1/700駆逐艦『時雨』 完成

艦船模型製作代行のご依頼をいただいて製作していた、ピットロードの1/700駆逐艦『時雨』が完成しました。

本日は完成写真を御紹介します。

booisama121.jpg
ピットロード1/700白露型駆逐艦『時雨』、左舷前方からの全景。キットは新艦船装備セット(NEシリーズ)パーツが付属したものを使用し、その他、ファインモールド製のナノドレッドシリーズやファイブスターモデルのスーパーディティールアップセット、レインボーモデルやGenuine modelの各パーツを使用して細部までディティールアップを施しました。

booisama122.jpg
ピットロード1/700白露型駆逐艦『時雨』、右舷前方のやや見下ろし視点での全景。ピットロードの白露型のキットは、現在の目で見ると少々前時代的なものですが、多数のディティールアップパーツを盛り込むことで繊細な仕上げとする事が出来ました。

booisama123.jpg
左舷後部から見下ろしアングルで見ると、エッチングに切り替えたリノリウム押さえや主砲、発射管、煙突などに無数に取り付けたジャッキステーの様子なども良くわかります。

booisama124.jpg
右舷からの様子。お客様のご希望で、今回は舷梯と係船桁を展開した状態としました。

booisama125.jpg
艦橋はファイブスターモデルのレジンパーツとエッチングパーツを組み合わせたものです。舷側の外板継ぎ目はサーフェーサーの塗膜の段差を利用したモールド追加を行い、エッチングの舷外電路を取り付けました。(ホーサーリールは、レインボーモデルのパーツを使用しています)

booisama126.jpg
船体中央部の様子。マストは前部、後部ともにファイブスターモデルのエッチングを組み立てたもので、舵柄信号標と速力標、弾片防御ロープやマントレットには汎用パーツを使用しました。

booisama127.jpg
魚雷および爆雷の運搬軌条も全てモールドを削り取り、ファイブスターモデルのエッチングに交換し、切り替えられた魚雷運搬軌条には予備の魚雷も搭載しています。

booisama128.jpg
1/700の駆逐艦となると、全長は15cm程度で非常に小型ですが、スーパーディティールアップセットを用いることでかなり密度のある内容で製作を行うことができました。 最近はこのような小型艦にも、豪華な内容のディティールアップパーツが揃っており、駆逐艦ファンにとっては嬉しい時代がやって参りました。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつも投票いただきありがとうございます)

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(現在受注が集中しているため、製作開始およびお届けにお時間を頂いております)
↓↓↓
mfhbana.jpg


■次回、模型展示会参加のご案内
┣『モデラーズ フェスティバル 2016』
┣ 11月5日(土) 午前11時~午後6時
┃ 11月6日(日) 午前10時~午後4時
┣ 開催場所: 大阪 ATC ITM 棟 10 階 大阪デザイン振興プラザ デザインギャラリー
┗ 公式サイト:http://modefes.tumblr.com/
スポンサーサイト

1/700駆逐艦『時雨』 製作中 その2

昨日に引き続き、ピットロードの1/700白露型駆逐艦『時雨』の製作の様子を御紹介します。

1610041.jpg
船体側面のディティールアップの次は、甲板です。ピットロードのキットは表面にリノリウム押さえ金具がモールドされていますが、今回はお客様のご希望でエッチングへの切り替えを行いました。

1610042.jpg
なお、リノリウム押さえのエッチングはファイブスターモデルのパーツセットには含まれていないので、レインボーモデルのパーツを使用しました。

1610043.jpg
モールドを削り取り、エッチングの押さえ金具に取り替えた様子。中央付近の魚雷の運搬軌条や、船尾の爆雷関係の装備品、船首の錨鎖モールドなどは(全て別パーツで作り直すために)一旦平滑に慣らしました。

1610044.jpg
艦橋は全てファイブスターモデルのパーツを組み立てたもので、レジンパーツとエッチングパーツを組み合わせる構成です。艦橋内部の双眼望遠鏡は、セットに含まれていなかったのでGenuine modelnのパーツを使用しました。

1610045.jpg
主砲身はファイブスターモデルの真鍮挽き物パーツです。キットのプラ砲身を切り取り、残った防水キャンパスの先端に0.3ミリのドリルで取り付け穴を開けてから接着しました。

1610046.jpg
個別に組み立ててきたパーツを仮組してみた様子。第二砲塔跡地に設置された機銃座はエッチングで、煙突両脇のスポンソン支柱はプラ丸棒による自作です。

1610047.jpg
係船桁は、お客様のご希望で展開した状態で取り付けました。その際、お客様からはロープなどの塗り分けについて細かくご指摘を受けましたので、そのご指示に忠実な色合わせを行いました。

1610048.jpg
船体に取り付け、支策を張った様子。船尾の爆雷関係の装備品や後部マスト、魚雷発射管や運搬軌条などのディティールアップの様子もご覧いただけます。

1610049.jpg
主砲塔は本体にピットロードのNEシリーズパーツを使用し、ファイブスターモデルのジャッキステーや背面扉、空中線支柱などを取り付けました。

16100410.jpg
前部マストやカッターもファイブスターモデルのパーツです。 明日は完成画像を御紹介します。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつも投票いただきありがとうございます)

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(現在受注が集中しているため、製作開始およびお届けにお時間を頂いております)
↓↓↓
mfhbana.jpg


■次回、模型展示会参加のご案内
┣『モデラーズ フェスティバル 2016』
┣ 11月5日(土) 午前11時~午後6時
┃ 11月6日(日) 午前10時~午後4時
┣ 開催場所: 大阪 ATC ITM 棟 10 階 大阪デザイン振興プラザ デザインギャラリー
┗ 公式サイト:http://modefes.tumblr.com/

1/700駆逐艦『時雨』 製作中 その1

本日からは、艦船模型製作代行のご依頼作品のピットロード1/700駆逐艦『時雨』の製作記を2回に分けてご紹介します。

1610031k.jpg
以前、当ブログで9月下旬に製作予定の作品として、空母『天城』と記載しておりましたが、お客様とのご相談の結果、製作品は駆逐艦の『時雨』に変更になりました。キットはピットロードの製品で、白露型の後期型を装備品を再現しています。

1610032k.jpg
ディティールアップは、お客様からお持ち込み頂いたファイブスターモデルのスーパーディティールセットをメインとして使用しました。

1610033k.jpg
パーツ内容は5枚のエッチングに加え、艦橋やボートなどのレジンパーツ、真鍮挽き物製の砲身などが盛り込まれた非常に豪華な内容のものです。

1610034k.jpg
レジンパーツの艦橋は3パーツ構成で、キットのままでは少々彫りの浅いカッターや煙突も含まれています。なお、右上に写っている棒状のパーツは予備の魚雷で、機能感を高めるアクセサリーとして非常に嬉しい付属品です。

1610035k.jpg
キット自体は少々前時代的な製品で、甲板と一体成型された船体下部には非常に大きなバリがあり、また舷側全面に至って非常に大きなヒケがあるため、下処理は慎重に行う必要がありました。

1610036k.jpg
また、船体全体がエビ反っていたので、吃水板を接着する段階で水平になるように調整し――

1610037k.jpg
サーフェイサーの塗膜の段差で外板の継ぎ目モールドを追加し、舷外電路を追加しました。

明日は甲板のディティールアップや構造物、武装の製作の様子などを御紹介します。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつも投票いただきありがとうございます)

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(現在受注が集中しているため、製作開始およびお届けにお時間を頂いております)
↓↓↓
mfhbana.jpg


■次回、模型展示会参加のご案内
┣『モデラーズ フェスティバル 2016』
┣ 11月5日(土) 午前11時~午後6時
┃ 11月6日(日) 午前10時~午後4時
┣ 開催場所: 大阪 ATC ITM 棟 10 階 大阪デザイン振興プラザ デザインギャラリー
┗ 公式サイト:http://modefes.tumblr.com/

1/700駆逐艦『天津風』完成

艦船模型製作代行のご依頼を頂いて製作していた、1/700駆逐艦『天津風』が無事に完成しました。

本日は完成画像をご紹介します。

inamorisama08b.jpg
1/700駆逐艦『天津風』、左舷前方からの全景。1/700の天津風のキットは、アオシマとピットロードから発売されていますが、今回はお客様よりのお持ち込みでアオシマの艦これパッケージのキットを製作しました。

inamorisama09b.jpg
1/700駆逐艦『天津風』、右舷前方からの全景。ディティールアップや仕上げのレベルは以前に製作したアオシマの1/700雪風に合わせてほしいというご要望がございましたので、使用するパーツも雪風製作の時と同じフジミの『G-up29 日本海軍駆逐艦 雪風 専用エッチングパーツ』をメインに、ファインモールド製のナノドレッドシリーズの25mm連装、三連装機銃を組み合わせる等のスタンダードなディティールアップを施しました。

inamorisama10b.jpg
左舷後部からの全景。陽炎型駆逐艦ならではの充実した兵装が魅力的です。

明日は初冬から年末にかけてのプライベートを振り返ります。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつも投票いただきありがとうございます)

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(現在受注が集中しているため、製作開始およびお届けにお時間を頂いております)
↓↓↓
mfhbana.jpg

1/700駆逐艦『雪風』完成

本日はブログ更新日ではないのですが、5日連続の作品完成となった記念に(?)臨時更新します。

艦船模型製作代行のご依頼をいただいて製作していた、1/700駆逐艦『雪風』が完成しました。

キットはアオシマから発売されている「艦これ」パッケージのものをベースに、各種エッチングとナノドレッドパーツなどを使用してディティールアップを施しました。

toujinbarasama48.jpg
アオシマ1/700駆逐艦『雪風』全景。陽炎型駆逐艦のキットはフジミとアオシマ、ピットロードでバッティングしていますが、組み立てやすさという点ではアオシマ製が最もお勧めです。

toujinbarasama49.jpg
後部からの全景。アオシマの『艦これ』パッケージのキットは大戦末期の姿を再現しています。水雷戦に特化した大戦初期の姿も良いですが、防空艦と化した後期の姿も精悍で頼もしいですね。

toujinbarasama50.jpg
艦橋周りのクローズアップ。錨鎖にはフラグシップの精密チェーンを使用し、艦橋窓枠や門型クレーンはエッチングパーツに交換しました。、

toujinbarasama51.jpg
中央構造物の様子。25mm三連装機銃はファインモールドのナノドレッドシリーズのパーツを使用しています。信号灯や13号電探、機銃ブルワークなどもエッチングに換えることでシャープに仕上がりました

toujinbarasama52.jpg
後部の様子。爆雷装填台および投下軌条が見どころです。日本海軍駆逐艦の機能美は見ていて惚れ惚れするようなかっこよさに満ちていますね。

今月は1/700戦艦『大和』、1/500戦艦『大和』と、大和の製作記事が続く予定です。レポートが一時中断していた、『奈良模型愛好会第7回展示会』のレポートも再開しますので、ぜひご覧ください。



当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓

艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(現在受注が集中しているため、製作開始およびお届けにお時間を頂いております)
↓↓↓
mfhbana.jpg



プロフィール

HIGH-GEARed

Author:HIGH-GEARed
奈良市在住、スケールモデル販売業者「モデルファクトリーハイギヤード」の製作担当兼代表をしております。

また、渡辺真郎の名前で『月刊モデルアート』、『艦船模型スペシャル』等の模型雑誌の作例記事も書かせていただいております。

「プロモデラーの人ってどんな生活をしているの?」という疑問に少しでもお答えできるよう、業務日記と日常日記を織り交ぜた内容でお届けしております。

当ブログの作品紹介はホームページの補助的な役割で活用しており、ホームページの方をメインとして、模型作例を多数掲載しております。 ぜひご覧ください。

HIGH-GEARed HOBBY WORKS!!
↓↓↓
http://nabeck.web.fc2.com/

模型製作ご依頼はこちら(お気軽にお問い合わせください)
↓↓↓
http://nabeck.web.fc2.com/hg-mdf.htm

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR