1/700戦艦『プリンス・オブ・ウェールズ』完成

艦船模型製作代行のご依頼をいただいて製作していた、タミヤの1/700戦艦『プリンス・オブ・ウェールズ』が完成しました。

巡洋戦艦『フッド』に引き続き、完成写真を御紹介します。

fujiwarasama23.jpg
手前が戦艦『プリンス・オブ・ウェールズ』、奥が巡洋戦艦『フッド』です。『フッド』が高速性を重視した巨艦であったのに対し、キングジョージ5世級戦艦『プリンス・オブ・ウェールズ』は比較的コンパクトで防御力を重視した設計です。

fujiwarasama24.jpg
『プリンス・オブ・ウェールズ』と言えば、我々日本人には迷彩塗装が施されたマレー沖海戦時の姿がお馴染みですが、今回はお客様のご希望で迷彩塗装なしの姿での完成となりました。(外舷色は垂直面がMrカラー307、水平面が305です)

fujiwarasama25.jpg
右舷後部からの全景。ディティールアップにはトムスモデルのエッチングパーツを使用しました。古い製品ですので少々全時代的な構成のパーツですが、手摺、ラッタル、クレーン、煙突出口、レーダーなどがバランスよくディティールアップされました。また、ポンポン砲などの対空兵装と一部の搭載艇、ウォーラス水上機などは、タミヤの巡洋戦艦『レパルス』用ランナーのパーツに差し替えています。

fujiwarasama26.jpg
船首付近の様子。キングジョージ5世級戦艦の魅力と言えば、なんといっても4連装砲塔でしょう。今回は真鍮挽き物の主砲身を使用してシャープさを演出しました。(錨鎖も精密チェーンに交換済みです。)

fujiwarasama27.jpg
低く構えた艦橋が印象的な中央構造物の様子。航空作業甲板は中央部に配置され、ウォーラス水上機が鎮座しています。左右両舷に背負い式に搭載された砲塔は高角砲ではなく、対空・対水上の両方に使用可能な13.3cmの連装両用砲です。

fujiwarasama28.jpg
第一煙突両脇には飛行機格納庫が置かれ、その上にはポンポン砲の砲座が置かれています。船尾付近の様子。後部マスト付近には多数の搭載が配置されていますが、『フッド』が比較的余裕のあるレイアウトがなされているのに対し、『プリンス・オブ・ウェールズで』では若干キツめの配置がなされています。  

来週からは、1/350戦艦『霧島』製作記の連載を開始します。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつも投票いただきありがとうございます)

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(現在受注が集中しているため、製作開始およびお届けにお時間を頂いております)
↓↓↓
mfhbana.jpg
スポンサーサイト

1/700イギリス海軍戦艦『プリンス・オブ・ウェールズ』完成


製作代行の依頼で製作を進めていた、1/700イギリス海軍戦艦『プリンス・オブ・ウェールズ』が完成しました。

タミヤのキットで、マレー沖海戦時の仕様になります。

キット自体はかなり古いものですが、組みやすさとディティールのバランスの良さは、さすがタミヤという感じがします。

しかし、キット自体がいくら組みやすくても、この複雑な6色迷彩だけは工程をしっかり考えて塗り分けなくてはいけません(笑)

今回は、垂直面の塗り分けはマスキングゾルをフリーハンドで塗り、エアブラシで一色ずつ塗り重ねる方法で塗装しました。 

pow05.jpg
↑塗り分けは、この段階まで仮組みを済ませてから行いました。 この段階ではまだ構造物は接着していません。

水平面の塗り分けが終わると、次は舷側を全てマスキングして木甲板を塗装、構造物上の水平面は、面積の広い短艇甲板はエアブラシを使用し、面積の小さい艦橋ブルワーク内部などは筆で塗り分けました。

主砲塔も同じように側面をゾルでマスキングしてエアブラシで塗り分け、続いて側面全体をマスキングして天蓋をエアブラシ塗装、砲身の複雑な塗り分けはフリーハンドで筆塗りしました。

キットの塗装指定はタミヤカラーでしたので、Mrカラーへの置き換えをするなど、色々と苦労はありましたが、仕上がりには大変満足しています。

pow01.jpg
↑1/700イギリス海軍戦艦『プリンス・オブ・ウェールズ』左舷前方から 低く構えた艦橋と4連装主砲塔が迫力です

pow02.jpg
↑1/700イギリス海軍戦艦『プリンス・オブ・ウェールズ』右舷側やや上方から 当時の列強の新鋭戦艦の中では、比較的コンパクトな船体です

pow03.jpg
↑1/700イギリス海軍戦艦『プリンス・オブ・ウェールズ』左舷後方から  迷彩塗装はタミヤの公式サイトでカラーのPDFファイルがダウンロードできるので、それを利用して塗り分けました

pow04.jpg
↑1/700イギリス海軍戦艦『プリンス・オブ・ウェールズ』の迷彩は左右非対称です タミヤの公式資料の塗り分けをほぼそのまま再現しました

今回のプリンス・オブ・ウェールズは、1/700ドイツ海軍戦艦バイエルンとフランス海軍戦艦リシュリュー以来、久しぶりの外国艦になりましたが、同じお客様からのご依頼で、1/700アメリカ戦艦アイオワも同時進行で進めていますので、来週半ばには完成画像をご紹介します。

pow06.jpg
↑オマケ画像 フランス戦艦リシュリューとのツーショット

ヨーロッパの連合国側を代表する当時の新鋭戦艦で、双方ともに四連装主砲塔を搭載しているのが特徴です。



当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつも投票いただきありがとうございます)

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(現在受注が集中しているため、製作開始およびお届けにお時間を頂いております)
↓↓↓
mfhbana.jpg
プロフィール

HIGH-GEARed

Author:HIGH-GEARed
奈良市在住、スケールモデル販売業者「モデルファクトリーハイギヤード」の製作担当兼代表をしております。

また、渡辺真郎の名前で『月刊モデルアート』、『艦船模型スペシャル』等の模型雑誌の作例記事も書かせていただいております。

「プロモデラーの人ってどんな生活をしているの?」という疑問に少しでもお答えできるよう、業務日記と日常日記を織り交ぜた内容でお届けしております。

当ブログの作品紹介はホームページの補助的な役割で活用しており、ホームページの方をメインとして、模型作例を多数掲載しております。 ぜひご覧ください。

HIGH-GEARed HOBBY WORKS!!
↓↓↓
http://nabeck.web.fc2.com/

模型製作ご依頼はこちら(お気軽にお問い合わせください)
↓↓↓
http://nabeck.web.fc2.com/hg-mdf.htm

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR