FC2ブログ

1/700航空母艦『大鳳』完成

艦船模型製作代行のご依頼をいただいて製作していた、フジミの1/700航空母艦『大鳳』が完成しました。

本日は完成写真をご紹介します。

(今回の完成写真は、全17枚の拡大版でお届けします!)

bkurodasama001.jpg
1/700日本海軍航空母艦『大鳳』、右舷前方からの見下ろしアングル。1/700の『大鳳』は、タミヤとフジミから発売されていますが、今回の製作ではフジミキットをベースに製作させていただきました。

bkurodasama002.jpg
右舷艦首から艦橋構造物にかけてのクローズアップ。『大鳳』はエンクローズドバウであるため、舷側のディテールは間延びしがちです。そこで今回は、外板継ぎ目のモールドを塗膜の段差で表現し、汎用エッチングで舷外電路を追加。更にプラ角棒で汚水捨管を自作しました。

bkurodasama003.jpg
艦橋のクローズアップ。ディテールアップにはアーティストホビーのスーパーディテールセットを使用し、飛行甲板も大判のエッチング甲板に切り替えました。羅針艦橋の外壁や防空指揮所、見張りスポンソンや蒸気捨管ステーなどは全てエッチングに切り替え、精密な双眼鏡や伝声管に負けないシャープさを実現しています。

bkurodasama004.jpg
艦橋付近をやや後方から見下ろした様子。煙突は内部の仕切りを再現し、側面にはジャッキステーを沿わせました。右舷と左舷を指向している探照灯はファインモールド製のナノドレッドシリーズのパーツを使用し、反射鏡をシルバーで塗装するとともにレンズ部分を塗り残すことで、ガラスレンズのイメージを表現しています。

bkurodasama005.jpg
右舷の起倒式マスト付近。艦載機は零戦52型、彗星、天山を各6機ずつの18機を搭載し、倒した状態のマストには、メタルリギングにて空中線を追加しました。

bkurodasama006.jpg
右舷艦尾付近。飛行機救助網&人員救助網は、ともに弛みを表現し、短艇甲板後部には汎用エッチングにて応急舵を装備させました。9mカッターはファインモールド製のナノドレッドシリーズのパーツによるもので、クライプバンドやリギング、救命浮標などを追加して密度あるディテール感を演出しています。

bkurodasama007.jpg
飛行甲板後端部の見上げアングル。裏側のトラス状の補強材はアーティストホビーのスーパーディテールセットに付属のエッチングによるもので、舵柄信号標はレインボーモデルのパーツを使用しました。(チラリと覗く、ピットロード製内火艇のキャンパスフレームも良いワンポイントになっています)

bkurodasama008.jpg
フジミ1/700航空母艦『大鳳』、右舷後部からの全景。飛行甲板は木甲板の設定で製作し、白線などの表示類は全て塗装にて再現しました。

bkurodasama009.jpg
一方、こちらは左舷前方からの全景。『大鳳』の飛行甲板は(強度甲板として設計されていることから)伸縮接手はなく、エレベーターも2基のみということで、比較的洗練された雰囲気があります。

bkurodasama010.jpg
同じく、左舷の後方からの全景。巨大な艦橋と長大な船体が印象的なアングルですが、こうして見ると飛行甲板幅は意外と狭いことに気付かされます。

bkurodasama011.jpg
フジミ1/700航空母艦『大鳳』、左舷艦首から中央部付近のクローズアップ。艦首開口部のフェアリーダーはナノドレッドパーツに切り替え、ボラードもアドラーズネストの真鍮挽物パーツに切り替えました。なお、考証では、『大鳳』の遮風柵は未稼働状態で出撃したという説がありますが、今回は(お客さまとご相談のうえ)模型映えを優先して立てた状態に設定しております。

bkurodasama012.jpg
艦中央部と艦橋左舷側の様子。羅針艦橋周りには防弾ロープを張り巡らせ、作戦行動時の緊張感を演出しました。長10cm高角砲は砲身を真鍮挽物パーツに切り替え、スポンソンには真鍮線で自作した高角砲射界制限枠を取り付けました。

bkurodasama013.jpg
艦載機はグレートウォールホビー(ライオンロア)の後期型の艦載機セットを1セット使用しました。このセットは、脚やプロペラがディフォルトでエッチング仕様となっており、そのままでも充分に精密な仕上がりとなるのですが、今回は更に風防をレインボーモデルのエッチングに切り替え、アンテナ線を追加したほか、ホビーエレメンツのデカールで機体番号の再現も行いました。

bkurodasama014.jpg
また、武装もほぼ全て手を入れており、25mm機銃および機銃射撃式装置にはファインモールド製のナノドレッドパーツを使用しました。

bkurodasama015.jpg
飛行甲板後端部の左舷側の見上げアングル。この角度だと、舵柄信号標や自作した外板継ぎ目、モンキーラッタルなどのディテール感も良くわかります。

bkurodasama016.jpg
重装甲空母『大鳳』ならではの頼もしさが伝わる、左舷後方からの見下ろしアングル。当時の日本海軍の『大鳳』にかける期待の大きさが伝わってきます。

bkurodasama017.jpg
作品は自作のオーク材の台座に固定し、オーダーメイドアクリルケースをセットしました。精密完成品に相応しい、高級感のある仕上げです。

以上で、1/700航空母艦『大鳳』の完成写真の紹介を終わりますが、更に大きい写真で見たいという方は、こちらのアドレスに倍程度のサイズの写真を掲載しておりますのでぜひクリックしてご覧ください
↓↓↓
http://nabeck.web.fc2.com/kurodasama01.htm

今回の『大鳳』は、当工房がこれまで手掛けてきた1/700航空母艦作品の中でも、特に手の込んだ一作になりました。

豪華なディテールアップ内容で製作をご依頼いただきましたお客さまに、心より御礼申し上げます。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓
ninki01.png

艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

■メディア掲載情報
┣ イカロス出版『あさひ型モデリングガイド』に1/700護衛艦『しらぬい』作例記事掲載。全国書店にて発売中!
┣ イカロス出版『いずも型護衛艦モデリングガイド』に、1/700作例記事掲載予定。2019年5月24日発売予定!
┣ モデルアート社出版『月刊MODEL Art 19年8月号』に、模型製作解説記事掲載予定。2019年6月26日発売予定!
┗ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo73』に、1/700作例記事掲載予定。2019年8月15日発売予定!


艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(2019年2月10日更新! 取引例と模型誌作例の計32作品を一挙公開!)
↓↓↓
mfhbana.jpg


モデルファクトリーハイギヤード公式 スケールモデル完成品webショップ『CHERRY&ANCHOR』
(2019年5月15日、1/350軽巡洋艦『矢矧』完成品、新入荷!)
↓↓↓
crbana.jpg

●同人創作イベント『関西コミティア55』参加のお知らせ
┣ 開催日:2019年5月26日(日) 11:00 ~ 15:30
┣ 開催場所:インテックス大阪 2号館
┣ 最寄り駅:地下鉄『中ふ頭』『トレードセンター前』『コスモスクエア』駅
┣ 出展スペースNo:I-27【極星堂】 https://www.aksd.net/
┗ イベント公式サイト: https://www.k-comitia.com/
スポンサーサイト

1/700航空母艦『大鳳』製作記 その15

艦船模型製作代行のご依頼を頂き、フジミの1/700航空母艦『大鳳』を製作中です。

本日は艦橋製作の後編で、『大鳳』製作記の最終回となります。

19051601.jpg
『大鳳』の防空指揮所のディテールアップは、塗装と前後して行いました。写真はファイブスターモデルの真鍮挽物製の伝声管で、ラッパの部分を折り曲げたのち、パイプ部分を着色してとりつけています。

19051602.jpg
艦橋の塗装は船体と同様に、外舷色の基本色をベースに、光の当たる部分に明色、陰となる部分に暗色の3色を使い分け、立体感を強調した仕上げとしました。

19051603.jpg
防空指揮所の各種観測機器にはレジンパーツを使用し、その傍らにファイブスターモデルの伝声管を配置しました。羅針艦橋周りには防弾ロープも配置し、戦闘状態の緊張感を演出しています。

19051604.jpg
1/700航空母艦『大鳳』、艦橋左舷からの全景。エッチングとレジンと真鍮挽物パーツの良さを各部に生かすことができました。

19051605.jpg
1/700航空母艦『大鳳』、艦橋右舷からの全景。蒸気捨管やジャッキステーなど、見ごたえのあるディテールが集中しています。艦橋右舷にたくさん設けられた吸気孔カバーは、アーティストホビーのパーツによるものです。

19051606.jpg
ディテールアップを完了した艦橋を船体に取り付けた様子。艦橋前の機銃座のみ、まだ取り付けが済んでいませんが、これで、ほぼ全てのパーツの取り付けを完了しました。この時点で、艶消しのUVカットクリアーによるコーティングを行い、機銃と菊花紋章を取り付けて完成となります。

19051607.jpg
25mm三連装機銃は、例によってファインモールド製のナノドレッドシリーズのパーツを取り付けました。防盾付きの仕様で、大戦後期の艦に似合うパーツです。空中線は全て、0.1号のメタルリギングにて処理しました。

19051608.jpg
最後は、大鳳を収めるケースの作成です。台座はオーク材を必要な寸法に切り出し、ワトコオイルのナチュラルフィニッシュで軽く色付けを行いました。

19051609.jpg
オイルを吸わせては磨き、吸わせては磨きという作業を3度ほど繰り返すと、オーク材はとても味わい深い発色になります。このうえに3mm厚のアクリル板を敷き、カバーを固定するための足掛かりとしました。(普段、艦スぺ誌に掲載している作例と同様の方法です)

19051610.jpg
無事に仕上がった『大鳳』を、台座に固定すれば、いよいよ完成となります。

次回は、1/700航空母艦『大鳳』の完成画像をご紹介します。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓
ninki01.png

艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

■メディア掲載情報
┣ イカロス出版『あさひ型モデリングガイド』に1/700護衛艦『しらぬい』作例記事掲載。全国書店にて発売中!
┣ イカロス出版『いずも型護衛艦モデリングガイド』に、1/700作例記事掲載予定。2019年5月24日発売予定!
┣ モデルアート社出版『月刊MODEL Art 19年8月号』に、模型製作解説記事掲載予定。2019年6月26日発売予定!
┗ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo73』に、1/700作例記事掲載予定。2019年8月15日発売予定!


艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(2019年2月10日更新! 取引例と模型誌作例の計32作品を一挙公開!)
↓↓↓
mfhbana.jpg


モデルファクトリーハイギヤード公式 スケールモデル完成品webショップ『CHERRY&ANCHOR』
(2019年5月15日、1/350軽巡洋艦『矢矧』完成品、新入荷!)
↓↓↓
crbana.jpg

●同人創作イベント『関西コミティア55』参加のお知らせ
┣ 開催日:2019年5月26日(日) 11:00 ~ 15:30
┣ 開催場所:インテックス大阪 2号館
┣ 最寄り駅:地下鉄『中ふ頭』『トレードセンター前』『コスモスクエア』駅
┣ 出展スペースNo:I-27【極星堂】 https://www.aksd.net/
┗ イベント公式サイト: https://www.k-comitia.com/

1/700航空母艦『大鳳』製作記 その14

艦船模型製作代行のご依頼を頂き、フジミの1/700航空母艦『大鳳』を製作中です。

本日は、小物の取り付けの続きと艦橋製作の前編をご紹介します。

19051501.jpg
前回の人員救助網の取り付けに引き続き、飛行機救助網の取り付けを行います。人員救助網が縦方向のアールを付けたのに対し、飛行機救助網は支柱に沿って横方向に弛みをつけてから取り付けました。

19051502.jpg
艦中央部付近に取り付けた飛行機救助網。フジミの純正パーツは少々大味なものでしたが、アーティストホビーのパーツでシャープに仕上がりました。

19051503.jpg
一方、起倒式マストに関してはフジミの純正パーツの方が強度がありそうでしたので、メタルリギングの取り付けに備えてフジミパーツをチョイスしました。

19051504.jpg
マストの設定は、お客さまのご希望に合わせて倒した状態としております。

19051505.jpg
続いては、艦橋の製作です。大鳳の艦橋は大型のものとあって、アーティストホビーのスーパーディテールセットの中でも最もパーツ数が充実している部分です。艦橋外壁と防空指揮所のブルワークは、そっくりそのままエッチングに切り替え、天蓋も一枚モノのパーツを二枚張りしたものに置き換えます。

19051506.jpg
また、煙突はジャッキステーと蒸気捨管の補強板に加え、煙突内部の仕切りまでが再現可能となっています。

19051507.jpg
艦橋のディテールアップで最も神経を使う部分は、艦橋窓枠上部の整流装置です。まず、縦方向に入る桟を正確に貼り付け――

19051508.jpg
続いて、外周のカバーを重ねます。この部分は接着剤を少しでも付けすぎるとせっかくのディテールが埋まってしまうため、慎重に作業しました。

19051509.jpg
その甲斐あって、整流装置は下から見ても綺麗に抜けてくれました。

次回は、艦橋製作記の後編をご紹介します。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓
ninki01.png

艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

■メディア掲載情報
┣ イカロス出版『あさひ型モデリングガイド』に1/700護衛艦『しらぬい』作例記事掲載。全国書店にて発売中!
┣ イカロス出版モデリングガイド新刊に、1/700作例記事掲載予定。2019年5月24日発売予定!
┣ モデルアート社出版『月刊MODEL Art 19年8月号』に、模型製作解説記事掲載予定。2019年6月26日発売予定!
┗ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo73』に、1/700作例記事掲載予定。2019年8月15日発売予定!


艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(2019年2月10日更新! 取引例と模型誌作例の計32作品を一挙公開!)
↓↓↓
mfhbana.jpg


モデルファクトリーハイギヤード公式 スケールモデル完成品webショップ『CHERRY&ANCHOR』
(2019年5月15日、1/350軽巡洋艦『矢矧』完成品、新入荷!)
↓↓↓
crbana.jpg

●同人創作イベント『関西コミティア55』参加のお知らせ
┣ 開催日:2019年5月26日(日) 11:00 ~ 15:30
┣ 開催場所:インテックス大阪 2号館
┣ 最寄り駅:地下鉄『中ふ頭』『トレードセンター前』『コスモスクエア』駅
┣ 出展スペースNo:I-27【極星堂】 https://www.aksd.net/
┗ イベント公式サイト: https://www.k-comitia.com/

1/700航空母艦『大鳳』製作記 その13

艦船模型製作代行のご依頼を頂き、フジミの1/700航空母艦『大鳳』を製作中です。

本日は、船体周りの小物の取り付けの様子をご紹介します。

19051401.jpg
舷側の9mカッターは、ファインモールド製のナノドレッドシリーズのパーツに置き換え、リギングとクライプバンドを追加してディテールの密度を高めました。また、舷梯もハセガワの汎用パーツに交換し、海魂の救命浮標なども取り付けております。

19051402.jpg
長10cm連装高角砲は真鍮挽物砲身に切り替え、射界制限枠は0.3mmの真鍮線で自作しました。(シールドなしの機銃射撃装置も、ナノドレッドパーツに切り替え済みです)

19051403.jpg
着艦指導灯と艦尾信号灯は、アーティストホビーのスーパーディテールアップセットのものを使用し――。

19051404.jpg
艦中央部よりやや艦尾側両舷と、右舷艦首付近に取り付けました。

19051405.jpg
大鳳の飛行甲板上の遮風柵は考証では未稼働のままだったという説もありますが、今回はお客さまとご相談の上、立てた状態に設定しました。(それにともない、メタルリギングで策の追加も行っております)

19051406.jpg
飛行甲板周りの処理もいよいよ終盤です。飛行機救助網と人員救助網は(フジミのパーツにも付属していますが)より繊細なアーティストホビーのステンレスパーツを使用しました。

19051407.jpg
パーツはエッチング板からの切り出し前に塗り分けを済ませ、人員救助網には縦方向のアール付けを行いました。次回は、飛行機救助網とマスト、艦橋周りの製作の様子をご紹介します。

当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓
ninki01.png

艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

■メディア掲載情報
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo71』に、1/350戦艦『大和』作例記事掲載。全国書店にて発売中!
┣ イカロス出版『あさひ型モデリングガイド』に1/700護衛艦『しらぬい』作例記事掲載。全国書店にて発売中!
┣ イカロス出版モデリングガイド新刊に、1/700作例記事掲載予定。2019年5月24日発売予定!
┣ モデルアート社出版『月刊MODEL Art 19年8月号』に、模型製作解説記事掲載予定。2019年6月26日発売予定!
┗ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo73』に、1/700作例記事掲載予定。2019年8月15日発売予定!


艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(2019年2月10日更新! 取引例と模型誌作例の計32作品を一挙公開!)
↓↓↓
mfhbana.jpg


モデルファクトリーハイギヤード公式 スケールモデル完成品webショップ『CHERRY&ANCHOR』
(2019年5月7日、艦船模型甲板塗装用マスキングシート各種、再入荷!)
↓↓↓
crbana.jpg

●同人創作イベント『関西コミティア55』参加のお知らせ
┣ 開催日:2019年5月26日(日) 11:00 ~ 15:30
┣ 開催場所:インテックス大阪 2号館
┣ 最寄り駅:地下鉄『中ふ頭』『トレードセンター前』『コスモスクエア』駅
┣ 出展スペースNo:I-27【極星堂】 https://www.aksd.net/
┗ イベント公式サイト: https://www.k-comitia.com/

1/700航空母艦『大鳳』製作記 その12

艦船模型製作代行のご依頼を頂き、フジミの1/700航空母艦『大鳳』を製作中です。

本日は、飛行甲板表側の処理と、塗装の様子をご紹介します。

19050901.jpg
いよいよ、飛行甲板の塗装を行います。エッチング甲板は塗料の食いつきが良くないので、まずはしっかりと脱脂を行い、2000番のサンドペーパーで全体に足付けしたうえでメタルプライマーをしっかりと乗せました。その後、木甲板色の下塗りとして明るいグレーとイエローを順番に塗り重ねて、下地処理は完了です。

19050902.jpg
次に、木甲板の基本色となる、Mr.カラー44『タン』をムラなく塗り重ね、その後、エナメルのブラウンにて板目方向に軽くウォッシングを行いました。(画像はウォッシング前の状態です)

19050903.jpg
木甲板と鉄甲板の塗り分けや、白線の塗装表現には、モデルファクトリーハイギヤードの大鳳専用マスキングシートが便利です。

モデルファクトリーハイギヤード 艦船模型用マスキングシート販売ページ
↓↓↓
http://www.cherry-anchor.com/shopbrand/ct14/

1/700航空母艦大鳳(F社)用マスキングシート
↓↓↓
http://www.cherry-anchor.com/shop/shopdetail.html?brandcode=000000000313

19050904.jpg
このシートはキットの飛行甲板に忠実にカットされていて、とても便利な逸品なのですが、キットのプラ甲板とアーティストホビーのエッチング甲板では、木甲板部の範囲の解釈に違いがあります。そこで、飛行甲板後部にかけてはマスキングテープを併用しました。(遮風柵の前後位置もわずかに異なるので、テープでカバーリングしています)

19050905.jpg
鉄甲板部に外舷色を吹き付け、テープをはがすと綺麗に塗りかけられた飛行甲板が姿を現します。外舷色は水平面、垂直面、下面と3色を用意し、モジュレーション効果を持たせた塗装を行いました。

19050906.jpg
白線用のシートは、エッチング甲板に対しても、ほぼそのまま使用可能です。このあと、飛行甲板の更に外周をテープで覆って、白線の白を吹き重ねました。

19050907.jpg
白線の塗り分けが完了した、『大鳳』の飛行甲板。マスキングシートを使った塗り分けの際には、シンナーをあまり多く入れすぎず、薄めの重ね塗りを何度も繰り返すと上手くいきます。

19050908.jpg
飛行甲板と同じタイミングで、船体側も塗装を行いました。こちらも飛行甲板と同様に、明暗3色によるモジュレーション塗装による仕上げです。

19050909.jpg
飛行甲板を接着すると、ようやく『大鳳』の完成イメージが見えて参りました。この時点で、着艦制動策や静止策、遮風柵、探照灯カバーなどの取り付けも順次、行っていきます。

19050910.jpg
艦尾甲板裏側の補強材の様子。舵柄信号標や救命浮標、応急舵などは汎用エッチングによるものです。

なお、模型の世界では『大鳳』の応急舵は右舷後部の高角砲座付近に取り付けられることが多いのですが、この装備品は艦尾フェアリーダーに縦策を通して使用するものですので、より自然な艦尾付近に取り付けました。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓
ninki01.png

艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

■メディア掲載情報
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo71』に、1/350戦艦『大和』作例記事掲載。全国書店にて発売中!
┣ イカロス出版『あさひ型モデリングガイド』に1/700護衛艦『しらぬい』作例記事掲載。全国書店にて発売中!
┣ イカロス出版モデリングガイド新刊に、1/700作例記事掲載予定。2019年5月頃発売予定!
┗ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo73』に、1/700作例記事掲載予定。2019年8月15日発売予定!


艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(2019年2月10日更新! 取引例と模型誌作例の計32作品を一挙公開!)
↓↓↓
mfhbana.jpg


モデルファクトリーハイギヤード公式 スケールモデル完成品webショップ『CHERRY&ANCHOR』
(2019年5月7日、艦船模型甲板塗装用マスキングシート各種、再入荷!)
↓↓↓
crbana.jpg

■『静岡ホビーショー モデラーズクラブ合同展示会』参加のご案内
┣ 日時:2019年5月11日(土)~12日(日)
┣ 場所:ツインメッセ静岡
┣ 参加サークル:「奈良模型愛好会(南館K154)」「チームKen-1&鳶色の会(西館263)」の2ブースに出展
┗ 公式サイト: https://www.hobby-shizuoka.com/

プロフィール

HIGH-GEARed

Author:HIGH-GEARed
奈良市在住、スケールモデル販売業者「モデルファクトリーハイギヤード」の製作担当兼代表をしております。

また、渡辺真郎の名前で『月刊モデルアート』、『艦船模型スペシャル』等の模型雑誌の作例記事や考証記事を書かせていただいております。

このところ、無記名のコメント(名無し、通りすがり)などが増えております。HN記載のない投稿は全て削除しますので、ご注意ください

インターネット上とはいえ、人間同士の交流の場としてコメント欄を公開しておりますので、マナーをお守りいただき、フェアなお付き合いをよろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR