1/350航空母艦『赤城』製作 その11

艦船模型製作代行のご依頼をいただき、ハセガワの1/350航空母艦『赤城』を製作中です。

18071901.jpg
本日は、九六式25mm連装機銃の製作です。この機銃はハセガワのキットに付属のパーツもかなり出来が良いのですが、ディテールアップのベースにはファインモールド製のナノドレッド350シリーズの機銃を使用しました。

18071902.jpg
ナノドレッド350の25mm連装機銃は、前後分割の銃座と一体成型の銃身から成り、更には後期型艦艇に対応した防盾(ぼうじゅん)が付属します。(今回は防盾は使用していません)

18071903.jpg
なお、銃身は銃口が開いていないので、ポントスモデルのスーパーディテールアップセットなどに付属している真鍮挽物銃身への切り替えました。

18071904.jpg
プラパーツの銃身を切り取り、0.3mm径のドリルで下穴を開けたうえで、銃身を一本ずつ植え付けていきます。

18071905.jpg
このような感じで、14基分の銃身を処理しました。(銃座と銃身は塗色が異なるため、接着前に個別に塗装を行っています)

18071906.jpg
塗装を済ませた九六式25mm連装機銃。普及型のアフターパーツの中では、ファインモールドの機銃の完成度は群を抜いていることを実感します。

18071907.jpg
空母モデルの製作においては、艦載機や艦載艇、機銃などのように、同じものをたくさんまとめて作らなくてはいけない苦労がありますが、これで数の多い小物類の製作はおおかた終了しました。

実際には、まだ高角砲や単装砲などの製作を残しておりますが、これらの製作の模様はのちほどご紹介します。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)


モデルファクトリーハイギヤード公式 スケールモデル完成品webショップ『CHERRY&ANCHOR』
(2018年7月18日、1/700海上自衛隊護衛艦ほか、スケールモデル完成品×5作品入荷!)
↓↓↓
crbana.jpg

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(2018年5月15日更新! ページレイアウトと文字コードを変更し、スマホでも見やすいページに改修しました
↓↓↓
mfhbana.jpg

■メディア掲載情報
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo68』に、
┃                 1/700航空母艦『大鳳』、戦艦『大和』作例記事掲載。全国書店にて発売中!
┣ イカロス出版『艦船プラモカタログ2018』に、1/700駆逐艦『島風』作例記事掲載。全国書店にて発売中!
┣ モデルアート社出版『月刊MODEL Art 2018年9月号』に、1/700艦船模型作例記事×2隻掲載予定。7月26日発売!
┗ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo69』に、1/700艦船模型作例記事×2隻掲載予定。8月15日発売!

■奈良模型愛好会 第11回展示会のご案内
┣ 日時:10月7日(日)11:00~20:00、10月8日(祝)10:00~16:30
┣ 開催場所 :奈良県奈良市右京1丁目3-4 サンタウンプラザ すずらん館1階 すずらんサークル
┣ 交通 :近鉄京都線・『高の原駅』駅下車 徒歩5分
┗ お問い合わせ先:奈良模型愛好会 村井 skyjamjp@ezweb.ne.jp

スポンサーサイト

1/350航空母艦『赤城』製作 その10

本日も前回に引き続き、ハセガワの1/350航空母艦『赤城』の艦載艇製作の続きをご紹介します。

18071801.jpg
9メートルカッターに取り付けるエッチングは、『ベーシックC』に含まれており、ボートクラッチのほかに、オールと舵があります。

18071802.jpg
舵は艇体と同様に外舷色に塗装し、オールはディテールのメリハリを意識して(木張り部分とは)色調に変化を持たせたうえで取り付けました。また、救命浮標はハセガワのディテールアップパーツだけではカッターの分が足りないので、汎用パーツから順次補填しています。

18071803.jpg
汽艇についてはスクリューやマスト、手すりなどを含めて多くのパーツの取り付けが必要になりますが、合いは一切問題ないので安心して組むことができました。

18071804.jpg
お馴染みの内火艇も、ハセガワのプラパーツとエッチングで非常に安定した仕上がりです。

18071805.jpg
オープン形状の内火ランチは、一艘のみクラッチの高さが異なります。これは、他の内火ランチに上積みして配置するためのもので、(説明書には明記されていませんが)指定の位置に取り付けると、上段のランチが後方にズレてしまいます。そこで、今回はクラッチの取り付け位置を若干変更して、より自然なレイアウトに調整しました。

18071806.jpg
続いては運貨船のエッチング取り付けですが、この船に関しては船首の揚陸ハッチの切り替えが必要になるため、予めプラパーツの一部を切り取りが必要になりました。

18071807.jpg
その他、クレーンや操作ハンドルなどを取り付けて、運貨船も完成となります。これで、全ての艦載艇が出そろいました。

次回は、25mm連装機銃の製作の様子をご紹介します。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)


モデルファクトリーハイギヤード公式 スケールモデル完成品webショップ『CHERRY&ANCHOR』
(2018年7月18日、1/700海上自衛隊護衛艦ほか、スケールモデル完成品×5作品入荷!)
↓↓↓
crbana.jpg

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(2018年5月15日更新! ページレイアウトと文字コードを変更し、スマホでも見やすいページに改修しました
↓↓↓
mfhbana.jpg

■メディア掲載情報
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo68』に、
┃                 1/700航空母艦『大鳳』、戦艦『大和』作例記事掲載。全国書店にて発売中!
┣ イカロス出版『艦船プラモカタログ2018』に、1/700駆逐艦『島風』作例記事掲載。全国書店にて発売中!
┣ モデルアート社出版『月刊MODEL Art 2018年9月号』に、1/700艦船模型作例記事×2隻掲載予定。7月26日発売!
┗ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo69』に、1/700艦船模型作例記事×2隻掲載予定。8月15日発売!

■奈良模型愛好会 第11回展示会のご案内
┣ 日時:10月7日(日)11:00~20:00、10月8日(祝)10:00~16:30
┣ 開催場所 :奈良県奈良市右京1丁目3-4 サンタウンプラザ すずらん館1階 すずらんサークル
┣ 交通 :近鉄京都線・『高の原駅』駅下車 徒歩5分
┗ お問い合わせ先:奈良模型愛好会 村井 skyjamjp@ezweb.ne.jp

1/350航空母艦『赤城』製作 その9

前回の掲載から5週間も経ってしまいましたが、本日より(艦船模型製作代行のご依頼をいただいて製作中の)1/350航空母艦『赤城』の製作記を再開します。

18071701.jpg
艦載機の製作に引き続き、搭載品の製作となります。今回からは艦載艇の製作紹介となりますが、数が多いので一気にランナーから切り出し、ゲート処理もまとめて行いました。

18071702.jpg
ハセガワの1/350艦載艇は、そのまま組むだけでも充分に完成度の高い仕上がりとなりますが、ボートクラッチ(架台)が船底に一体成型されているため、エッチングへの切り替えを行う際には少々大掛かりなモールド切削が必要になります。

18071703.jpg
モールドの切削は、まずはニッパーなどで大まかに切り出し、デザインナイフやヤスリ、サンドペーパーなどで滑らかに整えます。その際には、キールを痛めやすいので、慎重に処理する必要があります。

18071704.jpg
架台のエッチングは、ハセガワ純正の『ディテールアップ エッチングパーツ ベーシックC』に付属のパーツを使用します。ちなみに、これらの艦載艇用パーツのデザインは、同社の『日本海軍艦載艇セットA』に付属のパーツと全く同じもので、同形状のパーツを二枚貼り合わせて厚みを演出する構成になっています。

18071705.jpg
全部でおよそ40か所程度あるボートクラッチのモールドを全て切削し、エッチングに切り替えました。多くの艦載艇のクラッチは独立した構成ですが、右下の運貨艇のみは(艦尾探偵格納庫上の軌条に設置するため)台車状になっていることが特徴です。

18071706.jpg
続いては塗装ですが、内火艇などの複雑な甲板の塗り分けには、当工房『モデルファクトリーハイギヤード』で販売している『1/350航空母艦 赤城用 甲板塗装用マスキングシート』が便利です。 webショップ『CHERRY&ANCHOR http://www.cherry-anchor.com/ 』にて全国通販を行っておりますので、ご興味のございます方はぜひご覧ください。

●『モデルファクトリーハイギヤード 艦船模型甲板塗装用マスキングシート』掲載ページ
http://www.cherry-anchor.com/shopbrand/ct14/

18071707.jpg
モデルファクトリーハイギヤード『1/350航空母艦 赤城用 甲板塗装用マスキングシート』には、内火艇用の甲板塗装シートも付属しているので、今回はこれを使用しました。

18071708.jpg
先に甲板色を塗装し、シート貼って――

18071709.jpg
外舷色をエアブラシ吹きするだけで、基本部分の塗り分けが美しく決まります。防舷物や窓などの色差しは、筆塗りにて行いました。

18071710.jpg
その他の内火ランチや運貨艇、カッターなどの塗装は、エアブラシ吹きと筆塗りを併用しました。次回も、艦載艇の製作の様子をご紹介します。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

■メディア掲載情報
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo68』に、
┃                 1/700航空母艦『大鳳』、戦艦『大和』作例記事掲載。全国書店にて発売中!
┣ イカロス出版『艦船プラモカタログ2018』に、1/700駆逐艦『島風』作例記事掲載。全国書店にて発売中!
┣ モデルアート社出版『月刊MODEL Art 2018年9月号』に、1/700艦船模型作例記事×2隻掲載予定。7月26日発売!
┗ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo69』に、1/700艦船模型作例記事×2隻掲載予定。8月15日発売!

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(2018年5月15日更新! ページレイアウトと文字コードを変更し、スマホでも見やすいページに改修しました
↓↓↓
mfhbana.jpg

モデルファクトリーハイギヤード公式 スケールモデル完成品webショップ『CHERRY&ANCHOR』
(2018年5月16日、艦船模型甲板塗装用マスキングシート、全86種入荷!)
↓↓↓
crbana.jpg

■奈良模型愛好会 第11回展示会のご案内
┣ 日時:10月7日(日)11:00~20:00、10月8日(祝)10:00~16:30
┣ 開催場所 :奈良県奈良市右京1丁目3-4 サンタウンプラザ すずらん館1階 すずらんサークル
┣ 交通 :近鉄京都線・『高の原駅』駅下車 徒歩5分
┗ お問い合わせ先:奈良模型愛好会 村井 skyjamjp@ezweb.ne.jp

1/350航空母艦『赤城』製作 その8

艦船模型製作代行のご依頼をいただき、ハセガワの1/350航空母艦『赤城』を製作中です。

今回が、艦載機製作の最終回です。

18060801.jpg
機体番号デカールを貼り終えた零式艦上戦闘機21型は、(97式艦上攻撃機と同様に)丸二日間乾燥させたうえで、つや消しクリアーをコーティングしました。

18060802.jpg
ブレードにはハセガワの赤城専用エッチングパーツ『ベーシックC』に付属物を使用し、プラのスピナーと合わせました。

18060803.jpg
風防とカウリングのマスキングを剥がし、プロペラを取り付けた様子。プロペラ先端の警戒線はデカールにて再現したもので、各ブレードには、(プロペラの回転方向に合わせた)ピッチを付けています。

18060804.jpg
また、プロペラの艶の度合いは前面を半艶、後面を艶消しとすることで、メリハリのある質感を演出しました。下面からみると、筆で塗り分けた主脚収納部やタイヤなどもいい見どころとなってくれています。

18060805.jpg
側面から見ると、苦労して再現した各機の機体番号もはっきり読み取れます。97式艦上攻撃機では、(ベースが暗緑色であるために)文字がそれほど目立たなかったのに対し、明灰白色地の零戦では、赤い文字が一層引き立つ仕上がりとなりました。

18060806.jpg
最後は、例によってアンテナに見立てた真鍮線を立て――

18060807.jpg
メタルラインを張って空中線を再現しました。

18060808.jpg
これで、9機の制空隊が全機そろい踏みしました。落ち着いた暗緑色が特徴的な艦攻と異なり、明灰白色の零戦隊は非常に華があります。

18060809.jpg
また、入念な下地塗装の甲斐あって、胴体内部や機体内側に塗りこんだ機内色が(風防の中で)美しく発色してくれました。

なお、来週はモデルアート誌の作例製作に掛かりきりになりますので、赤城の製作記はこれにて一旦中断し、次回からは別の話題をご紹介いたします。

平日毎日更新はこれからも続けて参りますので、これからも当ブログをよろしくお願い申し上げます。



当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

■メディア掲載情報
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo68』に、
┃                 1/700航空母艦『大鳳』、戦艦『大和』作例記事掲載。全国書店にて発売中!
┣ イカロス出版『艦船プラモカタログ2018』に、1/700駆逐艦『島風』作例記事掲載。全国書店にて発売中!
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo69』に、1/700艦船模型作例記事掲載予定。8月15日発売!
┗ モデルアート社出版『月刊MODEL Art 2018年9月号』に、1/700艦船模型作例記事掲載予定。7月26日発売!

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(2018年5月15日更新! ページレイアウトと文字コードを変更し、スマホでも見やすいページに改修しました
↓↓↓
mfhbana.jpg

モデルファクトリーハイギヤード公式 スケールモデル完成品webショップ『CHERRY&ANCHOR』
(2018年5月16日、艦船模型甲板塗装用マスキングシート、全86種入荷!)
↓↓↓
crbana.jpg

1/350航空母艦『赤城』製作 その7

艦船模型製作代行のご依頼をいただき、ハセガワの1/350航空母艦『赤城』を製作中です。

今回も、零式艦上戦闘機21型(零戦21型)の製作の様子をご紹介します。

18060701.jpg
前回までに、機体番号のデカール以外は全て貼り終わりました。残すは垂直尾翼の機体番号表示のみです。

18060702.jpg
ハセガワのデカールには6機分の番号が一枚モノのマークとして再現されていますが、この中で、真珠湾第一次攻撃隊の制空隊に適合する番号は、第2中隊第3小隊三番機の高須賀満美一飛兵の『AI-156』のみですので、その他の番号は、例によってデカールの切り分け&結合によって自作を行う必要があります。

18060703.jpg
例として、飛行隊長の板谷茂少佐機の『AI-155+黄帯3本』のマーキングを再現するとなると、④の『AI-156』の機番の150番台より左側の文字のみを切り出し、下二桁はバラで用意されている数字の5を繋げて『AI-155』とします。更に、分隊長の黄帯2本を『AI-102』から切り出して機番上下に貼り足し、飛行隊長機の3本目の帯も同様に『AI-102』 から切り出したものを垂直尾翼の一番上に貼り足して再現完了となります。

18060704.jpg
なお、バラの数字デカールは余白が一体となっているので、使用する前にはデザインナイフなどで細かく切り分けておく必要があります。この写真ではざっくりと切り分けているだけですが、余白が何枚も重なると見栄えが悪くなるので、必要に応じて余白の幅は調整を行いました。

18060705.jpg
機体番号表現の完了した、板谷茂少佐機。垂直尾翼一枚あたり、片側で5枚、合計10枚のデカールを貼り重ねての再現となりました。

18060706.jpg
なお、水平爆撃隊や雷撃隊とは異なり、真珠湾第一次攻撃隊の制空隊の機体番号は全機分が判明しているので、今回は制空隊全機に資料に従った番号表現を行いました。この写真の機体はいずれも第2中隊の零戦で、左から――

第1小隊一番機「板谷 茂少佐」、第1小隊二番機「平野 崟一飛曹」、第1小隊三番機「岩間 品次一飛曹」
第2小隊一番機「指宿 正信大尉」、第2小隊二番機「岩城 芳雄一飛曹」、第2小隊三番機「羽生 十一郎一飛兵」
第3小隊一番機「小山内 末吉飛曹長」、第3小隊二番機「谷口 正史二飛曹」、第3小隊三番機「高須賀 満美一飛兵」

の各機です。

次回は、これらの零戦の仕上げの作業の様子をご紹介します。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

■メディア掲載情報
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo68』に、
┃                 1/700航空母艦『大鳳』、戦艦『大和』作例記事掲載。全国書店にて発売中!
┣ イカロス出版『艦船プラモカタログ2018』に、1/700駆逐艦『島風』作例記事掲載。全国書店にて発売中!
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo69』に、1/700艦船模型作例記事掲載予定。8月15日発売!
┗ モデルアート社出版『月刊MODEL Art 2018年9月号』に、1/700艦船模型作例記事掲載予定。7月26日発売!

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(2018年5月15日更新! ページレイアウトと文字コードを変更し、スマホでも見やすいページに改修しました
↓↓↓
mfhbana.jpg

モデルファクトリーハイギヤード公式 スケールモデル完成品webショップ『CHERRY&ANCHOR』
(2018年5月16日、艦船模型甲板塗装用マスキングシート、全86種入荷!)
↓↓↓
crbana.jpg
プロフィール

HIGH-GEARed

Author:HIGH-GEARed
奈良市在住、スケールモデル販売業者「モデルファクトリーハイギヤード」の製作担当兼代表をしております。

また、渡辺真郎の名前で『月刊モデルアート』、『艦船模型スペシャル』等の模型雑誌の作例記事も書かせていただいております。

「プロモデラーの人ってどんな生活をしているの?」という疑問に少しでもお答えできるよう、業務日記と日常日記を織り交ぜた内容でお届けしております。

当ブログの作品紹介はホームページの補助的な役割で活用しており、ホームページの方をメインとして、模型作例を多数掲載しております。 ぜひご覧ください。

HIGH-GEARed HOBBY WORKS!!
↓↓↓
http://nabeck.web.fc2.com/

模型製作ご依頼はこちら(お気軽にお問い合わせください)
↓↓↓
http://nabeck.web.fc2.com/hg-mdf.htm

コメントの投稿は必ず記名をお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR