1/700航空母艦『飛龍 ミッドウェー』完成

艦船模型製作代行のご依頼を受けて製作していた、1/700航空母艦『飛龍』が完成しました。

taniguchisama33.jpg
1/700の飛龍はアオシマとフジミから発売されていますが、今回はお客様のご希望によりフジミキットを使用しました。ディティールアップにはフジミ純正のエッチングパーツと木製甲板に付属のエッチングを使用しました。(木製甲板シールは使用せず、木甲板は塗装仕上げです) その他、対空兵装や探照灯にはファインモールド製のナノドレッドシリーズのパーツを使用し、張り線を追加してオーソドックスなディティールアップ仕様としました。

taniguchisama34.jpg
その他、手を入れた部分はシールドなしの25mm三連装機銃と12.7cm連装高角砲をファインモールド製ナノドレッドシリーズのパーツに交換したほか、飛行甲板上の探照灯を展開状態とし、同じくナノドレッドシリーズの探照灯に交換の上、レンズ部分を透明に塗り分けました。

taniguchisama35.jpg
左舷後部よりの全景。お客様のご希望により、飛行甲板の白線および紅白の表示にはデカールは使用せず、全て塗装で仕上げました。今回の製作は、ミッドウェー海戦時の年代設定をご希望いただいているため、飛行甲板船首部には日の丸の表示を施しました。

taniguchisama36.jpg
右舷から見た船首部の様子。エレベーターと遮風柵のエッチングはフジミの木製甲板セットに付属のものを使用しています。

taniguchisama37.jpg
右舷後部の様子。後部短艇甲板の一部はリノリウム甲板のモールドが施されているため、リノリウム色の塗り分けを行いました。

taniguchisama38.jpg
艦橋付近。側面の水平マストは真鍮線で自作し、アンテナ線を貼りました。フジミのエッチングは艦橋防空指揮所の天幕支柱が再現されているのが特徴です。

taniguchisama32.jpg
左舷船首付近の様子。この角度で見ると、巨大な煙突とジャッキステーが目立ちます。汚し塗装はお客様のご希望でごく弱めとしました。右舷に張り出した二本煙突のジャッキステーもフジミのエッチングによるものです。
taniguchisama39.jpg
右舷後部の様子。飛行甲板上の『ヒ』の識別表示、風向き表示、紅白の着艦表示などはすべてマスキングして塗り分けました。今回のご依頼は艦上機を配置しないというご指定を頂いているので、飛行甲板の表現には特に気を遣いました。




当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓



艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ


艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(現在受注が集中しているため、製作開始およびお届けにお時間を頂いております)
↓↓↓
mfhbana.jpg




スポンサーサイト

1/700航空母艦『飛龍』(波ベース付き)完成

和歌山プラモデル展示会のレポートは今回は一旦御休みして、艦船模型の完成報告です。

艦船模型製作代行のご依頼を頂いて製作していた、フジミ1/700航空母艦『飛龍』(波ベース付き)が完成しました。

mitsuisama15.jpg
キットはフジミのもので、ポリカ製の波ベースが付属したものです。お客様のご指定で一般的なディティールアップなどはなく、遮風柵のみ立てた状態とすべく、エッチングを使用しました。

mitsuisama16.jpg
搭載機は、お客様よりお持ち込みいただきましたピットロード製を使用し、真珠湾攻撃時の飛龍攻撃隊の編成を再現しました。

mitsuisama17.jpg
その他のご指定は、汚し塗装と艦橋窓枠周りのハンモック追加です。フジミのキットは非常に精密なので、ディティールアップなしでもかなりの見た目に仕上がります。

mitsuisama18.jpg
左舷前方より見下ろしアングルの全景。フジミの波ベースの航行波はかなりダイナミックで、吃水はかなり沈み込んだ状態となります。

mitsuisama19.jpg
飛龍船首部の様子。飛行甲板の白線表示は全て塗装にて行っています。

mitsuisama20.jpg
搭載機はお客様よりのご指示で、ピットロード製(完成品)を使用しました。同時製作の赤城(同じく波ベース付き)に関しては、フジミ製の飛行機を使用予定のため、入荷時期の関係で、8月頃の完成となる予定です。


明日は、和歌山プラモデル展示会のレポートに戻り、最終回を掲載予定です。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加しています。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓

艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(現在受注が集中しているため、製作開始およびお届けにお時間を頂いております)
↓↓↓
mfhbana.jpg

フジミ1/700 航空母艦『飛龍(ミッドウェー)』 完成


***業務連絡***


1/700大和型戦艦のエッチングの問い合わせを頂いているY様へのご連絡です。

メールアドレスが『@docomo.ne.jp』となっておりますが、こちらからお送りしたメールが送信されずに戻ってきてしまいます。パソコンからのメールを受信できない設定になってる可能性がございますので、設定をご確認のうえ、改めましてご連絡を頂けましたら幸いです。



↓↓↓以下、本日のブログ記事です


艦船模型製作代行のご依頼をいただいて製作していた、フジミの1/700航空母艦『飛龍』が完成しました。

takeisama55.jpg
前回の記事と順序が入れ替わりまして、手前が空母『飛龍』、奥が同時進行で同時完成の空母『赤城』です。どちらの作品もディティールアップ内容はほぼ同じで、フジミキットにフジミのエッチングパーツを取り付け、飛行機を増量し、対空兵装をナノドレッドシリーズのパーツに交換しました。その他、錨鎖を精密チェーンに交換したほか、張り線を追加し、艦橋に防弾用のハンモックを追加しました。

takeisama56.jpg
空母『飛龍』。右舷からの全景。フジミの飛龍は赤城と比較して、キット、エッチングともに、パーツ数が非常に膨大で、組手には結構手がかかります。しかし、その分ディティールは大変充実しているので、フジミ純正の組合せでも、充分に満足のいくディティールアップが可能です。

takeisam57.jpg
空母『飛龍』後部からの全景。搭載した飛行機は、赤城の時と同じく全てフジミ製で、零戦、99艦爆、97艦攻を各8機ずつの、合計24機です。

takeisama58.jpg
飛行甲板船首部の様子。飛行甲板には、お客様のご希望で、ミッドウェー時の日の丸塗装を再現しました。遮風柵は、フジミの木製甲板シールに付属しているエッチングです。飛龍用の遮風柵は開口部のディティールも精密に仕上がっており、特に完成度の高い仕上がりです。

takeisama59.jpg
飛行甲板後部の様子。お客様のご希望でエレベーターは下げた状態とし、翼を折りたたんだ九七式艦攻を配置しました。

takeisama60.jpg
機銃及び高角砲は、ファインモールド製のナノドレッドシリーズのパーツに交換しました。このパーツは、エッチングによるディティールアップに負けない精密感でバランスの良い仕上がりとできるため、重宝しています。



当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓

艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(現在受注が集中しているため、製作開始およびお届けにお時間を頂いております)
↓↓↓
mfhbana.jpg

1/700航空母艦『飛龍』完成

艦船模型製作代行のご依頼を頂いて製作を進めていた、1/700航空母艦「飛龍」が完成しました。

oritosama58.jpg
キットはフジミ製。エッチングパーツもフジミの専用エッチングを使用し、飛行甲板にはミッドウェー海戦時の日の丸塗装を施しました。武装はファインモールドのナノドレッドシリーズのパーツに交換し、救命浮標や舷梯などの小物を追加しました。

oritosama59.jpg
艦上機はウォーターラインシリーズの日本航空母艦搭載機の前期セットをひと箱分、塗装して配置しました。この搭載機セットは古い製品ですが、翼の薄さや角度、機体のプロポーションは今見てもけして悪くないと思います。

oritosama60.jpg
1/700空母飛龍。右舷および左舷からの全景。飛龍は赤城や加賀のような改装空母と比較すると比較的シンプルな形状をしていますが、キットのパーツ分割は相当細かく行われており、組立に必要な工数は同社の赤城を上回っています。

oritosama61.jpg
船首周りの様子。飛行甲板上の日の丸表示が目立ちます。機銃や高角砲のスポンソンは大変精密に仕上がっており、ナノドレッドシリーズのパーツも引き立ちます。

oritosama62.jpg
戦隊中央部を右舷から見た様子。フジミのエッチングパーツの中でも、煙突のジャッキステーは特に作品を引き立ててくれます。

oritosama63.jpg
艦橋周りを左舷から見た様子。フジミのエッチングには、空中線の支柱も含まれていて、この点は気が利いてますが、大変残念なことにメインマストがそっくりそのまま抜けているので、オーシャンスピリットのパーツから補填しました。

oritosama64.jpg
飛行甲板後部の様子。紅白の着艦表示と舷梯がワンポイントとして作品のディティールを引き立ててくれます。


フジミの飛龍はパーツ数が驚くほど多く、シンプルで組みやすいアオシマの飛龍とは対照的な仕上がりです。

工数が多く、エッチングも組むとなると工程がかなり複雑になるため、初心者にはあまりお勧めはできないのですが、きっちり組み上げれば本当に見栄えのする作品に仕上がりますので、どちらかといえば腕自慢のモデラーのお勧めのキットです。

個人的に飛龍は大好きな空母なので、いつか1/350も作りたいと考えています。その時は1/700製作の経験を生かして納得のいくところまで作り込みたいものです、(いつになるかわかりませんが)



艦船模型製作代行は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
↓↓↓
モデルファクトリーハイギヤード



プロフィール

HIGH-GEARed

Author:HIGH-GEARed
奈良市在住、スケールモデル販売業者「モデルファクトリーハイギヤード」の製作担当兼代表をしております。

また、渡辺真郎の名前で『月刊モデルアート』、『艦船模型スペシャル』等の模型雑誌の作例記事も書かせていただいております。

「プロモデラーの人ってどんな生活をしているの?」という疑問に少しでもお答えできるよう、業務日記と日常日記を織り交ぜた内容でお届けしております。

当ブログの作品紹介はホームページの補助的な役割で活用しており、ホームページの方をメインとして、模型作例を多数掲載しております。 ぜひご覧ください。

HIGH-GEARed HOBBY WORKS!!
↓↓↓
http://nabeck.web.fc2.com/

模型製作ご依頼はこちら(お気軽にお問い合わせください)
↓↓↓
http://nabeck.web.fc2.com/hg-mdf.htm

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR