1/700重巡洋艦『愛宕』完成

艦船模型製作代行のご依頼をいただいて製作していた、1/700重巡洋艦『愛宕』が完成しました。

先日掲載の長門と同じく、キットは、アオシマから発売されている「艦これ」パッケージのものですが、エッチングプレートが付属している他、専用に書き直された組み立て説明書が付属している点のみが従来キットとの違いで、キットそのものはウォーターラインシリーズのものと同じです。

ですので、艦これで艦船模型に興味を持たれた方には、「艦これ愛宕に手すりなどのエッチングを取り付けるとこうなる」という完成例としてご覧いただけましたら幸いです。(私はプレイ経験がないのでゲームの方の話題に合わせられず、申し訳ございません。)

toujinbarasama18.jpg
先日の長門の更新時と順序がかわりまして、今度は手前が愛宕、奥が長門です。今回は、お客様からこの2隻のキットをお持ち込みいただき、製作を担当させていただきました。

toujinbarasama19.jpg
1/700重巡洋艦『愛宕』の全景。長門の時と同じく、キットはフジミとアオシマでバッティングしていますが、組み立てやすさという点ではアオシマ製がお勧めです。ピットロードからも高雄型重巡洋艦が発売されていますが、こちらもディティールと組み立てやすさのバランスがとてもいいキットです。

toujinbarasama20.jpg
重巡洋艦『愛宕』後部からの全景。ディティールアップには海魂の手すりとラッタル、射出機などに加え、レインボーモデルの窓枠エッチングパーツなどを使用し、機銃と高角砲をファインモールド製のナノドレッドシリーズのパーツに交換。更に張り線の追加と精密チェーンによる錨鎖の再現を行いました。当工房での最もスタンダードなディティールアップ内容です。

toujinbarasama21.jpg
船首の様子。艦橋窓枠下の整流装置は、キットのままでは前板が不足しているので、プラ板で自作して追加しました。

toujinbarasama22.jpg
中央構造物。短艇甲板に降りるラッタルや、ナノドレッドシリーズの対空兵装などが見所です。また、三座水偵のマーキングは全て塗装で行いました。

toujinbarasama23.jpg
後部の様子。今回は、汚し塗装の指定なしでの製作ご依頼ですので、清潔感を重視した仕上げとしています。


明日からは、4~5回に分けて、『奈良模型愛好会 第5回春展』の様子をご紹介します。



当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓

艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(現在受注が集中しているため、製作開始およびお届けにお時間を頂いております)
↓↓↓
mfhbana.jpg



スポンサーサイト
プロフィール

HIGH-GEARed

Author:HIGH-GEARed
奈良市在住、スケールモデル販売業者「モデルファクトリーハイギヤード」の製作担当兼代表をしております。

また、渡辺真郎の名前で『月刊モデルアート』、『艦船模型スペシャル』等の模型雑誌の作例記事も書かせていただいております。

「プロモデラーの人ってどんな生活をしているの?」という疑問に少しでもお答えできるよう、業務日記と日常日記を織り交ぜた内容でお届けしております。

当ブログの作品紹介はホームページの補助的な役割で活用しており、ホームページの方をメインとして、模型作例を多数掲載しております。 ぜひご覧ください。

HIGH-GEARed HOBBY WORKS!!
↓↓↓
http://nabeck.web.fc2.com/

模型製作ご依頼はこちら(お気軽にお問い合わせください)
↓↓↓
http://nabeck.web.fc2.com/hg-mdf.htm

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR