1/350戦艦『ビスマルク』完成

艦船模型製作代行のご依頼を受けて、ドイツレベルの1/350戦艦『ビスマルク』を製作しました。

本日は完成写真をご紹介します。 

なお、今回も大きいサイズの写真を掲載したページへのリンクを最後に貼っておりますので、ご興味のございます方は是非ご覧ください。

nakaisama260.jpg
ドイツレベル製1/350戦艦『ビスマルク』。左舷前部からの全景です。ディティールアップはポントスモデルのディティールアップパーツセットから、主砲、副砲、高角砲、機銃などの各砲身とマストなどの真鍮挽き物パーツを使用し、エッチングも大半はポントスモデルパーツを使用しました(木製甲板もポントスのパーツセットに付属物のです)。その他、補助的にライオンロアのレジン&エッチングパーツも併用し、双眼望遠鏡等の観測機器や、クレーン、シャッターの一部に使用しました。

nakaisama261.jpg
少し見下ろしたアングルから、ズームで撮影しました。大戦時のドイツ戦艦特有の、綺麗な山なりのシルエットが美しく映えます。

nakaisama262.jpg
右舷後部からの全景。船体や甲板、構造物などはほぼすべて艶消し仕上げとしていますが、スクリューなどの金属地の露出した部分は曇り防止のため、敢えて艶を残した仕上げとしています。

nakaisama263.jpg
ドイツレベル製1/350戦艦『ビスマルク』、左舷前部の様子。実艦のビスマルクは竣工してからライン演習に出撃するまでの短い期間に何度も塗装変更がなされましたが、今回の塗装はお客様のご希望でバルト海での演習時の塗り分けを再現させていただきました。

nakaisama264.jpg
ドイツレベル製1/350戦艦『ビスマルク』、左舷中央部の様子。構造物左右の垂直面は独特の直線ラインで塗り分けられた『バルチックスキーム』という迷彩パターンが採用されています。船体舷側から各構造物に繋がる塗り分けを自然に仕上げるには、かなりの手間がかかりました。

nakaisama265.jpg
ドイツレベル製1/350戦艦『ビスマルク』、左舷後部の様子。真鍮挽き物パーツとエッチングのフル金属仕上げとなった後部マストと、エッチング使用により各ブルワークを薄く実感的に仕上げる事ができた露天の後部艦橋が見どころです。

nakaisama266.jpg
ドイツレベル製1/350戦艦『ビスマルク』、船首錨鎖甲板の様子。スワスチカ(ハーケンクロイツ)の角度はこれまで、船尾方向から見て『◆』であるのが正しいと思っていたのですが、ヒトラーがビスマルクを視察した時の写真を確認したところ『■』の角度が正しいと思われたので、今回はそのように仕上げました。

nakaisama267.jpg
前部主砲塔付近の様子。主砲塔のパーツはキットのままでは防水キャンパスが含まれていなかったので、ポントスモデルのレジンパーツを使用して補填しました。(もちろん、砲身も真鍮製に取り替えています)

nakaisama268.jpg
艦橋付近の様子。艦橋前面の塗装は資料によってグレーであったり、ブラックであったりと今一つ正しい塗り分けがはっきりしませんが、今回は全体的にドイツレベルキットの塗り分け指示に従った仕上げとしています。

nakaisama269.jpg
副砲塔の天蓋の塗り分けも同じく、はっきりしたことは判明しなかったため、お客様と相談させて頂いた上で主砲塔と同じカーマインレッドへの塗り分けを行いました。

nakaisama270.jpg
背景の黒に溶け込んではっきり見えませんが、空中線もお客様のご要望でかなり多めに張りました。ヨーロッパの艦船特有の琴型空中線も、メタルラインと金属線を併用して再現しています。

nakaisama271.jpg
見上げアングルで見ると、艦橋や煙突周りのスポンソンなどの裏側の補強の様子も良くわかります。これらはすべてプラモールドを削り取った上で、エッチングの補強トラス材を張り付けて再現しました。

nakaisama272.jpg
後部艦橋およびマスト付近。短艇や搭載機も妥協なく仕上げております。

nakaisama273.jpg
後部第三、第四主砲塔付近。ボラードやキャプスタンなども真鍮挽き物のパーツに交換し、挽き物とエッチングを組み合わせたホーサーリールもシャープな仕上がりを演出してくれました。ハッチの周りの手すりなどもワンポイントとして模型映えのするポイントです。

なお、今回は戦艦『霧島』、空母『赤城』の製作記のときと同じように大きな完成写真をアップロードしておりますので、ご興味のございます方は下記アドレスをクリックしてぜひともご覧くださいませ。
↓↓↓
http://nabeck.web.fc2.com/nakaisama27hd.htm

当工房では、このビスマルクと同スペックの1/350日本海軍戦艦モデルの製作ご依頼を大募集しております。 ご興味のございます方がおられましたら、下記メールフォームからお気軽にお問い合わせくださいませ。心をこめて対応してまいりますので、よろしくお願い申し上げます。
↓↓↓
http://form1.fc2.com/form/?id=531294

長い製作記をご覧いただき、まことにありがとうございました。

明日は6月下旬以降、更新が途絶えていた神戸旅行記(http://modelfactoryhg.blog.fc2.com/blog-entry-718.html)の続きを掲載し、続いては夏~秋にかけて参加した展示会のレポートをご紹介いたします。



当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつも投票いただきありがとうございます)

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(現在受注が集中しているため、製作開始およびお届けにお時間を頂いております)
↓↓↓
mfhbana.jpg


スポンサーサイト

1/350戦艦『ビスマルク』製作記 その7

艦船模型製作代行のご依頼を受けて、ドイツレベルの1/350戦艦『ビスマルク』を製作しました。

本日は短艇と飛行機の写真をご紹介します。

nakaisama283.jpg
短艇はキットのままでもよくできていますが、今回はポントスモデルのパーツを使用してディティールアップを行いました。まず艇体の内部にある、甲板パーツの取り付けフレームを全て削り落とし、エッチングの甲板と構造物を取り付けて行きました。ベンチは板状のモールドを箱型に折り曲げる構成で、板目モールドの入った床面と踏み板を水平にセットできる内部ラッタルがモーターボートらしい雰囲気を演出してくれます

nakaisama284.jpg
この短艇はキャビンの中まで完全再現されています。単体作品としても通用する程に精密感の高い艦載艇です。

nakaisama285.jpg
カッターは腰掛板と床板、舵がエッチングとなります。腰板が別パーツとして再現される製品は他にもありましたが、床板まで別パーツ化している製品はなかなかなく、メーカーの拘りの深さ伺えます。日本海軍艦艇用にもこのようなパーツが製品化されてくれれば嬉しいです。

nakaisama286.jpg
塗り分けはどのようにして行うか少々迷いましたが、結局は船底のブラックを下から吹き、上面色のブラウンを上から吹いて、側面のグレーは軽くマスキングして筆塗りしました。手すりやキャンパスフレームは別に塗装しておいたものを取り付けています。

nakaisama287.jpg
この短艇も塗り分け順は同じです。 写真にはあまりはっきり写っていませんが、吃水線上下で色が異なるため、およそ4色の塗り分けが必要になりました。

nakaisama288.jpg
カッターは艇体と舵を接着した後、上面色と艇体色を上下から吹きつけ、腰板と床板、オールなどは別に塗装してあとから接着しました。塗り分けもシャープに決まり、手漕ぎボートならではの機能感に溢れた仕上がりです。

nakaisama289.jpg
ボートクラッチに固定された短艇群。浮き輪はポントスモデルのパーツですが、見たところ、小径サイズのOリングを流用したもののようでした。わざわざ成形するより手軽にパーツとして使用できるので、なかなかいいアイデアだと思います。

nakaisama290.jpg
見上げアングルだと、短艇の船尾に3葉のスクリューが付いていることも分かります。スクリューはブラスの質感を演出するため、あえてエッチングを塗装せずに使用しました。 手前に写っている水上機アラドは、製作中の写真を撮り損ねてしまったのですが、プロペラはもちろん、フロート支柱や風防フレームもエッチングに交換してシャープに仕上がっています。

nakaisama291.jpg
クレーンとの兼ね合いで主翼を広げた状態では収まりが悪かったので、今回は主翼を折りたたんだ状態としています。」

明日は、いよいよビスマルクの完成写真をご紹介します。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつも投票いただきありがとうございます)

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(現在受注が集中しているため、製作開始およびお届けにお時間を頂いております)
↓↓↓
mfhbana.jpg


1/350戦艦『ビスマルク』製作記 その6

艦船模型製作代行のご依頼を受けて、ドイツレベルの1/350戦艦『ビスマルク』を製作しました。

作品自体は既に完成しているのですが、製作記はもう少し続きますのでご興味のございます方はご覧くださいませ。

本日はカタパルトとクレーン、マストの製作の様子をご紹介します。

nakaisama274.jpg
カタパルトは例によってライオンロアのエッチングパーツを使用しました。内部構造のケーブルやプーリー、足場なども再現された大変精密なパーツです。(取り付け後はカバーが付く関係であまり見えなくなってしまうのが少々残念です)

nakaisama275.jpg
二基のカタパルトは船体左右から一本ずつ差し込む形で固定します。この後、単体で塗装を行い、飛行機運搬用の軌条も取り付けました。

nakaisama276.jpg
煙突両サイドのクレーンはエッチングの使用難度がかなり高い部分です。キットに付属のプラパーツは先端のフレーム構造が一部省略されているので、先端を切り開いて部分的に肉抜きを行う必要があり、またケーブルを巻くドラムの部分も板状のエッチングを綺麗に筒状に曲げる必要があります。

nakaisama277.jpg
また、艦橋側のフックに上手くひっかけるためには現物合わせで微妙な角度調整も必要になりました。(苦労の甲斐あって、ピッタリです)

nakaisama278.jpg
こちらは煙突側面の探照灯スポンソンに備わるクレーンです。このクレーンはプラパーツは一切使用せず、フルエッチングでの製作となりました。

nakaisama279.jpg
マストは全部で3本ありますが、全てポントスモデルの真鍮挽き物パーツとエッチングを組み合わせで製作しました。写真中央と右側が艦橋直後に立つフォアマストで、左側は後部測距儀上に備わるミニマストです。

nakaisama280.jpg
メインマストは真鍮挽き物パーツとエッチングパーツの点数が特に多い箇所で、強度を保ちつつまっすぐ組み立てるには細心の注意を要求されました。

nakaisama281.jpg
しかし苦労の甲斐あって、プラ製マストとは比較にならない程の精度が実現しました。1/350戦艦『大和』用パーツもそうでしたが、個人的にポントスモデルのパーツは機銃身やマストなどの真鍮挽き物にこそ真価が発揮されていると感じています。

nakaisama282.jpg
真鍮挽き物パーツは加工時の切削油が付着しているのでしっかり脱脂して接着と塗装を行いました。空中線にはメタルラインを使用し、精密艦船模型の雰囲気が高まって参りました。 次回は、写真に写っている短艇と水上機の製作をご紹介します。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつも投票いただきありがとうございます)

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(現在受注が集中しているため、製作開始およびお届けにお時間を頂いております)
↓↓↓
mfhbana.jpg

1/350戦艦『ビスマルク』製作記 その5

艦船模型製作代行のご依頼を受け、ドイツレベルの1/350戦艦『ビスマルク』を製作中です。

本日は船体の組み立てと塗装の様子をご紹介します。

nakaisama249.jpg
マストやクレーン、カタパルトおよび旗竿以外の構造物は、塗装前に全て組み立てを終えました。この写真は3か所に設置された測距儀とレーダーの塗装前の様子です。エッチングパーツの充実で、これらの装備も非常に精密感が高まりました。

nakaisama250.jpg
ディティールアップを終えた各構造物を最上甲板パーツに仮乗せした様子。真鍮の地の色が美しく、ビスマルクの構造物の優美なシルエットも手伝って『絢爛豪華な御御輿』のような佇まいです。

nakaisama251.jpg
後部からの見下ろしアングル。壁面の多くをエッチングに換えたおかげで精密感はもちろん、塗装後の発色も(金属感のある仕上がりが)大きく期待できます。

nakaisama252.jpg
続いて、船体の組み立てに入ります。船体はフレームが二枚しかないことも手伝って全体的に合いが悪く、キールのあたりには1ミリ程度の段差ができてしまいました。また、スクリューブラケット周りの独特のパーツ分割の影響で、そのまま組むと船体より一段窪んだ状態となるため修正が必要になりました。

nakaisama253.jpg
修正はひたすらパテを持って削り取る事の繰り返しです。ブラケットの窪みが思った以上に大きかったので、『埋める』というよりは『造型し直す』に近い作業となりました。 これほど広範囲の窪みですから段差なく綺麗に仕上げるにはパテ盛りと削り出しの作業を4~5回ほど繰り返す必要がありました。

nakaisama254.jpg
修正後の様子。苦労した甲斐あって半艶塗装でも段差はもちろん、ひずみもいっさい判らない状態にまで仕上げる事ができました。船体下部ということもあって完成後はあまり目立つ部分ではありませんが、当工房ではこのような部分も徹底的に美しく処理するように心がけています。

nakaisama255.jpg
船体下部の注排水孔は日本艦ではあまり見られない巨大なフィンが付いた形状のもので、エッチングパーツを使用して奥行きのあるディティールに仕上げることができました。

nakaisama256.jpg
船首と船尾のスワスチカは赤枠の中に白丸を塗装し、その上から黒で書きこみました(写真上側)。 主砲塔の天蓋は時期によって色が異なると言われていますが、今回はお客様のご希望でバルト海での訓練中に施されたとみられるカーマインレッドによる塗り分けを再現しました。

nakaisama257.jpg
船体と構造物側面に施された直線的な迷彩塗装は、有名な『バルチックスキーム』です。構造物を階層ごとに別々に塗り分け、側面から見た時に一定のラインで繋がっていないといけないため、かなり難易度の高い塗り分けですが、仮組とマスキングと調整を繰り返しつつ注意深く塗り分けて行きました。

nakaisama258.jpg
カメラレンズの位置と画角の関係で後部艦橋側面のラインが少しずれて見えますが、実際は(真横から見ると)きちんと繋がっています。『こういう迷彩はいったいどういう順序で塗り分けたらいいのか?』という質問をよく頂くのですが、順序などはケーズバイケースでして、実際の今回のビスマルクでも白を先に塗った部分もあればグレーを先に塗った部分もあり、一通り塗り分けを終えてから更に上塗りして発色を調整した部分もあります。 特に今回は汚し塗装なしでのご依頼ですので、色ムラや発色の違いを出さないよう、塗り分けには細心の注意を払いました。

nakaisama259.jpg
その後、クレーンやマストなどを取り付けて、本日午後にはここまで仕上がりました。ペースが早いので簡単に出来て行っているように見えるかもしれませんが、実のところを言うと先々週末から土日返上で毎日14時間程度の作業を続けているので、作業時間自体は通常換算でおよそ一カ月超分に相当します。 展示会の準備日も含めると明日までしか作業時間が取れないので、明日中に残す作業(短艇&飛行機製作、張り線とスクリュー&舵取り付け)を終わらせて開催日にお披露目が出来ればと思います。 (製作記自体は展示会後の連休明けも続きます)



当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつも投票いただきありがとうございます)

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(現在受注が集中しているため、製作開始およびお届けにお時間を頂いております)
↓↓↓
mfhbana.jpg

1/350戦艦『ビスマルク』製作記 その4

艦船模型製作代行のご依頼を受け、ドイツレベルの1/350戦艦『ビスマルク』を製作中です。

本日は武装関連の製作を一気にご紹介します。

nakaisama239.jpg
まずは何と言っても主砲塔です。ドイツレベルキットのパーツ構成は、一体で抜かれた砲塔本体に別パーツの測距儀を取り付けると言うスタンダードなものです。今回はポントスモデルのパーツを使用するために観測窓やジャッキステー、モンキーラッタルなどのモールドを全て削り落とし、エッチングへの切り替えを行いました。

nakaisama240.jpg
砲身と防水キャンパスもポントスモデル製で主砲身は真鍮挽き物製、防水キャンパスはレジンで成形されています。1/350ともなると、金属製の挽き物砲身は作品の精度を格段に高めてくれます。

nakaisama241.jpg
続いて、副砲塔のディティールアップの様子です。製作内容は主砲塔とほぼ同じで、形状的にも主砲塔をそのまま小型化したようなイメージがあります。

nakaisama242.jpg
砲身とキャンパスも主砲身と同じ構成ですが、対空射撃に使用しない砲であるからか?砲身が意外なほどに短いのが印象的です。

nakaisama243.jpg
こちらはれっきとした対空兵装のSK C/33 10.5cm(65口径)連装高角砲で、シールドの形状は船首側用と船尾側用の二種類があります。ディティールアップは例によってポントスモデルのエッチングと砲身によるものですが、側壁の加工はエッチングの貼り増しだけでなく、プラ側壁の切り取りなども必要なため、少々手間がかかりました。(その甲斐あって、完成度は抜群です)

nakaisama244.jpg
ビスマルク級戦艦の対空兵装は(同時代の英国艦と同じく9種類が非常に多いのですが、今回はすべての砲身を真鍮挽き物砲身に置き換えました。この写真はSK C/30 3.7cm(83口径)連装機関砲のディティールアップの様子です。

nakaisama245.jpg
そしてこちらは(どちらかというと)陸軍装備品のイメージが強いC/38 2cm(65口径)四連装機関砲です。銃座や銃架はレジン成形で、これに二連装二段の真鍮砲身を植え付けました。艦橋の目立つポイントに取り付ける機銃ですので、模型映えの効果は絶大です。

nakaisama246.jpg
最も数が多い2cm単装機関砲は銃身だけでなく支柱も真鍮挽き物製で、エッチングと併せてフル金属製機銃となりました。薬莢が散らばらないように籠が取り付けられているところを見ると、ドイツ人ならではのキメ細かな神経を実感させられます。

nakaisama247.jpg
ポントスモデルのパーツは真鍮挽き物パーツの精度が高いところがセールスポイントですが、このようにリールのドラム部分も用意されているのは大変ありがたいです。

nakaisama248.jpg
塗り分けには少々手間がかかりますが、『シャキッとした完成度』を目指すうえで、このようなパーツの存在は非常にありがたいです。

次回は船体の組み立てと塗装についてご紹介します。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつも投票いただきありがとうございます)

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(現在受注が集中しているため、製作開始およびお届けにお時間を頂いております)
↓↓↓
mfhbana.jpg
プロフィール

HIGH-GEARed

Author:HIGH-GEARed
奈良市在住、スケールモデル販売業者「モデルファクトリーハイギヤード」の製作担当兼代表をしております。

また、渡辺真郎の名前で『月刊モデルアート』、『艦船模型スペシャル』等の模型雑誌の作例記事も書かせていただいております。

「プロモデラーの人ってどんな生活をしているの?」という疑問に少しでもお答えできるよう、業務日記と日常日記を織り交ぜた内容でお届けしております。

当ブログの作品紹介はホームページの補助的な役割で活用しており、ホームページの方をメインとして、模型作例を多数掲載しております。 ぜひご覧ください。

HIGH-GEARed HOBBY WORKS!!
↓↓↓
http://nabeck.web.fc2.com/

模型製作ご依頼はこちら(お気軽にお問い合わせください)
↓↓↓
http://nabeck.web.fc2.com/hg-mdf.htm

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR