1/700航空母艦『瑞鳳』完成

艦船模型製作代行のご依頼をいただいて製作していた1/700航空母艦『瑞鳳』が完成しました。

本日は、完成写真をご紹介します。

inamorisama01b.jpg
1/700航空母艦『瑞鳳』、右舷前部からの全景。1/700の航空母艦『瑞鳳』はハセガワとフジミから発売されていますが、今回はお客様のご希望でハセガワの艦これパッケージのキットをお持ち込み頂いての製作となりました。迷彩塗装は基本的にハセガワの塗装指示に従い、白線や風向き標示、着艦標識なども全て(デカールは一切使用せずに)塗装で仕上げました。

inamorisama02b.jpg
1/700航空母艦『瑞鳳』、左舷前部からの全景。ハセガワの瑞鳳は少々設計が古いため、そのまま製作するだけでは現行キットの完成品と並べた時にバランスが悪くなるため、ディティールアップパーツを使用したスタンダードなディティールアップに加えて、船体周りの小加工も同時に行いました。

inamorisama03b.jpg
右舷船首付近の様子。ディティールアップパーツは、ハセガワの3S-014をメインとし、レインボーモデルの汎用手摺、フジミのラッタルや21号電探、ライオンロアの飛行機&人員救助網などを使用しました。

inamorisama04b.jpg
右舷船尾付近の様子。対空兵装はシールドなしの12.7cm連装高角砲および25mm連装、三連装機銃をファインモールド製のナノドレッドシリーズのパーツに置き換え、シールドつきの高角砲や機銃、噴進砲などはピットロード製の新艦船装備セット(NEシリーズ)のパーツに交換しました。

inamorisama05b.jpg
左舷船首付近の様子。錨鎖は精密チェーンに取り替え(写真には写っていませんが)艦橋窓枠もモールドを切り取った上でハセガワのエッチングパーツへの交換を行いました。錨本体と探照灯もファインモールド製のナノドレッドシリーズのパーツを使用しています。

inamorisama06b.jpg
左舷後部の様子。噴進砲はキットではスポンソンに一体成型されて味気なかったので、スポンソン本体をプラ板で自作したものに取り替え、噴進砲はピットロードのパーツを取り付けました。また、ハセガワの瑞鳳はスポンソン下部の支柱が三角片として船体に一体成型されており、(現在の目で見ると)少々実感に欠ける設計になっていましたので、モールドを切削のうえ、プラ丸棒で自作しました。

inamorisama07b.jpg
艦載機はキットの指定どおり、付属の零戦52型と天山を全機塗装し、ファインモールドのプロペラのエッチングを取り付けました。また、後期型艦載機の特有の白淵付きの日の丸デカールはキットには含まれていなかったので、ピットロードの艦載機セットから流用しています。

明日は今年最後の艦船模型完成品となる、1/700駆逐艦『天津風』の完成写真をご紹介します。



当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつも投票いただきありがとうございます)

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(現在受注が集中しているため、製作開始およびお届けにお時間を頂いております)
↓↓↓
mfhbana.jpg
スポンサーサイト
プロフィール

HIGH-GEARed

Author:HIGH-GEARed
奈良市在住、スケールモデル販売業者「モデルファクトリーハイギヤード」の製作担当兼代表をしております。

また、渡辺真郎の名前で『月刊モデルアート』、『艦船模型スペシャル』等の模型雑誌の作例記事も書かせていただいております。

「プロモデラーの人ってどんな生活をしているの?」という疑問に少しでもお答えできるよう、業務日記と日常日記を織り交ぜた内容でお届けしております。

当ブログの作品紹介はホームページの補助的な役割で活用しており、ホームページの方をメインとして、模型作例を多数掲載しております。 ぜひご覧ください。

HIGH-GEARed HOBBY WORKS!!
↓↓↓
http://nabeck.web.fc2.com/

模型製作ご依頼はこちら(お気軽にお問い合わせください)
↓↓↓
http://nabeck.web.fc2.com/hg-mdf.htm

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR