1/350航空母艦『赤城』完成 後編

艦船模型製作代行のご依頼を受け、製作していたハセガワの1/350航空母艦『赤城』が無事に完成しました。

本日は完成写真紹介の二回目となります。

muraokasama212.jpg
完成写真紹介二回目の今回は、左舷側のディティールを中心にご紹介します。この写真は船首の見上げアングルで、赤城ならではの複雑なトラス構造を楽しむことができます。

muraokasama213.jpg
艦橋から飛行甲板に並ぶ攻撃隊にかけての様子を望遠気味に撮影してみたところ、なかなか迫力のある絵になりました。乗組員フィギュアはポーズが画一的ですので、甲板上で活動する兵員たちの『生きた情景』を演出するのに苦労しました。

muraokasama214.jpg
船首付近の様子。赤城の重量感をイメージしつつ、全体に水垢と錆び汚れを追加しました。

muraokasama215.jpg
少し中央付近に寄った部分。船首からこの付近にかけては比較的、右舷側と対照的な構造であることがわかります。艦載機は艦橋より後ろに搭載されているため、この部分は木張り甲板の質感を存分に楽しむことができます。

muraokasama216.jpg
艦橋付近。窓の周りに取り付けられたハンモックは、Genuine model製のレジンパーツを一本一本塗装し、地味に取り付けました。愛機に乗り込む直前の搭乗員と、それを見送る乗組員との決意や絆が見えるようなフィギュア配置を目指しました。

muraokasama217.jpg
左舷高角砲甲板は大きく括れた構造になっており、赤城の見所のひとつです。もちろん内部の奥のほうにも兵員フィギュアを複数配置し、できる限りの活動美を演出しました。

muraokasama219.jpg
97式艦攻は考証に従い、水平爆撃隊→雷撃隊の順序で並べています。起倒式マストは水平に倒され、発艦が間近に迫っていることをイメージさせてくれます。

muraokasama220.jpg
艦橋のアップ。乗組員フィギュアを配置すると、いかに艦橋が小さくて狭い場所であったかを実感させられます。なお、艦橋のディティールアップにはベテランモデルのレジンパーツ(双眼鏡、伝声管、探照灯管制装置、探照灯本体etc)を使用して徹底的な精密化を行いました。

muraokasama221.jpg
「--長官、ご覧ください。全員健康!この時に備えてきたのです!--」  艦橋と攻撃隊を一緒に写すと、映画『トラ・トラ・トラ!』の名シーンが蘇ります。 隙間なく並べられた攻撃隊を見ていると、同時に発艦可能な機数の限界であることを実感します。

muraokasama222.jpg
25mm連装機銃も精度を突き詰め、ファインモールド製ナノドレッド350パーツをベースに銃身を真鍮挽き物パーツに植え替え、照準機にハセガワのエッチングパーツを使用しました。

muraokasama223.jpg
攻撃隊の編成は真珠湾第一次攻撃隊の編成を完全に再現したもので、制空隊の零戦21型が9機、水平爆撃隊の97式艦上攻撃機が15機、雷撃隊の97式艦上攻撃機が12機の合計36機となります。尾翼および主翼下の機体番号は数字デカールを一枚一枚貼り付け、資料的に判明しているマーキングを全て再現しました。(判明していない機体番号は連番から抜けている番号を推測で加えました)

muraokasama224.jpg
制空隊の一番機は板谷少佐機、水平爆撃隊の一番機は淵田中佐機です。淵田機は尾翼が赤く塗られているのが特徴です。

muraokasama225.jpg
97式艦攻は爆装と雷装を作り分けています。機体の傍らには3名の搭乗員と1~2名の整備員を配置し、最後の申し合わせを行っている様子を再現しました。

muraokasama226.jpg
飛行甲板最後端の様子。一番機の滑走距離を考えると、本当にギリギリまで後ろに寄せた配置となりました。攻撃隊の勇姿を見ていると、各機が一斉に発動機に点火したときにはいったいどのような爆音が轟いたのだろう?と、想像が膨らみます。


以上で、長きにわたった1/350航空母艦『赤城』製作記は無事に終了です。(ご覧いただきありがとうございました)

なお、今回は戦艦『霧島』の製作記のときと同じように大きな完成写真をアップロードしておりますので、ご興味のございます方は下記アドレスをクリックしてぜひともご覧くださいませ。
↓↓↓
http://nabeck.web.fc2.com/muraokasama002hd.htm

当工房では、この赤城と同スペックの1/350日本海軍航空母艦モデルの製作ご依頼を大募集しております。 ご興味のございます方がおられましたら、下記メールフォームからお気軽にお問い合わせくださいませ。心をこめて対応してまいりますので、よろしくお願い申し上げます。
↓↓↓
http://form1.fc2.com/form/?id=531294



なお、明日の更新は一旦模型から離れて8月プライベートを振り返っての記事となり、明後日からは1/350戦艦『ビスマルク』の製作記の掲載を開始します。 大艦建造にご興味のございます皆さまには引き続き、当ブログをお楽しみいただけましたらと思います。



当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(2017年3月27日更新!取引例に11作品追加! 現在計320作品掲載中)
↓↓↓
mfhbana.jpg

モデルファクトリーハイギヤードが主催する
艦船模型と飛行機模型の完成品販売webショップ『CHERRY&ANCHOR』
↓↓↓
crbana.jpg
スポンサーサイト

1/350航空母艦『赤城』完成 前編

艦船模型製作代行のご依頼を受け、製作していたハセガワの1/350航空母艦『赤城』が無事に完成しました。

本日は完成写真紹介の記事になりますが、(左右非対称の船だけに掲載する写真が非常に多いため)明日も含めて二回に分けてのご紹介になります。

本日は全景写真に加えて右舷の完成写真がメインです。

muraokasama202.jpg
ハセガワ1/350航空母艦『赤城』、艦橋サイドからの全景。赤城は左右で大きく構造が異なるため、どちらを向けて展示するか悩ましい船という印象です。

muraokasama203.jpg
船尾側より撮影すると、真珠湾第一次攻撃隊の勇姿が際立ちます。今回はハセガワの1/350『日本海軍 空母艦載機セット』を追加して振る編成を再現しました。

muraokasama204.jpg
右舷船首付近の様子。格納庫側面にびっしり貼り付けた汎用ジャッキステーとポケット内に勢ぞろいした甲板作業員が見所です。

muraokasama205.jpg
前部飛行甲板を見上げアングルで撮影した様子。複雑な構造の補強トラスはハセガワの『ディティールアップパーツ スーパー』に付属のエッチングパーツによるもので、ポケットと舷側通路をつなぐラッタルはエデュアルド製、支柱内側のモンキーラッタルはレインボーモデル製のエッチングパーツを使用しています。

muraokasama206.jpg
右舷前部の機銃スポンソン周り。このあたりは複数のスポンソンが折り重なっていてたいへん見ごたえがあります。機銃や観測装置には兵員を配置して戦闘体制の緊迫感を演出しました。

muraokasama207.jpg
煙突付近の様子。煙突のジャッキステーも、ハセガワの汎用パーツによるものです。左舷と比較してメリハリの少ない中央付近ですが、その印象を補って余りある煙突の存在感が赤城の機能美を引き立てます。

muraokasama208.jpg
通路付近で活動中の兵員たち。この付近は煙突からの煤煙の影響を大きく受ける場所ですので、左舷より人数を少なめに調整しました。

muraokasama209.jpg
整備員との最後の打ち合わせを追え、いよいよ愛機に乗り込もうとする搭乗員たちと、それを見送る機銃員がなんともドラマチックです。

muraokasama210.jpg
船尾短艇甲板と飛行甲板とはこんなに落差があります。海面から飛行甲板までの高さはおよそ20メートルあったといいますので、下から見上げた飛行甲板の高さは体育館の天井などとは比較にならないほどです。

muraokasama211k.jpg
この構造美に魅せられて、赤城が好きになった方は多いと思います。ハセガワの『赤城ディティールアップパーツ スーパー』は使うモデラーを選び、艦船模型の敷居を上げたパーツではあることは事実ですが、日本海軍航空母艦の構造美を多くの人に知らしめたという意味では非常に価値が高いものではないかと思います。

次回は、左舷のディティールと艦橋、攻撃隊などの写真をご紹介します。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(2017年3月27日更新!取引例に11作品追加! 現在計320作品掲載中)
↓↓↓
mfhbana.jpg

モデルファクトリーハイギヤードが主催する
艦船模型と飛行機模型の完成品販売webショップ『CHERRY&ANCHOR』
↓↓↓
crbana.jpg

1/350航空母艦『赤城』製作記 その20

艦船模型製作代行のご依頼を受け、ハセガワの1/350航空母艦『赤城』をフルディティールアップにて製作中です。

本日は船体周りの仕上げの様子を御紹介します。

muraokasama192.jpg
船体にも艦橋と同じように全体的にウォッシングを施し、飛行甲板両脇のポケットには甲板作業員を配置しました。なお、舷梯は発艦作業中に降ろされる事はありませんが、今回はお客様のご希望により船首&船尾の合計4か所に追加しました

muraokasama193.jpg
艦橋周りにも士官や飛行機搭乗員を中心に乗組員フィギュアを多数配置しました。舷側通路や機銃スポンソン、高角砲デッキにも一定数の乗組員を配置し、さながら艦全体が巨大なジオラマと化しました。

muraokasama194k.jpg
右舷後部の様子。苦労して塗り分けた木張り甲板の板目のコントラストも際立つアングルです。起倒マストの空中線は(お客様より多めを御希望いただきましたので)ヤード左右に2本ずつの合計4本張りました。


muraokasama195.jpg
右舷の煙突付近は各種スポンソンが折り重なるように配置され、非常に模型映えするポイントです。ボートダビットにはエデュアルドのエッチングを使用し、煙突のジャッキステーにはハセガワの汎用パーツを現物合わせで取り付けました。

muraokasama196.jpg
お決まりの飛行甲板後部の見上げアングルです。複雑なトラス構造やクレーン軌条に加えて、舷梯や舵柄信号標も精密感を盛り上げてくれます。

muraokasama197.jpg
こちらは前部の飛行甲板裏側の様子。エデュアルドのパーツを使用したラッタルと支柱の内側に取り付けたレインボーモデルのモンキーラッタルの効果が非常によくわかります。

muraoksama199k.jpg
別角度。錨鎖甲板では2名の飛行機搭乗員が何やら言葉を交わしています。

muraokasama198.jpg
右舷前部の舷灯付近。このあたりは乗組員も多く、賑やかです。艦載艇の縄梯子ロープは自作したものを取り付け、救命浮標は汎用パーツを使用しました。

muraokasama200.jpg
これで船体自体はスクリュー&菊花紋章の取り付けを残してほぼ完成となり、残すは真珠湾攻撃隊と搭乗員&整備員の取り付けのみとなりました。

muraokasama201.jpg
また最後の処理として、錆汚れももう少し追加していく予定ですので、完成まで気を抜かずに作業を進めていこうと思います。

次回はできれば完成写真をご紹介します。



当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(2017年3月27日更新!取引例に11作品追加! 現在計320作品掲載中)
↓↓↓
mfhbana.jpg

モデルファクトリーハイギヤードが主催する
艦船模型と飛行機模型の完成品販売webショップ『CHERRY&ANCHOR』
↓↓↓
crbana.jpg

1/350航空母艦『赤城』製作記 その19

艦船模型製作代行のご依頼を受け、ハセガワの1/350航空母艦『赤城』をフルディティールアップにて製作中です。

本日は艦橋の製作の様子を御紹介します。

muraokasama180.jpg
赤城の艦橋は記録映像や映画などに良く登場することからも、赤城を象徴する構造物と言えます。キットのパーツは比較的シンプルですが側面には驚く程に細かいモールドが多数施されているので、今回はそれらを生かすべく細部にわたって手を入れました。

muraokasama181.jpg
ディティールアップパーツを取り付けた様子。具体的にはエッチングは手すりとラッタルにエデュアルド製を使用し、窓枠と空中線支柱、ループアンテナはハセガワ製です。クリーム色に見えているのはベテランモデル製のレジンパーツで、探照灯をはじめ、艦橋内の双眼鏡類や探照灯管制機、伝声管などを同社製パーツに交換しました。

muraokasama182.jpg
これは塗装を終え、軽く汚し塗装を済ませた様子です。伝声管や斉動信号灯なども細かく塗り分けました。

muraokasama183.jpg
別角度から見た様子。最終的には船体もこのような色調に落ち着く予定です。

muraokasama184.jpg
艦橋内壁は実艦の考証に従って白く塗り分け、木製のグレーチングはタンで塗装しました。

muraokasama185.jpg
続いて戦闘時に取り付けられるハンモックの取り付けに移ります。ハンモックのパーツはハセガワの『ディティールアップパーツ スーパー』にもホワイトメタル製パーツが付属しているのですが、これを使用すると少々一体感が出すぎてしまうため、今回はGenuine model製のレジンパーツを使用しました。

muraokasama186.jpg
パーツはこのように一本一本個別に成形されています。ハセガワパーツの取り付けと比べて、切り取りも塗装も取り付けも数段手間がかかりますが、完成度は非常に満足のいくものですので個人的にもたいへん気に入っているパーツです。

muraokasama187.jpg
一本一本塗装して接着した様子。配列は実艦の写真を参考にしているのですが、右舷側ばかりで左舷側の写真は見つけられなかったため、ある程度推測で取り付けました

muraokasama188.jpg
右舷後部からの全景。小ぶりながらも機能美に満ちた美しい艦橋です。なお、黒板にはお客様からお送りいただいた資料を参考に作戦要領の記載を行いました。この黒板は模型の世界では緑色に塗られる事が多いのですが、年代的には黒が正しいと思われますので、そのように塗装しました。

muraokasama189.jpg
艦橋の室内外に、フジミの1/350日本海軍乗組員フィギュアを配置しました。双眼鏡のパーツが非常に精密なので、フィギュアとのバランスがとれるかが少々心配だったのですが、上手い具合に密集感が出てくれて、艦橋の狭さが実感できました。

muraokasama190.jpg
艦橋窓枠内側に透明プラ板をはめ込み、無事に赤城艦橋の完成です。

muraokasama191.jpg
真珠湾に出撃する搭乗員を見送る士官と兵たち。まるで映画のワンシーンのような情景が演出できました。1/350艦船模型へのフィギュア配置は、先日1/350戦艦『三笠 http://nabeck.web.fc2.com/sakamotosama02.htm』 製作のご依頼で初めて行ったのですが、個人的にも今後のお気に入りの作風になりそうな予感がします。



当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(2017年3月27日更新!取引例に11作品追加! 現在計320作品掲載中)
↓↓↓
mfhbana.jpg

モデルファクトリーハイギヤードが主催する
艦船模型と飛行機模型の完成品販売webショップ『CHERRY&ANCHOR』
↓↓↓
crbana.jpg

1/350航空母艦『赤城』製作記 その18

艦船模型製作代行のご依頼を受け、ハセガワの1/350航空母艦『赤城』をフルディティールアップにて製作中です。

本日は船体と飛行甲板の接着を済ませた様子を御紹介します。

muraokasama172.jpg
苦労して仕上げてきた船体と飛行甲板がようやく一体となり、ようやく航空母艦としての全容が見えてきました。

muraokasama173.jpg
右舷後部の様子。飛行甲板と機銃スポンソンを繋ぐラッタルは、エデュアルドのエッチングパーツを使用する事で精度を高めました。

muraokasama174.jpg
左舷船首付近の様子。お客様からのご希望で、ボートダビットにはタスキ状のクライプバンドを再現しています。

muraokasama175.jpg
左舷後部は高角砲デッキや運貨船の搭載甲板などの開口部が多く、見応えのある部分です。

muraokasama176.jpg
船尾短艇甲板両サイドの支柱脇には緑と赤の舵柄信号標を取り付けました。このパーツはハセガワパーツにもエデュアルドパーツにも付属していないので、汎用品を流用しています。

muraokasama177.jpg
飛行甲板裏側トラスの見上げアングル。作業員ポケットと格納庫側面通路を繋ぐラッタルは(ハセガワパーツでは踏み板が抜けていないため)エデュアルド製のエッチングパーツに交換しました。

muraokasama178.jpg
ハセガワ1/350航空母艦『赤城』の作業も残すは艦橋、マスト、飛行甲板上の索具類、各種救助ネットと張り線の取り付けのみとなりました。最終的には汚し塗装を加え、艦載機やフィギュアも搭載しなくてはいけないため、完成まではまだまだ遠そうです。

muraokasama179.jpg
後部からの全景。次回は艦橋の製作の様子を御紹介します。



当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(2017年3月27日更新!取引例に11作品追加! 現在計320作品掲載中)
↓↓↓
mfhbana.jpg

モデルファクトリーハイギヤードが主催する
艦船模型と飛行機模型の完成品販売webショップ『CHERRY&ANCHOR』
↓↓↓
crbana.jpg
プロフィール

HIGH-GEARed

Author:HIGH-GEARed
奈良市在住、スケールモデル販売業者「モデルファクトリーハイギヤード」の製作担当兼代表をしております。

また、渡辺真郎の名前で『月刊モデルアート』、『艦船模型スペシャル』等の模型雑誌の作例記事も書かせていただいております。

「プロモデラーの人ってどんな生活をしているの?」という疑問に少しでもお答えできるよう、業務日記と日常日記を織り交ぜた内容でお届けしております。

当ブログの作品紹介はホームページの補助的な役割で活用しており、ホームページの方をメインとして、模型作例を多数掲載しております。 ぜひご覧ください。

HIGH-GEARed HOBBY WORKS!!
↓↓↓
http://nabeck.web.fc2.com/

模型製作ご依頼はこちら(お気軽にお問い合わせください)
↓↓↓
http://nabeck.web.fc2.com/hg-mdf.htm

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR