1/350航空母艦『赤城』製作 その23

艦船模型製作代行のご依頼を頂き、ハセガワの1/350航空母艦『赤城』を製作中です。

1707311.jpg
本日からは、ニューカメラのCANON『EOS kiss X9』での(工程写真)の撮影になります。レンズはこれまでと同じもの(SIGMA DC18-250mm F3.5-6.3 MACRO)を引き続き使用するため、今回はボディのみを購入しました。(発売日から2日しか経っていませんので、このカメラで撮られた模型製作記はまだ少ないのではないかと思います)

1707312.jpg
製作面では、船体への(塗装前に行う)パーツ類の取り付けを進めておりまして、左舷側がほぼ完成し、続いて右舷側を進めているところです。

1707313.jpg
左舷艦首付近のクローズアップ。ちなみに今回の撮影におきましては、「まずはノイズ低減機能を試してみよう」と思って効果を強めにしたところ、細かいディテールが一部つぶれてしまい、結果的にセッティングのミスとなってしまいました。(船体の外板継ぎ目が完全に消失し、ジャッキステーもほとんど見えなくなりました) 全体的にぼんやりした写真になってしまったので、次回からはもう少しシャープに写るように調整してみます。

1707314.jpg
左舷高角砲デッキの様子。ノイズ低減効果で見えなくなってしまっていますが、高角砲スポンソン下部の支柱の踊り場や、起倒式マスト下部の構造材には、ドリル加工で肉抜き穴を再現しました

1707315.jpg
左舷後部の様子。この部分は吹き抜けや通路などが折り重なっていて工場的魅力があります。

1707316.jpg
右舷中央部から艦首側にかけての様子。手すりは主にエデュアルド製を使用していますが、飛行甲板両脇の整備員ポケットから繋がるラッタルが降りてくる部分の切り欠き位置にミスがあったので、その部分のみハセガワの純正エッチングパーツに差し替えました。

1707317.jpg
煙突から右舷シールド付き高角砲スポンソンにかけての様子。写真には写っていませんが、煙突下部にはエッチングの支柱も入れました。

1707318.jpg
船体の残りの作業は右舷後部と艦尾の短艇甲板です。それらが終わればようやく塗装に移れますので、明日のうちにキリの良いところまで進めようと思います。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

■メディア掲載情報
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo64』に、1/500一等巡洋艦『八雲』作例記事掲載。(発売中)
┣ イカロス出版『艦船プラモカタログ2017』に、1/700航空母艦『CV-7 ワスプ』作例記事掲載。(発売中)
┣ KKベストセラーズ出版『CIRCUS MAX 8月号』に艦船模型作例写真および企画記事掲載。(発売中)
┣ モデルアート社出版『月刊MODEL Art 2017年9月号 』に愛用ツールおよび製作環境紹介記事掲載。(発売中)
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo65』に艦船模型作例記事掲載予定。(2017年8月15日発売)
┣ モデルアート社出版『月刊MODEL Art 2017年11月号 』に艦船模型作例記事×2隻掲載予定。
┃(2017年9月25日発売)
┗ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo66』に艦船模型作例記事掲載予定。(2017年11月15日発売)


モデルファクトリーハイギヤードが主催する
艦船模型と飛行機模型の完成品販売webショップ『CHERRY&ANCHOR』
(2017年7月14日、1/350艦船模型2隻入荷!)
↓↓↓
crbana.jpg

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(2017年6月5日更新!取引例に16作品追加! 現在計336作品掲載中)
↓↓↓
mfhbana.jpg

■次回模型展示会参加のお知らせ
┣ 『第5回関西オートモデラーの集い』
┣ 案内ブログページ: https://blogs.yahoo.co.jp/modeler_club_wednesday/14830747.html
┣ 日時:2017年8月27日(11:30~17:30)
┣ 開催場所:ボークス大阪ショールーム8F
┗ お問い合わせ先:水曜倶楽部ブログ内コメント欄にて受付

スポンサーサイト

1/350航空母艦『赤城』製作 その22

艦船模型製作代行のご依頼をいただき、ハセガワの1/350航空母艦『赤城』を製作中です。

1707281.jpg
ようやく、船体の作業を本格化させる段階まできました。今回は、組み立て説明書の製作指示と同じく左舷から作業を進めました。

1707282.jpg
舷外通路や機銃&高角砲スポンソンなどを順番に取り付けていきます。その際、エッチング取り付けの障害になる部分の切削や穴埋めなども同時に行っています。

1707283.jpg
続いて、手すりやラッタルなどの取り付けを行います。主に使用したのは、写真のエデュアルド製のエッチングパーツです。

1707284.jpg
手すりやラッタルのパーツはハセガワの純正エッチングにも含まれているのですが、エデュアルドパーツの手すりは”のりしろ”部分が目立たず、ラッタルも(ハセガワパーツがプラパーツベースであるのに対し)踏み板が抜けたフルエッチングのものが用意されているので、全体的にディテールをシャープに引き立たせてくれます。

1707285.jpg
エデュアルドパーツのシャープなラッタルと足場を使うことで、このような入り組んだ場所のディテールも非常に繊細に仕上がりました。

1707286.jpg
舷外通路や艦首錨甲板付近のクローズアップ。なお、格納庫前端部分は、リノリウム甲板の塗り分けに備えてまだ仮付け状態です(その関係で、左舷前部の機銃スポンソンの支柱ごと仮固定しています)。

1707287.jpg
ところで話題は変わるのですが、本日、工程写真撮影用に愛用していたカメラが遂に故障してしまいました。(スイッチ不良で起動せず) 

2010年に購入したCANON『EOS kiss X4』を使用していたのですが、ほぼ毎日平均10枚以上撮り続けて7年目ですので、さすがに寿命かな……と思います。修理なら2万円ほどで済むようですが、(なんだかんだ言いつつ7年も前の機種ですので)ずるずると古い機種を使い続けるより良いかと思い、この機会に同シリーズ最新の『EOS kiss X9』に買い替えることに決めました。 

相変わらず入門機から抜け出せずにいますが、(私の腕と経験では)これ以上のスペックのものを持っていても生かせそうにないので、頑張って腕の方を磨きたいと思います。

なお、ニューカメラでの写真は、早速週明け月曜日のブログ更新から公開しますので、引き続き、当製作記をよろしくお願い申し上げます。(本日のブログ写真は応急的にHandycamの静止画モードで撮影しました)


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

■メディア掲載情報
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo64』に、1/500一等巡洋艦『八雲』作例記事掲載。(発売中)
┣ イカロス出版『艦船プラモカタログ2017』に、1/700航空母艦『CV-7 ワスプ』作例記事掲載。(発売中)
┣ KKベストセラーズ出版『CIRCUS MAX 8月号』に艦船模型作例写真および企画記事掲載。(発売中)
┣ モデルアート社出版『月刊MODEL Art 2017年9月号 』に愛用ツールおよび製作環境紹介記事掲載。(発売中)
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo65』に艦船模型作例記事掲載予定。(2017年8月15日発売)
┣ モデルアート社出版『月刊MODEL Art 2017年11月号 』に艦船模型作例記事×2隻掲載予定。
┃(2017年9月25日発売)
┗ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo66』に艦船模型作例記事掲載予定。(2017年11月15日発売)


モデルファクトリーハイギヤードが主催する
艦船模型と飛行機模型の完成品販売webショップ『CHERRY&ANCHOR』
(2017年7月14日、1/350艦船模型2隻入荷!)
↓↓↓
crbana.jpg

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(2017年6月5日更新!取引例に16作品追加! 現在計336作品掲載中)
↓↓↓
mfhbana.jpg

■次回模型展示会参加のお知らせ
┣ 『第5回関西オートモデラーの集い』
┣ 案内ブログページ: https://blogs.yahoo.co.jp/modeler_club_wednesday/14830747.html
┣ 日時:2017年8月27日(11:30~17:30)
┣ 開催場所:ボークス大阪ショールーム8F
┗ お問い合わせ先:水曜倶楽部ブログ内コメント欄にて受付

1/350航空母艦『赤城』製作 その21

艦船模型製作代行のご依頼を頂き、ハセガワの1/350航空母艦『赤城』を製作中です。

本日は、リノリウム甲板の押さえ金具の再現についてご紹介します。

1707270.jpg
まずは、組み込みが後回しになっていた左舷艦橋後部の高角砲デッキの”括れ”の部分の組み立てを行います。

1707271.jpg
この箇所は内壁と床面、そして各構造物がそれぞれ別パーツになっているので、各々を組みたてて形にしていきます。なお、床面にはリノリウム甲板の抑え金具がモールドされているので、真鍮線への切り替えに備えて全て削り取りました。

1707272.jpg
また、壁面に一体成型されたトラス柱とラッタルのモールドも同時に削り取っておきます。これらの構造物のエッチングは、ハセガワ純正パーツでは省略されているのですが、エデュアルドのパーツセットに含まれているので、この時点で取り付け準備を済ませておきました。(その際、パーツ背面より開けられた肉抜き穴が顔を出すので、プラ材やパテなどで埋めて平滑に処理しておきました。)

1707273.jpg
”括れ”の部分の各パーツを組み立て、0.2mm径の真鍮線にてリノリウム押さえ金具を再現した様子。巨大な空母の側面に、これほど広大な吹き抜けデッキがあるとはなんとも不思議な光景です。

1707274.jpg
出来あがった高角砲デッキを格納庫の左側面に仮組してみました。これで船体の外壁は全て揃ったことになります。

1707275.jpg
これは船体後部の短艇甲板です。この部分はリノリウム張りの面積が大きいので、(高角砲デッキと同様に)抑え金具のモールドを全て削り取り、0.2mm径の真鍮線に切り替えました。

1707276.jpg
リノリウム押さえモールドの真鍮線切り替え後の様子。塗装後には真鍮線部分のみ塗膜を削って金属地を露出させ、メリハリを強調した仕上げとします。

1707277.jpg
艦首側にもリノリウム押さえ金具のモールドがあるので、真鍮線に切り替えました。

1707278.jpg
また、右舷後部の舷外通路や――

1707279.jpg
左舷後部の舷外通路もリノリウム張りとなっているので、同様に仕上げています。今回は、艦全体で130本ほどの真鍮線を現物合わせにて接着しました。

17072710.jpg
今回の1/350航空母艦『赤城』は製作に少々時間がかかっておりますが、引き続き、完成度最優先で丁寧に仕上げていきたいと思います。

明日以降は片舷ずつ、小物類の取り付けを進めて参ります。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

■メディア掲載情報
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo64』に、1/500一等巡洋艦『八雲』作例記事掲載。(発売中)
┣ イカロス出版『艦船プラモカタログ2017』に、1/700航空母艦『CV-7 ワスプ』作例記事掲載。(発売中)
┣ KKベストセラーズ出版『CIRCUS MAX 8月号』に艦船模型作例写真および企画記事掲載。(発売中)
┣ モデルアート社出版『月刊MODEL Art 2017年9月号 』に愛用ツールおよび製作環境紹介記事掲載。(発売中)
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo65』に艦船模型作例記事掲載予定。(2017年8月15日発売)
┣ モデルアート社出版『月刊MODEL Art 2017年11月号 』に艦船模型作例記事×2隻掲載予定。
┃(2017年9月25日発売)
┗ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo66』に艦船模型作例記事掲載予定。(2017年11月15日発売)


モデルファクトリーハイギヤードが主催する
艦船模型と飛行機模型の完成品販売webショップ『CHERRY&ANCHOR』
(2017年7月14日、1/350艦船模型2隻入荷!)
↓↓↓
crbana.jpg

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(2017年6月5日更新!取引例に16作品追加! 現在計336作品掲載中)
↓↓↓
mfhbana.jpg

■次回模型展示会参加のお知らせ
┣ 『第5回関西オートモデラーの集い』
┣ 案内ブログページ: https://blogs.yahoo.co.jp/modeler_club_wednesday/14830747.html
┣ 日時:2017年8月27日(11:30~17:30)
┣ 開催場所:ボークス大阪ショールーム8F
┗ お問い合わせ先:水曜倶楽部ブログ内コメント欄にて受付

模型誌に製作環境紹介記事掲載のお知らせ 【月刊モデルアート2017年9月号】

モデルアート社出版、『月刊モデルアート』2017年9月号が発売となりました。

1707261.jpg
今回の特集は『エキスパートの七つ道具』ということで、(私、HIGH-GEARedこと、渡辺真郎にとりましては誌面上では初公開となる)愛用ツール類や、製作部屋の写真などをご紹介させていただきました。

1707262.jpg
誌面におきましては、愛用ツール類の紹介を約2ページ、製作部屋の紹介を半ページ、オールカラーにて掲載しておりますので、当工房『モデルファクトリーハイギヤード』の製作環境に興味のございます方は、是非ご覧くださいませ。

なお、私以外で同じ企画に参加されているモデラーの皆様は、モデルアート誌を代表する作例ライター、長谷川迷人(AIR)をはじめとして、秋山いさみさま(AIR)、瀬川たかしさま(AFV)、柳井健二さま(AIR)、鯨水庵八十八さま(艦船)、宮崎日出雄さま(艦船)、小田俊也さま(CAR)、川口義信さま(CAR)、高橋浩二さま(CAR)、島脇秀樹さま(AFV)の計11名です。

これほどのメンツの中に、私などが紛れ込んでしまいまして恐縮しきりではございますが、(MA誌にしては珍しく)各自、顔写真公開にてナビゲートしておりますので、各分野の製作環境やお勧めツールの紹介記事をお楽しみ頂けましたら幸いです。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

■メディア掲載情報
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo64』に、1/500一等巡洋艦『八雲』作例記事掲載。(発売中)
┣ イカロス出版『艦船プラモカタログ2017』に、1/700航空母艦『CV-7 ワスプ』作例記事掲載。(発売中)
┣ KKベストセラーズ出版『CIRCUS MAX 8月号』に艦船模型作例写真および企画記事掲載。(発売中)
┣ モデルアート社出版『月刊MODEL Art 2017年9月号 』に愛用ツールおよび製作環境紹介記事掲載。(発売中)
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo65』に艦船模型作例記事掲載予定。(2017年8月15日発売)
┣ モデルアート社出版『月刊MODEL Art 2017年11月号 』に艦船模型作例記事×2隻掲載予定。
┃(2017年9月25日発売)
┗ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo66』に艦船模型作例記事掲載予定。(2017年11月15日発売)


モデルファクトリーハイギヤードが主催する
艦船模型と飛行機模型の完成品販売webショップ『CHERRY&ANCHOR』
(2017年7月14日、1/350艦船模型2隻入荷!)
↓↓↓
crbana.jpg

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(2017年6月5日更新!取引例に16作品追加! 現在計336作品掲載中)
↓↓↓
mfhbana.jpg

■次回模型展示会参加のお知らせ
┣ 『第5回関西オートモデラーの集い』
┣ 案内ブログページ: https://blogs.yahoo.co.jp/modeler_club_wednesday/14830747.html
┣ 日時:2017年8月27日(11:30~17:30)
┣ 開催場所:ボークス大阪ショールーム8F
┗ お問い合わせ先:水曜倶楽部ブログ内コメント欄にて受付

プライベート製作品のご紹介

本日は朝から原稿締め切りに追われておりまして、1/350航空母艦『赤城』の製作記は一旦お休みです。

代わりに今回は、この夏から秋にかけて進めているプライベート製作品をご紹介します。

1707251.jpg
まずは、来月下旬に予定している『関西オートモデラーの集い https://blogs.yahoo.co.jp/modeler_club_wednesday/14830747.html 』に向けて製作している、ハイギヤードMR2です。原作『よろしくメカドック』に登場した車両は、シャーウッドトーニングという緑メタリックとシャンパンゴールドのツートンカラーのもの(ちなみにアニメ版ではストロングブールの単色塗装)で、微妙な色彩の為に模型用の塗料では調色が難しかったので、ホルツの調色サービスを利用しました。

1707252.jpg
ボディは30数年前に絶版になった貴重な前期型キットのものを使用しています。デカールを貼ると若干現実離れした雰囲気になりましたが、ある意味”キャラクターモデル”でもありますので、劇中のイメージを演出できればと思っています。

1707253.jpg
ちなみにキャラクターモデルといえば、京都のモデラーmineさん主催の『アカ肉旧コン http://akabu.net/03compe/03-01kyucon/03-01-07kyucon07/03-01-07kyucon07-top.html 』での発表に向け、バンダイの宇宙戦艦ヤマト旧キットシリーズの『地球防衛軍艦隊 宇宙空母』も製作進行中です。

1707254.jpg
『宇宙空母』を仮組みした様子。そのまま組むのでは芸がないので、今後は筋彫りの追加や飛行甲板の自作、艦橋のバランス変更などを予定しています。

1707255k.jpg
最後は、以前にも何度かご紹介している1/700港湾ジオラマの次回作に配置するアクセサリーです。この鉄道車両群はアライアンスモデルワークスのレジン&エッチングキットを組んだもので、海魂やファイブスターモデルのドラム缶や木箱、プラ角棒で自作した角材などを積み荷として配置しました。この作品は時間をかけてじっくりと仕上げているので、秋頃に完成を御披露目できればと思っています。、


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

■メディア掲載情報
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo64』に、1/500一等巡洋艦『八雲』作例記事掲載。(発売中)
┣ イカロス出版『艦船プラモカタログ2017』に、1/700航空母艦『CV-7 ワスプ』作例記事掲載。(発売中)
┣ KKベストセラーズ出版『CIRCUS MAX 8月号』に艦船模型作例写真および企画記事掲載。(発売中)
┣ モデルアート社出版『月刊MODEL Art 2017年9月号 』に愛用ツールおよび製作環境紹介記事掲載。(発売中)
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo65』に艦船模型作例記事掲載予定。(2017年8月15日発売)
┣ モデルアート社出版『月刊MODEL Art 2017年11月号 』に艦船模型作例記事×2隻掲載予定。
┃(2017年9月25日発売)
┗ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo66』に艦船模型作例記事掲載予定。(2017年11月15日発売)


モデルファクトリーハイギヤードが主催する
艦船模型と飛行機模型の完成品販売webショップ『CHERRY&ANCHOR』
(2017年7月14日、1/350艦船模型2隻入荷!)
↓↓↓
crbana.jpg

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(2017年6月5日更新!取引例に16作品追加! 現在計336作品掲載中)
↓↓↓
mfhbana.jpg

■次回模型展示会参加のお知らせ
┣ 『第5回関西オートモデラーの集い』
┣ 案内ブログページ: https://blogs.yahoo.co.jp/modeler_club_wednesday/14830747.html
┣ 日時:2017年8月27日(11:30~17:30)
┣ 開催場所:ボークス大阪ショールーム8F
┗ お問い合わせ先:水曜倶楽部ブログ内コメント欄にて受付

1/350航空母艦『赤城』製作 その20

艦船模型製作代行のご依頼をいただき、ハセガワの1/350航空母艦『赤城』を製作中です。

本日は、先週お伝えできなかった飛行甲板裏側の塗装の様子と武装類の製作の続きをご紹介します。

1707241.jpg
飛行甲板裏側の下塗りは、ガイアノーツの『サーフェイサーエヴォ オキサイドレッド』にて行いました。このサフはプライマーの効果もあるので、このようにプラと金属パーツが混在しているときには非常に便利です。

1707242.jpg
続いて、外舷色を塗装します。

1707243.jpg
トラス構造が複雑である為、隅々まで塗料をいきわたらせるのには少々神経を使います。

1707244.jpg
また、細部を意識しすぎると、関係のない場所が厚塗りになりすぎてしまう傾向もあるので、塗膜の厚みがなるべく均一に仕上がるように心がけました。

1707245.jpg
ちなみに私の場合の塗装順序は、

①希釈率が低め(シンナー少なめ)の塗料でクレーン裏側などの色が回りにくいところを先に塗装
②希釈率が高い(シンナー多め)塗料で全面的に塗装
(↑多めのシンナー成分が、先に塗装したクレーン裏側などの塗膜の荒れた部分を溶かして平滑にしてくれます)
③ムラのあるポイントに、中くらいの希釈率の塗料を吹いてバランスを取る
④最後にもういちど、希釈率の高い塗料を全体に塗装して塗膜の質感を統一する

と、いうものです。

1707246.jpg
経験的に、この方法はトラスパーツを均一に塗りあげるのに最も適していると思います。

1707247.jpg
無事に塗装を完了した飛行甲板パーツ×3枚。

1707248.jpg
また、本日は高角砲と副砲の製作も行いました。ディテールアップに使用したのは、マスターモデルの真鍮挽き物砲身です。

1707249.jpg
艦尾両舷の単装砲を組み立てている様子。キットのプラパーツから防水キャンパスを残した砲身のみを切り取り、取り付け部分に0.7mm径のドリル穴を開けてから接着しました。

17072410.jpg
高角砲も、同様の方法で砲身の植え替えを行い――

17072411.jpg
完成しました。今回は25mm連装機銃も含め、全ての武装の砲身を真鍮挽き物パーツに切り替えたことになります。

17072412.jpg
長らく放置していた船体も、ようやく作業を再開しました。スクリューシャフトやブラケットにはパーティングラインやゲート跡が残りやすいので、ひとつひとつヤスリをかけて丁寧に仕上げています。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

■作例掲載情報
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo64』に、1/500一等巡洋艦『八雲』作例記事掲載。(発売中)
┣ イカロス出版『艦船プラモカタログ2017』に、1/700航空母艦『CV-7 ワスプ』作例記事掲載。(発売中)
┣ KKベストセラーズ出版『CIRCUS MAX 8月号』に艦船模型作例写真および企画記事掲載。(発売中)
┣ モデルアート社出版『月刊MODEL Art 2017年9月号 』に製作環境紹介記事掲載予定。 (2017年7月25日発売)
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo65』に艦船模型作例記事掲載予定。(2017年8月15日発売)
┗ モデルアート社出版『月刊MODEL Art 2017年11月号 』に艦船模型作例記事×2隻掲載予定。 (2017年9月25日発売)


モデルファクトリーハイギヤードが主催する
艦船模型と飛行機模型の完成品販売webショップ『CHERRY&ANCHOR』
(2017年7月14日、1/350艦船模型2隻入荷!)
↓↓↓
crbana.jpg

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(2017年6月5日更新!取引例に16作品追加! 現在計336作品掲載中)
↓↓↓
mfhbana.jpg

■次回模型展示会参加のお知らせ
┣ 『第5回関西オートモデラーの集い』
┣ 案内ブログページ: https://blogs.yahoo.co.jp/modeler_club_wednesday/14830747.html
┣ 日時:2017年8月27日(11:30~17:30)
┣ 開催場所:ボークス大阪ショールーム8F
┗ お問い合わせ先:水曜倶楽部ブログ内コメント欄にて受付

1/350航空母艦『赤城』製作 その19

艦船模型製作代行のご依頼を頂き、ハセガワの1/350航空母艦『赤城』を製作中です。

本日は、飛行甲板裏側の組み立ておよびディテールアップの最終回です。

1707211k.jpg
艦首や艦尾などのメインとなる部分のトラスを組み終わったら、最後に飛行甲板両脇の三角補強板を順番に取り付けて行きます。この部分は不用意に取り付けると、(船体と接着する際に)格納庫側面と干渉して泣きを見ることになるので、船体と飛行甲板を仮固定した状態で組んでいきました。

1707212k.jpg
また、機銃スポンソンの一部が飛行甲板裏側と干渉する箇所もあるので、(パーツを仮付けしつつ)不具合のないように取り付けました。

1707213.jpg
なお、飛行甲板後部の支柱は本数も多く、構造も複雑なうえ、エッチングのトラスを介して組みこまなくてはいけないため、ズレる要素が非常に多く、位置合わせには気を使いました。こうした問題を解決するには、船体と甲板を何度も仮組みしつつ、(微調整を繰り返して)慎重に組み上げていくしかありません。

1707214k.jpg
位置が決まったところで、0.3mmの真鍮線にて支柱同士を繋ぐ補強の”筋交い”を追加しました。私の場合、この筋交いの取り付け位置は、天蓋の艦載艇用クレーンの可動範囲を塞がない場所を選ぶようにしています。

1707215k.jpg
これでようやく、全てのトラスを無事に組み終わりました。この写真は右舷艦首付近のクローズアップです。

1707216k.jpg
そして、右舷中央部の煙突のある括れの様子。

1707217k.jpg
一方、こちらは左舷側の高角砲デッキの括れです。この部分はまだ船体側の内壁を組み終わってないので、後ほど微調整を入れるかもしれません。

1707218.jpg
後部の支柱には2か所の踊り場と小型クレーン、そしてそれらにアクセスする為のラッタルが備わります。(この部分のパーツは、ハセガワのディテールアップエッチングパーツ『スーパー』ではなく、『ベーシックB』に含まれているため、忘れないように注意が必要です)

1707219.jpg
艦尾側からの全景。本当は本日中にサフ吹きまでいきたかったのですが、梱包と出荷などの業務が重なって間に合わなかったので、塗装などの様子は来週月曜日にご紹介します。

―――以下、昨日に引き続いて京都で開催予定の『第7回アートメイド』のご案内です。

7月23日(日)、京都国際マンガミュージアム( https://www.kyotomm.jp/ )にて、オリジナルマンガやアート作品の即売イベント『第7回アートメイド http://www.comicon.co.jp/artmade/ 』が開催されます。

17072110.jpg
そのイベントに、妻の『鍋弓わた』が主催するサークル『極星堂 http://www.aksd.net/ 』が参加します。

スペースNoはA-06で、前回の関西コミティアで販売を開始した『肖像画家のメレーテ http://www.toranoana.jp/mailorder/article/04/0030/54/20/040030542037.html 』の新刊『ライネンラントを旅する』を発表予定です(内容は作品の世界観を紹介したガイドブックを兼ねたショートストーリーです)

近隣にお住まいでイベントに興味のある皆様は、ぜひ京都国際マンガミュージアムにお越しくださいませ。

(新刊はなんと格安!200円です!)


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

■作例掲載情報
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo64』に、1/500一等巡洋艦『八雲』作例記事掲載。(発売中)
┣ イカロス出版『艦船プラモカタログ2017』に、1/700航空母艦『CV-7 ワスプ』作例記事掲載。(発売中)
┣ KKベストセラーズ出版『CIRCUS MAX 8月号』に艦船模型作例写真および企画記事掲載。(発売中)
┣ モデルアート社出版『月刊MODEL Art 2017年9月号 』に製作環境紹介記事掲載予定。 (2017年7月25日発売)
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo65』に艦船模型作例記事掲載予定。(2017年8月15日発売)
┗ モデルアート社出版『月刊MODEL Art 2017年11月号 』に艦船模型作例記事×2隻掲載予定。 (2017年9月25日発売)


モデルファクトリーハイギヤードが主催する
艦船模型と飛行機模型の完成品販売webショップ『CHERRY&ANCHOR』
(2017年7月14日、1/350艦船模型2隻入荷!)
↓↓↓
crbana.jpg

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(2017年6月5日更新!取引例に16作品追加! 現在計336作品掲載中)
↓↓↓
mfhbana.jpg

■次回模型展示会参加のお知らせ
┣ 『第5回関西オートモデラーの集い』
┣ 案内ブログページ: https://blogs.yahoo.co.jp/modeler_club_wednesday/14830747.html
┣ 日時:2017年8月27日(11:30~17:30)
┣ 開催場所:ボークス大阪ショールーム8F
┗ お問い合わせ先:水曜倶楽部ブログ内コメント欄にて受付

1/350航空母艦『赤城』製作 その18 (と、今週末のイベントのお知らせ)

艦船模型製作代行のご依頼を頂き、ハセガワの1/350航空母艦『赤城』を製作中です。

本日は飛行甲板裏側トラス製作の3回目と、イベント情報をお知らせします。

1707201.jpg
今回は飛行甲板中央部のトラス組みをご紹介します。パーツ数は比較的少ないので、一見すると簡単そうですが、全体的に細長いこともあって、(艦首側や艦尾側と違って)基準にする大枠を組むことが出来ないので、端から順番に組んでいきました。

1707202.jpg
接着は、差し込み口の3か所に一か所程度の割合で、少量のゼリー状瞬間接着剤で仮固定し、位置が決まったところで液状タイプを流し込んで固定しています。

1707203.jpg
このようにして、右舷側の高角砲デッキの切り欠き部分のトラスが完成しました。

1707204.jpg
一方、こちらは左舷側の煙突上部のトラスです。太い支柱はエッチングを箱型に折り曲げて形にする必要があるため、スムーズに組むには”折り曲げ精度”が非常に重要になります。

1707205.jpg
船体中央部のトラスを組み終わった様子。あとにも先にも、飛行甲板下部にこれほど括れの多い空母は『赤城』のみで、こうした複雑な構造こそが、同艦の大きな魅力を形成しているように思います。

1707206.jpg
艦尾側の飛行甲板裏側には、ハセガワのディテールアップエッチングパーツ『スーパー』に付属の支柱を組みました。クレーンや探照灯収納部の取り付けも完了し、複雑な構造美が引き立って参りました。

1707207.jpg
一見、飛行甲板裏側の製作は完了した様にも見えますが、実際にはまだ支柱に取り付けるラッタルや踊り場、小型クレーンなどの取り付けと、支柱同士を繋ぐ”筋交い”や、一部のトラスの追加を残しています。

明日の製作記更新で、トラス関連の製作記事は最終となりますので、赤城の製作に興味のございます方は是非ご覧ください。

―――以下、話題が変わります。

7月23日(日)、京都国際マンガミュージアム( https://www.kyotomm.jp/ )にて、オリジナルマンガやアート作品の即売イベント『第7回アートメイド http://www.comicon.co.jp/artmade/ 』が開催されます。

1707208k.jpg
そのイベントに、妻の『鍋弓わた』が主催するサークル『極星堂 http://www.aksd.net/ 』が参加します。

スペースNoはA-06で、前回の関西コミティアで販売を開始した『肖像画家のメレーテ http://www.toranoana.jp/mailorder/article/04/0030/54/20/040030542037.html 』の新刊『ライネンラントを旅する』を発表予定です(内容は作品の世界観を紹介したガイドブックを兼ねたショートストーリーです)

近隣にお住まいでイベントに興味のある皆様は、ぜひ京都国際マンガミュージアムにお越しくださいませ。

(当日は私も手伝いで現地におります)


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

■作例掲載情報
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo64』に、1/500一等巡洋艦『八雲』作例記事掲載。(発売中)
┣ イカロス出版『艦船プラモカタログ2017』に、1/700航空母艦『CV-7 ワスプ』作例記事掲載。(発売中)
┣ KKベストセラーズ出版『CIRCUS MAX 8月号』に艦船模型作例写真および企画記事掲載。(発売中)
┣ モデルアート社出版『月刊MODEL Art 2017年9月号 』に製作環境紹介記事掲載予定。 (2017年7月25日発売)
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo65』に艦船模型作例記事掲載予定。(2017年8月15日発売)
┗ モデルアート社出版『月刊MODEL Art 2017年11月号 』に艦船模型作例記事×2隻掲載予定。 (2017年9月25日発売)


モデルファクトリーハイギヤードが主催する
艦船模型と飛行機模型の完成品販売webショップ『CHERRY&ANCHOR』
(2017年7月14日、1/350艦船模型2隻入荷!)
↓↓↓
crbana.jpg

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(2017年6月5日更新!取引例に16作品追加! 現在計336作品掲載中)
↓↓↓
mfhbana.jpg

■次回模型展示会参加のお知らせ
┣ 『第5回関西オートモデラーの集い』
┣ 案内ブログページ: https://blogs.yahoo.co.jp/modeler_club_wednesday/14830747.html
┣ 日時:2017年8月27日(11:30~17:30)
┣ 開催場所:ボークス大阪ショールーム8F
┗ お問い合わせ先:水曜倶楽部ブログ内コメント欄にて受付

1/350航空母艦『赤城』製作 その17

艦船模型製作代行のご依頼を頂き、ハセガワの1/350航空母艦『赤城』を製作中です。

本日は、飛行甲板裏側のトラス組みの艦尾側の様子をご紹介します。

1707191.jpg
艦尾側の飛行甲板裏側トラスは艦首側より数段複雑な構成になっているので、まずは二重構造になっている最後端の一段目から処理しました。この部分のトラスのパターンは比較的シンプルではありますが、左右非対称になっているので、組み込みの向きを間違えないように注意が必要です。

1707192.jpg
一段目が終われば、デッキのパーツを一枚挟み、続いて2段目を処理します。この部分は(艦首側と同様に)支柱に繋がるメインの部分を『井の字』型に組み、今後の桁を組んでいく際の基準としました。

1707193.jpg
続いてはまず艦首側から順番に横桁を組み――

1707194.jpg
中心から外側に向かって縦桁を組んでいきます。これで艦尾後端部のトラス組みは完了しました。

1707195.jpg
なお、艦尾後端部の更に奥には独立したトラスがあるので、こちらもセオリーどおりにまず外枠から組み立て――

1707196.jpg
続いて横桁を差し込み、

1707197.jpg
最後に縦桁を組み込んで仕上げました。

1707198.jpg
これで艦尾のトラス組みは全て完了ですが、最後に少々難易度の高い艦載艇用クレーン軌条の取り付けが待っています。このパーツは、ハセガワの1/350航空母艦『赤城』用ディテールアップエッチングパーツ『スーパー』には含まれていないため、同シリーズの『ベーシックB』のパーツを組み立てて使用しました。

17071910.jpg
組みあがったクレーン軌条。このパーツの組み立ての様子は今回は省略しておりますが、詳しくは前回の赤城製作記のレポートの中( http://modelfactoryhg.blog.fc2.com/blog-entry-764.html )にてご紹介しておりますので、ご興味のある方は是非ご覧ください。

1707199.jpg
あとは探照灯の収納部と支柱を取り付ければ、艦尾飛行甲板裏側の製作とディテールアップはほぼ完了です。次回も引き続き、飛行甲板の裏側をご紹介します。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

モデルファクトリーハイギヤードが主催する
艦船模型と飛行機模型の完成品販売webショップ『CHERRY&ANCHOR』
(2017年7月14日、1/350艦船模型2隻入荷!)
↓↓↓
crbana.jpg

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(2017年6月5日更新!取引例に16作品追加! 現在計336作品掲載中)
↓↓↓
mfhbana.jpg

■作例掲載情報
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo64』に、1/500一等巡洋艦『八雲』作例記事掲載。(発売中)
┣ イカロス出版『艦船プラモカタログ2017』に、1/700航空母艦『CV-7 ワスプ』作例記事掲載。(発売中)
┣ KKベストセラーズ出版『CIRCUS MAX 8月号』に艦船模型作例写真および企画記事掲載。(発売中)
┣ モデルアート社出版『月刊MODEL Art 2017年9月号 』に模型製作についてのコラム記事掲載予定。(2017年7月25日発売)
┗ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo65』に艦船模型作例記事掲載予定。(2017年8月15日発売)


■次回模型展示会参加のお知らせ
┣ 『第5回関西オートモデラーの集い』
┣ 案内ブログページ: https://blogs.yahoo.co.jp/modeler_club_wednesday/14830747.html
┣ 日時:2017年8月27日(11:30~17:30)
┣ 開催場所:ボークス大阪ショールーム8F
┗ お問い合わせ先:水曜倶楽部ブログ内コメント欄にて受付



1/350航空母艦『赤城』製作 その16

艦船模型製作代行のご依頼を頂き、ハセガワの1/350航空母艦『赤城』を製作中です。

本日からは、赤城製作の見所のひとつでもある、飛行甲板裏側のトラス組みの様子をご紹介します。

17071801.jpg
使用するのは、ハセガワ純正の1/350航空母艦『赤城』用のディテールアップエッチングパーツ『スーパー』です。

17071802.jpg
このパーツセットは主に3枚のエッチングパーツから構成されており、3枚目は横桁のパーツをメインとしています。

17071803.jpg
パーツ2枚目には縦桁の長いパーツが含まれます。

17071804.jpg
3枚目は飛行甲板後部のトラスをメインとし、支柱なども付属しています。

17071805.jpg
今回は艦首側のトラス組みの様子をご紹介します。まず、支柱に繋がるメインの部分を『井の字』型に組み、今後のトラス組みの基準とします。

17071806.jpg
続いて、内側から縦桁を”ひとつ飛ばし”で順番に埋めて行き――

17071807.jpg
横桁を埋めます。

17071808.jpg
最後に、残った縦桁を差し込んで美しいトラスが完成しました。

17071809.jpg
ちなみにハセガワのエッチングは非常に精度が高く、接着なしでもここまで強固に組みあがります。

17071810.jpg
艦首側のトラスは、飛行甲板外周脇のトラスにも繋がってくるので、これらも同時に組み付けました。明日も引き続き、飛行甲板裏側のトラス組みの様子をご紹介します。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

モデルファクトリーハイギヤードが主催する
艦船模型と飛行機模型の完成品販売webショップ『CHERRY&ANCHOR』
(2017年7月14日、1/350艦船模型2隻入荷!)
↓↓↓
crbana.jpg

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(2017年6月5日更新!取引例に16作品追加! 現在計336作品掲載中)
↓↓↓
mfhbana.jpg

■作例掲載情報
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo64』に、1/500一等巡洋艦『八雲』作例記事掲載。(発売中)
┣ イカロス出版『艦船プラモカタログ2017』に、1/700航空母艦『CV-7 ワスプ』作例記事掲載。(発売中)
┣ KKベストセラーズ出版『CIRCUS MAX 8月号』に艦船模型作例写真および企画記事掲載。(発売中)
┣ モデルアート社出版『月刊MODEL Art 2017年9月号 』に模型製作についてのコラム記事掲載予定。(2017年7月25日発売)
┗ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo65』に艦船模型作例記事掲載予定。(2017年8月15日発売)


■次回模型展示会参加のお知らせ
┣ 『第5回関西オートモデラーの集い』
┣ 案内ブログページ: https://blogs.yahoo.co.jp/modeler_club_wednesday/14830747.html
┣ 日時:2017年8月27日(11:30~17:30)
┣ 開催場所:ボークス大阪ショールーム8F
┗ お問い合わせ先:水曜倶楽部ブログ内コメント欄にて受付

プロフィール

HIGH-GEARed

Author:HIGH-GEARed
奈良市在住、スケールモデル販売業者「モデルファクトリーハイギヤード」の製作担当兼代表をしております。

また、渡辺真郎の名前で『月刊モデルアート』、『艦船模型スペシャル』等の模型雑誌の作例記事も書かせていただいております。

「プロモデラーの人ってどんな生活をしているの?」という疑問に少しでもお答えできるよう、業務日記と日常日記を織り交ぜた内容でお届けしております。

当ブログの作品紹介はホームページの補助的な役割で活用しており、ホームページの方をメインとして、模型作例を多数掲載しております。 ぜひご覧ください。

HIGH-GEARed HOBBY WORKS!!
↓↓↓
http://nabeck.web.fc2.com/

模型製作ご依頼はこちら(お気軽にお問い合わせください)
↓↓↓
http://nabeck.web.fc2.com/hg-mdf.htm

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR