1/500戦艦『大和』完成

艦船模型製作代行のご依頼を受けて製作していた1/500の戦艦大和が無事に完成しました。

キットはフジミから発売されているもので、2009年発売の比較的新しいキットです。  

ejirisama05.jpg
1/500戦艦『大和』全景。イメージ的には大和ミュージアムの1/10戦艦大和に近いでしょうか?比較的バランスの良い艦容です。

ejirisama06.jpg
同じく右舷前方からの見下ろしアングル。ディティールアップには、フジミ純正のエッチングパーツを使用し、艦橋窓枠などは汎用パーツを流用しました。

ejirisama07.jpg
低いアングルから見ると、大和坂の角度の付き方が良くわかります。主砲塔の後ろに見え隠れする副砲塔も魅力的です。

ejirisama08.jpg
左舷後部からの全景。幅の広い船体が頼もしく見えるアングルですね。個人的にも大和のこの角度は大変気に入っています。

ejirisama09.jpg
第一、第二主砲塔および第一副砲塔付近の様子。前甲板および主砲塔上部の機銃ブルワークはフジミ純正のエッチングパーツによるものです。

ejirisama10.jpg
艦橋付近の様子。フジミの1/500大和は、構造物および機銃シールド側面にびっしり入ったリベットのモールドが特徴的です。この点では、映画『男たちの大和』に登場した大和を彷彿とさせます。

ejirisama11.jpg
煙突出口やジャッキステー、艦橋背面のラッタルなどは、フジミ製エッチングの充実した部分です。探照灯はクリアー成形されているので反射鏡をシルバーで塗装した後、レンズ部分を塗り残して透明仕上げとしました。

ejirisama12.jpg
航空作業甲板は飛行機運搬軌条をエッチングに交換し、キットに付属の艦載機二機を搭載しました。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓

艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(現在受注が集中しているため、製作開始およびお届けにお時間を頂いております)
↓↓↓
mfhbana.jpg


スポンサーサイト

1/500戦艦『大和』製作中 その3

艦船模型製作代行のご依頼を受け、先週の1/700に引き続いて1/500の戦艦大和を製作しています。

キットはフジミから発売されているもので、2009年発売の比較的新しいキットです。

1411141.jpg
本日は対空兵装の製作と主要部分の塗装についてご紹介します。高角砲はシールド付き高角砲に手すりやシャッターのエッチングを取り付けました。砲身はいまどきのキットとしては珍しく、イモ付け指定になっているのでゼリー状の瞬間接着剤で仰角をつけて固定しました。

1411142.jpg
シールド付き25mm機銃にも手すりのエッチングを取り付けています。フジミの1/500戦艦大和の機銃シールドは、従来型と戦時急造型の2種類が用意され、台座の組み合わせが11パターンもあるので、説明書に従って間違いのないように組み立て、分類しておきました。これらの機銃シールドはリベットが前面にモールドさえていて、大変見応えがします。

1411143.jpg
主要部分の塗装を済ませ、各部品を船体および甲板の上に仮置きしてみました。今回は汚し塗装を予定しているので、構造物と甲板をそれぞれ別個に行い、後ほど固定する予定です。明日にはかなり完成に近い状態まで進むと思われますので、来週火曜日頃に完成写真を御紹介できればと思います。

10608121_2119575305_158large.jpg
なお余談ですが、16日の日曜日はトヨタ博物館で開催予定のMR2ミーティングに参加して参ります。一年に一度のイベントですので、是非とも楽しんでこようと思います。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓

艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(現在受注が集中しているため、製作開始およびお届けにお時間を頂いております)
↓↓↓
mfhbana.jpg


1/500戦艦『大和』製作中 その2

艦船模型製作代行のご依頼を受け、先週の1/700に引き続いて1/500の戦艦大和を製作しています。

キットはフジミから発売されているもので、2009年発売の比較的新しいキットです。

1411121.jpg
本日は中央構造物の製作の様子を御紹介します。ディティールアップパーツは流用できる市販品などはほとんどないので、主にフジミのパーツをメインとして使用しています。

1411122.jpg
フジミパーツのみの使用とはいえ、このキット特有の側面モールドの充実ぶりも相まって、かなり密度の高いディティールに仕上がりました。煙突周りのジャッキステーやファンネルキャップも比較的合いが良くて助かりましたが、メインマストの13号電探は非常に組み立てが難しい構成でした。また、15m測距儀の前面補強ブラケットはエッチングの強度がほとんどないため、正確に折り曲げるのに少々苦労しました。

1411123.jpg
艦橋後部のラッタルはフジミパーツの中でも特に力の入った部分で、説明書どおり組み込むことで実感的なレイアウトが再現可能です。説明書には特に指定はなかったのですが、踊り場には手すりを追加し、安全性を確保しておきました。

1411124.jpg
艦橋前面の様子。フジミの1/500戦艦大和は全体的に良くできたキットですが、艦橋窓枠の再現には少々疑問があります。第一艦橋の窓枠は防空指揮所のパーツにプラモールドで一体成型されており、グレーの成形となっているのですが、第二艦橋はなぜか透明プラで別パーツ化されています。フジミ純正のエッチングセットにもなぜか窓枠は含まれなかったので、汎用のエッチングを使用して置き換えました。 第二艦橋の窓枠は少々高さがあるようで、エッチングの地金の色合いも手伝って少々『ビックリ目』に見えますが、塗装をすることで少しは落ち着いた印象になるのではないかと考えています。

1411125.jpg
高角砲や追加の機銃などが配置される側面部。プラパーツは側面のリベットが見どころです。フジミのエッチングは、中央構造物付近の手すりや垂直に関しては取り付け指定がなく、専用パーツも用意されていないので、汎用の一本物のパーツを使い、セルフサービスで計測と切り出しを行いつつ、取り付けました。

当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓

艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(現在受注が集中しているため、製作開始およびお届けにお時間を頂いております)
↓↓↓
mfhbana.jpg





1/500戦艦『大和』製作中 その1

艦船模型製作代行のご依頼を受け、先週の1/700に引き続いて1/500の戦艦大和を製作しています。

キットはフジミから発売されているもので、2009年発売の比較的新しいキットです。

1411110.jpg
ちなみにこの写真は発売されてすぐに製作した時のものです。開業直後に製作したこともあって、1/500戦艦『大和』は個人的には思い出のキットでもあります。

1411111.jpg
箱のサイズは1/350並のボリュームです。私は2006年に、タミヤの旧1/350をベースとして、それなりに手を入れた仕様の大和を一度完成させていたのですが、その時(私自身の技術不足から)妥協した部分がこのキットではほぼ全て再現されており、「凄いキットが登場した!」と実感させられたものでした。

1411112.jpg
こちらはフジミから純正で発売されているエッチングパーツのセットです。このキットはラッタルや各種補強桁などがかなり強めのプラモールドで再現されているため、このエッチングを使用するためには削り取らなくてはいけない部分が多く、その点では「もともとラッタルなどのモールドがない1/700」や「エッチングを使用することを前提に別パーツ化されている1/350」とはまた異なる作りにくさがあります。

1411113.jpg
主砲塔の様子。砲塔関連は手すりやラッタルが専用設計されているので比較的手軽に作業ができますが、ラッタルのプラモールドはかなり強めに表現されているので平ノミ→デザインナイフ→ヤスリという順番で平滑に仕上げていく必要がありました。

1411114.jpg
副砲塔は外周を大判エッチングで覆う構成です。空中線支柱はキットではアシンメトリーな三脚配置になっていましたが、エッチングはシンメトリーになっていたので、脚の部分のみプラパーツを使用しました。

1411115.jpg
航空作業甲板の飛行機運搬軌条は、プラモールドを削り落としてエッチングに変えました。フジミのエッチングは軌条本体はセットされているのに旋回盤が付属しないので、旋回盤のみはキットのモールドを残して使用しました。また、軌条を削り取った部分のみ鉄甲板の継ぎ目が消えてしまうので、ラインチゼルを使って消えた継ぎ目を彫り直しました。

1411116.jpg
エッチングに変わった飛行機運搬軌条。夜間歩行帯の塗りわけの工程の関係で、歩行帯を跨ぐ部分の軌条のみ未取り付けです。

1411117.jpg
射出機とクレーンはキットパーツとエッチングを説明書通りに組み立てました。 明日は中央構造物をご紹介します。



当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓

艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(現在受注が集中しているため、製作開始およびお届けにお時間を頂いております)
↓↓↓
mfhbana.jpg





プロフィール

HIGH-GEARed

Author:HIGH-GEARed
奈良市在住、スケールモデル販売業者「モデルファクトリーハイギヤード」の製作担当兼代表をしております。

また、渡辺真郎の名前で『月刊モデルアート』、『艦船模型スペシャル』等の模型雑誌の作例記事も書かせていただいております。

「プロモデラーの人ってどんな生活をしているの?」という疑問に少しでもお答えできるよう、業務日記と日常日記を織り交ぜた内容でお届けしております。

当ブログの作品紹介はホームページの補助的な役割で活用しており、ホームページの方をメインとして、模型作例を多数掲載しております。 ぜひご覧ください。

HIGH-GEARed HOBBY WORKS!!
↓↓↓
http://nabeck.web.fc2.com/

模型製作ご依頼はこちら(お気軽にお問い合わせください)
↓↓↓
http://nabeck.web.fc2.com/hg-mdf.htm

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR