1/700戦艦『アイオワ』完成

艦船模型製作代行のご依頼を頂いて製作していた、ピットロードの1/700戦艦『アイオワ(近代化改装後)』が無事に完成しました。

本日は完成写真を御紹介します。

ishigurosama120.jpg
1/700戦艦『アイオワ』、右舷側からの全景。1/700のアイオワというと、マリアナ沖海戦時を再現したタミヤ製キットが比較的メジャーですが、今回製作したのは40年後となる1984年の状態を再現したピットロード製キットです。

ishigurosama121.jpg
1/700戦艦『アイオワ』、左舷側からの全景。私はこのキットに縁があるようで、これまでにも製作ご依頼で(同じく近代化改装された)『ミズーリ』と『ニュージャージー』をフルハルで製作したことがあります。パーツ数も程良く抑えられて合いもディティールも申し分なく、近代的な姿を手軽に再現できるので個人的に結構気に入っているキットです。

ishigurosama122_20150417172708a9f.jpg
1/700戦艦『アイオワ』、左舷後部からの全景。船尾に配置されたヘリポートと一部の木甲板が撤去された様子が魅力的です。アイオワは1943年に就役して1990年まで現役を続け、現在も博物館として公開されています。

ishigurosama123.jpg
船首の様子。個人的に気に入っているこのキットですが、唯一の欠点は主砲身の長さが2ミリほど不足している点です。今回はKAモデル製の真鍮挽き物砲身を使用して、この問題を解決しました。その他、錨鎖は精密チェーンに交換し、衛星通信アンテナや手摺などにゴールドメダルモデルズのニュージャージー用のエッチングパーツを使用しています。

ishigurosama124.jpg
艦中央部の様子。船首と船尾の甲板パーツは盛大に段差ができるので、パテ埋めとサンディングを繰り返してなるべく継ぎ目が目立たないように処理しました。レーダーや手摺、ラッタルなどもゴールドメダル製エッチングパーツにてディティールアップを行い、近代艦ならではの装備の魅力を引きたてました。


ishigurosama125.jpg
後部の様子。シーホーク(艦載ヘリ)のローターやセーフティネットなどもゴールドメダルパーツによるものです。外舷および甲板の塗装の一部には、ピットロードカラーの「現用米海軍艦船カラ―セット」を使用しました。セットに含まれない構造物上面色は自分で混色して再現しています。

ishigurosama126.jpg
アイオワ型戦艦は大戦期の姿も良いですが、個人的には近代化改装後の姿が好みです。このような大規模な近代化が行われた戦艦は他にはありませんので、特別感がありますね。 

当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓

艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(おかげさまで今週半ばに『艦船模型ブログランキング』1位を獲得する事ができました。いつも投票いただいている皆さまに感謝申し上げます)

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(現在受注が集中しているため、製作開始およびお届けにお時間を頂いております)
↓↓↓
mfhbana.jpg
スポンサーサイト

1/700アメリカ海軍戦艦『アイオワ』完成

1/700イギリス海軍戦艦『プリンス・オブ・ウェールズ』と一緒に製作していた、1/700アメリカ海軍戦艦『アイオワ』が完成しました。

『アイオワ』は、有名な『ミズーリ』や『ニュージャージ-』姉妹のネームシップで、キットは遅れて出てきた感アリアリのタミヤ製です。(ヨークタウンほどではないか【笑】)

iowa01.jpg

プリンス・オブ・ウェールズの迷彩は、曲線が中心の塗り分けでしたので、ゾルをメインにマスキングを行いましたが、アイオワはそれとは対照的な直線的な塗り分けでしたので、主にマスキングテープを使用して塗り分けました。

iowa02.jpg

塗り分ける順番は、プリンス・オブ・ウェールズと同じく、垂直面からで、垂直面の塗り分けが完全に終わってから、水平面を塗装しました。

iowa03.jpg
↑迷彩パターンは例によって左右非対称です。4連装機銃や高角砲も、一部塗り分けの異なるものがあり、主砲身や主砲塔の前盾の塗り分けも一定ではないので注意が必要です。

iowa04.jpg
↑大和型戦艦を見慣れていると、その細長さに驚かされますが、高速力をイメージさせる流麗な船体は大変魅力的です。

iowa05.jpg
↑オマケ画像。大和型戦艦(武蔵)とのツーショットです。

太平洋の大艦巨砲主義を極めた2クラスを並べて楽しめるのも、模型ならではの楽しみですね




当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつも投票いただきありがとうございます)

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(現在受注が集中しているため、製作開始およびお届けにお時間を頂いております)
↓↓↓
mfhbana.jpg
プロフィール

HIGH-GEARed

Author:HIGH-GEARed
奈良市在住、スケールモデル販売業者「モデルファクトリーハイギヤード」の製作担当兼代表をしております。

また、渡辺真郎の名前で『月刊モデルアート』、『艦船模型スペシャル』等の模型雑誌の作例記事も書かせていただいております。

「プロモデラーの人ってどんな生活をしているの?」という疑問に少しでもお答えできるよう、業務日記と日常日記を織り交ぜた内容でお届けしております。

当ブログの作品紹介はホームページの補助的な役割で活用しており、ホームページの方をメインとして、模型作例を多数掲載しております。 ぜひご覧ください。

HIGH-GEARed HOBBY WORKS!!
↓↓↓
http://nabeck.web.fc2.com/

模型製作ご依頼はこちら(お気軽にお問い合わせください)
↓↓↓
http://nabeck.web.fc2.com/hg-mdf.htm

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR