2017年の製作を振り返る

今年も、当ブログは平日毎日更新のノルマを無事に果たすことができました。

これも、いつもブログをご覧いただいている皆さまのアクセスあってのことと、心より感謝申し上げます。

本日は今年最後のブログ更新ということで、例年通り、一年間の製作品の全紹介となります。


まずは、製作ご依頼品と模型誌作例などの業務製作の作品群をご覧ください。(製作時期が年を跨いでいる作品も含みます)

17122900.jpg
1/350航空母艦『隼鷹』(ハセガワ)【モデルアート社出版 艦船模型スペシャルNo63】掲載作例

17122901.jpg
1/700航空母艦『瑞鶴』フルハルモデル(フジミ)

17122902.jpg
1/700戦艦『大和』アルティメイトキット(モデルファクトリーヒロ)

17122903.jpg
1/700重巡洋艦『利根』(フジミ)

17122904.jpg
1/700重巡洋艦『熊野』(タミヤ『最上+鈴谷』のニコイチ製作)

17122905.jpg
1/350戦艦『リシュリュー』(トランペッターモデル)

17122906.jpg
1/350駆逐艦『秋月1942&1944』(ウェーブ)【キット箱絵 完成例写真用作品】

17122907.jpg
1/700戦艦『霧島』(フジミ)

17122908.jpg
1/700戦艦『三笠』(フォーサイト)

17122909.jpg
1/700戦艦『金剛』フルハルモデル(フジミ)

17122910.jpg
1/500一等巡洋艦『八雲』(フォーサイト)【モデルアート社出版 艦船模型スペシャルNo64】掲載作例

17122911.jpg
1/700護衛艦『あさかぜ』(ピットロード)、『あさぐも』(ピットロード)、『さみだれ』(アオシマ)、『ひえい』(ピットロード)

17122912.jpg
1/350潜水艦『伊19』(アオシマ)

17122913.jpg
1/350航空母艦『赤城』(ハセガワ)

17122914.jpg
1/350二等輸送艦101号(ピットロード)

17122915.jpg
1/700出光興産石油タンカー『日章丸』(海洋堂完成品からの改造)【モデルアート社出版 艦船模型スペシャルNo65】掲載作例

17122917.jpg
1/350戦艦『扶桑』(フジミ)

17122918.jpg
1/700戦艦『三笠』(ハセガワ)

17122919.jpg
1/350戦艦『BB-60 アラバマ』(トランペッターモデル)

17122920.jpg
1/700駆逐艦『電(いなづま)』(ヤマシタホビー)【モデルアート社出版 月刊MODEL Art 2017年11月号】掲載作例

17122921.jpg
1/700駆逐艦『島風』(タミヤ)【モデルアート社出版 月刊MODEL Art 2017年11月号】掲載作例

17122922.jpg
1/500一等巡洋艦『吾妻』(フォーサイト)【モデルアート社出版 艦船模型スペシャルNo66】掲載作例

17122923.jpg
1/200戦艦『ビスマルク』(トランペッターモデル)

17122924.jpg
1/700大阪商船『ぶら志る丸』(フジミ)

17122925.jpg
1/700航空母艦『赤城』(フジミ)

17122926.jpg
1/700駆逐艦『島風』(タミヤ)【イカロス出版 艦船プラモカタログ2018】掲載作例

17122927.jpg
1/35『87式偵察警戒車』(ピットロード)

以上、今年の業務での製作品は(製作時期と発表時期の年次が異なる作品を除くと)合計28作品になります。

年々、製作数は減少しておりますが、その一方で、一作一作にお客さまの拘りが反映された作品が多くなり、製作時間の方は徐々に増えている印象です。

なお、一昨年の秋頃から模型誌の作例の依頼数が増えたこともあり、一般のお客さまには製作順が回って来るまで長期間お待たせしましてまことに恐れ入ります。

ですが完成度だけはけして落とさぬよう、一作一作を慎重かつ丁寧に進めておりますので、どうぞご理解いただけましたらと存じます。

続いては、プライベート製作品のご紹介です。

17122928.jpg
1/700港湾ジオラマ『Port of Yokohama1930s』 (ハセガワ貨客船『氷川丸』+ピットロード潜水母艦『りおでじゃねろ丸』他、自作多数)【第28回ピットロードコンテスト金賞受賞作品】

17122929.jpg
1/700日本郵船『信濃丸』(フォーサイト)

17122916.jpg
1/700港湾ジオラマ『別府国際観光港フェリーターミナル』(マイクロエース『さんふらわあ8』他、自作多数)【スケールモデル祭り2017 エントリー作品】

17122936.jpg
1/24『ハイギヤードMR2』(フジミ改造)

17122935.jpg
地球防衛軍『宇宙空母改』(バンダイ改造)【アカブの肉球 旧キットコンパ エントリー作品】

今年のプライベート作品では、ピットロードコンテスト用に製作した1930年代の横浜港のジオラマ作品『Port of Yokohama1930s』が、初エントリーで金賞を受賞いただくというサプライズがありました。

軍用艦船がメインの同コンテストのモチーフとしては少々『変化球に振った作品』でしたが、計画から完成までにおよそ1年の期間をかけた思い入れの深い作品でしたので、素晴らしい舞台で最高の賞を頂けた事をたいへん光栄に思っております。

また、今年は2006年から2012年までにかけて完成させた古い客船キットの修復を兼ねて、追加のディテールアップや海面ベース再製作などのリファインも施しました。

以下、リファイン後の姿をご紹介します。

17122930.jpg
1/700日本郵船『氷川丸』(ハセガワ)

17122931.jpg
1/700日本郵船『新田丸』(アオシマ)

17122932.jpg
1/700大阪商船『に志き丸』(フォーサイト)

17122933.jpg
1/700関西汽船『くれない丸』(フォーサイト)

17122934.jpg
1/700青函連絡船『摩周丸』(バンモデリング)

こうして見ると、今年のプライベート製作は客船模型が非常に多くなりました。

商船関連の製作は、来年にかけても続けていきたいと考えているのですが、その一方で、今年は飛行機や戦車にも興味が広がってきたので、これからは製作品を絞るのに苦労しそうです(笑)

いずれにしましても、来年も皆さまに楽しんで頂ける作品づくりにまい進して参りますので、引き続き当ブログを宜しくお願いいたします。

今年一年、ブログをご覧いただきました皆さまにはたいへんお世話になりました。きたるべき新年が、皆さまにとって素晴らしい年になりますよう、祈念し申し上げます。

どうぞ、よき年をお迎えくださいませ。



当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(2017年9月1日更新!取引例に10作品追加! 現在計346作品掲載中)
↓↓↓
mfhbana.jpg

モデルファクトリーハイギヤードが主催する
艦船模型と飛行機模型の完成品販売webショップ『CHERRY&ANCHOR』
(2017年12月25日、1/700戦艦『三笠』ほか、新作完成品2点入荷!)
↓↓↓
crbana.jpg

■メディア掲載情報
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo66』に、1/500一等巡洋艦『吾妻』作例と実艦解説記事掲載
┣ イカロス出版『艦船プラモカタログ2018』に、1/700駆逐艦『島風』作例記事掲載
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo67』に艦船模型作例記事掲載予定。(来年2月15日発売)
┗ モデルアート社出版『月刊 MODEL Art 2018年4月号』に1/700艦船模型作例記事掲載予定。(来年2月26日発売)

■次回模型展示会参加のお知らせ
┣ 『奈良模型愛好会 春展2018』
┣ 開催日時:4月7日(土)13:00~20:00
┃       4月8日(日)10:00~16:00
┣ 開催場所:奈良県奈良市右京1丁目3-4 サンタウンプラザ すずらん館1階 すずらんサークル
┗ 交通:近鉄京都線・『高の原駅』駅下車 徒歩5分
スポンサーサイト

モデラーズフェスティバル2017 レポートその3

『モデラーズフェスティバル2017』のレポートは、今回で最終となります。

最終回の今回は、今年1月の建築模型の記事( http://modelfactoryhg.blog.fc2.com/blog-entry-1125.html )でご紹介した、藤井規文さんによる今年の新作、『カ号作戦発動』です。

17122801.jpg
一昨年前の1/350南極観測船『宗谷』にはじまり、昨年の『SDF-1 マクロス LIFT OFF http://modelfactoryhg.blog.fc2.com/blog-entry-1109.html 』と、毎回、(私をはじめとした)来場者のド肝を抜く作品を発表し続けている藤井さんの今年の作品は、『宇宙戦艦ヤマト2199』の世界観を表現した作品でした。

17122802.jpg
ちなみに『カ号作戦』というのは、『ヤマト2199』の物語開始以前のイベントのため、劇中では直接描かれてはいません。ですがそのぶん、製作者のセンスが存分に反映された見応えのある作品に仕上げられていました。

17122803.jpg
宇宙港のドックを出港する宇宙戦艦コンゴウ。ドッグのトラス材は、(本業の建築模型の製作環境を生かし)紙のレーザー加工によって再現されています。

17122804.jpg
奥はドックに入って出港準備を進めるハルナ。この2隻は沖田提督がヤマト乗艦前に座乗していたキリシマの同型艦であり、私の世代にとっては、前作のバンダイキットの『沖田艦』という呼称に馴染みがあります。

17122805.jpg
アップで見ると、まるで自分自身が『ヤマト2199』の世界の中に入ってしまったような錯覚をおぼえます。キットと自作部分とのマッチングの良さは、作品世界に合わせたメカニカルデザインと、それを実現する高い技術があってこそと唸らされました。

17122806.jpg
天然の地表と人口の建造物との質感の差も素晴らしいです。「間延びせず、やりすぎず」という絶妙なセンスは、長年、商業ベースの模型に関わってこられた経験の表れでしょう。

17122807.jpg
建築物と開閉式のハッチ、そしてパラボラアンテナなど、機能感のある設備が並び、ドック内はLEDで明るく電飾されています。

17122808.jpg
ちなみにこのご作品は、ただの情景作品ではなく、『ヤマト2199世界の中でのジオラマ作品』として仕上げられています。側面には海戦の経過を説明するパネルが表示され、製造元の銘板には2200年4月の製造年月日だけなく、(ヤマトの砲雷長、南部康雄の実家である)南部重工業の刻印が刻まれるなど、マニアが喜ぶ仕掛けがなされていました。

17122809.jpg
今年も多くの展示会に参加し、多くの素晴らしい作品群を拝見させていただきましたが、この『カ号作戦発動』は、今年の展示会レポートのトリを飾るに相応しい素晴らしいご作品でした。(今後も、素晴らしい新作に期待しております!)

明日は今年最後のブログ更新ということで、今年一年の製作品の総括をご紹介します。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(2017年9月1日更新!取引例に10作品追加! 現在計346作品掲載中)
↓↓↓
mfhbana.jpg

モデルファクトリーハイギヤードが主催する
艦船模型と飛行機模型の完成品販売webショップ『CHERRY&ANCHOR』
(2017年12月25日、1/700戦艦『三笠』ほか、新作完成品2点入荷!)
↓↓↓
crbana.jpg

■メディア掲載情報
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo66』に、1/500一等巡洋艦『吾妻』作例と実艦解説記事掲載
┣ イカロス出版『艦船プラモカタログ2018』に、1/700駆逐艦『島風』作例記事掲載
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo67』に艦船模型作例記事掲載予定。(来年2月15日発売)
┗ モデルアート社出版『月刊 MODEL Art 2018年4月号』に1/700艦船模型作例記事掲載予定。(来年2月26日発売)


up01.jpg
■受賞のおしらせ
┣ このたび 『第28回ピットロードコンテスト』におきまして、HIGH-GEARedこと渡辺真郎製作の
┃ 港湾ジオラマ作品 『Port of Yokohama 1930s』が、金賞を受賞いたしました。
┣ 当工房をご利用頂いているお客さまをはじめとして、ブログやサイトなどで作品をご覧頂いている模型
┃ ファンの皆さまの日ごろの応援に感謝すると共に、これからも更なる発展と技術向上&模型情報の
┃ 発信に努めて参りますので、引き続き、当工房と当ブログをよろしくお願い申し上げます。
┣ 作品写真は後日、当ブログにおいても発表を予定しておりますが、下記『鳶色の会』公式サイトに
┃ おきまして先行公開しておりますので、 ご興味のございます方は是非ご覧くださいませ。
┣ 鳶色の会 公式サイト: https://tobiiro.jimdo.com/
┗ 第28回ピットロードコンテスト結果: http://pit-road.jp/?info=2017contprize


■次回模型展示会参加のお知らせ
┣ 『奈良模型愛好会 春展2018』
┣ 開催日時:4月7日(土)13:00~20:00
┃       4月8日(日)10:00~16:00
┣ 開催場所:奈良県奈良市右京1丁目3-4 サンタウンプラザ すずらん館1階 すずらんサークル
┗ 交通:近鉄京都線・『高の原駅』駅下車 徒歩5分

モデラーズフェスティバル2017 レポートその2

昨日に引き続き、本日も今年秋に大阪ATCで開催された『モデラーズフェスティバル2017』のレポートをご紹介します。

今回は、私が所属する艦船模型サークル『鳶色の会 https://tobiiro.jimdo.com/ 』と、(例年通り)同じ卓で参加された、ken-1さん( https://blogs.yahoo.co.jp/ken1_lpjr )を中心としたカーモデラーの皆さまの作品群をご紹介します。

17122701.jpg
まずは、鳶色の会会員の山崎剛さんの製作された、1/700駆逐艦『夕雲』です。スタイロフォームを利用して製作した海面ベースの躍動感も相まって、目立ったディテールアップなしでも充分に見応えのある作品に仕上げられていました。(YYMCブースに出展)

17122702.jpg
こちらは、同じく鳶色の会の早野治朗さんが製作された、ピットロード 1/350 海上自衛隊ミサイル艇『はやぶさ』です。水煙をまとった姿が高速性をイメージさせてくれるのみならず、自然に組みこまれた電飾が来場者の注目を集めていました。(スーパーキッズランド本店第11回プラモデルコンテスト ピットロード賞 受賞作品)

17122703.jpg
そして、鳶色の会会長の山口隆司さんの新作は、静岡ホビーショーで初御披露目となった、ハセガワ1/350航空母艦『隼鷹』と――

17122704.jpg
同じく、メリット1/350航空母艦『アークロイヤル』です。両作品はメディア未発表ですが、ゆくゆくは模型誌においても大々的に採り上げられると思われますので、公開が非常に楽しみです。

17122705.jpg
一方、私の新作はというと、マイクロエースの1/700のフェリー『さんふらわあ8』を使用した港湾ジオラマ『1/700 別府国際観光港フェリーターミナル』と、

17122706.jpg
フォーサイト(シールズモデル)の1/700日本郵船『信濃丸』です。(鳶色の会の会員の作品群は、『海面ベース付き』がすっかりスタンダードな仕様になりました)

17122707.jpg
ここからは、『関西オートモデラーの集い』でいつもご一緒させて頂いている、カーモデラーの『チームken-1』の皆さまの作品群です。これはken-1さんが製作された、1/20のダラーラDW12で、(私を含めた)モータースポーツファンを熱狂させた、佐藤琢磨のインディ500優勝マシンです。

17122708.jpg
そして、このブランパンカラーのGTカーは、和歌山の展示会などでお世話になっている、tanizaemonさんの製作されたFIA-GT1仕様のレイタームルシエラゴです。マシンのチョイスと言い、精悍な仕上げと言い、隅から隅までセンスの秀逸さを感じさせる作品に仕上げられていました。

17122709.jpg
そしてこちらも、川原慎一郎さん( http://blog.kawaharamodel.com/ )による、センスと技術が惜しみなく注がれた、ティレル020ホンダのテストカラーバージョンです。ティレル020といえば、実戦バージョンはブラウンカラーが御馴染みでしたが、019コスワースの流れを組んだエプソンカラー(にシェルマークが追加された)このカラーリングも大人気です。中嶋悟選手の大ファンだった私も、作品を堪能させていただきました。

明日も引き続き、『モデラーズフェスティバル2017』のレポートをご紹介します。

当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(2017年9月1日更新!取引例に10作品追加! 現在計346作品掲載中)
↓↓↓
mfhbana.jpg

モデルファクトリーハイギヤードが主催する
艦船模型と飛行機模型の完成品販売webショップ『CHERRY&ANCHOR』
(2017年12月25日、1/700戦艦『三笠』ほか、新作完成品2点入荷!)
↓↓↓
crbana.jpg

■メディア掲載情報
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo66』に、1/500一等巡洋艦『吾妻』作例と実艦解説記事掲載
┣ イカロス出版『艦船プラモカタログ2018』に、1/700駆逐艦『島風』作例記事掲載
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo67』に艦船模型作例記事掲載予定。(来年2月15日発売)
┗ モデルアート社出版『月刊 MODEL Art 2018年4月号』に1/700艦船模型作例記事掲載予定。(来年2月26日発売)


up01.jpg
■受賞のおしらせ
┣ このたび 『第28回ピットロードコンテスト』におきまして、HIGH-GEARedこと渡辺真郎製作の
┃ 港湾ジオラマ作品 『Port of Yokohama 1930s』が、金賞を受賞いたしました。
┣ 当工房をご利用頂いているお客さまをはじめとして、ブログやサイトなどで作品をご覧頂いている模型
┃ ファンの皆さまの日ごろの応援に感謝すると共に、これからも更なる発展と技術向上&模型情報の
┃ 発信に努めて参りますので、引き続き、当工房と当ブログをよろしくお願い申し上げます。
┣ 作品写真は後日、当ブログにおいても発表を予定しておりますが、下記『鳶色の会』公式サイトに
┃ おきまして先行公開しておりますので、 ご興味のございます方は是非ご覧くださいませ。
┣ 鳶色の会 公式サイト: https://tobiiro.jimdo.com/
┗ 第28回ピットロードコンテスト結果: http://pit-road.jp/?info=2017contprize


■次回模型展示会参加のお知らせ
┣ 『奈良模型愛好会 春展2018』
┣ 開催日時:4月7日(土)13:00~20:00
┃       4月8日(日)10:00~16:00
┣ 開催場所:奈良県奈良市右京1丁目3-4 サンタウンプラザ すずらん館1階 すずらんサークル
┗ 交通:近鉄京都線・『高の原駅』駅下車 徒歩5分

モデラーズフェスティバル2017 レポートその1

今年も残すところ、あと僅かになりました。

次回の製作ご依頼品のレポート掲載は、(このあと、模型誌作例の製作が2作続く関係で)来年1月中旬頃まで中断となりますため、年末年始にかけては、今年11月に大阪ATCで開催された『モデラーズフェスティバル2017』の展示会レポートをご紹介いたします。

(2018年初の製作レポートは、1/700『ビスマルク』、『ニミッツ』の順で予定しております)

17122601.jpg
レポートのトップバッターは、いつも『やまつくオフ会』や『静岡ホビーショー モデラーズクラブ合同展示会』で御一緒している、まっつんさんの製作された、1/350軽巡洋艦『能代』の港湾ジオラマモデルです。

17122602.jpg
非常に巨大で存在感バツグンのクレーン(写真左側)は、紙造りさんの製品で、スケールに応じた精密感の高い仕上がりです。また、このご作品は海面や岸壁のみならず、海底まで再現(写真右側)されており、文字通りの深みのある仕上げがなされていました。(海底までを再現したジオラマ製作は、いつか私もやりたいと思っておりますので、楽しく拝見させていただきました)

17122603.jpg
もちろん、『能代』本体の作り込みや精度も素晴らしいの一言です。艦上や岸壁に多数配置された乗組員も、活動感の演出に一役買っていました。

17122604.jpg
そしてこちらもまっつんさんのご作品で、GSIクレオスの1/350『熊本城』をカットモデルとして仕上げたご作品です。(←詳細写真は、過去の『やまつくオフ会』レポートに掲載 http://modelfactoryhg.blog.fc2.com/blog-entry-1173.html ) ちなみにこのご作品は『アーマーモデリング誌』の2017年8月号にも掲載され、全国誌デビューを果たしました。

17122605.jpg
こちらは、毎年艦船模型の新作を発表されている、ギアthe三等兵さんの製作された、1/350の『伊58』と、『おやしお』です。日本を代表する新旧潜水艦を同一スケールで見比べることのできる、面白い展示を実現されていました。(1/350の『伊58』は複数のメーカーから発売されていますが、このご作品はAFVクラブ製のようです)

17122606.jpg
こちらもモデラーズフェスティバルの常連さんである、棚家K介さんが作られた1/700超精密航空母艦群です。瑞鶴の隣に並んでいる『サラトガ』が今年の新作で、いつものように細部まで手の入った徹底ディテールアップが施されていました。(アップの写真も多数撮影させて頂いたのですが、ピンボケが多くて掲載できず、残念です)

17122607.jpg
こちらは1/200のフルスクラッチ艦船模型を製作されていることで有名な、友井保男さんによる戦艦『霧島』です。

17122608.jpg
このご作品を拝見するのはおそらく5回目になるのですが、情報量の膨大さにはいつも圧倒されるばかりです。実物を目の前にすると、実艦の仕組みや空気感を体験しているような気がして、いつまで見てても飽きることがありません。

17122609.jpg
そんな友井さんの最新作は、現在製作中の軽巡洋艦『三隅』です。航空作業甲板の床面の素材と防水キャンパスの表現方法について検討を重ねておられるとのことでした。

17122610.jpg
他には、現在発売中の『艦船模型スペシャルNo66』に掲載されている、1/200航空母艦『隼鷹』も出展されていました。

次回も引き続き、『モデラーズフェスティバル2017』のレポートをご紹介します。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(2017年9月1日更新!取引例に10作品追加! 現在計346作品掲載中)
↓↓↓
mfhbana.jpg

モデルファクトリーハイギヤードが主催する
艦船模型と飛行機模型の完成品販売webショップ『CHERRY&ANCHOR』
(2017年12月25日、1/700戦艦『三笠』ほか、新作完成品2点入荷!)
↓↓↓
crbana.jpg

■メディア掲載情報
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo66』に、1/500一等巡洋艦『吾妻』作例と実艦解説記事掲載
┣ イカロス出版『艦船プラモカタログ2018』に、1/700駆逐艦『島風』作例記事掲載
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo67』に艦船模型作例記事掲載予定。(来年2月15日発売)
┗ モデルアート社出版『月刊 MODEL Art 2018年4月号』に1/700艦船模型作例記事掲載予定。(来年2月26日発売)


up01.jpg
■受賞のおしらせ
┣ このたび 『第28回ピットロードコンテスト』におきまして、HIGH-GEARedこと渡辺真郎製作の
┃ 港湾ジオラマ作品 『Port of Yokohama 1930s』が、金賞を受賞いたしました。
┣ 当工房をご利用頂いているお客さまをはじめとして、ブログやサイトなどで作品をご覧頂いている模型
┃ ファンの皆さまの日ごろの応援に感謝すると共に、これからも更なる発展と技術向上&模型情報の
┃ 発信に努めて参りますので、引き続き、当工房と当ブログをよろしくお願い申し上げます。
┣ 作品写真は後日、当ブログにおいても発表を予定しておりますが、下記『鳶色の会』公式サイトに
┃ おきまして先行公開しておりますので、 ご興味のございます方は是非ご覧くださいませ。
┣ 鳶色の会 公式サイト: https://tobiiro.jimdo.com/
┗ 第28回ピットロードコンテスト結果: http://pit-road.jp/?info=2017contprize


■次回模型展示会参加のお知らせ
┣ 『奈良模型愛好会 春展2018』
┣ 開催日時:4月7日(土)13:00~20:00
┃       4月8日(日)10:00~16:00
┣ 開催場所:奈良県奈良市右京1丁目3-4 サンタウンプラザ すずらん館1階 すずらんサークル
┗ 交通:近鉄京都線・『高の原駅』駅下車 徒歩5分

模型誌に作例記事掲載のお知らせ 【イカロス出版 艦船模型プラモカタログ2018】 1/700駆逐艦『島風』

本日25日、毎年この時期恒例のイカロス出版『艦船プラモカタログ2018』が発売となりました。

今年も私、HIGH-GEARedこと渡辺真郎がライター陣の一人として末席を汚しておりますので、ご紹介させて頂きます。

bikarosshimakaze00.jpg
今年の号のメイン特集は『日本海軍の超弩級戦艦』ということで、ピットロードおよびアオシマの1/700戦艦『大和』を筆頭に、カジカの『金剛(改装前)』、そしてフジミの戦艦状態の『伊勢』など、戦艦好きにはたまらない内容になっております。

bikarosshimakaze01.jpg
その中で私が担当させて頂いたのは(戦艦ではなく)、タミヤから新発売となった1/700駆逐艦『島風』です。

ちなみに、このキットの作例記事提供は、月刊モデルアート( http://modelfactoryhg.blog.fc2.com/blog-entry-1299.html )に引き続いて2作目となり、しかも「手摺と張り線のみのディテールアップと、タミヤの呉海軍工廠グレーのスプレーカラーを使用」という製作指定まで完全に同じものでした。

bikarosshimakaze02.jpg
だからと言って、前作と全く同じ仕上げでは能がないので、今回は側面の『ゼカマシ』の艦名を貼らない仕様として仕上げ、ウェザリングもより強めの仕様としました。タミヤの『島風』は、キット自体の完成度が高いので、素組みから徹底ディテールアップまで、幅広く楽しめる製品です。

『艦船プラモカタログ2018』には、他にも1/350航空母艦『隼鷹』の作例や、総数約3100点にもおよぶ艦船プラモデルのオールカタログなど、盛りだくさんな内容となっておりますので、艦船や模型にご興味のございます方は是非書店でお買い求めくださいませ。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(2017年9月1日更新!取引例に10作品追加! 現在計346作品掲載中)
↓↓↓
mfhbana.jpg

モデルファクトリーハイギヤードが主催する
艦船模型と飛行機模型の完成品販売webショップ『CHERRY&ANCHOR』
(2017年11月24日、1/200戦艦『三笠』ほか、艦船模型作品2点新入荷!)
↓↓↓
crbana.jpg

■メディア掲載情報
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo66』に、1/500一等巡洋艦『吾妻』作例と実艦解説記事掲載
┣ イカロス出版『艦船プラモカタログ2018』に、1/700駆逐艦『島風』作例記事掲載
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo67』に艦船模型作例記事掲載予定。(来年2月15日発売)
┗ モデルアート社出版『月刊 MODEL Art 2018年4月号』に1/700艦船模型作例記事掲載予定。(来年2月26日発売)


up01.jpg
■受賞のおしらせ
┣ このたび 『第28回ピットロードコンテスト』におきまして、HIGH-GEARedこと渡辺真郎製作の
┃ 港湾ジオラマ作品 『Port of Yokohama 1930s』が、金賞を受賞いたしました。
┣ 当工房をご利用頂いているお客さまをはじめとして、ブログやサイトなどで作品をご覧頂いている模型
┃ ファンの皆さまの日ごろの応援に感謝すると共に、これからも更なる発展と技術向上&模型情報の
┃ 発信に努めて参りますので、引き続き、当工房と当ブログをよろしくお願い申し上げます。
┣ 作品写真は後日、当ブログにおいても発表を予定しておりますが、下記『鳶色の会』公式サイトに
┃ おきまして先行公開しておりますので、 ご興味のございます方は是非ご覧くださいませ。
┣ 鳶色の会 公式サイト: https://tobiiro.jimdo.com/
┗ 第28回ピットロードコンテスト結果: http://pit-road.jp/?info=2017contprize


■次回模型展示会参加のお知らせ
┣ 『奈良模型愛好会 第9回春展』
┣ 開催日時:平成30年春頃予定
┗ 詳細が決まり次第、告知いたします

1/700航空母艦『赤城』完成 後編

艦船模型製作代行のご依頼を頂いて製作しておりました、フジミの1/700航空母艦『赤城』が無事に完成しました。

本日は前回の左舷側に引き続き、右舷側のディテールの様子をご紹介します。

bishigurosama153_201712222115481ef.jpg
フジミ1/700航空母艦『赤城』、右舷艦首付近および飛行甲板前端部の様子。フライホークのエッチング飛行甲板は、裏側のトラスのディテールを向上させてくれただけでなく、表側の板目も表現も繊細です。

bishigurosama154k_20171222211549776.jpg
右舷側からの見上げアングル。飛行甲板左右両舷の甲板作業員待機所も、フライホークのエッチング甲板に付属のものを使用しました。

bishigurosama155_201712222115511d4.jpg
なお、フライホークのパーツは、前部エレベーター直後の遮風柵収納部の左右両端の部分が塞がってしまう問題があったので、エッチング甲板の一部を切り取り、船体側にザグリを入れることで実艦の構造を再現しました。

bishigurosama156_201712222115526cb.jpg
右舷中央部の煙突と艦橋のクローズアップ。メインマストには軍艦旗に加えて赤城を示す艦名符字、そしてZ旗などを掲揚しています。

bishigurosama157_201712222115543ce.jpg
回っているように見える艦載機のプロペラは、海魂から発売されている(レコード盤状の)回転状態のプロペラエッチングを使用して再現しました。

bishigurosama158_20171222211555bad.jpg
「赤城」の右舷中央部は、巨大な煙突とシールド付き高角砲が見所です。

bishigurosama159_20171222211557d6f.jpg
一方、高角砲より後ろ側は、右舷も左舷も比較的似た構造になっています。

bishigurosama160_20171222211558e99.jpg
飛行甲板後端部の右舷側のクローズアップ。改めて、赤城の飛行甲板がいかに高いところにあるか? を実感できます。

bishigurosama161_20171222211600144.jpg
搭載機は、零式艦上戦闘機21型が9機と――

bishigurosama162_20171222211601900.jpg
97式艦上攻撃機を15機としました。
ピットロードの艦載機セットはパネルラインのモールドにメリハリが効いていて、見応えがあります。

bishigurosama163_201712222116037de.jpg
右舷からの見下ろしアングル。当時、精強を誇った攻撃隊の勇姿を彷彿とさせてくれます。

bishigurosama164_201712222116040e2.jpg
飛行甲板の白線類を塗装再現としたことで、見下ろしアングルでのメリハリのある仕上げを実現できました。

bishigurosama165_20171222211606c5e.jpg
なお、ピットロードの『日本海軍機セット5』に含まれる機体で、今回、『赤城』に載せなかったものについては、バラで完成させました。零戦21型が6機、そして九九式艦爆が15機ともにバランスの良い仕上がりです。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(2017年9月1日更新!取引例に10作品追加! 現在計346作品掲載中)
↓↓↓
mfhbana.jpg

モデルファクトリーハイギヤードが主催する
艦船模型と飛行機模型の完成品販売webショップ『CHERRY&ANCHOR』
(2017年11月24日、1/200戦艦『三笠』ほか、艦船模型作品2点新入荷!)
↓↓↓
crbana.jpg

■メディア掲載情報
┣ モデルアート社出版『月刊 MODEL Art 2018年1月号』に、ピットロードコンテスト金賞受賞作品掲載
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo66』に、1/500一等巡洋艦『吾妻』作例と実艦解説記事掲載
┣ イカロス出版『艦船プラモカタログ2017』に、1/700航空母艦『CV-7 ワスプ』作例記事掲載
┣ イカロス出版『艦船プラモカタログ2018』に、1/700艦船模型作例記事掲載予定。(12月25日発売)
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo67』に艦船模型作例記事掲載予定。(来年2月15日発売)
┗ モデルアート社出版『月刊 MODEL Art 2018年4月号』に1/700艦船模型作例記事掲載予定。(来年2月26日発売)


up01.jpg
■受賞のおしらせ
┣ このたび 『第28回ピットロードコンテスト』におきまして、HIGH-GEARedこと渡辺真郎製作の
┃ 港湾ジオラマ作品 『Port of Yokohama 1930s』が、金賞を受賞いたしました。
┣ 当工房をご利用頂いているお客さまをはじめとして、ブログやサイトなどで作品をご覧頂いている模型
┃ ファンの皆さまの日ごろの応援に感謝すると共に、これからも更なる発展と技術向上&模型情報の
┃ 発信に努めて参りますので、引き続き、当工房と当ブログをよろしくお願い申し上げます。
┣ 作品写真は後日、当ブログにおいても発表を予定しておりますが、下記『鳶色の会』公式サイトに
┃ おきまして先行公開しておりますので、 ご興味のございます方は是非ご覧くださいませ。
┣ 鳶色の会 公式サイト: https://tobiiro.jimdo.com/
┗ 第28回ピットロードコンテスト結果: http://pit-road.jp/?info=2017contprize


■次回模型展示会参加のお知らせ
┣ 『奈良模型愛好会 第9回春展』
┣ 開催日時:平成30年春頃予定
┗ 詳細が決まり次第、告知いたします

1/700航空母艦『赤城』完成 前編

艦船模型製作代行のご依頼を頂いて製作しておりました、フジミの1/700航空母艦『赤城』が無事に完成しました。

本日は全体像に加えて、主に左舷側のディテールの様子をご紹介します。

bishigurosama142.jpg
フジミ1/700航空母艦『赤城』、左舷前方からの全景。ディテールアップにはフジミ純正の特シリーズ用純正ディテールアップパーツに加えて艦NEXT用エッチングを併用し、飛行甲板にはフライホーク製のエッチング飛行甲板を使用しました。

bishigurosama143.jpg
フジミ1/700航空母艦『赤城』、右舷前方から望遠気味に撮影した様子。各種装備品にはファインモールド製のナノドレッドシリーズの精密プラパーツを使用した他、真鍮砲身やレジン成形のマントレットなども使用しています。

bishigurosama144.jpg
右舷側からの見下ろしアングル。艦載機はピットロード製の1/700『日本海軍機セット5』を3箱使用し、搭載機数は零戦21型×9機、九七式艦攻×15機としています。

bishigurosama145.jpg
艦首及び飛行甲板前端部のクローズアップ。錨鎖は精密チェーンに切り替え、前部エレベーター前後の遮風柵は(お客さまのご希望で)立てた状態としました。なお、風向き表示などを含む白線類は全て塗装にて再現しています。

bishigurosama146.jpg
飛行甲板裏側のトラスやビームは、フライホーク製のエッチング飛行甲板を使用する事で非常に繊細に仕上がりました。

bishigurosama147.jpg
前部エレベーター付近のクローズアップ。エレベーター表面に施された繋止眼環のモールドや、遮風柵固定用のワイヤー、滑走制止策などのディテールもご覧いただけます。

bishigurosama148.jpg
艦橋は(特シリーズおよび艦NEXTシリーズの)純正エッチングパーツを使用したことに加えてGenuine model製のレジン製マントレットを取り付けたほか、防空指揮所の双眼鏡や水平マストなどを追加しました。また、メインマストには精度の高い海魂の専用パーツを使用しています。

bishigurosama149.jpg
高角砲デッキの見上げアングル。トラス状の支柱は特シリーズ用エッチングパーツには含まれていないため、艦NEXT用の純正パーツの全長を切り詰めて使用しました。(高角砲の砲身は真鍮挽き物パーツに切り替え済みです)

bishigurosama150.jpg
飛行甲板中央部から後部にかけての見下ろしアングル。艦載機のプロペラは回転状態のエッチングを使用し、25mm連装機銃はファインモールド製のナノドレッドシリーズのパーツ(お客さまのご希望で防盾付きタイプを使用)に交換しました。

bishigurosama151.jpg
艦尾および飛行甲板後部にかけてのクローズアップ。紅白の着艦表示や「ア」の艦名標示などは、白線と同様に全て塗装による再現です。

bishigurosama152.jpg
飛行甲板後端部裏側のトラスや支柱、クレーン軌条などは全てフライホークのパーツです。これらのディテールを生かすべく、別パーツから舵柄信号標や艦尾信号灯などを追加しました。

次回は右舷側のディテールをご紹介します。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(2017年9月1日更新!取引例に10作品追加! 現在計346作品掲載中)
↓↓↓
mfhbana.jpg

モデルファクトリーハイギヤードが主催する
艦船模型と飛行機模型の完成品販売webショップ『CHERRY&ANCHOR』
(2017年11月24日、1/200戦艦『三笠』ほか、艦船模型作品2点新入荷!)
↓↓↓
crbana.jpg

■メディア掲載情報
┣ モデルアート社出版『月刊 MODEL Art 2018年1月号』に、ピットロードコンテスト金賞受賞作品掲載
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo66』に、1/500一等巡洋艦『吾妻』作例と実艦解説記事掲載
┣ イカロス出版『艦船プラモカタログ2017』に、1/700航空母艦『CV-7 ワスプ』作例記事掲載
┣ イカロス出版『艦船プラモカタログ2018』に、1/700艦船模型作例記事掲載予定。(12月25日発売)
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo67』に艦船模型作例記事掲載予定。(来年2月15日発売)
┗ モデルアート社出版『月刊 MODEL Art 2018年4月号』に1/700艦船模型作例記事掲載予定。(来年2月26日発売)


up01.jpg
■受賞のおしらせ
┣ このたび 『第28回ピットロードコンテスト』におきまして、HIGH-GEARedこと渡辺真郎製作の
┃ 港湾ジオラマ作品 『Port of Yokohama 1930s』が、金賞を受賞いたしました。
┣ 当工房をご利用頂いているお客さまをはじめとして、ブログやサイトなどで作品をご覧頂いている模型
┃ ファンの皆さまの日ごろの応援に感謝すると共に、これからも更なる発展と技術向上&模型情報の
┃ 発信に努めて参りますので、引き続き、当工房と当ブログをよろしくお願い申し上げます。
┣ 作品写真は後日、当ブログにおいても発表を予定しておりますが、下記『鳶色の会』公式サイトに
┃ おきまして先行公開しておりますので、 ご興味のございます方は是非ご覧くださいませ。
┣ 鳶色の会 公式サイト: https://tobiiro.jimdo.com/
┗ 第28回ピットロードコンテスト結果: http://pit-road.jp/?info=2017contprize


■次回模型展示会参加のお知らせ
┣ 『奈良模型愛好会 第9回春展』
┣ 開催日時:平成30年春頃予定
┗ 詳細が決まり次第、告知いたします

1/700航空母艦『赤城』製作 その12

艦船模型製作代行のご依頼をいただき、フジミの1/700航空母艦『赤城』を製作中です。

本日は製作記の最終回となります。

17122001.jpg
最終回の今回も、前回に引き続いてディテールを煮詰めていく様子となります。

17122002.jpg
飛行甲板と機銃スポンソンを繋ぐラッタルは、特シリーズ純正のエッチングパーツには付属していないため、汎用のディテールアップパーツに切り替えました。また、この時点で飛行甲板にはウォッシングを兼ねたスミ入れを行い、ディテールのメリハリを強調しています。

17122003.jpg
後部機銃スポンソン両舷の着艦指導灯は、艦NEXT用エッチングパーツを流用しました。(キットのプラパーツと比較して、各段にシャープな仕上がりです)

17122004.jpg
飛行甲板前部の遮風柵はお客さまのご希望で立てた状態とし、メタルラインを使用して固定用のケーブルを追加しました。

17122005.jpg
艦橋は主に特シリーズ用のエッチングパーツによるディテールアップを行いましたが、補助としてフジミ1/700航空母艦『飛鷹』用ランナーから双眼鏡を追加し、探照灯をファインモールド製のナノドレッドシリーズのパーツに交換しました。

17122006.jpg
また、戦闘時の演出として、マントレットも追加しています。使用したパーツは、Genuine modelの『1/700日本海軍用マントレット&土嚢セット』です。

17122007.jpg
Genuine modelのマントレットは、細長く成型されたレジンパーツを一本一本接着していくもので、軽くウォッシングを施す事でメリハリのある仕上がりとなります。

17122008.jpg
探照灯と同様に、25mm連装機銃もファインモールド製のナノドレッドシリーズのパーツを使用しました。(お客さまのお好みで防盾付きのタイプを使用しています)

17122009.jpg
スケールに忠実なサイズのパーツとあって、飛行甲板やラッタルなどとのディテールバランスも良好です。

17122010.jpg
あとは旗や空中線を取り付け、艦載機を搭載すれば、1/700航空母艦『赤城』は無事完成です。

明日は、完成写真をご紹介します。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(2017年9月1日更新!取引例に10作品追加! 現在計346作品掲載中)
↓↓↓
mfhbana.jpg

モデルファクトリーハイギヤードが主催する
艦船模型と飛行機模型の完成品販売webショップ『CHERRY&ANCHOR』
(2017年11月24日、1/200戦艦『三笠』ほか、艦船模型作品2点新入荷!)
↓↓↓
crbana.jpg

■メディア掲載情報
┣ モデルアート社出版『月刊 MODEL Art 2018年1月号』に、ピットロードコンテスト金賞受賞作品掲載
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo66』に、1/500一等巡洋艦『吾妻』作例と実艦解説記事掲載
┣ イカロス出版『艦船プラモカタログ2017』に、1/700航空母艦『CV-7 ワスプ』作例記事掲載
┣ イカロス出版『艦船プラモカタログ2018』に、1/700艦船模型作例記事掲載予定。(12月25日発売)
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo67』に艦船模型作例記事掲載予定。(来年2月15日発売)
┗ モデルアート社出版『月刊 MODEL Art 2018年4月号』に1/700艦船模型作例記事掲載予定。(来年2月26日発売)


up01.jpg
■受賞のおしらせ
┣ このたび 『第28回ピットロードコンテスト』におきまして、HIGH-GEARedこと渡辺真郎製作の
┃ 港湾ジオラマ作品 『Port of Yokohama 1930s』が、金賞を受賞いたしました。
┣ 当工房をご利用頂いているお客さまをはじめとして、ブログやサイトなどで作品をご覧頂いている模型
┃ ファンの皆さまの日ごろの応援に感謝すると共に、これからも更なる発展と技術向上&模型情報の
┃ 発信に努めて参りますので、引き続き、当工房と当ブログをよろしくお願い申し上げます。
┣ 作品写真は後日、当ブログにおいても発表を予定しておりますが、下記『鳶色の会』公式サイトに
┃ おきまして先行公開しておりますので、 ご興味のございます方は是非ご覧くださいませ。
┣ 鳶色の会 公式サイト: https://tobiiro.jimdo.com/
┗ 第28回ピットロードコンテスト結果: http://pit-road.jp/?info=2017contprize


■次回模型展示会参加のお知らせ
┣ 『奈良模型愛好会 第9回春展』
┣ 開催日時:平成30年春頃予定
┗ 詳細が決まり次第、告知いたします

1/700航空母艦『赤城』製作 その11

艦船模型製作代行のご依頼をいただき、フジミの1/700航空母艦『赤城』を製作中です。

本日はディテールを煮詰めていく様子をご紹介します。

17121901.jpg
今回の1/700航空母艦「赤城」の製作においては、フライホークのエッチング飛行甲板を使用しております。パーツ自体は非常に精密で見応えのあるものではあるのですが、あまりにも精密感が高いため、ここに来て(船体側との)ディテールのバランス不良が目立ってきました。そのため、バランス向上を目指して各部に追加のディテールアップを行いました。

17121902.jpg
艦尾にはレインボーモデルの汎用パーツから舵柄信号標を取り付け、艦NEXT用エッチングパーツから艦尾信号灯を追加しました。

17121903.jpg
また、前回追加した甲板作業員待機所と舷外通路を繋ぐ梯子も汎用ラッタルにて再現しています。

17121904.jpg
高角砲の砲身も、そのままでは太さが目立つので、汎用の真鍮挽き物パーツに切り替えました。(写真左が加工前、右が真鍮パーツに切り替え後)

17121905.jpg
左舷側の高角砲と、艦尾の単装砲も同様に処理しています。(写真下段上部に写っている飛行甲板とスポンソンを繋ぐラッタルも、のちほど汎用エッチングに切り替えました)

17121906.jpg
9mカッターのダビットは特シリーズ用純正エッチングパーツを使用していますが、そのままでは機能感が薄いので、索具とクライプバンドを追加しました。

17121907.jpg
マストのパーツは特シリーズの純正パーツには含まれていません。艦NEXT用パーツには付属しているのですが、かなり大味な仕上げ(写真右)でしたので、海魂のエッチング(写真左)を別に用意して取り付けました。(ディテールの差は一目瞭然です)

17121908.jpg
飛行甲板前端部外周に装備される人員救助網は、フジミの特シリーズ用エッチングによるものです。ネット部はウッドブラウン、支柱部は外舷色で塗り分けました。

17121909.jpg
飛行甲板中央部両舷の飛行機救助網も同様に仕上げています。

次回も引き続き、ディテールバランスの煮詰め作業と艦橋の製作の様子をご紹介します。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(2017年9月1日更新!取引例に10作品追加! 現在計346作品掲載中)
↓↓↓
mfhbana.jpg

モデルファクトリーハイギヤードが主催する
艦船模型と飛行機模型の完成品販売webショップ『CHERRY&ANCHOR』
(2017年11月24日、1/200戦艦『三笠』ほか、艦船模型作品2点新入荷!)
↓↓↓
crbana.jpg

■メディア掲載情報
┣ モデルアート社出版『月刊 MODEL Art 2018年1月号』に、ピットロードコンテスト金賞受賞作品掲載
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo66』に、1/500一等巡洋艦『吾妻』作例と実艦解説記事掲載
┣ イカロス出版『艦船プラモカタログ2017』に、1/700航空母艦『CV-7 ワスプ』作例記事掲載
┣ イカロス出版『艦船プラモカタログ2018』に、1/700艦船模型作例記事掲載予定。(12月25日発売)
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo67』に艦船模型作例記事掲載予定。(来年2月15日発売)
┗ モデルアート社出版『月刊 MODEL Art 2018年4月号』に1/700艦船模型作例記事掲載予定。(来年2月26日発売)


up01.jpg
■受賞のおしらせ
┣ このたび 『第28回ピットロードコンテスト』におきまして、HIGH-GEARedこと渡辺真郎製作の
┃ 港湾ジオラマ作品 『Port of Yokohama 1930s』が、金賞を受賞いたしました。
┣ 当工房をご利用頂いているお客さまをはじめとして、ブログやサイトなどで作品をご覧頂いている模型
┃ ファンの皆さまの日ごろの応援に感謝すると共に、これからも更なる発展と技術向上&模型情報の
┃ 発信に努めて参りますので、引き続き、当工房と当ブログをよろしくお願い申し上げます。
┣ 作品写真は後日、当ブログにおいても発表を予定しておりますが、下記『鳶色の会』公式サイトに
┃ おきまして先行公開しておりますので、 ご興味のございます方は是非ご覧くださいませ。
┣ 鳶色の会 公式サイト: https://tobiiro.jimdo.com/
┗ 第28回ピットロードコンテスト結果: http://pit-road.jp/?info=2017contprize


■次回模型展示会参加のお知らせ
┣ 『奈良模型愛好会 第9回春展』
┣ 開催日時:平成30年春頃予定
┗ 詳細が決まり次第、告知いたします

1/700航空母艦『赤城』製作 その10

艦船模型製作代行のご依頼をいただき、フジミの1/700航空母艦『赤城』を製作中です。

17121801.jpg
今回は飛行甲板周りの装備品の取り付けの様子をご紹介します。(フライホークパーツの使用については今回が最終です)

17121802.jpg
これは飛行甲板外周に備わる甲板作業員の待機所(ポケット)のパーツです。床面と一体になったブルワークをひとつひとつ手曲げしつつ形にしていきました。

17121803k.jpg
折り曲げを完了し、塗装を済ませた甲板作業員待機所の様子。エッチングのブルワークはプラパーツでは出せない薄さを演出できるのが魅力です。

17121804.jpg
続いて遮風柵や着艦制動策、制止策などのパーツを個別に塗装し、切り出しました。

17121805.jpg
これらの装備品を取り付けると、飛行甲板が俄然、生き生きしてきました。(遮風柵にはこのあと、固定用ワイヤーも取り付けます)

17121806.jpg
同じく、飛行甲板後部の様子。これでフライホークのエッチング甲板に付属のパーツは全て取り付けを完了しました。

ちなみに、1/700のエッチング飛行甲板といえば、これまで――

航空母艦『加賀(AKAモデル) http://modelfactoryhg.blog.fc2.com/blog-entry-1017.html
航空戦艦『伊勢(レインボーモデル) http://modelfactoryhg.blog.fc2.com/blog-entry-502.html 』
航空巡洋艦『最上(海魂) http://modelfactoryhg.blog.fc2.com/blog-entry-631.html

の3隻で使用経験がありましたが、赤城用パーツのボリュームは過去最大でした。(そのぶん、見映えも最高のものになったと思います)

17121807.jpg
続いては、船体側の各部のディテールアップをご紹介します。(話は前後するのですが)これは左舷側艦橋後部の高角砲デッキの塗装前の様子です。赤丸部分にはトラス状の柱が備わるのですが、フジミの純正エッチングパーツには残念ながらこの部分の適合するパーツがなく、フライホークのエッチング甲板にも用意されていません。

17121808.jpg
飛行甲板裏側が精密に仕上がっているのに、この部分がプラの無垢パーツのままではせっかくのディテールが台無しになりますので、(ディテープアップ漏れがないように)新規パーツを用意しました。これは特シリーズの「赤城」より発売された、「艦NEXT」版の「赤城」用純正エッチングパーツです。

17121809.jpg
このパーツセットには、特シリーズ用パーツで用意されていないパーツが数多く用意されていますので、クレーンや灯火類など、流用できるものを色々と追加で使用しました。

17121810.jpg
高角砲甲板の柱をはじめ、「艦NEXT」用パーツを取り付けた「赤城」左舷中央付近のクローズアップ。(艦NEXT用の柱は特シリーズキットとはそのままでは合わないので、全長を少し切り詰めたり、着地点の隙間を埋める等の加工が必要になりました)

(次回も引き続き、ディテールのバランス調整の様子をご紹介します)


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

■メディア掲載情報
┣ モデルアート社出版『月刊 MODEL Art 2018年1月号』に、ピットロードコンテスト金賞受賞作品掲載
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo66』に、1/500一等巡洋艦『吾妻』作例と実艦解説記事掲載
┣ イカロス出版『艦船プラモカタログ2017』に、1/700航空母艦『CV-7 ワスプ』作例記事掲載
┣ イカロス出版『艦船プラモカタログ2018』に、1/700艦船模型作例記事掲載予定。(12月25日発売)
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo67』に艦船模型作例記事掲載予定。(来年2月15日発売)
┗ モデルアート社出版『月刊 MODEL Art 2018年4月号』に1/700艦船模型作例記事掲載予定。(来年2月26日発売)

モデルファクトリーハイギヤードが主催する
艦船模型と飛行機模型の完成品販売webショップ『CHERRY&ANCHOR』
(2017年11月24日、1/200戦艦『三笠』ほか、艦船模型作品2点新入荷!)
↓↓↓
crbana.jpg

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(2017年9月1日更新!取引例に10作品追加! 現在計346作品掲載中)
↓↓↓
mfhbana.jpg

up01.jpg
■受賞のおしらせ
┣ このたび 『第28回ピットロードコンテスト』におきまして、HIGH-GEARedこと渡辺真郎製作の
┃ 港湾ジオラマ作品 『Port of Yokohama 1930s』が、金賞を受賞いたしました。
┣ 当工房をご利用頂いているお客さまをはじめとして、ブログやサイトなどで作品をご覧頂いている模型
┃ ファンの皆さまの日ごろの応援に感謝すると共に、これからも更なる発展と技術向上&模型情報の
┃ 発信に努めて参りますので、引き続き、当工房と当ブログをよろしくお願い申し上げます。
┣ 作品写真は後日、当ブログにおいても発表を予定しておりますが、下記『鳶色の会』公式サイトに
┃ おきまして先行公開しておりますので、 ご興味のございます方は是非ご覧くださいませ。
┣ 鳶色の会 公式サイト: https://tobiiro.jimdo.com/
┗ 第28回ピットロードコンテスト結果: http://pit-road.jp/?info=2017contprize


■次回模型展示会参加のお知らせ
┣ 『奈良模型愛好会 第9回春展』
┣ 開催日時:平成30年春頃予定
┗ 詳細が決まり次第、告知いたします
プロフィール

HIGH-GEARed

Author:HIGH-GEARed
奈良市在住、スケールモデル販売業者「モデルファクトリーハイギヤード」の製作担当兼代表をしております。

また、渡辺真郎の名前で『月刊モデルアート』、『艦船模型スペシャル』等の模型雑誌の作例記事も書かせていただいております。

「プロモデラーの人ってどんな生活をしているの?」という疑問に少しでもお答えできるよう、業務日記と日常日記を織り交ぜた内容でお届けしております。

当ブログの作品紹介はホームページの補助的な役割で活用しており、ホームページの方をメインとして、模型作例を多数掲載しております。 ぜひご覧ください。

HIGH-GEARed HOBBY WORKS!!
↓↓↓
http://nabeck.web.fc2.com/

模型製作ご依頼はこちら(お気軽にお問い合わせください)
↓↓↓
http://nabeck.web.fc2.com/hg-mdf.htm

コメントの投稿は必ず記名をお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR