1/700航空母艦『翔鶴』マリアナ沖海戦時 完成

本日は、艦船模型製作代行のご依頼を頂いて製作していたフジミの1/700航空母艦『翔鶴』の完成写真をご紹介します。

tomiyamasama01b.jpg
フジミ1/700航空母艦『翔鶴』、右舷前方からの全景。フジミの1/700翔鶴は1941年と1942年の仕様は発売されているのですが、マリアナ沖海戦時のキットは発売されていないので、ベースキットには装備の近い1944年の瑞鶴を使用しました。

tomiyamasama02b.jpg
フジミ1/700航空母艦『翔鶴』、左舷後部からの全景。飛行甲板上の搭載機は、お客様のご希望で零戦16機・彗星18機・天山9機としました。

tomiyamasama03b.jpg
右舷船首から艦橋にかけての様子。ディティールアップにはフジミ純正の『G-up50 日本海軍航空母艦 瑞鶴 1944 専用エッチングパーツ』を使用しました。

tomiyamasama04b.jpg
右舷中央部の様子。12.7cm連装高角砲はシールドなしのものはファインモールド製のナノドレッドシリーズのパーツを使用し、シールドつきのものはピットロードのNE06『新WW2 日本海軍艦船装備セット (6)』に含まれるパーツに置き換えました。

tomiyamasama05b.jpg
右舷後部の様子。ピットロード製のシールド付き高角砲と25mm三連装機銃が目立つアングルです。高角砲の射界制限枠は0.3ミリの真鍮線で自作しました。

tomiyamasama06b.jpg
前部飛行甲板のクローズアップ。甲板上の繋止眼環は0.3ミリのドリルでひとつひとつ開口しました。白線や『シ』の識別文字等にはデカールは使用せず、塗装で仕上げております。

tomiyamasama07b.jpg
左舷中央部のクローズアップ。25mm三連装機銃は全てファインモールド製のナノドレッドシリーズのパーツ(防盾付き)に取り替えました。

tomiyamasama08b.jpg
搭載機は一定数を揃えやすいウォーターラインシリーズの『日本空母搭載機後期セット』を3箱使用し、ファインモールド製の『AM16 1/700 日本海軍艦載機用パーツセット 後期』にてディティールアップを行いました。この編成を再現するには、搭載機のセットが3箱、ファインモールドのエッチングが7枚必要になります。

tomiyamasama09b.jpg
ずらりと整列した艦載機群はかなりの迫力です。日本海軍が機動部隊としての体裁を整えて最後に行った攻撃隊発艦の場面だけに、模型として完成させるのは感慨深いものがありました。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつも投票いただきありがとうございます)

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(現在受注が集中しているため、製作開始およびお届けにお時間を頂いております)
↓↓↓
mfhbana.jpg
スポンサーサイト

1/700航空母艦『翔鶴』製作

本日は、艦船模型製作代行のご依頼を頂いて製作していた、1/700航空母艦『翔鶴』のマリアナ沖海戦時を御紹介します。

この作品は本日中に既に完成したのですが、製作工程をまだ掲載していなかったので、同時製作の『龍鳳』の分と一緒に仕上げた艦載機の製作も含めて9枚の写真にまとめました。

1512221b.jpg
まずは艦載機の製作からです。お客様のご希望機数は(龍鳳と合わせて)零戦37機、彗星18機、天山18機の合計73機ということですので、一定数を揃えやすいウォーターラインシリーズの『日本空母搭載機後期セット』を3箱使用しました。このセットは脚周りなどが少々前時代的な設計になっていますが主翼などが薄くプロポーションも良くて改造ベースとしては非常に使いやすく、気に入っています。

1512222b.jpg
ディティールアップはお客様の相談のうえ、ファインモールド製の『AM16 1/700 日本海軍艦載機用パーツセット 後期』を使用しました。写真には6枚のエッチングが写っていますが、実際には7枚を使用しており、定価で換算するとパーツ代だけで9,000円オーバーという豪華な内容となりました。

1512223b.jpg
日本航空母艦搭載機後期セットに含まれる艦載機の脚とスピナーを切り取り、脚のエッチングを一機ずつ取り付けました。ファインモールドのパーツは数を揃えると少々高価ですが、零戦の増槽や天山の魚雷も再現できるのが強みです。

1512224b.jpg
パーツの取り付けと塗装、デカール貼りを終えた73機の攻撃隊の様子です。

1512225b.jpg
写真上側は零戦52型、左下は彗星艦爆、右下は天山艦攻です。白淵付きの日の丸デカールは日本航空母艦搭載機後期セットには含まれていないので、他のセットからの流用を行いました。主翼の識別帯の黄色は塗装による再現です。

1512226b.jpg
続いて、空母本体の製作です。今回のご依頼は、航空母艦『翔鶴』のマリアナ沖海戦時を再現してほしいという内容でしたので、増設機銃や電探装備など、マリアナでの翔鶴に比較的装備が近い、最終時の瑞鶴のキットをベースに製作を行いました。ディティールアップには左下に写っているフジミ『G-up50 日本海軍航空母艦 瑞鶴 1944 専用エッチングパーツ』を使用しました。右下に写っている木製甲板シールは、付属の制動策やエレベーター等のエッチングを使用するために導入したもので、甲板シール本体の使用は(段付きが目立つ事になるので)見送りました。

1512227b.jpg
塗装前の様子。キット、パーツともに最終時の瑞鶴をベースとしているため、噴進砲関係のスポンソンや通路、ラッタルなどを省略しています。その際、スポンソンに繋がる舷外通路などのパーツが異なってくるので、注意して組み立てました。また、パーツの組み換えによって手摺のパーツなどが一部が不足するため、汎用パーツから補填しました。

1512228b.jpg
写真の段階ではまだ取り付けていませんが、機銃、高角砲、錨や探照灯、9メートルカッターなどもファインモールド製のナノドレッドシリーズのパーツに交換し、シールド付き高角砲や運貨艇などはピットロードのNEシリーズのパーツに置き換えました。エッチングのシャープさも相まって、精密感のある仕上げです。

1512229b.jpg
自作系のディティールアップもふんだんに取り入れています。舷側の外板継ぎ目はサーフェーサーの圧吹きによって生じる段差を利用したもので、飛行甲板には0.3ミリのドリルを使用して繋止眼環を再現しました。白線などの標示類もデカールは使用せず、マスキング&塗装によって再現するなど、手間のかかった仕上げとしております。

明日は、完成写真をご紹介します。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつも投票いただきありがとうございます)

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(現在受注が集中しているため、製作開始およびお届けにお時間を頂いております)
↓↓↓
mfhbana.jpg

1/700航空母艦『翔鶴1942』完成

艦船模型製作代行のご依頼を受けて製作していた、1/700航空母艦『翔鶴』が完成しました。


taniguchisama24.jpg
1/700の翔鶴はタミヤとフジミから発売されていますが、今回はお客様のご希望によりフジミキットを使用しました。ディティールアップにはフジミ純正のエッチングパーツと木製甲板に付属のエッチングを使用しています。(木製甲板シールは使用せず、木甲板は塗装仕上げです) その他、対空兵装や探照灯にはファインモールド製のナノドレッドシリーズのパーツを使用し、張り線を追加してオーソドックスなディティールアップ仕様としました。

taniguchisama25.jpg
その他、手を入れた部分はシールドなしの25mm三連装機銃と12.7cm連装高角砲をファインモールド製ナノドレッドシリーズのパーツに交換たほか、飛行甲板上の探照灯を展開状態とし、同じくナノドレッドシリーズの探照灯に交換の上、レンズ部分を透明に塗り分けました。

taniguchisama26.jpg
左舷後部よりの全景。お客様のご希望により、飛行甲板の白線および紅白の表示にはデカールは使用せず、全て塗装で仕上げました。発色も鮮やかで模型映えのする仕上がりです。

taniguchisama27.jpg
左舷から見た船首部の様子。エレベーターと遮風柵のエッチングはフジミの木製甲板セットに付属のものを使用しています。

taniguchisama28.jpg
左舷後部の様子。後部短艇甲板の一部はリノリウム甲板のモールドが施されているため、リノリウム色の塗り分けを行いました。昭和17年(1942年)の仕様ということで、飛行甲板左舷中央部には21号電探を装備しています。

taniguchisama29.jpg
右舷船首付近の様子。翔鶴の艦名を示す『シ』の文字は、着艦標示とともに塗装にて表現しました。赤城、飛龍とは異なる大型の風向き表示も印象的です。

taniguchisama30.jpg
艦橋頂部にも21号電探を装備し、姉妹艦の瑞鶴より一足先にハイテク化した姿が印象的です。

taniguchisama31.jpg
右舷後部の様子。飛行甲板、外舷ともに汚し塗装はごく弱めとしました。整備の良く行きとどいた船のメカニカル感を意識した仕上げです。



当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓



艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ


艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(現在受注が集中しているため、製作開始およびお届けにお時間を頂いております)
↓↓↓
mfhbana.jpg




プロフィール

HIGH-GEARed

Author:HIGH-GEARed
奈良市在住、スケールモデル販売業者「モデルファクトリーハイギヤード」の製作担当兼代表をしております。

また、渡辺真郎の名前で『月刊モデルアート』、『艦船模型スペシャル』等の模型雑誌の作例記事も書かせていただいております。

「プロモデラーの人ってどんな生活をしているの?」という疑問に少しでもお答えできるよう、業務日記と日常日記を織り交ぜた内容でお届けしております。

当ブログの作品紹介はホームページの補助的な役割で活用しており、ホームページの方をメインとして、模型作例を多数掲載しております。 ぜひご覧ください。

HIGH-GEARed HOBBY WORKS!!
↓↓↓
http://nabeck.web.fc2.com/

模型製作ご依頼はこちら(お気軽にお問い合わせください)
↓↓↓
http://nabeck.web.fc2.com/hg-mdf.htm

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR