1/700航空母艦『葛城』 完成


艦船模型製作代行のご依頼を頂いて製作していた、1/700航空母艦『葛城』が完成しました。

katosama19.jpg
1/700の雲龍型航空母艦のキットはアオシマ、フジミ、ピットロードから発売されていますが、葛城はアオシマのピットロードからのみの発売です。今回は、アオシマキットをベースに、アオシマ純正エッチングパーツの組み込みをメインに、ディティールアップを行いました。

katosama18.jpg
シールドなしの25mm三連装機銃と12.7cm連装高角砲のほか、今回はカッターと錨、電探などにファインモールド製のナノドレッドシリーズのパーツを使用し、シールド付き25mm三連装機銃と28連装対空噴進砲には、ピットロード製のネオイクイップメンツシリーズのパーツを使用しました。

katosama20.jpg
艦載機は、ウォーターラインシリーズの日本空母搭載機セット後期型を使用し、零戦52型12機、彗星艦爆8機、天山艦攻8機、流星改艦攻2機、偵察機彩雲2機の、合計32機を製作して搭載しました。

katosama21.jpg
外舷塗装やマーキングなどは全て塗装によるもので、白線表示なども全て塗装再現としました。その他、自作系のディティールアップとして、船体舷側の外板継ぎ目表現と、飛行甲板上の繋止眼環(パッドアイ)のドリル表現も行い、高角砲の射界制限装置はコンマ3ミリの真鍮線で自作しました。

katosama22.jpg
この角度で見ると、外板継ぎ目の様子がよくわかります。艦橋には21号電探ではなく、22号電探と13号電探が並べて取り付けられているのが、葛城の特徴です。

katosama23.jpg
右舷艦橋付近と飛行甲板の様子。迷彩塗装はピットロードのカラーセットを使用しました。ミスターカラーにも船舶迷彩色のセットはありますが、ピットロードカラーの方が、よりグレートーンに仕上がります。

katosama24.jpg
船尾の様子。飛行甲板後端部の着艦標示は、写真解析で明らかになっている「くの字」パターンを塗装で再現しました。舷梯はアオシマのエッチングセットには付属していないので、ハセガワのパーツを使用しています。

katosama25.jpg
右舷後部の様子。実艦の空母葛城は、大戦末期に空襲によって損害をうけましたが終戦後も残存し、復員輸送に活躍しました。

葛城で復員された方々は、巨大な正規空母が自分たちを迎えにきた様子を見て、どのように思ったでしょうか? 敗戦で沈んだ気持ちの中にも心強さや希望を感じたでしょうか?それとも、このような立派な正規空母を残して戦争に負けたことに無念さや憤りを感じたでしょうか? 

平和な時代に生まれ育った私には全く想像のつかないことですが、戦後に葛城を見た人々の印象について、以前から個人的に興味を持っている話題ですので、何かご存知の方がおられましたら、情報を頂けるとありがたいです。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加しています。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(現在受注が集中しているため、製作開始およびお届けにお時間を頂いております)
↓↓↓
mfhbana.jpg
スポンサーサイト

1/700航空母艦『葛城』製作中 その2

艦船模型製作代行のご依頼を受けて1/700航空母艦『葛城』を製作中です。

本日は船体の組立と下地処理、そして船体周りのエッチングパーツの取り付けが完了しました。

1406111.jpg
艦橋の様子。使用したエッチングは、アオシマ純正のもので、葛城の他に、コンバージョンで天城の製作も可能な優れものです。葛城特有の艦橋装備の13号電探は、ハセガワ製のパーツに入れ替えました。

1406112.jpg
下地処理の終わった葛城に、アオシマ純正のエッチングパーツを組み込んだ様子。船体と飛行甲板で下地の色を変えているため、現時点ではちょっと不思議な配色になっています。

1406113.jpg
アップにしてみると、エッチングの効果と飛行甲板に開けた眼環の様子などがよくわかります。この時点で、探照灯や錨などにファインモールド製のナノドレッドシリーズのパーツを使用していますが、今後、武装なども同パーツに交換予定です。アオシマキットは素組みでもカッチリとまとまりの良い造形で、ディティールを追加するのに適したパーツ構成になっているので、組み立てていてとても楽しい気持ちになれます。

1406114.jpg
エッチングパーツは、13号電探以外は全てアオシマ製です。パーツの使いやすさはもちろん、説明書も船首方向が明確に指定されているなど、使いやすさに配慮されたもので、このような点もアオシマの親切設計が生かされています。雲龍型航空母艦は3社でバッティングしているため、どれを選択していいのか悩みどころですが、個人的には絶対的にアオシマ製を推したいと思います。

明日は一旦、模型とは関係ない日記になりますが、明後日頃には完成写真をご紹介できれば思います。

当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加しています。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(現在受注が集中しているため、製作開始およびお届けにお時間を頂いております)
↓↓↓
mfhbana.jpg

1/700航空母艦『葛城』製作中 その1

艦船模型製作代行のご依頼を受けて1/700航空母艦『葛城』を製作中です。

キットはアオシマ製になります。アオシマの雲龍型空母のキットは、ネームシップの雲龍型のみ製作経験がありますが、葛城の製作はピットロード製のみで、アオシマキットは初挑戦です。

1406101.jpg
葛城は個人的にも雲龍型3姉妹の中で最も好きな空母でもありますので、ぜひ美しく仕上げたいと思います。ディティールアップはアオシマのエッチングをメインに、ファインモールド製のナノドレッドシリーズや、ピットロード製のネオイクイップメンツシリーズのパーツを盛り込む予定です。

1406102.jpg
お客様より、仕上がりのレベルは、以前に艦船模型製作代行のご依頼を頂いたときに製作した、空母『瑞鶴』(http://modelfactoryhg.blog.fc2.com/blog-entry-248.html)と同レベルをご希望いただきましたので、今回も飛行甲板には艦上機の繋止用眼環を開けました。0.3ミリのドリル刃とピンバイスを使い、地道に開けていくのですが、葛城は飛行甲板が木製ではなく、ラテックス貼りで間延びしやすいので、この作業は密度アップ効果がとても高く感じます。

1406103.jpg
船体舷側にも、外板の継ぎ目表現を施しました。2ミリ幅のマスキングテープを一定の間隔で貼ってサーフェーサーを塗装し、はがした時にできる段差を利用した処理になります。甲板の眼環開けと、舷側の外板継ぎ目の処理が終われば、いよいよ本格的な製作となります。 

明日は、具体的に製作を進めていく様子をご紹介します。



当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加しています。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(現在受注が集中しているため、製作開始およびお届けにお時間を頂いております)
↓↓↓
mfhbana.jpg
プロフィール

HIGH-GEARed

Author:HIGH-GEARed
奈良市在住、スケールモデル販売業者「モデルファクトリーハイギヤード」の製作担当兼代表をしております。

また、渡辺真郎の名前で『月刊モデルアート』、『艦船模型スペシャル』等の模型雑誌の作例記事も書かせていただいております。

「プロモデラーの人ってどんな生活をしているの?」という疑問に少しでもお答えできるよう、業務日記と日常日記を織り交ぜた内容でお届けしております。

当ブログの作品紹介はホームページの補助的な役割で活用しており、ホームページの方をメインとして、模型作例を多数掲載しております。 ぜひご覧ください。

HIGH-GEARed HOBBY WORKS!!
↓↓↓
http://nabeck.web.fc2.com/

模型製作ご依頼はこちら(お気軽にお問い合わせください)
↓↓↓
http://nabeck.web.fc2.com/hg-mdf.htm

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR