1/350戦艦『三笠』完成

艦船模型製作代行のご依頼をいただいて製作していた、ハセガワの1/350戦艦『三笠』が無事に完成しました。

本日は完成画像を御紹介します。

sakamotosama14_201508041119110b1.jpg
ハセガワ1/350戦艦『三笠』(日本海海戦時)の全景。今回はお客様の強いご希望により、『フルハルモデルの船底を残した状態での洋上モデル』という、当工房では初となる極めて珍しい作風での完成となりました。(吃水線下の構造および工程につきましては後述しますので、興味をお持ちの方はご覧ください)

sakamotosama15.jpg
ハセガワ1/350戦艦『三笠』、左舷後部よりの全景。舷梯左舷部にはお客様のご希望により水雷艇を接舷させ、御指定いただいた水密扉の開口なども行いました。

sakamotosama16.jpg
低いアングルで見る『三笠』の姿は洋上モデルそのものですが、実際には船底を残しているため、吃水線下後部にはスクリューの煌めきを見る事ができます。

sakamotosama17.jpg
ディティールアップに使用したパーツはお客様よりお持ち込み頂いた、ハセガワの『三笠ディティールアップパーツ ”ベーシック”』と『三笠ディティールアップパーツ ”スーパー”』、ライオンロアの『RS3510 1/350 日本海軍 戦艦 三笠用 ディテールアップパーツセット リニューアル版』、エデュアルドの『EDU53012 1/350 三笠 エッチング 』の4種です。

sakamotosama18.jpg
船首の様子。左舷の主錨はお客様のご希望で降ろした状態とし、ハセガワのエッチングパーツに付属している乗組員フィギュアを配置しました。 乗組員の配置は『戦闘配置ではなく、日常の雰囲気で』という御指定を頂いたので、ほどよい密度に調整しました。

sakamotosama19.jpg
右舷の主錨はアンカーベッドに固定しています。艦橋やマスト、砲身など、どの部分にどのメーカーのパーツを使用するのかについてはお客様より細かいご指示がありましたので、ご要望に従って忠実に仕上げました。

sakamotosama20.jpg
1/350戦艦『三笠』。船体中央部の煙突および甲板付近の様子。速射砲甲板は短艇が覆い隠してしまって完成後にはあまり見えないのですが、前ド級艦特有の構造美のある場所ですので丹念に仕上げました。(副砲身はライオンロア、キャットウォークと砲口の扉にはハセガワのパーツ、キセル型通風塔のカバーにはエデュアルド製のパーツなどを使用しています)

sakamotosama21.jpg
船尾周り。写真には写っておりませんが、お客様のご希望で左舷のスターンギャラリーの扉を開口し、東郷平八郎司令長官をイメージした士官フィギュアを立たせました。(後部甲板中央付近の長官専用昇降口も開口し、扉を上げた状態としました) なお旭日旗は、停泊中は船尾旗竿のみに掲げられる決まりですので、メインマストの旗は省略しています。

sakamotosama22.jpg
空中線の取り回しは黒背景だと見えづらいので、白背景での撮影を行いました。三笠は張り線の本数が非常に多く、(例えば煙突一本につき12本もの支索の取り付けが必要になりますが)そ作業量も多くなりがちですが、その分完成した時の見栄えは大変美しいものです。

sakamotosama24.jpg
今回はお客様より多くの製作指示を頂き、冊子にまとめた要望書を多数ご送付いただきました。

sakamotosama26.jpg
その中で特に大きな挑戦となったのが、この写真でご紹介している硬質アクリル製の海面ボードを使用した『海面および海中の表現』です。 フルハルモデルの船底を残したまま洋上モデルとして仕上げるためには海面ボードを船体の平面形に合わせて切り抜き、吃水線の高さを現物合わせて慎重に調整する必要があるため、今回の製作ではこの作業に労力の大半を費やすことになりました。

sakamotosama25.jpg
海面ボードの厚さ3ミリもあるので切り抜きは少々苦労しました。断面は切りっぱなしでは見栄えが良くないので丁寧に磨きあげて透明感のある仕上げとしています。

sakamotosama23.jpg
クリアーブルーのアクリル板を介して見る海底の錨とスクリュープロペラの様子。当初の予定では、主錨の下には岩に見立てたモジュールを配置する予定でしたが、座礁しかねない浅さとなってしまうため お客様とご相談の上で省略を行いました。


今回の戦艦『三笠』では、これまでの艦船模型製作の中でも未経験だった新たな表現をさせていただき、個人的にも大変ためになる経験をさせていただきました。 完成まで長くお待たせすることになりましたが、当工房を信用して長くお待ちいただきましたお客様にはこの場を借りて、心より感謝を申し上げます。

また、当製作記をご覧いただきました模型ファンの皆さまも長い製作記をお読みください、ありがとうございました。

なお、次回の製作品は1/350航空母艦『赤城』を予定しております。 

当工房でこれまで製作して参りました1/350航空母艦『赤城』の中でも最も手間のかかった作品となる予定ですので、空母モデルにご興味のございます方は、製作の様子などをぜひご覧くださいませ。



当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつも投票いただきありがとうございます)

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(現在受注が集中しているため、製作開始およびお届けにお時間を頂いております)
↓↓↓
mfhbana.jpg
スポンサーサイト

1/350戦艦『三笠』製作記 その9

艦船模型製作代行のご依頼をいただき、ハセガワの1/350戦艦『三笠』を製作中です。

本日は三笠の製作もいよいよ仕上げの段階ということで、製作内容のご紹介としては最後の更新となります。

1508031.jpg
三笠の製作で、残す大物はマストのみです。ハセガワの三笠は素組みでも充分充実したディティールが楽しめますが、今回はお客様のご希望でライオンロアのエッチングパーツをメインに使用したディティールアップを行いました。(ライオンロアパーツでは補填できないヤードのフットロープとラッタルにはハセガワ製、探照灯の床の部分はエデュアルドのエッチングを使用しています)

1508032.jpg
ハセガワのディティールアップパーツ『ベーシック』と『スーパー』に含まれているフィギュアの配置も行いました。今回はお客様のご希望で「戦闘状態ではなく、停泊中を再現するように」とのご指摘をいただいておりますので、密度があまり高まりすぎないように配慮しました。

1508033.jpg
船尾周りの様子。船体などは基本的に艶消し仕上げとしていますが、スクリューや菊花紋章などは敢えて艶を残してメリハリのある仕上げとしました。また、探照灯はハセガワのディティールアップパーツ『スーパー』に付属のクリアーパーツを使用し、反射鏡をシルバーに塗装&レンズを塗り残す方法で透明感と奥行き感を演出しました。

1508034.jpg
左舷の主錨は降ろした状態をご希望いただきましたので、アクリルケースのベースに直置きしました。まずは海面ベースなしの状態で位置を決め、錨本体と鎖を先に接着しておきます。

1508035.jpg
続いて海面ベースを固定し、先ほど錨から伸ばした鎖を錨鎖孔に接着しました。瞬間接着剤の効果促進剤を使用したため、写真では錨鎖孔の周りが白化していますが、これはのちほどタッチアップにて修正しました。

1508036.jpg
船尾の吃水線上下を真横から見た様子。まさに海中のスクリューのイメージそのままです!今回はお客様のご希望で初めて海面ベースに船体をはめ込む表現に挑戦させて頂いたのですが、吃水線、舷梯の高さともに非常に満足のいく結果となりました。

1508037.jpg
旗竿はこちらもお客様のご希望で二種類の太さの真鍮線を組み合わせて自作しました。今回は張り線にメタルラインを使用しているので、旗竿も張り線自体も接着強度を充分に持たせるよう、努力しました。

1508038.jpg
張り線の太さは旗用のロープとメインの空中線とで太さを使い分けました。(お客様のご希望で若干のたるみを持たせています) 三笠は張り線が多いため作業量が多くなりがちですが、模型映えを狙うにはたいへん効果的です。

明日は、三笠の完成写真を御紹介します。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつも投票いただきありがとうございます)

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(現在受注が集中しているため、製作開始およびお届けにお時間を頂いております)
↓↓↓
mfhbana.jpg

1/350戦艦『三笠』製作記 その8

艦船模型製作代行のご依頼をいただき、ハセガワの1/350戦艦『三笠』を製作中です。

本日はカッターや内火艇などの搭載艇と艦橋周りの製作を行いましたので、その様子をご紹介します。

1507311.jpg
汽艇はライオンロアのパーツセットにのみスクリューと舵が含まれていたので取り付けました。ハセガワの短艇は汽艇、カッターを問わず、全て取り付け架台(ボートクラッチ)が一体成型されているのですが、今回はそれらもエッチングに換えるために削り取りました。

1507312.jpg
カッターの方は模型映えを意識して内側の塗装にメリハリを持たせました。オールと舵はこの時点ではまだ取り付けていませんが、それらにはハセガワのパーツセットに付属のものを使用しています。

1507313.jpg
完成した短艇類。左下に写っている水雷艇は(お客様のご希望で)タミヤ製の艦載艇セットの中から選んで製作した17m水雷艇です。この水雷艇は海面に浮かんでいる状態を想定して海面ボードに貼りつけられるように吃水線下を切り取る処理を行いました。

1507314.jpg
短艇類は現在の記念艦『三笠』ではほとんど積まれていませんが、実際には最上甲板よりワンフロア上に隙間なく並べられます。煙突、通風塔、速射砲などがびっしりと並ぶ様子は圧巻の一言ですね。

1507315.jpg
ダビットと短艇を繋ぐフックなどにはライオンロアのエッチングを使用し、縄梯子も再現しました。短艇と短艇の間に設置された速射砲やラッタルなども、実艦のメカニカルな魅力を演出しています。

1507316.jpg
艦橋はライオンロアのエッチングパーツを組み立てました。エッチングの艦橋を使用すれば、窓から見える壁の断面の厚みを薄く見せることが出来、大幅な実感アップに繋がります。

1507317.jpg
こちらは後部甲板から海面に降りるための舷梯で、今回はハセガワのパーツを組み立てて使用しました。

1507318.jpg
舷梯取り付け後の様子。船尾のスターンギャラリーも含めて、このような『人の動き』を実感させるディティールアップは個人的にも気に入っています。

1507319.jpg
舷梯の高さを見るために、改めて自作の穴開け海面ボードに差し込んでみたところ、予想していたより吃水が少し深くなってしまっていたので、このあと船体の高さを0.5ミリほど上げて舷梯と水面が面位置になるように調整しました。

1507310.jpg
舷梯に先ほど製作したタミヤの水雷艇を仮置きしてみた様子。1/350戦艦『三笠』の製作も残すはマストと張り線、乗組員フィギュアの設置と海中に降ろした錨の再現のみとなりました。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつも投票いただきありがとうございます)

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(現在受注が集中しているため、製作開始およびお届けにお時間を頂いております)
↓↓↓
mfhbana.jpg

1/350戦艦『三笠』製作記 その7

艦船模型製作代行のご依頼をいただき、ハセガワの1/350戦艦『三笠』を製作中です。

本日は速射砲、ラッタル、艦橋基部とデッキ外周の手摺の取り付けなどを行いました。

1507301.jpg
まずは短艇甲板や艦橋基部に取り付けられる3インチ速射砲です。この時代の艦船を象徴する装備品で、ハセガワのキットでは二種類の形状が再現されています。

1507302.jpg
ディティールアップには、エデュアルドのエッチングに入っている防盾を使用しました。板状のパーツを箱型に曲げ、ひとつひとつ接着していきます。

1507303.jpg
短艇甲板および艦橋基部に装備された速射砲群。小型のため、威力はそれほどなさそうですが、艦上の隙間という隙間に並べられている様子は、太平洋戦争後期の日本海軍艦艇に積まれた25mm機銃を思わせます。

1507304.jpg
ラッタルはライオンロアのパーツを使用しました。このパーツセットに付属するラッタルは、踏み板を一枚一枚水平に曲げる事で実感的な表現が出来るので気に入っています。

1507305.jpg
前部艦橋のフライングデッキ取り付け後の様子。三笠をはじめとした明治期艦艇は構造物のほとんどが開放式となっているため、ラッタルの構造美が特に際立つ船と思います。

1507306.jpg
後部艦橋周りも同じように無数のラッタルで彩られています。キセル型通風塔のカバーはハセガワの『ディティールアップパーツ”スーパー”』を使用し、床面の給気口カバーにはライオンロアのパーツを使用しました。

1507307.jpg
船尾のスターンウォークはお客様の御指定で水密扉を開口し、東郷長官をイメージした士官フィギュアを立たせました。こうして見ると、スターンの扉は艦上のどの水密扉よりも随分大きく、形状もアーチ型で豪華に作られている事が分かります。

1507308.jpg
スターンギャラリー周りのパーツは、ハセガワ、ライオンロア、エデュアルド、ホワイトエンサインの4種全てに入っているのですが、その中で天幕を再現しているものは、エデュアルドとホワイトエンサインの二種類です。 今回はお客様の御指定で、天幕付きのものを使用しました。(艦名板の『さかみ』の文字も塗り分けました)

1507309.jpg
船首周りの様子。手すりはお客様の御指定でハセガワの手すりを取り付け、アンカークレーンの滑車やチェーンなどにはライオンロアのパーツを使用しました。

1507300.jpg
船体中央部のクローズアップ。余談ですが、実艦の三笠の建造中の写真にもこの画像の様にフライングデッキに艦橋をまだ載せていない状態を写したものがあります。

明日は短艇の仕上げと取り付け、そして艦橋周りの作業の続きを御紹介できればと思います。 三笠製作にご興味のある方は、是非ご覧くださいませ。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつも投票いただきありがとうございます)

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(現在受注が集中しているため、製作開始およびお届けにお時間を頂いております)
↓↓↓
mfhbana.jpg

1/350戦艦『三笠』製作記 その6

艦船模型製作代行のご依頼をいただき、ハセガワの1/350戦艦『三笠』を製作中です。

本日はデッキの装備品の追加と、自作の穴あき海面ボードの組み立て&仮嵌めをしてみました。

1507291.jpg
まずはデッキ中央部の様子です。この部分は一段上のフロアに短艇が置かれるため、完成したらほとんど見えない部分ですが、キットパーツも細部まで作り込まれていて精度の高い部分ですので丁寧に塗り分けを行いました。

1507292.jpg
煙突および通風塔、6インチ砲ケースメイトの仕切りなどを取り付けた様子。『記念艦三笠 http://www.kinenkan-mikasa.or.jp/』を訪れた事のある方でしたら、右側(船尾側)中央部の小部屋は無線室、左側(船首側)左舷は現在、見学者用の男子トイレになっている場所だとお分かり頂けると思います。(ちなみに煙突基部は現在はロッカー室になっています)

1507293.jpg
12インチ連装砲が鎮座する船首部分のクローズアップ。ケーブルホルダーや錨鎖の取り付けは完了しましたが、アンカークレーンや手すりなどの取り付けはまだです。 なお、左舷の錨は海中に降ろした状態を再現する予定なので、現状ではまだ取り付けていません。(降ろした状態の錨の取り付け作業は、作品を台座に取り付ける最終段階で行う予定です)

1507294.jpg
後部甲板の様子。スターンウォーク左舷側の水密扉は開口したので、後ほどプラ板で開いた状態の扉を自作して取り付ける予定です。

1507295.jpg
続いて、艦橋基部のパーツの塗り分けを行いました。木張り甲板はホワイトエンサインのエッチングを使用したもので、サイズが合わない事から左右を1.5mミリずつ切り詰めて貼り付けました。

1507296.jpg
艦橋基部と6インチ砲ケースメイトの外壁の取り付けも完了し、最上甲板のレイアウトが整いました。このキットはフロアや仕切りの構成がとてもリアルですので、実艦訪問を思い出しつつ作業を進める楽しさがあります。

1507298.jpg
自作の穴あき海面ボードも、吃水線下のクリアブルーアクリル板の箱組が完了しました。 3ミリ厚のアクリル板を切り出しているので、強度的にも安心です。

1507299.jpg
試しに三笠と海面ボード、そしてケースの台座の3点を仮組みしてみました。最終的には海底には錨、海面には短艇を配置予定で、舷梯やフィギュアなども追加したジオラマ仕立てとなりますので、いつもとは少し違う仕上げを楽しんでいただけましたら幸いです。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつも投票いただきありがとうございます)

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(現在受注が集中しているため、製作開始およびお届けにお時間を頂いております)
↓↓↓
mfhbana.jpg
プロフィール

HIGH-GEARed

Author:HIGH-GEARed
奈良市在住、スケールモデル販売業者「モデルファクトリーハイギヤード」の製作担当兼代表をしております。

また、渡辺真郎の名前で『月刊モデルアート』、『艦船模型スペシャル』等の模型雑誌の作例記事も書かせていただいております。

「プロモデラーの人ってどんな生活をしているの?」という疑問に少しでもお答えできるよう、業務日記と日常日記を織り交ぜた内容でお届けしております。

当ブログの作品紹介はホームページの補助的な役割で活用しており、ホームページの方をメインとして、模型作例を多数掲載しております。 ぜひご覧ください。

HIGH-GEARed HOBBY WORKS!!
↓↓↓
http://nabeck.web.fc2.com/

模型製作ご依頼はこちら(お気軽にお問い合わせください)
↓↓↓
http://nabeck.web.fc2.com/hg-mdf.htm

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR