FC2ブログ

今後予定している製作代行ご依頼品

本日は、今後予定している艦船模型の製作代行ご依頼品をご紹介します。

18042701.jpg
ただいま製作中の1/350原子力航空母艦『CVN-68 ニミッツ2007~』の次に製作を予定しているのは、当工房の製作代行品としては特にお馴染みの1/350航空母艦『赤城』です。

18042702.jpg
製作に使用するパーツ群も、基本的にこれまでと同じで、ハセガワのディテールアップエッチングパーツ、ベーシックAとベーシックB、ベーシックCと、エデュアルドのディテールアップセットに加えて――

18042703.jpg
飛行甲板裏側のトラス再現用の『ディテールアップスーパー』。

18042700.jpg
そして、ハセガワの空母艦載機セットを真珠湾第一次攻撃隊の機数分製作し、25mm連装機銃の真鍮砲身化とジャッキステーをエッチングに切り替えます。(更には乗組員フィギュアやマントレットなども追加) ちなみに、この仕様は2015年に製作した過去作品と全く同じものになります。

●過去作例の完成画像URLはこちらです
http://modelfactoryhg.blog.fc2.com/blog-entry-773.html
http://modelfactoryhg.blog.fc2.com/blog-entry-774.html

18042704.jpg
また、この赤城とは別件ですが、ピットロードの1/35『九六式25mm三連装機銃』も並行して製作しております。ブログへの製作記の掲載は若干前後する可能性がございますが、こちらもご興味のある方はぜひご覧ください。

□■業務連絡■□
現在、原稿の仕事の先行きが見えず、GW中に予定していた業務スケジュールに影響を与えつつあります。

大幅な遅延が発生しそうな場合には、お客さまにはあらかじめご連絡をさせていただきますので、恐れ入りますがご理解よろしくお願い申し上げます。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

■メディア掲載情報
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo67』に、1/700航空母艦『アークロイヤル(アオシマ)』作例記事掲載
┣ イカロス出版『艦船プラモカタログ2018』に、1/700駆逐艦『島風』作例記事掲載
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo68』に、1/700艦船模型作例記事×2隻、掲載予定。5月15日発売!
┗ モデルアート社出版『月刊MODEL Art 2018年9月号』に、1/700艦船模型作例記事掲載予定。7月26日発売!

モデルファクトリーハイギヤード公式 スケールモデル完成品webショップ『CHERRY&ANCHOR』
(2018年2月10日、1/350特型駆逐艦精密完成品ほか、艦船模型完成品5隻入荷!)
↓↓↓
crbana.jpg

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(2018年1月9日更新!取引例およびメディア掲載作品に計14作品追加&工房紹介ページリニューアル)
↓↓↓
mfhbana.jpg

■次回模型展示会参加のお知らせ
┣ 『静岡ホビーショー 第29回モデラーズクラブ合同作品展』
┣ 開催日時:5月12日(土)9:00~17:00
┃       5月13日(日)9:00~16:00
┣ 開催場所:ツインメッセ静岡
┗ 出展ブース:『奈良模型愛好会』および『チームKen-1 & 鳶色の会』の各ブースに出展予定

スポンサーサイト



■管理人オススメ!本格海戦ゲームアプリ「蒼焔の艦隊」■


↑Android版のダウンロードはこちら↑

↑iOS版のダウンロードはこちら↑

フル3Dで作成された艦艇で迫力の大海戦を勝ち抜いていくスマホゲーム。無料にて配信中!
(一部有料アイテムあり)

1/350原子力航空母艦『CVN-68 ニミッツ2007~』製作 その23

原稿の追い込みが未だ終わりませんが、編集過程のレイアウト作成の合間に少しだけ時間ができたので、本日は1/350『CVN-68 ニミッツ 2007~』の続きを進めておりました。

今回は、艦橋周りの改修とディテールアップの6回目をご紹介します。

18042601.jpg
前回ご案内していた最後のスポンソンは、艦橋前部のレドームの基部となる赤丸の部分です。ここはゴールドメダルのエッチングに使えそうなものがあったのですが、(艦橋天蓋となるべく質感を揃えたかったので)敢えてプラ板で自作しました。

18042602.jpg
続いて、自作したトップマストへのレーダーの取り付けを行いました。これらのレーダーは全て使用目的が違っており、黄色の丸印で示した部分は水上探索レーダー、そして後方の緑の丸印は、航空管制レーダーになります。ちなみにピンクの丸印は3次元対空レーダー(SPS-48)の取り付け台座で、1975年仕様と比べて現在はかさ上げされているようですので、その状況を再現しました。

18042603.jpg
トップヤードの装備品は、青丸の部分が衛星通信システム、そしてピンクが水上捜索レーダー、オレンジが戦術航法支援装置です。その他のアンテナは、ニミッツとキティホークのキットパーツから形状が似ているものを移植し、ないものについてはプラ棒などを組み合わせて自作しました。

18042604.jpg
レーダー関係の取り付けがほぼ完了した時点で、艦橋本体には手すりを取り付けました。これらはゴールドメダルとホワイトエンサインのエッチングに付属の汎用パーツを全て切り出したうえで、最も形状が近い物を現物合わせで調整しています。

18042605.jpg
艦橋窓枠のガラス表現は、1/700『CVN-68 ニミッツ2005 http://modelfactoryhg.blog.fc2.com/blog-entry-1395.html 』製作時は、窓枠ごとクリアー成形されていたので比較的やりやすかったのですが、1/350版はグレー成形のパーツを開口した形で表現されているので、少々手間がかかりました。まず、窓の縦幅に合わせて透明プラ板を帯状に切り出し、グリーンに直色したうえで、各窓枠の平面部に合わせた形状に現物合わせで切りぬき、裏側から順番に貼り付けていきます。

18042606.jpg
ニミッツの窓枠は平面的に構成されている為、角の部分などは形状やサイズをかなり厳密に調整する必要がありました。なお、接着は通常のプラセメントでは塗膜に影響を与えたり、クリアーパーツを曇らせてしまう可能性があるので、エマルジョン系の接着剤で行っています。

18042607.jpg
こうして、艦橋のガラス表現が無事に完了しました。角窓が並ぶ各階層は、上から『プライマリーフライトコントロール』、『航海艦橋』、『フラッグブリッジ』、(その下の曲面窓は『モニタリングルーム』)の順です。

18042608.jpg
セクターアンテナは、キットパーツの表面モールドを削り取った状態で取り付けました。このあと、素子の部分をエッチングで再生します。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

■メディア掲載情報
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo67』に、1/700航空母艦『アークロイヤル(アオシマ)』作例記事掲載
┣ イカロス出版『艦船プラモカタログ2018』に、1/700駆逐艦『島風』作例記事掲載
┗ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo68』に、1/700艦船模型作例記事×2隻、掲載予定。5月15日発売!

モデルファクトリーハイギヤード公式 スケールモデル完成品webショップ『CHERRY&ANCHOR』
(2018年2月10日、1/350特型駆逐艦精密完成品ほか、艦船模型完成品5隻入荷!)
↓↓↓
crbana.jpg

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(2018年1月9日更新!取引例およびメディア掲載作品に計14作品追加&工房紹介ページリニューアル)
↓↓↓
mfhbana.jpg

■次回模型展示会参加のお知らせ
┣ 『静岡ホビーショー 第29回モデラーズクラブ合同作品展』
┣ 開催日時:5月12日(土)9:00~17:00
┃       5月13日(日)9:00~16:00
┣ 開催場所:ツインメッセ静岡
┗ 出展ブース:『奈良模型愛好会』および『チームKen-1 & 鳶色の会』の各ブースに出展予定




■管理人オススメ!本格海戦ゲームアプリ「蒼焔の艦隊」■


↑Android版のダウンロードはこちら↑

↑iOS版のダウンロードはこちら↑

フル3Dで作成された艦艇で迫力の大海戦を勝ち抜いていくスマホゲーム。無料にて配信中!
(一部有料アイテムあり)

『大神神社(おおみわじんじゃ)』への参拝

本日は、奈良の寺社仏閣巡りのひとつとして、桜井市三輪の『大神神社 http://oomiwa.or.jp/ 』をご紹介します。

18042501.jpg
『大神神社』と書いて、「おおみわじんじゃ」と読みます。ここは原初の神祀りの様を伝える我が国最古の神社とも伝えられており、ご祭神の大物主大神(おおものぬしのおおかみ)がお山に鎮まるために、本殿は設けず、拝殿の奥にある三ツ鳥居を通し三輪山を拝するという古来の様式が、現在まで保たれています。

18042502.jpg
近隣には大きな無料駐車場があることに加え、有料駐車場も多く、車でのアクセスが便利です。また、JR西日本万葉まほろば線(桜井線) 三輪駅が境内のすぐ近くを通っている為、鉄道でも気軽に参拝することが可能です。

18042503.jpg
参道に続く道は美しく整備され、露店や売店なども並んで多くの観光客で賑わいます。松や杉、ヒノキなどの大樹が生い茂る広い参道は清潔に保たれ、拝殿には階段を登ってアクセスします。(徒歩10分程度)

18042504.jpg
拝殿は寛文4年(1664)に徳川家綱公により再建されたもので、国の重要文化財に指定されています。三輪山をご神体とするために本殿は置かれておらず、拝殿を通して三輪山を拝む原初の神まつりの姿を現在に留めています。

18042505.jpg
また、大神神社には摂社、末社が非常におおく置かれていることが特徴です。参道は全て綺麗に整えられ、道案内などの看板も充実しているので、始めて参拝される方にも安心です。

18042506.jpg
このような狭い参道では、参拝客はお互いに譲り合って通行します。この神社は観光客と言うよりも、敬虔な心持ちで参拝される方が多いという印象で、道行く人たちのマナーの良さにも驚かされました。

18042507.jpg
ここは、摂社の『久延毘古神社(くえひこ神社)』です。『久延毘古命』は、『古事記』に世の中の事をことごとく知っている智恵の神様と記され、受験合格・学業向上の御利益があると伝えられています。この写真を撮影した時期は、ちょうど受験シーズンだったこともあり、学業成就の祈祷を受ける参拝客が大勢おられました。

18042508.jpg
写真左は『市杵島姫神社(いちきしまひめじんじゃ)』、そして右側は『狭井神社(さいじんじゃ)』の拝殿脇にある御神水が湧きでる薬井戸です。『大神神社』の境内は非常に見どころが多く、三輪山の登拝なども計画に入れた場合は、丸一日でも廻りきれないかもしれません。

18042509.jpg
また、神社以外に展望台やささゆり園などもあり、観光としても楽しめます。この写真は展望台から見下ろした桜井市内の様子で、街中に多くの古墳が点在する様子などを一望することができました。

18042510.jpg
御朱印は、厄除け祈祷の申し込みを行う参集殿で授かることができます。

『大神神社』は、以前の記事でご紹介した『大和神社 http://modelfactoryhg.blog.fc2.com/blog-entry-1383.html 』や『石上神宮 http://modelfactoryhg.blog.fc2.com/blog-entry-1382.html 』にも程近いので、奈良におみえの際には、長きに渡って人々の信仰を集め続けて来た歴史ある各神社に是非ご参拝ください。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

■メディア掲載情報
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo67』に、1/700航空母艦『アークロイヤル(アオシマ)』作例記事掲載
┣ イカロス出版『艦船プラモカタログ2018』に、1/700駆逐艦『島風』作例記事掲載
┗ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo68』に、1/700艦船模型作例記事×2隻、掲載予定。5月15日発売!

モデルファクトリーハイギヤード公式 スケールモデル完成品webショップ『CHERRY&ANCHOR』
(2018年2月10日、1/350特型駆逐艦精密完成品ほか、艦船模型完成品5隻入荷!)
↓↓↓
crbana.jpg

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(2018年1月9日更新!取引例およびメディア掲載作品に計14作品追加&工房紹介ページリニューアル)
↓↓↓
mfhbana.jpg

■次回模型展示会参加のお知らせ
┣ 『静岡ホビーショー 第29回モデラーズクラブ合同作品展』
┣ 開催日時:5月12日(土)9:00~17:00
┃       5月13日(日)9:00~16:00
┣ 開催場所:ツインメッセ静岡
┗ 出展ブース:『奈良模型愛好会』および『チームKen-1 & 鳶色の会』の各ブースに出展予定





■管理人オススメ!本格海戦ゲームアプリ「蒼焔の艦隊」■


↑Android版のダウンロードはこちら↑

↑iOS版のダウンロードはこちら↑

フル3Dで作成された艦艇で迫力の大海戦を勝ち抜いていくスマホゲーム。無料にて配信中!
(一部有料アイテムあり)

妻が執筆中の飛行機マンガをご紹介(+関西コミティア参加案内)

ただいま、原稿追い込み中で製作記は一旦中断しておりますが、この機会に、私の妻でイラストレーター兼漫画家の鍋弓わた( http://www.aksd.net/ )が現在執筆中の漫画作品をご紹介します。

18042401.jpg
これは関西コミティア( http://www.k-comitia.com/ )で掲示予定のポスターで、「極星堂」というのは、妻のサークル名です。作品のタイトルは、『吹雪飛行1932』というもので、第一次大戦後の戦間期の航空兵育成機関が舞台となっています。

18042402.jpg
作品の主役は、これまで妻が製作してきたライネンラントシリーズ( http://www.aksd.net/shop/ )のヒロイン、メレーテの相手役として、これまでにも(ほぼ)毎回登場している貴族の青年、バルタザールです。

18042403.jpg
これは製作中の作品ページです。第一次大戦の敗戦によって空軍の所持を禁じられていたドイツは、航空兵育成のためにソ連の空軍基地に秘密裏に訓練施設を設けていました。(←嘘みたいな話ですが、実話です)

18042404.jpg
訓練生であるにも関わらず、向う見ずなバルタザールは吹雪の中、果敢に離陸を行います。

18042405.jpg
そんなバルタザールに空への憧れを抱かせたのは、のちにドイツ空軍元帥となる、若き日のヘルマン・ゲーリングでした。

18042406.jpg
ちなみに、この作品に登場する機体は、第一次大戦時の名機として知られた『フォッカーDⅦ』です。

18042407.jpg
妻が作品を描くにあたり、(デッサンモデルとして活用するために)私がローデンの1/72キットを組みました。そういう意味では、私も少しはこの漫画作品の製作にかかわっていることになります。

18042408.jpg
ちなみにこれは、冒頭に載せたポスターが出来あがっていく過程の画像です。少しずつ色が塗りあがって行く様子は、模型の塗装工程をみるようで面白いですね。

妻が執筆中の『吹雪飛行1932』は、2018年5月20日(日)にインテックス大阪にて開催される【関西コミティア52 http://www.k-comitia.com/ 】で、ブースナンバーG-17『極星堂』にて頒布予定です。

ご興味ございます方は、ぜひ関西コミティアにおいでくださいませ!



当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

■メディア掲載情報
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo67』に、1/700航空母艦『アークロイヤル(アオシマ)』作例記事掲載
┣ イカロス出版『艦船プラモカタログ2018』に、1/700駆逐艦『島風』作例記事掲載
┗ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo68』に、1/700艦船模型作例記事×2隻、掲載予定。5月15日発売!

モデルファクトリーハイギヤード公式 スケールモデル完成品webショップ『CHERRY&ANCHOR』
(2018年2月10日、1/350特型駆逐艦精密完成品ほか、艦船模型完成品5隻入荷!)
↓↓↓
crbana.jpg

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(2018年1月9日更新!取引例およびメディア掲載作品に計14作品追加&工房紹介ページリニューアル)
↓↓↓
mfhbana.jpg

■次回模型展示会参加のお知らせ
┣ 『静岡ホビーショー 第29回モデラーズクラブ合同作品展』
┣ 開催日時:5月12日(土)9:00~17:00
┃       5月13日(日)9:00~16:00
┣ 開催場所:ツインメッセ静岡
┗ 出展ブース:『奈良模型愛好会』および『チームKen-1 & 鳶色の会』の各ブースに出展予定





■管理人オススメ!本格海戦ゲームアプリ「蒼焔の艦隊」■


↑Android版のダウンロードはこちら↑

↑iOS版のダウンロードはこちら↑

フル3Dで作成された艦艇で迫力の大海戦を勝ち抜いていくスマホゲーム。無料にて配信中!
(一部有料アイテムあり)

1/350原子力航空母艦『CVN-68 ニミッツ2007~』製作 その22

艦船模型製作代行のご依頼をいただき、トランペッターモデルの1/350原子力航空母艦『CVN-68 ニミッツ』を製作中です。

この『ニミッツ』は、土日も作業を続けていたのですが、模型誌の原稿(2隻ぶん)を急いで仕上げなくてはならない状態に陥ってしまいまして、思うように進んでいません。

今後3日間ほど製作記を中段する可能性がございますが、落ち着き次第急いで再開しますので、引き続きよろしくお願い致します。

(製作代行の順番をお待ちのお客さまには、お待ちをいただきお詫び申し上げます)

18042301.jpg
前回は艦橋基部前面のレドーム用の追加スポンソン×2箇所と艦橋天蓋後部の櫓、そして右舷側のSLQ-32用スポンソンの追加を行いました。

18042302.jpg
今回も前回に引き続き、2007年以降のニミッツに追加されているスポンソンとブルワーク、アンテナなどの自作を行います。この写真はピットロードの1/700『CVN-68 ニミッツ2005』のもので、1975年仕様の1/350キットの状態と比較すると、イルミネーター用の環座(オレンジの丸印)、艦橋窓枠最上層前面のブルワーク(グリーンの丸印)、ホイップアンテナ(ピンクの丸印)が追加されている事がわかります。

18042303.jpg
イルミネーター用の環座は、上に向かって末広がりの形状になっているため、まずは床面の円形をプラ板から切り出し、続いてブルワークを扇形の展開形状で切り出しました。

18042304.jpg
続いて扇型のブルワークに均等に丸みを付けて立ち上げ、下辺を床面の外周に接着すると、末広がり形状のブルワークが完成します。

18042305.jpg
次は艦橋前面のブルワーク作成ですが、こちらは(直線的で比較的容易な形状ですので)帯状に切り出したプラ板を現物合わせで調整しつつ、実艦に資料に近い形状に仕上げました。

18042306.jpg
最後はホイップアンテナですが、これは基部をプラの角棒&三角棒&丸棒の組み合わせで自作し、アンテナ本体にはキティホーク用のパーツを流用して仕上げました。

18042307.jpg
完成したパーツ群を塗装しおえた様子。イルミネーターのブルワークは0.2mm厚の薄いプラ板で製作している為、透け防止ために下地は黒サフ→オキサイドレッドの順で仕上げました。

18042308.jpg
これで、イルミネーターやホイップアンテナも無事に取り付ける事が出来ました。改修前を思えば、随分と装備品が増えて賑やかになってきた印象です。

18042309.jpg
艦橋の増設スポンソンはまだあと一か所ありますので、次のニミッツ製作記の更新時にご紹介します。なお、このニミッツの改修箇所は船体周りも含めるとまだまだ多く、武装の製作に加えてエッチングなどの取り付けも数多く残しておりますので、製作記の掲載もあと3~4回程度続く見込みです。

次回更新は少し先になりますが、完成までの工程を詳細にご紹介して参りますので、引き続き1/350『ニミッツ2007年以降』の製作記をお楽しみ頂けましたら幸いです。

(原稿作成追い込み中のため、次回は別の話題をご紹介します)


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

■メディア掲載情報
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo67』に、1/700航空母艦『アークロイヤル(アオシマ)』作例記事掲載
┣ イカロス出版『艦船プラモカタログ2018』に、1/700駆逐艦『島風』作例記事掲載
┗ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo68』に、1/700艦船模型作例記事×2隻、掲載予定。5月15日発売!

モデルファクトリーハイギヤード公式 スケールモデル完成品webショップ『CHERRY&ANCHOR』
(2018年2月10日、1/350特型駆逐艦精密完成品ほか、艦船模型完成品5隻入荷!)
↓↓↓
crbana.jpg

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(2018年1月9日更新!取引例およびメディア掲載作品に計14作品追加&工房紹介ページリニューアル)
↓↓↓
mfhbana.jpg

■次回模型展示会参加のお知らせ
┣ 『静岡ホビーショー 第29回モデラーズクラブ合同作品展』
┣ 開催日時:5月12日(土)9:00~17:00
┃       5月13日(日)9:00~16:00
┣ 開催場所:ツインメッセ静岡
┗ 出展ブース:『奈良模型愛好会』および『チームKen-1 & 鳶色の会』の各ブースに出展予定





■管理人オススメ!本格海戦ゲームアプリ「蒼焔の艦隊」■


↑Android版のダウンロードはこちら↑

↑iOS版のダウンロードはこちら↑

フル3Dで作成された艦艇で迫力の大海戦を勝ち抜いていくスマホゲーム。無料にて配信中!
(一部有料アイテムあり)

1/350原子力航空母艦『CVN-68 ニミッツ2007~』製作 その21

トランペッターモデルの1/350原子力航空母艦『CVN-68 ニミッツ』を製作中です。

本日から数回に分けて、(キットの設定年代である1975年から2007年以降への年代設定変更に伴う)艦橋本体の改修についてご紹介します。

18042001.jpg
2007年以降の艦橋にはレーダーが多数追加されて大きな見所となっていることもあり、今回はベテランモデル製の精密パーツ群を多数使用しました。写真のパーツは対空レーダー群のSPS-10 SPS-48 SPS-49がセットされたものです。

18042002.jpg
三次元対空レーダーのSPS-48は、レジンパーツ×4個とエッチング12枚の計16パーツを組み合わせて製作する非常に精密な構成になっており、小ぶりながらも非常に充実したディテールを再現しています。

18042003.jpg
そして、同セットに付属しているSPS49(写真左側)および、SPS-10(同右側)もたいへん精密に仕上がりました。SPS-49(二次元対空レーダー)は、以前に製作したホワイトエンサインモデルズ製の後部マストに取り付けます。

18042004.jpg
こちらは射撃指揮レーダーのイルミネーターMk.95とMk.23TAS(低空警戒レーダー)のセットで、今回はイルミネーターのみを製作しました。ちなみに、このパーツはエッチングが付属しないフルレジン設計となっています。(これらは艦橋だけでなく、艦尾のミサイルランチャ―付近にも装備します)

18042005.jpg
水上捜索レーダーのSPQ-9Bと、パラボラアンテナ状のSPG-62。SPG-62は、1975年当時と2007年以降では取り付け位置が異なっている為、装備する場所には注意が必要です。

18042006.jpg
なお、ディテールアップパーツが発売されていない装備品については、各キットに付属のプラパーツも併用しました。写真左から電子支援装置SLQ-32(キティホークに付属)、衛星通信システムOE-82/WSC-1(ニミッツに付属)、戦術航法補助装置URN-25(キティホークに付属)の順で、それぞれ目的に応じた場所をチェックした上で取り付けを行いました。

18042007.jpg
なお、これらの装備品を取り付ける為にはスポンソンの増設が必要になります。この写真は1/700『ニミッツ2005』の例で、今回は赤い丸印で示したスポンソンと、黄色い丸印で示した櫓の追加を行いました。

18042008.jpg
ちなみに、キティホークのキットには、レーダー用のスポンソンのパーツが多数付属(写真上側)しているものの、残念ながら形状が合うものがなかったので、いつものようにプラ板切り出しによる自作を行っています。(写真下側)

18042009.jpg
また、レドームもキティホークのキットに多数付属していましたが、球形のものが不足していたので、手芸用のビーズで増産しました。(写真奥)

18042010.jpg
自作の増設スポンソンを取り付け、電子支援装置とレドームを装備させた様子。SPG-62の取り付けスポンソンは、1975年当時は左舷と右舷に振り分けられていましたが、現在では2基とも左舷寄りに取り付けられているので、キットパーツのスポンソンを上下逆向きに取り付け、三角補強板も逆に接着し直すことで対処しました。艦橋の改修はまだ中盤ですが、装備品が増えて早くも近代的なイメージが見えて参りました。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

■メディア掲載情報
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo67』に、1/700航空母艦『アークロイヤル(アオシマ)』作例記事掲載
┣ イカロス出版『艦船プラモカタログ2018』に、1/700駆逐艦『島風』作例記事掲載
┗ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo68』に、1/700艦船模型作例記事×2隻、掲載予定。5月15日発売!

モデルファクトリーハイギヤード公式 スケールモデル完成品webショップ『CHERRY&ANCHOR』
(2018年2月10日、1/350特型駆逐艦精密完成品ほか、艦船模型完成品5隻入荷!)
↓↓↓
crbana.jpg

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(2018年1月9日更新!取引例およびメディア掲載作品に計14作品追加&工房紹介ページリニューアル)
↓↓↓
mfhbana.jpg

■次回模型展示会参加のお知らせ
┣ 『静岡ホビーショー 第29回モデラーズクラブ合同作品展』
┣ 開催日時:5月12日(土)9:00~17:00
┃       5月13日(日)9:00~16:00
┣ 開催場所:ツインメッセ静岡
┗ 出展ブース:『奈良模型愛好会』および『チームKen-1 & 鳶色の会』の各ブースに出展予定



■管理人オススメ!本格海戦ゲームアプリ「蒼焔の艦隊」■


↑Android版のダウンロードはこちら↑

↑iOS版のダウンロードはこちら↑

フル3Dで作成された艦艇で迫力の大海戦を勝ち抜いていくスマホゲーム。無料にて配信中!
(一部有料アイテムあり)

1/350原子力航空母艦『CVN-68 ニミッツ2007~』製作 その20

トランペッターモデルの1/350原子力航空母艦『CVN-68 ニミッツ』を製作中です。

本日は、(キットの設定年代である1975年から2007年以降への年代設定変更に伴う)艦橋トップマストの改修についてご紹介します。

18041901.jpg
先日の展示会の際には、艦橋トップマストはこの写真の状態で出展を行ったのですが、このマストは、キットに付属している1975年設定のものをそのまま組み立てたもので、今回製作する2007年以降の仕様とは形状が大きく異なります。そこで、このマストは展示会終了後に一旦取り外し、新設計の3段マストをスクラッチする事にしました。

18041902.jpg
製作にあたっては、ヤード各層の平面形状を書き出したうえで、1/350原寸に拡大したものを型紙としました。

18041903.jpg
そして、その平面形をプラ板に写し取って切り出しを行います。ウェーブのプラプレートは目盛が付いているため、左右対称のパーツを切り出す際にはたいへん便利です。

18041904.jpg
なお、これらのヤードは一枚モノで切り出すのが理想ではあるのですが、今回は各部の形状を正確に捉えるために部分ごとに分割を行い、のちほど接着する方法で仕上げました。このあと、プラ板表面に残った目盛りをサンディングして落とし、組み立てに備えます。

18041905.jpg
そして、1/350原寸に調整したプラ棒を支柱として、下から順番に組み上げました。なお、支柱の断面形状は丸断面から角断面に変更されているため、その違いも再現したほか、ヤード下側のディテールも実物のイメージに近づける工夫を行っています。

18041906.jpg
最後に、斜めの支柱を追加することで、ニミッツの艦橋トップマストの基本部分は完成です。

18041907.jpg
下地塗装は船体やその他の構造物と同様に、透け止めの黒サーフェイサーを吹いたのち、オキサイドレッドをムラなく重ね塗りました。

18041908.jpg
続いて平面部と側面部を塗り分け、艦橋本体とマッチしたイメージに仕上がりました。次回からは、艦橋本体の改修の続きと、マストの装備品の取り付けなどを行って参ります。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

■メディア掲載情報
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo67』に、1/700航空母艦『アークロイヤル(アオシマ)』作例記事掲載
┣ イカロス出版『艦船プラモカタログ2018』に、1/700駆逐艦『島風』作例記事掲載
┗ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo68』に、1/700艦船模型作例記事×2隻、掲載予定。5月15日発売!

モデルファクトリーハイギヤード公式 スケールモデル完成品webショップ『CHERRY&ANCHOR』
(2018年2月10日、1/350特型駆逐艦精密完成品ほか、艦船模型完成品5隻入荷!)
↓↓↓
crbana.jpg

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(2018年1月9日更新!取引例およびメディア掲載作品に計14作品追加&工房紹介ページリニューアル)
↓↓↓
mfhbana.jpg

■次回模型展示会参加のお知らせ
┣ 『静岡ホビーショー 第29回モデラーズクラブ合同作品展』
┣ 開催日時:5月12日(土)9:00~17:00
┃       5月13日(日)9:00~16:00
┣ 開催場所:ツインメッセ静岡
┗ 出展ブース:『奈良模型愛好会』および『チームKen-1 & 鳶色の会』の各ブースに出展予定



■管理人オススメ!本格海戦ゲームアプリ「蒼焔の艦隊」■


↑Android版のダウンロードはこちら↑

↑iOS版のダウンロードはこちら↑

フル3Dで作成された艦艇で迫力の大海戦を勝ち抜いていくスマホゲーム。無料にて配信中!
(一部有料アイテムあり)

1/350原子力航空母艦『CVN-68 ニミッツ2007~』製作 その19

トランペッターモデルの1/350原子力航空母艦『CVN-68 ニミッツ』を製作中です。

本日は、艦載ヘリと艦載車両の製作をご紹介します。

18041801.jpg
艦載ヘリは二種類、計6機を製作しておりますが、両機ともに製作過程は完全に同じです。まず、ガラス部分をマスキングして塗り残し、透け止めと機内色を兼ねたブラックを全体にムラなく塗装しました。

18041802.jpg
そして本塗装として下面色にホワイト、上面色にMr.カラー307番『グレーFS36320』を重ね、タイヤ部分を筆塗りしました。

18041803.jpg
そしてデカール貼り、クリアーコーティングを施した上でマスキングを剥がすと、艦載ヘリ群は完成となります。なお、デカールは何故か星のマークが付属していなかったので、EA-6B『プラウラー』用のものを流用しました。

18041804.jpg
続いては艦載車両です。これらの車両はニミッツのキットにも付属していますが、年代的に合わない上にモールドもいまひとつなので、同社の『CVA-63 キティホーク』に付属のパーツを流用しました。なお、この車両は艦載機の牽引に使用するトラクターです。

18041805.jpg
トラクターには、前後のホイールが異径になっているものもあります。この車両は、資料などでも良く目にすることができ、スペシャルマーキングの仕様も存在する模様です。

18041806.jpg
こちらは艦載消防車。赤ラインのデカールはキットには用意されていなかったので、マーカーで描き入れました。艦載車両も1/350スケールとなると、タイヤとホイールを塗り分けた方がより実感的に仕上がります。

18041807.jpg
デッキクレーンは、ジブのエッチングがホワイトエンサインのパーツに含まれているのですが、現在使用されているものと形状が異なる為、キットパーツをそのまま使用しました。(簡単なディテールアップとして、窓の追加やケーブルの取り付けなどを行っています)

18041808.jpg
写真左側の大型クレーン車はニミッツのキットに付属していたもので、見映えが良かったので一台製作してみました。一方、右側のフォークリフトはキティホークに付属の物で、この二車種は実物と同様にイエローに塗装しました。

18041809.jpg
こうして、デッキ上で活動する艦載車両が全て揃いました。こうした車両群は、空母モデルの活動美を演出してくれる美味しいわき役になってくれます。

18041810.jpg
E-2CとC-2、艦載ヘリ、そして車両群を飛行甲板に仮置きしてみました。これで搭載機と搭載車両群は全て完成となります。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

■メディア掲載情報
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo67』に、1/700航空母艦『アークロイヤル(アオシマ)』作例記事掲載
┣ イカロス出版『艦船プラモカタログ2018』に、1/700駆逐艦『島風』作例記事掲載
┗ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo68』に、1/700艦船模型作例記事×2隻、掲載予定。5月15日発売!

モデルファクトリーハイギヤード公式 スケールモデル完成品webショップ『CHERRY&ANCHOR』
(2018年2月10日、1/350特型駆逐艦精密完成品ほか、艦船模型完成品5隻入荷!)
↓↓↓
crbana.jpg

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(2018年1月9日更新!取引例およびメディア掲載作品に計14作品追加&工房紹介ページリニューアル)
↓↓↓
mfhbana.jpg

■次回模型展示会参加のお知らせ
┣ 『静岡ホビーショー 第29回モデラーズクラブ合同作品展』
┣ 開催日時:5月12日(土)9:00~17:00
┃       5月13日(日)9:00~16:00
┣ 開催場所:ツインメッセ静岡
┗ 出展ブース:『奈良模型愛好会』および『チームKen-1 & 鳶色の会』の各ブースに出展予定



■管理人オススメ!本格海戦ゲームアプリ「蒼焔の艦隊」■


↑Android版のダウンロードはこちら↑

↑iOS版のダウンロードはこちら↑

フル3Dで作成された艦艇で迫力の大海戦を勝ち抜いていくスマホゲーム。無料にて配信中!
(一部有料アイテムあり)

1/350原子力航空母艦『CVN-68 ニミッツ2007~』製作 その18

トランペッターモデルの1/350原子力航空母艦『CVN-68 ニミッツ』を製作中です。

本日は、艦上輸送機のC-2『グレイハウンド』の製作をご紹介します。

18041701.jpg
キットはトランペッターモデルから別売りされている単品のものを使用しました。E-2Cとはパーツ構成が全くことなっており、主翼が一体となっているほか、操縦席を再現していることと、キャノピーのみがクリアー成形されている点などに違いがあります。

18041702.jpg
今回は、主翼は折り畳んだ状態をご指定いただいているため、切り取って個別に塗装を行いました。塗装順はE-2Cの時と同じで最初に透け止めの黒を吹き、続いて明るいグレーを塗り重ねています。

18041703.jpg
機体色はMr.カラーの316番『ホワイトFS17875』と315番『グレーFS16440』の二色となります。まずは下面をメインに『ホワイトFS17875』を吹き、マスキングのち『グレーFS16440』を重ねました。

18041704.jpg
なお、C-2は下面だけでなく、上面も胴体の前後に沿って(下面色の)『ホワイトFS17875』が塗られているため、塗装工程が少々複雑になりました。(エンジン周りも上面色と下面色の塗り分けを行っています)

18041705.jpg
塗り分けが完了した主翼を胴体に接着した様子。上面から見た色数の違いもあって、E-2Cと比べても情報量の多い魅力的な雰囲気に仕上がりました。

18041706.jpg
デカールは別売りキットのものを使用します。トランペッターモデルの1/350艦載機は、艦船キットに付属の物も単品キットのものも、基本的にCAGマーキングがデフォルトになりがちなのですが、C-2に限っては通常塗装のもののみとなっていました。

18041707.jpg
キャノピーは例によって、フロントガラスと天窓のみを塗り残してクリアー表現を施しました。室内には一応操縦席も再現されていますが、サイズや配置が実機とは異なっているので、キャノピー裏側を黒塗装する方法で見えないように仕上げています。

18041708.jpg
完成した1/350『C-2 グレイハウンド』。CAG機ではありませんが、色数が多いこともあって、華やかな印象に仕上がりました。

18041709.jpg
なお、C-2に付属のデカールはE-2Cにも流用が効くものがあったので、この機会に貼り増しを行いました。機首の赤ラインの他に機体番号も流用していますが、C-2の機番が2ケタであるのに対してE-2Cは3ケタになりますので、2枚のデカールを使用して切り詰めて繋げることで再現しました。

デカールの仕様はメーカー側である程度、統一してほしい物ですが、トランペッターモデルの艦載機は発売時期やロットによって表現に一貫性がないため、ユーザー側としては組み合わせを考えつつ、なるべく不自然にならないように工夫するしかありません。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

■メディア掲載情報
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo67』に、1/700航空母艦『アークロイヤル(アオシマ)』作例記事掲載
┣ イカロス出版『艦船プラモカタログ2018』に、1/700駆逐艦『島風』作例記事掲載
┗ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo68』に、1/700艦船模型作例記事×2隻、掲載予定。5月15日発売!

モデルファクトリーハイギヤード公式 スケールモデル完成品webショップ『CHERRY&ANCHOR』
(2018年2月10日、1/350特型駆逐艦精密完成品ほか、艦船模型完成品5隻入荷!)
↓↓↓
crbana.jpg

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(2018年1月9日更新!取引例およびメディア掲載作品に計14作品追加&工房紹介ページリニューアル)
↓↓↓
mfhbana.jpg

■次回模型展示会参加のお知らせ
┣ 『静岡ホビーショー 第29回モデラーズクラブ合同作品展』
┣ 開催日時:5月12日(土)9:00~17:00
┃       5月13日(日)9:00~16:00
┣ 開催場所:ツインメッセ静岡
┗ 出展ブース:『奈良模型愛好会』および『チームKen-1 & 鳶色の会』の各ブースに出展予定



■管理人オススメ!本格海戦ゲームアプリ「蒼焔の艦隊」■


↑Android版のダウンロードはこちら↑

↑iOS版のダウンロードはこちら↑

フル3Dで作成された艦艇で迫力の大海戦を勝ち抜いていくスマホゲーム。無料にて配信中!
(一部有料アイテムあり)

1/350原子力航空母艦『CVN-68 ニミッツ2007~』製作 その17

トランペッターモデルの1/350原子力航空母艦『CVN-68 ニミッツ』を製作中です。

本日からは、18系以外の艦載機の製作をご紹介します。

18041601.jpg
まずは、E-2C『ホークアイ』からです。トランペッターモデルの1/350『CVN-68 ニミッツ』には、E-2Cのパーツは付属していない為、同社の『CVA-63 キティホーク』のキットに付属のものを使用しました。

18041602.jpg
パーツはクリアーの単色成型となっているため、透明なフロントガラスを再現すべく、まずはガラス部分をゾルでマスキングしました。

18041603.jpg
続いて、機内色を兼ねた透け止めの黒サフをムラなく吹きます。

18041604.jpg
F/A-18とEA-18Gの時には、この下地のまま機体色を吹きましたが、E-2Cの機体色は上面、下面ともにかなり明るいグレーであることから、発色を上げる為の中間色として、ガイアノーツのサーフェイサーエヴォグレーを薄めに重ねました。

18041605.jpg
そして、機体下面をMr.カラー316番『ホワイトFS17875』、上面を同325番『グレーFS16440』に塗り分けました。塗装順は、まず下面色を全体に吹き、乾燥後に下面をゾルでマスキングしてから上面色を重ねる順序で行っています。(背景が黒い事もあって、上面色と下面色の差異が画像では確認しづらくなっていますが、肉眼で見るとかなりの明暗差があります)

18041606.jpg
車輪を塗り分け、主翼を折り畳んだ状態で接着すれば、基本部分は完成となります。

18041607.jpg
デカールはキティホークに付属の物を使用しました。マーキングはCAG機がディフォルトとなっているので、派手なマーキングは省略して星のマークと『NAVY』のロゴだけで仕上げています。

18041608.jpg
また、トランペッターのE-2Cは、プロペラの造形が非常に貧弱(写真左)だったため、数が余っていた同社のC-2『グレイハウンド』用のランナーパーツ(写真右側)を流用しました。これで、ターボプロップエンジン機らしい力強い雰囲気を演出することができます。

18041609.jpg
デカールを貼り、クリアーコーティングを終えた時点で、フロントガラスのマスキングを剥がしたのですが、このままでは窓枠がない状態(写真左側)になってしまいますので、縦方向のフレームを筆で描き入れました(写真右側)。

18041610.jpg
プロペラ先端の警戒線も、筆で描き入れたものです。これで計2機のE-2C『ホークアイ』が無事に完成しました。次回はC-2『グレイハウンド』の製作の様子をご紹介します。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓


艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

■メディア掲載情報
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo67』に、1/700航空母艦『アークロイヤル(アオシマ)』作例記事掲載
┣ イカロス出版『艦船プラモカタログ2018』に、1/700駆逐艦『島風』作例記事掲載
┗ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo68』に、1/700艦船模型作例記事×2隻、掲載予定。5月15日発売!

モデルファクトリーハイギヤード公式 スケールモデル完成品webショップ『CHERRY&ANCHOR』
(2018年2月10日、1/350特型駆逐艦精密完成品ほか、艦船模型完成品5隻入荷!)
↓↓↓
crbana.jpg

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(2018年1月9日更新!取引例およびメディア掲載作品に計14作品追加&工房紹介ページリニューアル)
↓↓↓
mfhbana.jpg

■次回模型展示会参加のお知らせ
┣ 『静岡ホビーショー 第29回モデラーズクラブ合同作品展』
┣ 開催日時:5月12日(土)9:00~17:00
┃       5月13日(日)9:00~16:00
┣ 開催場所:ツインメッセ静岡
┗ 出展ブース:『奈良模型愛好会』および『チームKen-1 & 鳶色の会』の各ブースに出展予定



■管理人オススメ!本格海戦ゲームアプリ「蒼焔の艦隊」■


↑Android版のダウンロードはこちら↑

↑iOS版のダウンロードはこちら↑

フル3Dで作成された艦艇で迫力の大海戦を勝ち抜いていくスマホゲーム。無料にて配信中!
(一部有料アイテムあり)

プロフィール

HIGH-GEARed

Author:HIGH-GEARed
奈良市在住、スケールモデル販売業者「モデルファクトリーハイギヤード」の製作担当兼代表をしております。

また、渡辺真郎の名前で『月刊モデルアート』、『艦船模型スペシャル』等の模型雑誌の作例記事も書かせていただいております。

「プロモデラーの人ってどんな生活をしているの?」という疑問に少しでもお答えできるよう、業務日記と日常日記を織り交ぜた内容でお届けしております。

当ブログの作品紹介はホームページの補助的な役割で活用しており、ホームページの方をメインとして、模型作例を多数掲載しております。 ぜひご覧ください。

HIGH-GEARed HOBBY WORKS!!
↓↓↓
http://nabeck.web.fc2.com/

模型製作ご依頼はこちら(お気軽にお問い合わせください)
↓↓↓
http://nabeck.web.fc2.com/hg-mdf.htm

コメントの投稿は必ず記名をお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR