1/700航空母艦『天城』製作中 その3

艦船模型製作代行のご依頼をいただき、アオシマの1/700航空母艦『天城』を製作中です。

今回は飛行甲板の下処理と、迷彩塗装の塗り分けの工程をご紹介します。

18022801.jpg
アオシマの『天城』の飛行甲板パーツ。『天城』を含む『雲龍型航空母艦』は『蒼龍型航空母艦』の『飛龍』をベースにしているため、船体形状とともに飛行甲板の面積などもほぼ同じです。(異なる点としては、エレベーターが3基から2基に減じられている点などが挙げられます)

18022802.jpg
なお、甲板表面はラテックス製であるため、木甲板のような板目モールドはありません。

18022803.jpg
今回は、この間延びした飛行甲板に密度を与えるべく(お客さまからのご要望で)飛行機繋止用の眼環を追加しました。この眼環は0.3mmのドリル加工によるもので、飛行甲板全体でおよそ500か所程度開口しました。

18022804.jpg
なお、滑走制止策はエッチングへの切り替えに備えてモールドを削り取り、制動策ものちほどメタルラインを張って再現しなおす予定です。

18022805.jpg
続いて、飛行甲板の塗装に移ります。まずオキサイドレッドのサイフェイサーをムラなく塗装し、「眼環の表現の甘いところがないか?」や、「モールド切削部のアラがないか?」をしっかりチェックし、必要に応じて修正を行いました。

18022806.jpg
ひととおり修正が終わると、今後は全体に白を重ねます。この白は白線塗装のベースとなるので、この状態で白線表示を細切りのテープで描き込み、迷彩色を上塗りしました。

18022807.jpg
迷彩色は濃淡グリーンと黒の3色となりますが、今回はマスキング面積が最も少ない黒の部分を先に塗装し、(1/700に拡大コピーした塗装図を型紙に切り出した)テープを張ってマスクしました。

18022808.jpg
そして暗い方のグリーン(外舷1号)を吹き、再びマスキングをしたのち、明るいグリーン(外舷2号)を重ねます。

18022809.jpg
最後に飛行甲板後端部の紅白の着艦標示を1.5mm幅のマスキングテープを使用して塗り分ければ、飛行甲板の塗り分けは完了です。

18022810.jpg
合計5層の塗装を重ね、全てのマスキングを剥がした様子。今回の『天城』の塗装においては、お客さまよりピットロードカラーの使用をご指定いただいたのですが、外舷1号の在庫を切らしていた為、(お客さまとご相談のうえ)自家調合した塗料に変更しました。ガイアノーツの暗緑色をベースに調合したものですが、ピットロードカラー使用の完成品と並べても全く違いが分からない程に同じ色調に仕上がりました。

**業務連絡**
1/72『F-14Aトムキャット ウルフパック』の製作をご依頼頂きましたお客さま、作品の方が無事に完成しました。以下のアドレスに完成写真を掲載しておりますので、ご覧ください。
↓↓↓
http://nabeck.web.fc2.com/taniguchisama08.htm

発送スケジュールは明日3月1日の便で、翌2日20:00~21:00の到着指定となりますので、お受け取りをよろしくお願い申し上げます。



当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

■メディア掲載情報
┣ モデルアート社出版『月刊 MODEL Art 2018年4月号』に1/700戦艦『大和』作例記事掲載
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo67』に、1/700航空母艦『アークロイヤル(アオシマ)』作例記事掲載
┣ イカロス出版『艦船プラモカタログ2018』に、1/700駆逐艦『島風』作例記事掲載
┗ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo68』に、1/700艦船模型作例記事掲載予定。5月15日発売!

モデルファクトリーハイギヤード公式 スケールモデル完成品webショップ『CHERRY&ANCHOR』
(2018年2月10日、1/350特型駆逐艦精密完成品ほか、艦船模型完成品5隻入荷!)
↓↓↓
crbana.jpg

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(2018年1月9日更新!取引例およびメディア掲載作品に計14作品追加&工房紹介ページリニューアル)
↓↓↓
mfhbana.jpg

■次回模型展示会参加のお知らせ
┣ 『奈良模型愛好会 春展2018』
┣ 開催日時:4月7日(土)13:00~20:00
┃       4月8日(日)10:00~16:00
┣ 開催場所:奈良県奈良市右京1丁目3-4 サンタウンプラザ すずらん館1階 すずらんサークル
┗ 交通:近鉄京都線・『高の原駅』駅下車 徒歩5分
スポンサーサイト

模型誌に作例記事掲載のお知らせ 【月刊モデルアート2018年4月号】 1/700戦艦『大和』

モデルアート社出版、『月刊モデルアート』2018年4月号が発売となりました。

bmayamato01.jpg
今回の特集は『メッサーシュミットの最前線』と『1/700大和の現在』ということで、ピットロードの35周年キットとして発売された、1/700戦艦『大和』最終時の作例記事を担当させていただきました。

bmayamato02.jpg
作例自体は、新製品紹介の観点から(テストショットベースでの)ディテールアップなしの素組みとしていますが、下地の明暗を使い分けて立体感を強調した塗装方法などをご紹介しております。記事内には製作記録のほかに、ピットロード社企画担当の田中安啓氏へのロングインタビューも掲載されており、同社製品や大和ファンの皆さまにとってたいへん見ごたえのある内容になっています。

bmayamato03.jpg
また余談ですが、先日、当ブログにて参拝記事( http://modelfactoryhg.blog.fc2.com/blog-entry-1383.html )を掲載しました、『大和神社(おおやまとじんじゃ)』についても簡単にご紹介をさせていただきました。大和関連の情報としましては、ほかにもアオシマから(アルペジオ版から発展させる形で)発売された1/700戦艦『大和』や、ピットロードグランドフォースシリーズの1/35『九六式25mm三連装機銃』の情報も掲載されており、メッサーシュミットBf109の作例郡やその他の製作記事、連載企画とともに盛りだくさんな仕上がりです。

模型ファンの皆さまはぜひ、書店などでお買い求めくださいませ。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

■メディア掲載情報
┣ モデルアート社出版『月刊 MODEL Art 2018年4月号』に1/700戦艦『大和』作例記事掲載
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo67』に、1/700航空母艦『アークロイヤル(アオシマ)』作例記事掲載
┣ イカロス出版『艦船プラモカタログ2018』に、1/700駆逐艦『島風』作例記事掲載
┗ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo68』に、1/700艦船模型作例記事掲載予定。5月15日発売!

モデルファクトリーハイギヤード公式 スケールモデル完成品webショップ『CHERRY&ANCHOR』
(2018年2月10日、1/350特型駆逐艦精密完成品ほか、艦船模型完成品5隻入荷!)
↓↓↓
crbana.jpg

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(2018年1月9日更新!取引例およびメディア掲載作品に計14作品追加&工房紹介ページリニューアル)
↓↓↓
mfhbana.jpg

■次回模型展示会参加のお知らせ
┣ 『奈良模型愛好会 春展2018』
┣ 開催日時:4月7日(土)13:00~20:00
┃       4月8日(日)10:00~16:00
┣ 開催場所:奈良県奈良市右京1丁目3-4 サンタウンプラザ すずらん館1階 すずらんサークル
┗ 交通:近鉄京都線・『高の原駅』駅下車 徒歩5分

1/700航空母艦『天城』製作中 その2

艦船模型製作代行のご依頼をいただき、アオシマの1/700航空母艦『天城』を製作中です。

本日は、艦載機の製作の様子をご紹介します。

18022601.jpg
今回は、お客さまよりお持ち込みいただいたピットロード『日本海軍機セット6』をひと箱製作します。

18022602.jpg
この製品は、クリアー成形の艦載機セットの中ではディテールと機体シルエットのバランスが良く、個人的にも気に入っているものです。機数は零戦52型と彗星艦爆、天山艦攻がそれぞれ5機ずつの合計15機となりました。

18022603.jpg
零戦52型の基本パーツを組み立てた様子。機体の側面のゲートやパーティングラインを処理した上で、主脚と増槽を取り付けました。

18022604.jpg
こちらは彗星の様子です。主翼下にはクリアー成形の増槽を2本取り付けることが必要になるため、パーツの紛失などには注意を要しました。

18022605.jpg
天山につきましては、塗り分けの必要な魚雷は個別に塗装して後付けとしています。

18022606.jpg
塗装については(透け防止のために)黒サーフェーサーから立ち上げ、明るいグレーを挟んで明灰白色、暗緑色の順番で塗り重ねました。

18022607.jpg
塗装後の様子。カウリングやタイヤ、風防などは筆塗りし、主翼前端の識別用黄帯はマスキング+エアブラシ塗装で塗り分けています。

18022608.jpg
日の丸のデカールは、ピットロードの艦載機セットに付属のものは白丸に赤丸を重ねる構成になっているのですが、アオシマキットに付属のデカールは白枠付きで一枚構成で刷られています。今回は、お客様よりキット付属のデカールで処理するようにご指示をいただいておりますので、アオシマのデカールにて仕上げました。

18022609.jpg
また、アンテナと張り線の追加もご要望いただきましたので、0.2mm径の真鍮線を1.5mm長に切ったものを接着し、垂直尾翼との間にメタルラインを張りました。

18022610.jpg
なお、天山はお客さまのご希望で2機のみを主翼収納状態としました。写真下段に写っている飛行甲板の製作&塗装工程については、明後日のブログ更新の際にご紹介します。

明日は模型誌への作例掲載情報のご案内です。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

■メディア掲載情報
┣ モデルアート社出版『月刊 MODEL Art 2018年4月号』に1/700戦艦『大和』作例記事掲載
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo67』に、1/700航空母艦『アークロイヤル(アオシマ)』作例記事掲載
┣ イカロス出版『艦船プラモカタログ2018』に、1/700駆逐艦『島風』作例記事掲載
┗ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo68』に、1/700艦船模型作例記事掲載予定。5月15日発売!

モデルファクトリーハイギヤード公式 スケールモデル完成品webショップ『CHERRY&ANCHOR』
(2018年2月10日、1/350特型駆逐艦精密完成品ほか、艦船模型完成品5隻入荷!)
↓↓↓
crbana.jpg

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(2018年1月9日更新!取引例およびメディア掲載作品に計14作品追加&工房紹介ページリニューアル)
↓↓↓
mfhbana.jpg

■次回模型展示会参加のお知らせ
┣ 『奈良模型愛好会 春展2018』
┣ 開催日時:4月7日(土)13:00~20:00
┃       4月8日(日)10:00~16:00
┣ 開催場所:奈良県奈良市右京1丁目3-4 サンタウンプラザ すずらん館1階 すずらんサークル
┗ 交通:近鉄京都線・『高の原駅』駅下車 徒歩5分

1/72『メッサーシュミットBf109F-4/Trop マルセイユ』完成

1/72『メッサーシュミットBf109F4/TROP』と『キューベルワーゲン”OTTO”』が無事に完成しました。

本日は、完成写真をご紹介します。

bnabeyumi01_20180223233233e23.jpg
この作品は、ドイツ空軍好きの妻(鍋弓わた http://www.aksd.net/ )から、昨年秋の誕生日プレゼントとしてリクエストされていたもので、砂漠をイメージしたベース付きのジオラマ仕立ての作品として製作しました。

bnabeyumi02_20180223233234bbb.jpg
『メッサーシュミットBf109F4/TROP』はファインモールドのキットで、151機を撃墜して『アフリカの星』と呼ばれたエースパイロット、ハンス・ヨアヒム・マルセイユのマーキング(エルベ14)を再現しています。

bnabeyumi03_2018022323323712a.jpg
ファインモールドのキットには、マルセイユの搭乗機が4種再現可能なデカールが用意されていましたが、今回は1942年6月頃の中尉時代のマーキングをチョイスしました。

bnabeyumi04_20180223233238663.jpg
ベースサイズは15×15cmで、飛行機モノのジオラマとしては比較的、コンパクトな仕上がりとなりました。

bnabeyumi05_20180223233240def.jpg
塗色はキットの塗装指示のカラーリングそのままで、下地は黒サフベースにシルバーサフを重ねました。仕上げにはGSIクレオスウェザリングカラーによるウォッシングに加え、タミヤのウェザリングマスターを使用して軽くドライブラシを施しました。

bnabeyumi06_201802232332412b8.jpg
ディテールアップには、ファインモールドの純正パーツAA42『Bf109アクセサリーセット』を使用しました。これにより、プラグコードやコクピット内の計器類、フットペダルや操作ハンドルなどを精密に再現する事ができたのですが、カウルを閉じた状態で仕上げたことと、室内にパイロットフィギュアを載せたことで全く見えなくなってしまいました。(←唯一、ピトー管のみはシャープな仕上がりを実現してくれました)

bnabeyumi07_20180223233258444.jpg
砂漠のベースはパイン集成材と檜の角材を組んだ台座にモデリングペーストを盛り付け、仕上げにタミヤのテクスチャーペイントを重ねて仕上げました。なお、キューベルワーゲンの通ったところには轍を再現し、動きのある雰囲気を演出しています。

bnabeyumi08k.jpg
マルセイユ愛用のキューベルワーゲンの車体側面には、10分間に8機を撃墜した記念にイタリア語で『8』を意味する『OTTO』の文字が描かれていたと言われているので、今回はこれも再現しました。キットはハセガワ製をベースに使用し、『OTTO』のロゴはSWEETの1/144キットに付属のオマケデカールにて再現しました。また、ハセガワキットのタイヤはミリタリーパターンのものが採用されているので、エスモデルのキットからタイヤとホイールをトレードして砂漠仕様のバルーンタイヤ装着としました。

bnabeyumi09_20180223233259a69.jpg
マルセイユの『メッサーシュミット Bf109F4/TROP』製作を期に、私も久しぶりに飛行機モデルの製作に復帰してみたくなったので、今後は1/72の大戦機を中心に少しずつコレクションを進めていこうと思います。(ひとまず、次回作は『Ju87-G2 STUKA カノーネンフォーゲル ”ハンス・ウルリッヒ・ルーデル” 』に決定です)

当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

モデルファクトリーハイギヤード公式 スケールモデル完成品webショップ『CHERRY&ANCHOR』
(2018年2月10日、1/350特型駆逐艦精密完成品ほか、艦船模型完成品5隻入荷!)
↓↓↓
crbana.jpg

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(2018年1月9日更新!取引例およびメディア掲載作品に計14作品追加&工房紹介ページリニューアル)
↓↓↓
mfhbana.jpg

■メディア掲載情報
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo67』に、1/700航空母艦『アークロイヤル(アオシマ)』作例記事掲載
┣ イカロス出版『艦船プラモカタログ2018』に、1/700駆逐艦『島風』作例記事掲載
┗ モデルアート社出版『月刊 MODEL Art 2018年4月号』に1/700艦船模型作例記事掲載予定。(2月26日発売)

■次回模型展示会参加のお知らせ
┣ 『奈良模型愛好会 春展2018』
┣ 開催日時:4月7日(土)13:00~20:00
┃       4月8日(日)10:00~16:00
┣ 開催場所:奈良県奈良市右京1丁目3-4 サンタウンプラザ すずらん館1階 すずらんサークル
┗ 交通:近鉄京都線・『高の原駅』駅下車 徒歩5分

1/72『メッサーシュミットBf109F-4/Trop』"マルセイユ"製作 その5【ベース作成】

本日は、今年の1月上旬からしばらく間の開いていた、ファインモールドの1/72『メッサーシュミットBf109F-4/Trop』"マルセイユ"の製作記の続きをご紹介します。

18022201.jpg
前回のレポート( http://modelfactoryhg.blog.fc2.com/blog-entry-1373.html )までの段階で、Bf-109F4本体とキューベルワーゲン”OTTO”の方は無事に完成しましたので、今回はベース製作のご紹介です。

18022202.jpg
ベースは妻の希望で砂漠風のジオラマ仕立てとしました。台座はホームセンターで見つけたパイン集成材を15cm角にカットしたもので、アクリルケースを被せる為の段付きを製作する為に5mm檜角材を用意しました。

18022203.jpg
この檜角材をそれぞれ16cm長さに切り、隅を約45度にカットして外側に巻き付けます。

18022204.jpg
普段、こうした段落としは卓上フライスで行うことが多いのですが、今回はいつもとは違うやりかたにチャレンジしてみました。

18022205.jpg
地面はベースより若干盛り上げた状態にしたかったので、リキテックスのモデリングペーストを3回ほど重ね塗りしてかさ上げを行いました。

18022206.jpg
モデリングペーストは乾燥すると、表面がかなりデコボコに仕上がるので、仕上げに軽くヤスリを当てて表面をならしておきます。

18022207.jpg
仕上げに、タミヤの情景テクスチャーペイント『砂 ライトサンド』を重ねます。

18022208.jpg
乾燥後は艶が消え、ほどよい粒子感でリアルに砂の質感を演出してくれました。(仕上げにタミヤのウェザリングマスターで軽くドライブラシをかけておきました)

18022209.jpg
懸念事項だったキューベルワーゲンのタイヤも、バルーンタイヤへの履き替えを済ませ、マルセイユの『メッサーシュミットBf109F-4/Trop』は無事に完成しました。これまで、飛行機モデルや陸モノのジオラマベースを作る機会はあまりなかったので、楽しく製作する事が出来ました。

明日は完成画像をご紹介しますので、ぜひご覧くださいませ。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

モデルファクトリーハイギヤード公式 スケールモデル完成品webショップ『CHERRY&ANCHOR』
(2018年2月10日、1/350特型駆逐艦精密完成品ほか、艦船模型完成品5隻入荷!)
↓↓↓
crbana.jpg

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(2018年1月9日更新!取引例およびメディア掲載作品に計14作品追加&工房紹介ページリニューアル)
↓↓↓
mfhbana.jpg

■メディア掲載情報
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo67』に、1/700航空母艦『アークロイヤル(アオシマ)』作例記事掲載
┣ イカロス出版『艦船プラモカタログ2018』に、1/700駆逐艦『島風』作例記事掲載
┗ モデルアート社出版『月刊 MODEL Art 2018年4月号』に1/700艦船模型作例記事掲載予定。(2月26日発売)

■次回模型展示会参加のお知らせ
┣ 『奈良模型愛好会 春展2018』
┣ 開催日時:4月7日(土)13:00~20:00
┃       4月8日(日)10:00~16:00
┣ 開催場所:奈良県奈良市右京1丁目3-4 サンタウンプラザ すずらん館1階 すずらんサークル
┗ 交通:近鉄京都線・『高の原駅』駅下車 徒歩5分

1/700航空母艦『天城』製作中 その1

艦船模型製作代行のご依頼をいただき、アオシマの1/700航空母艦『天城』の製作を開始しました。

本日は使用キットやパーツをご紹介します。

18022101.jpg
『天城』をはじめとする雲龍型航空母艦は、大戦後期の就役とあって武運に恵まれた艦とは言い難いのですが、1/700のキットは割と充実しており、ピットロード、アオシマ、フジミの3社から選択可能です。今回は、その中から(個人的にもディテールアップベースに最も適していると考えている)アオシマキットをお客さまよりお持ち込み頂きました。

18022108.jpg
なお、アオシマの雲龍型空母キットといえば、過去には一番艦の『雲龍 http://modelfactoryhg.blog.fc2.com/blog-category-73.html 』をはじめとして――

18022109.jpg
『葛城 http://modelfactoryhg.blog.fc2.com/blog-category-74.html 』も製作しており、今回の『天城』製作で雲龍型全3隻が製作例として揃いました。

18022102.jpg
ディテールアップは、アオシマの純正エッチングパーツの使用をメインとし――

18022103.jpg
ファインモールドのナノドレッドシリーズのパーツを多く投入します。写真手前には翔鶴用セットの箱が写っていますが、これはあくまで『箱として使っているだけで』、中には『日本海軍汎用探照灯セット』と『八九式12.7cm高角砲』、『日本海軍 アンカー・菊花紋章セット』、『掃海具(パラベーン)セット』、『九六式25mm三連装機銃(防盾付) リニューアル版』、『艦載電波兵器セット』、『九六式25mm単装機銃 (リニューアル版・防盾選択式)』などを必要数揃えています。これに加えて、今回は『12cm二十八連装噴進砲』も使用します。

18022104.jpg
防空指揮所の双眼望遠鏡は、最近ではプラパーツも発売されていますが、更に精度の高いGenuine model製のレジンパーツを投入します。

18022105.jpg
その他、艦名ネームプレートや舷外電路、起倒式マスト、人員救助網、艦名標示版などの汎用エッチングパーツも適時使用します。これらのパーツは、全てお客さまにお持ち込みいただいたもので、どこにどのパーツを使用するかなど、詳細なご指示を頂きました。

18022106.jpg
なお、今回は(同じお客さまから)以前に頂いたご依頼品の余りのパーツも数種使用します。これらのパーツ群には(前回の製作の中で)下地処理や塗装を済ませたものもあり、私としましても懐かしの再会となりました。

18022107.jpg
旗も複数種ご用意いただいているので、必要な場所に応じて最も適したものを使用していく予定です。

この『天城』の製作は既に開始しておりますが、具体的な製作記事は週明け26日月曜日から掲載予定です。明日と明後日は、一旦、別の模型の話題をご紹介しますので、ぜひご覧くださいませ。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

モデルファクトリーハイギヤード公式 スケールモデル完成品webショップ『CHERRY&ANCHOR』
(2018年2月10日、1/350特型駆逐艦精密完成品ほか、艦船模型完成品5隻入荷!)
↓↓↓
crbana.jpg

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(2018年1月9日更新!取引例およびメディア掲載作品に計14作品追加&工房紹介ページリニューアル)
↓↓↓
mfhbana.jpg

■メディア掲載情報
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo67』に、1/700航空母艦『アークロイヤル(アオシマ)』作例記事掲載
┣ イカロス出版『艦船プラモカタログ2018』に、1/700駆逐艦『島風』作例記事掲載
┗ モデルアート社出版『月刊 MODEL Art 2018年4月号』に1/700艦船模型作例記事掲載予定。(2月26日発売)

■次回模型展示会参加のお知らせ
┣ 『奈良模型愛好会 春展2018』
┣ 開催日時:4月7日(土)13:00~20:00
┃       4月8日(日)10:00~16:00
┣ 開催場所:奈良県奈良市右京1丁目3-4 サンタウンプラザ すずらん館1階 すずらんサークル
┗ 交通:近鉄京都線・『高の原駅』駅下車 徒歩5分

1/700戦艦『ビスマルク』完成

艦船模型製作代行のご依頼を頂いて製作していた、ピットロードの1/700戦艦『ビスマルク』が完成しました。

本日は完成画像をご紹介します。

btaniguchisama82.jpg
ピットロード1/700戦艦『ビスマルク』、右舷前部からの全景。キットはピットロードのスカイウェーブシリーズとして発売されており、開発、設計などはトランペッターモデルによるものです。

btaniguchisama83.jpg
ピットロード1/700戦艦『ビスマルク』、左舷前部からの全景。今回はこのキットをベースに、海魂のスーパーディテールアップセットによるディテールアップを行いました。

btaniguchisama84.jpg
艦首から前部艦橋にかけてのクローズアップ。主砲身および副砲身、高角砲身は全て真鍮挽き物パーツに切り替え、機銃類も全て海魂のエッチングパーツを組んだものに置き換えました。

btaniguchisama85.jpg
中央構造物付近の様子。マストや艦橋のヤード類はエッチングを使用し、メタルリギングによる張り線を施しました。

btaniguchisama86.jpg
反対側の舷から艦首~中央構造物を見た様子。クレーンやカタパルトも海魂のパーツセットに付属の各種エッチングパーツに切り替え済みです。

btaniguchisama87.jpg
艦橋ウイングや露天の後部艦橋、レーダーやリフトなどはエッチング化の効果が特に高いポイントです。

btaniguchisama88.jpg
なお、海魂のパーツセットには手すりのエッチングが付属していなかったので、テトラモデルの汎用パーツを用意して対応しました。(各部の切り出しや曲げは、全て現物合わせで行っています)

btaniguchisama89.jpg
第三~第四主砲塔から艦尾にかけての様子。ここはラッタルや砲座の足場、そしてホーサーリールなどのディテールが見所です。(艦首と艦尾の対空識別標識は塗装にて再現しました)

btaniguchisama90.jpg
外舷色はお客さまと相談のうえ、上部構造物をタミヤカラーのTS81『ロイヤルライトグレー』とし、船体舷側部はTS81をベースに、ブラックを少々加えてトーンを落とした色あいに調整しました。今回は迷彩塗装なしでのご依頼ということで、清潔感を失わない程度の軽い汚し塗装を加えております。

*業務連絡
当作品をご依頼のお客さま、作品は明日21日の便にて発送いたします。翌22日20~21時の到着指定となりますので、お受け取りを宜しくお願いいたします。(同梱の手紙に連絡事項を添えておりますので、そちらもご確認をお願いいたします)



当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

モデルファクトリーハイギヤード公式 スケールモデル完成品webショップ『CHERRY&ANCHOR』
(2018年2月10日、1/350特型駆逐艦精密完成品ほか、艦船模型完成品5隻入荷!)
↓↓↓
crbana.jpg

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(2018年1月9日更新!取引例およびメディア掲載作品に計14作品追加&工房紹介ページリニューアル)
↓↓↓
mfhbana.jpg

■メディア掲載情報
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo67』に、1/700航空母艦『アークロイヤル(アオシマ)』作例記事掲載
┣ イカロス出版『艦船プラモカタログ2018』に、1/700駆逐艦『島風』作例記事掲載
┗ モデルアート社出版『月刊 MODEL Art 2018年4月号』に1/700艦船模型作例記事掲載予定。(2月26日発売)

■次回模型展示会参加のお知らせ
┣ 『奈良模型愛好会 春展2018』
┣ 開催日時:4月7日(土)13:00~20:00
┃       4月8日(日)10:00~16:00
┣ 開催場所:奈良県奈良市右京1丁目3-4 サンタウンプラザ すずらん館1階 すずらんサークル
┗ 交通:近鉄京都線・『高の原駅』駅下車 徒歩5分

1/700戦艦『ビスマルク』製作 その5

艦船模型製作代行のご依頼を受け、ピットロードの1/700戦艦『ビスマルク』を製作中です。

本日は対空兵装の製作と仕上げの作業の様子をご紹介します。

18021901.jpg
対空兵装は、海魂のパーツセットに付属している繊細なエッチングパーツに置き換えました。この写真は20mm機関砲の『MG C30』で、弾倉や肩あて、更には基部の旋回ハンドルまでが再現されています。キットのプラパーツ(右側)と比べると、ディテールではもちろん、サイズにも相当な差がある事がわかります。

18021902.jpg
今回はこの『MG C30』を合計12基製作しました。

18021903.jpg
こちらはラインメタル社製の『37mm SK C/30』で、4枚のエッチングパーツを組み立てました。なお、砲身は2枚のエッチングを重ねて厚みを出す構成になっているので、上面に薄めた塗料を僅かに乗せ、合わせ目が目立たないように処理しています。

18021904.jpg
こちらは艦橋直上の20mm四連装機銃『Flakvierling38』。芯の部分にのみキットのプラパーツを使用し、左右に展開された銃架と射手席&銃身などはエッチングに置き換えました。

18021905.jpg
武装関係では、海魂のパーツセットに付属の砲座外側の吸気口の足場も取り付けました。こうした足場用エッチングパーツは、1/350や1/200では良く目にしますが、1/700用では初めて見ました。

18021906.jpg
ホーサーリールはキットでは再現されていないので、こちらも海魂のエッチングパーツを取り付けました。(ドラム部はプラ丸棒で自作しています)

18021911.jpg
ちなみに、手すりは海魂のパーツセットには付属していなかったので、汎用の3段手すりパーツを別に用意しました。(←箱の完成例写真にはちゃんと手すりパーツが付けられているにも関わらず、実際には付属していなかったので少々ビックリしました) 

18021907.jpg
艦橋周りには各種レーダーやヤード、通路&リフトなどを取り付けました。製作開始当初は、「海魂のパーツセットは限定的に使用」と記載していましたが、最終的には(使うとかえってボリュームダウンを招いてしまう壁面パーツを除いて)ほぼ全てのパーツを使用しました。

18021909.jpg
中央構造物の後部は事務的な構造となっていますが、船体中央部を横断するカタパルトと、煙突後部のクレーンが良いアクセントになってくれています。

18021910.jpg
全体像。前回の更新時と比較すると、かなり情報量がアップして精密感を演出する事ができました。あとは空中線のみですので、明日には完成写真をご紹介します。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

モデルファクトリーハイギヤード公式 スケールモデル完成品webショップ『CHERRY&ANCHOR』
(2018年2月10日、1/350特型駆逐艦精密完成品ほか、艦船模型完成品5隻入荷!)
↓↓↓
crbana.jpg

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(2018年1月9日更新!取引例およびメディア掲載作品に計14作品追加&工房紹介ページリニューアル)
↓↓↓
mfhbana.jpg

■メディア掲載情報
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo67』に、1/700航空母艦『アークロイヤル(アオシマ)』作例記事掲載
┣ イカロス出版『艦船プラモカタログ2018』に、1/700駆逐艦『島風』作例記事掲載
┗ モデルアート社出版『月刊 MODEL Art 2018年4月号』に1/700艦船模型作例記事掲載予定。(2月26日発売)

■次回模型展示会参加のお知らせ
┣ 『奈良模型愛好会 春展2018』
┣ 開催日時:4月7日(土)13:00~20:00
┃       4月8日(日)10:00~16:00
┣ 開催場所:奈良県奈良市右京1丁目3-4 サンタウンプラザ すずらん館1階 すずらんサークル
┗ 交通:近鉄京都線・『高の原駅』駅下車 徒歩5分

1/700戦艦『ビスマルク』製作 その4

ピットロードの1/700戦艦『ビスマルク』の製作記を続けます。

なお余談ですが、今回の『ビスマルク』製作が(イギリス海軍によるビスマルク撃沈のきっかけを作った)空母『アークロイヤル』の作例紹介とタイミング的に重なってしまったことには少々因縁を感じております。

本日は、武装やその他の装備品の製作と取り付けの様子をご紹介します。

18021601.jpg
前回、組み立てとディテールアップの様子をご紹介した38cm連装主砲塔(SK C/34)は、本体と砲身、防水キャンパスをそれぞれ個別に塗装してから接着を行いました。

18021602.jpg
150mm(SK C/28 l55 C/34)副砲塔も概ね、主砲塔と同じ内容のディテールアップ(測距儀カバーと観測窓のエッチング&真鍮砲身)を行いました。(写真下側の105 mm-SK-C/33も海魂のパーツセットに付属の真鍮砲身に切り替え済みです)

18021603.jpg
ディテールアップを終えた各種火器を船体に取り付けた様子。ピットロードのビスマルク級戦艦キットは、主砲塔上のリベット表現が質実剛健なイメージを盛り上げてくれます。

18021604.jpg
これは煙突両脇に設置するクレーンです。写真を見ると、全てエッチングで組んでいるように見えますが、実際にはキットのプラパーツの基部を『芯』として使用しています。その際、プラパーツの前後左右および上面を(エッチングの厚みの分だけ)上手く削り取ってサイズを合わせる必要があり、少々神経を使う作業になりました。

18021605.jpg
一方、後部艦橋やウイングは全てエッチングで組めるように設計されていたので、比較的スムーズに組むことができました。壁を薄く作れるのがエッチングの強みですから、こうしたパーツ構成はとても嬉しいです。

18021606.jpg
非常に高さのある後部マストは、見張所とヤードアーム&足場にエッチングを使用しました。エッチングへの切り替えに備えて、もともとあるモールドを切り取ったり、プラパーツを取り付ける際に必要な窪みを埋めるなど、各部に手を加えています。

18021607.jpg
上部構造物上に3か所設置する測距儀とレーダー。これらもエッチング化の効果が高い装備です。

18021608.jpg
これまでに製作した各種装備品を取り付けた様子。カタパルトとカバーも海魂のエッチングに切り替え、(艦橋ウイングやクレーンなどのディテールも相まって)たいへんシャープな仕上がりになりました。

18021609.jpg
別アングル。後部マストや後部艦橋もエッチング使用の効果が存分に発揮されました。(ディテールバランス向上のため、今後は前部艦橋周りにも若干手を入れる予定です)

18021610.jpg
主要な装備品の取り付けを完了し、『ビスマルク級戦艦』らしい繊細かつ重厚な艦容が徐々に出来上がって参りました。次回はいよいよ仕上げに取り掛かってまいります。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

モデルファクトリーハイギヤード公式 スケールモデル完成品webショップ『CHERRY&ANCHOR』
(2018年2月10日、1/350特型駆逐艦精密完成品ほか、艦船模型完成品5隻入荷!)
↓↓↓
crbana.jpg

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(2018年1月9日更新!取引例およびメディア掲載作品に計14作品追加&工房紹介ページリニューアル)
↓↓↓
mfhbana.jpg

■メディア掲載情報
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo67』に、1/700航空母艦『アークロイヤル(アオシマ)』作例記事掲載
┣ イカロス出版『艦船プラモカタログ2018』に、1/700駆逐艦『島風』作例記事掲載
┗ モデルアート社出版『月刊 MODEL Art 2018年4月号』に1/700艦船模型作例記事掲載予定。(2月26日発売)

■次回模型展示会参加のお知らせ
┣ 『奈良模型愛好会 春展2018』
┣ 開催日時:4月7日(土)13:00~20:00
┃       4月8日(日)10:00~16:00
┣ 開催場所:奈良県奈良市右京1丁目3-4 サンタウンプラザ すずらん館1階 すずらんサークル
┗ 交通:近鉄京都線・『高の原駅』駅下車 徒歩5分

模型誌に作例記事掲載のお知らせ 【モデルアート社出版 艦船模型スペシャルNo67】、1/700航空母艦『アークロイヤル91』(アオシマ版)

本日15日、モデルアート社出版『艦船模型スペシャル』の第67号が発売となりました。

bksparkroyal00.jpg
今回も私、HIGH-GEARedこと渡辺真郎が、ライター陣の一人として末席を汚しておりますので、ご紹介させて頂きます。 

今号の特集は『女王陛下の航空母艦』ということで、大戦前後のイギリス海軍航空母艦の作例を網羅した見どころ満載の号となっています。

bksparkroyal01.jpg
私が担当した作例は、アオシマの1/700航空母艦『アークロイヤル』で、メーカー純正エッチングパーツに加えて、ファインモールド製ナノドレッドシリーズの40mm8連装ポンポン砲や、フライホークの艦載機&艦載艇などを使用したディテールアップを行っています。(1/700の初代空母『アークロイヤル(91)』の作例はアオシマとトランペッターのものが掲載されていますが、私が担当したのはアオシマ版の方です)

bksparkroyal02.jpg
アオシマ1/700航空母艦『アークロイヤル』の艦橋付近。ちなみに、同誌の表紙と巻頭に掲載されている、メリットインターナショナル製1/350版キットの作例は、『鳶色の会 https://tobiiro.jimdo.com/ 』の山口隆司会長の製作によるものです。

bksparkroyal03.jpg
精密パーツに交換したポンポン砲や艦載艇、艦載機のクローズアップ。特にフライホーク製の艦載機は驚くほど精密で、たいへん作り応えがありました。

『艦船模型スペシャル No67』は、イギリス海軍空母の特集ということで普段にも増してマニアックな内容になっていますが、空母開発の黎明期から過渡期にかけての艦容の変遷やメカニズムの発展などが(多数の作例とともに)事こまかに解説されています。

ロイヤルネイビーがお好きな方はもちろん、これまで興味がなかったという方も、端正な勇姿を是非お楽しみくださいませ。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

モデルファクトリーハイギヤード公式 スケールモデル完成品webショップ『CHERRY&ANCHOR』
(2018年2月10日、1/350特型駆逐艦精密完成品ほか、艦船模型完成品5隻入荷!)
↓↓↓
crbana.jpg

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(2018年1月9日更新!取引例およびメディア掲載作品に計14作品追加&工房紹介ページリニューアル)
↓↓↓
mfhbana.jpg

■メディア掲載情報
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo67』に、1/700航空母艦『アークロイヤル(アオシマ)』作例記事掲載
┣ イカロス出版『艦船プラモカタログ2018』に、1/700駆逐艦『島風』作例記事掲載
┗ モデルアート社出版『月刊 MODEL Art 2018年4月号』に1/700艦船模型作例記事掲載予定。(2月26日発売)

■次回模型展示会参加のお知らせ
┣ 『奈良模型愛好会 春展2018』
┣ 開催日時:4月7日(土)13:00~20:00
┃       4月8日(日)10:00~16:00
┣ 開催場所:奈良県奈良市右京1丁目3-4 サンタウンプラザ すずらん館1階 すずらんサークル
┗ 交通:近鉄京都線・『高の原駅』駅下車 徒歩5分
プロフィール

HIGH-GEARed

Author:HIGH-GEARed
奈良市在住、スケールモデル販売業者「モデルファクトリーハイギヤード」の製作担当兼代表をしております。

また、渡辺真郎の名前で『月刊モデルアート』、『艦船模型スペシャル』等の模型雑誌の作例記事も書かせていただいております。

「プロモデラーの人ってどんな生活をしているの?」という疑問に少しでもお答えできるよう、業務日記と日常日記を織り交ぜた内容でお届けしております。

当ブログの作品紹介はホームページの補助的な役割で活用しており、ホームページの方をメインとして、模型作例を多数掲載しております。 ぜひご覧ください。

HIGH-GEARed HOBBY WORKS!!
↓↓↓
http://nabeck.web.fc2.com/

模型製作ご依頼はこちら(お気軽にお問い合わせください)
↓↓↓
http://nabeck.web.fc2.com/hg-mdf.htm

コメントの投稿は必ず記名をお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR