1/350航空戦艦『伊勢』製作記 その7(完成)

艦船模型製作代行のご依頼を受けて製作していた、フジミの1/350航空戦艦『伊勢』が無事に完成しました。

本日は完成写真をご紹介します。

hashiyamasama40.jpg
フジミ1/350航空戦艦『伊勢』、左舷前方からの全景。4基8門の主砲塔と、船尾に備えられた巨大な飛行甲板と格納庫こそ、本級最大の見せ場です。

hashiyamasama41.jpg
右舷からの全景。戦艦ならではの砲戦能力と高い航空機運用能力を併せ持った航空戦艦ならではの勇姿です。ディティールアップには、フジミから発売されている純正エッチングパーツ二種と木製甲板シールを使用しました。

hashiyamasama42.jpg
船首側から見上げアングルで撮影してみました。往年の実艦のイメージを思わせるこの撮り方は、個人的にもたいへん気に入っています。

hashiyamasama43.jpg
後部の飛行甲板には、キットに付属の『彗星』と『瑞雲』をそれぞれ二機ずつ搭載しました。

hashiyamasama44.jpg
錨鎖甲板から第一、第二主砲塔、艦橋にかけての様子。9mカッターが砲身のすぐ近くに配置されている点が印象的です。

hashiyamasama45.jpg
艦橋は非常に太くてマッシブな印象を受けます。対空機銃も多数装備され、その姿はさながら海に浮かぶ防空砲台と言った印象です。

hashiyamasama46.jpg
後部には多数のラッタルが折り重なり、密度を感じさせてくれます。余談ですが、大戦末期の呉空襲によって大破着底した伊勢の艦橋は戦後に撮り外され、陸上に置かれていたときに家を失った4世帯が住みついたと言われています。

hashiyamasama47.jpg
煙突にも多数の機銃が配置され、さながらフラックタワーのような印象を受けます。隙間なく並べられた搭載艇からも、軍艦ならではの機能美が伝わってきます。

hashiyamasama48.jpg
3番、4番主砲塔は煙突と格納庫に挟まれた谷の中に備えられています。左右両舷には巨大な一式二号射出機もあるので、射界はさぞ狭かったのではないでしょうか?。

hashiyamasama49.jpg
飛行甲板には建築模型のスキルを生かしてコンクリート舗装を模した塗装を行いました。搭載機の滑走車についても現在では研究が進んでいますが、今回はシンプルに純正エッチングセットに付属のものをそのまま使用しています。また、搭載機の繋止位置も、本来は旋回盤上が正しいのだと思われますが、今回は見た目のバランスを考えて少しズラした位置としました。



当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつも投票いただきありがとうございます)

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(現在受注が集中しているため、製作開始およびお届けにお時間を頂いております)
↓↓↓
mfhbana.jpg
スポンサーサイト

1/350航空戦艦『伊勢』製作記 その6

艦船模型製作代行のご依頼を受け、フジミの1/350航空戦艦『伊勢』を製作中です。

本日は艦橋の製作の様子をご紹介します。

15071701.jpg
製作はまずフロアごとに組み立て、下から順番に積み上げていく方法で行いました。伊勢が航空戦艦になった時には艦橋周りの可燃物の撤去が行われていた可能性が高いので、今回は床面のリノリウムの塗り分けは行っていません。単色での仕上げということで本来なら地味な仕上がりになってしまうところですが、機銃などが増設されてフロアごとの造型が複雑化していることもあって意外と賑やかなイメージに仕上がりました。

15071702.jpg
司令塔から羅針盤艦橋周りを組み立てている様子。フジミの伊勢の艦橋には合計4本の支柱を通すとこになるのですが、まずは中心に立つ主檣(マスト)を垂直に立て、順番に上層のフロアを重ねて行きました。

15071703.jpg
ワンフロアを重ねるごとに、ラッタルなどを取り付けていきます。写真のフロアの後部にある密閉式の構造物は作戦室で、前後左右4箇所の張り出しは25mm三連装機銃の銃座です。ここから上のフロアの位置決めは、主檣に加えて二本の支柱(ストラット)をその都度仮組みしながら進めていきました。

15071704.jpg
艦橋前面の二層に別れた見張り所は、下側が下部見張り所、上側が見張り指揮所です。写真にははっきり写っていませんが、このフロアの背面にはクレーンの操作部も備わります。

15071705.jpg
戦闘艦橋の様子。このフロアは非常に重要ですので、対空防御用の25mm三連装機銃が4基備えられています。

15071706.jpg
ここはさらにワンフロア上の主砲、副砲測的所&照射指揮所の様子。このあたりには見張り用の双眼望遠鏡がたくさん並んで見ごたえがあります。

15071707.jpg
このフロアには航空戦艦への改装前には副砲射撃指揮所および見張り所が設置されていましたが、改装によって副砲方位盤などが取り払われ、25mm三連装機銃が装備されました(←実はコレ、日本軍艦で最も高い位置に装備された25mm機銃だそうです) 前面の見張り所は兵員待機所として使用されたということですので、機銃要員が詰めていたのかもしれませんね。(高い位置だけに弾運びも大変そうです)

15071708.jpg
最上層はお馴染みの防空指揮所です。伊勢型戦艦は防空指揮所の設置が比較的遅く、昭和16年に新設されました。ラッパ型の22号電探と網状の21号電探も、大戦後期の日本海軍艦艇の特徴的な装備として目立っています。

15071709.jpg
艦橋後部にはクレーンが備わり、無数のラッタルが臨場感を演出しています。隙間なく置かれた艦載艇からも、軍艦ならではの無駄のない機能美が感じられます。

15071710.jpg
こうして無事に完成した艦橋の全景。フジミの伊勢の艦橋パーツはあまり合いがいい方ではありませんでしたが、フロアごとに必要な支柱を仮組みしつつ慎重に位置合わせをした結果、歪み無く綺麗に積み上がってくれました。

15071711.jpg
1/350航空戦艦『伊勢』の全景。張り線も終わったので、あとは25mm機銃と探照灯、スクリューと菊花紋章を取り付ければ完成です。これらの取り付けは艶消しクリアーコーティングのあとに行う予定なのですが、本日は台風の湿気の影響でこの作業ができないため、完成写真の披露は休日明けの21日となりそうです。

1507168.jpg
話題は変わりますが、本日は展示会前の最後のブログ更新となりますので、もう一度宣伝させていただきます。 今週末の日曜日と週明けの祝日月曜日には、 『和歌山プラモデル合同展示会2015 http://www.tim.hi-ho.ne.jp/uesan/tenjikai.html』が開催されます。 

私、HIGH-GEARedもゲストモデラーとして19日の日曜日のみ参加しておりますので、お近くのモデラーの方はぜひお越しくださいませ。(当日はほとんど会場におりますので、お気軽に声をかけてください) 



当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつも投票いただきありがとうございます)

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(現在受注が集中しているため、製作開始およびお届けにお時間を頂いております)
↓↓↓
mfhbana.jpg

1/350航空戦艦『伊勢』製作記 その5

艦船模型製作代行のご依頼を受け、フジミの1/350航空戦艦『伊勢』を製作中です。

本日は後部艦橋とマスト、そして煙突などの製作の様子をご紹介します。

1507151.jpg
フジミの1/350航空戦艦『伊勢』用の『エッチングBセット』には、真鍮挽物の後部マストが含まれているのが嬉しいところです。最近では純正パーツでも主砲身などに金属製の挽物パーツが用意されることが多くなりましたが、マスト関係まで入っている製品はなかなか少ないので貴重です。

1507152.jpg
後部艦橋は見た目は地味ですが、実艦では発着艦指揮所も兼ねていて意外に多機能な設備です。ディティールアップは『エッチングAセット』に含まれる手すりとラッタルの追加のみですが、プラパーツのディティールが元々かなり精密なため、最低限のディティールアップでも充実した仕上がりとなりました。

1507153.jpg
塗り分けが完了し、真鍮挽物のマストを取り付けた様子。写真では背景に溶け込んで少しわかりにくいのですが、ヤードは全て『エッチングBセット』に付属のパーツを使用し、プラでは表現できないシャープなイメージを再現することができました。

1507154.jpg
煙突はトラスの一部とジャッキステー、ファンネルキャップなどがエッチングに変わりました。探照灯および機銃スポンソンの支柱もパーツの合いがよく、エッジも綺麗に出ていてメカニカルな魅力を存分に放ってくれています。

1507155.jpg
塗装後の煙突。この角度で見ると、エッチングのラッタルの立体感が引き立ちます。探照灯のレンズは(つや消しクリアーでコーティングする工程で曇らせないように)最後の仕上げの段階で取り付ける予定です。

1507156.jpg
製作が遅れていた内火艇も無事に完成し、全ての艦載艇の搭載を完了しました。こうして見ると、伊勢の搭載艇はバラエティに富んでいてなかなか見ごたえがあります。

1507157.jpg
残す作業も残り少なくなり、艦橋の製作と対空機銃の取り付け、張り線が終わればほぼ完成です。 明日からはいよいよ艦橋の製作となりますが(少々時間がかかりそうですので)、明日は伊勢の製作記からは一旦離れてプライベートで製作中のカーモデルをご紹介します。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつも投票いただきありがとうございます)

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(現在受注が集中しているため、製作開始およびお届けにお時間を頂いております)
↓↓↓
mfhbana.jpg

1/350航空戦艦『伊勢』製作記 その4

艦船模型製作代行のご依頼を受け、フジミの1/350航空戦艦『伊勢』を製作中です。

本日は昨日の記事に引き続き、甲板上の構造物の取り付けの続きをご紹介します。

1507141.jpg
艦橋などの目立つ構造物が増えていないので昨日の写真とあまり変わり映えがしませんが、こなした作業量はかなり多いので、工程面ではかなり進展しました。

1507142.jpg
錨鎖はキットに付属の精密チェーンを取り付け、先に製作してあった9mカッターと主砲塔などを取り付けました。ウインチや通風塔、ホーサーリールなどは取り付け前に個別に塗装を行いました。

1507143.jpg
第三、第四主砲塔付近。この部分は船首楼甲板と後部艦橋&飛行機格納庫に挟まれた谷になっていて模型的には見ごたえがあるのですが、実際には主砲の射角が著しく制限されるため、使い勝手はあまり良くなかったのではないかと想像します。

1507144.jpg
搭載艇も現状で完成しているものは全て搭載を完了しましたが、実際にはまだ内火艇が2隻未完成ですので明日以降に製作して取り付ける予定です。

1507145.jpg
明日には後部艦橋の製作を中心に、製作の続きをご紹介させていただく予定です。



当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつも投票いただきありがとうございます)

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(現在受注が集中しているため、製作開始およびお届けにお時間を頂いております)
↓↓↓
mfhbana.jpg

1/350航空戦艦『伊勢』製作記 その3

艦船模型製作代行のご依頼を受け、フジミの1/350航空戦艦『伊勢』を製作中です。

本日は航空関係の装備品の製作の続きをご紹介します。

1507131.jpg
伊勢型航空戦艦の飛行甲板はコンクリート張りだったと言われていることから、まずは全体に外舷色を塗装し、飛行機運搬軌条と旋回盤をマスキングしてコンクリート色を塗り重ねました。軌条は0.8ミリ幅の細切りマスキングテープ、旋回盤はサークルカッターで円形に切り抜いたテープを使用しました。伊勢型戦艦の飛行甲板は非常に巨大で規則的なパターンの軌条が埋め込まれているため、塗り分けが歪んでしまうとたいへん見苦しくなってしまいます。(そのため、マスキング作業には細心の注意を払いつつ慎重に仕上げました)

1507132.jpg
塗り分けの終わった飛行甲板。コンクリートの風合いは単色で再現するのは不可能に近いので、数色を交互に吹き重ねて再現しました。

1507133.jpg
コンクリート甲板のクローズアップ。私は独立前、建築模型製作会社に勤めてましたのでコンクリートやアスファルトの塗装表現には自信があります。艦船模型の世界では伊勢型航空戦艦くらいにしか生かせないスキルですが、昔取った杵柄が役に立つ時が来るのは嬉しい限りです。

1507134.jpg
伊勢型航空戦艦の射出機は重量のある瑞雲を射出するために従来の呉式2号ではなく、より大型の一式2号11型射出機が採用されていました。伊勢型航空戦艦を代表する装備だけあってフジミの純正エッチングはパーツ数も多く、側面トラスを二重に重ねる仕組みになるなど凝った設計がなされていました。

1507135.jpg
シェルター甲板に高角砲(と砲座)、最上甲板外周の手すりなども付いて、ようやく伊勢型航空戦艦独特の艦容が見えてきました。

1507136.jpg
船首付近の様子。錨鎖導板はフジミ純正の木製甲板シールに付属のエッチングで、通風塔、ホーサーリール、ウインチなどの取り付けはまだこれからです。

1507137.jpg1
艦載艇の架台(ボートクラッチ)はフジミ純正のエッチングに交換しました。この手のパーツはたまにキットパーツの船底形状にぴったり合わない(←キールがはまらないなど)ことがあるのですが、フジミの伊勢のパーツは問題なく合いました。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつも投票いただきありがとうございます)

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(現在受注が集中しているため、製作開始およびお届けにお時間を頂いております)
↓↓↓
mfhbana.jpg
プロフィール

HIGH-GEARed

Author:HIGH-GEARed
奈良市在住、スケールモデル販売業者「モデルファクトリーハイギヤード」の製作担当兼代表をしております。

また、渡辺真郎の名前で『月刊モデルアート』、『艦船模型スペシャル』等の模型雑誌の作例記事も書かせていただいております。

「プロモデラーの人ってどんな生活をしているの?」という疑問に少しでもお答えできるよう、業務日記と日常日記を織り交ぜた内容でお届けしております。

当ブログの作品紹介はホームページの補助的な役割で活用しており、ホームページの方をメインとして、模型作例を多数掲載しております。 ぜひご覧ください。

HIGH-GEARed HOBBY WORKS!!
↓↓↓
http://nabeck.web.fc2.com/

模型製作ご依頼はこちら(お気軽にお問い合わせください)
↓↓↓
http://nabeck.web.fc2.com/hg-mdf.htm

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR