FC2ブログ

『奈良模型愛好会 第11回展示会』レポート その7

『奈良模型愛好会 第11回展示会』のレポートは、今回で7回目です。

今回ご紹介する作品群は、全てヤーノフさんが製作されたものです。

18111301.jpg
まずは、ファインモールドの1/35『くろがね四起』で、『静岡AFVの会』にてファインモールド賞を受賞されたときの景品として入手されたものです。フロントガラスの汚しはタミヤアクリルのエアブラシ吹きによるものですが、そのさいにはマスキングテープをサークルカッターで切ったものでワイパーの稼働範囲をマスキングするなどして、使用感とメリハリを効かせた演出が施されていました。また、ベースは100均のコースターを裏返したものにウッドステインで着色するなど、ディスプレイのアイデアも効いています。

18111302.jpg
続いては、ブロンコモデルの1/35『スタッグハウンド重4輪装甲車Mk.I(後期生産型)』です。 スタッグハウンドは、2800両以上が生産され、 1943年のイタリア上陸以後、ノルマンディからドイツ国内の戦闘に参加し、複数のバリエーションが登場しました。Mk.I 型は最も多く生産されたモデルで、37ミリ砲とボールマウントの機銃を搭載した迫力のある外観が魅力です。このご作品は、ウェザリングペーストを使用してかなり強めの汚し塗装がなされていました。

18111303.jpg
こちらは、AFVクラブの1/35『M5A1 (自由フランス軍 第1機甲師団”アフリカ猟兵”第2連隊第1中隊)』です。「M5」軽戦車は、アメリカ陸軍が使用していた「M3」軽戦車の後継車輌として開発された車両で、第2次世界大戦時における自由フランス軍でも運用されました。このご作品は、自由フランス軍 第1機甲師団 第2連隊 第1中隊」に所属した、パーソナルネーム「LOUP」を再現したもので、ドラゴンの米軍戦車兵セットのフィギュアが搭載されていました。

18111304.jpg
こちらは、「Grenade! Flandre-1918-」と題されたビネットで、ハセガワのICMコンテストに向けて製作されたご作品です。その関係でフィギュアはICMのWWI イギリス歩兵を使用し、木製ベースは100円ショップで販売されている薄板を曲げて作られた小物入れをオイルステインで着色したものを使用されていました。地面の基礎はスタイロフォームを削ったもので、モデリングペーストやホッカイロの中身などを混ぜたものを盛り、ウェット感のある質感を表現しています。(車輪は、タミヤの道標セットに付属しているものです)

18111305.jpg
そしてこちらは、第一次大戦の陸戦を代表する兵器ともいえる、”ひし形戦車”のエマー1/35『Mk.IV』です。機関銃はホイペットの余りを使用し、履帯がタコムのはめ込み式のパーツに交換されているほか、リベットの一部も打ち直されていました。天蓋の上を走る2本のレールはプラストラクトのL字アングルで自作したもので、操縦席の辺りには泥濘地脱出用角材が搭載されています。また、この角材の固縛チェーンも100円ショップのアクセサリーのものを流用するなど、各部にアイデアが詰め込まれていました。

18111306.jpg
この装甲車は、ローデンの1/35『ロールスロイス装甲車パターン1914 (中東戦線1918年)』です。キットは素組したものということですが、ホイールのスポークの繊細さはとても素組とは思えないほどです。フィギュアはICMのイギリス兵セットをベースに右腕に軸を打ってパテで作り直し、左手をジャンクパーツに交換したほか、ヘッドもレジキャストのソラトピーを被ったヘッドセットに切り替えられていました。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓
ninki01.png

艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)


モデルファクトリーハイギヤード公式 スケールモデル完成品webショップ『CHERRY&ANCHOR』
(2018年10月31日、飛行機模型完成品×3機新入荷!)
↓↓↓
crbana.jpg

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(2018年5月15日更新! ページレイアウトと文字コードを変更し、スマホでも見やすいページに改修しました
↓↓↓
mfhbana.jpg

■メディア掲載情報
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo69』に、
┃          1/700航空母艦『蒼龍』×2隻(フジミ&アオシマ)作例記事掲載。全国書店にて発売中!
┣ イカロス出版『艦船プラモカタログ2018』に、1/700駆逐艦『島風』作例記事掲載。全国書店にて発売中!
┣ イカロス出版『あさひ型モデリングガイド』に1/700護衛艦『しらぬい』作例記事掲載。全国書店にて発売中!
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo70』に、1/700作例&戦史紹介記事掲載予定。11月15日発売!
┣ モデルアート社出版『月刊MODEL Art 2019年1月号』に、1/700艦船模型作例記事掲載予定!11月末頃発売!
┗ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo71』に、1/350艦船模型作例記事掲載予定。来年2月15日発売!

■『加西・うずらの飛行場関連海軍航空隊・地域間連携(筑波-鶉野-宇佐)シンポジウム』参加のご案内
┣ 開催日時:11月23日~24日(10:00~16:00)
┣ 場所:神戸市立御影公会堂(3F 301~303集会室) https://mikage-kokaido.jp/
┣ 所在地:兵庫県神戸市東灘区御影石町4丁目4番1号
┗ 備考:模型展示協力という形での参加
スポンサーサイト



■管理人オススメ!本格海戦ゲームアプリ「蒼焔の艦隊」■


↑Android版のダウンロードはこちら↑

↑iOS版のダウンロードはこちら↑

フル3Dで作成された艦艇で迫力の大海戦を勝ち抜いていくスマホゲーム。無料にて配信中!
(一部有料アイテムあり)

『奈良模型愛好会 第11回展示会』レポート その6

来月中旬頃にかけまして、『艦船模型スペシャル』の71号の作例製作に追われていることから、しばらくは模型展示会のレポートが続きます。

本日は『奈良模型愛好会 第11回展示会』レポートの6回目をご紹介します。

18111201.jpg
まずは今回、非常に多くの完成品を出展いただいたヤーノフさんのご作品で、1/35『イギリス 野戦救急車 ローバー7』です。ローバー7は2286ccエンジンを搭載したランドローバーシリーズIIA、3/4トン車をベースに1961年から62年にかけて開発された車両で、担架は通常2本、緊急時には4本が収納できました。この角度からは見えませんが、作品内の車内には傷病兵が載せられ、街灯などの表現も手伝って、緊張感のある空気感が表現されています。

18111202.jpg
こちらも同じく、ヤーノフさんが製作された、ロードクラフトモデル1/35『ランドローバー・シリーズI(1949)』です。キットはレジンやホワイトメタルなどから構成されたマルチマテリアルキットで、ナンバーはミラクルデカールで自作されています。横に立つフィギュアはバーリンデンの憲兵セットを改造したもので、荷台には英軍のジェリカンやエンフィールドNo.2などを置き、エポパテで自作した毛布を配置するなど、見ていて飽きの来ない作風に仕上げられていました。

18111203.jpg
続いてもランドローバーシリーズの車両ですが、こちらは戦車オヤジさんのご作品で、イタレリ1/35『ランドローバー セリエⅢ』です。結構古いキットのようでしたが、それを感じさせない丁寧な仕上げが印象的でした。1/35のランドローバーは様々なメーカーから製品化されていますが、イタレリもこだわりがあるのか? 複数のグレードが発売されています。ジャンル外ですが、私も1/24のパリダカ仕様のキット(レンジローバー)を持っているので、いつか展示会に出せればと思っています。

18111204.jpg
再び、ヤーノフさんのご作品に戻り、ホビーボス1/35『ランドローバー  ウルフW.M.I.K.』です。AFVでランドローバーというと、古いものは1949年代にまでさかのぼりますが、こちらは2003年のイラク戦争時代のモデルです。『ランドローバーウルフ』は、ディフェンダーを軍用車の仕様としたもので、WMIKは近接火力支援型として開発されたタイプになります。このご作品に搭載されているフィギュアはアキュリットアーマー製で、やレジェンドの装備品セットや紙創りのバラキューダネットなども搭載されて躍動感のある仕上がりとなっていました。

18111205.jpg
こちらもヤーノフさんのご作品で、ブロンコモデル1/35『ハンバー装甲車Mk.Ⅳ』です。ブロンコのハンバーは、【フルインテリア クリアーエディション】という仕様があるのですが、このご作品はそれを製作したもので、インテリアを見せるためにクリアー成形の外装パーツを塗り残すなどの面白い仕上げとなっていました。通常、内部再現を見せる作品は、博物館的な清潔感重視の作風になりがちですが、リアルな質感表現や汚しなども両立しているあたり、ヤーノフさんらしいきめ細やかさを感じます。

18111206.jpg
そしてもこちらもヤーノフさんが製作された、デスキット1/35『シムカ5』です。イタリアの傑作小型車、初代フィアット500(トポリーノ)をフランスのシムカ社で生産したのがシムカ5(サンク)で、フランス軍に徴用された車両として製作されていました。ツイッターの「冬のフランス祭」に合わせて製作されたということですが、現在ではタミヤからも発売されているので、敢えてこのキットを選ぶ必要はないとのことでした。

当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓
ninki01.png

艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)


モデルファクトリーハイギヤード公式 スケールモデル完成品webショップ『CHERRY&ANCHOR』
(2018年10月31日、飛行機模型完成品×3機新入荷!)
↓↓↓
crbana.jpg

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(2018年5月15日更新! ページレイアウトと文字コードを変更し、スマホでも見やすいページに改修しました
↓↓↓
mfhbana.jpg

■メディア掲載情報
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo69』に、
┃          1/700航空母艦『蒼龍』×2隻(フジミ&アオシマ)作例記事掲載。全国書店にて発売中!
┣ イカロス出版『艦船プラモカタログ2018』に、1/700駆逐艦『島風』作例記事掲載。全国書店にて発売中!
┣ イカロス出版『あさひ型モデリングガイド』に1/700護衛艦『しらぬい』作例記事掲載。全国書店にて発売中!
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo70』に、1/700作例&戦史紹介記事掲載予定。11月15日発売!
┣ モデルアート社出版『月刊MODEL Art 2019年1月号』に、1/700艦船模型作例記事掲載予定!11月末頃発売!
┗ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo71』に、1/350艦船模型作例記事掲載予定。来年2月15日発売!

■『加西・うずらの飛行場関連海軍航空隊・地域間連携(筑波-鶉野-宇佐)シンポジウム』参加のご案内
┣ 開催日時:11月23日~24日(10:00~16:00)
┣ 場所:神戸市立御影公会堂(3F 301~303集会室) https://mikage-kokaido.jp/
┣ 所在地:兵庫県神戸市東灘区御影石町4丁目4番1号
┗ 備考:模型展示協力という形での参加



■管理人オススメ!本格海戦ゲームアプリ「蒼焔の艦隊」■


↑Android版のダウンロードはこちら↑

↑iOS版のダウンロードはこちら↑

フル3Dで作成された艦艇で迫力の大海戦を勝ち抜いていくスマホゲーム。無料にて配信中!
(一部有料アイテムあり)

『奈良模型愛好会 第11回展示会』レポート その5

『奈良模型愛好会 第11回展示会』のレポートは、今回で5回目になります。

今回からは、AFVモデルの作品群をご紹介します。

18110901.jpg
まずは東風さんが製作された、イタレリ1/72『T34 1941年型』です。最低限のサイズのベースに起伏のある地形が再現され、ロシアの雪原の寒々しさまで伝わってくるような臨場感のあるご作品で、T34の傍らにたたずむ兵士のフィギュアは、ズべズダ製だそうです。古材を思わせる木製台座と、手描き看板風の作品名からも、溢れるセンスを感じます。

18110902.jpg
続いては、戦車オヤジさんが製作された、タミヤ1/35『ドイツ自走榴弾砲 ヴェスペ 』です。小柄なII号戦車の車体に巨大な歩兵支援用10.5cm砲を搭載した自走砲で、大きな攻撃力を持ちながらもコンパクトにまとめられたスタイルが人気の車両です。ご作品は塗装、組み立て共にとても丁寧に仕上げられており、実車の機能美を楽しむことができました。

18110903.jpg
こちらは、いつも古いキャラクターモデルキットの完成品で人気の、Xネブラさんのご作品で、グンゼ産業1/35『パンターG後期型(赤外線暗視装置付)』です。砲身をRBモデル製に交換したほか、後部エンジングリルをタミヤのエッチングに変更するなどのディテールアップが施されているほか、履帯をベルト式に変更し、ピアノ線で押さえる方法で自然なたるみ間も再現されていました。

18110904.jpg
こちらもXネブラさんのご作品で、ドラゴンの1/35『Ⅳ号戦車J型』です。1937年から生産がはじめられて長きにわたって活躍した、ドイツ陸軍を代表する戦車です。「ドイツ軍の軍馬」と称された車両で、このJ型は、前線からの要求に応える形で改良が重ねられた最終型でもあります。キットは少々古く、考証的な間違いが多かったため、2カ月以上をかけて各部を修正されていました。

18110905.jpg
続いても、Xネブラさんによる1/35ドイツ戦車で、『Ⅲ号戦車L型』です。キットはタミヤ製で、ドラゴンやグンゼ産業とは異なり、非常に組みやすいため、オススメということです。Ⅲ号戦車はバリエーションが多く、スタイリングもコンパクトかつバランスが良いので、1/35でコレクションするのは楽しそうです。また、「メーカーに悩んだ時にはタミヤを選ぶと安心」という指針にもなりました。

18110906.jpg
こちらも同じくXネブラさん製作の、タミヤ1/35『ドイツ・II号戦車 F/G型』です。キットは今回のXネブラさんの出展作品の中では最も古い1972年の発売で、フィギュアが5体も付いて、実売価格で1000円程度という驚きのコストパフォーマンスを誇ります。軽快でコンパクトなスタイルの車両と、熱帯ユニフォームのアフリカ軍団兵士の組み合わせは単品で完成させるだけでも、情景モデルのような楽しみ方ができそうです。

当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓
ninki01.png

艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)


モデルファクトリーハイギヤード公式 スケールモデル完成品webショップ『CHERRY&ANCHOR』
(2018年10月31日、飛行機模型完成品×3機新入荷!)
↓↓↓
crbana.jpg

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(2018年5月15日更新! ページレイアウトと文字コードを変更し、スマホでも見やすいページに改修しました
↓↓↓
mfhbana.jpg

■メディア掲載情報
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo69』に、
┃          1/700航空母艦『蒼龍』×2隻(フジミ&アオシマ)作例記事掲載。全国書店にて発売中!
┣ イカロス出版『艦船プラモカタログ2018』に、1/700駆逐艦『島風』作例記事掲載。全国書店にて発売中!
┣ イカロス出版『あさひ型モデリングガイド』に1/700護衛艦『しらぬい』作例記事掲載。全国書店にて発売中!
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo70』に、1/700作例&戦史紹介記事掲載予定。11月15日発売!
┣ モデルアート社出版『月刊MODEL Art 2019年1月号』に、1/700艦船模型作例記事掲載予定!11月末頃発売!
┗ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo71』に、1/350艦船模型作例記事掲載予定。来年2月15日発売!

■『加西・うずらの飛行場関連海軍航空隊・地域間連携(筑波-鶉野-宇佐)シンポジウム』参加のご案内
┣ 開催日時:11月23日~24日(10:00~16:00)
┣ 場所:神戸市立御影公会堂(3F 301~303集会室) https://mikage-kokaido.jp/
┣ 所在地:兵庫県神戸市東灘区御影石町4丁目4番1号
┗ 備考:模型展示協力という形での参加



■管理人オススメ!本格海戦ゲームアプリ「蒼焔の艦隊」■


↑Android版のダウンロードはこちら↑

↑iOS版のダウンロードはこちら↑

フル3Dで作成された艦艇で迫力の大海戦を勝ち抜いていくスマホゲーム。無料にて配信中!
(一部有料アイテムあり)

『奈良模型愛好会 第11回展示会』レポート その4

本日も昨日までに引き続き、『奈良模型愛好会 第11回展示会』のレポートをご紹介します。

飛行機モデルのレポートは、今回が最後になります。

18110801.jpg
まずは非常に変わり種(?)の機体で、ソ連軍の『ツポレフ Tu-22 M2 バックファイアB』です。可変翼を持ち、超音速で飛行可能な中型爆撃機で、今回の展示会テーマ『アクション』にも合致する面白いご作品でした。製作されたのは戦車オヤジさんで、エッシーの1/72キットを素組みされたということです。素組みとはいえ、このサイズのソ連機は非常に貴重で見る機会も少ないので、楽しく拝見させていただきました。

18110802.jpg
続いても可変翼機で、ヤーノフさんが製作された1/48の『F-14A トムキャット VF-2”バウンティ・ハンターズ”,1976』で、F-14のベストキットとして名高いタミヤのニューキットの完成品です。タミヤのトムキャットは、そのまま組むだけでも完璧に仕上がると評判ではありますが、このご作品は主脚のパイビングや、コクピット計器盤カバーなどにも手を入れられていました。

18110803.jpg
こちらは、トランぺッターモデルの1/32『メッサーシュミット Me262 A-1a』です。実機は、世界初の実戦配備および実戦を行ったジェット機としてたいへん有名で、第二次世界大戦下のドイツにおいて、爆撃機相手の一撃離脱戦法で一定の戦果を収めました。製作はブルース会長によるもので、新鋭機のイメージとして使用感などは比較的、抑え目の仕上げとされていました。

【当作品は、webショップ『CHERRY&ANCHOR』にて販売中です。商品ページはコチラ 】
http://www.cherry-anchor.com/shopdetail/000000000341/

18110804.jpg
こちらは、インパルスさんによる1/32『F86セイバー 航空自衛隊 3SQ』です。キットはハセガワ製で、凸モールドの処理を行いつつ、シルバー塗装をパネルごとに変化を付けて施すなど、実機のイメージを強調した仕上げがなされていました。なお、このキットは特性上、キャノピーの合いがよくないため、基準となる上面に水平にプラ板を貼付け、サイドにポリパテを何度も盛り付けるなどして機体のラインを整えたそうです。

18110805.jpg
続いても、ハセガワの1/32のセイバーで、1/32『F86セイバー ブルーインパルス 初期テストスキーム』です。JMCコンテストに出展されたご作品でもあり、全体的に筋彫りやリベット打ちを徹底するなど、溢れる愛情が伝わってくるご作品でした。コクピットにはブラックボックスのレジンパーツも組み込まれ、どこから見ても実機のイメージそのままの勇姿が伝わって参ります。(写真には写っていませんが、下面の赤白塗装も非常に鮮やかな仕上げでした)

18110806.jpg
奈良模型愛好の展示会では、1/32のジェット戦闘機が複数並ぶのが常ですが、今回も自衛隊機をメインに5機がそろい踏みしました。このファントムは、ブルース会長によるご作品で、1/32『RF4-EJファントム【単独改修機】』です。1/32スケールのタミヤキット『F-4EJファントム』キットをベースに、増加試作機でもある『偵察航空隊第501飛行隊』の単独改修機の仕様にて製作した完成品で、垂直尾翼のシンボルマークはデカールではなく、塗料の筆塗りによる手描きにて再現しています。

【当作品は、webショップ『CHERRY&ANCHOR』にて販売中です。商品ページはコチラ 】
http://www.cherry-anchor.com/shopdetail/000000000215/006/O/page1/order/

18110807.jpg
こちらもブルース会長による大型作品で、1/32『F-14A トムキャット ”VF-1 ウルフパック”』です。1/32のトムキャットはタミヤのものも有名ですが、このご作品はトランぺッターモデルの製品を製作したもので、(同社のキット製作時に必要となる)パーツ洗浄や形状の修正、接着面の確保などに随分苦労されたということです。機体表面には実機特有の補修塗装のムラと汚れがメリハリの効いた表現で再現されており、重量感と実感溢れる仕上がりとなっていました。

【当作品は、webショップ『CHERRY&ANCHOR』にて販売中です。商品ページはコチラ 】
http://www.cherry-anchor.com/shopdetail/000000000342/


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓
ninki01.png

艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)


モデルファクトリーハイギヤード公式 スケールモデル完成品webショップ『CHERRY&ANCHOR』
(2018年10月31日、飛行機模型完成品×3機新入荷!)
↓↓↓
crbana.jpg

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(2018年5月15日更新! ページレイアウトと文字コードを変更し、スマホでも見やすいページに改修しました
↓↓↓
mfhbana.jpg

■メディア掲載情報
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo69』に、
┃          1/700航空母艦『蒼龍』×2隻(フジミ&アオシマ)作例記事掲載。全国書店にて発売中!
┣ イカロス出版『艦船プラモカタログ2018』に、1/700駆逐艦『島風』作例記事掲載。全国書店にて発売中!
┣ イカロス出版『あさひ型モデリングガイド』に1/700護衛艦『しらぬい』作例記事掲載。全国書店にて発売中!
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo70』に、1/700作例&戦史紹介記事掲載予定。11月15日発売!
┣ モデルアート社出版『月刊MODEL Art 2019年1月号』に、1/700艦船模型作例記事掲載予定!11月末頃発売!
┗ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo71』に、1/350艦船模型作例記事掲載予定。来年2月15日発売!

■『加西・うずらの飛行場関連海軍航空隊・地域間連携(筑波-鶉野-宇佐)シンポジウム』参加のご案内
┣ 開催日時:11月23日~24日(10:00~16:00)
┣ 場所:神戸市立御影公会堂(3F 301~303集会室) https://mikage-kokaido.jp/
┣ 所在地:兵庫県神戸市東灘区御影石町4丁目4番1号
┗ 備考:模型展示協力という形での参加



■管理人オススメ!本格海戦ゲームアプリ「蒼焔の艦隊」■


↑Android版のダウンロードはこちら↑

↑iOS版のダウンロードはこちら↑

フル3Dで作成された艦艇で迫力の大海戦を勝ち抜いていくスマホゲーム。無料にて配信中!
(一部有料アイテムあり)

『奈良模型愛好会 第11回展示会』レポート その3

『奈良模型愛好会 第11回展示会』のレポートは今回で3回目です。

今回も前回に引き続き、飛行機モデルの作品群をご紹介します。

18110701.jpg
まずは航空自衛隊機を最も得意とする、インパルスさんのご作品で、1/48『F-15J イーグル航空自衛隊 千歳基地』です。キットはピットロード(グレートウォールホビー)の製品を使用し、デカールは別売のものを使用しているそうです。キャノピーの美しい銅色のシーリングは、ハセガワのカッパーフィニッシュシートによるもので、ワンポイントに目立つ質感表現が作品の美しさを際立たせていました。

18110702.jpg
続いてもインパルスさんによるF-15Jイーグルで、マーキングは第6航空団 第303飛行隊の小松基地創隊60周年記念塗装を再現しています。「デジタル・カモフラージュ」とも呼ばれる独特の迷彩パターンはデカールによって処理されていましたが、一見した限りでは塗装なのか? それともデカールなのか? 判別がつかないほどに自然に仕上げられていました。展示会当日、インパルスさんには大判デカールを美しく貼るコツなども教えていただいたのですが、マークソフターの加減方法などがとても参考になりました。

18110703.jpg
このF-15Jイーグルもインパルスさんの製作によるもので、マーキングは航空総隊戦技競技会での特別マーキングの中でも特に人気が高い、海賊風ヒグマ(第203飛行隊、2013年度参加時の832)を再現しています。機体塗装は自衛隊機独特の補修跡を、くどくならない程度にデフォルメした仕上げとし、エンジンノズルのエッチングは金属地をそのまま生かした仕上げが施されていました。(このご作品は、ハセガワ主催の飛行機模型フォトコンテストへの出展作でもあります)

18110704.jpg
続いてもインパルスさんのご作品で、ハセガワの1/48『三菱T2CCV』です。T-2をベースにCCVの研究開発のために改造された機体で通称T-2CCVとも呼ばれていうる機体です。製作においては、コックピットの計器板にはビーバーコーポレーションのカラーエッチングパーツを使用し、ピトー管も金属製の挽物パーツに交換されていました。塗装は非常に清潔感のある仕上がりで、白と赤のテストカラーが美しいです。

18110705.jpg
引き続いて再び、インパルスさんのご作品で、1/32「T33 シューティングスター」です。キャノピー後部の訓練用カーテンは、ティッシュペーパーに絵の具の茶色を染み込ませたもので、塗色はシルバーの上にクリアー処理をしたことから、独特の光沢感に仕上がったそうです。展示会中にはタンクが破損するトラブルがあったのですが、幸い、大事には至りませんでした。

18110706.jpg
続いては、飛行機もマニアックなラインナップで見る人を楽しませてくれる、ヤーノフさんのご作品で、1/72『Su-27 ウズベキスタン空軍』です。ハセガワのSu-27をベースに、ハセガワの『ワールドフランカー』から、”ウズベキスタン空軍所属機「04」”のマーキングを転用して貼り付けたもので、シートベルトの追加や、ミサイルシーカーの透明部をクリアUVレジンで再現するなどのディテールアップが施されていました。雪原の森林部を イメージしたと思われる独特の迷彩色もメリハリの効いた仕上げがなされていました。

当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)


モデルファクトリーハイギヤード公式 スケールモデル完成品webショップ『CHERRY&ANCHOR』
(2018年10月31日、飛行機模型完成品×3機新入荷!)
↓↓↓
crbana.jpg

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(2018年5月15日更新! ページレイアウトと文字コードを変更し、スマホでも見やすいページに改修しました
↓↓↓
mfhbana.jpg

■メディア掲載情報
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo69』に、
┃          1/700航空母艦『蒼龍』×2隻(フジミ&アオシマ)作例記事掲載。全国書店にて発売中!
┣ イカロス出版『艦船プラモカタログ2018』に、1/700駆逐艦『島風』作例記事掲載。全国書店にて発売中!
┣ イカロス出版『あさひ型モデリングガイド』に1/700護衛艦『しらぬい』作例記事掲載。全国書店にて発売中!
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo70』に、1/700作例&戦史紹介記事掲載予定。11月15日発売!
┣ モデルアート社出版『月刊MODEL Art 2019年1月号』に、1/700艦船模型作例記事掲載予定!11月末頃発売!
┗ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo71』に、1/350艦船模型作例記事掲載予定。来年2月15日発売!

■『加西・うずらの飛行場関連海軍航空隊・地域間連携(筑波-鶉野-宇佐)シンポジウム』参加のご案内
┣ 開催日時:11月23日~24日(10:00~16:00)
┣ 場所:神戸市立御影公会堂(3F 301~303集会室) https://mikage-kokaido.jp/
┣ 所在地:兵庫県神戸市東灘区御影石町4丁目4番1号
┗ 備考:模型展示協力という形での参加



■管理人オススメ!本格海戦ゲームアプリ「蒼焔の艦隊」■


↑Android版のダウンロードはこちら↑

↑iOS版のダウンロードはこちら↑

フル3Dで作成された艦艇で迫力の大海戦を勝ち抜いていくスマホゲーム。無料にて配信中!
(一部有料アイテムあり)

プロフィール

HIGH-GEARed

Author:HIGH-GEARed
奈良市在住、スケールモデル販売業者「モデルファクトリーハイギヤード」の製作担当兼代表をしております。

また、渡辺真郎の名前で『月刊モデルアート』、『艦船模型スペシャル』等の模型雑誌の作例記事も書かせていただいております。

「プロモデラーの人ってどんな生活をしているの?」という疑問に少しでもお答えできるよう、業務日記と日常日記を織り交ぜた内容でお届けしております。

当ブログの作品紹介はホームページの補助的な役割で活用しており、ホームページの方をメインとして、模型作例を多数掲載しております。 ぜひご覧ください。

HIGH-GEARed HOBBY WORKS!!
↓↓↓
http://nabeck.web.fc2.com/

模型製作ご依頼はこちら(お気軽にお問い合わせください)
↓↓↓
http://nabeck.web.fc2.com/hg-mdf.htm

コメントの投稿は必ず記名をお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR