のプライベート船舶模型作品となった1/700岡崎汽船『日豊丸 http://modelfactoryhg.blog.fc2.com/blog-entry-1685.html 』に引き続き、令和最初の船舶模型として選んだのは、シールズモデルの1/700東海汽船『橘丸』です。

この1/700東海汽船『橘丸』は、いまを遡ること13年ほど前に、モデルアート社出版の『日本の客船』シリーズとの連動企画で製品化されたもので、他に関西汽船『くれない丸』と大阪商船『に志き丸』が発売されていました。

19062001.jpg
これが、このシリーズの中で私が最初に完成させた1/700関西汽船『くれない丸』で、2012年6月の製作です。キットは大阪のスケールモデル専門店『ホビーランド https://www.hobbyland.jp/ 』で購入したもので、このシリーズでは唯一の新品購入キットでした。

19062002.jpg
そして、こちらは翌2013年に完成した、大阪商船『に志き丸』です。前年の『くれない丸』完成によって、『日本の客船』シリーズへの興味が高まったものの、当時、既にキットを新品で入手することはできなくなっていました。ですが、タイミングの良いことに、元模型店の店主の方から、在庫として持っていたキットを格安で譲ってもらえる機会に恵まれ、運よく2作目の完成となりました。

19062004.jpg
今回の東海汽船『橘丸』はキットの入手が長年叶わず、2013年以来、ずっと中古キットを探し回っていたのですが、今年春にようやく『駿河屋 https://www.suruga-ya.jp/ 』にて程度の良い中古品を発見し、製作することが叶いました。写真は上下分割の船体と各フロアのパーツで、原型は現在、シールズモデルズの『1/500日露戦争参戦艦シリーズ』を精力的に開発されている、川野誠さまによるものです。

19062005.jpg
フルハル展示用の飾り台や吃水板、その他、主要構造物と救命ボート、通風筒などの様子。各パーツにはバリや気泡などは一切なく、パーツ数も最低限というシールズモデルズクオリティーが実現されています。

19062006.jpg
主要パーツはゲート処理さえ行えば、一切の修正もなく綺麗に仮組みすることができました。『橘丸』の特徴でもある、流線型のブリッジや煙突の造形は特に美しく、いつまで見ていても飽きない魅力があります。(写真下側はオキサイドレッドによる下地塗装の様子)

19062007.jpg
各フロアは先に接着してしまうと塗装が難しくなるので、個別に塗り分けました。『橘丸』は戦前に建造されて以来、数奇な運命をたどった客船であることが良く知られており、キットにも昭和10年の東京湾汽船所属時代(大島航路)、昭和14年の日清汽船所属時代(上海~漢口)、昭和18年の陸軍病院船時代、昭和27年の東海汽船時代(緑塗装)のカラーチャートが付属しているのですが、今回の塗色は(個人的に最も美しいと感じた)昭和31~45年頃のダークブルー塗装としました。

19062008.jpg
マストやダビットは真鍮線にて自作しました。(写真上) デカールはアルプスプリンターから出力されたものがまだ使用できたので助かったのですが、残念ながら船首とブリッジ横の船名表示は文字がつぶれていたので省略しました。(デカールには陸軍病院船時代の赤十字マークや、復員船時代のスカジャップナンバーも付属しています)

19062009.jpg
海面ベースは、いつものようにジェルメディウムで製作しました。1/700東海汽船『橘丸』は全長12cmほどの小さなキットですので、1/43ミニカー用のクリアケースが丁度良いサイズになります。

19062010.jpg
エッチングパーツは、汎用の手すりとラッタルのみの使用に留まりましたが、仕上がりは非常に雰囲気の良いものになりました。

次回は完成写真をご紹介します。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓
ninki01.png

艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

■メディア掲載情報
┣ イカロス出版『いずも型護衛艦モデリングガイド』に、1/700護衛艦『かが』作例記事掲載。全国書店にて発売中!
┣ イカロス出版『あさひ型モデリングガイド』に1/700護衛艦『しらぬい』作例記事掲載。全国書店にて発売中!
┣ モデルアート社出版『月刊MODEL Art 19年8月号』に、模型製作解説記事掲載予定。2019年6月26日発売予定!
┗ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo73』に、1/700作例記事掲載予定。2019年8月15日発売予定!


艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(2019年2月10日更新! 取引例と模型誌作例の計32作品を一挙公開!)
↓↓↓
mfhbana.jpg

モデルファクトリーハイギヤード公式 スケールモデル完成品webショップ『CHERRY&ANCHOR』
(2019年6月19日、1/350戦艦『長門』完成品、新入荷!)
↓↓↓
crbana.jpg

●次回模型展示会出展のお知らせ
┣ 『第7回関西オートモデラーの集い』
┣ 案内ブログページ:https://blogs.yahoo.co.jp/modeler_club_wednesday/16146884.html
┣ 日時:2019年8月25日(11:30~17:30)
┗ 開催場所:ボークス大阪ショールーム8F

今後、製作を予定しているキットをご紹介

前回の記事でお伝えしていた超多忙期ですが、いましがた、ようやくピークを過ぎました。

未返信メールがかなり溜まっておりますので、13日から順次返信して参ります。(遅くなりまして申し訳ございません)

今回はまた小ネタになりますが、今後、プライベートで製作を予定しているキット群をご紹介します。

18041201.jpg
1/700の貨物船では、現在、ドイツレベルの『コロンボ・エクスプレス』を製作しておりますが、次回の製作品も既に決定しています。このキットは、日本郵船のN型貨物船『能登丸』で、ピットロードウェーブラインシリーズのレジンキットです。

18041202.jpg
1/700『能登丸』の船体。パーツ構成は、以前に製作した『りおでじゃねろ丸 http://modelfactoryhg.blog.fc2.com/blog-entry-1168.html 』に準じた構成ですが、ハウスが小さいこともあっていくらかシンプルな印象です。なお、このキットは基本的には戦時の陸軍徴用時を再現していますが、武装を省略して塗装の変更を行って(パッケージにあるような)日本郵船の貨物船として完成させる予定です。(ハッチ周りは修正した方が良いのですが、今回は電路のモールドを削り取る程度の後加工で済ませようと思います)

18041203.jpg
続いても商船ですが、HPモデルの1/700ロイド『SS ブレーメン』のキットを入手したので、こちらもおいおい製作したいと考えています。

18041204.jpg
船体パーツの船首付近のクローズアップ。モールドや抜きのレベルは、海外製レジンキットとしては平均的な出来で、特に精密というわけではりませんが、目立った気泡や反りはないので、塗装次第で雰囲気たっぷりの大型客船の雰囲気が楽しめそうです。

18041205.jpg
ちなみに『SSブレーメン』の実船の船体全長は286メートルもあるため、キットのサイズもタイタニックを上回ります。これだけ全長っが長いと、デッキのパーツなどの収縮差なども気になるところですが、仮組と修正を入念に行いつつ、丁寧に仕上げていきたいと思います。

18041206.jpg
また、静岡ホビーショーに向けてはカーモデルの製作も予定しています。現状では、フジミの1/24『マクラーレンF-1 国際開発レーシングLEMANS1995』の製作を控えているのですが、このキットは考証ミスが多く、そのまま組むと実車とは全く違った仕様になってしまうので、少々手間がかかりそうです。修正方法は奈良模型愛好会の、とみたけさんから詳しく教わったので、出来る範囲で反映させていきたいと思います。

春以降もなかなかプライベートの時間は多く取るのは難しそうではありますが、趣味として模型を楽しむ気持ちを忘れずに、これからもお気に入りの作品を作りつづけていくことができればと思います。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

■メディア掲載情報
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo67』に、1/700航空母艦『アークロイヤル(アオシマ)』作例記事掲載
┣ イカロス出版『艦船プラモカタログ2018』に、1/700駆逐艦『島風』作例記事掲載
┗ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo68』に、1/700艦船模型作例記事×2隻、掲載予定。5月15日発売!

モデルファクトリーハイギヤード公式 スケールモデル完成品webショップ『CHERRY&ANCHOR』
(2018年2月10日、1/350特型駆逐艦精密完成品ほか、艦船模型完成品5隻入荷!)
↓↓↓
crbana.jpg

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(2018年1月9日更新!取引例およびメディア掲載作品に計14作品追加&工房紹介ページリニューアル)
↓↓↓
mfhbana.jpg

■次回模型展示会参加のお知らせ
┣ 『静岡ホビーショー 第29回モデラーズクラブ合同作品展』
┣ 開催日時:5月12日(土)9:00~17:00
┃       5月13日(日)9:00~16:00
┣ 開催場所:ツインメッセ静岡
┗ 出展ブース:『奈良模型愛好会』および『チームKen-1 & 鳶色の会』の各ブースに出展予定

1/700大阪商船『ぶら志る丸(ぶらじる丸)』完成

客船模型製作代行のご依頼をいただいて製作していた、フジミの1/700大阪商船『ぶら志る丸(ぶらじる丸)』が無事に完成しました。

本日は、完成写真をご紹介します。

bejirisama14.jpg
1/700大阪商船『ぶら志る丸(ぶらじる丸)』、右舷側上方からの全景。ブリッジや煙突などに流線形を採り入れたフォルムは戦前型の日本客船の優美さの極致と言えます。

bejirisama15.jpg
1/700大阪商船『ぶら志る丸(ぶらじる丸)』、左舷からの全景。製作はフジミのキットをベースに、同じくフジミの純正ディテールアップエッチングパーツを組み込んだほか、一部の手すりやラッタル、シュラウドなどに汎用エッチングパーツを使用しました。

bejirisama16k.jpg
左舷後部から船首側を見下ろした様子。階段状にレイアウトされた居住区や水泳場などが、船旅の優雅さをイメージさせてくれます。

bejirisama17.jpg
一方、低いアングルから見ると、側面に規則正しく並んだプロムナードデッキ開口部が端正な魅力を見せてくれます。細い支柱はフジミの純正エッチングパーツによるもので、繊細な構造美を更に引き立ててくれました。

bejirisama18.jpg
1/700大阪商船『ぶら志る丸(ぶらじる丸)』、船首からブリッジにかけてのクローズアップ。このキットのマストは非常に細く成型されていて折れやすいので、取り扱いには充分に注意しなくてはいけませんでした。(旗竿は真鍮線にて自作し、舷灯はプラ帯材を切り出したものを貼り付けています)

bejirisama19k.jpg
船体中央部から船首側を見た様子。かつて日本を代表するオーシャンライナーとして、大海原に君臨していた頃の勇姿を彷彿とさせます。

bejirisama20k.jpg
船尾付近は船倉やクレーンなどが並び、優雅さの中にも物々しい活動美が伺えます。(手摺やラッタルは一部をウッドブラウンに塗装する事で木材が使用されているイメージを演出しました)

bejirisama21.jpg
写真奥は、昨年にプライベートで製作した姉妹船『あるぜんちな丸』です。日本商船界を代表する造船技師、和辻春樹博士による名船2隻が揃い踏みしました。

当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

■メディア掲載情報
┣ モデルアート社出版『月刊 MODEL Art 2018年1月号』に、ピットロードコンテスト金賞受賞作品掲載
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo66』に、1/500一等巡洋艦『吾妻』作例と実艦解説記事掲載
┣ イカロス出版『艦船プラモカタログ2017』に、1/700航空母艦『CV-7 ワスプ』作例記事掲載
┣ イカロス出版『艦船プラモカタログ2018』に、1/700艦船模型作例記事掲載予定。(12月25日発売)
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo67』に艦船模型作例記事掲載予定。(来年2月15日発売)
┗ モデルアート社出版『月刊 MODEL Art 2018年4月号』に1/700艦船模型作例記事掲載予定。(来年2月26日発売)

モデルファクトリーハイギヤードが主催する
艦船模型と飛行機模型の完成品販売webショップ『CHERRY&ANCHOR』
(2017年11月24日、1/200戦艦『三笠』ほか、艦船模型作品2点新入荷!)
↓↓↓
crbana.jpg

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(2017年9月1日更新!取引例に10作品追加! 現在計346作品掲載中)
↓↓↓
mfhbana.jpg

up01.jpg
■受賞のおしらせ
┣ このたび 『第28回ピットロードコンテスト』におきまして、HIGH-GEARedこと渡辺真郎製作の
┃ 港湾ジオラマ作品 『Port of Yokohama 1930s』が、金賞を受賞いたしました。
┣ 当工房をご利用頂いているお客さまをはじめとして、ブログやサイトなどで作品をご覧頂いている模型
┃ ファンの皆さまの日ごろの応援に感謝すると共に、これからも更なる発展と技術向上&模型情報の
┃ 発信に努めて参りますので、引き続き、当工房と当ブログをよろしくお願い申し上げます。
┣ 作品写真は後日、当ブログにおいても発表を予定しておりますが、下記『鳶色の会』公式サイトに
┃ おきまして先行公開しておりますので、 ご興味のございます方は是非ご覧くださいませ。
┣ 鳶色の会 公式サイト: https://tobiiro.jimdo.com/
┗ 第28回ピットロードコンテスト結果: http://pit-road.jp/?info=2017contprize


■次回模型展示会参加のお知らせ
┣ 『奈良模型愛好会 第9回春展』
┣ 開催日時:平成30年春頃予定
┗ 詳細が決まり次第、告知いたします

1/700大阪商船『ぶら志る丸(ぶらじる丸)』製作 その3

客船模型製作代行のご依頼をいただき、フジミの1/700大阪商船『ぶら志る丸』を製作中です。

本日はマストやラッタル、救命ボートなどの小物の取り付けと、手摺やラッタルなどのディテールアップの様子をご紹介します。

17113001_2017113023421559b.jpg
まずはマストと通風塔を取り付けました。これらのパーツも船体などの主要部分と同じく、塗装は黒で立ち上げ、オキサイドレッドを重ねて下地としています。

17113002_2017113023421627e.jpg
なお、今回のフジミの1/700『ぶら志る丸』の製作に置いては、ブリッジ後部の構造物に(なぜか?)大きな開口部が出来てしまいました。前回、姉妹船の1/700『あるぜんちな丸』を製作したときにはこのような開口部は生じなかったので、ひょっとしたら後のロットで改善されたのかもしれません。

17113003_20171130234218216.jpg
いずれにしても、ここが開口しているのは不自然ですので、プラ板を張って修正しました。(簡単に解決できる問題で良かったです)

17113004_20171130234219796.jpg
続いては救命ボートの取り付けです。客船には非常に多くの短艇が搭載されているので、どの部分にどのボートを取り付けるのか? 間違いのないように注意する必要があります。

17113005_2017113023422210e.jpg
『ぶら志る丸』の救命ボートは、船首から船尾にかけての広い範囲に搭載されている為、取り付け前と取り付け後では随分印象が変わりました。

17113006_20171130234223cce.jpg
ボートダビットには、キットに付属のエッチングパーツを使用しました。この客船用ダビットは汎用性が高く、(ハセガワの氷川丸用パーツと同様に)客船模型製作に欠かせないパーツとして愛用しています。

17113007_2017113023422505e.jpg
ダビットの仕上がりは非常にシャープなうえにアフターサービスでの請求価格も安く、重宝しています。

17113008_20171130234225b78.jpg
ちなみに写真奥は、以前に製作した姉妹船の『あるぜんちな丸』です。『ぶら志る丸』との外観上の違いはほとんどありませんが、じっくり見比べると救命ボートの配置が若干異なっている事が分かります。

17113009_20171130234227f7d.jpg
手すりやラッタルなどは、純正の別売りエッチングパーツを使用しましたが、これだけでは足りない部分がありますので、あとは汎用パーツを使用して補填しました。

17113010_2017113023422928e.jpg
船尾のフライングデッキやマスト基部の手摺などは、汎用パーツによる処理です。あとはデカールと張り線などを加えるのみですので、明日は完成写真をご紹介します。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

■メディア掲載情報
┣ モデルアート社出版『月刊 MODEL Art 2018年1月号』に、ピットロードコンテスト金賞受賞作品掲載
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo66』に、1/500一等巡洋艦『吾妻』作例と実艦解説記事掲載
┣ イカロス出版『艦船プラモカタログ2017』に、1/700航空母艦『CV-7 ワスプ』作例記事掲載
┣ イカロス出版『艦船プラモカタログ2018』に、1/700艦船模型作例記事掲載予定。(12月25日発売)
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo67』に艦船模型作例記事掲載予定。(来年2月15日発売)
┗ モデルアート社出版『月刊 MODEL Art 2018年4月号』に1/700艦船模型作例記事掲載予定。(来年2月26日発売)

モデルファクトリーハイギヤードが主催する
艦船模型と飛行機模型の完成品販売webショップ『CHERRY&ANCHOR』
(2017年11月24日、1/200戦艦『三笠』ほか、艦船模型作品2点新入荷!)
↓↓↓
crbana.jpg

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(2017年9月1日更新!取引例に10作品追加! 現在計346作品掲載中)
↓↓↓
mfhbana.jpg

up01.jpg
■受賞のおしらせ
┣ このたび 『第28回ピットロードコンテスト』におきまして、HIGH-GEARedこと渡辺真郎製作の
┃ 港湾ジオラマ作品 『Port of Yokohama 1930s』が、金賞を受賞いたしました。
┣ 当工房をご利用頂いているお客さまをはじめとして、ブログやサイトなどで作品をご覧頂いている模型
┃ ファンの皆さまの日ごろの応援に感謝すると共に、これからも更なる発展と技術向上&模型情報の
┃ 発信に努めて参りますので、引き続き、当工房と当ブログをよろしくお願い申し上げます。
┣ 作品写真は後日、当ブログにおいても発表を予定しておりますが、下記『鳶色の会』公式サイトに
┃ おきまして先行公開しておりますので、 ご興味のございます方は是非ご覧くださいませ。
┣ 鳶色の会 公式サイト: https://tobiiro.jimdo.com/
┗ 第28回ピットロードコンテスト結果: http://pit-road.jp/?info=2017contprize


■次回模型展示会参加のお知らせ
┣ 『奈良模型愛好会 第9回春展』
┣ 開催日時:平成30年春頃予定
┗ 詳細が決まり次第、告知いたします
プロフィール

HIGH-GEARed

Author:HIGH-GEARed
奈良市在住、スケールモデル販売業者「モデルファクトリーハイギヤード」の製作担当兼代表をしております。

また、渡辺真郎の名前で『月刊モデルアート』、『艦船模型スペシャル』等の模型雑誌の作例記事や考証記事を書かせていただいております。

このところ、無記名のコメント(名無し、通りすがり)などが増えております。HN記載のない投稿は全て削除しますので、ご注意ください

インターネット上とはいえ、人間同士の交流の場としてコメント欄を公開しておりますので、マナーをお守りいただき、フェアなお付き合いをよろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR