1/700航空母艦『赤城』完成

艦船模型製作代行のご依頼を受けて製作していた、1/700航空母艦『赤城』が完成しました。

taniguchisama08.jpg
1/700の赤城はハセガワとフジミから発売されていますが、今回はお客様のご希望によりフジミキットを使用しました。ディティールアップにはフジミ純正のエッチングパーツと木製甲板に付属のエッチングを使用しました。(木製甲板シールは使用せず、木甲板は塗装仕上げです) また、メインマストはフジミのどのパーツにも付属していないため、この部分のみハセガワのエッチングを流用しました。

taniguchisama09.jpg
その他、手を入れた部分は25mm連装機銃をファインモールド製ナノドレッドシリーズのパーツに交換したほか、飛行甲板上の探照灯を展開状態とし、同じくナノドレッドシリーズの探照灯に交換の上、レンズ部分を透明に塗り分けました。

taniguchisama10.jpg
右舷後部よりの全景。お客様のご希望により、飛行甲板の白線および紅白の表示にはデカールは使用せず、全て塗装で仕上げました。また、飛行甲板後部の支柱の間に配置される補強の筋交いも真鍮線で再現しています。

taniguchisama11.jpg
左舷から見た船首部の様子。エレベーターと遮風柵のエッチングはフジミの木製甲板セットに付属のものを使用しています。

taniguchisama12.jpg
左舷後部の様子。通路および高角砲デッキの内部はリノリウム色の塗り分けを行っています。

taniguchisama15.jpg
艦橋付近。後部のメインマストはハセガワのエッチングを流用することで、かなりシャープに仕上がりました。

taniguchisama13.jpg
右舷船首付近の様子。この角度で見ると、巨大な煙突とジャッキステーが目立ちます。汚し塗装はお客様のご希望でごく弱めとしました。

taniguchisama14.jpg
右舷後部の様子。飛行甲板上の『ア』の識別表示、風向き表示、紅白の着艦表示などはすべてマスキングして塗り分けました。今回のご依頼は艦上機を配置しないというご指定を頂いているので、飛行甲板の表現には特に気を遣いました。



当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓



艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ


艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(現在受注が集中しているため、製作開始およびお届けにお時間を頂いております)
↓↓↓
mfhbana.jpg




スポンサーサイト

1/700航空母艦『赤城』(波ベース付き)完成

奈良模型愛好会の展示会のレポートは今回は一旦御休みして、艦船模型の完成報告です。

艦船模型製作代行のご依頼を頂いて製作していた、フジミ1/700航空母艦『赤城』(波ベース付き)が完成しました。

mitsuisama24.jpg
キットはフジミのもので、ポリカ製の波ベースが付属したものです。お客様のご指定で一般的なディティールアップなどはなく、遮風柵のみ(立てた状態とすべく)エッチングを使用しました。

mitsuisama25.jpg
艦載機はお客様のご指定で、フジミの艦載機セットを製作しました。艦載機の内訳は零戦九機 九七式艦攻二七機を飛行甲板に接着固定し、零戦と艦爆、艦攻をそれぞれ九機ずつ別に完成させ、バラでお届けするというものです。

mitsuisama26.jpg
その他のご指定は、汚し塗装と艦橋窓枠周りのハンモック追加です。遮風柵以外のエッチングは使用していませんが、波ベースの効果も相まって、細かい部分までディティールアップしなくても雰囲気のある作品に仕上がりました。

mitsuisama27.jpg
船首部分のクローズアップ。フジミの赤城用波ベースは煙突の海水シャワーも再現されています。飛行甲板の白線表示はお客様のご指示により、塗装にて再現しました。

mitsuisama28.jpg
艦橋周りの様子。空中線支柱は真鍮線を使用して自作しました。艦橋付近の零戦21型の配置は絵になりますね。

mitsuisama29.jpg
艦載機のクローズアップ。27機の艦攻は全て雷装です。フジミの艦載機はキャノピーが別パーツ化されており、プロペラも折れやすいクリアー成形のため、組み立てにはいつも神経を使います。

mitsuisama30.jpg
今回はお客様のご希望で、飛行甲板に接着固定した艦載機以外に、バラで製作したものもお付けしました。艦載機製作は地味な作業ですが、たくさん揃うと見栄えがして良いものですね。


明日はまた展示会のレポートに戻ります。 これからもときどき完成日記や日常日記を挟みつつ、展示会レポートを進めて参りますので引き続き、よろしくお願いいたします。

当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加しています。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓

艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(現在受注が集中しているため、製作開始およびお届けにお時間を頂いております)
↓↓↓
mfhbana.jpg

ハセガワ版 1/700航空母艦『赤城』

ウォーターラインシリーズにおいて、ハセガワが担当していた1/700航空母艦『赤城』が待望のリニューアルされたことで、フジミの1/700特シリーズの『赤城』との違いに注目している方は多いと思います。

かくいう私もそのひとりなのですが、タイミングよく手元に両メーカーの赤城が完成品として手元に揃いましたので、今回は各部のディティール写真と、船体形状の比較ついて、ご紹介させていただこうと思います。

14080701.jpg
ハセガワ版、1/700航空母艦『赤城』全景。この作品は、私が製作したものではなく、webショップの販売品として、奈良模型愛好会の辰井(ブルース)氏に製作していただいたものです。

14080702.jpg
製作インプレッションを聞かせていただいた会切りでは、ハセガワ社自身も模型各誌の宣伝記事の中に掲載しているとおり、パーツ数を抑えて組みやすさに配慮されたもので、飛行甲板の繊細な板目モールドをはじめ、表面的なディティールも大変シャープに仕上げられています。

14080703.jpg
船首周りの様子。飛行甲板の白線表示デカールは最初から艶が消されたものが付属し、貼り付け後に不自然な艶がでないように配慮されているそうです。また、日の丸表示のデカールも付属しているので、ミッドウェー海戦時のマーキングも再現可能です。

14080704.jpg
左舷中部の高角砲デッキもメリハリの効いた造形になっています。後部の短艇格納庫も、後付け感のない仕上がりで、赤城の複雑な造形美を繊細かつ自然に再現してくれています。

14080705.jpg
赤城ファンとしては気になる飛行甲板裏側の仕上げも、このようにメリハリの効いた仕上げになっています。

14080706.jpg
ハセガワ版とフジミ版をほぼ真上から並べて撮影してみました。完全に真上からの撮影ではないので、若干サイズが違って写っていますが、実物は飛行甲板など、ほぼ同じ寸法です。船体の長さや最大幅もほぼ同じですが、船体中央部から、船首および船尾にかけてのラインは、フジミの船体が若干太めなのに対し、ハセガワの船体は巡洋戦艦らしいシャープなラインに仕上げられていました。

14080707.jpg
それはどの辺りの違いかというと、図の赤線で示した部分になります。船首と船尾の太さは2隻ともほぼ同じなのですが、船体中央部から船首と船尾に繋がる中間部分のラインがフジミとハセガワで異なっています。

14080708.jpg
少々乱暴な比較方法ですが、船底どうしを重ねて見ると、フジミの船底が若干でっぱっている様子がわかります。 実際には他にもいろいろな部分で違いがありそうですので、検証すれば他にも情報が出てくると思います(他に目立つところでは、高角砲身がフジミキットが少々太く仕上げられているのに対し、ハセガワの方は細くシャープに仕上げられていました)が、ひとまず今回は、船体形状の違いについて比較してみました。

明日は、1/700戦艦大和の完成画像をご紹介します。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加しています。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓

艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(現在受注が集中しているため、製作開始およびお届けにお時間を頂いております)
↓↓↓
mfhbana.jpg

1/700航空母艦『赤城』製作中 その2

先日完成した波ベース付きの航空母艦『飛龍』に引き続き、同じシリーズの『赤城』を製作中です。

本日までに船本体はほぼ完成したので、ご紹介します。

1407301.jpg
キットは、今話題のハセガワ製ではなく、フジミ製です。エッチングを使用した箇所は遮風柵のみで、あとはキットパーツのみの素組です。 この作品は、真珠湾攻撃隊の零戦9機、97式艦攻27機を搭載して完成となります。

1407302.jpg
飛行甲板の白線表示はお客様のご指示で塗装にて行いました。艦載機はフジミ製を使用予定で、入荷予定の来月には完成する予定です。

完成の際には、また写真をご紹介しますので、艦船模型にご興味のございます方は、ぜひご覧ください。

1407303.jpg
それと、話題は変わるのですが、ご縁がありまして、来月9日は海上自衛隊の展示訓練に行くことが決まりました。

動く自衛艦に乗艦するのは生まれて初めてのことなので、実艦の運用をしっかり学び、模型製作のイメージ作りに役立てたいと思います。

展示訓練の様子は、またブログの方でも詳細にご紹介しますので、現用艦ファンの方は是非ともご覧くださいませ。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加しています。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓

艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(現在受注が集中しているため、製作開始およびお届けにお時間を頂いております)
↓↓↓
mfhbana.jpg




1/700航空母艦『赤城』製作中 


艦船模型製作代行のご依頼を受け、空母赤城を製作中です。

1407181.jpg
1/700の赤城のキットは、ハセガワ製がリニューアルされたばかりですが、今回はお客様よりのお持ち込みで、フジミの海面ベース付きキットを使用しています。この海面ベースは初めて使用したのですが、なかなかダイナミックな波立ちで迫力がありますね。 この赤城の飛行甲板には、真珠湾第一次攻撃隊の編成を配置する予定なのですが、フジミの飛行機パーツの入荷が遅れており、完成は少し遅れる見込みです。

同じ仕様の飛龍も受注しており、近々製作を開始しますので、8月にかけて、メーカー製海面ベース付きの完成品をご紹介できると思います。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加しています。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓

艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(現在受注が集中しているため、製作開始およびお届けにお時間を頂いております)
↓↓↓
mfhbana.jpg
プロフィール

HIGH-GEARed

Author:HIGH-GEARed
奈良市在住、スケールモデル販売業者「モデルファクトリーハイギヤード」の製作担当兼代表をしております。

また、渡辺真郎の名前で『月刊モデルアート』、『艦船模型スペシャル』等の模型雑誌の作例記事も書かせていただいております。

「プロモデラーの人ってどんな生活をしているの?」という疑問に少しでもお答えできるよう、業務日記と日常日記を織り交ぜた内容でお届けしております。

当ブログの作品紹介はホームページの補助的な役割で活用しており、ホームページの方をメインとして、模型作例を多数掲載しております。 ぜひご覧ください。

HIGH-GEARed HOBBY WORKS!!
↓↓↓
http://nabeck.web.fc2.com/

模型製作ご依頼はこちら(お気軽にお問い合わせください)
↓↓↓
http://nabeck.web.fc2.com/hg-mdf.htm

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR