FC2ブログ

1/700戦艦『扶桑』フルハルモデル完成

艦船模型製作代行のご依頼をいただいて製作していた、1/700戦艦『扶桑』フルハルモデルが完成しました。

本日は、完成画像をご紹介します。

bnakatanisama36.jpg
1/700戦艦『扶桑』フルハルモデル、左舷側からの全景。1/700スケールの戦艦『扶桑』のフルハルキットは、フジミとアオシマから発売されておりますが、この作品はフジミのキットを製作したものです。

bnakatanisama35.jpg
右舷側からやや望遠気味に撮影したアングル。ディテールアップは(お客さまからのご指定で)汎用の手すりエッチングパーツと空中線の取り付けのみにとどまり、比較的、控えめなものとなりました。

bnakatanisama37.jpg
1/700戦艦『扶桑』フルハルモデル、左舷後方からの見下ろしアングル。フジミのキットは昭和13年当時を再現しており、艦橋上部には防空指揮所や電探類がなく、対空機銃も25mmの連装が8基のみという、シンプルな時代のものになります。

bnakatanisama38.jpg
右舷艦首から煙突付近にかけてのクローズアップ。艦橋はキットパーツをそのまま素組みしただけですが、パーツ数が非常に多いこともあって充分に見栄えがします。

bnakatanisama39.jpg
右舷中央部から艦尾にかけての様子。のちの仕様では艦尾付近に備わった航空作業甲板がお馴染みですが、この時代にはまだ
設置されておらず、シンプルな木甲板となっています。

bnakatanisama40.jpg
昭和13年当時の戦艦『扶桑』の搭載機は、第三主砲塔と隣り合った左舷側の軌条に備えられており、主砲塔上面に設置された射出機を使用して運用されていました。(艦載機は、キットに付属の九五式水偵を2機製作)

bnakatanisama41.jpg
フジミの1/700戦艦『扶桑』は、主砲身も最初から砲口が開口されており、素組みでもそれなりに見栄えがします。手すりはテトラモデルの汎用エッチングを現物合わせで取り付けたもので、簡易的な処理ながらもなかなか実感の高い仕上がりになりました。

来週前半は、今回の『扶桑』と同様に前後編と完成画像紹介の3回に分けて、フジミの1/700航空母艦『日向』フルハルモデルの製作記をご紹介します。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓
ninki01.png

艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

■メディア掲載情報
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo71』に、1/350戦艦『大和』作例記事掲載。全国書店にて発売中!
┣ イカロス出版『あさひ型モデリングガイド』に1/700護衛艦『しらぬい』作例記事掲載。全国書店にて発売中!
┗ モデルアート社出版『月刊MODEL Art 2019年4月号』に、1/700艦船模型作例記事掲載予定。2月末頃発売!

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(2019年2月10日更新! 取引例と模型誌作例の計32作品を一挙公開!)
↓↓↓
mfhbana.jpg


モデルファクトリーハイギヤード公式 スケールモデル完成品webショップ『CHERRY&ANCHOR』
(2019年2月7日、飛行機模型完成品新入荷!)
↓↓↓
crbana.jpg


■『奈良模型愛好会 春展2019』参加のご案内
┣ 日時:3月23日(土)13:00~20:00、24日(日)10:00~16:00
┣ 場所:サンタウンプラザ すずらん館1階 すずらんサークル(奈良県奈良市右京1丁目3-4)
┣ 交通:近鉄京都線「高の原駅」下車 徒歩5分
┗ 問い合わせ先:奈良模型愛好会 藤木 tkykfjk@icloud.com

スポンサーサイト

1/700戦艦『扶桑』フルハルモデル製作 その2

艦船模型製作代行のご依頼をいただき、1/700戦艦『扶桑』のフルハルモデルを製作中です。

今回は、上部構造物と主砲塔、艦載機&艦載艇などの製作の様子をご紹介します。

19022101.jpg
艦船模型の製作の中でも、割と手間がかかるのが艦載艇の製作です。戦艦『扶桑』には、それなりに多くの艦載艇が積まれていますので、キットパーツをひとつひとつ、筆で塗り分けました。

19022102.jpg
各艇を取り付けた様子。長官艇は後部の居住区を二色で塗り分けると模型映えがします。

19022103.jpg
続いては、煙突と後部艦橋の製作です。今回の製作ご依頼は、ディテールアップはほとんど施さず「手摺パーツと張り線のみを付けてほしい」という内容ですので、キットパーツをそのまま素組みしました。

19022104.jpg
主砲塔も同様です。フジミのキットは砲身の砲口が最初から開口されておりますので、パーティングラインとゲートの処理さえ丁寧に行えば、プラパーツのままでもそれなりに見栄えがします。

19022105.jpg
主砲塔と煙突&後部艦橋を取り付けた様子。フジミの『扶桑』のフルハルキットは、昭和13年時の設定ですので、第三主砲塔上部には射出機(カタパルト)が備わります。

19022106.jpg
艦橋は1/700スケールとはいえ、かなり複雑な構成となっており、総パーツ数は105個にも及びます。心理的には、一気に組み上げてから塗装をしたくなってしまうところですが、(この『扶桑』戦前の仕様ということでので)艦橋床面のリノリウム塗装を行う都合で、フロアごとに分割した状態で塗り分けを行いました。

19022107.jpg
組み上げ後の艦橋。少々手間がかかりましたが、床面が綺麗に塗り分けられた様子を見ると、苦労した甲斐がありました。なお、昭和13年の扶桑にはまだ防空指揮所が備わっていないこともあり、最終時の『扶桑 http://modelfactoryhg.blog.fc2.com/blog-entry-1279.html 』と比べると、随分と形状が異なることに気付かされます。

19022108.jpg
とはいえ、この不安定な形状の艦橋をとりつけると、いかにも『扶桑』らしさが増してきました。

19022109.jpg
艦載機は、九五式水偵です。パーツはクリアー成形されていたので、黒サフを下地に吹いて隠蔽してから三色の迷彩塗装を行いました。

19022110.jpg
あとは、汎用の手すりパーツと空中線、そしてスクリュー&機銃、菊花紋章などを取り付ければ完成です。

次回は、1/700戦艦『扶桑』フルハルモデルの完成写真をご紹介します。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓
ninki01.png

艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

■メディア掲載情報
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo71』に、1/350戦艦『大和』作例記事掲載。全国書店にて発売中!
┣ イカロス出版『あさひ型モデリングガイド』に1/700護衛艦『しらぬい』作例記事掲載。全国書店にて発売中!
┗ モデルアート社出版『月刊MODEL Art 2019年4月号』に、1/700艦船模型作例記事掲載予定。2月末頃発売!

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(2019年2月10日更新! 取引例と模型誌作例の計32作品を一挙公開!)
↓↓↓
mfhbana.jpg


モデルファクトリーハイギヤード公式 スケールモデル完成品webショップ『CHERRY&ANCHOR』
(2019年2月7日、飛行機模型完成品新入荷!)
↓↓↓
crbana.jpg


■『奈良模型愛好会 春展2019』参加のご案内
┣ 日時:3月23日(土)13:00~20:00、24日(日)10:00~16:00
┣ 場所:サンタウンプラザ すずらん館1階 すずらんサークル(奈良県奈良市右京1丁目3-4)
┣ 交通:近鉄京都線「高の原駅」下車 徒歩5分
┗ 問い合わせ先:奈良模型愛好会 藤木 tkykfjk@icloud.com

1/700戦艦『扶桑』フルハルモデル製作 その1

艦船模型製作代行のご依頼をいただき、1/700戦艦『扶桑』のフルハルモデルを製作中です。

本日からは、この『扶桑』の製作記をご紹介します。

19022001.jpg
1/700の戦艦『扶桑』のフルハルキットは、フジミとアオシマから発売されていますが、今回製作しているのは(お客さまからお持ち込みいただいた)フジミの帝国海軍シリーズのキットです。

19022002.jpg
アオシマのキットはフルハル専用船体を新規設計したものですが、フジミキットは従来の特シリーズの船体上部に船底のパーツを取り付ける構成となっており、接着部の幅を揃えるためのフレームが3枚付属しています。

19022003.jpg
また、プラ製の飾り台も付属しているのですが、今回は使用せずに、木製台座と真鍮製の飾り脚に切り替えました。

19022004.jpg
船底パーツ裏側に穴を開けて、飾り脚固定用のナットを仕込んだら、船体上部の接着を行います。その際、(形状を安定させるために)内側のランナーは切り離さずに接着を行い、完全に固着したあとに取り除きました。

19022005.jpg
その後、甲板パーツを接着して船体の下処理は完了です。

19022006.jpg
船体上部と船底パーツの合いはそれほど悪いわけではないのですが、そのままでは若干段差がでてしまいますので、捨てサフを吹いた上で吃水線に沿ってサンディングを行いました。(側面の垂直部分は、板張りのペーパーで処理すれば美しく仕上がります)

19022007.jpg
船体上下の合わせ目処理を終えたら、副砲やダビット、錨やフェアリーダーなどを取り付けて塗装に移ります。

19022008.jpg
塗装順は、オキサイドレッドのサーフェイサーを下地に、「船底色→外舷色→甲板色」の順番で行いました。まだ構造物や主砲などは一切乗っていない状態ですが、扶桑型戦艦は長大な船体を持っていることもあって、この状態でも割と絵になります。

19022009.jpg
その後、甲板に設置する細やかな装備品を個別に塗装して取り付けました。フジミの『扶桑』は、(1/700であるにも関わらず)1/350に近いパーツ分割になっているため、非常に多くのゲートの処理を必要としました。

19022010.jpg
小物類を取り付けた『扶桑』の船体。副砲の防水キャンパスにも色を入れたせいか、日本戦艦らしい雰囲気が出てきました。私の場合、舷梯はエッチングで組む場合はタン系の塗装を施すのですが、今回はプラパーツをそのまま使用するため、ウッドブラウン塗装で主張を抑えた仕上げとしました。

次回も、1/700戦艦『扶桑』フルハルモデルの製作の様子をご紹介します。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓
ninki01.png

艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

■メディア掲載情報
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo71』に、1/350戦艦『大和』作例記事掲載。全国書店にて発売中!
┣ イカロス出版『あさひ型モデリングガイド』に1/700護衛艦『しらぬい』作例記事掲載。全国書店にて発売中!
┗ モデルアート社出版『月刊MODEL Art 2019年4月号』に、1/700艦船模型作例記事掲載予定。2月末頃発売!

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(2019年2月10日更新! 取引例と模型誌作例の計32作品を一挙公開!)
↓↓↓
mfhbana.jpg


モデルファクトリーハイギヤード公式 スケールモデル完成品webショップ『CHERRY&ANCHOR』
(2019年2月7日、飛行機模型完成品新入荷!)
↓↓↓
crbana.jpg


■『奈良模型愛好会 春展2019』参加のご案内
┣ 日時:3月23日(土)13:00~20:00、24日(日)10:00~16:00
┣ 場所:サンタウンプラザ すずらん館1階 すずらんサークル(奈良県奈良市右京1丁目3-4)
┣ 交通:近鉄京都線「高の原駅」下車 徒歩5分
┗ 問い合わせ先:奈良模型愛好会 藤木 tkykfjk@icloud.com

1/700戦艦『扶桑』完成

本日は艦船模型製作代行のご依頼を頂いて製作していた、戦艦『扶桑』の完成写真をご紹介します。

kawaguchisama10b.jpg
フジミ1/700戦艦『扶桑』昭和19年、右舷前方からの全景です。ディティールアップはフジミ純正の『G-up72 日本海軍戦艦 扶桑 専用エッチングパーツ エッチング』をメインに使用し、25mm機銃および12.7cm連装高角砲にファインモールド製のナノドレッドシリーズのパーツを使用しました。

kawaguchisama11b.jpg
フジミ1/700戦艦『扶桑』昭和19年、右舷後方からの全景。フジミから発売されている1/700の戦艦『扶桑』は昭和10年、13年、16年という具合に多数のバリエーションが発売されていますが、この昭和19年のモデルは対空兵装が可能な限り増備されていることが特徴的です。

kawaguchisama12b.jpg
船首から艦橋にかけての様子。錨鎖は精密チェーンに交換し、艦橋周りは完成したら見えなくなる内部まできっちりとエッチングを組み込みました。

kawaguchisama13b.jpg
船体中央部。艦橋を挟んで前後に取り付けられた36cm連装砲と無数の25mm機銃群が印象的です。ナノドレッドシリーズの機銃は非常に精密にできているため、多数積んでもオーバースケール感が出ないのが嬉しいところです。

kawaguchisama14b.jpg
後部艦橋から船尾の航空作業甲板にかけてのクローズアップ。艦橋後ろに連装砲塔4基を背負った姿はなんとも壮麗で、完成当時、世界最強クラスの戦艦であったことを実感させてくれます。

kawaguchisama15b.jpg
そして扶桑といえば、何といっても細長く積み上げられた前部艦橋が特長的です。フジミのキットは1/350をそのまま縮小したような構成でパーツも細かく、手の入れ甲斐がありました。なお、後部フレームのエッチングはあまり合いが良いとはいえず、そのまま組むと艦橋が前傾してしまうので、プラパーツの一部を削るなどしてバランスの修正を行いました。

kawaguchisama16b.jpg
中央部のクローズアップ。平らで広い甲板には非常にたくさんの25mm機銃が配置されています。最終時の扶桑には単装、連装、三連装の機銃が3種類が積まれているため、ひとつひとつを塗装して切り出し、防盾を取り付けて配置するのはかなり作業量となりました。(その甲斐あって、模型映えはバッチリです)

なお、当工房の年内の艦船模型の製作予定ですが、現在は1/700航空母艦『翔鶴』、『龍鳳』、『瑞鳳』、駆逐艦『天津風』を進めております。

また、1/72で陸上自衛隊の10式戦車と機動戦闘車の製作も同時に進めておりますので、これらの製作の様子もおいおい御紹介して参ります。(雑誌作例も年内にもう一作発表します)

今年もあとわずかとなりましたが、ラストスパートをかけて参りますので引き続き当ブログをよろしくお願い申し上げます。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつも投票いただきありがとうございます)

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(現在受注が集中しているため、製作開始およびお届けにお時間を頂いております)
↓↓↓
mfhbana.jpg

1/700戦艦『扶桑』製作

本日は1/700戦艦『武蔵』の完成記事以来、久しぶりの艦船模型の製作記事をご紹介します。

この作品は先週の時点で既に完成しているのですが、御紹介が遅れていたので改めて製作中の写真などを公開いたします。

1512171.jpg
艦船模型製作代行のご依頼をいただいて製作していたのは、フジミの1/700戦艦『扶桑』の昭和19年版です。

1512172.jpg
ディティールアップはフジミから発売されている純正エッチングパーツをメインに使用し、機銃、高角砲などをファインモールド製のナノドレッドシリーズのパーツに交換する方法で行いました。その他、錨鎖を精密チェーンに換えて空中線を追加する等、当工房のスタンダードなディティールアップも追加しています。

1512173.jpg
フジミの純正エッチングは煙突周りが充実している事が多いのですが、扶桑も煙突内部の導板や出口カバー、ジャッキステーや探照灯架台などが充実した内容になっています。13号電探は少々組み立てにくい構成ですが、精密感が非常に高く、効果の高いパーツです。

1512174.jpg
後部艦橋の様子。非常高い位置に設置された12.7cm高角砲が印象的です。フジミの純正エッチングには、ヤードのフットロープやマストの昇降ラッタルも付属しています。

1512175.jpg
扶桑最大の特徴とも言える艦橋は、キットパーツ、エッチングパーツともに充実した内容となっています。窓枠やフレームの一部、信号ヤードはもちろん、内部に収まって見えなくなるラッタル類まで再現されており、まるで1/350の艦橋を組み立てているような感覚に陥りました。

1512176.jpg
後部からの様子。1/700でヤード信号灯が別パーツになっているキットは珍しく、いかに気合をいれて開発されたキットであるかが伝わってきます。 相変わらず説明書に間違いや指示抜けが目立つのがもったいないところですが、個人的には1/700の戦艦キットの中でもかなり完成度の高い製品ではないかと思いました。

完成写真は週明け月曜日に公開しますので、艦船模型や戦艦扶桑にご興味のございます方は是非ご覧くださいませ。

明日は一旦、別の艦船模型ネタをご紹介します。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつも投票いただきありがとうございます)

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(現在受注が集中しているため、製作開始およびお届けにお時間を頂いております)
↓↓↓
mfhbana.jpg


プロフィール

HIGH-GEARed

Author:HIGH-GEARed
奈良市在住、スケールモデル販売業者「モデルファクトリーハイギヤード」の製作担当兼代表をしております。

また、渡辺真郎の名前で『月刊モデルアート』、『艦船模型スペシャル』等の模型雑誌の作例記事や考証記事を書かせていただいております。

このところ、無記名のコメント(名無し、通りすがり)などが増えております。HN記載のない投稿は全て削除しますので、ご注意ください

インターネット上とはいえ、人間同士の交流の場としてコメント欄を公開しておりますので、マナーをお守りいただき、フェアなお付き合いをよろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR