1/700巡洋戦艦『フッド』完成

艦船模型製作代行のご依頼をいただいて製作していた、タミヤの1/700巡洋戦艦『フッド』が完成しました。

本日は、完成写真を御紹介します。

fujiwarasama17.jpg
手前が巡洋戦艦『フッド』。奥が同時に製作をご依頼いただいた、『プリンス・オブ・ウェールズ』です。どちらも同じ英国艦ですが、建造年代に開きがあることも手伝ってか?2隻のサイズはかなり違いがあることが分かります。

fujiwarasama18.jpg
巡洋戦艦『フッド』全景。見れば見るほど端正なスタイリングをしています。実艦はビスマルクとの砲撃戦により壮絶な最期を遂げたことが良く知られていますが、工期2年を費やす近代化の大改装が予定されていたということですので、艦船ファンにとっては改装後の姿がどのようなものになる予定だったのかも気になるところです。

fujiwarasama22.jpg
右舷後部から。全長262メートルにもなる長大な船体と低い乾舷、そしてクラシカルな構造物が大変魅力的です。

fujiwarasama19.jpg
ディティールアップには、主にトムスモデルとピットロードのエッチングパーツ、そしてマスターモデル製の真鍮主砲身を使用しました。トムスのパーツはタミヤキット用に設計されていますが、ピットロードパーツは自社キットに合わせた設計ですので、一部を加工しています。また、ポンポン砲などの対空兵装はタミヤのレパルス用パーツに交換し、船首の錨鎖には精密チェーンを使用しました。

fujiwarasama20.jpg
『フッド』は1930年代には水上機を搭載していましたが、すぐ降ろされてしまったので基本的には搭載機なしの状態がお馴染です。広大なシェルター甲板に多数の搭載艇が余裕を持って並べられているところが良いですね。

fujiwarasama21.jpg
船尾の様子。タミヤのキットはパーツ数も適度で組み立てやすく、古さを感じさせない素晴らしい製品でした。 

明日は、『プリンス・オブ・ウェールズ』の完成写真を御紹介します。

当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつも投票いただきありがとうございます)

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(現在受注が集中しているため、製作開始およびお届けにお時間を頂いております)
↓↓↓
mfhbana.jpg
スポンサーサイト

1/700巡洋戦艦『フッド』&戦艦『プリンス・オブ・ウェールズ』製作中 その2

艦船模型製作代行のご依頼を受け、1/700の巡洋戦艦『フッド』と『プリンス・オブ・ウェールズ』を製作中です。

本日までに、船体主要部分の塗り分けが完了しましたので、ご紹介します。

1504281.jpg
まずは戦艦『プリンス・オブ・ウェールズ』。日本人の我々には東洋艦隊時代の迷彩塗装がお馴染ですが、今回は迷彩塗装なしでのご依頼なので、比較的シンプルな塗り分けとなりました。

1504282.jpg
こちらは巡洋戦艦『フッド』。この2隻は同じお客様からのご依頼品なので、コレクションとして並べた時のバランスを考えて塗色を統一しました。

1504283.jpg
構造物は水平面と垂直面の塗り分けのコントラストが美しいです。船体色も明るいので、華やかな印象がありますね。良い意味で『お高くとまった雰囲気』を持つ英国艦ならではの気品を感じます。

1504284.jpg
手前が『フッド』、奥が『プリンス・オブ・ウェールズ』です。設計年代の違いが各々のデザインの違いに現れていて魅力的な組み合わせですね。英国艦は製作ご依頼以外の製作経験がほとんどないのですが、いつか本格的に挑戦してみたいと思っています。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつも投票いただきありがとうございます)

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(現在受注が集中しているため、製作開始およびお届けにお時間を頂いております)
↓↓↓
mfhbana.jpg

1/700巡洋戦艦『フッド』&戦艦『プリンス・オブ・ウェールズ』製作中

艦船模型製作代行のご依頼を受け、1/700の巡洋戦艦『フッド』と『プリンス・オブ・ウェールズ』を製作中です。

1504221.jpg
キットは安心クオリティのタミヤ製です。どちらも新しいキットではありませんが、パーツの合いや組みやすさ、そしてディティールのバランスなど、どこをとっても文句のないキットで、安心して製作を進められます。

1504222.jpg
フッドの仮組状態。大変有名な巡洋戦艦ですが、意外にも私にとっては初めての製作となります。(正確には、小学生の頃にイタレリの1/720を組んで以来となります) 見れば見るほど優美な艦容で、チャーチル卿が特に愛した船といわれる理由も分かる気がします。

1504223.jpg
こちらは、プリンス・オブ・ウェールズです。今回は迷彩塗装なしでの製作ご依頼を頂きましたので、イメージ的には完全にビスマルク追撃戦の再現となります。ディティールアップパーツにはマスターモデルの真鍮砲身、トムスモデルとピットロードなどのエッチングを使用し、対空兵装やボートなどはタミヤのレパルス用Cパーツに交換予定です。

1504224.jpg
『フッド』と『プリンス・オブ・ウェールズ』のツーショット。こうして見ると、フッドに対してプリンス・オブ・ウェールズは大変コンパクトな戦艦であることが分かります。両艦ともに大戦初期に失われてしまいましたが、タミヤの良質キットにも恵まれてますし、今でもイギリス戦艦と言えばこの2隻をイメージする方が多いかもしれません。

1504225.jpg
話題は変わりますが、大阪港ジオラマも毎日少しずつ製作を進めております。今回のジオラマのハイライト(?)でもある『天保山マーケットプレイス』の方もまもなく完成しますので、明後日金曜日のブログ更新にて、製作の様子を御紹介します。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつも投票いただきありがとうございます)

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(現在受注が集中しているため、製作開始およびお届けにお時間を頂いております)
↓↓↓
mfhbana.jpg
プロフィール

HIGH-GEARed

Author:HIGH-GEARed
奈良市在住、スケールモデル販売業者「モデルファクトリーハイギヤード」の製作担当兼代表をしております。

また、渡辺真郎の名前で『月刊モデルアート』、『艦船模型スペシャル』等の模型雑誌の作例記事も書かせていただいております。

「プロモデラーの人ってどんな生活をしているの?」という疑問に少しでもお答えできるよう、業務日記と日常日記を織り交ぜた内容でお届けしております。

当ブログの作品紹介はホームページの補助的な役割で活用しており、ホームページの方をメインとして、模型作例を多数掲載しております。 ぜひご覧ください。

HIGH-GEARed HOBBY WORKS!!
↓↓↓
http://nabeck.web.fc2.com/

模型製作ご依頼はこちら(お気軽にお問い合わせください)
↓↓↓
http://nabeck.web.fc2.com/hg-mdf.htm

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR