1/700航空母艦『加賀』 完成

艦船模型製作代行のご依頼を頂いて製作していた、フジミの1/700航空母艦『加賀』フルハルモデルが無事に完成しました。

本日は完成写真をご紹介します。

hashiyamasama52b.jpg
フジミ帝国海軍シリーズ1/700航空母艦『加賀』フルハルモデル、右舷船首からの全景。特シリーズやウォーターラインシリーズなどと同じ1/700スケールですが、船底が付属していることと木製台座&金属飾り脚を取り付けていることで、雰囲気的には1/350艦船模型のような趣となりました。

hashiyamasama53b.jpg
1/700航空母艦『加賀』フルハルモデル、左舷よりの全景。赤城と同じく、加賀は左右で非対称の部分が多いため、右舷と左舷で『一粒で二度の美味しさ』を楽しむことができます。

hashiyamasama54b.jpg
1/700航空母艦『加賀』フルハルモデル、左舷後部よりの全景。飛行甲板後部と最上甲板との高低差が印象的なアングルです。後部両舷には20cm単装砲が装備されており、戦艦として建造されていた時代の名残を感じることができます。

hashiyamasama55b.jpg
1/700航空母艦『加賀』フルハルモデル、右舷後部よりの全景。赤城と比較して小ぶりな煙突と、コンパクトな艦橋が格納庫の大きさを引き立たせる魅力的なアングルです。飛行甲板上の搭載機は零戦21型9機、97式艦上攻撃機26機として真珠湾第一次攻撃隊の編成を再現しました。

hashiyamasama56b.jpg
右舷前部の様子。ディティールアップパーツはフジミの「G-up43 日本海軍 航空母艦 加賀 専用エッチングパーツ』をメインに使用し、ファインモールド製ナノドレッドシリーズの12.7cm連装高角砲や25mm連装機銃、探照灯、アンカー&菊花紋章などを組み合わせました。

hashiyamasama57b.jpg
搭載機は静岡模型教材協同組合から発売されているウォーターラインシリーズの『日本航空母艦搭載機 前期セット』を3箱使用し、脚とスピナーを切り取ってピットロードのPE18『1/700 WWII 艦載機 プロペラ/脚パーツ』のエッチングに取り替えました。

hashiyamasama58b.jpg
左舷船首付近の様子。船体の横幅からはみ出した巨大な飛行機格納庫と飛行甲板が魅力的です。飛行甲板には0.3ミリ径のドリルを使って等間隔に穴を開け、飛行機繋止用の眼環(パッドアイ)を再現しました。

hashiyamasama59b.jpg
左舷中央部。9メートルカッターのダビットには、プラペーパーでクライプバンドを自作しました。艦橋床面も併せてピンポイントに配したリノリウムの赤褐色が際立ち、飛行甲板に多数並べられた艦載機と共に模型映えがします。

hashiyamasama60b.jpg
左舷後部の様子。3基並べられた12.7cm連装高角砲と単装砲、25mm連装機銃群がなかなかの迫力です。スクリューシャフトと菊の御紋章は艶ありのゴールドで塗装し、艶消しの船体との質感の差を強調しました。

hashiyamasama61b.jpg
右舷前方からの望遠効果を狙った写真です。戦時中の記録映像のような写り方で、改めて加賀の腰高感が伝わって参りました。

航空母艦『加賀』のキットはこれまでハセガワベースでしか製作したことがなかったので、今回は初めてのフジミベースでの製作となりました。来年には1/350版の加賀の製作も控えているので、今回の経験を生かして是非ともカッコいい作品に仕上げて参りたいと思います。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつも投票いただきありがとうございます)

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(現在受注が集中しているため、製作開始およびお届けにお時間を頂いております)
↓↓↓
mfhbana.jpg
スポンサーサイト

1/700航空母艦『加賀』 その4

艦船模型製作代行のご依頼を受け、フジミの1/700航空母艦『加賀』のフルハルモデルを製作中です。

本日は甲板の白線表示などの塗装工程と、塗り分けの終わった船体をご紹介します。

1512021.jpg
飛行甲板の白線表示はデカールは使わずに塗装で行いました。白線の塗り分けは甲板塗装の前に行う方法と、後に行う方法の二通りのやり方がありますが、今回は先に全体を白く塗り、標示部分をマスキングして残す方法で行いました。

1512022.jpg
ラインのマスキングは1.5mm幅と1.0mm幅の細切りテープを使い分けて引きました。後部エレベーター付近の輪の部分は、幅広のテープをサークルカッターで輪状に切りぬいたものを貼り付けています。

1512023.jpg
木甲板の塗装は下地として一旦イエローを、その上にMrカラ―のタンを重ねました。更にエナメルのブラウンで軽くウォッシングをして板目や眼環のモールドを引き立たせています。飛行甲板後部の紅白の着艦標示や空母『加賀』であることを示す識別記号『カ』も細切りのマスキングテープを使用して地道に塗り分けました。

1512024.jpg
船体も上下の塗り分けを終え、リノリウム甲板や煙突出口などに色差しを行いました。飛行甲板と艦橋を接着することで、一気に完成のイメージが近づきます。

1512025.jpg
1/700航空母艦『加賀』、右舷船首付近。少し画質が良くないですが、エッチングを使用して仕上げた煙突付近のジャッキステーや起倒式マストが精密感を演出しています

1512026.jpg
右舷船首側からの全景。地道にマスキングして仕上げた飛行甲板の標示類も美しく決まりました。

1512027.jpg
残す作業は着艦制動策および機銃、空中線の取り付け、艦載機の搭載、スクリューと菊の御紋章の取り付けなどです。

1512028.jpg
飛行甲板後部の様子。0.3ミリのドリルで開けた繋止眼環もとても良いアクセントになりました。

1512029.jpg
艦橋付近。格納庫前端部に隠れてほとんど見えませんが、錨鎖も精密チェーンに交換済みです。

明日は完成写真をご紹介予定です。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつも投票いただきありがとうございます)

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(現在受注が集中しているため、製作開始およびお届けにお時間を頂いております)
↓↓↓
mfhbana.jpg

1/700航空母艦『加賀』 その3

艦船模型製作代行のご依頼を受け、フジミの1/700航空母艦『加賀』のフルハルモデルを製作中です。

1512011.jpg
本日は船体から格納庫にかけての各種パーツ取り付けとディティールアップについて御紹介します。

1512012.jpg
ディティールアップは主にフジミのエッチングパーツを使用し、シールドなしの12.7cm連装高角砲にはファインモールド製のナノドレッドシリーズのパーツを使用しました。

1512013.jpg
加賀は高角砲が8基も装備されているので、精密な対空砲への換装は非常に効果的です。フジミのパーツは手摺やラッタルなどの基本パーツの他に、煙突内部の仕切りや支柱、ジャッキステー、見張所などが充実していて専用パーツならではの精密感を演出してくれます。

1512014.jpg
昨日はまだ手つかずだった左舷側も大方のパーツの取り付けを終えました。加賀は格納庫の背が高いぶん外舷通路も多く、手摺の取り付けなどのディティールアップもやり甲斐があります。

1512015.jpg
昨日のブログ記事にも同じアングルの写真を掲載しましたが、加賀は後部からローアングルで見ると腰高感が際立ちます。洋上モデルでも充分に重厚な雰囲気が伝わって参りますが、フルハルモデルだとなお一層重厚に見えますね。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつも投票いただきありがとうございます)

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(現在受注が集中しているため、製作開始およびお届けにお時間を頂いております)
↓↓↓
mfhbana.jpg

1/700航空母艦『加賀』 その2

艦船模型製作代行のご依頼を受け、フジミの1/700航空母艦『加賀』のフルハルモデルを製作中です。

1511301.jpg
本日は船体の組み立てと右舷のパーツ取り付け、飛行甲板のディティールアップの一部をご紹介します。

1511302.jpg
フジミの1/700加賀フルハルモデルは、特シリーズと共通の吃水線上の部分に、フルハルモデル用に用意された赤成形の船底部分を組み合わせる仕組みになっているのですが、この加賀のキットではその船底パーツに大きな問題がありました。(船の仕組みに詳しい方でしたら、この写真を見た時点でピンと来たかもしれません)

1511303.jpg
その問題とは、推進軸の角度です。船体パーツの赤とグレーの部分の境目が吃水線に当たるのですが、エディプレートとブラケットの取り付け部を結んだラインはあまりにも斜め上を向きすぎていて、そのままではスクリューの羽根の一部が水面に出てしまう勢いです。

1511304.jpg
また、ブラケットのパーツにも問題があります。ブラケットの取り付け部分には、船底に取り付け穴が開けられていることを前提としたダボが一緒に成型されているのですが、船体側は(軽い凹みがあるだけで)このダボを収めるような仕組みにはなっていません。また、凹みの位置も上記したように非常に不自然な場所にありましたので、一旦ポリパテで埋め、ブラケットは不要部分を切り取った上で位置の修正を行いました。

1511305.jpg
船底パーツの合いも悪く、吃水線付近には非常に大きな段差ができましたので、これらもポリパテを厚塗りして段差が消えるまでサンディングして整えました。フジミの1/700フルハルモデルを製作したのは今回が初めてなのですが、思っていた以上にハードな修正を求められることになりました。 

1511306.jpg
ディティールアップは、フジミ純正の加賀専用エッチングパーツをメインに使用して行っています。他に、ファインモールド製のナノドレッドシリーズの機銃や高角砲、錨なども使用予定です。

1511307.jpg
本日は右舷をメインにパーツの取り付けを行いました。エッチングを中心に未取り付けの部分も多いので、明日、左舷の様子も含めて改めてご紹介します。

1511308.jpg
後部からの様子。この腰高感が加賀の魅力です。赤城と並んで複雑怪奇な構造美を持つことから、ファンも多いことでしょう。(水平に修正したスクリューシャフトの様子も分かるアングルです)

1511309.jpg
飛行甲板には0.3mmのドリルで艦載機の繋止眼環(パッドアイ)を開口しました。ひたすら根気のいる作業ですが、巨大な飛行甲板が間延びしなくなるので効果的なディティールアップです。(写真は右舷から順番に穴開けを行っている様子です)

明日も引き続き、1/700航空母艦『加賀』の製作記事をご紹介します。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつも投票いただきありがとうございます)

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(現在受注が集中しているため、製作開始およびお届けにお時間を頂いております)
↓↓↓
mfhbana.jpg

1/700航空母艦『加賀』 その1

艦船模型製作代行のご依頼を受け、1/700航空母艦『加賀』のフルハルモデルを製作中です。

本日は艦載機の製作の様子をご紹介します。

1511271.jpg
今回の製作においては、お客様とのご相談で真珠湾攻撃第一次攻撃隊の零戦9機、艦攻26機のフル編成を搭載することになりました。キットはフジミ製を使用していますが、フジミ製の艦載機は数を揃えるのが難しく、主翼や脚が少し分厚すぎる点が気になりましたので、古くからお馴染の静岡模型協同組合の『日本航空母艦搭載機 前期セット』をベースにディティールアップを行いました。

1511272.jpg
このパーツは設計が古いため、脚が棒状になっている点が難点とも言えるのですが、機体の形状や主翼の薄さなどは現在の目で見てもけして悪くはなく、数を揃えるのにも苦労しなくて済むのでディティールアップベースとしてはたいへん便利です。

1511273.jpg
ディティールアップに使用したパーツは、ゴールドメダルモデルズのエッチングパーツです。各機種ごとの脚とプロペラが揃うので、今回は全機に取り付けを行いました。

1511274.jpg
脚を切り取り、エッチングに取り替えることで、下面のディティールが飛躍的に引き立ちました。プロペラの固定には0.2ミリの真鍮線を通す必要があることから、機首に0.3ミリの軸穴を開口しました。

1511275.jpg
塗装とデカール貼りを終え、プロペラを取り付けた様子。飛行機本体は少々古い製品を使用していますが、脚とプロペラがシャープになるだけでも現在の製品クオリティと遜色のない仕上がりとなりました。

1511276.jpg
船体の方は、週明けにはもう少し見せられる状態になっている予定ですが、本日のところは仮組状態をご紹介します。同時進行の武蔵の方も進めておりますので、加賀の完成日記の後に改めてご紹介します。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつも投票いただきありがとうございます)

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(現在受注が集中しているため、製作開始およびお届けにお時間を頂いております)
↓↓↓
mfhbana.jpg
プロフィール

HIGH-GEARed

Author:HIGH-GEARed
奈良市在住、スケールモデル販売業者「モデルファクトリーハイギヤード」の製作担当兼代表をしております。

また、渡辺真郎の名前で『月刊モデルアート』、『艦船模型スペシャル』等の模型雑誌の作例記事も書かせていただいております。

「プロモデラーの人ってどんな生活をしているの?」という疑問に少しでもお答えできるよう、業務日記と日常日記を織り交ぜた内容でお届けしております。

当ブログの作品紹介はホームページの補助的な役割で活用しており、ホームページの方をメインとして、模型作例を多数掲載しております。 ぜひご覧ください。

HIGH-GEARed HOBBY WORKS!!
↓↓↓
http://nabeck.web.fc2.com/

模型製作ご依頼はこちら(お気軽にお問い合わせください)
↓↓↓
http://nabeck.web.fc2.com/hg-mdf.htm

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR