模型誌に作例記事掲載のお知らせ 【イカロス出版 艦船プラモカタログ2015】 1/700給糧艦『間宮』(ピットロード&アオシマ)

今月28日、イカロス出版『艦船プラモカタログ』の2015年版が発売となりました。

mamiya01.jpg

今回も私、HIGH-GEARedこと渡辺が、ライター陣の一人として末席を汚しておりますので、ご紹介させて頂きます。 

mamiya02.jpg
今回、作例を担当させて頂いたのは、1/700給糧艦『間宮』です。写真奥が既に発売済みのピットロード製(1931年版)で、手前は12月に発売予定のウォーターラインシリーズのアオシマ製です。『2社でバッティングとなる同じ船を造り比べて、それぞれの特徴を御紹介』という企画になります。

mamiya03.jpg
こちらはピットロード版の間宮で、キットの設定どおりフルハルモデルとして製作しています。個人的な好みで舷側のモールドはすべて削り落して新規に作り直し、艦橋後部の形状もデッキの一部を自作するなどして大幅に作り変えました。

mamiya04.jpg
また、構造物垂直面のディティールはほとんど再現されていないので、窓や扉、ラッタルなどを追加してそれらしく仕上げました。ピットロードの間宮は少し古い設計のようで、ディティールアップ派のモデラーにとっては手を入れる余地が程良く残されているのでかえってありがたいという印象です。

mamiya05.jpg
アオシマの間宮は今回、製品版が間に合わなかったのでテストショットを製作しました。(ですので、製品版とは異なる部分もあると思います) キットは近年のアオシマらしく精度の高いもので、艦内の部屋割の一部が再現されるなど、遊び心のある楽しいキットです。

mamiya06.jpg
キットの素性をお見せするため、ディティールアップは手すりとラッタル、張り線のみの追加となりましたが、これだけでも充分に見映えのする作品となりました。ピットロード、アオシマともに、両社の特徴が良く発揮された面白いキットですので、作例記事を見て読者の皆さまのお好みの間宮を選ぶ参考になればと思います。(個人的にも特務艦や商船型の艦船は大好物ですので、とても楽しく製作させていただきました)

艦船プラモカタログ2015ではこれらの特務艦のご紹介のほかに、「戦艦の時代の終焉」と題して艦隊の主力がビッグセブンから空母機動部隊に変わっていく様子を模型作品として紹介しているほか、ハセガワの1/700空母赤城を教材にした「ステップアップ艦船模型講座」や各国の最新鋭艦の共演、アオシマ潜水艇『トライトン』、ピットロードの1/350『DD161あきづき』、1/700『島風』などの話題のニューキットのレビューなど、幅広い内容となっています。

艦船模型に興味のございます方は、ぜひ書店でお買い求めくださいませ。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓

艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(現在受注が集中しているため、製作開始およびお届けにお時間を頂いております)
↓↓↓
mfhbana.jpg


スポンサーサイト

1/350高速戦艦『榛名』製作中 その5

艦船模型製作代行のご依頼を受け、1/350高速戦艦『榛名』を製作中です。

キットはフジミの1/350です。金剛は以前に製作しているのですが、榛名は初めてですので個人的にも楽しんでいます。

本日は艦橋の塗り分けと組み立てが完了しましたので、その様子を御紹介します。

1411271.jpg
写真左側は司令塔と下部艦橋、右側は羅針艦橋を組み立てている様子。榛名の艦橋は日本戦艦特有の多層&開放式なので、完成後も内部の様子が良く見えます。双眼鏡なども配置されて見応えがありますので、一層一層、丁寧に塗り分けと組み立てを行いました。

1411272.jpg
写真左は羅針艦橋天蓋となる下部見張所、写真右は下部照射測的所です。床面はリノリウム色と甲板色に塗り分け、手すりパーツは別に塗装したエッチングを取り付けました。

1411273.jpg
写真左は戦闘艦橋と上部測的所、写真右は防空指揮所(上部見張所)です。榛名の防空指揮所は金剛より大きく、大変見映えのするポイントです。たくさん並べられた高角双眼鏡に加え、21号電探が大戦後期の日本海軍艦艇の姿を象徴しています。

1411274.jpg
中央構造物も塗り分けを終えて甲板上に接着しました。手すりやラッタル、張り線を含む小物類の取り付けはまだですが、かなり完成のイメージが見えてきました。日本戦艦ならではの複雑な構造美には惚れ惚れしますね!

1411275.jpg
航空作業甲板も射出機やクレーンなどの工作を進めていますので、明日か、遅くとも週明けには完成を御紹介できると思いますので、金剛型戦艦や1/350榛名の製作、その他、艦船にご興味のございます方は、是非ご覧くださいませ。

当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓

艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(現在受注が集中しているため、製作開始およびお届けにお時間を頂いております)
↓↓↓
mfhbana.jpg


1/24エスポラルース・ローラLC90 ランボルギーニ製作中 その1

本当は本日も榛名製作記を掲載予定だったのですが、少々キリの悪いところで中断してしまったので、本日は趣味の模型の方を御紹介します。

ロータス101製作記のホームページ版の方で少し記載していたのですが、現在製作中のカーモデルは、ハセガワの1/24エスポラルースLC90ランボルギーニです。

espo01.jpg
このマシンは、私が製作してきたカーモデルの中で、恐らく一番多いと思われる『ローラ社(http://www.lolaheritage.co.uk/index.htm)』開発のF-1マシンで、ランボルギーニエンジンを搭載して1990年のF-1シーズンを戦いました。日本のF-1ファンにとっては、日本人二人目のF-1レギュラードライバーである鈴木亜久里氏のドライブで特に有名です。

espo02.jpg
このキットはとにかく塗り分けが面倒です。まずはバリやヒケを取り去った後、①黒サーフェーサーで透け止めを施し→②裏表全面にカーボンブラックマットを塗装→③裏側をマスキングしてグレーサーフェーサーで発色を上げ→④続いて白サーフェーサーで白下地に持っていき→⑤イエローの下地となるファンデーションクリームを吹き(ここから全てフィニッシャーズカラー)→⑥ピュアイエローを重ね→⑦イエロー部とグリーン部をマスキングして→⑧赤の下地にファンデーションピンクを吹き→⑨ピュアレッドを重ね→⑩レッド部分をマスキングし→⑪スーパーディープブルーとピュアブルーを混色して作ったブルーを吹き→⑫全てのマスキングを剥がし→⑬グリーン部分のみをマスキングしてブリリアントグリーンを吹き→⑭オートクリアーで仕上げる、という順番で塗り重ねました。 一色塗り重ねるごとに3日ほどの乾燥期間を設けているので、最後まで塗り終わるのには本当に時間がかかりました。

espo03.jpg
しかし、手間をかけただけあって、ラルースローラ特有のサイケな雰囲気がうまく再現できました。デカールは、お世話になっている模型店『クアトロポルテ http://www.4porte.info/』さんに取り寄せて頂いたシュンコーモデル(http://www.shunko-models.com/)製デカールです。 この作品はとてもゆっくりしたペースで製作を進めているので次回更新はいつになるか分かりませんが、また進展があればご紹介して参りますので、カーモデルや昔のF-1がお好きな方はぜひご覧ください。




この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓

艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(現在受注が集中しているため、製作開始およびお届けにお時間を頂いております)
↓↓↓
mfhbana.jpg


1/350高速戦艦『榛名』製作中 その4

艦船模型製作代行のご依頼を受け、1/350高速戦艦『榛名』を製作中です。

キットはフジミの1/350です。金剛は以前に製作しているのですが、榛名は初めてですので個人的にも楽しんでいます。

先週末は三連休でしたが、連休中にも作業を進めておりまして、船体、甲板などが一気に形になりましたので、本日までに出来上がった部分を御紹介します。

1411251.jpg
船体と甲板を仕上げるにあたり、ディティールアップに力を入れたのは航空作業甲板です。フジミのエッチングパーツ3枚セットには、航空作業甲板のパーツは含まれていないので、今回はジョーワールド(http://www.joe-world.jp/)のエッチングを3種類使用して仕上げました。(写真右から『飛行機作業甲板』『旋回盤』『軌条』です。パーツ総額は7,171円になりました)

1411252.jpg
これらのパーツを使用するためには、キットのパーツに施されたモールドを削り取る作業が必要です。彫刻刀やヤスリを使って処理しますが、作業の際には軽くサーフェーサーなどで色付けをしておけば、削り残しを確認しやすいのでオススメです。

1411253.jpg
作業甲板のエッチングは、リノリウム色で塗装した後に押さえ金具の部分の塗装を剥がせば実感的な仕上がりになります。旋回盤と運搬軌条は別に塗装して取り付けました。

1411254.jpg
塗り分けが完了し、木甲板シールを貼り付けた船体に下塗り状態の構造物を仮置きしてみました。甲板上の通風塔やボラードなどの小物も取り付け済みです。

1411255.jpg
艦橋も組み立てを開始しました。フジミのエッチングパーツは整流装置の仕上がりが大変シャープですが、窓枠については例によって説明書に詳しい指定がないため、使用箇所に合うパーツを自分で探して取り付けました。

1411256.jpg
艦橋の仮組状態。塗装順序の完成でまだ取り付けていないパーツが多いですが、完成のイメージが少しずつ沸いて参りました。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓

艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(現在受注が集中しているため、製作開始およびお届けにお時間を頂いております)
↓↓↓
mfhbana.jpg


1/350高速戦艦『榛名』製作中 その3

艦船模型製作代行のご依頼を受け、1/350高速戦艦『榛名』を製作中です。

キットはフジミの1/350です。金剛は以前に製作しているのですが、榛名は初めてですので個人的にも楽しんでいます。

本日は搭載艇と艦載機を御紹介します。搭載艇や艦載機は製作の作業自体が地味な割に手間がかかるので、製作の初期の段階で仕上げておくと、後ほど根気切れを起こしにくいのでオススメです。

1411211.jpg
フジミの榛名の搭載艇はエッチングパーツが充実しています。旗竿や手すり、操舵輪などの定番のパーツの他に、内火艇用に天幕支柱が付属していたので、今回はこの支柱を使用してキャンパスを張っていない状態を再現しました。

1411212.jpg
完成した搭載艇の様子。天幕支柱はなかなか良いアクセントになりますね。フジミのエッチングは内火艇用のパーツ以外にも、9メートルカッター用にオールが付属していたりと、小物が充実していて楽しいです。

1411213.jpg
艦載機は基本的に組み立て説明書通りの仕上げです。フジミの水上機はクリアー成形のため、組み立てに気を使いますが、支柱の細かい部分も再現されていて実感的です。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓

艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(現在受注が集中しているため、製作開始およびお届けにお時間を頂いております)
↓↓↓
mfhbana.jpg


1/350高速戦艦『榛名』製作中 その2

艦船模型製作代行のご依頼を受け、1/350高速戦艦『榛名』を製作中です。

キットはフジミの1/350です。金剛は以前に製作しているのですが、榛名は初めてですので個人的にも楽しんでいます。

1411201.jpg
本日は中央構造物の様子を御紹介します。フジミのキットをベースに、フジミのエッチングパーツを組み込んだ状態です。 榛名の煙突周りは金剛型戦艦の中でも特にトラスが多くて模型映えがします。

1411202.jpg
船尾側から見た全景。こうして見ると、まるでプラント工場のようですね。今回の製作ではフジミの純正エッチングの他に、木甲板シールに付属のエッチング、更にはジョーワールドのエッチングも3種使用予定です。

1411203.jpg
フジミのエッチングはパーツ自体はしっかりしているのですが、説明書には最も複雑なトラス部分の組み立て図が描かれていない(キットのパーツ番号に対するエッチングの番号の記載のみ)ため、キットパーツを一旦組み立てて仮組みを行いつつ、同じようにエッチングを曲げて取り付けるという順序で進めなくてはいけない点が少々面倒でした。(作業性を考えると、やはりイラスト入りの組み立て図が欲しいところです)

明日は艦載機と艦載艇などを御紹介します。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓

艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(現在受注が集中しているため、製作開始およびお届けにお時間を頂いております)
↓↓↓
mfhbana.jpg


1/350高速戦艦『榛名』製作中 その1

艦船模型製作代行のご依頼を受け、1/350高速戦艦『榛名』を製作中です。

1411191.jpg
キットはフジミの1/350です。金剛は以前に製作しているのですが、榛名は初めてですので個人的にも楽しんでいます。

1411192.jpg
主砲塔の様子。エッチングはフジミ純正のエッチング3枚セットと真鍮主砲身を使用しています。また、今回は写していませんが木製甲板シールとナノドレッドシリーズの機銃も使用した豪華な仕様となる予定です。

フジミの艦船キットは個人的には組みやすいものと組みにくいものの差が大きいような気がしているのですが、この榛名は現状では非常に組みやすく進んでますので、今後の作業を楽しみつつ、丁寧に仕上げていきたいと思います。



当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓

艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(現在受注が集中しているため、製作開始およびお届けにお時間を頂いております)
↓↓↓
mfhbana.jpg


1/500戦艦『大和』完成

艦船模型製作代行のご依頼を受けて製作していた1/500の戦艦大和が無事に完成しました。

キットはフジミから発売されているもので、2009年発売の比較的新しいキットです。  

ejirisama05.jpg
1/500戦艦『大和』全景。イメージ的には大和ミュージアムの1/10戦艦大和に近いでしょうか?比較的バランスの良い艦容です。

ejirisama06.jpg
同じく右舷前方からの見下ろしアングル。ディティールアップには、フジミ純正のエッチングパーツを使用し、艦橋窓枠などは汎用パーツを流用しました。

ejirisama07.jpg
低いアングルから見ると、大和坂の角度の付き方が良くわかります。主砲塔の後ろに見え隠れする副砲塔も魅力的です。

ejirisama08.jpg
左舷後部からの全景。幅の広い船体が頼もしく見えるアングルですね。個人的にも大和のこの角度は大変気に入っています。

ejirisama09.jpg
第一、第二主砲塔および第一副砲塔付近の様子。前甲板および主砲塔上部の機銃ブルワークはフジミ純正のエッチングパーツによるものです。

ejirisama10.jpg
艦橋付近の様子。フジミの1/500大和は、構造物および機銃シールド側面にびっしり入ったリベットのモールドが特徴的です。この点では、映画『男たちの大和』に登場した大和を彷彿とさせます。

ejirisama11.jpg
煙突出口やジャッキステー、艦橋背面のラッタルなどは、フジミ製エッチングの充実した部分です。探照灯はクリアー成形されているので反射鏡をシルバーで塗装した後、レンズ部分を塗り残して透明仕上げとしました。

ejirisama12.jpg
航空作業甲板は飛行機運搬軌条をエッチングに交換し、キットに付属の艦載機二機を搭載しました。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓

艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(現在受注が集中しているため、製作開始およびお届けにお時間を頂いております)
↓↓↓
mfhbana.jpg


模型誌に作例記事掲載のお知らせ 【モデルアート社出版 艦船模型スペシャルNo54】 1/350駆逐艦『綾波』

今月15日、モデルアート社出版『艦船模型スペシャル』の54号が発売となりました。

今回も私、HIGH-GEARedこと渡辺が、ライター陣の一人として末席を汚しておりますので、ご紹介させて頂きます。 

1411171.jpg
54号の特集は『鼠輸送作戦とルンガ沖夜戦』ということで、ソロモンの戦いに参戦した帝国海軍駆逐艦の作例をメインとして構成がなされています。

1411172.jpg
今回、私が担当させていただいたのは、ファインモールドから再販された1/350駆逐艦『綾波』です。主に汎用パーツを使用したディティールアップと水密扉を開け放した状態への加工、舷窓などのガラスの再現や艦橋内部の作り込みなどを御紹介させていただきました。

1411173.jpg
実は私自身、スケールを問わず、特型駆逐艦を製作したのは初めての経験でした。ファインモールドのキットはそのまま組むだけでも非常に完成度が高く、ビギナーからベテランまでの幅広い艦船モデラーにお勧めです。

艦船模型スペシャルNO54には、他に各モデラー&ライターの皆さまの素晴らしい作例が多数紹介されている他、新商品の紹介や連載企画の「二千六百年特別観艦式」の集大成となる各艦配置再現、自衛艦の塗装についての考察、ソリッドモデル製作についての連載、ラベールアーカイブスなど、盛りだくさんな内容になっています。 

また、個人的に最も嬉しいのは、以前からHIGH-GEARed's HOBBY WORKS!!やブログの方でも復活を熱望していた「日本の客船」企画の新規連載開始です。記事を読んでいるだけでも楽しいですが、いつかまたコラボキットなどが登場することがあれば、今度こそコンプリートしたいものです!

艦船模型にご興味のございます方は、是非書店でお買い求めくださいませ。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓

艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(現在受注が集中しているため、製作開始およびお届けにお時間を頂いております)
↓↓↓
mfhbana.jpg

模型誌に作例記事掲載のお知らせ 【モデルアート社出版 艦船模型スペシャルNo54】 1/350駆逐艦『綾波』

今月15日、モデルアート社出版『艦船模型スペシャル』の54号が発売となりました。

今回も私、HIGH-GEARedこと渡辺が、ライター陣の一人として末席を汚しておりますので、ご紹介させて頂きます。 

1411171.jpg
54号の特集は『鼠輸送作戦とルンガ沖夜戦』ということで、ソロモンの戦いに参戦した帝国海軍駆逐艦の作例をメインとして構成がなされています。

1411172.jpg
今回、私が担当させていただいたのは、ファインモールドから再販された1/350駆逐艦『綾波』です。主に汎用パーツを使用したディティールアップと水密扉を開け放した状態への加工、舷窓などのガラスの再現や艦橋内部の作り込みなどを御紹介させていただきました。

1411173.jpg
実は私自身、スケールを問わず、特型駆逐艦を製作したのは初めての経験でした。ファインモールドのキットはそのまま組むだけでも非常に完成度が高く、ビギナーからベテランまでの幅広い艦船モデラーにお勧めです。

艦船模型スペシャルNO54には、他に各モデラー&ライターの皆さまの素晴らしい作例が多数紹介されている他、新商品の紹介や連載企画の「二千六百年特別観艦式」の集大成となる各艦配置再現、自衛艦の塗装についての考察、ソリッドモデル製作についての連載、ラベールアーカイブスなど、盛りだくさんな内容になっています。 

また、個人的に最も嬉しいのは、以前からHIGH-GEARed's HOBBY WORKS!!やブログの方でも復活を熱望していた「日本の客船」企画の新規連載開始です。記事を読んでいるだけでも楽しいですが、いつかまたコラボキットなどが登場することがあれば、今度こそコンプリートしたいものです!

艦船模型にご興味のございます方は、是非書店でお買い求めくださいませ。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓

艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(現在受注が集中しているため、製作開始およびお届けにお時間を頂いております)
↓↓↓
mfhbana.jpg

プロフィール

HIGH-GEARed

Author:HIGH-GEARed
奈良市在住、スケールモデル販売業者「モデルファクトリーハイギヤード」の製作担当兼代表をしております。

また、渡辺真郎の名前で『月刊モデルアート』、『艦船模型スペシャル』等の模型雑誌の作例記事も書かせていただいております。

「プロモデラーの人ってどんな生活をしているの?」という疑問に少しでもお答えできるよう、業務日記と日常日記を織り交ぜた内容でお届けしております。

当ブログの作品紹介はホームページの補助的な役割で活用しており、ホームページの方をメインとして、模型作例を多数掲載しております。 ぜひご覧ください。

HIGH-GEARed HOBBY WORKS!!
↓↓↓
http://nabeck.web.fc2.com/

模型製作ご依頼はこちら(お気軽にお問い合わせください)
↓↓↓
http://nabeck.web.fc2.com/hg-mdf.htm

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR