1/700重巡洋艦『高雄』完成

艦船模型製作代行のご依頼をいただいて製作しておりました、フジミの1/700重巡洋艦『高雄』が無事に完成しました。

本日は完成写真をご紹介します。

bskimurasama01.jpg
フジミ1/700重巡洋艦『高雄』、右舷前方からの全景。1/700の重巡『高雄』はフジミの他、アオシマとピットロードからも発売されていますが、フジミのキットは最もパーツ分割が多く、細部まで精密に再現されている反面、少々組みにくさもある(難易度が高めの)キットです。

bskimurasama02.jpg
フジミ1/700重巡洋艦『高雄』、左舷後部からの全景。今回、ディティールアップには、フジミの純正エッチングパーツ以外の大物パーツとして、フライホークのエッチング甲板を使用しました。

bskimurasama03.jpg
船首から艦橋、煙突にかけてのクローズアップ。フライホークのエッチング甲板を使用する事で、甲板上の通風塔やホーサーリールなどは全て切削し、社外パーツに取り替えました。また、錨鎖はモールドを切削した上で精密チェーンに交換し、機銃と高角砲にはファインモールド製のナノドレッドシリーズのパーツを使用しています。

bskimurasama04.jpg
主砲塔は全周をフジミのエッチングパーツで覆って側面および上面のディティールを充実させ、砲身には海魂の真鍮挽き物砲身を取り付けました。 また、船体舷側の舷外電路も(お客様のご希望で)純正モールドを削り取って、ファインモールドのエッチングパーツに置き換えています。

bskimurasama05.jpg
煙突から航空作業甲板にかけての様子。飛行機運搬軌条はフジミのエッチングによる再現ですが、何故か旋回盤上の軌条が省略されていたので、フジミの航空戦艦『伊勢』用のエッチングパーツから流用して対応しました。また、フライホークのエッチング甲板も、シェルター甲板の部分が何故か省略されていたので、汎用のリノリウム押さえ金具のエッチングを等間隔に並べて対応しています。

bskimurasama06.jpg
後部甲板の様子。エッチング甲板を使用して再現したリノリウム押さえ金具や、アドラーズネストの真鍮挽き物パーツに交換したキノコ型通風塔などのディティールアップ効果が良くわかります。なお、フジミの高雄は後部の洗い場の形状に設計ミス(←高さが非常に高い)がありますので、甲板をキットのままで仕上げる場合は(ヤスリで削るなどして)低く押さえた方が実感的に仕上がります。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつも投票いただきありがとうございます)

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(現在受注が集中しているため、製作開始およびお届けにお時間を頂いております)
↓↓↓
mfhbana.jpg


■模型誌掲載情報
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo62』に、1/700重雷装巡洋艦『大井』作例掲載。(発売中)
┣ イカロス出版『艦船プラモカタログ2016』に、1/700フリゲート『江凱Ⅱ』級掲載。(発売中)
┣ イカロス出版『艦船プラモカタログ2017』に、艦船模型作例記事掲載予定。(2016年12月17日発売)
┣ モデルアート社出版 月刊『MODEL Art』2017年2月号に艦船模型作例記事掲載予定。(2016年12月26日発売)
┗ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo63』に艦船模型作例記事掲載予定。(2017年2月15日発売)
スポンサーサイト

1/700重巡洋艦『高雄』製作中 その2

艦船模型製作代行のご依頼を受け、1/700重巡洋艦『高雄』の製作を進めておりました。

作品自体は既に完成しているのですが、製作記が途中で止まっておりましたので、本日は前回の続きをご紹介します。

1611301.jpg
船体の製作は概ね完了しましたので、続いては主砲塔の製作です。フジミの純正エッチングパーツは、砲塔全面を覆う仕組みになっており、繊細なディティールを再現できるのが特徴です。

1611302.jpg
砲塔全周を多い、手すりや空中線支柱などを取り付けた様子。(写真には写っていませんが、後ほど側面のラッタルも取り付けました)

1611303.jpg
主砲身には、お客様よりお持ち込みいただいた海魂の真鍮挽き物砲身を使用しましうた。脱脂を済ませたのち、砲身単体で塗装を行い、キットのプラ砲身からキャンバス部分のみを切り取ったものに0.4mmの取り付け穴を開け、瞬間接着剤で取り付けを行いました。

1611304.jpg
仕上がった主砲塔と主砲身の様子。砲塔、キャンバス、砲身をそれぞれ別々に塗装したことで、塗り分けラインもシャープに決まりました。(このところ湿度が高い日が続いていた為、瞬間接着剤を使用した個所が少々白化していますが、これらは後のコーティングの工程で完全に消えました)

1611305.jpg
煙突のジャッキステーは蒸気捨管や通路などと干渉する部分があるので、甲板上に各パーツを仮配置しつつ、干渉しないように取り付けていきました。なお、ジャッキステーのエッチングへの切り替えに先だって、プラパーツのモールドは全て削り落として滑らかに整えています。

1611306.jpg
艦橋の窓枠や手すり、水密扉なども概ねフジミの純正エッチングによるものです。ちなみにフライホークのエッチング甲板には(何故か?)シェルター甲板の部分が含まれなかったので、急遽汎用エッチングを均等に並べてリノリウム押さえを再現しました。

1611307.jpg
なお、航空作業甲板は、運搬軌条や旋回盤が純正エッチングで繊細に再現されていますが、旋回盤上の軌条のみ(何故か?)省略されていたので、フジミの航空戦艦『伊勢』用のエッチングパーツを流用して再現しなおしました。(写真は取り付け前です)

1611308.jpg
いろいろと紆余曲折はありましたが、武装類と短艇、艦載機をはじめとして、手すり&ラッタルと張り線などを取り付けて、フジミの1/700重巡洋艦『高雄』が無事に完成しました。 

明日の更新では次回作のご紹介をさせていただき、高雄の完成写真は明後日ご紹介します。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつも投票いただきありがとうございます)

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(現在受注が集中しているため、製作開始およびお届けにお時間を頂いております)
↓↓↓
mfhbana.jpg


■模型誌掲載情報
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo62』に、1/700重雷装巡洋艦『大井』作例掲載。(発売中)
┣ イカロス出版『艦船プラモカタログ2016』に、1/700フリゲート『江凱Ⅱ』級掲載。(発売中)
┣ イカロス出版『艦船プラモカタログ2017』に、艦船模型作例記事掲載予定。(2016年12月17日発売)
┣ モデルアート社出版 月刊『MODEL Art』2017年2月号に艦船模型作例記事掲載予定。(2016年12月26日発売)
┗ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo63』に艦船模型作例記事掲載予定。(2017年2月15日発売)

1/700重巡洋艦『高雄』製作中 その1

艦船模型製作代行のご依頼をいただき、1/700重巡洋艦『高雄』を製作中です。

1611022.jpg
キットは1944年の状態を再現したフジミの特シリーズの製品をベースにしています。

1611102.jpg
船体と主要構造物を仮組した様子。製作においてはフジミの純正ディティールアップパーツとファインモールドのエッチング、ナノドレッドシリーズのプラパーツを使用したディティールアップをメインとしておりますが、今回はそれらに加えてもう一点、(少々手のかかる)大盤パーツの導入を行いました。

1611103.jpg
その大盤パーツとは、フライホークのエッチング甲板です。

1611104.jpg
このパーツはリノリウムの押さえ金具のモールドなどを非常にシャープに再現してくれることが特長ですが、使用するには写真のように甲板上の通風塔やハッチ、ホーサーリールなどのモールドを全て一旦切削し、別パーツに置き換える必要があるため少々手間がかかります。(砲塔の砲座を通す丸穴の周りに無数に見える輪型のモールドは通風塔の取り付け位置を示したものです)

1611105.jpg
キットパーツには、既にこれらの通風塔が立体的にモールドされているので、まずは彫刻塔や平ノミで全て削り取っり、ヤスリをかけて表面を平滑に整えるところからスタートしました。

1611106.jpg
削り取った通風塔は、全てアドラーズネストの真鍮挽き物パーツに置き換えました。 なお、写真には3種類の通風塔とボラードが各1セットずつ写っていますが、(高雄の甲板を仕上げるための必要数は非常に膨大で)、実際にはこの倍のパーツ数を用意する必要がありました。

1611107.jpg
通風塔を真鍮挽き物パーツに交換するとなると、ボラードも交換しないとディティールのバランスが悪くなるため、これらもアドラーズのパーツへの切り替えを行いました。(船首の錨鎖は、お客様のご指示で精密チェーンに交換しています)

1611108.jpg
エッチング甲板を仮置きした様子。(航空作業甲板はフジミの純正エッチングパーツによるものです)また、写真では分かりにくいですが、船体舷側の舷外電路も、お客様のご指示でプラモールドを削り取り、エッチングへの切り替えを行いました。

1611109.jpg
その後、エッチング甲板を取り付けてリノリウム色に塗り分け、押さえ金具の部分の塗膜を落として真鍮の地金を露出させました。また、エッチング甲板貼り付けに先だってモールドを切除したキノコ型の通風塔も、順次、アドラーズの真鍮挽き物パーツに切り替えています。

16111010.jpg
続いて、シェルター甲板を取り付けました。まだハッチやホーサーリールの取り付けを残しておりますが、これらを終えると船体主要部の製作はほぼ完了です。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつも投票いただきありがとうございます)

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(現在受注が集中しているため、製作開始およびお届けにお時間を頂いております)
↓↓↓
mfhbana.jpg


■模型誌掲載情報
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo61』に、1/700航空母艦『加賀』作例掲載。(発売中)
┣ イカロス出版『艦船プラモカタログ2016』に、1/700フリゲート『江凱Ⅱ』級掲載。(発売中)
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo62』に、艦船模型作例記事掲載予定。 (2016年11月15日発売)
┣ イカロス出版『艦船プラモカタログ2017』に、艦船模型作例記事掲載予定。(2016年12月17日発売)
┣ モデルアート社出版 月刊『MODEL Art』2017年2月号に艦船模型作例記事掲載予定。(2016年12月26日発売)
┗ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo63』に艦船模型作例記事掲載予定。(2017年2月15日発売)

1/700重巡洋艦『高雄』完成

艦船模型製作代行のご依頼をいただいて製作していた、1/700重巡洋艦『高雄』が完成しました。

キットはアオシマから発売されている「艦これ」パッケージのものをベースに、手すりなどのエッチングパーツを取り付け、オーソドックスなディティールアップを施しました。

toujinbarasama38.jpg
アオシマ1/700重巡洋艦『高雄』全景。高雄型重巡洋艦のキットはフジミとアオシマ、ピットロードでバッティングしていますが、組み立てやすさという点ではアオシマ製が最もお勧めです。見た目のバランスも良く、個人的に大変気に入っているキットでもあります。

toujinbarasama39.jpg
重巡洋艦『高雄』後部からの全景。ディティールアップにはアオシマの『高雄1944』用エッチングパーツに加え、海魂の手すりとKAモデルのラッタルなどを加え、機銃と高角砲をファインモールド製のナノドレッドシリーズのパーツに交換。更に張り線の追加と精密チェーンによる錨鎖の再現を行いました。

toujinbarasama40.jpg
船首甲板付近から艦橋にかけての様子。高雄型重巡洋艦特有の巨大な艦橋が頼もしさを感じさせるアングルです。

toujinbarasama41.jpg
中央構造物。短艇甲板に降りるラッタルや、ナノドレッドシリーズの対空兵装などが見所です。また、三座水偵のマーキングは全て塗装で行いました。

toujinbarasama42.jpg
後部の様子。今回は汚し塗装の指定なしでの製作ご依頼ですので、清潔感を重視した仕上げとしています。


なお、明日は土曜日ということで本来はブログ更新は休みの日なのですが、ただいま同時進行の1/700駆逐艦『雪風』が追いこみ中ですので、明日も更新して完成画像を御紹介予定です。

(他に1/700戦艦『大和』も進行中ですが、こちらは来週中に完成予定ですので、またその際にご紹介します)


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓

艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(現在受注が集中しているため、製作開始およびお届けにお時間を頂いております)
↓↓↓
mfhbana.jpg



1/700重巡洋艦『高雄』完成


艦船模型製作代行のご依頼をいただいて製作していた、1/700重巡洋艦『高雄』が完成しました。

迷彩塗装の高雄の製作は2回目になります。

oritosama50.jpg
1/700の高雄型重巡洋艦は、アオシマ、フジミ、ピットロードから発売されていますが、今回ベースとしたのはアオシマ製です。作りやすさとディティールのバランスがとても良いキットなので、気に入っています。

oritosama51.jpg
高雄の迷彩塗装版は、以前にも艦船模型製作代行のご依頼で一度製作をしているので、この塗装に挑戦するのは二度目です。

oritosama52.jpg
水平面にいくらか軍艦色を残した配色ですので、使用する色が多く、賑やかな印象です。舷外電路と煙突ジャッキステーにはレインボーモデルのエッチングパーツを、窓枠と手すり、ラッタルはオーシャンスピリット、射出機はフジミと、各社のパーツを使用してディティールアップを行っています。

oritosama53.jpg
重巡洋艦『高雄』左右からの全景。迷彩塗装は、モデルアート社出版「プラモマニュアルシリーズ」の『教えて!1/350艦船プラモの作りかた』の掲載作例を参考にしました。

oritosama54.jpg
船首部のアップ。錨鎖には精密チェーンを使用し、主砲塔にはヤマシタホビーのプラパーツを使用しました。スライド金型で美しく抜き上がったE型砲塔は、エッチングでのディティールアップに負けないディティールと、エッチング以上の塊感を両立した素晴らしいパーツです。使用難度も低く使いやすいので、これからの重巡洋艦製作の際にはぜひ採り入れて行こうと思いました。

oritosama55.jpg
艦中央部の様子。煙突のジャッキステーはレインボーモデルの汎用パーツを現物合わせで曲げて使用しました。機銃、高角砲などの対空兵装も、全てファインモールド製ナノドレッドシリーズのパーツに交換しています。

oritosama56.jpg
後部の様子。例によって、舷梯と救命浮標を取り付けました。三座水偵のマーキングも、全て塗装にて表現しています。


アオシマの高雄は組み立てやすさとディティールの良さをバランスよく両立しているため、組立に気を遣う必要がないので、今回の迷彩塗装のような、少々横道に逸れた製作のベースにも最適です。(艦橋前面のみ、合わせ目が目立ちますので、面倒な点はそこを処理することくらいです)

また、今回使用したディティールアップパーツの中でも、ヤマシタホビーのE型砲塔は手軽に精密感を味わえるので、今後の製作にもぜひ生かして行きたいと思いました。



艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(現在受注が集中しているため、製作開始およびお届けにお時間を頂いております)
↓↓↓
モデルファクトリーハイギヤード
プロフィール

HIGH-GEARed

Author:HIGH-GEARed
奈良市在住、スケールモデル販売業者「モデルファクトリーハイギヤード」の製作担当兼代表をしております。

また、渡辺真郎の名前で『月刊モデルアート』、『艦船模型スペシャル』等の模型雑誌の作例記事も書かせていただいております。

「プロモデラーの人ってどんな生活をしているの?」という疑問に少しでもお答えできるよう、業務日記と日常日記を織り交ぜた内容でお届けしております。

当ブログの作品紹介はホームページの補助的な役割で活用しており、ホームページの方をメインとして、模型作例を多数掲載しております。 ぜひご覧ください。

HIGH-GEARed HOBBY WORKS!!
↓↓↓
http://nabeck.web.fc2.com/

模型製作ご依頼はこちら(お気軽にお問い合わせください)
↓↓↓
http://nabeck.web.fc2.com/hg-mdf.htm

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR