1/350戦艦『陸奥』製作記 完成

艦船模型製作代行のご依頼を頂いて製作していた、1/350戦艦『陸奥』が無事に完成しました。

本日は完成写真を御紹介します。

binouesama150.jpg
ハセガワ1/350戦艦『陸奥』、左舷からの全景。

binouesama151.jpg
今回のご依頼では、お客様より大量のディティールアップパーツをお持ち込み頂き、1/350の日本海軍戦艦としては、昨年製作の戦艦『霧島 http://nabeck.web.fc2.com/nakaisama05.htm 』以来の全力仕様での製作となりました。

binouesama152.jpg
1/350戦艦『陸奥』、右舷後部からの全景。お客様よりお持ち込みいただいたディティールアップパーツ群は主に、ハセガワの長門級用エッチングパーツの『ベーシック』と『スーパー』、そして同じくハセガワの『陸奥用エッチングパーツ』、ライオンロアのスーパーディティールアップセットと新撰組の木製甲板、マスターモデルの金属砲身に加えて、ベテランモデルの25mm機銃、12.7cm連装高角砲、探照灯、双眼鏡、観測機器、レインボーモデルのホーサーリールや真鍮挽き物のクレーンなどです。

binouesama153.jpg
製作においては、それらのパーツ類に加えてフライホークのリノリウム押さえ、アライアンスモデルの飛行機運搬軌条、レインボーモデルの艦載機用パーツや艦橋用ディティールアップパーツセット、Genuine modelの通風塔や甲板装備セットなどを当工房にて用意し、追加しました。

binouesama154.jpg
船首から第一、第二主砲塔、艦橋にかけてのクローズアップです。甲板は、新撰組の木製甲板とハセガワの木製甲板に付属の錨鎖導板エッチングを組み合わせました。ケーブルホルダーやライジングビット、ボラードなどはGenuine model製のレジンパーツを使用しています。

binouesama155.jpg
砲塔のディティールアップは主にハセガワの長門級戦艦用「ベーシックB」をメインとし、主砲身はマスターモデル、副砲身はライオンロアの挽き物パーツを使用しました。

binouesama156.jpg
前部艦橋のクローズアップ。各種観測機器類と対空兵装にはベテランモデルの超精密レジンパーツを使用し、各機器類の傍らには伝声管を取り付けました。

binouesama157.jpg
艦橋の別角度。各機器に取り付けられた伝声管などの様子が良くわかります。信号ヤードには速力標と船名符字の信号旗を掲揚しました。

binouesama158.jpg
船体中央部の様子。煙突周りに多数の短艇が配置されていて模型映えのする部分です。

binouesama159.jpg
煙突と短艇用クレーンのクローズアップ。探照灯はベテランモデルのレジンパーツで、架台のトラス部分にはライオンロアのエッチングパーツを使用しました。クレーンはレインボーモデルの製品で、真鍮挽き物とエッチングを組み合わせた非常に精密なパーツです。

binouesama160.jpg
後部艦橋と航空作業甲板のクローズアップ。後部艦橋には舵柄信号標を取り付け、航空作業甲板はプラパーツのモールドを一旦削り取り、リノリウム押さえ金具と飛行機運搬軌条をエッチングで作り直しました。

binouesama161.jpg
中央付近の別アングル。甲板中央部を後ろから見ると、長門型戦艦ならではの頼もしい後ろ姿が楽しめます。

binouesama162.jpg
後部の第三、第四主砲塔付近のクローズアップ。舷梯やスクリューガード、救命浮標などの小物類が、機能感を引き立たせています。

以上で1/350戦艦『陸奥』の完成写真の紹介を終わりますが、更に大きい写真で見たいという方は、こちらのアドレスに倍程度のサイズの写真を掲載しておりますのでぜひクリックしてご覧ください
↓↓↓
http://nabeck.web.fc2.com/inouesama01.htm


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつも投票いただきありがとうございます)

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(現在受注が集中しているため、製作開始およびお届けにお時間を頂いております)
↓↓↓
mfhbana.jpg

■第1回 すずらん模型展 【HIGH-GEARed個展】開催のお知らせ
┣ 日時:2016年5月26日(木)~5月28日午前10時~午後5時
┣ 開催場所:奈良県奈良市右京1丁目3-4 サンタウンプラザ すずらん館1階 すずらんサークル横特設会場
┣ 交通:近鉄京都線・『高の原駅』駅下車 徒歩5分、駐車場有り「入庫から1時間無料」
┗ お問い合わせ先:関西学研都市センター株式会社 営業部販売促進課 TEL:0742-71-3639
スポンサーサイト

1/350戦艦『陸奥』製作記 その17

艦船模型製作代行のご依頼を受け、ハセガワの1/350戦艦『陸奥』を製作中です。

今回は艦橋の製作記事の三回目を御紹介します。

binouesama140.jpg
前回製作記事の続きで、羅針艦橋の様子です。窓ガラスにはキットのクリアーパーツを使用していますが、このパーツはそのまま取り付けるだけでは少々玩具っぽくなってしまいますので、対策としてゲートの処理痕をきちんと透明になるまで慣らし、断面に外舷色の塗装を行いました。

binouesama141.jpg
一層上の見張指揮所および前部探照所。前方の見張指揮所に取り付けている4つの観測機器は、中央が18cm双眼望遠鏡で、それ以外は一三式見張方位盤です。25mm連装機銃と60cm探照灯はともにベテランモデルのレジンパーツで、弾薬箱にはライオンロアのエッチングパーツを使用しました。

binouesama148k
見張指揮所の一層上には主砲前部予備指揮所があります。配置されている機器はもちろん主砲方位盤で、左右には12センチ観測鏡、そしてシールド付きの4.5メートル&1.5メートル測距儀が並びます。内部のラッタルは全てライオンロアのエッチングに交換しており、後ろからの写真でその様子がご覧いただけます。

binouesama143.jpg
さらにその上には上部見張所および副砲指揮所のフロアになります。この部分は最も機器類の配置が密集していて模型映えのする場所です。前部中央部分に置かれた大型の装置は副砲用方位盤で、12センチ双眼鏡を挟んで左右には25mm機銃射撃指揮装置が配置されています。また、左右両舷の張り出しにみっつずつ配置された管制装置は110センチ探照灯管制器で、内筒内部によっつ備えられた装置の前ふたつは12センチ観測鏡、後ろふたつは副砲用方位盤です。各観測機器類の傍らには伝声管を配し、非常に密度の有る仕上がりになりました。(探照灯管制機と機銃射撃指揮装置の向きは、探照灯および機銃本体の向きに合わせて接着しました)

binouesama144.jpg
防空指揮所の様子。12cm双眼望遠鏡と伝声管に加え、ヤードの2キロ信号塔にはベテランモデルのクリアーレジンパーツを取り付けました。

binouesama145.jpg
戦闘艦橋の内部。4か所に配置された双眼望遠鏡は前のふたつが12センチで、後ろのふたつが8センチのものになります。信号ヤード真上のアンテナは無線電話用のもので、長門が左右後方に張り出しているのに対し、陸奥では斜めに張り出しているのが特徴です。

binouesama146.jpg
主砲射撃指揮所が備わる戦闘艦橋天蓋を取り付けた様子。九四式方位盤照準装置シールドは、キットの塗装指示に合わせて明るいグレーで塗り分けました。(艦橋窓ガラスの奥にチラリと見える伝声管がワンポイントです)

binouesama147.jpg
組みあがった前部艦橋全景。精密パーツに交換した光学機器類と伝声管が高いディティールアップ効果を生み出してくれました。なお、副砲予備指揮所にはプラ角棒で開口部のフレームを追加しました。

binouesama148.jpg
その他、船体の作業も大方完了しました。クレーンはレインボーモデルの金属パーツで、舷梯やダビット、短艇類も甲板に接着済みです。

binouesama149.jpg
残す作業は錨見台、旗竿と張り線、旗の取り付けとみとなりました。次回は完成写真を御紹介します。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつも投票いただきありがとうございます)

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(現在受注が集中しているため、製作開始およびお届けにお時間を頂いております)
↓↓↓
mfhbana.jpg

■第1回 すずらん模型展 【HIGH-GEARed個展】開催のお知らせ
┣ 日時:2016年5月26日(木)~5月28日午前10時~午後5時
┣ 開催場所:奈良県奈良市右京1丁目3-4 サンタウンプラザ すずらん館1階 すずらんサークル横特設会場
┣ 交通:近鉄京都線・『高の原駅』駅下車 徒歩5分、駐車場有り「入庫から1時間無料」
┗ お問い合わせ先:関西学研都市センター株式会社 営業部販売促進課 TEL:0742-71-3639

1/350戦艦『陸奥』製作記 その16

艦船模型製作代行のご依頼を受け、ハセガワの1/350戦艦『陸奥』を製作中です。

今回は艦橋の製作記事の二回目を御紹介します。

binouesama130.jpg
艦橋のディティールアップはハセガワの『長門級用ディティールアップエッチングパーツ ベーシックB』と『戦艦陸奥用ディティールアップエッチングパーツ』に加えて、お客様よりお持ち込み頂いたベテランモデル製の精密レジンパーツを大量に投入しました。せっかくの機会ですので、今回はこれらの使用パーツを詳細にご紹介します。

binouesama131.jpg
まずは双眼望遠鏡からです。これらはベテランモデルの『1/350日本海軍双眼鏡セット』に付属している精密レジンパーツで、左から『8センチ双眼望遠鏡』、『12センチ双眼望遠鏡』、『18センチ双眼望遠鏡』の順です。(18センチのみ、腰掛が付属しているのが特徴) 一番右側の伝声管はファイブスターモデルの真鍮挽き物パーツで、ベテランモデルのレジン伝声管と併用しました。

binouesama132.jpg
続いて、各種方位盤および指揮装置です。これらのパーツは同じくベテランモデル製の『1/350 日本海軍射撃指揮装置セット』に含まれているもので、左から順に『一三式主砲用方位盤』、『一四式副砲用方位盤』、『九五式25mm機銃射撃指揮装置』です。

binouesama133.jpg
続いても各種観測機器類で、ベテランモデル1/350『1/350 日本海軍観測機器セット』に含まれるパーツ群になります。(左から『一一式変距率盤』、『一三式見張方位盤』、『12センチ観測鏡』)

binouesama134.jpg
こちらは探照灯関連の各種パーツで、左からベテランモデルの『1/350 日本海軍探照灯セット』の『30センチ作業灯』と『60センチ探照灯』、『1/350 日本海軍観測機器セット』の『110センチ探照灯管制器』の順です。

binouesama135.jpg
写真左側の羅針儀もベテランモデル製のパーツで、『1/350 日本海軍甲板装備セット』に含まれる精密レジンパーツです。同パーツからは、クリアーレジンの信号灯も使用します。(九四式10メートル測距儀と4.5メートル測距儀はハセガワのプラパーツです)

binouesama136.jpg
製作記の序盤で製作した対空兵装もいよいよ出番です。弾薬箱の選択肢は複数ありますが、今回はライオンロアとGenuine modelのパーツを使用しました。

binouesama137.jpg
前回までに工程に加えて、司令塔と副砲予備指揮所と羅針艦橋を上乗せした様子。副砲予備指揮所にはベテランモデルの副砲用方位盤を取り付け、内壁には艦長休憩室に通じる水密を追加しました。司令塔前面のモンキーラッタルはレインボーモデルのエッチングに交換し、型抜きの関係で簡略化された扉もライオンロアのパーツを貼り付けることで精密化を行いました。

binouesama138.jpg
羅針艦橋、後部からの全景。手摺はすべてハセガワの『長門級用ベーシックB』および『戦艦陸奥用ディティールアップエッチング』によるもので、後部のラッタルはライオンロアのフルエッチングのパーツに交換しました。羅針艦橋内の双眼望遠鏡はほとんどが12センチのものですが、(資料によると)舷灯内側のみ18センチのものが搭載されていた模様ですので、その部分のみパーツを使い分けました。また、各双眼望遠鏡および羅針儀の脇には伝声管も追加し、密度のあるディティールを表現しています。(ホーサーリールとウインチはレインボーモデル製です)

binouesama139.jpg
作業中の艦橋を甲板に配置すると、まるで建造途中の様な趣です。今後の製作記事では、徐々に上に向かって製作を進めて参りますが、明日は一旦、模型誌掲載作例を御紹介しますので是非ご覧くださいませ。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつも投票いただきありがとうございます)

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(現在受注が集中しているため、製作開始およびお届けにお時間を頂いております)
↓↓↓
mfhbana.jpg

■第1回 すずらん模型展 【HIGH-GEARed個展】開催のお知らせ
┣ 日時:2016年5月26日(木)~5月28日午前10時~午後5時
┣ 開催場所:奈良県奈良市右京1丁目3-4 サンタウンプラザ すずらん館1階 すずらんサークル横特設会場
┣ 交通:近鉄京都線・『高の原駅』駅下車 徒歩5分、駐車場有り「入庫から1時間無料」
┗ お問い合わせ先:関西学研都市センター株式会社 営業部販売促進課 TEL:0742-71-3639

1/350戦艦『陸奥』製作記 その15

艦船模型製作代行のご依頼を受け、ハセガワの1/350戦艦『陸奥』を製作中です。

今回は艦橋の製作記事の一回目を御紹介します。

binouesama123.jpg
艦橋の記事に移る前に、まずは副砲射撃指揮所の製作の様子を御紹介します。この部分はハセガワの『ディティールアップエッチングパーツ ベーシックB』にて大方のディティールアップを行っていますが、今回はそれに加えてジャッキステーのモールドをレインボーモデルのエッチングに置き換えました。(昇降ラッタルはライオンロアのパーツを使用する予定です。)

binouesama124.jpg
艦橋パーツにはブルワーク外側に不要な突起が出ているところがいくつかあるので、パーティングライン落としも兼ねて削り取りました。(ちなみに、この突起はバリエーションキットの『長門 レイテ沖海戦時』の製作の際に使用する為に成型されているものです)

binouesama125.jpg
キットパーツを仮組した様子。接着なしでもここまできっちりと組みあがるハセガワキットの精度は本当に素晴らしいです。6本の支柱は一切の調整なしにスムーズに差し込む事が出来、各フロアにガタつきなどもほとんど出ません。

binouesama126.jpg
仮組を一旦バラし、外舷色と床面のリノリウム、グレーチング部などを塗り分けました。地道な作業を要求されますが、こうした部分を丁寧にやっておくと完成時の見映えが大きく変わってきます。

binouesama127.jpg
塗装後の各フロアを再び仮組みした様子。まだ一切の装備品を取り付けていないので少々シンプルですが、今後の作業で徐々に密度を加えます。

binouesama128.jpg
まずは中央の支柱を立て、下のフロアから順番に作業を進めます。再下段のフロアは完成すると全く見えなくなってしまうのですが、(各部屋の仕切りやラッタルなどが再現されていてもったいないので)隅々まで塗装しておきました。

binouesama129.jpg
続いて、旗甲板や司令塔などを積み重ねていきます。このフロアは木張りなので、新撰組の木製甲板を貼り付けました。

次回からは副砲指揮所、羅針艦橋、見張指揮所という具合に下層から順番に製作の様子を御紹介して参ります。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつも投票いただきありがとうございます)

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(現在受注が集中しているため、製作開始およびお届けにお時間を頂いております)
↓↓↓
mfhbana.jpg

■第1回 すずらん模型展 【HIGH-GEARed個展】開催のお知らせ
┣ 日時:2016年5月26日(木)~5月28日午前10時~午後5時
┣ 開催場所:奈良県奈良市右京1丁目3-4 サンタウンプラザ すずらん館1階 すずらんサークル横特設会場
┣ 交通:近鉄京都線・『高の原駅』駅下車 徒歩5分、駐車場有り「入庫から1時間無料」
┗ お問い合わせ先:関西学研都市センター株式会社 営業部販売促進課 TEL:0742-71-3639

1/350戦艦『陸奥』製作記 その14

艦船模型製作代行のご依頼を受け、ハセガワの1/350戦艦『陸奥』を製作中です。

今回は後部艦橋の製作とディティールアップの様子を御紹介します。

binouesama114.jpg
ハセガワ1/350戦艦『陸奥』の後部艦橋の主要パーツ群。ハセガワキットには陸奥専用ランナーが付き、姉妹艦『長門』との後部艦橋の形状違いを正確に再現しています。複雑な多面体の構造物は的確にパーツ分割され、隙間らしい隙間すらなくカッチリと組みあがる様子には感動さえ覚えました。

binouesama115.jpg
こうして見ると、陸奥の後部艦橋は随分複雑怪奇で魅力的な形をしています。長門の方は上にいくに従って徐々に床面積が減って行くイメージでしたが、対する陸奥は司令部や居住区を大規模に増設された結果、少々頭でっかちに仕上げられている印象です。

binouesama116.jpg
クロスツリーはハセガワ純正の『ディティールアップパーツ スーパー』と『陸奥専用エッチング』 に付属のエッチングパーツを組み合わせて再現しました。ハセガワのパーツは、長門と陸奥で異なるヤードの長さも再現されています。

binouesama117.jpg
後部艦橋本体のディティールアップは、ほぼ全てハセガワの『陸奥専用エッチング』のみで行いました。キットパーツの良さも相まって、社外品を使用せずとも一切文句のない仕上がりを実現できました。(窓パーツの取り付けは、工程順序の関係で後回しにしています)

binouesama118.jpg
クレーンにはレインボーモデルの真鍮挽き物&エッチングパーツのセットを使用しました。このパーツはクレーンのジブはもちろん、滑車や基部等の構造が非常にリアルに再現されています。

binouesama119.jpg
レインボーモデルのクレーンを取り付けた様子。索具はエッチングでは再現されていないので、メタルラインで自作しました。

binouesama120.jpg
塗装前の後部艦橋全景。手すりや見張り台、空中線支柱などを追加した効果はもちろんですが、クロスツリーのエッチング化とクレーンの挽き物パーツ化は後部艦橋全体のディティール感を大幅に引き立たせてくれました。

binouesama121.jpg
塗装を終え、踊り場に新撰組の木製甲板を貼りました。黒塗装の部分や信号灯の赤灯、青灯はグレー単色の日本戦艦の中でも良いアクセントになってくれます。

binouesama122.jpg
前回御紹介した煙突と一緒に甲板に仮置きを行った様子。残す大型構造物は前部艦橋のみですが、次回は一旦、別の模型ネタを御案内します。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつも投票いただきありがとうございます)

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(現在受注が集中しているため、製作開始およびお届けにお時間を頂いております)
↓↓↓
mfhbana.jpg

■第1回 すずらん模型展 【HIGH-GEARed個展】開催のお知らせ
┣ 日時:2016年5月26日(木)~5月28日午前10時~午後5時
┣ 開催場所:奈良県奈良市右京1丁目3-4 サンタウンプラザ すずらん館1階 すずらんサークル横特設会場
┣ 交通:近鉄京都線・『高の原駅』駅下車 徒歩5分、駐車場有り「入庫から1時間無料」
┗ お問い合わせ先:関西学研都市センター株式会社 営業部販売促進課 TEL:0742-71-3639
プロフィール

HIGH-GEARed

Author:HIGH-GEARed
奈良市在住、スケールモデル販売業者「モデルファクトリーハイギヤード」の製作担当兼代表をしております。

また、渡辺真郎の名前で『月刊モデルアート』、『艦船模型スペシャル』等の模型雑誌の作例記事も書かせていただいております。

「プロモデラーの人ってどんな生活をしているの?」という疑問に少しでもお答えできるよう、業務日記と日常日記を織り交ぜた内容でお届けしております。

当ブログの作品紹介はホームページの補助的な役割で活用しており、ホームページの方をメインとして、模型作例を多数掲載しております。 ぜひご覧ください。

HIGH-GEARed HOBBY WORKS!!
↓↓↓
http://nabeck.web.fc2.com/

模型製作ご依頼はこちら(お気軽にお問い合わせください)
↓↓↓
http://nabeck.web.fc2.com/hg-mdf.htm

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR