1/700航空母艦『大鳳』完成

本日は、艦船模型製作代行のご依頼で製作を進めていた1/700航空母艦『大鳳』の完成写真をご紹介します。

btaniguchisama55.jpg
フジミ1/700航空母艦『大鳳』、右舷前方からの全景。フジミの1/700『大鳳』は木甲板仕様とリノリウム甲板仕様の2種類が発売されていますが、今回はお客様のご希望で木甲板仕様をベースにしました。

btaniguchisama56.jpg
フジミ1/700航空母艦『大鳳』、左舷前方からの全景。ディティールアップのメインには、フジミの『G-up36 日本海軍航空母艦 大鳳専用エッチングパーツ』を使用し、同じく『G-up37 日本海軍航空母艦 大鳳 専用木甲板シール』に付属のエッチング(エレベーター、着艦制動策など)を併用しました。

btaniguchisama57.jpg
フジミ1/700航空母艦『大鳳』、左舷後部からの全景。木甲板の表現は(G-up37に付属の木製シールは使用せず)、塗装で行いました。また、白線および赤線、後部の着艦標示などもデカールは使用せずに全て塗装で仕上げております。

btaniguchisama58.jpg
右舷船首付近の様子。大鳳独特のエンクローズドバウが近代的な艦容を演出しています。

btaniguchisama59.jpg
右舷艦橋付近。フジミの純正エッチングパーツは艦橋周りのパーツが充実しているため、煙突内部やジャッキステー、21号&13号電探、艦橋窓枠などが精密に仕上がりました。

btaniguchisama60.jpg
右舷船尾付近の様子。応急舵の取り付けはお客様のご希望によるもので、ハセガワのエッチングパーツを使用して追加しました。また、舷外電路の追加もご要望いただきましたので、フライホークの汎用パーツを取り付けています。

btaniguchisama61.jpg
船首付近を左舷から見た様子。比較的シンプルで洗練された大鳳の艦容の中にあって、飛行甲板船首付近の赤ラインは良いアクセントになりました。

btaniguchisama62.jpg
艦橋付近を左舷から見た様子。航空母艦は右舷からと左舷からで、それぞれ表情が異なって見える点が面白いです。

btaniguchisama63.jpg
左舷後部の様子。無数に張られた着艦制動策は、流星などの大型機に対応した三式制動装置です。

明日は1月のプライベートを総括します。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつも投票いただきありがとうございます)

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(現在受注が集中しているため、製作開始およびお届けにお時間を頂いております)
↓↓↓
mfhbana.jpg
スポンサーサイト

1/700航空母艦『大鳳』 製作の様子

艦船模型製作代行のご依頼を頂き、フジミの1/700航空母艦『大鳳』を製作しておりました。

この作品は既に完成済みですが、製作の様子をまたアップしておりませんのでしたので、本日は作業中の写真をご紹介します。

1601291.jpg
フジミの航空母艦『大鳳』のキットには、飛行甲板を木甲板の仕様にしたものと、リノリウム甲板としたものの2種が発売されていますが、今回はお客様のご希望で木甲板のキットをベースとしました。ディティールアップに使用したパーツは、フジミの純正エッチングと純正木製甲板シールがメインとなります。

1601292.jpg
エレベーターや着艦制動策などのエッチングは木製甲板シールに付属のものを使用しました。(木甲板については塗装表現を御指定いただいているので、シールの方は残念ながら不要になります)

1601293.jpg
フジミの純正エッチングパーツを組み込み、船体と飛行甲板、艦橋などの仮組を終えた様子です。

1601294.jpg
フジミパーツの多くは煙突内部の仕切りや出口形状、ジャッキステーの表現に凝っているものが多いですが、大鳳用のパーツも例に漏れず、艦橋と煙突周りがたいへん充実しています。

1601295.jpg
『大鳳』のエンクローズドバウから舷側にかけての形状は洗練度が高く、側面のイメージは比較的シンプルなものになりました。

1601296.jpg
なお、フジミキットでは舷外電路は(恐らく内蔵式と想定して)モールドされておりませんが、今回はお客様より取り付けてほしいというご要望がございましたので、汎用エッチングパーツを使用して再現しました。


1601297.jpg
起倒式アンテナマストも組み終わり、飛行甲板の標示類は、先に白線のホワイトを塗装してからマスキングを施す方法での塗装再現となりました。

次回の更新では完成画像をご紹介します。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつも投票いただきありがとうございます)

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(現在受注が集中しているため、製作開始およびお届けにお時間を頂いております)
↓↓↓
mfhbana.jpg

フジミ1/700 航空母艦『大鳳(甲板黒塗装)』 完成

艦船模型製作代行のご依頼をいただいていた、フジミの1/700航空母艦『大鳳』が完成しました。

takeisama30.jpg
手前が大鳳、奥に見えるのが同時進行で同時に完成した、航空母艦『信濃』です。現在発売中の『艦船模型スペシャルNo51』と同じ組み合わせですが、ご依頼自体は昨年から2隻まとめていただいておりましたので、このタイミングでこの2隻の製作となったのは、全くの偶然です。

takeisama31.jpg
艦船模型スペシャルでは、木甲板仕様の大鳳を製作しましたが、今回はお客様のご要望により、鉄甲板をイメージしたものとしました(ラテックス甲板キット使用)。なお、甲板の塗装は、レイテ沖での大和型戦艦のイメージで、黒く塗装してほしいというご要望をいただきましたので、ミッドナイトブルーで全体を塗装させていただきました。

takeisama32.jpg
キットはフジミ製を使用し、ディティールアップも同じく、フジミ製のエッチングパーツをメインに使用しました。25mm機銃は、ファインモールド製のナノドレッドシリーズのリニューアルパーツを使用しています。

takeisama33.jpg
低いアングルで見た大鳳。近代的かつ、洗練された姿からは、新鋭空母としての期待感が伝わってきます。

takeisama34.jpg
飛行甲板前部。遮風柵は、工期短縮の関係で無可動だったという説もありますが、お客様のご要望で立てた状態としました。フジミのエッチングは、この部分のディティールが優れているので、大変模型映えがする部分です。

takeisama36.jpg
羅針艦橋のハンモックは、実戦経験をしていない信濃と、実戦経験のある大鳳を差別化するために、お客様にご要望をいただいた部分です。マスト上のZ旗も、同じお客様のご要望により、追加しました。

takeisama35.jpg
艦橋と一体化した煙突は、若干煤けた表現としています。黒甲板は、木甲板とはまた違った精悍さがありますね。

takeisama37.jpg
搭載機はお客様のご希望により、零戦52型8機、彗星艦爆8機、天山艦攻8機の、合計24機としました。搭載機はお客様にお持ち込みをいただいたもので、全てフジミ製としています。

takeisama38.jpg
せっかくなので、木甲板とのツーショットも撮影してみました。「甲板の仕上げが違うと、ここまで印象が変わるのか?」と、思い知らされるような一枚です。




当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓

艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(現在受注が集中しているため、製作開始およびお届けにお時間を頂いております)
↓↓↓
mfhbana.jpg
プロフィール

HIGH-GEARed

Author:HIGH-GEARed
奈良市在住、スケールモデル販売業者「モデルファクトリーハイギヤード」の製作担当兼代表をしております。

また、渡辺真郎の名前で『月刊モデルアート』、『艦船模型スペシャル』等の模型雑誌の作例記事も書かせていただいております。

「プロモデラーの人ってどんな生活をしているの?」という疑問に少しでもお答えできるよう、業務日記と日常日記を織り交ぜた内容でお届けしております。

当ブログの作品紹介はホームページの補助的な役割で活用しており、ホームページの方をメインとして、模型作例を多数掲載しております。 ぜひご覧ください。

HIGH-GEARed HOBBY WORKS!!
↓↓↓
http://nabeck.web.fc2.com/

模型製作ご依頼はこちら(お気軽にお問い合わせください)
↓↓↓
http://nabeck.web.fc2.com/hg-mdf.htm

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR