1/700航空母艦『信濃』 ”オリジナルダズル迷彩” 仕様 完成 

艦船模型製作代行のご依頼を受け、今年の4作目として製作していた、タミヤの1/700航空母艦『信濃』が完成しました。

本日は完成画像をご紹介します。

ayokoyamasama01.jpg
1/700航空母艦『信濃』ダズル迷彩仕様、左舷からの全景。この信濃は、お客様よりお送りいただきましたオリジナルのダズル迷彩塗装を施しました。外舷塗装に使用した塗料はピットロードカラーの『日本海軍対潜迷彩色セット』で、左右で異なるパターンをデザインしています。

ayokoyamasama02.jpg
1/700航空母艦『信濃』ダズル迷彩仕様、右舷前方からの全景。最初の写真と比較してより船首よりから望遠で撮影した写真です。塗り分けが直線的なことと、使用している塗料が従来からの対潜迷彩のイメージと同じなこともあって、あまり架空設定を感じさせない自然な雰囲気に仕上がりました。

ayokoyamasama03.jpg
左舷後部からのローアングルでの全景。この角度から見ると、後部高角砲群下部の旭日旗のような放射状に広がった模様が特徴的です。

ayokoyamasama04.jpg
右舷前方からの見下ろしアングル。この角度で見るぶんには舷側の塗り分けはほとんど見えないため、一見しただけでは通常塗装で塗り分けた作品のようにも見えます。

ayokoyamasama05.jpg
同じ高さでの左舷後部からの全景です。紅白の着艦表示は赤い部分を抜いたパターンを採用したことで色の組み合わせがシンプルになり、統一感が出ました。

ayokoyamasama06.jpg
特徴的なダズル迷彩のパターンを写した左右からの全景です。船首周りの黒ラインは少々湾曲して見えますが、これは船首側面のフレア形状によるもので、実際には直線のラインです。

ayokoyamasama07.jpg
飛行甲板船首付近の様子。今回は25mm三連装機銃、12.5cm連装高角砲をいつものようにナノドレッドシリーズのパーツに交換した他、12cm28連装噴進砲も同じく新発売の同シリーズのパーツに交換しました。

ayokoyamasama08.jpg
艦橋付近の様子。窓枠やメインマスト、21号&13号の各電探をエッチングに変え、舷側通路も含めて手すりなどを配置して精密感を高めました。飛行甲板外周には飛行機救助網や人員救助網も設置しています。

ayokoyamasama09.jpg
飛行甲板左舷後部の様子。両舷後部には着艦誘導灯を装備し、高角砲スポンソンには射界制限装置も取り付けています。

ayokoyamasama10.jpg
右舷後部の様子。起倒式マストはお客様のご希望で倒した状態とし、マスト本体はエッチングパーツに取り替えました。現在、1/700で信濃用に特化したエッチングパーツセットは入手が困難なので、今回の製作では色々なメーカーや艦種のパーツをミキシングしつつディティールアップを行いました。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓

艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつも投稿いただき、ありがとうございます)

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(現在受注が集中しているため、製作開始およびお届けにお時間を頂いております)
↓↓↓
mfhbana.jpg
スポンサーサイト

1/700航空母艦『信濃』 ”オリジナルダズル迷彩” 仕様 製作中 その3

艦船模型製作代行のご依頼を受け、今年の4作目としてタミヤの1/700航空母艦『信濃』を製作中です。

この作品はお客様の考案されたオリジナルデザインのダズル塗装にて迷彩塗装を施しています。

本日は塗り分けの済んだ船体と飛行甲板、そして艦橋を一体化させるところまで来ましたので、ご紹介します。

1502231.jpg
1/700航空母艦『信濃』ダズル迷彩仕様、左右からの全景。お客様に頂いたデザイン案に近い角度で見ていただくために、少しローアングルで撮影しました。図面とキットの形状に若干の差異がある(タミヤの信濃は艦橋が少々長い)ため、艦橋の側面部の塗り分けの割合は少し変わってしまいましたが、船の前後に対するバランスや角度などはほぼ完全に再現することができました。

1502232.jpg
飛行甲板もお客様のご指定通り、ラテックス色で紅白の着艦表示のない仕様に仕上げています。本日は前回の塗装の際に、吹き込んだりボケてしまったラインを修正し、スポンソン裏側や段差のある部分のつじつまを合わせる処理をしました。格納庫の開口部や舷側通路の手すりなどの取り付けも完了し、船体の作業の7割程度が完了しました。

1502233.jpg
写真右側は舷側をほぼ真横から見た様子。写真左は少し斜めに見た様子です。 右側の写真ではある程度綺麗にそろっているラインも、斜めから見ると結構凹凸があることが分かります。複雑な側面形状を跨ぎつつの直線的な塗り分けは難易度が高いですが、完成後は見る角度によって模様が変わる楽しさがあります。

1502234.jpg
写真右は船体舷側と艦橋側面の塗り分けが角の頂点で繋がる部分を示しています。写真左は船首部舷側から飛行甲板側面や(支柱に設置された)見張り所に跨る黒ラインの様子です。

明日は対空兵装やマスト、電探、救助網等の取り付けに進みます。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓

艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつも投稿いただき、ありがとうございます)

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(現在受注が集中しているため、製作開始およびお届けにお時間を頂いております)
↓↓↓
mfhbana.jpg

1/700航空母艦『信濃』 ”オリジナルダズル迷彩” 仕様 製作中 その2

艦船模型製作代行のご依頼を受け、今年の4作目としてタミヤの1/700航空母艦『信濃』を製作中です。

本日はお客様よりお送りいただいたデザインパターンに基づいて舷側の塗り分けを行いましたので、その様子をご紹介します。

1502201.jpg
この写真は左舷後部からの全景です。部分的に当初のデザインとは異なるパターンに見えますが、機銃スポンソンの影が影響しているだけで、実際にはお送りいただいたパターンをほぼそのまま再現しています。艦橋の方は一部の塗り分けが舷側と繋がっているため、まず舷側のパターンを全て終えてからバランスを見るという順序で進めています。

1502202.jpg
マスキングの様子。通常迷彩の場合、舷側通路やスポンソンを跨ぐ塗り分けは水平か垂直になることがほとんどですが、今回の塗り分けは斜めのラインが多いため、マスキングの際に障害となる手すりなどのエッチングは後回しにしました。

1502203.jpg
ざっと塗り分けを終えた舷側左右の全景です。今後、テープの隙間から色が吹き込んでラインがぼやけた部分や、スポンソン下部などの水平面は、部分ごとに個別に『再マスキング&再塗装』を施して洗練させていく予定です。

1502204.jpg
飛行甲板上部から見ると、一見迷彩塗装を感じさせないグレーメインの色彩です。艦橋が付くとかなり雰囲気が変わってくると思われますが、今回はお客様のご希望で紅白の着艦表示の塗装は行わない予定ですので、側面の塗り分けが複雑になる反面、水平面は比較的シンプルに仕上がる予定です。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓

艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつも投稿いただき、ありがとうございます)

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(現在受注が集中しているため、製作開始およびお届けにお時間を頂いております)
↓↓↓
mfhbana.jpg

1/700航空母艦『信濃』 ”オリジナルダズル迷彩” 仕様 製作中 その1

艦船模型製作代行のご依頼を受け、今年の4作目としてタミヤの1/700航空母艦『信濃』を製作中です。

当工房ではお客様のイメージをできる限り忠実に形にすることをモットーにしているため、実艦の考証などにこだわった仕様から精密パーツを多数組み込んだ仕様など、お客様ならではのこだわりを反映させた作品をご依頼いただくことが多いのですが、そうした数々のご要望の中で、装備品や艦容をアレンジした架空設定の艦もこれまでいくつかご依頼いただいています。

1502191.jpg
今回のご依頼も架空設定のもので、お客様がデザインされたオリジナルのダズル迷彩を施した航空母艦『信濃』を製作しています。この写真はお客様からお送りいただきましたファイルを印刷したもので、グリーン2色の日本船舶迷彩色をメインとした左右非対称のパターンとなります。(印刷の加減で若干ブラウンが入っているように見えますが、実際にはグリーン2色と黒の塗り分けになります) 

1502192.jpg
製作中の信濃の様子。まだディティールアップパーツなどは取り付けていませんが、船の骨格となる基本的なパーツは全て取り付けを終えました。キットはウォーターラインシリーズのタミヤキットを使用し、各種エッチングの取り付けや対空兵装のナノドレッドパーツ化、張り線や高角砲射撃界制限枠の取り付けなどを行う予定です。 

1502193.jpg
まだ下塗り状態なのでダズル塗装のイメージは沸いてきませんが、直線基調の大変美しい塗り分けがデザインされていますので、その魅力を一層引き立てる仕上げを目指して行きたいと思います。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓

艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつも投稿いただき、ありがとうございます)

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(現在受注が集中しているため、製作開始およびお届けにお時間を頂いております)
↓↓↓
mfhbana.jpg

タミヤ1/700 航空母艦『信濃(甲板黒塗装)』 完成

船模型製作代行のご依頼をいただいていた、タミヤの1/700航空母艦『信濃』が完成しました。

takeisama39.jpg
前回更新時の『大鳳』の写真と、前後の位置が変わりまして、今回は手前が信濃で奥が大鳳です。実際には結構違う船なのですが、遠近感も手伝ってか?艦容がとても似通って見えます。

takeisama40.jpg
キットはウォーターラインシリーズのタミヤキットを使用しました。信濃は大和型戦艦の船体を流用して造られた空母とあって、飛行甲板の幅が非常に広いことが特徴的です。

takeisama41.jpg
後部上空から見下ろした、空母信濃の全景。飛行甲板には、お客様のご希望で大鳳と同じ黒塗装を施しました。

takeisama42.jpg
飛行甲板船首部を左舷から見た様子。起倒式マストのエッチングは海魂製を使用し、13号電探はハセガワ製を使用しました。

takeisama43.jpg
同じく、飛行甲板船首部を右舷から見た様子。25mm三連装機銃と12.7cm連装高角砲は、例によってファインモールド製のナノドレッドシリーズのパーツに全て交換しています。


takeisama44.jpg
飛鷹型航空母艦や大鳳などと同じ設計の煙突を一体化した環境構造物の様子。21号電探はファインモールド、煙突のジャッキステーはレインボーモデル、窓枠は海魂のエッチングパーツを、それぞれ使用しています。

takeisama45.jpg
搭載機はお客様のご希望により、彩雲3機、烈風14機、流星改14機をお付けしました。全て、フジミのパーツでお客様の持ち込みによるものです。


takeisama46.jpg
左舷後部の様子。後部エレベーターは、お客様のご希望により、下げた状態としました。

takeisama47.jpg
右舷後部の様子。人員救助網、飛行機救助網ともに、海魂のエッチングパーツを使用しています。



当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓

艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(現在受注が集中しているため、製作開始およびお届けにお時間を頂いております)
↓↓↓
mfhbana.jpg
プロフィール

HIGH-GEARed

Author:HIGH-GEARed
奈良市在住、スケールモデル販売業者「モデルファクトリーハイギヤード」の製作担当兼代表をしております。

また、渡辺真郎の名前で『月刊モデルアート』、『艦船模型スペシャル』等の模型雑誌の作例記事も書かせていただいております。

「プロモデラーの人ってどんな生活をしているの?」という疑問に少しでもお答えできるよう、業務日記と日常日記を織り交ぜた内容でお届けしております。

当ブログの作品紹介はホームページの補助的な役割で活用しており、ホームページの方をメインとして、模型作例を多数掲載しております。 ぜひご覧ください。

HIGH-GEARed HOBBY WORKS!!
↓↓↓
http://nabeck.web.fc2.com/

模型製作ご依頼はこちら(お気軽にお問い合わせください)
↓↓↓
http://nabeck.web.fc2.com/hg-mdf.htm

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR