1/700戦艦『扶桑』完成

本日は艦船模型製作代行のご依頼を頂いて製作していた、戦艦『扶桑』の完成写真をご紹介します。

kawaguchisama10b.jpg
フジミ1/700戦艦『扶桑』昭和19年、右舷前方からの全景です。ディティールアップはフジミ純正の『G-up72 日本海軍戦艦 扶桑 専用エッチングパーツ エッチング』をメインに使用し、25mm機銃および12.7cm連装高角砲にファインモールド製のナノドレッドシリーズのパーツを使用しました。

kawaguchisama11b.jpg
フジミ1/700戦艦『扶桑』昭和19年、右舷後方からの全景。フジミから発売されている1/700の戦艦『扶桑』は昭和10年、13年、16年という具合に多数のバリエーションが発売されていますが、この昭和19年のモデルは対空兵装が可能な限り増備されていることが特徴的です。

kawaguchisama12b.jpg
船首から艦橋にかけての様子。錨鎖は精密チェーンに交換し、艦橋周りは完成したら見えなくなる内部まできっちりとエッチングを組み込みました。

kawaguchisama13b.jpg
船体中央部。艦橋を挟んで前後に取り付けられた36cm連装砲と無数の25mm機銃群が印象的です。ナノドレッドシリーズの機銃は非常に精密にできているため、多数積んでもオーバースケール感が出ないのが嬉しいところです。

kawaguchisama14b.jpg
後部艦橋から船尾の航空作業甲板にかけてのクローズアップ。艦橋後ろに連装砲塔4基を背負った姿はなんとも壮麗で、完成当時、世界最強クラスの戦艦であったことを実感させてくれます。

kawaguchisama15b.jpg
そして扶桑といえば、何といっても細長く積み上げられた前部艦橋が特長的です。フジミのキットは1/350をそのまま縮小したような構成でパーツも細かく、手の入れ甲斐がありました。なお、後部フレームのエッチングはあまり合いが良いとはいえず、そのまま組むと艦橋が前傾してしまうので、プラパーツの一部を削るなどしてバランスの修正を行いました。

kawaguchisama16b.jpg
中央部のクローズアップ。平らで広い甲板には非常にたくさんの25mm機銃が配置されています。最終時の扶桑には単装、連装、三連装の機銃が3種類が積まれているため、ひとつひとつを塗装して切り出し、防盾を取り付けて配置するのはかなり作業量となりました。(その甲斐あって、模型映えはバッチリです)

なお、当工房の年内の艦船模型の製作予定ですが、現在は1/700航空母艦『翔鶴』、『龍鳳』、『瑞鳳』、駆逐艦『天津風』を進めております。

また、1/72で陸上自衛隊の10式戦車と機動戦闘車の製作も同時に進めておりますので、これらの製作の様子もおいおい御紹介して参ります。(雑誌作例も年内にもう一作発表します)

今年もあとわずかとなりましたが、ラストスパートをかけて参りますので引き続き当ブログをよろしくお願い申し上げます。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつも投票いただきありがとうございます)

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(現在受注が集中しているため、製作開始およびお届けにお時間を頂いております)
↓↓↓
mfhbana.jpg
スポンサーサイト

1/700戦艦『扶桑』製作

本日は1/700戦艦『武蔵』の完成記事以来、久しぶりの艦船模型の製作記事をご紹介します。

この作品は先週の時点で既に完成しているのですが、御紹介が遅れていたので改めて製作中の写真などを公開いたします。

1512171.jpg
艦船模型製作代行のご依頼をいただいて製作していたのは、フジミの1/700戦艦『扶桑』の昭和19年版です。

1512172.jpg
ディティールアップはフジミから発売されている純正エッチングパーツをメインに使用し、機銃、高角砲などをファインモールド製のナノドレッドシリーズのパーツに交換する方法で行いました。その他、錨鎖を精密チェーンに換えて空中線を追加する等、当工房のスタンダードなディティールアップも追加しています。

1512173.jpg
フジミの純正エッチングは煙突周りが充実している事が多いのですが、扶桑も煙突内部の導板や出口カバー、ジャッキステーや探照灯架台などが充実した内容になっています。13号電探は少々組み立てにくい構成ですが、精密感が非常に高く、効果の高いパーツです。

1512174.jpg
後部艦橋の様子。非常高い位置に設置された12.7cm高角砲が印象的です。フジミの純正エッチングには、ヤードのフットロープやマストの昇降ラッタルも付属しています。

1512175.jpg
扶桑最大の特徴とも言える艦橋は、キットパーツ、エッチングパーツともに充実した内容となっています。窓枠やフレームの一部、信号ヤードはもちろん、内部に収まって見えなくなるラッタル類まで再現されており、まるで1/350の艦橋を組み立てているような感覚に陥りました。

1512176.jpg
後部からの様子。1/700でヤード信号灯が別パーツになっているキットは珍しく、いかに気合をいれて開発されたキットであるかが伝わってきます。 相変わらず説明書に間違いや指示抜けが目立つのがもったいないところですが、個人的には1/700の戦艦キットの中でもかなり完成度の高い製品ではないかと思いました。

完成写真は週明け月曜日に公開しますので、艦船模型や戦艦扶桑にご興味のございます方は是非ご覧くださいませ。

明日は一旦、別の艦船模型ネタをご紹介します。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつも投票いただきありがとうございます)

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(現在受注が集中しているため、製作開始およびお届けにお時間を頂いております)
↓↓↓
mfhbana.jpg


フジミ1/700 戦艦『扶桑』 完成

艦船模型製作代行のご依頼をいただいて製作をさせていただいていた、フジミの1/700戦艦『扶桑』が完成しました。

ishigurosama86.jpg
これまで、扶桑型戦艦はアオシマとピットロードのキットを製作したことがありますが、フジミ製のキットは今回が初めてです。

ishigurosama87.jpg
ディティールアップはお客様のご指定で、フジミ純正のエッチングパーツの他、ジョーワールドの「1/700 IJN「扶桑」飛行機作業甲板セット(for FUJIMI)」および、ファインモールドのナノドレッドシリーズの扶桑型戦艦用セットを使用しています。

ishigurosama88.jpg
1/700フジミ戦艦扶桑、右舷および左舷よりの全景。ファインモールド製ナノドレッドシリーズの扶桑型戦艦用セットの25mm機銃には防盾のエッチングパーツが含まれていないため、今回はファインモールドの別売りエッチング『AM-46』と『AM-47』を追加しました。このエッチングは残念ながら、もう店頭在庫のみになってしまったので、今後、25mm機銃の照準器再現は非常に難しくなりました。

ishigurosama89.jpg
フジミ1/700戦艦扶桑、船首周りの様子。錨鎖は精密チェーンに交換し、主なディティールはフジミのエッチングを使用しています。

ishigurosama90.jpg
前部艦橋は、エッチングを組むとバランスを取るのが少々難しいですが、1/350で先に扶桑型戦艦を開発しているフジミだけに、精密感あふれる仕上がりです。

ishigurosama91.jpg
煙突周りもエッチングが多用され、精密感あふれる仕上がりです。25mm機銃は今回は連装16基、三連装4基、単装36基もあるので、防盾と照準器の取り付けに少々、集中力を要しました。


なお、明後日からは、フロッグフットのレジンキット、1/700計画艦『鷹野』の製作記を掲載予定です。

1/700キットとしては、少々長い製作記となる予定ですが、よろしくお願いいたします。




当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓

艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(現在受注が集中しているため、製作開始およびお届けにお時間を頂いております)
↓↓↓
mfhbana.jpg

フジミ1/700戦艦『扶桑』 製作中 その2

艦船模型製作代行のご依頼を受け、フジミの1/700戦艦『扶桑』を製作中です

1402071.jpg
本日は、大方の部品の塗装が終わり主要構造物もあらかた組みあがりました。この角度で見ると、扶桑独特のアンバランスな艦橋の細長さが際立ちますね。

1402072.jpg
側面から見た様子。フジミの扶桑は、アオシマキットと比較してパーツ数が多く、ディティールには優れますが、それだけにバランスを崩さずに組み立てるにはそれなりに気を使うところが多いキットという印象です。

1402073.jpg
本日までに主要部分が組みあがったので、あとは構造物の細部および、手すりなどのエッチングの取り付けと飛行機、機銃、張り線を残すのみです。来週月曜日には完成写真を掲載できると思いますので、ご興味のある方はぜひご覧ください。




当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓

艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(現在受注が集中しているため、製作開始およびお届けにお時間を頂いております)
↓↓↓
mfhbana.jpg

フジミ1/700戦艦『扶桑』 製作中 

艦船模型製作代行のご依頼を受け、1/700戦艦『扶桑』を製作中です。

1/700戦艦『扶桑』といえば、これまでに1/700旧アオシマキットを筆頭に、ピットロードのハイモールドレジンキット、そしてリニューアル版のアオシマキットと3種類を製作してきますが、今回はお客様のご希望で、初めてのフジミ版を製作しております。

1402061.jpg
製作は、フジミのキットにフジミのエッチングを取り付けた仕様をベースに、ファインモールドのナノドレッドシリーズのパーツ(扶桑用を使用し、機銃に別売り防盾等を追加)を組み込み、更にはジョーワールドの航空作業甲板のエッチングを組み合わせたものになります。写真は煙突と後部艦橋ですが、ほとんどフジミ純正エッチングのみの仕上げで、「フジミキット+フジミエッチング」の充実ぶりが良くわかります。

1402062.jpg
こちらは6基搭載される主砲塔の様子。フジミのエッチングは1941年版と1944年版の両方に対応しています。(今回制作しているのは、1944年版です)

1402063.jpg
前部艦橋は、塗装工程の関係で一部の手すりや支柱をまだ取り付けていませんが、仮組み段階でこのような感じです。ほとんど1/350をそのまま1/700スケールに縮小したようなパーツ構成で、1/700の限界に挑んだようなディティールになっています。

1402064.jpg
航空作業甲板は、ジョーワールドのエッチングを使用しています。こちらも塗装工程の関係で、まだ飛行機運搬軌条や旋回盤が取り付けていませんが、明日には船体や各構造物も含めて、塗装後の状況をご紹介できればと思います。



当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓

艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(現在受注が集中しているため、製作開始およびお届けにお時間を頂いております)
↓↓↓
mfhbana.jpg

プロフィール

HIGH-GEARed

Author:HIGH-GEARed
奈良市在住、スケールモデル販売業者「モデルファクトリーハイギヤード」の製作担当兼代表をしております。

また、渡辺真郎の名前で『月刊モデルアート』、『艦船模型スペシャル』等の模型雑誌の作例記事も書かせていただいております。

「プロモデラーの人ってどんな生活をしているの?」という疑問に少しでもお答えできるよう、業務日記と日常日記を織り交ぜた内容でお届けしております。

当ブログの作品紹介はホームページの補助的な役割で活用しており、ホームページの方をメインとして、模型作例を多数掲載しております。 ぜひご覧ください。

HIGH-GEARed HOBBY WORKS!!
↓↓↓
http://nabeck.web.fc2.com/

模型製作ご依頼はこちら(お気軽にお問い合わせください)
↓↓↓
http://nabeck.web.fc2.com/hg-mdf.htm

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR