奈良模型愛好会第7回春展 レポートその9

本日も引き続き、『奈良模型愛好会 第7回春展』のレポートをご紹介します。

カーモデルのご紹介は今回が最後となります。

1606301.jpg
まずはJOKERさん製作の『フィアット バルケッタ』です。イタリアンデザインでお洒落なオープンスポーツに小粋なオレンジの塗装がとても似合っていました。国産車にも魅力的なオープン2シーターはたくさんありますが、やはりイタリア車の存在感は格別です。

1606302.jpg
続いてもJOKERさんのご作品で、イタリアンスポーツの頂点とも言える『ラ・フェラーリ』です。模型の世界でも実車の世界でも、ラ・フェラーリと言えば赤をイメージすることが多いですが、こうしてみるとメタリックブルーもとてもよく似合っています。このキットはボディパネルが細かく分割されているため、メタリックカラーの場合は色合いを揃えるのが特に難しそうですが、入り組んだ部分も広い面も変わらぬ発色を光沢感で芸術的なフォルムを際立たせていました。

1606303.jpg
ホワイトに塗装されたボディが紳士的なイメージを持たせてくれる『ランボルギーニ アヴェンタドール』。このご作品も、JOKERさんが製作されたものです。キットは例によってボディの分割が複雑ですが、浮いたり窪んだり、色調が違うなんてところはひとつもありませんでした。白黒銀のようなシンプルなカラーが良く映えるのも、スーパーカーの魅力的なボディデザインあってのことでしょうね。

1606304.jpg
こちらはとみたけさんが製作された、『み●きーフェラーリ599』。赤成形のボディに白塗装を施すと、あとから色素が滲みだして黄変しやすいので、あらゆる対策を練って塗装されたのですが(せっかくの自作デカールを貼り付けた力作だったにも関わらず)やはり若干の黄変が起こっていました。私も水性のクリアーを試したり、いろいろ実験しているのですが、この問題についてはなかなかこれといった解決策が見いだせません。

1606305.jpg
再びJOKERさんのご作品で、1990年代のF-1ブームをリアルに体験した世代には懐かしい、『ベネトンB192』です。この時代、まだハイノーズは比較的珍しい存在で、独特のマシンデザインが記憶に残っています。時代ごとに移り変わるベネトンカラーは、この時代はキャメルメインのイエローベースがお馴染みでした。

1606306.jpg
最後は裏表さん製作の、『レッドブル RB6』です。独特のボディカラーに加え、シャシー下面やウイング、サスアームなどにそれぞれパターンの異なるカーボンデカールが貼り付けられており、実車の各部の素材の使い分けなども良く分かる完成品です。カーナンバーが6番のマーク・ウェバーに仕上げられている点も、通好みで良いですね!


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつも投票いただきありがとうございます)

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(現在受注が集中しているため、製作開始およびお届けにお時間を頂いております)
↓↓↓
mfhbana.jpg


■次回、模型展示会参加のご案内
┣『第2回すずらん模型展 模型誌ライター合同展』
┣ 日時:2016年7月9日(土)~7月10日午前10時~午後5時
┣ 開催場所:奈良県奈良市右京1丁目3-4 サンタウンプラザ すずらん館1階 すずらんサークル横特設会場
┣ 交通:近鉄京都線・『高の原駅』駅下車 徒歩5分、駐車場有り「入庫から1時間無料」
┗ お問い合わせ先:関西学研都市センター株式会社 営業部販売促進課 TEL:0742-71-3639
スポンサーサイト

奈良模型愛好会第7回春展 レポートその8

本日も昨日に引き続き、『奈良模型愛好会 第7回春展』に出展された、JOKERさん製作のカーモデル作品群をご紹介します。

1606291.jpg
まずは前回、アイボリーのオープンタイプを御紹介した『フォルクスワーゲン カルマンギア』のクーペ版です。ラウンドシェイプにポップなカラーリングがなんとも可愛らしい仕上がりでした。この手の色は綺麗に発色させるのが難しそうですが、このご作品は照明が暗めの会場でも充分に存在感を放つ美しい発色を実現していました。

1606292.jpg
続いては『メルセデスベンツ SLRマクラーレン』です。内部的なハイパフォーマンスが外観にも現れた威圧感のあるボディシェイプを、ホワイトカラーのシンプルさが逆に引き立たせていました。ガルウイングドアを開けた状態での展示もメカニズムを楽しめて面白いですね。

1606293.jpg
トヨタの『FT86』。イエローのボディーカラーはスポーティなデザインの車の魅力を引き立たせてくれますが、カーモデルの塗装では最も難しい色と言えます。レーシングカーのようにマーキングの有る車だったらまだしも、この86のようなソリッドな仕上げの車だとどうしてもアラが出てしまいがちですが、どこからどう眺めてもアラなど一切見えない仕上がりはさすがとしか言いようがありません。

1606294.jpg
グループAのツーリングカーレース全盛期を盛り上げた、R32型の『カルソニックスカイライン』。私も大好きな車ですが、いまだにカーモデルとしては製作した事がないので、いつか来るであろう、製作のときに向けて細部までじっくり拝見させていただきました。JOKERさんのカーモデルはどのご作品も筋彫りがとても綺麗なので、この春展では筋彫りに使用している工具や作業の際のコツ等も教えて頂きました。

1606295.jpg
こちらは2003年型のカルソニックスカイライン。全日本GT選手権時代の車で、同じカルソニックスカイラインでも、グループA時代と比べると随分と大型化したことが分かります。ウェッジの効いたフォルムはR32とはまた違った、純粋なレーシングカー然とした魅力がありますね。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつも投票いただきありがとうございます)

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(現在受注が集中しているため、製作開始およびお届けにお時間を頂いております)
↓↓↓
mfhbana.jpg


■次回、模型展示会参加のご案内
┣『第2回すずらん模型展 模型誌ライター合同展』
┣ 日時:2016年7月9日(土)~7月10日午前10時~午後5時
┣ 開催場所:奈良県奈良市右京1丁目3-4 サンタウンプラザ すずらん館1階 すずらんサークル横特設会場
┣ 交通:近鉄京都線・『高の原駅』駅下車 徒歩5分、駐車場有り「入庫から1時間無料」
┗ お問い合わせ先:関西学研都市センター株式会社 営業部販売促進課 TEL:0742-71-3639

奈良模型愛好会第7回春展 レポートその7

先週に引き続き、本日からはまた『奈良模型愛好会 第7回春展』のレポートをご紹介します。

本日は、主に奈良模型愛好会が誇るマルチモデラー、JOKERさんの製作されたカーモデル作品群がメインです。

1606281.jpg
まずは『MORGAN 4/4』。ルパン3世で御馴染みのアルファロメオ6C1750のようなスタイリングで、見るからに『クラシックカー』という説得力が魅力の車です。平面と曲面、そしてルーバーの様な入り組んだ部分も多く、ボディを美しく仕上げるのは難しそうなキットですが、細部に至るまでソツのない仕上げがなされているあたり、さすがと唸らされました。

1606282.jpg
続いては、『ジャガー Mk-Ⅱサルーン』です。実車は、日本国内でよく見かける『光岡ビュート』のモデルになった車両で、ヘッドライトやグリル、ボンネットに至る複雑なフォルムがたいへん魅力的です。ボディカラーのグリーンも英国車のイメージを演出するのに一役買っていて、見応えのあるご作品でした。

1606283.jpg
こちらは同じジャガーでも、1990年代にスーパーカーGT選手権やル・マン参戦などで大いに話題を集めた『ジャガーXJ220』です。『220』と書いて『トゥートゥエンティー』と読むところも、当時は子供ながらにカッコよく思えたものです。ボディーにはシックなワインレッドを美しく塗装されており、『スーパースポーツ中のスーパースポーツ』とも言うべき特別感が漲っていました。

1606284.jpg
ここからはポルシェが3台並びます。このご作品は、裏表さんが製作された『ポルシェ・ケイマン』で、裏表さんの職場の上司の方が実際に所有されている車両を忠実に再現したものです。細部まで丁寧に仕上げてあることに加え、左ハンドル仕様のダッシュボードを切り貼りして、右ハンドル化するという大掛かりな改造も施されていました。

1606285.jpg
続いては再び、JOKERさんの作品群に戻ります。こちらは山口●恵さんの歌の歌詞でも御馴染みの真っ赤なポルシェ!『ポルシェ911ターボ 1988』です。私のような世代にとっては、ポルシェといえばまさしくこのイメージです。現行モデルのジェントルなスタイリングも良いですが、この時代のヤンチャさとクラシカル感が同居した美しさは格別です。

1606286.jpg
こちらは現代型のポルシェのレーシングテクノロジーが存分に注ぎこまれたモデル『ポルシェ911 GT-3』です。黒ボディに赤い内装が、『良い意味でワル』な雰囲気を醸し出していて、とても魅力的なご作品でした。

1606287.jpg
このレトロなアイボリーで彩られた車は、『フォルクスワーゲン カルマンギア』です。クラシカルなカーモデルがここまで美しく仕上げられているのを見ると、なんだか徹底レストアされて博物館やクラシックカーイベントに登場してきた実車の様な趣があります。



当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつも投票いただきありがとうございます)

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(現在受注が集中しているため、製作開始およびお届けにお時間を頂いております)
↓↓↓
mfhbana.jpg


■次回、模型展示会参加のご案内
┣『第2回すずらん模型展 模型誌ライター合同展』
┣ 日時:2016年7月9日(土)~7月10日午前10時~午後5時
┣ 開催場所:奈良県奈良市右京1丁目3-4 サンタウンプラザ すずらん館1階 すずらんサークル横特設会場
┣ 交通:近鉄京都線・『高の原駅』駅下車 徒歩5分、駐車場有り「入庫から1時間無料」
┗ お問い合わせ先:関西学研都市センター株式会社 営業部販売促進課 TEL:0742-71-3639

『第二回すずらん模型展』の詳細


以前、簡単にお伝えしていた『第二回すずらん模型展』の詳細が決まりました。

今回は、関西在住の模型誌作例ライター5名による合同展となります。

2ndsuzuran00.jpg

以下、詳細です。

■『第2回すずらん模型展 模型誌ライター合同展』
┣ 日時:2016年7月9日(土)~7月10日午前10時~午後5時
┣ 開催場所:奈良県奈良市右京1丁目3-4 サンタウンプラザ すずらん館1階 すずらんサークル横特設会場
┣ 交通:近鉄京都線・『高の原駅』駅下車 徒歩5分、駐車場有り「入庫から1時間無料」
┗ お問い合わせ先:関西学研都市センター株式会社 営業部販売促進課 TEL:0742-71-3639

■参加モデラー)
┣ Ken-1 (model carsライター)
┣ 紀伊国屋谷左衛門  (model cars誌ライター)
┣ 川原慎一郎 (Model Graphix&Model cars誌ライター)
┣ 山口隆司 (MODEL Art&艦船模型スペシャル誌ライター)
┗ 渡辺真郎 (MODEL Art&艦船模型スペシャル&艦船プラモカタログ誌ライター)


この『第二回すずらん模型展』は(前回の個展の際にお仲間に引き込んだ)、ken-1さん( http://blogs.yahoo.co.jp/ken1_lpjr )が中心となって準備を進めてくださっている関係で、ポスターにもken-1さんの顔写真が大きく掲載されています(笑)

参加モデラーのジャンル別の割合は、カーモデルメインのken-1さん、川原さん、紀伊国屋谷左衛門さん(←キャラクターモデルも兼)に加えて、艦船組からは先日、『第9回艦船(船舶)模型合同展』に参加したばかりの『鳶色の会 http://tobiiro.jimdo.com/ 』の会長、山口隆司さんと、私、HIGH-GEARedこと渡辺真郎が参加します。

ちなみに当日の私のスケジュールはといいますと、(このところかなり業務が立て込んでいる関係で)まだ全日常駐できるかは分からないのですが、日曜日の午後からはなんとか都合をつけて会場に詰めておきたいと考えています。(← 製作実演も兼ねて、会場で製作ご依頼品の作業を進めているかもしれません) 

先月の第一回開催から、あっという間に第二回を迎えた『すずらん模型展』――

しかも、今回は豪華プロモデラー5名参加!ということで、あまりにも早い展開に第一回主催の私自身も驚いているところですが、参加モデラー、お客様ともども楽しんでいただけるイベントにしていければと思っておりますので、関西在住の模型ファンの皆様は是非お誘い合わせの上、ご来場くださいませ。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつも投票いただきありがとうございます)

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(現在受注が集中しているため、製作開始およびお届けにお時間を頂いております)
↓↓↓
mfhbana.jpg


■次回、模型展示会参加のご案内
┣『第2回すずらん模型展 模型誌ライター合同展』
┣ 日時:2016年7月9日(土)~7月10日午前10時~午後5時
┣ 開催場所:奈良県奈良市右京1丁目3-4 サンタウンプラザ すずらん館1階 すずらんサークル横特設会場
┣ 交通:近鉄京都線・『高の原駅』駅下車 徒歩5分、駐車場有り「入庫から1時間無料」
┗ お問い合わせ先:関西学研都市センター株式会社 営業部販売促進課 TEL:0742-71-3639


奈良模型愛好会第7回春展 レポートその6

本日も引き続き、『奈良模型愛好会 第7回春展』のレポートの続きをご紹介します。

今回はカーモデル群の中から、(やはり当会のメンバーで密かに人気が盛り上がっている)ラリーカー作品をご紹介します。

1606241.jpg
まずは裏表さんの製作された、ダットサン『フェアレディZ240』のサファリラリー仕様です。ロングノーズ&ショートデッキの古き良きスポーツカーのスタイリングに、赤ボディ&黒ボンネットのカラーリングがとても似合います。私の様な昭和世代の人間にとっては『ダットサン』という言葉の響きだけでもなんともいえない魅力を感じます。

1606242.jpg
こちらは、JOKERさんが製作された、トヨタ『カローラWRC』です。この時代のWRCは日本車が多数エントリーしていて非常に面白い時代でした。セリカもそうでしたが、トヨタのラウンドシェイプの車にはカストロールカラーが良く似合います。

1606243.jpg
同じく、JOKERさん製作のスバル『インプレッサWRC2002』。この時代のWRCマシンはメーカーごとに、各々大手スポンサーのワークスカラ―に彩られていましたが、スバルといえば『555』の流れをくんだ、ブルー系のカラーリングがお馴染でした。

1606244.jpg
そのインプレッサのライバルとなる、三菱の『ランサーエボリューション・』も、JOKERさんのご作品です。JOKERさんの作られるカーモデルは、どれもソツなく丁寧な仕上げのものばかりで、いつも見る人に実車の魅力をあますことなく伝えてくれます。

1606245.jpg
こちらは、とみたけさんが製作された、フォード『エスコートRSコスワース』です。このご作品はデカールが変更され、1995年のツールドコルスにて、ブルーノ・ティリーがドライブしたマシンに仕上げられていました。

1606246.jpg
こちらは私、HIGH-GEARedが製作した『フェラーリ308GTBラリー』です。マルイのサーキット仕様車のキットをベースに、ナビシート追加&社外デカール使用、タイヤ&ホイール変更にて、1982年のタルガ・フローリオに出場したジョリークラブのマシンを再現しました。

1606247.jpg
続いて、こちらも私が製作した、トヨタ『MR2 AW11グループAラリー』です。グループS企画廃止に伴い、WRCに参戦することのなかった初代MR2のAW11が、グループA企画で参戦していたらどうなったのか?という架空設定にて製作しました。 なお余談ですが、私が所有する実車のAW11( http://modelfactoryhg.blog.fc2.com/blog-category-6.html )は、学生時代に初めてオーナーになって以来、この6月でめでたく(?)【オーナー歴20周年】を迎えました。

1606248.jpg
オマケ画像。 しばらく展示会と締切系の仕事に追われて模型の製作記を掲載できていなかったので、製作途中の作品をご紹介します。この写真はウェーブの1/24『フェラーリ641/2』です。 『ロータス101ジャッド http://modelfactoryhg.blog.fc2.com/blog-entry-513.html 』のときもそうでしたが、1/24で好きな時代のF-1モデルを集めようとすると、何かとウェーブのキットに当たる確率が高いような気がします。

この『フェラーリ641/2』は、今年の1月頃にボディ塗装をした直後から作業が止まっているのですが、可能であれば夏前頃に再開して『関西オートモデラーの集い』に出展できればと考えています。



当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつも投票いただきありがとうございます)

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(現在受注が集中しているため、製作開始およびお届けにお時間を頂いております)
↓↓↓
mfhbana.jpg


■次回、模型展示会参加のご案内
┣『第2回すずらん模型展』
┣ 日時:2016年7月9日(土)~7月10日午前10時~午後5時
┣ 開催場所:奈良県奈良市右京1丁目3-4 サンタウンプラザ すずらん館1階 すずらんサークル横特設会場
┣ 交通:近鉄京都線・『高の原駅』駅下車 徒歩5分、駐車場有り「入庫から1時間無料」
┣ お問い合わせ先:関西学研都市センター株式会社 営業部販売促進課 TEL:0742-71-3639
┗備考:現在、詳細について打ち合わせ中ですので、情報が固まり次第ご案内いたします


奈良模型愛好会第7回春展 レポートその5

本日も、再び『奈良模型愛好会 第7回春展』のレポートの続きをご紹介します。

今回からはカーモデル群のご紹介となります。

まずは最近、奈良模型愛好会内でブーム(?)になりつつある、1/43ミニカーキットの製作品です。

1606231.jpg
まずはブームの発起人である、とみたけさんの作品群です。このご作品は1987年型のF-1マシン、『フェラーリF187』で、鈴鹿開催の日本グランプリ初優勝者として有名なゲルハルト・ベルガーの車両です。

1606232.jpg
続いては、1990年型の『フェラーリ641/2』。トライバーは、この年(も)何かと問題児ぶりを発揮していたナイジェル・マンセルです。

1606233.jpg
続いて、1991年型の『フェラーリ642』。フェラーリがいよいよ低迷期に入ろうかとする時代で、鳴り物入りで移籍したカーNo28のジャン・アレジにとってはツイていない巡り合わせとなりました。

1606234.jpg
同じく、1991年の後半戦でデビューした『フェラーリ643』。それまでのバイオリンシェイプを捨て『フェラーリらしくなくなった』とも言われたマシンですが、個人的にはこの車両も美しいスタイリングをしていると思います。なお、このご作品のドライバーは、最終戦でチームを離れたアラン・プロストに変わって大役を務めた、ジャンニ・モルビデリが設定されています。

1606235.jpg
こちらは我々日本人F-1ファンにはたいへん馴染みが深い、『ティレル020ホンダ』です。ティレル020といえば、私も以前からWAVEの1/24キットを所有しているので、近いうちに製作してみたいと考えています。

1606236.jpg
アストンマーチンの耐久マシンと言えば、メタリックグリーンかガルフカラーのイメージが強いですが、この車両は少々珍しいカラーリングです。ボンネット上のルーバーにはとても存在感があり、なんだか英国車離れした印象もあります。

1606237.jpg
こちらは、私が製作した『フェラーリ550マラネロ LEMANS2003』です。誕生50周年記念でGTSクラス優勝を狙ってきたコルベット勢を抑えてクラス優勝を成し遂げた戦いぶりはたいへん見応えがありました。キットはプロバンスムラージュ製で、製作中にルーフが3回陥没したことに加え、フィルム状のウインドウの取り付けに少々苦労しました。

1606238.jpg
こちらは、裏表さんが製作された、『BAR001』です。「ラッキー・ストライク」と「555」の両方を宣伝するために誕生した、左右でカラーリングの異なる特徴的なマシンを美しく製作されていました。キットはタメオ製で、裏表さんにとっては初の1/43メタルキットだそうです。

1606239.jpg
こちらも1/43メタルキット初挑戦のマッピーさんが製作された、『ウイリアムズFW23 BMW』です。フォーミュラカーの1/43メタルキットというと、なんだか敷居が高く思えてしまいがちですが、皆さん臆することなく美しい仕上げを実現されてしまうのだから本当に驚かされます。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつも投票いただきありがとうございます)

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(現在受注が集中しているため、製作開始およびお届けにお時間を頂いております)
↓↓↓
mfhbana.jpg


■次回、模型展示会参加のご案内
┣『第2回すずらん模型展』
┣ 日時:2016年7月9日(土)~7月10日午前10時~午後5時
┣ 開催場所:奈良県奈良市右京1丁目3-4 サンタウンプラザ すずらん館1階 すずらんサークル横特設会場
┣ 交通:近鉄京都線・『高の原駅』駅下車 徒歩5分、駐車場有り「入庫から1時間無料」
┣ お問い合わせ先:関西学研都市センター株式会社 営業部販売促進課 TEL:0742-71-3639
┗備考:現在、詳細について打ち合わせ中ですので、情報が固まり次第ご案内いたします



奈良模型愛好会第7回春展 レポートその4

本日からは、再び『奈良模型愛好会 第7回春展』のレポートの続きをご紹介します。

今回は、飛行機モデルのご紹介の最終回となります。

1606221.jpg
まずは酒井さんのご作品で、第一次大戦で活躍した三葉機、1/48『フォッカーD.Ⅰ』です。メーカはエデュアルドのウィークエンドエディションで、レッドバロンをイメージした鮮やかな赤塗装にて仕上げられていました。プロペラの木質感もたいへん実感的です。

1606223.jpg
こちらも同じく、第一次大戦モノを得意とする、酒井さんの1/72『ニューポール Ni-17 』です。フォッカーがドイツ機であるのに対し、ニューポールはフランス軍の機体です。

1606222.jpg
三葉機、複葉機ときたら、続いては単葉機です。こちらも酒井さん製作の1/72『零式艦上戦闘機32型』です。今回の会場は、場所によっては少し照明が暗かったため、使用感を繊細に再現した塗装の様子がうまく写せなかったのが少々心残りです。

1606224.jpg
そして単葉機のもう一機、『メッサーシュミット Bf109E-4』です。丸っこいデザインですが、角ばった主翼や幅の狭い脚など、実機のイメージがとても的確に再現されていて、ワンポイントの可愛らしさを演出していました。

1606225.jpg
こちらはヤーノフさん製作の『F-86 セイバー』の台湾(中華民国)空軍仕様です。実感あふれるシルバー塗装にイエローのラインが華やかで、レトロ感とハイテク感が混在した魅力あふれる仕上げがなされていました。

1606226.jpg
こちらもヤーノフさんのご作品で、『A-4スカイホーク オーストラリア海軍』です。今回の春展では、インパルスさんも1/32版を2機出展されていたことから、スカイホークの完成品が豊作となりました。

1606227.jpg
最後は、モーリー少尉さん製作の、『二式水上戦闘機』です。小型のご作品ですが、風防も丁寧に塗り分けられて精悍な仕上げが施されていました。また、最小限のスペースでも、海面表現がなされていることで水上機らしい魅力が引き出されています。



当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつも投票いただきありがとうございます)

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(現在受注が集中しているため、製作開始およびお届けにお時間を頂いております)
↓↓↓
mfhbana.jpg


■次回、模型展示会参加のご案内
┣『第2回すずらん模型展』
┣ 日時:2016年7月9日(土)~7月10日午前10時~午後5時
┣ 開催場所:奈良県奈良市右京1丁目3-4 サンタウンプラザ すずらん館1階 すずらんサークル横特設会場
┣ 交通:近鉄京都線・『高の原駅』駅下車 徒歩5分、駐車場有り「入庫から1時間無料」
┣ お問い合わせ先:関西学研都市センター株式会社 営業部販売促進課 TEL:0742-71-3639
┗備考:現在、詳細について打ち合わせ中ですので、情報が固まり次第ご案内いたします

『第二回 すずらん模型展』のご案内

来月は『和歌山プラモデル展示会 http://www.tim.hi-ho.ne.jp/uesan/tenjikai.html 』への参加が既に決まっておりましたが、ここに来て(先日開催の)『第一回すずらん模型展 http://modelfactoryhg.blog.fc2.com/blog-entry-957.html 』に続くイベントにも参加する事が決まりましたので、急遽ご案内いたします。

今回は私、渡辺真郎の個展ではなく、関西在住の模型誌作例ライター副数人(確定しているメンバーで現在5名)による合同展となります。


■『第2回すずらん模型展』
┣ 日時:2016年7月9日(土)~7月10日午前10時~午後5時
┣ 開催場所:奈良県奈良市右京1丁目3-4 サンタウンプラザ すずらん館1階 すずらんサークル横特設会場
┣ 交通:近鉄京都線・『高の原駅』駅下車 徒歩5分、駐車場有り「入庫から1時間無料」
┗ お問い合わせ先:関西学研都市センター株式会社 営業部販売促進課 TEL:0742-71-3639

■参加モデラー(現在確定メンバー)
┣ Ken-1 (model carsライター)
┣ 紀伊國屋谷左衛門  (model cars誌ライター)
┣ 川原慎一郎 (Model Graphix&Model cars誌ライター)
┣ 山口隆司 (MODEL Art&艦船模型スペシャル誌ライター)
┗ 渡辺真郎 (MODEL Art&艦船模型スペシャル&艦船プラモカタログ誌ライター)


なお、この『第二回すずらん模型展』は、主にKen-1さん( http://blogs.yahoo.co.jp/ken1_lpjr )が中心となって準備を進めてくださっています。

開催日まであまり余裕はありませんが、詳細が確定次第、続報をご案内しますので、関西在住の模型ファンの皆様はぜひご注目くださいませ。



当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつも投票いただきありがとうございます)

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(現在受注が集中しているため、製作開始およびお届けにお時間を頂いております)
↓↓↓
mfhbana.jpg


■次回、模型展示会参加のご案内
┣『第2回すずらん模型展』
┣ 日時:2016年7月9日(土)~7月10日午前10時~午後5時
┣ 開催場所:奈良県奈良市右京1丁目3-4 サンタウンプラザ すずらん館1階 すずらんサークル横特設会場
┣ 交通:近鉄京都線・『高の原駅』駅下車 徒歩5分、駐車場有り「入庫から1時間無料」
┣ お問い合わせ先:関西学研都市センター株式会社 営業部販売促進課 TEL:0742-71-3639
┗備考:現在、詳細について打ち合わせ中ですので、情報が固まり次第ご案内いたします

『第9回船舶(艦船)模型合同展示会』無事終了!

神戸で開催された『第9回船舶(艦船)模型合同展示会』が無事に終了しました。

今回は、『鳶色の会 http://tobiiro.jimdo.com/ 』より参加をさせていただいたのですが、いつもお世話になっている皆様をはじめとして、初めてご交流をいただきました方々、そして5年~10年という単位で久しぶりに再会を果たした方々など、多くの趣味を同じくするお仲間とのご交流の時間を満喫させていただくことができました。

また、心暖まる差し入れなどもたくさんいただきまして、心より感謝申し上げます。

この楽しい時間を力に変えて、明日からも仕事を頑張っていこうと思いますので、これからもどうぞよろしくお願いいたします。

1606201.jpg
当日の会場の様子。天候の良くない中、多くのお客様に足をお運びいただきました御蔭で会場は常に大盛況でした。

1606202.jpg
こちらは私が参加させていただいた『鳶色の会』のブース。少々照明が暗い場所ではありましたが、多くのお客様に脚を止めて頂き、作品へのご意見ご感想をいただきました。

当日の様子や参加者の皆さまの力作のご紹介は、『奈良模型愛好会 春展』のレポート掲載が完了後にさせていただきます。

まだしばらく先になりますが、その際にはぜひ会場にいらした方はもちろん、お越しいただけなかった方にも、会場の雰囲気をお楽しみいただけましたらと思います。

1606203.jpg
ちなみにせっかくの神戸訪問の機会でしたので(お土産買い出しにかこつけて)、帰りには港湾ジオラマ『神戸港』の現地取材をして参りました。まだ製作途中ですので、足りない部分を補填しつつ、完成度を高めていきたいと思います。

当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつも投票いただきありがとうございます)

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(現在受注が集中しているため、製作開始およびお届けにお時間を頂いております)
↓↓↓
mfhbana.jpg


■次回、模型展示会参加のご案内
┣『第2回すずらん模型展』
┣ 日時:2016年7月9日(土)~7月10日午前10時~午後5時
┣ 開催場所:奈良県奈良市右京1丁目3-4 サンタウンプラザ すずらん館1階 すずらんサークル横特設会場
┣ 交通:近鉄京都線・『高の原駅』駅下車 徒歩5分、駐車場有り「入庫から1時間無料」
┣ お問い合わせ先:関西学研都市センター株式会社 営業部販売促進課 TEL:0742-71-3639
┗備考:現在、詳細について打ち合わせ中ですので、情報が固まり次第ご案内いたします

『第9回船舶(艦船)模型合同展示会』参加の御知らせ


今週末の土曜~日曜日にかけまして、『鳶色の会 http://tobiiro.jimdo.com/ 』会員として、『第9回船舶(艦船)模型合同展示会』に参加いたします。

会場にはたくさんの模型サークルのメンバーの皆さまの力作が展示されますので、関西近隣の模型ファンに皆さまにぜひ直接、作品をご覧頂けましたらと思います。

以下、展示会の概要です。

■『鳶色の会』 模型展示会参加のご案内
┣『第9回船舶(艦船)模型合同展示会』
┣ 開催場所: 兵庫県神戸市 バンドー神戸青少年科学館 展示ホール4F
┗ 開催日程 2016年 6月 18日(土)10時 ~ 17時
                 19日(日)10時 ~ 16時

なお、私、HIGH-GEARedこと渡辺真郎の展示作品は、以下を予定しております。

●単品作品
┣1/200戦艦『三笠』
┣1/350駆逐艦『綾波』
┣1/350駆逐艦『島風』
┣1/350南極観測船『宗谷』
┣1/700航空戦艦『伊勢』
┣1/700航空巡洋艦『最上』
┣1/700重巡洋艦『筑摩』
┣1/700給糧艦『間宮』
┣1/700航空母艦『翔鶴』
┣1/700護衛艦『てるづき』
┣1/700巡視船『いず』
┣1/700客船『に志き丸』
┣1/700客船『くれない丸』
┗1/700青函連絡船『摩周丸』

●ジオラマ作品
┣1/700『神戸港 中突堤旅客ターミナル』
┣1/700『大阪港 天保山岸壁』
┣1/700『三笠公園 記念艦三笠』
┣1/700『船の科学館 宗谷&羊蹄丸』
┣1/700『山下公園と氷川丸』
┗1/700『呉海軍工廠昭和埠頭南岸』

1606171.jpg
気になる最新作の『神戸港』は工程およそ85%の状態ですが、地形や建築物はほぼ完成しているので、予定通り明日お披露目します。

明日、明後日と、ほとんどの時間は会場におりますので、見かけましたら是非御気軽にお声をおかけくださいませ。

皆さまとのご交流を楽しみにしております。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつも投票いただきありがとうございます)

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(現在受注が集中しているため、製作開始およびお届けにお時間を頂いております)
↓↓↓
mfhbana.jpg

■次回、模型展示会参加のご案内
┣『第9回船舶(艦船)模型合同展示会』
┣ 開催場所: 兵庫県神戸市 バンドー神戸青少年科学館 展示ホール4F
┣ 開催日程 2016年 6月 18日(土)10時 ~ 17時
┃                19日(日)10時 ~ 16時
┗備考: 模型サークル『鳶色の会』会員として参加
プロフィール

HIGH-GEARed

Author:HIGH-GEARed
奈良市在住、スケールモデル販売業者「モデルファクトリーハイギヤード」の製作担当兼代表をしております。

また、渡辺真郎の名前で『月刊モデルアート』、『艦船模型スペシャル』等の模型雑誌の作例記事も書かせていただいております。

「プロモデラーの人ってどんな生活をしているの?」という疑問に少しでもお答えできるよう、業務日記と日常日記を織り交ぜた内容でお届けしております。

当ブログの作品紹介はホームページの補助的な役割で活用しており、ホームページの方をメインとして、模型作例を多数掲載しております。 ぜひご覧ください。

HIGH-GEARed HOBBY WORKS!!
↓↓↓
http://nabeck.web.fc2.com/

模型製作ご依頼はこちら(お気軽にお問い合わせください)
↓↓↓
http://nabeck.web.fc2.com/hg-mdf.htm

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR