9月の製作予定 

明日からいよいよ9月ということで、本日は来月中に製作予定の作品群をご紹介します。

艦船模型製作代行のご依頼品では、タミヤ1/350『プリンス・オブ・ウェールズ』と、アオシマ1/700航空母艦『天城』を予定しており、どちらも9月中に完成させる予定です。

1608311.jpg
こちらは9月中完成予定の大物、タミヤ1/350戦艦『プリンス・オブ・ウェールズ』です。 この作品は、来月開催予定の『奈良模型愛好会 第9回展示会』への出展の許可をお客様から頂いておりますので、会場にて完成状態をお披露目させていただく予定です。

1608312.jpg
ディティールアップのメインには、ポントスモデルのパーツセットを使用します。 昨年の同時期に製作したドイツレベル1/350戦艦『ビスマルク http://nabeck.web.fc2.com/nakaisama28.htm 』と同じシリーズのパーツですが、プリンス・オブ・ウェールズは8連装ポンポン砲をはじめとする対空兵装にビスマルク以上のボリュームがあるため、更なる完成度アップが期待できそうです。

1608313.jpg
ポントスモデルのパーツセットには、エッチングパーツの他に、写真に写っている木製甲板と精密レジンパーツ、真鍮挽物パーツが付属します。 エッチングやレジンパーツもディティールアップにはもちろん効果的ですが、ポントスモデルのパーツセットの最も優れた点は、対空兵装の砲身やマスト&ヤードなどの挽物パーツが充実していることで、これらのパーツを使用することで作品は段違いに引き立ちます。

ちなみにこのパーツセットは木製甲板の使用を前提に設計されており、甲板上の装備品や小物類は一旦全て削り落としてから甲板シールを貼り、レジンパーツ等で再生するように指定されています。

1608314.jpg
エッチングはお客様のご希望で、エデュアルド製のパーツもお持ち込みいただきました。ポントスモデルのパーツで再現されていない部分などは、このエッチングを使用して補填していく予定です。

1608315.jpg
また、プライベートでも展示会出展に向けてもう一作、大阪商船1/700『あるぜんちな丸』の製作を予定していたのですが、9月はかなりスケジュールが押しておりますため、早くも完成に黄色信号が灯って参りました。

1608316.jpg
とはいえ、製作に向けて、専用エッチングや甲板用マスキングシートも揃えました。プライベート作品の製作時間が年々少なくなりつつある今日この頃ですが、(たとえ秋の展示会に間に合わなくても)今年中には完成できればいいなと思います。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつも投票いただきありがとうございます)

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(現在受注が集中しているため、製作開始およびお届けにお時間を頂いております)
↓↓↓
mfhbana.jpg


■次回、模型展示会参加のご案内
┣『奈良模型愛好会 第9回展示会』
┣ 日時:2016年9月18日(日)11:00~20:00
┃         9月19日(祝)11:00~16:00
┣ 開催場所: 『ボークスホビースクエア京都 1階エントランスホール』
┣ 会場URL: https://www.volks.co.jp/jp/shop/kyoto_hs/
┣ 交通:JR京都線「西大路駅」より、西大路通りを北へ徒歩7分
┗ お問い合わせ先:奈良模型愛好会 竹本 E-Mail:flakpz1@yahoo.co.jp
スポンサーサイト

『奈良模型愛好会 第9回展示会』のご案内

毎秋恒例となる奈良模型愛好会展示会を今年も開催します。

本日は、『奈良模型愛好会 第9回展示会』の概要を御紹介します。

chirashijpg.jpg


■『奈良模型愛好会 第9回展示会』
┣ 日時:2016年9月18日(日)11:00~20:00
┃         9月19日(祝)11:00~16:00
┣ 開催場所: 『ボークスホビースクエア京都 1階エントランスホール』
┣ 会場URL: https://www.volks.co.jp/jp/shop/kyoto_hs/
┣ 交通:JR京都線「西大路駅」より、西大路通りを北へ徒歩7分
┗ お問い合わせ先:奈良模型愛好会 竹本 E-Mail:flakpz1@yahoo.co.jp


今年の展示会のテーマは『赤』です。 艦船、AFV、カーモデル、キャラクター、飛行機などの各ジャンルで、会員が腕によりをかけて製作しました作品群をぜひ会場にご覧くださいませ。

会員一同、模型を愛する皆様のご来場とご交流のひとときを、心より楽しみにしております。


なお、現状では私の出展作品は、以下を予定しています。

●艦船
1/200戦艦『三笠』 (ウェーブ)
1/350駆逐艦『島風』 (マックスファクトリー)
1/350戦艦『プリンス・オブ・ウェールズ』 (タミヤ)【現在製作中】
1/700航空母艦『加賀』  (フジミ)
1/700フリゲート『江凱Ⅱ』級 (ドリームモデル)
1/700ホワイトスターライン『タイタニック』 (アカデミー)
1/700日本郵船『氷川丸』 (ハセガワ)
1/700日本郵船『新田丸』 (アオシマ)
1/700大阪商船『あるぜんちな丸』 (フジミ)【現在製作中】

●港湾ジオラマ
1/700『神戸港中突堤旅客ターミナル』
1/700『呉海軍工廠 昭和埠頭南岸』

●カーモデル
1/24『ADVAN MR2 全日本ジムカーナ1987』 
1/43『プロドライブ フェラーリ550マラネロ』

●AFVモデル
1/72『150t超重戦車オイ』

新作では『あるぜんちな丸』が完成に持ち込めるかまだ微妙ですが、『プリンス・オブ・ウェールズ』の方は最優先で完成させる予定ですので、英国艦のお好きな方は、会場でのお披露目にご期待くださいませ。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつも投票いただきありがとうございます)

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(現在受注が集中しているため、製作開始およびお届けにお時間を頂いております)
↓↓↓
mfhbana.jpg


■次回、模型展示会参加のご案内
┣『奈良模型愛好会 第9回展示会』
┣ 日時:2016年9月18日(日)11:00~20:00
┃         9月19日(祝)11:00~16:00
┣ 開催場所: 『ボークスホビースクエア京都 1階エントランスホール』
┣ 会場URL: https://www.volks.co.jp/jp/shop/kyoto_hs/
┣ 交通:JR京都線「西大路駅」より、西大路通りを北へ徒歩7分
┗ お問い合わせ先:奈良模型愛好会 竹本 E-Mail:flakpz1@yahoo.co.jp

港湾ジオラマ『神戸港 中突堤旅客ターミナル』完成

本日は、プロモデラーの長徳佳崇さんの主催するニコニコ生放送での作品発表会、『スケールモデル祭り2016 http://modelersfes.blog.fc2.com/ 』エントリー作品として製作していた、1/700港湾ジオラマ『神戸港 中突堤旅客ターミナル』の完成写真をご紹介します。。

bkobecity01.jpg
5年前からずっと完成状態を頭に思い描いていた、神戸港中突堤のジオラマがようやく完成しました。ランドマークでもあるメリケンパークオリエンタルホテルを挟んで客船が2隻停泊し、なかなかに模型映えのする作品に仕上がったと思います。

bkobecity02.jpg
奥に停泊している客船は、英国スカイトレックス社のメタルキットを組み立てたもので、岸壁やホテル、スロープやチャペルなどは全てプラ板にて自作しました。 自動車は1/700輸送艦『しもきた』に付属の陸上自衛隊車両を一般車風に塗装し直したもので、出港前の慌ただしくも華やかな情景を再現しました。

bkobecity03.jpg
神戸ポートタワーのある内陸部から海側を眺めた様子。メリケンパークオリエンタルホテルはどの程度のディティールで再現すべきか? 非常に悩んだのですが、最終的には精密感よりも全体的なバランスを重視しました。 各フロアは2枚貼りした2mm厚のプラ板を積層して製作したもので、かなりの重量があります。

bkobecity04.jpg
海面はアクリル絵の具で着色し、グロスポリマーメディウムとジェルメディウムを重ねて透明感とさざ波を演出しました。波止場は日頃、カップルの溜まり場になっていますので、1/700の水兵のエッチングフィギュアを一般人風に塗装して、それらしい雰囲気に仕上げています。

bkobecity05.jpg
写真上側は、スカイトレックスの1/700客船『シーボーンプライド』。写真下側は、国内最大のレストランシップ『ルミナス神戸2』です。 この1/700『ルミナス神戸2』はフルスクラッチで、(実船図面などは手に入らないので)パンフレットに記載された一般配置図を平面図代わりに使用し、側面図は真横から撮影した実船写真をもとに作成しました。(船体はエポキシパテの削り出しで自作し、プラ材積層の上部構造物を組み合わせています)

毎年一作を目標に製作を続けている1/700港湾ジオラマですが、来年は『別府国際観光港 第3埠頭』の製作を予定していますので、製作記掲載の際には是非ご覧くださいませ。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつも投票いただきありがとうございます)

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(現在受注が集中しているため、製作開始およびお届けにお時間を頂いております)
↓↓↓
mfhbana.jpg


■次回、模型展示会参加のご案内
┣『奈良模型愛好会 第9回展示会』
┣ 日時:2016年9月18日(日)11:00~20:00
┃         9月19日(祝)11:00~16:00
┣ 開催場所: 『ボークスホビースクエア京都 1階エントランスホール』
┣ 会場URL: https://www.volks.co.jp/jp/shop/kyoto_hs/
┣ 交通:JR京都線「西大路駅」より、西大路通りを北へ徒歩7分
┗ お問い合わせ先:奈良模型愛好会 竹本 E-Mail:flakpz1@yahoo.co.jp

『第4回 関西オートモデラーの集い』参加のお知らせ

明後日28日の日曜日、大阪日本橋の『ボークス大阪ショールーム』で開催される、『第4回 関西オートモデラーの集い』に参加します。

展示会の概要は以下の通りです。


■『第4回 関西オートモデラーの集い』
┣ 日時:2016年8月28日(日)午前11時30分~午後5時30分
┣ 開催場所:大阪市浪速区日本橋4-9-18 『ボークス大阪ショールーム8F』
┣ お問い合わせ:水曜倶楽部ブログ内『第4回関西オートモデラーの集い』ページにコメントとしてお書きください
┗ 水曜倶楽部 ブログURL: http://blogs.yahoo.co.jp/modeler_club_wednesday


この展示会に向けての新作は、当初はウェーブの『フェラーリ641/2』およびタミヤの『クレマーポルシェ956』を予定しておりましたが、土壇場に来て、フジミの『トヨタMR2 AW11』改造の『アドバン MR2 全日本ジムカーナ』に変更になりました。

advanmr21.jpg
作業はかなりの突貫工事になりましたが、(前回の日記で紹介した状態からものの2時間ほどで)なんとか無事に完成しましたので、予定通り出展いたします。

advanmr22.jpg
作品の詳細は、また後ほどブログの方でご紹介しますので、ご興味のございます方はご覧ください。

当日は、カーモデルやバイクモデルを愛する皆様とのご交流を心より楽しみにしております。 

当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつも投票いただきありがとうございます)

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(現在受注が集中しているため、製作開始およびお届けにお時間を頂いております)
↓↓↓
mfhbana.jpg


■次回、模型展示会参加のご案内
┣『第4回 関西オートモデラーの集い』
┣ 日時:2016年8月28日(日)午前11時30分~午後5時30分
┣ 開催場所:大阪市浪速区日本橋4-9-18 『ボークス大阪ショールーム8F』
┣お問い合わせ:水曜倶楽部ブログ内『第4回関西オートモデラーの集い』ページにコメントとしてお書きください
┣ 水曜倶楽部 ブログURL: http://blogs.yahoo.co.jp/modeler_club_wednesday
┗ 一般参加者としてカーモデル作品出展予定

港湾ジオラマ『神戸港 中突堤旅客ターミナル』製作 その4

本日は、6月16日以来となる1/700港湾ジオラマ『神戸港 中突堤旅客ターミナル』の製作記をご紹介します。

作品自体は6月末頃に既に完成し、『第9回船舶(艦船)模型合同展』、『第二回すずらん模型展』、『和歌山プラモデル合同展示会2016』と、既に3回の作品展に(未完成状態での展示も含めて)出展させて頂いておりますが、ブログの方では製作過程の紹介が最後まで行えてなかったので、改めてのご紹介となります。

1608251.jpg
前回までの状態です。中突堤中央ターミナルのランドマークでもある、『メリケンパークオリエンタルホテル』が無事に完成し、あとは岸壁と小物類、そしてジオラマの主役となる客船の製作を残すのみとなりました。

1608252.jpg
岸壁はアスファルトで舗装された場所やコンクリートの部分、タイル張りの箇所など、現地の色合いをできる限り正確に再現することに努めました。塗装は複数色を重ねたチラシ塗装にて、石目調の質感を表現しています。

1608253.jpg
塗装が終わり、部分的に植栽も済ませた様子。オリエンタルホテル前面の両サイドにあるチャペルのうち、写真手前側の建物は、実物の形状が少々複雑だったため、若干簡略化した形状に仕上げました。

1608254.jpg
自動車は、大阪港ジオラマ( http://modelfactoryhg.blog.fc2.com/blog-entry-940.html )製作時と同じく、タミヤの1/700輸送艦『しもきた』に付属の陸自車両を一般車風に塗装し直して使用しました。なお、車両の色の種類や割合が不自然にならないように、塗装前には道行く車や駐車場に停車している車の色を観察し、統計をとりました。

1608255.jpg
岸壁やホテルのバルコニー、乗船場に配置するフィギュアは、ピットロードのエッチング水兵です。水兵なので全員男性設定ではありますが、服装の色のバランスを変えたり、長い髪を書き込んだり、足の長さを調整したりして性別の違いを意識した仕上げを行いました。今回のジオラマにはこれらのフィギュアを合計100体ほど配置しています。

1608256.jpg
なお今回のジオラマ製作にあたって、新作の客船模型を製作しました。キットは英国スカイトレックス社のもので、ドイツ客船の『シーボーンプライド(現スタープライド)』です。 キットとは言っても、船体を含め、ほとんどの装備品は一体成型されているため、組立に関しては容易でしたが、塗装の際にはマスキングや細部への筆塗りに少々苦労しました。

1608257.jpg
塗装を完了した1/700客船『シーボーン・プライド』。船体以外の別パーツは煙突とマスト、二本のアンテナのみですが、最低限のパーツ構成で実船のイメージを思った以上に忠実に再現している様子に驚かされました。 窓のモールドは一部省略されていますが、黒で色差しすることによってそれらしい雰囲気を再現できました。

1608258.jpg
なお、実船の『シーボーンプライド』は、2010年5月に神戸港中突堤に接岸していますので、今回のジオラマはそのときの情景を再現したものとなります。完成写真は週明け月曜日にご紹介します。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつも投票いただきありがとうございます)

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(現在受注が集中しているため、製作開始およびお届けにお時間を頂いております)
↓↓↓
mfhbana.jpg


■次回、模型展示会参加のご案内
┣『第4回 関西オートモデラーの集い』
┣ 日時:2016年8月28日(日)午前11時30分~午後5時30分
┣ 開催場所:大阪市浪速区日本橋4-9-18 『ボークス大阪ショールーム8F』
┣お問い合わせ:水曜倶楽部ブログ内『第4回関西オートモデラーの集い』ページにコメントとしてお書きください
┣ 水曜倶楽部 ブログURL: http://blogs.yahoo.co.jp/modeler_club_wednesday
┗ 一般参加者としてカーモデル作品出展予定

『山口 隆司さん宅』訪問記 モデラーのお宅訪問5

本日は『モデラーのお宅訪問記』をご紹介します。

今回御紹介するのは、私が所属する艦船模型サークル『鳶色の会 http://tobiiro.jimdo.com/ 』の会長で、『艦船模型スペシャル』の看板ライターでもある山口隆司さんのお宅です。 

1608241.jpg
山口隆司さんといえば、模型雑誌での作例掲載のほかに、JMCで大賞を連続して受賞されるなど、1/350艦船模型界でも国内を代表するモデラーの一人として大変著名な方ですが、独立前に勤めておられた会社が、私の独立前に勤めていた会社と同じ(しかも同じ課)だったり(私と同じ初代MR2のオーナーをされていた時期があったりと)何かとご縁の深い方です。 山口さんの工房はガレージと併設された隠れ家的な趣味の空間で、模型好きなら誰でも憧れるたいへん魅力的な空間でした。

1608242.jpg
ここが、数々の名作を生み出してきた山口さんの作業机です。1/350の大型作品をメインに製作されていることから、机も大きなものが用意され、充分な光量を持つ照明や工具&パーツ置き場が工夫されて非常にシステマチックな作業空間が確率されていました。

1608243.jpg
プラ棒材などは自作の棒材入れに整理され、いつでも必要な量を取り出せるように工夫されています。パーツ類のストック量も豊富で、ディティールアップ好きの私にとってはまさしく宝の山のようでした。

1608244.jpg
写真左は塗装作業用に用意された、作り付けの吸い出しブースです。まるで工場の塗装場のようなイメージですね。

1608245.jpg
本棚に整理された各種資料の様子。国内で出版されているもの以外に、貴重な洋書なども数多く置かれていました。

1608246.jpg
作業机とは背中合わせにカウンターを兼ねたパソコンデスクが置かれており、その奥にはソファとテレビ置かれてくつろぎの空間も確保されていました。

1608247.jpg
山口さんのコレクションは模型作品だけではありません。それらの延髄の逸品は、となりのガレージに安置されています。

1608248.jpg
奥に見える3台は模型ではなく、もちろん本物です。ベンツやBMWも充分目を引きますが、車好きにとってはなにより一番右端の赤い車に目を奪われるのではないでしょうか?

1608249.jpg
このフェラーリF12は、なんとこの日の朝に納車したばかりでした。山口さんは有名モデラーである以前に、F355、512M、F12を乗り継いでこられた生粋のフェラーリオーナーでもあります。

16082410.jpg
この日納車したばかりの大切なお車であるにも関わらず、気前よく運転席に座らせていただいてエンジンを始動させていただき、さらにはアクセルまで踏ませてもらいました! 制御がかかっていて停車中は3000rpmほどしか回転を上げることができませんでしたが、それでもV12とは思えない吹け上がり……さすがはフェラーリです!

この日はちょうど、模型製作の合間ということもあって製作中の作品などを撮影させていただくことはできなかったのですが、山口さんの最新作、1/350航空母艦『加賀』は、現在発売中のモデルアート社出版『艦船模型スペシャル NO61 http://www.modelart-shop.jp/?pid=105877368 』に掲載中ですので、作品写真や製作過程にご興味をお持ちの方は是非書店などでお買い求めください。

また、山口作品の多くは艦船模型サークル『鳶色の会 http://tobiiro.jimdo.com/ 』のページでもご覧いただけますので、併せてご覧下さい。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつも投票いただきありがとうございます)

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(現在受注が集中しているため、製作開始およびお届けにお時間を頂いております)
↓↓↓
mfhbana.jpg


■次回、模型展示会参加のご案内
┣『第4回 関西オートモデラーの集い』
┣ 日時:2016年8月28日(日)午前11時30分~午後5時30分
┣ 開催場所:大阪市浪速区日本橋4-9-18 『ボークス大阪ショールーム8F』
┣お問い合わせ:水曜倶楽部ブログ内『第4回関西オートモデラーの集い』ページにコメントとしてお書きください
┣ 水曜倶楽部 ブログURL: http://blogs.yahoo.co.jp/modeler_club_wednesday
┗ 一般参加者としてカーモデル作品出展予定

2016年夏を振り返る

本日は、今年春に開催された『奈良模型愛好会 春展』のレポート再開を予定していたのですが、メインPCを修理に出して画像処理が困難な状態となってしまったので(←会場の照明が非常に暗く、公開できるレベルにするにはPhotoshop加工が必須となるため)、この夏のプライベートを振り返ることにします。

1608231.jpg
まずは先月のことになるのですが、昨年、叔父が他界した関係で、京都の父の実家に安置されていた仏壇が、奈良の私の実家に移設されるという出来事がありました。実家にはこの時に備えて仏間が備えられていたのですが、半分、物置と化していた空間に仏壇が安置され、開眼法要が執り行われました。

1608232.jpg
この夏はその開眼法要の関係でお盆の行事などもなかったため、ほとんどの休日を返上して業務を進めていたのですが、そんな中、話題の『シンゴジラ』をレイトショーで鑑賞して参りました。 私はゴジラシリーズは昔から好きでしたが、作品によって好き嫌いの差が大きいので、日本版の新作が作られると聞いて楽しみ半分、不安が半分という微妙な心境でした。 ところが公開された予告は、「これは期待できそう!」という雰囲気に満ち満ちたもので、作品自身はその期待を大きく上回る素晴らしいものでした。 内容は話がかなりめまぐるしく進む展開でしたので、(頭を整理するためにも)できればもう一度、劇場で鑑賞したいと思います

1608233.jpg
そして、この素晴らしい模型工房は、私が所属する艦船模型サークル『鳶色の会 http://tobiiro.jimdo.com/ 』会長で、艦船模型スペシャル誌ライターの山口隆司さんの製作スペースです。この夏、初めてお邪魔させていただいたのですが、模型専用のお部屋がガレージに併設されており、キットやパーツ、資料などが豊富に揃った素晴らしい空間でした。

1608234.jpg
お盆時期の後半には、橿原神宮に参拝してまいりました。このあとゲリラ豪雨に見舞われ、あまり長居はできなかったのですが、忙しい日常の中でも神社を訪れる時間を取ることで考え方が整理されるというか、気持ちを前向きに保つことができるので、これからもこういう機会をできるだけ多く持ちたいと思います。

1608235.jpg
夏の仕上げは、毎年恒例の地元のお祭り、『サンタウン夏祭り http://suntown.jp/suzuran/info/event/3514 』です。会場には露店が多数ならび、暑い中、毎年驚く程多くの人々で賑わう人気のイベントです。

1608236.jpg
ステージでは驚く程ハイレベルなファイヤーパフォーマンスや阿波踊りなど、さまざまな催しが行われていました。私の居住しているサンタウン地区はかなり文化レベルの高い地域なようで、近隣施設ではいつもあらゆるジャンルの展示会や発表会が絶え間なく開催されています。 そのような多くの文化が溢れかえる中に、今年は私の個展も仲間入りをさせていただけて、自分は本当に恵まれているなと実感した次第です。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつも投票いただきありがとうございます)

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(現在受注が集中しているため、製作開始およびお届けにお時間を頂いております)
↓↓↓
mfhbana.jpg


■次回、模型展示会参加のご案内
┣『第4回 関西オートモデラーの集い』
┣ 日時:2016年8月28日(日)午前11時30分~午後5時30分
┣ 開催場所:大阪市浪速区日本橋4-9-18 『ボークス大阪ショールーム8F』
┣お問い合わせ:水曜倶楽部ブログ内『第4回関西オートモデラーの集い』ページにコメントとしてお書きください
┣ 水曜倶楽部 ブログURL: http://blogs.yahoo.co.jp/modeler_club_wednesday
┗ 一般参加者としてカーモデル作品出展予定

1/700客船『タイタニック』完成

前回、ディティールアップが間に合わないままコンペに投稿することになった、1/700客船『タイタニック』のディティールアップが完了し、ようやく正式な完成となりました。

今回は完成画像をご紹介します。

b700titanic01k.jpg
アカデミー1/700客船『タイタニック』、左舷からの全景。もともと一旦素組みで完成していたものに、レインボーモデル製のエッチングセットから(後付け可能な)パーツ類を付け足し、張り線類を追加しました。

b700titanic02k.jpg
アカデミー1/700客船『タイタニック』、右舷後部からの全景。内海から大西洋に進出し、全力運転を開始したイメージで製作したたため、海面の航行波もいくらか激しめにしました。

b700titanic03k.jpg
船首からブリッジにかけての様子。素組み完成当初はマストはブラウン系、煙突はカーキ系の塗装を行っていたのですが、もう少し華やかさが欲しかったので、各パーツを一旦取り外してウッドブラウンの下地に黄橙色を重ねる塗色に変更しました。 

b700titanic04k.jpg
中央部の様子。煙突の支索はメタルラインで再現し、煙突一本ごとに各6本、計24本を張りました。第二~第三煙突の中間の見張り所および、第三煙突直後の天窓カバーはレインボーモデルのエッチングパーツによるものです。

b700titanic05k.jpg
船尾付近はフロア構成が複雑で、特に見ごたえのある場所です。船尾楼のフライングデッキもレインボーモデルのエッチングに取り替えました。

b700titanic06k.jpg
側面からの全景。タイタニック号のデザインは、同時代のオーシャンライナー群の中ではあまり洗練度の高い方とは言えないのですが、ダミーで追加されたという4本目の煙突のおかげで非常にバランスの良い船容をしています。 処女航海で大きな悲劇に見舞われたことで有名な客船ですが、模型として見るには大洋を悠々と進む姿が何よりも似合う気がします。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつも投票いただきありがとうございます)

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(現在受注が集中しているため、製作開始およびお届けにお時間を頂いております)
↓↓↓
mfhbana.jpg


■次回、模型展示会参加のご案内
┣『第4回 関西オートモデラーの集い』
┣ 日時:2016年8月28日(日)午前11時30分~午後5時30分
┣ 開催場所:大阪市浪速区日本橋4-9-18 『ボークス大阪ショールーム8F』
┣お問い合わせ:水曜倶楽部ブログ内『第4回関西オートモデラーの集い』ページにコメントとしてお書きください
┣ 水曜倶楽部 ブログURL: http://blogs.yahoo.co.jp/modeler_club_wednesday
┗ 一般参加者としてカーモデル作品出展予定

1/700客船『タイタニック』製作

本日は、プライベートで製作していた作品をご紹介します。

今回ご紹介する1/700客船『タイタニック』は、いつもお世話になっている京都のモデラーのmineさん( http://akabu.net/ )が主催されているweb作品発表会、『アカブの肉球スケールキットコンペ http://akabu.net/03compe/03-02sukecon/03-03-03sukecon03/sukecom03-ichiran.html 』への参加を機会に製作したもので、コンペに投稿の後、『第二回すずらん模型展』、『和歌山プラモデル合同展示会2016』にも出展させていただきました。

1608191.jpg
映画で大ヒットした有名な客船だけに、1/700のタイタニック号はアカデミーから2種類が発売されているほか、後発のドイツレベルを筆頭に、エアフィックス、ズベズダなどから発売されています。アカデミーのタイタニックは当初は3色成型で発売されていましたが、その後、更に色数を増やしたマルチカラーキットにリニューアルされ、リニューアル前のキットは現在はズベズダから発売されています。

1608192.jpg
今回、製作のベースに使用したのはアカデミーのマルチカラーパーツのキットです。昨今のキャラクターモデルのようにランナーごとに成型色を変え、塗装なしで組み立ててもそれなりに仕上がるお手軽キットですが、この手のキットはパーツ分割が工夫されているため、塗装前提での製作の場合もマスキングが比較的少なく済むので助かります。

1608193.jpg
船体は上中下の3弾積みで、実船と同じく各部の成型色を変えてあります。今回は吃水線上下の分割を利用して、洋上モデルとして製作しました。

1608194.jpg
しかしいくらマルチカラーパーツのキットとはいえ、甲板上の小物類は塗り分けが必要なので、マジックアート( http://www8.plala.or.jp/magic-art/masking.html )さんから発売されている、コンピューターカット済みのシートを使用してマスキングを行いました。先に甲板を塗装し、マスクを貼ってボラードやウインチ、錨鎖導板などを塗り分けます。

1608195.jpg
塗り分けの終わった甲板パーツ。専用マスキングがあるとはいえ、甲板上の装備品はさまざまな色の物が存在するので(各色をエアブラシ吹きする際、)専用シートの上から色の異なる装備品類を再びテープでマスキングするなど、二重の処理が必要となり、作業には思った以上に手間と時間を要しました。

1608196.jpg
各デッキは箱組の居住区を挟みつつ、下から順番に積み上げていきました。外舷塗装は下地にオキサイドレッド、上塗りにホワイトサフを使用しています。また、舷側の黒い部分は原色の黒ではコントラストが強いので、少しグレーを混ぜてトーンを落とした色を使用しました。

1608197.jpg
煙突やマストを立て、これで一応素組みとしては完成です。

1608198.jpg
本当はこの時点でディティールアップも済ませておきたかったのですが、6月下旬のコンペ締切に間に合わなかったため、急いで海面ベースのみ急造した状態で投稿することになりました。(海面はアクリル絵の具とメディウムによる自作です)

しかしディティール面や色のチョイスで大いに不満の残る出来になってしまったので、このあと少しずつ改修を進め、夏になってようやく正式な完成となりました。 

(ディティールアップ後の正式完成写真は、週明け月曜日にご紹介します)


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつも投票いただきありがとうございます)

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(現在受注が集中しているため、製作開始およびお届けにお時間を頂いております)
↓↓↓
mfhbana.jpg


■次回、模型展示会参加のご案内
┣『第4回 関西オートモデラーの集い』
┣ 日時:2016年8月28日(日)午前11時30分~午後5時30分
┣ 開催場所:大阪市浪速区日本橋4-9-18 『ボークス大阪ショールーム8F』
┣お問い合わせ:水曜倶楽部ブログ内『第4回関西オートモデラーの集い』ページにコメントとしてお書きください
┣ 水曜倶楽部 ブログURL: http://blogs.yahoo.co.jp/modeler_club_wednesday
┗ 一般参加者としてカーモデル作品出展予定

1/200戦艦『ビスマルク』製作記 その26

艦船模型製作代行のご依頼を受け、トランペッターモデルの1/200戦艦『ビスマルク』を製作中です。

今回も引き続き、前部艦橋の製作の様子ご紹介となりますが、この製作記も26回目となり、ひとつの作品の製作記としては、当ブログで過去最長であった1/200戦艦『大和』の製作記( http://modelfactoryhg.blog.fc2.com/blog-category-17.html )の25回を更新し、過去最長の回数となりました。

改めて、1/200のビスマルクの製作規模を実感しているところですが、今後最低でもあと10回程度の更新を予定しておりますので、(このあと再びの中断を挟みますが)引き続き、詳細な製作記事をご紹介できればと思っております。

bsugasama231_201608151042362ae.jpg
測距儀や手すり、ラッタル、機銃や弾薬箱を取り付けて、前部艦橋の羅針艦橋より下の層が完成しました。

bsugasama232_201608151042371b7.jpg
後部艦橋では水平面の鉄板部が垂直面と同じ色の場所が多かったのですが、前部艦橋では水平面に暗いグレーが塗られた部分が多いので、メリハリがついて若干賑やかな印象になりました。

bsugasama233_20160815104239137.jpg
司令塔からレーダーにかけてのクローズアップ。夜間指揮所のグレーチングの床面は、ポントスモデルのエッチングによるものです。

bsugasama234_201608151042405ae.jpg
木張りの甲板は、板目ごとに色調の違いを演出しました。ポントスモデルの真鍮挽物砲身とエッチング銃座を組み立てた単装機銃『MG C30』も精密感溢れる仕上がりです。

bsugasama235_20160815104242a62.jpg
左舷側後方より少し望遠で撮影してみると、実艦のような躍動感が伝わってきます。乗組員になったつもりで甲板や構造物に立つ自分をイメージできるのは、大スケールならではです。

bsugasama236.jpg
これで1/200戦艦『ビスマルク』の主要構造物も大半が完成し、残すは羅針艦橋とシェルター甲板のみとなりました。


なお、今月後半は模型雑誌の作例2隻と、メーカーのサンプルモデルを2隻(計4隻)製作する予定があることから、1/200戦艦『ビスマルク』の製作は再びの中断となります。

業務が非常に立て込んでいることから、多くのお客様には納期まで長らくお待ちをいただきまして恐縮しておりますが、品質を下げることのないよう、(週末もお盆休みも全日返上で)取り組んでおりますので、どうぞご理解を頂けましたら幸いです。

今後の艦船模型製作代行のご依頼品では、9月頃より1/350戦艦『プリンス・オブ・ウェールズ』の製作記を掲載しますので、外国艦に興味をお持ちの方は、是非ご覧くださいませ。

(明日は、5月頃から製作を進めていたプライベート作品をご紹介します)


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつも投票いただきありがとうございます)

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(現在受注が集中しているため、製作開始およびお届けにお時間を頂いております)
↓↓↓
mfhbana.jpg


■次回、模型展示会参加のご案内
┣『第4回 関西オートモデラーの集い』
┣ 日時:2016年8月28日(日)午前11時30分~午後5時30分
┣ 開催場所:大阪市浪速区日本橋4-9-18 『ボークス大阪ショールーム8F』
┣お問い合わせ:水曜倶楽部ブログ内『第4回関西オートモデラーの集い』ページにコメントとしてお書きください
┣ 水曜倶楽部 ブログURL: http://blogs.yahoo.co.jp/modeler_club_wednesday
┗ 一般参加者としてカーモデル作品出展予定

プロフィール

HIGH-GEARed

Author:HIGH-GEARed
奈良市在住、スケールモデル販売業者「モデルファクトリーハイギヤード」の製作担当兼代表をしております。

また、渡辺真郎の名前で『月刊モデルアート』、『艦船模型スペシャル』等の模型雑誌の作例記事も書かせていただいております。

「プロモデラーの人ってどんな生活をしているの?」という疑問に少しでもお答えできるよう、業務日記と日常日記を織り交ぜた内容でお届けしております。

当ブログの作品紹介はホームページの補助的な役割で活用しており、ホームページの方をメインとして、模型作例を多数掲載しております。 ぜひご覧ください。

HIGH-GEARed HOBBY WORKS!!
↓↓↓
http://nabeck.web.fc2.com/

模型製作ご依頼はこちら(お気軽にお問い合わせください)
↓↓↓
http://nabeck.web.fc2.com/hg-mdf.htm

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR