1/350潜水艦『伊19』完成

前回のブログ記事で、ほぼ完成に近いところまで仕上がっていた1/350日本海軍潜水艦『伊19』が完全に出来あがりました。

本日は完成写真をご紹介します。

bkatosama50.jpg
1/350潜水艦『伊19』 、右舷側からの全景。『伊19』は巡洋潜水艦乙型とも呼ばれる伊15型の1隻で、大戦中には航空母艦ワスプや駆逐艦オブライエンの撃沈に貢献した他、戦艦ノースカロライナを中破させるなど、大きな戦果を挙げた潜水艦として有名です。

bkatosama51.jpg
キットは1/350の日本海軍潜水艦を多数ラインナップしているアオシマのアイアンクラッドシリーズのもので、汎用エッチングパーツによる手すりとメタルラインによる張り線を追加する等のディテールアップを施しました。

bkatosama52.jpg
1/350潜水艦『伊19』 、左舷後部からの全景。キットの塗装図には、なぜか木甲板部の塗色に艦底色が指定されていましたが、どう考えても不自然なので通常の木甲板色を塗装しました。汚し塗装は施さないようにとの御指定ですので、全体的に清潔感のある仕上げとしています。

bkatosama53.jpg
艦首側面の発射管周りのディテールと零式1号小型水上偵察機のクローズアップ。偵察機はキットに付属のもので、1/350の水上機としてはかなり繊細な仕上がりです。

bkatosama54.jpg
司令塔は外板周りはもちろん、ブルワーク内側にもモールドが施されています。手すりはライオンロアの汎用エッチングパーツを使用しました。

bkatosama55.jpg
25mm機銃の銃身は真鍮挽き物パーツに交換しました。機銃身の交換は、当工房の艦船ディテールアップの中でも多くのお客さまから特にご好評を頂いております。

bkatosama56.jpg
船体後部の様子。スクリューシャフトや水平舵、プロペラガードなど、潜水艦ならではの機能美がたいへん魅力的です。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

■個展開催のお知らせ
┣ 『第3回すずらん模型展 【第2回HIGH-GEARed個展】』
┣ 特設ページ: http://nabeck.web.fc2.com/hg-mdf14.htm
┣ 日時:2017年6月10~11日(10:00~17:00)
┣ 開催場所:奈良県奈良市右京1丁目3-4 サンタウンプラザ すずらん館1階 すずらんサークル
┣ 交通:近鉄京都線・『高の原駅』駅下車 徒歩5分、駐車場有り「入庫から1時間無料」
┗ お問い合わせ先:関西学研都市センター株式会社 営業部販売促進課 TEL:0742-71-3639


■模型誌作例掲載情報
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo64』に、1/500一等巡洋艦『八雲』作例記事掲載。(発売中)
┣ イカロス出版『艦船プラモカタログ2017』に、1/700航空母艦『CV-7 ワスプ』作例記事掲載。(発売中)
┗ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo65』に艦船模型作例記事掲載予定。(2017年8月15日発売


艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(2017年6月5日更新!取引例に16作品追加! 現在計336作品掲載中)
↓↓↓
mfhbana.jpg


モデルファクトリーハイギヤードが主催する
艦船模型と飛行機模型の完成品販売webショップ『CHERRY&ANCHOR』
(2017年5月25日、1/48飛行機モデル4機新入荷!)
↓↓↓
crbana.jpg
スポンサーサイト

1/350潜水艦『伊19』製作

艦船模型製作代行のご依頼を頂き、アオシマの1/350潜水艦『伊19』を製作中です。

6月の製作予定としては、先日ご紹介しました1/350航空母艦『赤城』( http://modelfactoryhg.blog.fc2.com/blog-entry-1216.html )の製作も進めておりますが、同時進行していた『伊19』の方が完成間際まで来ましたので、本日はその様子をご紹介します。

1706021.jpg
キットは1/350の日本海軍潜水艦キットのラインナップのメインを占めている、アオシマのアイアンクラッドシリーズのもので、2009年発売の比較的新しい製品です。

1706022.jpg
アオシマ1/350潜水艦『伊19』。製作工程は撮影できていないのですが、キットパーツの方はスクリューと機銃以外のほぼ全ての組み込みを完了し、あとは手すりと張り線、旗などの取り付けを残すのみとなりました。

1706023.jpg
ウェザリングなどは施さないようにとのご依頼ですので、塗装はムラなく、シンプルに仕上げています。

1706024.jpg
零式1号小型水上偵察機はキットに付属の物で、この縮尺の水上機としては水準以上のシャープさです。

1706025.jpg
木甲板はモールドが深めに彫られ、排水孔や外板継ぎ目、発射管などもメリハリのある造形です。

1706026.jpg
同スケールの伊400型潜水艦とのツーショット。同じ水上機搭載型潜水艦とはいえ、さすがに伊400型のサイズには及びませんが、伊19(伊15型潜水艦)もかなりの大きさがあることが分かります。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

モデルファクトリーハイギヤードが主催する
艦船模型と飛行機模型の完成品販売webショップ『CHERRY&ANCHOR』
(2017年5月25日、1/48飛行機モデル4機新入荷!)
↓↓↓
crbana.jpg

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(2017年3月27日更新!取引例に11作品追加! 現在計320作品掲載中)
↓↓↓
mfhbana.jpg


■模型誌作例掲載情報
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo64』に、1/500一等巡洋艦『八雲』作例記事掲載。(発売中)
┣ イカロス出版『艦船プラモカタログ2017』に、1/700航空母艦『CV-7 ワスプ』作例記事掲載。(発売中)
┗ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo65』に艦船模型作例記事掲載予定。(2017年8月15日発売)


■個展開催のお知らせ
┣『第3回すずらん模型展 【第2回HIGH-GEARed個展】』
┣ 日時:2017年6月10~11日(10:00~17:00)
┣ 開催場所:奈良県奈良市右京1丁目3-4 サンタウンプラザ すずらん館1階 すずらんサークル
┣ 交通:近鉄京都線・『高の原駅』駅下車 徒歩5分、駐車場有り「入庫から1時間無料」
┗ お問い合わせ先:関西学研都市センター株式会社 営業部販売促進課 TEL:0742-71-3639

1/350特型潜水艦『伊400』スペシャルエディション完成

艦船模型製作代行のご依頼をいただいて製作していた、タミヤの1/350日本海軍特型潜水艦『伊400 スペシャルエディション』が完成しました。

1/350『伊400』スペシャルエディションは今年2月にも製作)しましたが、今回のご依頼品では(お客様からご指示により)格納筒をクリアー仕上げとせず、エデュアルドのエッチングパーツを追加したほか、25mm機銃をナノドレッド350のパーツに交換し、汚し塗装を強めに施しました。

muraokasama001.jpg
タミヤ1/350日本海軍特型潜水艦『伊400スペシャルエディション』、左舷船首方向からの全景です。今回は強めの汚し塗装をご希望いただきましたので、私の作品としては珍しい程に強めの水垢とさび汚れの表現を施しました。

muraokasama002.jpg
右舷後部よりの全景。タミヤの1/350『伊400』は数ある1/350日本海軍艦艇キットの中でも、ファインモールドの特型駆逐艦と並んで組みやすさ、ディティールの面でもほぼ完ぺきと言っていい名キットと考えています。

muraokasama003.jpg
射出機はエデュアルドのエッチングパーツを使用したことで、ディティールが飛躍的に高まりました。搭載機の晴嵐は、タミヤのスペシャルエディションではクリアー成形されたものが付属するので、風防を塗り残して風防を透明な状態として再現しました。風防内部には機体内部色を塗装していて内部の奥行き感も演出しています。

muraokasama004.jpg
司令塔および飛行機格納筒周りのクローズアップ。格納庫の扉は開閉可能とし、25mm三連装機銃はファインモールド製のナノドレッド350のパーツに交換しました。

muraokasama005.jpg
船体には荒波を越えて海を渡ってきた痕跡を刻み込みました。スクリューも実船の真鍮の錆を研究し、独特の退色と艶消し感を再現しています。

muraokasama006.jpg
キットは主翼を展開させた状態の晴嵐が一機あまる構成となっているため、その1機はバラで組み立ててお付けしました。タミヤの1/350『伊400』キットには台車と台座も付属していて単体での展示にも向いており、嬉しい心づかいがなされています。

明日は一旦、模型以外のネタを御紹介させていただき、明後日からまた1/350大型艦の製作記の連載を開始します。



当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつも投票いただきありがとうございます)

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(現在受注が集中しているため、製作開始およびお届けにお時間を頂いております)
↓↓↓
mfhbana.jpg



1/350特型潜水艦『伊400』スペシャルエディション完成

艦船模型製作代行のご依頼を受け、今年の三作目として製作していた、タミヤの1/350特型潜水艦『伊400』スペシャルエディションが無事に完成しました。

本日は完成写真をご紹介します。

makiyamasama01.jpg
タミヤ1/350特型潜水艦『伊400』スペシャルエディション、右舷からの全景。このキットの特徴は、司令塔がクリアー成形されていることで、飛行機の格納筒の一部を塗り残すことで、内部の晴嵐の格納状態を完成後も見ることができる点です。

makiyamasama02.jpg
タミヤ1/350特型潜水艦『伊400』スペシャルエディション、右舷前方よりの全景。ディティールアップにはキットに付属のエッチングパーツを使用し、お客様のご希望に従って全体に汚し塗装を加えました。

makiyamasama03.jpg
左舷の様子。こちら側は通常塗装を施しているので純粋なスケールモデルとして仕上げています。キットの特性を生かし、内部構造と外観の二種類を楽しめるリバーシブルな作品となりました。

makiyamasama04.jpg
司令塔および、飛行機格納筒のクローズアップ。タミヤの1/350伊400の通常版のキットは、格納筒内部にヒダ状の補強材が再現されていますが、このクリアーバージョンでは、内部の様子がより鮮明に見えるよう、内部のヒダを取り去ってフラットな形状に仕上げられています。

makiyamasama05.jpg
右舷後部からの全景。タミヤの1/350『伊400』は、1/350艦船キットのリリースラッシュの初期に発売されたモデルですが、その完成度の高さは現在の目で見ても驚くほど高く、個人的にはファインモールドの特型駆逐艦と並んで小型艦のキットとしてはベストと言える製品と思います。(どちらも『特型』の肩書きを持つ船なのが面白いところです)

makiyamasama06.jpg
今回は飛行状態と格納状態の晴嵐を合計5機製作しました。今回製作したスペシャルエディションのキットでは、晴嵐もクリアー成形されているので、風防は透明のまま仕上げ、内部には機内色を塗装しました。お客様より塗装剥げ表現をご希望いただきましたので、軽めにチッピングを入れています。



当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓

艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつも投票頂き、ありがとうございます)

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(現在受注が集中しているため、製作開始およびお届けにお時間を頂いております)
↓↓↓
mfhbana.jpg

1/350日本海軍特型潜水艦『伊400』完成


製作ご依頼を頂いて製作を進めていた、タミヤの1/350『伊400』が完成しました。

タミヤの伊400の製作は、確か2008年の奈良模型愛好会第一回展示会に向けて製作した時以来となりますが、相変わらずの完成度の高さに驚かされながらの製作となりました。

前回は汎用の手すりを追加したのみでしたが、今回はエデュアルドのエッチングパーツと、マスターモデルの25mm機銃身を併用したディティールアップを施し、お客様のご希望で汚し塗装も施しました。

i40003.jpg

i40004.jpg

i40008.jpg

i40007.jpg

キットに付属の晴嵐は完成度が高く、翼を折りたたんだ状態のものも含めて、伊400に模型映えを演出してくれます。

タミヤの伊400は、潜水艦としては少々割高感がありますが、製作してみれば、そのクオリティには納得の一言です。 個人的にも、機会があればまた製作してみたいと思わされるキットでした。

geoge05.jpg
↑並行して進めていたジョージ・ワシントンもまもなく完成です。また、船の科学館ジオラマに乗せる宗谷も進行中です。これらの作品も今月中に完成をお知らせできる予定ですので、ぜひご覧ください。


艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードにぜひどうぞ!
↓↓↓
モデルファクトリーハイギヤード
プロフィール

HIGH-GEARed

Author:HIGH-GEARed
奈良市在住、スケールモデル販売業者「モデルファクトリーハイギヤード」の製作担当兼代表をしております。

また、渡辺真郎の名前で『月刊モデルアート』、『艦船模型スペシャル』等の模型雑誌の作例記事も書かせていただいております。

「プロモデラーの人ってどんな生活をしているの?」という疑問に少しでもお答えできるよう、業務日記と日常日記を織り交ぜた内容でお届けしております。

当ブログの作品紹介はホームページの補助的な役割で活用しており、ホームページの方をメインとして、模型作例を多数掲載しております。 ぜひご覧ください。

HIGH-GEARed HOBBY WORKS!!
↓↓↓
http://nabeck.web.fc2.com/

模型製作ご依頼はこちら(お気軽にお問い合わせください)
↓↓↓
http://nabeck.web.fc2.com/hg-mdf.htm

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR