1/350戦艦『長門 レイテ沖海戦時』完成



艦船模型製作代行のご依頼品として、今年最後の作品となるハセガワの1/350戦艦『長門』 レイテ沖海戦時が完成しました。

以下、詳細画像になります。

yanosama01.jpg
ハセガワ1/350戦艦『長門』レイテ沖海戦時。右舷前部からの全景。当工房ではこれまで、開戦時の長門と陸奥は幾度となく製作してきておりますが、レイテ沖海戦時の長門は初めての製作となります。

yanosama02.jpg
ハセガワ1/350戦艦『長門』レイテ沖海戦時。左舷後部からの全景。開戦時との違いは、25mm機銃を大幅に増備していることのほかに、21号、22号、13号などの各種電探を装備している点です。キット的には、機銃座や艦橋周りの防弾用の
マントレット再現用のパーツが付属していることが特徴的です。

yanosama03.jpg
艦橋部のクローズアップ。ディティールアップはお客様のご指定でハセガワの『1/350戦艦長門級 ディティールアップ エッチングパーツ ベーシックA』『1/350戦艦長門級 ディティールアップ エッチングパーツ ベーシックB』『1/350 戦艦 長門級ディティールアップパーツ スーパー』の3種類と『戦艦 長門 レイテ沖海戦用 木製甲板』を使用しています。ハセガワのパーツセットには艦橋窓枠のエッチングパーツは含まれていないので、窓はクリアーパーツでの再現となります。

yanosama04.jpg
錨鎖甲板と第一、第二主砲塔付近の様子。主砲身はディティールアップパーツ『スーパー』に付属の真鍮挽物砲身です 最上甲板の外側に並ぶ25mm単装機銃には、全て環型照準器と肩当てのエッチングパーツを取り付けました。

yanosama05.jpg
長門型戦艦特有の重厚な艦橋の様子。各フロアの床面はリノリウムとグレーチング部分の塗り分けを行い、信号旗は戦艦長門の船名符字となるJGIAを掲揚しました。

yanosama06.jpg
後部艦橋と航空作業甲板の様子。搭載機は海戦時とは異なり、零式観測機を搭載しています。短艇甲板に置かれているカバーを被せた9mカッターは、ディティールアップパーツ『スーパー』に付属のレジンパーツです。

yanosama07.jpg
別角度から見た様子。ハセガワのディティールアップパーツ『ベーシック』の2種は、長門の開戦時に合わせた設定となっているため、レイテ沖海戦時の長門には合わない部分もいくつかあるのですが、補填用のエッチングがキットにちゃんと付属しており、ハセガワならではの細やかな心配りを実感しました。

yanosama08.jpg
後部の様子。両舷には舷梯をおろしてアクセントとしました。応急舵も付属し、機銃が増えたこともあって船尾周りの造形が複雑化しています。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!

↓↓↓
mfhbana.jpg

モデルファクトリーハイギヤードが主催する
艦船模型と飛行機模型の完成品販売webショップ『CHERRY&ANCHOR』
↓↓↓
crbana.jpg
スポンサーサイト

1/350戦艦『長門 レイテ沖海戦時』製作中 その2


艦船模型製作代行のご依頼をうけ、1/350戦艦『長門』のレイテ沖海戦時を製作中です。

本日は製作記の2回目をご紹介します。

1412261.jpg
前回の製作記から間が空いてしまいましたので急に進んだように見えますが、現在の状況は船体がおよそ完成し、甲板上には主砲塔と煙突が乗りました。短艇類と飛行機も完成し、端艇の一部は既に甲板上に配置しています。

1412262.jpg
船首周りの様子。錨鎖はまだ取り付けていませんが、通風筒や機銃ブルワーク用の土嚢などは既に取り付け済です。第二、第三砲塔上の機銃座は、模型仲間のスケトウダラさんから、説明書通りの穴あけでは接着部分が合わないと聞いていたので、穴あけなしにて取り付けました。

1412263.jpg
煙突は、お客様から御持込いただいたハセガワのディティールアップパーツの「ベーシックB」のパーツをメインにディティールアップを施しました。短艇類はプラパーツは同じくハセガワの『スーパー』のエッチングを使用し、9mカッターはレジンパーツに交換しています。

1412264.jpg
船尾付近の様子。主砲塔の主砲身は、ハセガワの『スーパー』に付属の真鍮挽物砲身に交換し、(写真には写っていませんが)大量の機銃類も既に完成しています。予定では年内ぎりぎりの完成を目指しておりますので、週明けのブログ更新の際には、完成が近づいた姿をご紹介できると思います。

1412266.jpg
余談ですが、今年の年賀状は4デザインで合計108枚を書きました。お客様やご交流をいただいている皆様宛に投函を済ませましたので、平成27年もよろしくお願い申し上げます。

当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!

↓↓↓
mfhbana.jpg

モデルファクトリーハイギヤードが主催する
艦船模型と飛行機模型の完成品販売webショップ『CHERRY&ANCHOR』
↓↓↓
crbana.jpg

1/350戦艦『長門 レイテ沖海戦時』製作中 その1


本日は旅のレポートの続きをご紹介する予定でしたが、外出予定との兼ね合いで時間がないため、製作中の作品をご紹介します。

艦船模型製作代行のご依頼をうけ、1/350戦艦『長門』のレイテ沖海戦時を製作中です。

本日までに、船体の製作がほぼ完了しましたのでご紹介します。

1412221.jpg
甲板はお客様のご希望で木製甲板シールを使用しています。(写真は貼り付け前の仮置き状態です)

1412222.jpg
大戦後期の日本艦艇の特徴でもある、舷窓閉鎖は、エッチング貼り付けにて再現しております。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!

↓↓↓
mfhbana.jpg

モデルファクトリーハイギヤードが主催する
艦船模型と飛行機模型の完成品販売webショップ『CHERRY&ANCHOR』
↓↓↓
crbana.jpg

1/350戦艦長門2 完成

艦船模型製作代行のご依頼を受け、製作していた今年2隻目の1/350戦艦『長門』が完成しました。

hashiyamasama27.jpg
製作内容はハセガワのキットにホワイトエンサインのエッチングパーツとマスターモデルの金属砲身および、新選組製木甲板を取り付け、張り線を施したものになります。

hashiyamasama28.jpg
外舷色はタミヤカラーの呉海軍工廠色で、オキサイドレッドの下地に、スプレー缶から取り出した塗料をエアブラシ塗装しました。

hashiyamasama29.jpg
ハセガワ1/350戦艦長門。右舷および左舷からの全景です。ディスプレイケースにはWing&RailModelsNet製を使用し、ホワイトオーク製台座に真鍮製飾り足で固定しました。

hashiyamasama30.jpg
1/350戦艦長門。船首から煙突付近のクローズアップ。ホワイトエンサインのエッチングパーツは、ハセガワ純正パーツにはない艦橋窓枠のエッチングが含まれるので、重宝しています。

hashiyamasama31.jpg
1/350戦艦長門。煙突から船尾にかけてのクローズアップ。マストのクロスツリーや射出機などに、エッチングパーツでのディティールアップ効果を見ることができます。

hashiyamasama32.jpg
長門型戦艦の象徴とも言える主砲塔の様子。砲身にはマスターモデルのアルミ製挽物砲身を使用し、エッチングパーツを使用して外筒砲関係の装備も再現しました。また、ラッタルはホワイトエンサイン製に交換することで、踏み板の間が抜けた形状を再現しています。

hashiyamasama33.jpg
堅牢な前部艦橋の全体像。ハセガワの1/350長門型戦艦は艦橋の造形が大変美しく、精度も高いので、丁寧な作業を心がけました。

hashiyamasama34.jpg
1/350戦艦長門。前部艦橋および煙突、後部艦橋の三大構造物を左舷から見た様子。ハセガワキットのカッチリした造形からは、実物の長門型戦艦の威容を偲ばれます

hashiyamasama35.jpg
前部艦橋は少し後ろから見ると、前から見た時とはまた違う頼もしさに溢れています。煙突まわりの探照灯架台はホワイトエンサインのエッチングによるもので、組立難易度は高めですがトラス構造を薄く見せることができるので、大変効果的です。

hashiyamasama36.jpg
1/350戦艦長門。航空作業甲板と搭載機、メインマストなどの様子。搭載機となる九五式水上偵察機は、「飛行機のハセガワ」の製品だけあって、大変実感的です。

hashiyamasama37.jpg
煙突と後部艦橋の谷間に設置される短艇類も、ハセガワパーツの精度の良さが生かされています。25mm機銃はお客様のご希望で防盾&環型照準器取り付け状態とし、舷側の副砲の砲身には、マスターモデルの真鍮砲身を使用しました。

hashiyamasama38.jpg
1/350戦艦長門。船尾の様子。作品は全体的に艶を消していますが、スクリューやスクリューシャフト、そして菊花紋章などの金属感が求められる部分は、あえて艶有りのままとしました。



当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!

↓↓↓
mfhbana.jpg

モデルファクトリーハイギヤードが主催する
艦船模型と飛行機模型の完成品販売webショップ『CHERRY&ANCHOR』
↓↓↓
crbana.jpg

1/350戦艦長門製作中2-5

艦船模型製作代行のご依頼を受け、今年2隻目の1/350戦艦『長門』を製作中です。

hashiyamasama23.jpg
本日は前部艦橋の製作過程をご紹介します。ハセガワの1/350戦艦長門は艦橋内部のディティールが素晴らしいので、一層ずつ丁寧に塗り分けました。窓枠その他のエッチングパーツは、ホワイトエンサインモデルズのパーツによるもので、英文説明書を翻訳しながら組み上げないといけない難しさはありますが、ツボを押さえたパーツ選択となっているため、これ1セットだけでも充分なディティールアップが行えます。

hashiyamasama24.jpg
組立の完了した前部艦橋。長門型戦艦独特の重厚な機能美が楽しめます。なお、25mm連装機銃はお客様のご希望により、防盾&環型照準器付きとしました。ハセガワの25mm連装機銃用の環型照準器のエッチングパーツは設定がないので、三連装機銃用の環型照準器エッチングを切り取って取り付けました。

hashiyamasama25.jpg
船体やその他の装備類、手摺なども既に取り付けを完了したので、残す作業はデカールと張り線、台座への取り付けを残すのみで、今夜中には完成できそうです。明日は完成写真をご紹介予定ですので、艦船や模型にご興味のございます方は、ぜひご覧ください。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!

↓↓↓
mfhbana.jpg

モデルファクトリーハイギヤードが主催する
艦船模型と飛行機模型の完成品販売webショップ『CHERRY&ANCHOR』
↓↓↓
crbana.jpg
プロフィール

HIGH-GEARed

Author:HIGH-GEARed
奈良市在住、スケールモデル販売業者「モデルファクトリーハイギヤード」の製作担当兼代表をしております。

また、渡辺真郎の名前で『月刊モデルアート』、『艦船模型スペシャル』等の模型雑誌の作例記事も書かせていただいております。

「プロモデラーの人ってどんな生活をしているの?」という疑問に少しでもお答えできるよう、業務日記と日常日記を織り交ぜた内容でお届けしております。

当ブログの作品紹介はホームページの補助的な役割で活用しており、ホームページの方をメインとして、模型作例を多数掲載しております。 ぜひご覧ください。

HIGH-GEARed HOBBY WORKS!!
↓↓↓
http://nabeck.web.fc2.com/

模型製作ご依頼はこちら(お気軽にお問い合わせください)
↓↓↓
http://nabeck.web.fc2.com/hg-mdf.htm

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR