1/700戦艦『金剛』フルハルモデル完成

艦船模型製作代行のご依頼を頂いて製作していた、フジミの1/700戦艦『金剛』フルハルモデルが無事に完成しましたので、本日は完成写真をご紹介します。

bhtaniguchisama01.jpg
フジミ帝国海軍シリーズ1/700戦艦『金剛』フルハルモデル、右舷上部からの全景。ディテールアップには、フジミの純正エッチングパーツをメインに使用したほか、アドラーズネストの真鍮挽き物主砲身やファインモールド製のナノドレッドシリーズのパーツを大量投入し、1/350スケールの艦船模型作品イメージしたシャープな仕上がりを目指しました。

bhtaniguchisama02.jpg
フジミ帝国海軍シリーズ1/700戦艦『金剛』フルハルモデル、左舷からの全景。フルハルモデルならではの高級感を演出する為、アドラーズネストの真鍮削り出しスタンドと月桂樹の木材を使用して自作した木製台座を組み合わせました。

bhtaniguchisama03.jpg
左舷後部からの全景。最終時の金剛は大量の対空兵装が魅力ですが、今回は12.7cm連装高角砲と25mm三連装機銃および単装機銃を全てナノドレッドシリーズのパーツに交換しました。(数が多いので、それぞれの兵装パーツは2箱ずつ必要になりました)

bhtaniguchisama04.jpg
フジミ帝国海軍シリーズ1/700戦艦『金剛』フルハルモデル、錨鎖甲板から前部艦橋にかけてのクローズアップ。錨鎖は精密チェーンに交換し、主錨および副錨もファインモールド製のナノドレッドシリーズのパーツに交換しました。また、主砲塔の主砲身はアドラーズネスト製の真鍮挽き物砲身に交換し、武装類のディテールを全体的にシャープ化しています。また、艦橋窓枠はフジミの純正エッチングに含まれない為、ハセガワの汎用パーツを現物合わせで切り出して仕上げました。

bhtaniguchisama05.jpg
防空指揮所に装備されている眼望遠鏡はキットでは省略されているので、フジミの飛鷹型空母用のランナーパーツを流用しました。煙突周りでは探照灯および9mカッターなどをファインモールド製のナノドレッドシリーズのパーツに交換し、探照灯はレンズを塗り残して反射鏡をシルバーで塗装する事で奥行き感のある仕上げを演出しています。

bhtaniguchisama06.jpg
航空作業甲板に駐機されている零式観測機は(フジミキットの機体が少々シャープさに欠けた為)、ウォーターラインシリーズの標準パーツに交換しました。また、フジミの純正エッチングパーツにはプロペラが付属していなかったので、同社の最上用のエッチングを流用して補填しました。

bhtaniguchisama07.jpg
艦尾付近は応急舵やスクリュープロペラ、そして舷梯などが見どころです。フジミの金剛用エッチングにはホーサーリールが不足しているので、霧島用のエッチングを流用して追加しました。フジミの金剛は、同社の特シリーズの中では初期のものではありますが、社外パーツや他艦用パーツを色々と流用した結果、1/350に近い繊細なディテールの作品に仕上げることができました。



当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(2017年3月27日更新!取引例に11作品追加! 現在計320作品掲載中)
↓↓↓
mfhbana.jpg

モデルファクトリーハイギヤードが主催する
艦船模型と飛行機模型の完成品販売webショップ『CHERRY&ANCHOR』
↓↓↓
crbana.jpg


■模型誌作例掲載情報
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo63』に、1/350航空母艦『隼鷹』作例記事掲載。(発売中)
┣ イカロス出版『艦船プラモカタログ2017』に、1/700航空母艦『CV-7 ワスプ』作例記事掲載。(発売中)
┗ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo64』に艦船模型作例記事掲載予定。(2017年5月15日発売)


■次回模型展示会参加予定
┣ 『第51回静岡ホビーショー モデラーズクラブ合同展示会』
┣ 開催場所 :ツインメッセ静岡
┣ 所在地 :静岡県静岡市駿河区曲金3-1-10
┣ 開催日時:2017年5月13日 9:00~17:00
┃           14日 9:00~16:00
┗ 出展ブース :『奈良模型愛好会』 および 『チームKen-1 feat. 鳶色の会』より参加


■次回個展開催のお知らせ
┣ 日時:2017年6月10~11日
┣ 開催場所:奈良県奈良市右京1丁目3-4 サンタウンプラザ すずらん館
┣ 交通:近鉄京都線・『高の原駅』駅下車 徒歩5分、駐車場有り「入庫から1時間無料」
┗ お問い合わせ先:関西学研都市センター株式会社 営業部販売促進課 TEL:0742-71-3639
スポンサーサイト

1/700戦艦『金剛』フルハルモデル製作 その2

艦船模型製作代行のご依頼をいただき、フジミの帝国海軍シリーズの1/700戦艦『金剛』フルハルモデルを製作中です。

本日は武装の製作と中央構造物、そして前部艦橋の組み上げまでを一気にご紹介します。

17042801.jpg
フジミの1/700戦艦『金剛』の砲身は砲口が開口されており、そのまま製作するだけでも充分な仕上がりが楽しめます。

17042802.jpg
ですが、今回は更に精度高める為にアドラーズネストの真鍮挽き物砲身を使用しました。

17042803.jpg
アドラーズの真鍮砲身はキットのプラ砲身のキャンバス部分を切り取り、断面に取り付け穴を開けてから接着します。

17042804.jpg
主砲塔本体のディテールアップには、フジミ純正エッチングパーツに付属しているラッタルを使用しました。このラッタルは最近のエッチングによくある、「取り付け場所に合わせた長さに設定されているパーツ」ではなく、「使用箇所に合わせて切り詰めて使うタイプ」のものですので、一本一本長さを測りつつ、必要な長さに切りそろえて使用しました。

17042805.jpg
なお、砲塔とキャンパスと砲身はそれぞれ別個に塗装してから接着しました。パーツの分割面を塗り分けに使用できるので、個人的に気に入っている方法です。

17042806.jpg
主砲塔以外の武装では、12.7cm連装高角砲をファインモールド社のナノドレッドシリーズのパーツに交換しました。1944年の金剛を製作する場合、全部で6基が必要ですので、4基入りのセットを2箱用意しました。

17042807.jpg
中央構造物は2本の煙突と後部艦橋、そして高角砲座、高射装置櫓の合計5つのブロックに分けて個別に塗り分けてから船体への取り付けを行いました。写真には写っていませんが、第一煙突左右の櫓に設置された探照灯もナノドレッドシリーズのパーツに交換しています。

17042808.jpg
続いては前部艦橋の製作です。フジミのキットはフロアごとに繊細なつくりとなっていますが、塗装をより能率良く行うために艦橋基部と夜戦艦橋のような(特に塗り分けが必要ない)ブロックについては先に接着を済ませておきました。

17042809.jpg
なお、フジミの純正エッチングパーツには艦橋窓枠が含まれていないので、ハセガワの汎用エッチングパーツを使用して各々サイズを測りつつ現物合わせで接着を行いました。(写真上段2段の左側が作業前、右側が作業後の様子になります) 

17042810.jpg
窓枠の取り付けを終えたら、次はフロアのリノリウム色(または木甲板色)と外舷色の塗り分けを行いました。リノリウムの床面塗装は上から見下ろしたときのコントラストが美しく、各フロアの機能美を感じさせてくれるのが良いですね。

17042811.jpg
羅針艦橋と下部見張所&作戦室を取り付けた様子。このあたりのフロア配置や形状は、先日製作した戦艦『霧島』 に似通った構成になっています。

17042812.jpg
写真左は戦闘艦橋、そして写真右は副砲測的所と照射指揮所を取り付けた様子です。霧島と比較すると増設された機銃座と弾薬用のエレベーターが目を引きます。

17042813.jpg
続いて上部見張所を取り付け、最後に防空指揮所を接着しました。ヤードやループアンテナ取り付け台、21号電探などはフジミの純正エッチングパーツによるものです。(無数にとりつけられた双眼望遠鏡はフジミの飛鷹型航空母艦用のランナーパーツを使用しました)

17042814.jpg
これで主要構造物が全て仕上がり、完成イメージが徐々に見えてきました。残す作業は最上甲板周りの手摺およびラッタルの取り付けと対空機銃&艦載機の製作、張り線とスクリューの追加等です。 中でも対空機銃はかなり数が多くて時間がかかりそうですが、後期型の金剛の精悍さを演出するのに欠かせないパーツですので、是非とも丁寧に仕上げて参りたいと思います。

17042815.jpg
完成まであと一息ではありますが、まだまだ最後まで気の抜けない作業が続きます。次回は完成写真をご紹介しますので、フジミの1/700金剛型戦艦やフルハル艦船模型にご興味のございます方は、ぜひご覧くださいませ。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(2017年3月27日更新!取引例に11作品追加! 現在計320作品掲載中)
↓↓↓
mfhbana.jpg

モデルファクトリーハイギヤードが主催する
艦船模型と飛行機模型の完成品販売webショップ『CHERRY&ANCHOR』
↓↓↓
crbana.jpg


■模型誌作例掲載情報
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo63』に、1/350航空母艦『隼鷹』作例記事掲載。(発売中)
┣ イカロス出版『艦船プラモカタログ2017』に、1/700航空母艦『CV-7 ワスプ』作例記事掲載。(発売中)
┗ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo64』に艦船模型作例記事掲載予定。(2017年5月15日発売)


■次回模型展示会参加予定
┣ 『第51回静岡ホビーショー モデラーズクラブ合同展示会』
┣ 開催場所 :ツインメッセ静岡
┣ 所在地 :静岡県静岡市駿河区曲金3-1-10
┣ 開催日時:2017年5月13日 9:00~17:00
┃           14日 9:00~16:00
┗ 出展ブース :『奈良模型愛好会』 および 『チームKen-1 feat. 鳶色の会』より参加


■次回個展開催のお知らせ
┣ 日時:2017年6月10~11日
┣ 開催場所:奈良県奈良市右京1丁目3-4 サンタウンプラザ すずらん館
┣ 交通:近鉄京都線・『高の原駅』駅下車 徒歩5分、駐車場有り「入庫から1時間無料」
┗ お問い合わせ先:関西学研都市センター株式会社 営業部販売促進課 TEL:0742-71-3639

1/700戦艦『金剛』フルハルモデル製作 その1

艦船模型製作代行のご依頼を頂き、フジミの1/700戦艦『金剛』のフルハルモデルの製作を開始しました。

1704271.jpg
ベースキットはフジミの1/700帝国海軍シリーズのもので、当工房では年始に製作しました1/700空母『瑞鶴 http://modelfactoryhg.blog.fc2.com/blog-entry-1123.html 』以来の1/700フルハルモデル製作となります。

1704272.jpg
ディテールアップのメインに使用するのは、フジミの純正エッチングパーツです。ただし、このパーツはフジミの1/700用純正エッチングパーツの中でも比較的初期のものとあって(艦橋窓枠などの)重要パーツがいくつか抜けておりますので、汎用パーツを追加投入して順次補填を行う予定です。

1704273.jpg
また、先日完成したばかりの1/700戦艦『霧島 http://modelfactoryhg.blog.fc2.com/blog-entry-1188.html 』と同様に、アドラーズネストの真鍮主砲身とファインモールド製のナノドレッドシリーズのパーツを使用します。1944年の『金剛』は『霧島』と比較して対空兵装の数が圧倒的に多いので、ナノドレッドパーツ使用は完成度を大きく引きしめてくれそうです。

1704274.jpg
また、今回の1/700戦艦『金剛』の製作におきましては、お客様より「以前に当工房にて製作した1/350版に近い作風にしてほしい」というご要望を頂いたことから、防空指揮所の双眼望遠鏡の追加を行う事にしました。タイミング良く、フジミより1/700航空母艦『飛鷹』用のランナーパーツが別売されたので、今回はこのパーツを使用します。

1704275.jpg
写真左はキットに付属のフルハルモデル用の台座ですが、今回の製作においては写真右側のアドラーズネスト製の真鍮飾り脚に交換します。(最終的には木製台座に固定して高級感のあるディスプレイを行う予定です)

1704276.jpg
キットの船体は、(特シリーズと共通の)左右一体成型の吃水線上パーツと、バスタブ状の船底パーツとの上下分割構造となっています。(左側に写っているのは上下の船体を接着する為に間にかますフレームで、舵やスクリュー、ブラケットなども同じランナーに成形されています。

1704277.jpg
まず船底パーツに飾り脚を固定し→、フレームを接着→、船体上部を接着という具合に作業を進めます。船体上下のパーツの合いは良好とはいえないので、舷側部分が自然に繋がるように何度もすり合わせを繰り返しました。

1704278.jpg
すり合わせが完了したら塗装前の最初の下地として、透け止めに黒サーフェーサーを全体に塗装します。(先ほどのすり合わせの際に生じた磨き傷なども、この時点で処理しておきました)

1704279.jpg
続いて、船底色と外舷色の下地にオキサイドレッドのサーフェイサーを吹き、木甲板部にはグレーサフを下地に吹きました。(私の場合は、上塗りの発色の変化を出す為に下地色はいつも2種類以上を使い分けるようにしています)

17042710.jpg
船体から甲板にかけてのの大まかな塗り分けが完了した様子。1/700戦艦『霧島』製作の際には木製甲板を使用しましたが、今回は1/350版のイメージに合わせた製作という事で甲板は塗装表現とし、その他の塗色も当時使用したものに合わせました。次回は武装や構造物の製作についてご紹介して参りますので、1/700金剛型戦艦やフルハルモデル製作にご興味のございます方は、是非ご覧くださいませ。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(2017年3月27日更新!取引例に11作品追加! 現在計320作品掲載中)
↓↓↓
mfhbana.jpg

モデルファクトリーハイギヤードが主催する
艦船模型と飛行機模型の完成品販売webショップ『CHERRY&ANCHOR』
↓↓↓
crbana.jpg


■模型誌作例掲載情報
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo63』に、1/350航空母艦『隼鷹』作例記事掲載。(発売中)
┣ イカロス出版『艦船プラモカタログ2017』に、1/700航空母艦『CV-7 ワスプ』作例記事掲載。(発売中)
┗ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo64』に艦船模型作例記事掲載予定。(2017年5月15日発売)


■次回模型展示会参加予定
┣ 『第51回静岡ホビーショー モデラーズクラブ合同展示会』
┣ 開催場所 :ツインメッセ静岡
┣ 所在地 :静岡県静岡市駿河区曲金3-1-10
┣ 開催日時:2017年5月13日 9:00~17:00
┃           14日 9:00~16:00
┗ 出展ブース :『奈良模型愛好会』 および 『チームKen-1 feat. 鳶色の会』より参加


■次回個展開催のお知らせ
┣ 日時:2017年6月10~11日
┣ 開催場所:奈良県奈良市右京1丁目3-4 サンタウンプラザ すずらん館
┣ 交通:近鉄京都線・『高の原駅』駅下車 徒歩5分、駐車場有り「入庫から1時間無料」
┗ お問い合わせ先:関西学研都市センター株式会社 営業部販売促進課 TEL:0742-71-3639

1/700高速戦艦『金剛』完成

艦船模型製作代行のご依頼をいただいて製作していた、1/700高速戦艦『金剛』が完成しました。

toujinbarasama32.jpg
戦艦『陸奥』の紹介記事の写真とは前後の位置が入れ替わり、今度は手前が『金剛』、奥が『陸奥』です。

toujinbarasama33.jpg
1/700の金剛型高速戦艦と言えば、現在ではフジミの特シリーズを製作する機会の方が多くなっておりますが、今回はお客様より艦これパッケージのキットをお持ち込み頂いた関係で、久しぶりのハセガワ版の製作となりました。

toujinbarasama34.jpg
1/700高速戦艦『金剛』ハセガワキット、後部からの全景。ディティールアップにはハセガワ純正のエッチングパーツ二種と、海魂の手すり、ラッタルのエッチングなどを使用しました。その他のディティールアップは錨鎖に精密チェーンを使用し、張り線を追加したほか、対空兵装をファインモールド製のナノドレッドシリーズのパーツに交換しました。

toujinbarasama35.jpg
艦橋の様子。ハセガワの純正エッチングパーツには、艦橋の窓枠パーツが付属しているため、合わせは比較的楽です。しかし、キットパーツの窓枠モールドはプラの肉厚がかなりあるので、切り取りにはそれなりに神経を使いました。

toujinbarasama36.jpg
中央部の様子。ヤグラ類がエッチングに変わったことで、繊細な印象となりました。また、ハセガワの金剛型高速戦艦は、機銃と高角砲が少々大きく設計されており、ウォーターラインシリーズ汎用のWランナーも付属していないため、ナノドレッドパーツへの差し替えは大変効果的です。

toujinbarasama37.jpg
後部の様子。ハセガワキットは現在の目の肥えたユーザーからは、考証面やディティールの不備などが指摘される事が多いですが、単純に艦船プラモデルとしての品質を考えた場合、パーツ数も押さえ目で組み立てやすく、ビギナーにもお勧めできる大変良い製品と思います。

当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓

艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(現在受注が集中しているため、製作開始およびお届けにお時間を頂いております)
↓↓↓
mfhbana.jpg





1/700高速戦艦『金剛』完成

艦船模型製作代行のご依頼を頂いていた、1/700高速戦艦『金剛』が完成しました。

oritosama44.jpg
今回もフジミの1/700特シリーズのキットがベースです。

oritosama43.jpg
純正のエッチングパーツを基本にディティールアップを進めていますが、特シリーズ用のエッチングパーツとしては初期のものなので、昨今の製品のように艦橋窓枠や煙突のジャッキステーなどが付属していません。 そこで、窓枠はオーシャンスピリット製、ジャッキステーはレインボーモデルのパーツを使用しました。

oritosama45.jpg
後部からの全景。お客様のお好みで、舷梯と救命浮標などを取り付けてアクセントとし、全体的に軽めの汚し塗装を施しました。

oritosama46.jpg
スタイリッシュな金剛型高速戦艦の魅力がよく味わえる角度です。いかにもスピードが出そうな精悍さが魅力的ですね。

oritosama47.jpg
船首から中央にかけて。対空兵装は、一部をファインモールド製のナノドレッドシリーズのパーツに交換しました。錨鎖もフラグシップの精密チェーンに交換しています。

oritosama48.jpg
張り線はモデルカステンのメタルラインを使用。塗装は全てMrカラーで、船体が軍艦色2、船底は艦底色、リノリウムはリノリウム色、木甲板はホワイト→キャラクターイエロー→タンの順番での重ね塗りです。

oritosama49.jpg
こうしてみると、舷梯のエッチングって、いいアクセントになるな~と実感します(笑) 今回、金剛をご依頼いただきましたお客様からは、全ての作品に舷梯取り付けをご希望頂いているのですが、作業を進めていくうちに私自身も舷梯の魅力に目覚めてきました(笑)


1/700特シリーズの金剛は、艦船模型スペシャルの作例も合わせると、今年でなんと4隻目になります。

当たり外れの差が激しいと言われるフジミの特シリーズの中でも、金剛はかなりの当たりと言えるキットですので、何度製作しても飽きることなく楽しませていただいています。 

1944年の固定仕様だけに、あまり自由度はありませんが、日本海軍が組織的な作戦を行うことができた最後の勇姿として、これからも多くの模型ファンの皆様を魅了していくのではないかと思います。


艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(現在受注が集中しているため、製作開始およびお届けにお時間を頂いております)
↓↓↓
モデルファクトリーハイギヤード
プロフィール

HIGH-GEARed

Author:HIGH-GEARed
奈良市在住、スケールモデル販売業者「モデルファクトリーハイギヤード」の製作担当兼代表をしております。

また、渡辺真郎の名前で『月刊モデルアート』、『艦船模型スペシャル』等の模型雑誌の作例記事も書かせていただいております。

「プロモデラーの人ってどんな生活をしているの?」という疑問に少しでもお答えできるよう、業務日記と日常日記を織り交ぜた内容でお届けしております。

当ブログの作品紹介はホームページの補助的な役割で活用しており、ホームページの方をメインとして、模型作例を多数掲載しております。 ぜひご覧ください。

HIGH-GEARed HOBBY WORKS!!
↓↓↓
http://nabeck.web.fc2.com/

模型製作ご依頼はこちら(お気軽にお問い合わせください)
↓↓↓
http://nabeck.web.fc2.com/hg-mdf.htm

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR