1/700戦艦『敷島』完成

この作品は奈良模型愛好会春展に向けて製作し、少し前に完成していたものですが、改めてご紹介する機会がなかったので、完成の状態をご紹介します。

shikishimakan06.jpg
モデルクラックのレジンキットをベースに、シールズモデルの戦艦三笠のキットパーツを流用して仕上げました。

shikishimakan07.jpg
ディティールアップは、汎用の手すりとラッタルのエッチングパーツを取り付け、張り線を施したのみです。

shikishimakan08.jpg
戦艦『敷島』 右舷及び左舷からの全景。戦艦三笠をはじめとする、この時代の英国艦同様、前後にほぼ対象な形をしています。

shikishimakan09.jpg
中央部の様子。日本海海戦時の資料に従い、後部デリックとファイティングトップは省略しました。敷島と三笠との見た目の違いで目立つのは、煙突が一本多い点と、艦橋が若干小型である点です。細かい点では、舷側の砲配置やアンカーベッドの形状も異なるので、三笠ベースの加工は結構大変と思われます。

shikishimakan10.jpg
浅間型装甲巡洋艦(奥)と並べて見ました。敷島型戦艦は、同級を拡大改良した正常進化形の戦艦であることがわかりますね。




当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓

艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつも投票頂いている皆さま、心より感謝申し上げます)

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(現在受注が集中しているため、製作開始およびお届けにお時間を頂いております)
↓↓↓
mfhbana.jpg

スポンサーサイト

1/700戦艦『敷島』製作記

これは少し前に完成している作品ですが、製作の様子をご紹介する機会がなかったので、改めてご紹介いたします。

戦艦『敷島』と言われて、すぐにわかる方はどれくらいおられますでしょうか? 

しかし、戦艦『三笠』と言われると、多くの艦船ファンの方は、すぐに納得されると思います。

日露戦争を勝利に導いた、栄光ある戦艦『三笠』は、正式には『敷島型戦艦』の4番艦にあたりますので、『敷島』は『三笠』の姉妹艦であり、ネームシップでもあります。 

このような理由から、戦艦『敷島』は、当時の日本海軍はもとより、世界的にも当時屈指の戦艦でした。

shikishimakan01.jpg
しかし、そんな屈指の戦艦『敷島』も、なかなか良質なキットに恵まれず、ポーランドのモデルクラック社製のレジンキットに頼る他はありません。 三笠のプラキットを改造する手もあるのですが、改造箇所が思いのほか多いので、今回は船体をメインにレジンキットを使用し、三笠のパーツを一部流用する方法を採りました。(写真は、甲板の塗り分けの際のマスキングの様子)

shikishimakan02.jpg
モデルクラックのキットには、いちおう武装やボート類もパーツとして含まれていますが、気泡や整形不良が多く、また数も若干足りていないように思われたので、今回は画像に写っている一部のみを使用しました。

shikishimakan03.jpg
砲塔は三笠とは平面形状が少々異なるレジンパーツが入っていたため、三笠用を使用するか、敷島キットに付属のものを使用するかで悩んだのですが、変化をつけるという意味合いでレジンパーツを使用しました。 砲身は、真鍮パイプを二本重ねる、古式ゆかしき方法(笑)で自作しました。

shikishimakan04.jpg
細かいパーツに関しては、シールズモデルの戦艦『三笠』のプラキットをドナーとして使用しました。具体的にはボートダビット、副砲身、速射砲身、ラッパ型通風塔、マストなどを流用しています。

shikishimakan05.jpg
短艇類もシールズモデルのパーツから流用していますが、短艇類を置く梁の部分がキットではパーツ化されていなかったので、1ミリのプラ角棒で自作しました。

明日は、1/700戦艦『敷島』の完成の様子をご紹介します。




当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓

艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつも投票頂いている皆さま、心より感謝申し上げます)

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(現在受注が集中しているため、製作開始およびお届けにお時間を頂いております)
↓↓↓
mfhbana.jpg

プロフィール

HIGH-GEARed

Author:HIGH-GEARed
奈良市在住、スケールモデル販売業者「モデルファクトリーハイギヤード」の製作担当兼代表をしております。

また、渡辺真郎の名前で『月刊モデルアート』、『艦船模型スペシャル』等の模型雑誌の作例記事も書かせていただいております。

「プロモデラーの人ってどんな生活をしているの?」という疑問に少しでもお答えできるよう、業務日記と日常日記を織り交ぜた内容でお届けしております。

当ブログの作品紹介はホームページの補助的な役割で活用しており、ホームページの方をメインとして、模型作例を多数掲載しております。 ぜひご覧ください。

HIGH-GEARed HOBBY WORKS!!
↓↓↓
http://nabeck.web.fc2.com/

模型製作ご依頼はこちら(お気軽にお問い合わせください)
↓↓↓
http://nabeck.web.fc2.com/hg-mdf.htm

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR