1/700大阪商船『ぶら志る丸(ぶらじる丸)』製作 その3

客船模型製作代行のご依頼をいただき、フジミの1/700大阪商船『ぶら志る丸』を製作中です。

本日はマストやラッタル、救命ボートなどの小物の取り付けと、手摺やラッタルなどのディテールアップの様子をご紹介します。

17113001_2017113023421559b.jpg
まずはマストと通風塔を取り付けました。これらのパーツも船体などの主要部分と同じく、塗装は黒で立ち上げ、オキサイドレッドを重ねて下地としています。

17113002_2017113023421627e.jpg
なお、今回のフジミの1/700『ぶら志る丸』の製作に置いては、ブリッジ後部の構造物に(なぜか?)大きな開口部が出来てしまいました。前回、姉妹船の1/700『あるぜんちな丸』を製作したときにはこのような開口部は生じなかったので、ひょっとしたら後のロットで改善されたのかもしれません。

17113003_20171130234218216.jpg
いずれにしても、ここが開口しているのは不自然ですので、プラ板を張って修正しました。(簡単に解決できる問題で良かったです)

17113004_20171130234219796.jpg
続いては救命ボートの取り付けです。客船には非常に多くの短艇が搭載されているので、どの部分にどのボートを取り付けるのか? 間違いのないように注意する必要があります。

17113005_2017113023422210e.jpg
『ぶら志る丸』の救命ボートは、船首から船尾にかけての広い範囲に搭載されている為、取り付け前と取り付け後では随分印象が変わりました。

17113006_20171130234223cce.jpg
ボートダビットには、キットに付属のエッチングパーツを使用しました。この客船用ダビットは汎用性が高く、(ハセガワの氷川丸用パーツと同様に)客船模型製作に欠かせないパーツとして愛用しています。

17113007_2017113023422505e.jpg
ダビットの仕上がりは非常にシャープなうえにアフターサービスでの請求価格も安く、重宝しています。

17113008_20171130234225b78.jpg
ちなみに写真奥は、以前に製作した姉妹船の『あるぜんちな丸』です。『ぶら志る丸』との外観上の違いはほとんどありませんが、じっくり見比べると救命ボートの配置が若干異なっている事が分かります。

17113009_20171130234227f7d.jpg
手すりやラッタルなどは、純正の別売りエッチングパーツを使用しましたが、これだけでは足りない部分がありますので、あとは汎用パーツを使用して補填しました。

17113010_2017113023422928e.jpg
船尾のフライングデッキやマスト基部の手摺などは、汎用パーツによる処理です。あとはデカールと張り線などを加えるのみですので、明日は完成写真をご紹介します。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

■メディア掲載情報
┣ モデルアート社出版『月刊 MODEL Art 2018年1月号』に、ピットロードコンテスト金賞受賞作品掲載
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo66』に、1/500一等巡洋艦『吾妻』作例と実艦解説記事掲載
┣ イカロス出版『艦船プラモカタログ2017』に、1/700航空母艦『CV-7 ワスプ』作例記事掲載
┣ イカロス出版『艦船プラモカタログ2018』に、1/700艦船模型作例記事掲載予定。(12月25日発売)
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo67』に艦船模型作例記事掲載予定。(来年2月15日発売)
┗ モデルアート社出版『月刊 MODEL Art 2018年4月号』に1/700艦船模型作例記事掲載予定。(来年2月26日発売)

モデルファクトリーハイギヤードが主催する
艦船模型と飛行機模型の完成品販売webショップ『CHERRY&ANCHOR』
(2017年11月24日、1/200戦艦『三笠』ほか、艦船模型作品2点新入荷!)
↓↓↓
crbana.jpg

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(2017年9月1日更新!取引例に10作品追加! 現在計346作品掲載中)
↓↓↓
mfhbana.jpg

up01.jpg
■受賞のおしらせ
┣ このたび 『第28回ピットロードコンテスト』におきまして、HIGH-GEARedこと渡辺真郎製作の
┃ 港湾ジオラマ作品 『Port of Yokohama 1930s』が、金賞を受賞いたしました。
┣ 当工房をご利用頂いているお客さまをはじめとして、ブログやサイトなどで作品をご覧頂いている模型
┃ ファンの皆さまの日ごろの応援に感謝すると共に、これからも更なる発展と技術向上&模型情報の
┃ 発信に努めて参りますので、引き続き、当工房と当ブログをよろしくお願い申し上げます。
┣ 作品写真は後日、当ブログにおいても発表を予定しておりますが、下記『鳶色の会』公式サイトに
┃ おきまして先行公開しておりますので、 ご興味のございます方は是非ご覧くださいませ。
┣ 鳶色の会 公式サイト: https://tobiiro.jimdo.com/
┗ 第28回ピットロードコンテスト結果: http://pit-road.jp/?info=2017contprize


■次回模型展示会参加のお知らせ
┣ 『奈良模型愛好会 第9回春展』
┣ 開催日時:平成30年春頃予定
┗ 詳細が決まり次第、告知いたします
スポンサーサイト

本日は納品と打ち合わせに出かけておりました

本日は通常業務の方は臨時休業とさせていただき、納品と打ち合わせのために神戸を訪れておりました。

1711291.jpg
納品した作品は、先日完成したばかりのトランペッターモデル製1/200戦艦『ビスマルク http://modelfactoryhg.blog.fc2.com/blog-entry-1338.html 』です。非常に大きな作品だけに業者任せでは破損の危険性が高いため、自社便にてお届けさせていただきました。

1711292.jpg
ちなみに1/200戦艦『ビスマルク』は、ケースサイズが全長1350mmもあるため、私の車には乗りません。そこで今回は(以前に1/200戦艦『大和 http://modelfactoryhg.blog.fc2.com/blog-entry-218.html 』)のお届けの際にも利用した)HONDAフィットを借りてきたのですが、この車でも助手席を目いっぱい前にズラしてようやく収まるという次第でした。

1711293.jpg
神戸は私にとっても思い出深い土地で、これまでは年に数回訪れていましたが、今年の訪問は初となりました。ホテルオークラやポートタワーなどの御馴染みのランドマークを左に見つつ、阪神高速を通過して(片道2時間ほどで)お客さまの御宅に到着です。

1/200戦艦『ビスマルク』は(幾度の中断を挟んだ結果)完成まで2年もの長い期間をお待ちいただきまして、お客さまにはたいへん申し訳ない思いでいたのですが、本日は完成した実物をとてもお気に召していただき、また艦船や模型の話題で盛り上がるなど、楽しいお時間を過ごさせていただきました。

これからもまた大型艦船模型作品のご依頼をご検討いただいているとのことですので、今後のお付き合いも楽しみにしております。

1711294.jpg
納品のあとは、同じく神戸在住の別のお客さまとの打ち合わせがあったので、新神戸駅近くのホテルに向かいました。(お仕事中の空き時間を割いておみえ頂いたとのことで、たいへん恐縮でした) お仕事のご都合であまり長いお話はできなかったのですが、直接顔を合わせることで会話も弾み、あっという間に時間が過ぎてしまいました。

1711295.jpg
製作販売者とお客さまの関係であっても、お互いに艦船や模型が好きという点では共通しておりますので、お互いの趣味の話題などで盛り上がれる時間はとても有意義です。(写真はHAT神戸で撮影した起重機船です)

1711296.jpg
納品と打ち合わせのスケジュールを終えたあとは、(昨年の「船舶(艦船)模型合同展示会」の帰りにもお世話になった)『なぎさの湯 http://www.nagisa-u.com/ 』で遅めの昼食と日帰り入浴を利用してから帰路につきました。

1711297.jpg
また、久しぶりの神戸訪問ということで、帰りにはメリケンパークにも立ち寄りました。写真は「メリケンパークオリエンタルホテル http://www.kobe-orientalhotel.co.jp/ 」と、「ルミナス神戸2 https://www.luminouskobe.co.jp/ 」の美しい夜景です。

1711298.jpg
ちなみに、この地域は昨年、ジオラマ( http://modelfactoryhg.blog.fc2.com/blog-entry-1025.html )を製作したことでも思い入れの深い場所です。1/700の「ルミナス神戸2」は、同船で結婚式を挙げた2011年に製作したフルスクラッチ作品で、メリケンパークオリエンタルホテルは2mm厚のプラ板を積層する方法で自作しました。

1711299.jpg
こちらはポートタワーのライトアップ。小雨交じりの空気感がかえって幻想的な光景を醸し出していました。

17112910.jpg
そして岸壁付近では、(関西地区で現在いろいろと話題になっている)巨大クリスマスツリーを見る事もできました。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

■メディア掲載情報
┣ モデルアート社出版『月刊 MODEL Art 2018年1月号』に、ピットロードコンテスト金賞受賞作品掲載
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo66』に、1/500一等巡洋艦『吾妻』作例と実艦解説記事掲載
┣ イカロス出版『艦船プラモカタログ2017』に、1/700航空母艦『CV-7 ワスプ』作例記事掲載
┣ イカロス出版『艦船プラモカタログ2018』に、1/700艦船模型作例記事掲載予定。(12月25日発売)
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo67』に艦船模型作例記事掲載予定。(来年2月15日発売)
┗ モデルアート社出版『月刊 MODEL Art 2018年4月号』に1/700艦船模型作例記事掲載予定。(来年2月26日発売)

モデルファクトリーハイギヤードが主催する
艦船模型と飛行機模型の完成品販売webショップ『CHERRY&ANCHOR』
(2017年11月24日、1/200戦艦『三笠』ほか、艦船模型作品2点新入荷!)
↓↓↓
crbana.jpg

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(2017年9月1日更新!取引例に10作品追加! 現在計346作品掲載中)
↓↓↓
mfhbana.jpg

up01.jpg
■受賞のおしらせ
┣ このたび 『第28回ピットロードコンテスト』におきまして、HIGH-GEARedこと渡辺真郎製作の
┃ 港湾ジオラマ作品 『Port of Yokohama 1930s』が、金賞を受賞いたしました。
┣ 当工房をご利用頂いているお客さまをはじめとして、ブログやサイトなどで作品をご覧頂いている模型
┃ ファンの皆さまの日ごろの応援に感謝すると共に、これからも更なる発展と技術向上&模型情報の
┃ 発信に努めて参りますので、引き続き、当工房と当ブログをよろしくお願い申し上げます。
┣ 作品写真は後日、当ブログにおいても発表を予定しておりますが、下記『鳶色の会』公式サイトに
┃ おきまして先行公開しておりますので、 ご興味のございます方は是非ご覧くださいませ。
┣ 鳶色の会 公式サイト: https://tobiiro.jimdo.com/
┗ 第28回ピットロードコンテスト結果: http://pit-road.jp/?info=2017contprize


■次回模型展示会参加のお知らせ
┣ 『奈良模型愛好会 第9回春展』
┣ 開催日時:平成30年春頃予定
┗ 詳細が決まり次第、告知いたします

1/700大阪商船『ぶら志る丸(ぶらじる丸)』製作 その2

客船模型製作代行のご依頼をいただき、フジミの1/700大阪商船「ぶら志る丸」を製作中です。

1711281.jpg
前回は下地塗装までをご紹介しましたが、本日までの作業で船体およびデッキや居住区などの塗り分けが無事に完了しました。客船模型は塗り分けのコントラストが強いことから、わずかなはみ出しでも目立ってしまうので、マスキングは慎重に行いました。

1711282.jpg
続いて、塗装が終わった船体にフロアを下から順番に積み上げていきます。この写真は最下層のフロアを取り付けている様子ですが、ここのレベルをしっかりと整えておかないと、上のフロア全てに影響してしまうため注意が必要です。

1711283.jpg
最上甲板を取り付けた様子。最下層のレベルをしっかり出しておくことで、船尾側のデッキは船体のヘリと面位置に仕上がります。

1711284.jpg
続いて更に一段、デッキと居住区を積みました。(後部の水泳場は壁面パーツと床面パーツをそれぞれ個別に塗装してから組み上げています)

1711285.jpg
そして上層フロアとブリッジ&煙突などを順番に積み上げていきます。

1711286.jpg
船首と船尾のクレーン&マスト基部を取り付けると、いよいよ戦前型のオーシャンライナーらしい優美なシルエットが見えてきました。

1711287.jpg
船首からブリッジにかけてのクローズアップ。白塗装がメインの船体は一見シンプルですが、船倉ハッチやグレー&ダークイエローの天蓋部分の塗り分けには結構、気を使いました。

1711288.jpg
船尾側はやはり、プールが見所です。今回の『ぶら志る丸』製作は、イカロス出版『艦船プラモカタログ』の原稿作成と同時進行している関係で、工程に少々遅れが生じておりますが、引き続き完成度を最優先にて進めて参りたいと思います。

(2017年11月29日は臨時休業とさせていただきます。この間、お客さまにはお問い合わせへの返答などが遅れましてご迷惑をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。)

当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

モデルファクトリーハイギヤードが主催する
艦船模型と飛行機模型の完成品販売webショップ『CHERRY&ANCHOR』
(2017年11月24日、1/200戦艦『三笠』ほか、艦船模型作品2点新入荷!)
↓↓↓
crbana.jpg

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(2017年9月1日更新!取引例に10作品追加! 現在計346作品掲載中)
↓↓↓
mfhbana.jpg

up01.jpg
■受賞のおしらせ
┣ このたび 『第28回ピットロードコンテスト』におきまして、HIGH-GEARedこと渡辺真郎製作の
┃ 港湾ジオラマ作品 『Port of Yokohama 1930s』が、金賞を受賞いたしました。
┣ 当工房をご利用頂いているお客さまをはじめとして、ブログやサイトなどで作品をご覧頂いている模型ファン
┃ の皆さまの日ごろの応援に感謝すると共に、これからも更なる発展と技術向上&模型情報の発信に
┃ 努めて参りますので、引き続き、当工房と当ブログをよろしくお願い申し上げます。
┣ 作品写真は後日、当ブログにおいても発表を予定しておりますが、下記『鳶色の会』公式サイトに
┃ おきまして先行公開しておりますので、 ご興味のございます方は是非ご覧くださいませ。
┣ 鳶色の会 公式サイト: https://tobiiro.jimdo.com/
┗ 第28回ピットロードコンテスト結果: http://pit-road.jp/?info=2017contprize


■メディア掲載情報
┣ モデルアート社出版『月刊 MODEL Art 2018年1月号』に、ピットロードコンテスト金賞受賞作品掲載(発売中)
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo66』に、1/500一等巡洋艦『吾妻』作例と実艦解説記事掲載(発売中)
┣ イカロス出版『艦船プラモカタログ2017』に、1/700航空母艦『CV-7 ワスプ』作例記事掲載(発売中)
┣ イカロス出版『艦船プラモカタログ2018』に、1/700艦船模型作例記事掲載予定。(12月25日発売)
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo67』に艦船模型作例記事掲載予定。(2018年2月15日発売)
┗ モデルアート社出版『月刊 MODEL Art 2018年4月号』に、1/700艦船模型作例記事掲載予定。(2018年2月26日発売)

■次回模型展示会参加のお知らせ
┣ 『奈良模型愛好会 第9回春展』
┣ 開催日時:平成30年春頃予定
┗ 詳細が決まり次第、告知いたします

模型誌に受賞作品掲載のご案内【月刊 MODEL Art 2018年1月号】 1/700横浜港ジオラマ作品『Port of yokohama1930s』

月刊モデルアートの2018年1月号が発売となりました。

誌面におきまして、先日『第28回ピットロードコンテスト』において金賞を受賞させていただきました『Port of Yokohama1930s』が掲載されましたので、ご紹介します。

1711271k.jpg
誌面の112ページ目から4ページにかけて、今年のピットロードコンテストに出展された作品が掲載されており、金、銀、銅賞と入選、そしてモデルアート賞についてはコメント付きにて紹介されています。

1711272k.jpg
『Port of Yokohama1930s』はタイトル通り、1930年代の横浜港をジオラマ化した作品で、当時撮影された彩色航空写真(の古い絵葉書)を入手したことから製作を思い立ったのですが、「客船模型2隻+タグボート2隻+港湾ジオラマ+建物フルスクラッチ3棟+臨港鉄道(線路敷設&列車2編成)+車+大量の人間」という組み合わせを実現するには随分と長い製作時間が必要になりました。

1711273k.jpg
完成写真は『鳶色の会 公式サイト: https://tobiiro.jimdo.com/』においても既に公開済みですが、(私としては珍しく?)あまり完成写真を多く撮影していなかったこともあって、(新たにご紹介出来る写真が少ないために)ブログでの公開が少々先延ばしとなっております。


1711274k.jpg
なお、作品の実物はピットロードショールーム『ノースポート https://www.rakuten.ne.jp/gold/northport/ 』に展示されておりますので、関東在住の方には是非とも直接ご覧いただけましたらと思います。

『MODEL Art 2018年1月号』のピットロードコンテストの作品紹介のページには各賞の受賞作品をはじめ、参加者の皆さまの力作群が多数掲載されておりますので、ぜひ併せてご覧くださいませ。(いずれも素晴らしいご作品ばかりですが、皆川直人さまによる「記念艦三笠 日本海海戦112周年記念式典」などは、港湾ジオラマ好きの私のツボに特にハマりました)

また、同誌の新製品紹介コーナー「でものはつもの」におきましては、奈良模型愛好会会員のモーリー少尉さんが立ち上げた模型用品ブランド「工作艦明石」から発売された艦船模型用銘板プレートも掲載されております。艦船モデラーの方はぜひ、ご注目ください。

当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

モデルファクトリーハイギヤードが主催する
艦船模型と飛行機模型の完成品販売webショップ『CHERRY&ANCHOR』
(2017年11月24日、1/200戦艦『三笠』ほか、艦船模型作品2点新入荷!)
↓↓↓
crbana.jpg

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(2017年9月1日更新!取引例に10作品追加! 現在計346作品掲載中)
↓↓↓
mfhbana.jpg

up01.jpg
■受賞のおしらせ
┣ このたび 『第28回ピットロードコンテスト』におきまして、HIGH-GEARedこと渡辺真郎製作の
┃ 港湾ジオラマ作品 『Port of Yokohama 1930s』が、金賞を受賞いたしました。
┣ 当工房をご利用頂いているお客さまをはじめとして、ブログやサイトなどで作品をご覧頂いている模型ファン
┃ の皆さまの日ごろの応援に感謝すると共に、これからも更なる発展と技術向上&模型情報の発信に
┃ 努めて参りますので、引き続き、当工房と当ブログをよろしくお願い申し上げます。
┣ 作品写真は後日、当ブログにおいても発表を予定しておりますが、下記『鳶色の会』公式サイトに
┃ おきまして先行公開しておりますので、 ご興味のございます方は是非ご覧くださいませ。
┣ 鳶色の会 公式サイト: https://tobiiro.jimdo.com/
┗ 第28回ピットロードコンテスト結果: http://pit-road.jp/?info=2017contprize


■メディア掲載情報
┣ モデルアート社出版『月刊 MODEL Art 2018年1月号』に、ピットロードコンテスト金賞受賞作品掲載(発売中)
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo66』に、1/500一等巡洋艦『吾妻』作例と実艦解説記事掲載(発売中)
┣ イカロス出版『艦船プラモカタログ2017』に、1/700航空母艦『CV-7 ワスプ』作例記事掲載(発売中)
┣ イカロス出版『艦船プラモカタログ2018』に、1/700艦船模型作例記事掲載予定。(12月25日発売)
┗ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo67』に艦船模型作例記事掲載予定。(2018年2月15日発売)

■次回模型展示会参加のお知らせ
┣ 『奈良模型愛好会 第9回春展』
┣ 開催日時:平成30年春頃予定
┗ 詳細が決まり次第、告知いたします

模型誌に受賞作品掲載のご案内【月刊 MODEL Art 2018年1月号】 1/700横浜港ジオラマ作品『Port of yokohama1930s』

月刊モデルアートの2018年1月号が発売となりました。

誌面におきまして、先日『第28回ピットロードコンテスト』において金賞を受賞させていただきました『Port of Yokohama1930s』が掲載されましたので、ご紹介します。

1711271k.jpg
誌面の112ページ目から4ページにかけて、今年のピットロードコンテストに出展された作品が掲載されており、金、銀、銅賞と入選、そしてモデルアート賞についてはコメント付きにて紹介されています。

1711272k.jpg
『Port of Yokohama1930s』はタイトル通り、1930年代の横浜港をジオラマ化した作品で、当時撮影された彩色航空写真(の古い絵葉書)を入手したことから製作を思い立ったのですが、「客船模型2隻+タグボート2隻+港湾ジオラマ+建物フルスクラッチ3棟+臨港鉄道(線路敷設&列車2編成)+車+大量の人間」という組み合わせを実現するには随分と長い製作時間が必要になりました。

1711273k.jpg
完成写真は『鳶色の会 公式サイト: https://tobiiro.jimdo.com/』においても既に公開済みですが、(私としては珍しく?)あまり完成写真を多く撮影していなかったこともあって、(新たにご紹介出来る写真が少ないために)ブログでの公開が少々先延ばしとなっております。


1711274k.jpg
なお、作品の実物はピットロードショールーム『ノースポート https://www.rakuten.ne.jp/gold/northport/ 』に展示されておりますので、関東在住の方には是非とも直接ご覧いただけましたらと思います。

『MODEL Art 2018年1月号』のピットロードコンテストの作品紹介のページには各賞の受賞作品をはじめ、参加者の皆さまの力作群が多数掲載されておりますので、ぜひ併せてご覧くださいませ。(いずれも素晴らしいご作品ばかりですが、皆川直人さまによる「記念艦三笠 日本海海戦112周年記念式典」などは、港湾ジオラマ好きの私のツボに特にハマりました)

また、同誌の新製品紹介コーナー「でものはつもの」におきましては、奈良模型愛好会会員のモーリー少尉さんが立ち上げた模型用品ブランド「工作艦明石」から発売された艦船模型用銘板プレートも掲載されております。艦船モデラーの方はぜひ、ご注目ください。

当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

モデルファクトリーハイギヤードが主催する
艦船模型と飛行機模型の完成品販売webショップ『CHERRY&ANCHOR』
(2017年11月24日、1/200戦艦『三笠』ほか、艦船模型作品2点新入荷!)
↓↓↓
crbana.jpg

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(2017年9月1日更新!取引例に10作品追加! 現在計346作品掲載中)
↓↓↓
mfhbana.jpg

up01.jpg
■受賞のおしらせ
┣ このたび 『第28回ピットロードコンテスト』におきまして、HIGH-GEARedこと渡辺真郎製作の
┃ 港湾ジオラマ作品 『Port of Yokohama 1930s』が、金賞を受賞いたしました。
┣ 当工房をご利用頂いているお客さまをはじめとして、ブログやサイトなどで作品をご覧頂いている模型ファン
┃ の皆さまの日ごろの応援に感謝すると共に、これからも更なる発展と技術向上&模型情報の発信に
┃ 努めて参りますので、引き続き、当工房と当ブログをよろしくお願い申し上げます。
┣ 作品写真は後日、当ブログにおいても発表を予定しておりますが、下記『鳶色の会』公式サイトに
┃ おきまして先行公開しておりますので、 ご興味のございます方は是非ご覧くださいませ。
┣ 鳶色の会 公式サイト: https://tobiiro.jimdo.com/
┗ 第28回ピットロードコンテスト結果: http://pit-road.jp/?info=2017contprize


■メディア掲載情報
┣ モデルアート社出版『月刊 MODEL Art 2018年1月号』に、ピットロードコンテスト金賞受賞作品掲載(発売中)
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo66』に、1/500一等巡洋艦『吾妻』作例と実艦解説記事掲載(発売中)
┣ イカロス出版『艦船プラモカタログ2017』に、1/700航空母艦『CV-7 ワスプ』作例記事掲載(発売中)
┣ イカロス出版『艦船プラモカタログ2018』に、1/700艦船模型作例記事掲載予定。(12月25日発売)
┗ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo67』に艦船模型作例記事掲載予定。(2018年2月15日発売)

■次回模型展示会参加のお知らせ
┣ 『奈良模型愛好会 第9回春展』
┣ 開催日時:平成30年春頃予定
┗ 詳細が決まり次第、告知いたします

1/700大阪商船『ぶら志る丸(ぶらじる丸)』製作 その1

客船模型製作代行のご依頼をいただき、1/700大阪商船『ぶら志る丸』を製作中です。

1711241.jpg
キットはフジミのもので、実船は以前にプライベートで製作した『あるぜんちな丸 http://modelfactoryhg.blog.fc2.com/blog-entry-1047.html 』の姉妹船にあたります。(余談ですが、戦後に建造された2代目『ぶらじる丸』は現役引退後、鳥羽で公開されていたご縁で私も乗船した経験があります)

1711242.jpg
このキットには最初からボートダビット用のエッチングパーツが付属しているのですが、ディテールアップ用の純正パーツもリリースされているので、そちらも併用しました。また、手すりなどの小物類は純正パーツだけでは足りないので、汎用パーツも追加投入を予定しています。

1711243.jpg
船体は左右に別れたパーツを接着し、続いて吃水板を取り付け―― 最後にブリッジ正面のパーツを3枚取り付けることで出来あがります。デッキのパーツは概ね、合いが良いのですが(この時期のフジミキットの特徴でもある)船首付近のみ持ち上がってしまう特性があるので、裏面を斜めに削って調整しました。(居住区は全て、板状パーツの箱組によるものです)

1711244.jpg
船体を箱組した様子。『あるぜんちな丸級貨客船』ならではの、曲線美を生かした優雅な船容に目を奪われます。

1711245.jpg
側面のプロムナードデッキ開口部の支柱は、純正エッチングパーツで再現しました。

1711246.jpg
ちなみに、この支柱は説明書では船体中央部分しか取り付け指定がなされておらず、船尾側については記載がありません。ですが汎用の支柱パーツが多数用意されていたので、船尾側の開口部も(中央部と同様に)補填しました。

1711247.jpg
船体を組み立てる際には、側面とブリッジ正面パーツの間に合わせ目が来るので、しっかり摺り合せてから接着し、パテなどを使って滑らかに仕上げました。

1711248.jpg
合わせ目処理後の接着部のクローズアップ。吃水板の合わせ目も同時に処理しました。

1711249.jpg
外舷部の塗装は黒から立ち上げて透過を防ぐ処置を施し、木甲板部は明るいグレーを下地に吹きました。

17112410.jpg
続いて木甲板色を塗装し、鉄板部にはオキサイドレッドを重ねました。今後は主要部分の本塗装に移ります。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

モデルファクトリーハイギヤードが主催する
艦船模型と飛行機模型の完成品販売webショップ『CHERRY&ANCHOR』
(2017年11月24日、1/200戦艦『三笠』ほか、艦船模型作品2点新入荷!)
↓↓↓
crbana.jpg

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(2017年9月1日更新!取引例に10作品追加! 現在計346作品掲載中)
↓↓↓
mfhbana.jpg

up01.jpg
■受賞のおしらせ
┣ このたび 『第28回ピットロードコンテスト』におきまして、HIGH-GEARedこと渡辺真郎製作の
┃ 港湾ジオラマ作品 『Port of Yokohama 1930s』が、金賞を受賞いたしました。
┣ 当工房をご利用頂いているお客さまをはじめとして、ブログやサイトなどで作品をご覧頂いている模型ファン
┃ の皆さまの日ごろの応援に感謝すると共に、これからも更なる発展と技術向上&模型情報の発信に
┃ 努めて参りますので、引き続き、当工房と当ブログをよろしくお願い申し上げます。
┣ 作品写真は後日、当ブログにおいても発表を予定しておりますが、下記『鳶色の会』公式サイトに
┃ おきまして先行公開しておりますので、 ご興味のございます方は是非ご覧くださいませ。
┣ 鳶色の会 公式サイト: https://tobiiro.jimdo.com/
┗ 第28回ピットロードコンテスト結果: http://pit-road.jp/?info=2017contprize


■メディア掲載情報
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo66』に、1/500一等巡洋艦『吾妻』作例と実艦解説記事掲載(発売中)
┣ イカロス出版『艦船プラモカタログ2017』に、1/700航空母艦『CV-7 ワスプ』作例記事掲載(発売中)
┣ イカロス出版『艦船プラモカタログ2018』に、1/700艦船模型作例記事掲載予定。(12月25日発売)
┗ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo67』に艦船模型作例記事掲載予定。(2018年2月15日発売)

■次回模型展示会参加のお知らせ
┣ 『奈良模型愛好会 第9回春展』
┣ 開催日時:平成30年春頃予定
┗ 詳細が決まり次第、告知いたします

平成29年 秋の寺社仏閣巡り その3

本日は寺社仏閣巡りの最終回となります。最後に、この秋訪れた美術展についても少しご紹介します。

1711221.jpg
今回は、私の住まいから最も近い奈良市の「春日大社」と「東大寺」を訪れたときの様子をご紹介します。この写真は春日大社の門の様子ですが、気候がいいこともあって、多くの観光客で賑わっていました。

1711222.jpg
ちなみに、「春日大社」から「東大寺」へは、徒歩でも比較的近い距離にあります。東大寺に向かう小道には風情のあるお茶屋さんなどもあって、旅の気分を盛り上げてくれます。(←私にとっては超地元ではありますが)

1711223.jpg
これは、「お水取り」という行事で有名な「二月堂」です。傾斜地に建立されており、私は京都の清水寺にも負けない程に美しい寺社建築と思っています。

1711224.jpg
そして、東大寺といえばなにより大仏殿です。最近はミュージアムとのセット券が販売されているので、先にミュージアムを見学し、その後、大仏殿を訪れました。

1711225.jpg
大仏殿の内部には、各時代の東大寺の伽藍を再現した模型も展示されています。(肝心の大仏さまの撮影を忘れてしまいました)

●この秋、訪れた美術展

今年の秋は、神社やお寺の魅力に触れる一方、絵画や美術作品を見る機会にも恵まれました。まだまだ色々と訪れたいイベントはあるのですが、今回はこれまでに訪れたふたつをご紹介します。

1711226.jpg
まずは妻の絵の先生の御誘いで、大阪難波で開催されていた、YAO絵画研究所の定例作品展(生島教室展)にお邪魔させていただきました。この展示会は(日本の写実画の第一人者である)生島浩先生と、そのお弟子さんによる絵画展で、厚かましくも(昨年同様に)展示会終了後の打ち上げパーティにも参加させていただきました。

パーティでは画家の皆さまと直接お話させていただき、絵について色々なことを教えていただきました。私は絵はほとんど描くことはないのですが、見るのはとても好きなので、作者の方に直接お話を伺えるのはとても貴重な機会です。

1711227.jpg
そしてこれは先週のことですが、(関西では割と話題になっていた)大阪天王寺あべのハルカスで開催されていた『大英博物館 国際共同プロジェクト 北斎-富士を超えて-』を訪れました。北斎御馴染みの浮世絵はもちろん、貴重な肉筆画も小さなものから大きなものまで多数展示されていて、終始圧倒されっぱなしでした。

なお、この作品点で特におもしろかったのは、作品の説明文に描かれた当時の推定年齢が記載されていたことで、年を取っても衰えるどころか? 更にパワーアップしていく超人ぶりをはっきりと見る事が出来たことです。

このところ、絵をみるのにどんどんハマってきてしまったので、また何か面白い展示を見た時にはレポートしたいと思います。

模型製作とは全く違う世界ですので、完全な部外者として純粋な心で見れるのがいいのでしょうね(笑) その反面、色遣いや表現方法など、参考になる事も多いので、これからも是非、目を肥やし続けていきたいと思います。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

モデルファクトリーハイギヤードが主催する
艦船模型と飛行機模型の完成品販売webショップ『CHERRY&ANCHOR』
(2017年10月31日、艦船模型界製品×6隻&飛行機模型完成品×1機 計7作品新入荷)
↓↓↓
crbana.jpg

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(2017年9月1日更新!取引例に10作品追加! 現在計346作品掲載中)
↓↓↓
mfhbana.jpg

up01.jpg
■受賞のおしらせ
┣ このたび 『第28回ピットロードコンテスト』におきまして、HIGH-GEARedこと渡辺真郎製作の
┃ 港湾ジオラマ作品 『Port of Yokohama 1930s』が、金賞を受賞いたしました。
┣ 当工房をご利用頂いているお客さまをはじめとして、ブログやサイトなどで作品をご覧頂いている模型ファン
┃ の皆さまの日ごろの応援に感謝すると共に、これからも更なる発展と技術向上&模型情報の発信に
┃ 努めて参りますので、引き続き、当工房と当ブログをよろしくお願い申し上げます。
┣ 作品写真は後日、当ブログにおいても発表を予定しておりますが、下記『鳶色の会』公式サイトに
┃ おきまして先行公開しておりますので、 ご興味のございます方は是非ご覧くださいませ。
┣ 鳶色の会 公式サイト: https://tobiiro.jimdo.com/
┗ 第28回ピットロードコンテスト結果速報: http://pit-road.jp/?info=2017contprize


■メディア掲載情報
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo66』に、1/500一等巡洋艦『吾妻』作例と実艦解説記事掲載(発売中)
┣ イカロス出版『艦船プラモカタログ2017』に、1/700航空母艦『CV-7 ワスプ』作例記事掲載(発売中)
┣ イカロス出版『艦船プラモカタログ2018』に、1/700艦船模型作例記事掲載予定。(12月発売)
┗ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo67』に艦船模型作例記事掲載予定。(2018年2月15日発売)

■次回模型展示会参加のお知らせ
┣ 『奈良模型愛好会 第9回春展』
┣ 開催日時:平成30年春頃予定
┗ 詳細が決まり次第、告知いたします

平成29年 秋の寺社仏閣巡り その2

本日も、この秋の寺社仏閣巡りの続きをご紹介します。

1711211.jpg
その後、奈良市より少し南に下った大和郡山付近にある名所を巡りました。この写真は、毎年厄除け祈祷でお世話になっている『松尾寺』と『松尾山神社』を訪れたときのもので、鉄道は使わずに全て車での移動となりました。

1711212.jpg
松尾寺では、このとき秘仏である「千手観音像トルソー」(焼損仏/奈良時代)や役行者小角像(円空作/江戸時代)ほか、松尾寺創建時(奈良時代)の出土品など、多くの寺宝の公開が限定で行われていたので、初めて宝蔵殿にお邪魔させていただき、御姿を拝む機会に恵まれました、。

1711213.jpg
また、この松尾寺には駐車場と繋がっている門とは別に、南惣門と呼ばれる正門があり、そこを過ぎると松尾山の原生林を見ることができます。

1711214.jpg
この未舗装のけもの道は「法隆寺」まで続いており、気候の良い時期の散策にはうってつけです。

1711215.jpg
聖徳太子や舎人親王もお通りになったと言われている由緒ある道ですので、歴史にロマンを馳せるのも良さそうです。

1711216.jpg
そして、これがそのけもの道を過ぎた先にそびえる世界遺産『法隆寺』です。この金堂と五重塔を見ると、フジミのプラキットやウッディージョーの木製キットをイメージされるモデラーの方も多いのではないでしょうか?(笑) かくいう私も、フジミの法隆寺は過去に二度製作したことがあって思い入れがあるので、いつかは是非、納得のいく作品に仕上げて、手元に永く置いておきたいなと思います。

1711217.jpg
こちらは、法隆寺より更に南に下った橿原市にある「橿原神宮」を訪れた時の様子で、参拝とともに「秋の神武祭」を楽しむ事が出来ました。

1711218.jpg
当日は露店やステージが建ち並び、多くの人々で賑わっていました。奈良に住んでいると、神聖かつ賑やかな場所にも気軽に日帰りができるところが嬉しいです。

明日も引き続き、秋の寺社仏閣巡りの様子をご紹介します。

(2017年11月20~22日にかけまして、当工房は臨時休業とさせていただいております。この間、お客さまにはお問い合わせへの返答などが遅れましてご迷惑をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。)

当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

モデルファクトリーハイギヤードが主催する
艦船模型と飛行機模型の完成品販売webショップ『CHERRY&ANCHOR』
(2017年10月31日、艦船模型界製品×6隻&飛行機模型完成品×1機 計7作品新入荷)
↓↓↓
crbana.jpg

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(2017年9月1日更新!取引例に10作品追加! 現在計346作品掲載中)
↓↓↓
mfhbana.jpg

up01.jpg
■受賞のおしらせ
┣ このたび 『第28回ピットロードコンテスト』におきまして、HIGH-GEARedこと渡辺真郎製作の
┃ 港湾ジオラマ作品 『Port of Yokohama 1930s』が、金賞を受賞いたしました。
┣ 当工房をご利用頂いているお客さまをはじめとして、ブログやサイトなどで作品をご覧頂いている模型ファン
┃ の皆さまの日ごろの応援に感謝すると共に、これからも更なる発展と技術向上&模型情報の発信に
┃ 努めて参りますので、引き続き、当工房と当ブログをよろしくお願い申し上げます。
┣ 作品写真は後日、当ブログにおいても発表を予定しておりますが、下記『鳶色の会』公式サイトに
┃ おきまして先行公開しておりますので、 ご興味のございます方は是非ご覧くださいませ。
┣ 鳶色の会 公式サイト: https://tobiiro.jimdo.com/
┗ 第28回ピットロードコンテスト結果速報: http://pit-road.jp/?info=2017contprize


■メディア掲載情報
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo66』に、1/500一等巡洋艦『吾妻』作例と実艦解説記事掲載(発売中)
┣ イカロス出版『艦船プラモカタログ2017』に、1/700航空母艦『CV-7 ワスプ』作例記事掲載(発売中)
┣ イカロス出版『艦船プラモカタログ2018』に、1/700艦船模型作例記事掲載予定。(12月発売)
┗ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo67』に艦船模型作例記事掲載予定。(2018年2月15日発売)

■次回模型展示会参加のお知らせ
┣ 『奈良模型愛好会 第9回春展』
┣ 開催日時:平成30年春頃予定
┗ 詳細が決まり次第、告知いたします

平成29年 秋の寺社仏閣巡り その1

本日からは3回に分けて、この秋にプライベートで訪れていた(奈良から京都にかけての)寺社仏閣巡りの様子をご紹介します。

1711201.jpg
最初は、夏が終わって少し涼しくなりかけた10月初旬のことで、毎年初詣に訪れている、京都の『石清水八幡宮』と『伏見稲荷大社』をはしごするところから始まりました。(この写真は、石清水八幡宮の境内の見取り図です)

1711202.jpg
境内は山の上にあるため、参拝用のケーブルカーも用意されているのですが、(御利益と健康を考えて)私はいつも徒歩で登ることにしています。石段を一段一段登りつつ、緑から紅葉に色づき始める山の景色を眺めていると、まるで心が洗われるような感覚に捉われました。

1711203.jpg
境内にたどり着くと、見事に晴れ渡った美しい青空が迎えてくれました。ここは戦国時代には名将たちが参拝に訪れていたという神社で、必勝祈願のご利益があると言われています。(←10月上旬に、私がここで何の必勝を願ってきたのか? 分かる人には分かるかもしれませんね)

1711204.jpg
なお、ここに来たら、忘れてはいけないのが「茶房 石翠亭」の『厄除けうどん』です。石清水を訪れた際には、必ず食べて帰るのが習慣になりました。

1711205.jpg
また、石清水八幡宮の境内には、発明王エジソンの記念碑も置かれています。電球の発明に成功するきっかけとなった竹が、この山から取られたものというご縁があり、神社の売店ではエジソン柄の絵馬を授かる事もできます。

1711206.jpg
「石清水八幡宮」の参拝が終わると、続いては京阪本線で「伏見稲荷大社」に向かいました。私にとって、石清水と伏見稲荷は、(京都出身の父の影響で)物ごころついた頃からの初詣のコースとして定着しています。

1711207.jpg
ここは最近、外国人の観光客が非常に増えて随分と賑やかなスポットになってしまったのですが、(御馴染みの鳥居のトンネルを抜けて)山を登って行くにつれて人が減り、神聖な雰囲気が漂ってきました。

1711208.jpg
山の中腹にある『四つ辻』を越えると、ほとんど人とすれ違うこともなく、落ち着いた山の景色と美しい空気を堪能する事が出来ました。(写真右側の階段などは、まるで天に通じているみたいで風情がありますね)

1711209.jpg
なお、伏見稲荷の参道に立てられている鳥居は全て、企業や個人から奉納されたもので、サイズによって必要な金額が異なる事が示されていました。様々な人の想いのこもった鳥居の中には、今年の12月の日付が記載されたものもありました。(写真右)

17112010.jpg
日が傾くと同時に山頂に到着し、帰りには鳥居のライトアップのある場所から京都の町並みの絶景を楽しみました。

明日も引き続き、秋の寺社仏閣巡りの様子をご紹介します。

(2017年11月20~22日にかけまして、当工房は臨時休業とさせていただいております。この間、お客さまにはお問い合わせへの返答などが遅れましてご迷惑をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。)

当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

モデルファクトリーハイギヤードが主催する
艦船模型と飛行機模型の完成品販売webショップ『CHERRY&ANCHOR』
(2017年10月31日、艦船模型界製品×6隻&飛行機模型完成品×1機 計7作品新入荷)
↓↓↓
crbana.jpg

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(2017年9月1日更新!取引例に10作品追加! 現在計346作品掲載中)
↓↓↓
mfhbana.jpg

up01.jpg
■受賞のおしらせ
┣ このたび 『第28回ピットロードコンテスト』におきまして、HIGH-GEARedこと渡辺真郎製作の
┃ 港湾ジオラマ作品 『Port of Yokohama 1930s』が、金賞を受賞いたしました。
┣ 当工房をご利用頂いているお客さまをはじめとして、ブログやサイトなどで作品をご覧頂いている模型ファン
┃ の皆さまの日ごろの応援に感謝すると共に、これからも更なる発展と技術向上&模型情報の発信に
┃ 努めて参りますので、引き続き、当工房と当ブログをよろしくお願い申し上げます。
┣ 作品写真は後日、当ブログにおいても発表を予定しておりますが、下記『鳶色の会』公式サイトに
┃ おきまして先行公開しておりますので、 ご興味のございます方は是非ご覧くださいませ。
┣ 鳶色の会 公式サイト: https://tobiiro.jimdo.com/
┗ 第28回ピットロードコンテスト結果速報: http://pit-road.jp/?info=2017contprize


■メディア掲載情報
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo66』に、1/500一等巡洋艦『吾妻』作例と実艦解説記事掲載(発売中)
┣ イカロス出版『艦船プラモカタログ2017』に、1/700航空母艦『CV-7 ワスプ』作例記事掲載(発売中)
┣ イカロス出版『艦船プラモカタログ2018』に、1/700艦船模型作例記事掲載予定。(12月発売)
┗ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo67』に艦船模型作例記事掲載予定。(2018年2月15日発売)

■次回模型展示会参加のお知らせ
┣ 『奈良模型愛好会 第9回春展』
┣ 開催日時:平成30年春頃予定
┗ 詳細が決まり次第、告知いたします

1/200戦艦『ビスマルク』完成写真

艦船模型製作代行のご依頼を頂いて製作しておりました、トランペッターモデルの1/200戦艦『ビスマルク』が完成しました。

本日は、全体写真と細部ディテールをあわせて合計23枚の画像を、各々解説付きでご紹介いたします。

また、記事の最後には、いつものように拡大版画像の掲載ページのアドレスをリンクしておりますので、併せてご覧くださいませ。

bsugasama430.jpg
トランペッターモデル1/200戦艦『ビスマルク』、右舷前方からの全景。大型モデルならではの重厚な佇まいは、在りし日の勇姿を彷彿とさせてくれます。

bsugasama431.jpg
右舷から全貌を捉えた様子。ビスマルクの塗装はライン演習時に目まぐるしく変化しておりますが、今回はお客さまのご希望で、船体舷側のみにバルチックスキーム迷彩が施され、砲塔上部に暗いグレーが塗装された、1941年5月21日当時の姿を再現しました。

bsugasama432.jpg
ほぼ同じアングルを左舷から見た様子。こうして(引いて撮影した)写真を見るぶんには、さほど大きな模型には見えませんが、実際には全長が1メートル25センチほどもあります。

bsugasama433.jpg
1/200戦艦『ビスマルク』の全景を右舷後部から見下ろした様子。木甲板部は塗装による再現で、タン系の4色を使い分けて板目ごとの色の差異を表現し、仕上げにブラウン系のフィルタリングを施して重めの木質感を演出しました。

bsugasama434.jpg
艦首のクローズアップ。艦首と艦尾甲板に描かれたハーケンクロイツは、マスキング塗装で再現しました。複雑な構造の旗竿はポントスモデルの真鍮挽き物&エッチングパーツを組みたてたもので、錨鎖甲板周りのディテールを引き締めています。

bsugasama435.jpg
主砲塔はポントスモデルとエデュアルド、トランペッターモデル純正ディテールアップパーツを使い分けて万遍のないディテールアップを施しました。

bsugasama436.jpg
別角度。細切りのマスキングテープを使用して板目ごとに塗り分けた木甲板の質感もご覧いただけます。

bsugasama437.jpg
なお今回、1/200戦艦『ビスマルク』の製作に使用したディテールアップパーツは、トランペッターモデル『1/200 ドイツ海軍 戦艦 ビスマルク アップグレードパーツ【A9541】』、ポントスモデル『1/200BISMARCK1941アドバンス・アドオン・ディティールアップセット【21001F1】』、ポントスモデル『1/200BISMARCK1941ディティールアップセット(ver2)【23001F2】』、KAモデル『1/200戦艦ビスマルク(トランペターモデル用)武装ディティールアップセット【MS-20002】』、エデュアルド『1/200 ビスマルク エッチングパーツ【5316】』などで、これらのセットのパーツ類を”良いトコ取り”して仕上げました。

bsugasama438.jpg
『150mm SK C/28 l55 C/34』連装副砲塔は、エッチング、真鍮挽き物砲身、レジン製防水キャンバスなど、全てポントスモデルのセットに含まれるパーツにてディテールアップを施しました。一方、『105 mm-SK-C/33』の方は、KAモデルのパーツの方がより”彫りの深い造型”となっていたので、そちらをチョイスしました。

bsugasama439.jpg
戦艦『ビスマルク』には多種多様な対空兵装が搭載されており、これらは非常にディテールアップのし甲斐がありました。シェルター甲板上に設置されている連装機銃は『37mm SK C/30』で、最上甲板上の単装機銃は『MG C30』です。これらは全てポントスモデルのディテールアップパーツを製作したものですが、『MG C30』のパーツ構成は特に凄まじく、一機あたりに必要なパーツ数は全部で14個にもなり、銃架や照準器、ハンドルなどはエッチング、支柱と銃身には真鍮挽き物を使用する構成となっていました。

bsugasama440.jpg
艦橋周りをやや望遠で捉えた様子。バランスの良い上部構造物は、ビスマルク級戦艦の大きな魅力です。

bsugasama441.jpg
艦橋上部には、4連装対空機銃の『Flakvierling38』が搭載されていますが、この機銃のディテールアップにはKAモデルのパーツを使用しました。(艦橋周りに多くの機銃や光学機器が集中する様子は非常に迫力があります)

bsugasama442.jpg
艦橋から煙突、後部マストにかけての様子。艦載艇が置かれている構造物は艦載機の格納庫で、前後に別れた格納庫の間を跨ぐように、カタパルトが両舷に向かって伸ばされています。

bsugasama443.jpg
少し低いアングルで見ると、(構造物のシルエットが)前部マストを頂点として、前部主砲塔群から煙突にかけて綺麗に『山なり』になっている事が分かります。この造型の美しさが、世界的に見ても非常に人気の高い『ビスマルク』の艦容を象徴しているように思われます。

bsugasama444.jpg
一部の探照灯にはカバーが備えられていますが、今回は模型映えを重視して全て開けた状態に設定しました。また、探照灯パーツはクリアー成形されていたので、レンズ部分のみを透明とし、反射鏡をシルバーに塗ることで奥行きのある仕上げとしました。

bsugasama445.jpg
艦載機は『アラド Ar196』を搭載しています。ディテールアップにはポントスモデルのエッチングパーツを使用し、キャノピーフレームに加えて、内部の座席や計器盤なども再現しました。また、カタパルトも同様にポントスモデルのパーツによるもので、内部シリンダーなどには真鍮挽き物パーツを複数仕込んで実物の伸縮機構を再現しました。

bsugasama446.jpg
艦載艇も同様にポントスモデルのエッチングパーツを使用し、ハウスやキャビンなどは全て作り変えています。ビスマルクにはモーターボートが多数搭載されている為、キャビン内部の操舵輪など、細やかなディテールが表現できました。

bsugasama447.jpg
後部マストにはキットのプラパーツは一切使わず、真鍮挽き物パーツとエッチングを組み合わせた全金属製のものとなりました。ドイツ国防海軍軍艦旗は、キット付属のデカールが劣化していて使用できなかったので、自作の物を取り付けています。

bsugasama448.jpg
後部艦橋のクローズアップ。この部分は壁面のディテールアップに大きな時間を割きました。

bsugasama449.jpg
ディテールアップ内容は窓や吸気口、水密扉やシャッターなどのモールドを全て切削し、エッチングに取り替えるというもので、地味ではありますが効果の高い作業です。後部艦橋は形状的には単純な構造物ですので、面の情報量を徹底して増やすことで非常に見映えのある仕上がりになりました。

bsugasama450.jpg
パラベーンの上に乗っかるように開いた舷窓蓋などは、エッチングならではの効果です。なお、パラベーンにはCMKの精密レジンパーツを使用しました。

bsugasama451.jpg
後部の第三、第四主砲塔のクローズアップ。製作やディテールアップにおいては、『舷梯を上り、自身が艦上を歩く様子』を常に頭の中にイメージしながら行いました。

bsugasama452.jpg
艦尾の様子。係船桁やスクリューガードも、もちろん真鍮挽き物パーツによるもので、モンキーラッタルも単体のエッチングをひとコマずつ差し込んで再現しました。また、船体舷側には舷窓以外のディテール表現がほとんどながったので、外板の溶接跡を再現したほか、船底の注排水溝のフィンや舷窓フレームをエッチングに切り替えるなど、密度の演出に努めました。

かくして、当工房創業以来の大プロジェクトとなる、1/200戦艦『ビスマルク』徹底ディテールアップ製作は(幾度かの中断を挟みつつ)およそ2年の歳月をかけてようやく完了しました。

総製作時間は実に800時間程度にもなり、製作前の見通しとは比較にならないほどに膨大な工数を必要としました。

当初の予想と比較すると、必要とした工数はおよそ1.5倍強で、以前に製作した1/200戦艦『大和 http://modelfactoryhg.blog.fc2.com/blog-entry-218.html 』 と比較しても2倍以上もの時間をかけることとなりました。

改めて昨今の1/200艦船模型とディテールアップパーツのボリュームに驚かされるとともに、長い戦いに少々疲労感をおぼえておりますが、今回の製作では学ばせて頂くことが非常に多かったので、(この経験を生かして)改めて大型艦船模型に挑戦するときを楽しみに待ちたいと思います。

このたびは、全49回(画像数452枚)にもなる長い製作記をご覧いただき、まことにありがとうございました。

今回も大きな完成写真をアップロードしておりますので、大型艦船模型ならではの魅力を、是非大盤写真でご覧くださいませ。

↓↓↓

http://nabeck.web.fc2.com/sugasamabismarckhd.htm

当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

モデルファクトリーハイギヤードが主催する
艦船模型と飛行機模型の完成品販売webショップ『CHERRY&ANCHOR』
(2017年10月31日、艦船模型界製品×6隻&飛行機模型完成品×1機 計7作品新入荷)
↓↓↓
crbana.jpg

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(2017年9月1日更新!取引例に10作品追加! 現在計346作品掲載中)
↓↓↓
mfhbana.jpg

up01.jpg
■受賞のおしらせ
┣ このたび 『第28回ピットロードコンテスト』におきまして、HIGH-GEARedこと渡辺真郎製作の
┃ 港湾ジオラマ作品 『Port of Yokohama 1930s』が、金賞を受賞いたしました。
┣ 当工房をご利用頂いているお客さまをはじめとして、ブログやサイトなどで作品をご覧頂いている模型ファン
┃ の皆さまの日ごろの応援に感謝すると共に、これからも更なる発展と技術向上&模型情報の発信に
┃ 努めて参りますので、引き続き、当工房と当ブログをよろしくお願い申し上げます。
┣ 作品写真は後日、当ブログにおいても発表を予定しておりますが、下記『鳶色の会』公式サイトに
┃ おきまして先行公開しておりますので、 ご興味のございます方は是非ご覧くださいませ。
┣ 鳶色の会 公式サイト: https://tobiiro.jimdo.com/
┗ 第28回ピットロードコンテスト結果速報: http://pit-road.jp/?info=2017contprize


■メディア掲載情報
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo66』に、1/500一等巡洋艦『吾妻』作例と実艦解説記事掲載(発売中)
┣ イカロス出版『艦船プラモカタログ2017』に、1/700航空母艦『CV-7 ワスプ』作例記事掲載(発売中)
┣ イカロス出版『艦船プラモカタログ2018』に、1/700艦船模型作例記事掲載予定。(12月発売)
┗ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo67』に艦船模型作例記事掲載予定。(2018年2月15日発売)

■次回模型展示会参加のお知らせ
┣ 『奈良模型愛好会 第9回春展』
┣ 開催日時:平成30年春頃予定
┗ 詳細が決まり次第、告知いたします
プロフィール

HIGH-GEARed

Author:HIGH-GEARed
奈良市在住、スケールモデル販売業者「モデルファクトリーハイギヤード」の製作担当兼代表をしております。

また、渡辺真郎の名前で『月刊モデルアート』、『艦船模型スペシャル』等の模型雑誌の作例記事も書かせていただいております。

「プロモデラーの人ってどんな生活をしているの?」という疑問に少しでもお答えできるよう、業務日記と日常日記を織り交ぜた内容でお届けしております。

当ブログの作品紹介はホームページの補助的な役割で活用しており、ホームページの方をメインとして、模型作例を多数掲載しております。 ぜひご覧ください。

HIGH-GEARed HOBBY WORKS!!
↓↓↓
http://nabeck.web.fc2.com/

模型製作ご依頼はこちら(お気軽にお問い合わせください)
↓↓↓
http://nabeck.web.fc2.com/hg-mdf.htm

コメントの投稿は必ず記名をお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR