1/700重巡洋艦『高雄』完成

艦船模型製作代行のご依頼をいただいて製作していた、1/700重巡洋艦『高雄』が完成しました。

キットはアオシマから発売されている「艦これ」パッケージのものをベースに、手すりなどのエッチングパーツを取り付け、オーソドックスなディティールアップを施しました。

toujinbarasama38.jpg
アオシマ1/700重巡洋艦『高雄』全景。高雄型重巡洋艦のキットはフジミとアオシマ、ピットロードでバッティングしていますが、組み立てやすさという点ではアオシマ製が最もお勧めです。見た目のバランスも良く、個人的に大変気に入っているキットでもあります。

toujinbarasama39.jpg
重巡洋艦『高雄』後部からの全景。ディティールアップにはアオシマの『高雄1944』用エッチングパーツに加え、海魂の手すりとKAモデルのラッタルなどを加え、機銃と高角砲をファインモールド製のナノドレッドシリーズのパーツに交換。更に張り線の追加と精密チェーンによる錨鎖の再現を行いました。

toujinbarasama40.jpg
船首甲板付近から艦橋にかけての様子。高雄型重巡洋艦特有の巨大な艦橋が頼もしさを感じさせるアングルです。

toujinbarasama41.jpg
中央構造物。短艇甲板に降りるラッタルや、ナノドレッドシリーズの対空兵装などが見所です。また、三座水偵のマーキングは全て塗装で行いました。

toujinbarasama42.jpg
後部の様子。今回は汚し塗装の指定なしでの製作ご依頼ですので、清潔感を重視した仕上げとしています。


なお、明日は土曜日ということで本来はブログ更新は休みの日なのですが、ただいま同時進行の1/700駆逐艦『雪風』が追いこみ中ですので、明日も更新して完成画像を御紹介予定です。

(他に1/700戦艦『大和』も進行中ですが、こちらは来週中に完成予定ですので、またその際にご紹介します)


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓

艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(現在受注が集中しているため、製作開始およびお届けにお時間を頂いております)
↓↓↓
mfhbana.jpg



スポンサーサイト

1/700航空母艦『翔鶴1942』完成

艦船模型製作代行のご依頼を受けて製作していた、1/700航空母艦『翔鶴』が完成しました。


taniguchisama24.jpg
1/700の翔鶴はタミヤとフジミから発売されていますが、今回はお客様のご希望によりフジミキットを使用しました。ディティールアップにはフジミ純正のエッチングパーツと木製甲板に付属のエッチングを使用しています。(木製甲板シールは使用せず、木甲板は塗装仕上げです) その他、対空兵装や探照灯にはファインモールド製のナノドレッドシリーズのパーツを使用し、張り線を追加してオーソドックスなディティールアップ仕様としました。

taniguchisama25.jpg
その他、手を入れた部分はシールドなしの25mm三連装機銃と12.7cm連装高角砲をファインモールド製ナノドレッドシリーズのパーツに交換たほか、飛行甲板上の探照灯を展開状態とし、同じくナノドレッドシリーズの探照灯に交換の上、レンズ部分を透明に塗り分けました。

taniguchisama26.jpg
左舷後部よりの全景。お客様のご希望により、飛行甲板の白線および紅白の表示にはデカールは使用せず、全て塗装で仕上げました。発色も鮮やかで模型映えのする仕上がりです。

taniguchisama27.jpg
左舷から見た船首部の様子。エレベーターと遮風柵のエッチングはフジミの木製甲板セットに付属のものを使用しています。

taniguchisama28.jpg
左舷後部の様子。後部短艇甲板の一部はリノリウム甲板のモールドが施されているため、リノリウム色の塗り分けを行いました。昭和17年(1942年)の仕様ということで、飛行甲板左舷中央部には21号電探を装備しています。

taniguchisama29.jpg
右舷船首付近の様子。翔鶴の艦名を示す『シ』の文字は、着艦標示とともに塗装にて表現しました。赤城、飛龍とは異なる大型の風向き表示も印象的です。

taniguchisama30.jpg
艦橋頂部にも21号電探を装備し、姉妹艦の瑞鶴より一足先にハイテク化した姿が印象的です。

taniguchisama31.jpg
右舷後部の様子。飛行甲板、外舷ともに汚し塗装はごく弱めとしました。整備の良く行きとどいた船のメカニカル感を意識した仕上げです。



当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓



艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ


艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(現在受注が集中しているため、製作開始およびお届けにお時間を頂いております)
↓↓↓
mfhbana.jpg




1/700航空母艦『飛龍 ミッドウェー』完成

艦船模型製作代行のご依頼を受けて製作していた、1/700航空母艦『飛龍』が完成しました。

taniguchisama33.jpg
1/700の飛龍はアオシマとフジミから発売されていますが、今回はお客様のご希望によりフジミキットを使用しました。ディティールアップにはフジミ純正のエッチングパーツと木製甲板に付属のエッチングを使用しました。(木製甲板シールは使用せず、木甲板は塗装仕上げです) その他、対空兵装や探照灯にはファインモールド製のナノドレッドシリーズのパーツを使用し、張り線を追加してオーソドックスなディティールアップ仕様としました。

taniguchisama34.jpg
その他、手を入れた部分はシールドなしの25mm三連装機銃と12.7cm連装高角砲をファインモールド製ナノドレッドシリーズのパーツに交換したほか、飛行甲板上の探照灯を展開状態とし、同じくナノドレッドシリーズの探照灯に交換の上、レンズ部分を透明に塗り分けました。

taniguchisama35.jpg
左舷後部よりの全景。お客様のご希望により、飛行甲板の白線および紅白の表示にはデカールは使用せず、全て塗装で仕上げました。今回の製作は、ミッドウェー海戦時の年代設定をご希望いただいているため、飛行甲板船首部には日の丸の表示を施しました。

taniguchisama36.jpg
右舷から見た船首部の様子。エレベーターと遮風柵のエッチングはフジミの木製甲板セットに付属のものを使用しています。

taniguchisama37.jpg
右舷後部の様子。後部短艇甲板の一部はリノリウム甲板のモールドが施されているため、リノリウム色の塗り分けを行いました。

taniguchisama38.jpg
艦橋付近。側面の水平マストは真鍮線で自作し、アンテナ線を貼りました。フジミのエッチングは艦橋防空指揮所の天幕支柱が再現されているのが特徴です。

taniguchisama32.jpg
左舷船首付近の様子。この角度で見ると、巨大な煙突とジャッキステーが目立ちます。汚し塗装はお客様のご希望でごく弱めとしました。右舷に張り出した二本煙突のジャッキステーもフジミのエッチングによるものです。
taniguchisama39.jpg
右舷後部の様子。飛行甲板上の『ヒ』の識別表示、風向き表示、紅白の着艦表示などはすべてマスキングして塗り分けました。今回のご依頼は艦上機を配置しないというご指定を頂いているので、飛行甲板の表現には特に気を遣いました。




当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓



艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ


艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(現在受注が集中しているため、製作開始およびお届けにお時間を頂いております)
↓↓↓
mfhbana.jpg




1/700航空母艦『赤城』完成

艦船模型製作代行のご依頼を受けて製作していた、1/700航空母艦『赤城』が完成しました。

taniguchisama08.jpg
1/700の赤城はハセガワとフジミから発売されていますが、今回はお客様のご希望によりフジミキットを使用しました。ディティールアップにはフジミ純正のエッチングパーツと木製甲板に付属のエッチングを使用しました。(木製甲板シールは使用せず、木甲板は塗装仕上げです) また、メインマストはフジミのどのパーツにも付属していないため、この部分のみハセガワのエッチングを流用しました。

taniguchisama09.jpg
その他、手を入れた部分は25mm連装機銃をファインモールド製ナノドレッドシリーズのパーツに交換したほか、飛行甲板上の探照灯を展開状態とし、同じくナノドレッドシリーズの探照灯に交換の上、レンズ部分を透明に塗り分けました。

taniguchisama10.jpg
右舷後部よりの全景。お客様のご希望により、飛行甲板の白線および紅白の表示にはデカールは使用せず、全て塗装で仕上げました。また、飛行甲板後部の支柱の間に配置される補強の筋交いも真鍮線で再現しています。

taniguchisama11.jpg
左舷から見た船首部の様子。エレベーターと遮風柵のエッチングはフジミの木製甲板セットに付属のものを使用しています。

taniguchisama12.jpg
左舷後部の様子。通路および高角砲デッキの内部はリノリウム色の塗り分けを行っています。

taniguchisama15.jpg
艦橋付近。後部のメインマストはハセガワのエッチングを流用することで、かなりシャープに仕上がりました。

taniguchisama13.jpg
右舷船首付近の様子。この角度で見ると、巨大な煙突とジャッキステーが目立ちます。汚し塗装はお客様のご希望でごく弱めとしました。

taniguchisama14.jpg
右舷後部の様子。飛行甲板上の『ア』の識別表示、風向き表示、紅白の着艦表示などはすべてマスキングして塗り分けました。今回のご依頼は艦上機を配置しないというご指定を頂いているので、飛行甲板の表現には特に気を遣いました。



当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓



艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ


艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(現在受注が集中しているため、製作開始およびお届けにお時間を頂いております)
↓↓↓
mfhbana.jpg




製作中の艦船模型のご紹介


本日は、艦船模型製作代行のご依頼を頂いて製作中の作品を御紹介します。

1410271.jpg
現在、お見せできる状態まで進んでいるのは、ご覧の3隻です。左から1/700空母赤城、飛龍、翔鶴で、全てフジミのキットにフジミのエッチング(+木製甲板付属エッチング)を組み込んだものになります。

雑誌作例製作の合間を縫って3隻同時に少しずつ進行しておりましたが、ようやくここまで来ました。

1410272.jpg
フジミ1/700航空母艦『赤城』。以下の2隻も含め、お客様のご希望によって飛行甲板の白線表示はすべて塗装で再現しています。

1410273.jpg
フジミ1/700航空母艦『飛龍』。見た目のシンプルさとは裏腹に、この3隻の中でもパーツ数が最恐ろしいほどに多く、大変手のかかるキットです。

1410274.jpg
フジミ1/700航空母艦『翔鶴』。このキットは昭和17年の仕様ということで、瑞鶴に先駆けて21号電探を装備した状態を再現しています。

今回ご依頼の3隻は、珍しく艦載機なしでのご依頼ということで、いつもとは違った空母本体の構造美を楽しむ仕様となりそうです。 残している作業は救助ネットおよびマスト、探照灯の取り付けと張り線の追加、機銃の取り付けのみですので、明日から順番に完成ラッシュとなる予定です。

また、1/700戦艦『大和』(ライオンロアパーツ使用、1/700重巡洋艦『高雄』、1/700駆逐艦『雪風』も製作中ですので、こちらもお見せできる状態になり次第、ご紹介いたします。(当初の予定より納期が少々遅延しておりまして、お客様にはご迷惑をおかけし、大変申し訳ございません)



当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓



艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ


艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(現在受注が集中しているため、製作開始およびお届けにお時間を頂いております)
↓↓↓
mfhbana.jpg



佐々木模型へ行く

本日は奈良模型愛好会展示会のレポートは一旦中断し、ちょうど半月前に訪れた奈良の模型店『佐々木模型 http://www.eonet.ne.jp/~sasaki-mokei/』訪問の様子をご紹介します。

1410241.jpg
今回の佐々木模型訪問は、奈良模型愛好会の鳥羽莉さんにお誘いをいただいたもので、橿原の某スーパーマーケットの駐車場で待ち合わせをしました。 当日は私は午前中に業務があり、鳥羽莉さんも地元のお祭りの準備があったため、お昼過ぎ頃の集合となりました。私は少し早目に到着したのでスーパーのイートインでたこ焼きを食べながら待っていたのですが、鳥羽莉さんの方も橋本さんを伴って早目に到着されていたようで、予定時間より少し早めの合流となりました。

移動は鳥羽莉さんのバモスに三人搭乗し、みんなでワイワイと艦船模型話などで盛り上がりつつ、片道15分ほどの佐々木模型を目指します。

1410242.jpg
佐々木模型は大和高田市の葛城税務署のとなりにありました。1948年創業で60周年を越える超!老舗模型店です。

1410243.jpg
店内は在庫数が非常に豊富で、いろいろと現在では目にする機会の少ない珍しいキットも揃っていました。現在の店主さんは二代目だそうで、模型のネタ以外にも大変話題が豊富な方でした。いろいろとお話しつつ、目立てのキットを掘り出す、昔ながらの模型店の魅力を残したお店です。

1410247.jpg
当日、私が購入したのは、フジミの1/700『あるぜんちな丸』です。客船好きの私としては見逃せないキットでしたが、「いつか買おう」と思っているうちに店頭在庫を見かけなくなっていたので、ちょうどいい収穫でした。 古き良き模型店の魅力を持つ佐々木模型(http://www.eonet.ne.jp/~sasaki-mokei/index.html)に、ぜひ皆様もご訪問くださいませ。

1410244.jpg
やがて、奈良模型愛好会会員のモーリー少尉さんも到着されたので、この機会にご自身が所有されているジムニーを隅々まで拝見させていただきました。このジムニーはこれまでも奈良模型愛好会の例会終了後などに見せていただいていたのですが、改めて明るい場所で拝見させていただいたのは初めてです。

1410245.jpg
各部のクローズアップ。モーリー少尉さんはこの車のモディファイや修理を全て自分で行われています。巨大なタイヤはカーブでの走行にコツがいるそうで、減速帯などは基本的にリヤタイヤをすべらせつつ飛び越えるようにしてクリアしていかないとと無理ということでした。なんともワイルドなお車という印象です。ちなみにこの日は私のMR2、鳥羽莉さんのバモス、モーリー少尉さんのジムニーと、集まった3台の車が全てMT車となりました。奈良県はMT率が全国最低と言われているので、車関連のミーティング以外で3台MT車が揃うのは、なかなか珍しい気がします。

1410246.jpg
帰りには、モデラー4人でファーストフード店での男子会となりました。今回集まったメンバーはいずれも艦船模型熱の高いメンバーばかりですので、来年の春展には、皆さんの新作がたくさん並ぶと思われます。 私もなかなか自分用の模型を作る時間がとれませんが、今回購入した『あるぜんちな丸』をはじめとして、少しずつでも気晴らしの模型を進めていくことがでれば、と思います。

今回、オフ会でご一緒いただいた皆様、楽しい時間をありがとうございました。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓



艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ


艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(現在受注が集中しているため、製作開始およびお届けにお時間を頂いております)
↓↓↓
mfhbana.jpg



奈良模型愛好会 第7回展示会 その13

先月中旬には、毎秋恒例の『奈良模型愛好会 第7回展示会』が行われました。

本日は展示会のレポート、第13回目をご紹介します。

1410231.jpg
本日も昨日に続き、飛行機モデルのご紹介です。こちらの作品は、ヤーノフさんが製作された、マッチボックスの1/72『ファントムFG.1』です。キット付属のデカールが使用不能だったため、フジミ製をベースにRAFルーカス基地のNo.43Sqnのマーキングを再現されています。チェッカーマークをメインとしたモノトーンのカラーリング、そして艶を抑えた仕上げからは実機の重々しさが伝わってくるようです。

1410232.jpg
こちらのF-15Jはブルース会長の製作されたもので、2003年の戦技競技会に参加した、第303飛行隊 「スピリットオブドラゴン」の機体を再現しています。 機体上面の白龍はデカールではなく手描きによって再現され、細部のパネルナンバーのデカールもなども丁寧に貼られた華やかな仕様です。この作品は、この展示会終了後には大阪の模型コレクターさんの元へ旅立って行きました。

1410233.jpg
こちらも同じくタミヤの1/32のF-15Jイーグルはインパルスさんが製作されたものですが、1996年の戦技競技会百里基地の204SQです。春展に引き続いてブルース会長とインパルスさんの1/32F-15Jイーグルが並び、大型飛行機モデルの完成品展示に華が咲きました。お二方のご作品はいつも超絶ですが、作風はそれぞれ違っているため、いつも見比べるのを楽しみにしています。

141023.jpg
こちらもインパルスさんのご作品で、1/48『A-7コルセアⅡ』です。主翼上面に「デザートストーム」のロゴを大きく描いたCAG機で、ブラウン系の二色迷彩が美しい砂漠仕様のカラーリングに仕上げられています。ご作品は米軍仕様のキットをベースに海軍仕様にカラーリングを変更して製作されたということですが、実機とは異なる点として、着艦用のアレスティングワイヤーが付いていないことを気にしておられるようでした。

1410234.jpg
こちらは今年入会された酒井さんの製作された、ハセガワの1/32『紫電改』後期型です。展示会二日目のみのご参加で、使用感を重視した塗装と実機の諸元を記したアクリルベースなど、展示映えのあるご作品に仕上げられており、搭乗員のフィギュアも丁寧に塗装されていました。

1410235.jpg
こちらも同じくハセガワの1/32紫電改で、ブルース会長の製作されたものです。機体番号は戦闘第301飛行隊 隊長 菅野直大尉乗機「343A-15」としています。ブルース会長にはwebショップCHERRY&ANCHORの販売品として、1/32日本機をたくさん作って頂いておりますが、安定感のある作りでお客様から大変好評いただいています。 タミヤやハセガワの新製品も揃い、1/32大戦機もコレクションしがいが出てきましたね。私はあまり作る機会がないのですが、これからも展示会などで作品を拝見できることを楽しみにしております。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓



艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ


艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(現在受注が集中しているため、製作開始およびお届けにお時間を頂いております)
↓↓↓
mfhbana.jpg



奈良模型愛好会 第7回展示会 その12

先月中旬には、毎秋恒例の『奈良模型愛好会 第7回展示会』が行われました。

本日は展示会のレポート、第12回目をご紹介します。

1410221.jpg
本日からは、飛行機モデルのご紹介となりますが、今回は春展の際にお題のひとつとして製作されていた、超時空要塞マクロスシリーズの機体も飛行機モデルと並べて展示されていました。 こちらはとみたけさんの製作されたVF-1で、アメリカ海軍のCAG機をイメージした現用機テイストの塗装がなされています。キャラクターやカーモデルにおいても、塗装換えでキット設定とは違った世界観を楽しんでおられるとみたけさんならではの、楽しい仕上げのご作品でした。

1410222.jpg
こちらはインパルスさんの製作されたVF-1A。マクロス世界におけるブルーインパルスとも言うべきアクロバットチーム、エンジェルバーズのマーキングが施されています。バルキリーは戦闘用のメカですが、ブルーインパルスなどと同様の華やかなカラーリングからは平和への願いが伝わってくるようでした。

1410223.jpg
こちらはJOKERさんが製作された、ストライクバルキリーです。劇場版マクロス『愛 おぼえていますか』に登場したストライクパーツを装備した姿で、重装備使用独特の精悍さが伝わってきます。独特の青みがかかった塗装は、宇宙戦艦ヤマト用カラーを使用されたということで、宇宙もののイメージにぴったりと思わされました。

1410224.jpg
こちらもJOKERさんが製作された、バーミリオン小隊のVF-1。JOKERさんの塗られるつや消し塗装は独特のマット感が大変魅力的です。 明るくポップなマーキングの機体に汚しをいれるのは難しそうですが、使用感を出しつつもみすぼらしくならないそのセンスには、いつも驚かされます。

1410225.jpg
こちらは北極ぺんぎんさんの製作された『VF-1 バルキリー 「ミンメイ2009スペシャル」』です。初代マクロスヒロインのリン・ミンメイが「ミス マクロス コンテスト」に優勝したことを記念して施されたという設定で、キットには美樹本晴彦氏描き起こしのイラストデカールが付属し、機体カラーも含めて非常に華やかな機体です。作品は北極ぺんぎんさんらしい丁寧な仕上げがなされており、デカールもモールドや筋彫りに美しく馴染んでいました。

1410226.jpg
こちらはヤーノフさんの製作された1/72F-4EJ改です。1/72ハセガワのF-4EJ改をベースにNBM21のデカール使用にて、2003年三沢基地航空祭に登場した『航空自衛隊発足プレ50周年記念塗装機』として製作されています。両サイドに描かれた二色の龍の威容に目を奪われますが、細部に目を向けるとコクピット内なども丁寧にディティールアップされています。実機への想い入れが伝わる、素晴らしいご作品でした。

1410227.jpg
こちらもヤーノフさんの製作された、イタレリの1/72F-5B。デカール貼りに失敗されたということですが、どこからどう見ても金属感満点のシルバーとイエローの鮮やかなラインがとても美しい仕上がりです。私は飛行機モデルはほとんど製作しておりませんが、こういうメカニカルな仕上げを見ていると、自分でも飛行機モデル製作に挑戦したみたくなりますね。(続く)




当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓



艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ


艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(現在受注が集中しているため、製作開始およびお届けにお時間を頂いております)
↓↓↓
mfhbana.jpg



テレビドラマへの美術協力のお知らせ 『すべてがFになる』 1/350南極観測船『宗谷』

本日午後9時からフジテレビ系列で放送されたテレビドラマ『すべてがFになる http://www.fujitv.co.jp/F/index.html』 において、当工房『モデルファクトリーハイギヤード』が美術協力を行いましたので、ご紹介します。

同作品内の第一話および第二話に登場する『極地研究所』の撮影セット内に、1/350『南極観測船 宗谷 第一次観測隊』および『南極観測船 宗谷 第三次観測隊』を設置しています。

soya67.jpg
↑ドラマに登場するのは、第一次と第三次の仕様を横並びにした、この状態です

極地研のコントロール室(?)に置かれているため、本日の放映でも何度か背景にはっきり映る姿が見られました。(もちろん、エンドロールにもちゃんとハイギヤードの名がクレジットされております)

極地研のセットは来週まで出番があるようですので、ご興味のございます方は、ぜひ宗谷を探してみてください(笑)



当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓

艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ


艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(現在受注が集中しているため、製作開始およびお届けにお時間を頂いております)
↓↓↓
mfhbana.jpg




『巨大戦艦大和展』に行く

昨日10月19日は天気も良かったので、大阪南港ATCギャラリーにて開催中の、『巨大戦艦大和展』を見学しにいって参りました。

1410201.jpg
大阪南港到着は午後1時頃でした。ATCからは今年6月の別府旅行の際に利用した『さんふらわあ あいぼり』が停泊している様子が見えます。

1410202.jpg
続いて、名門大洋フェリーの『フェリーきょうと』が入港しました。9月以降、多忙のために少々疲れがたまっていたのですが、港内を行き来する船を見ているとなんだか急に元気が出てきました。普段内陸部に住んでいることもあって、潮風はなによりのクスリになります。

1410203.jpg
ATC内のお蕎麦屋さんで昼食をとったあとは、いよいよATCギャラリーの『巨大戦艦大和展』に入場します。入場料は大人一名1、200円で、大和ミュージアムから借用した資料をメインとした各種展示が行われていました。

1410204.jpg
貴重な実物資料の数々。左上:1970年に引き揚げられた戦艦陸奥の装甲板、右上:高角双眼望遠鏡、左下:対空兵装追加の概要を示した図面、右下:大和の横断図面。

1410205.jpg
左上:戦艦大和と武蔵進水式での記念品、右上:海軍工廠で使用されていた巨大なナット(私と妻の手での大きさ比較)、左下:海底の大和から引き揚げられた高角砲弾の薬莢、右下:同じく、引き揚げられた空中線碍子

1410206.jpg
こちらは、映画『男たちの大和』での撮影に使われた特撮用モデルです。縮尺は1/17.5スケールと、大変巨大なもので細部まで精密に作りこまれていました。映画内では大和が転覆する場面で、この艦橋が海面に叩きつけられる様子が大変印象的です。

1410207.jpg
縮尺といえば、こちらの艦橋内部の模型はなんと1/1です。以前に大和ミュージアムの企画展で展示されていたもので、残念ながらその時には見る機会を逸していたのですが、当初は予想もしていなかった大阪での見学が叶うことになりました。

1410208.jpg
艦橋内部には伝声管や計器類が所狭しと並びます。窓の外には艦橋からの景色のCG映像が投影され、大和の艦橋に立った気分が味わえました。ナレーションや音声で主砲発射の手順が紹介され、実際に主砲塔が旋回して射撃の瞬間を再現してくれるなど、たいへん気の利いた演出がなされていました。

1410209.jpg
こちらは先ほどの艦橋モデルと同じく、映画『男たちの大和』の撮影で使用された1/35戦艦大和の特撮用モデルです。実艦の全長が263mですから、模型とは言え全長7.5mほどもある巨大なものです。以前は京都の映画村に展示されていたようですが、現在は大阪の大和展にて大切に展示されていました。

14102010.jpg
映画の舞台となった機銃座の様子。見えば見るほど、劇中の激しい戦闘シーンが目に浮かぶようです。この模型は、尾道に建設されたロケセットに合わせて、実艦にはなかったと思われるラッタルや機銃射撃式所など一部追加されていました。

14102011.jpg
1/35戦艦大和の後ろに見えるのは、尾道の実物ロケセットに取り付けられていたフェアリーダーと菊の紋章です。尾道の大和も2回、現地で見学しましたが、このような貴重なものが現在でも大切に保存、公開されているのは本当に嬉しい限りです。実物大のロケセット関連では、他に25mm三連装機銃も展示されていました。

14102012.jpg
この大和展では他にも、巨大で精密な艦船模型が数多く展示されていました(左上:瑞鶴、右上:伊勢、左下:扶桑、右下:赤城)。ホビーショップtamtamで製作、展示されている作品を含めてどの作品も見ごたえたっぷりで、時間があれば一日中でも見ていたいと思わされる垂涎の作品群でした。(照明が薄暗く、細部の様子を確認しづらかったのが少々残念な点でした)

14102013.jpg
帰りはATCで買い物や食事を楽しみました。10月以降は毎年、何かと多忙になりがちですが、週末ごとに夫婦で出かける日帰り旅行が何よりの癒やしとなっています。来週以降もいろいろとプチ遠征の予定を立てているので、日常日記としてまたご紹介してまいります。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓



艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ


艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(現在受注が集中しているため、製作開始およびお届けにお時間を頂いております)
↓↓↓
mfhbana.jpg



プロフィール

HIGH-GEARed

Author:HIGH-GEARed
奈良市在住、スケールモデル販売業者「モデルファクトリーハイギヤード」の製作担当兼代表をしております。

また、渡辺真郎の名前で『月刊モデルアート』、『艦船模型スペシャル』等の模型雑誌の作例記事も書かせていただいております。

「プロモデラーの人ってどんな生活をしているの?」という疑問に少しでもお答えできるよう、業務日記と日常日記を織り交ぜた内容でお届けしております。

当ブログの作品紹介はホームページの補助的な役割で活用しており、ホームページの方をメインとして、模型作例を多数掲載しております。 ぜひご覧ください。

HIGH-GEARed HOBBY WORKS!!
↓↓↓
http://nabeck.web.fc2.com/

模型製作ご依頼はこちら(お気軽にお問い合わせください)
↓↓↓
http://nabeck.web.fc2.com/hg-mdf.htm

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR