FC2ブログ

1/700大阪商船『あるぜんちな丸』製作 その2

客船模型製作代行のご依頼をいただき、フジミの1/700大阪商船「あるぜんちな丸」のフルハルモデルを製作中です。

19083001.jpg
今回も、「あるぜんちな丸」製作の続きをご紹介します。前回までに船体とデッキの塗装が完了しましたので、まずは船体の各部と垂直面の窓にスミ入れを施し、最下段のデッキと居住区の外壁を接着しました。

19083002.jpg
続いて、上の層を重ねていきますが、(デッキの枚数が多いだけに)合わせ目に少しでも隙間があると、最終的に各層が少しずつ上にズレてしまって最上段のレベルが合わなくなってしまいます。今回はそうしたトラブルを防ぐ目的で、上段の各層は船体に取り付ける前に先に接着を済ませ、ブロックごとに積み上げていく方法を採りました。

19083003.jpg
組み立て中の船体を後部から見た様子。キャビン後部のデッキの青い部分は、水泳場にあたる部分です。

19083004.jpg
「あるぜんちな丸」級客船の特長である、美しい曲面構造のブリッジは2層にパーツ分けがなされて、ブリッジの窓や開口部が繊細に表現されています。

19083005.jpg
これで、船体主要部の組み立てが無事に完了しました。

19083006.jpg
続いて、救命ボートとマスト、デリックポストやブーム、通風筒などを取り付け、ようやく完成のイメージが見えてきました。

実際には、ボートダビットやラッタル、張り線や手すりなどの取り付けが終わっていませんので、まだ少し時間がかかる見込みですが、次回の更新時には完成写真をご紹介できればと思います。(←明日は原稿を書く仕事があるため、間に合うかは少々微妙な状況ですが、頑張ります)


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓
ninki01.png

艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

■メディア掲載情報
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo73』に、1/700戦艦『金剛』作例記事掲載。全国書店にて発売中!
┣ イカロス出版『いずも型護衛艦モデリングガイド』に、1/700護衛艦『かが』作例記事掲載。全国書店にて発売中!
┣ イカロス出版『あさひ型モデリングガイド』に1/700護衛艦『しらぬい』作例記事掲載。全国書店にて発売中!
┣ モデルアート社出版『月刊MODEL Art 2019年11月号』のマテリアル紹介記事に参加予定。9月26日発売予定!
┗ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo74』に、1/350作例記事掲載予定。11月15日発売予定!

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(2019年2月10日更新! 取引例と模型誌作例の計32作品を一挙公開!)
↓↓↓
mfhbana.jpg

モデルファクトリーハイギヤード公式 スケールモデル完成品webショップ『CHERRY&ANCHOR』
(2019年8月21日、1/350貨客船「氷川丸」完成品、再入荷!)
↓↓↓
crbana.jpg

●次回参加予定の展示会
┣ 「奈良模型愛好会 秋展2019」
┣ 日時:9月22日(日)13:00~20:00、9月23日(月祝)10:00~16:30
┣ 開催場所 :奈良県奈良市右京1丁目3-4 サンタウンプラザ すずらん館1階 すずらんサークル
┣ 交通:近鉄京都線・『高の原駅』駅下車 徒歩5分
┗ お問い合わせ先 :奈良模型愛好会 松本 hiro-orih.joker-joker@softbank.ne.jp
スポンサーサイト



1/700大阪商船『あるぜんちな丸』製作 その1

前回の1/700航空母艦「海鷹 http://modelfactoryhg.blog.fc2.com/blog-entry-1780.html 」に引き続き、今回からは、その「海鷹」の改装前の姿である、大阪商船「あるぜんちな丸」の製作をご紹介します。

19082901.jpg
キットはフジミ製を使用し、前回の「海鷹」と同様に、フルハルモデルとして製作します。

19082902.jpg
「あるぜんちな丸」と「海鷹」は船型が完全に同じですので、船底パーツも共通のものが用意されています。例によって吃水板を挟んで船体上部と船底パーツを接着し、基本部分の組み上げは完了となります。

19082903.jpg
船底部が「海鷹」と共通ということは、パーツの合いの劣悪さも共通ということを意味します。吃水板は場所によっては窪んでいたり、出っ張っていたりと、難しい処理を強いられますが、焦らずじっくり修正にかかりました。

19082904.jpg
前回、あまり詳しく紹介していなかった修正方法ですが、まずは合わせ目に瞬着パテを流したのち、視認性の良い黒サフを全体に吹いてから、合わせ目付近をきっちり磨き込む方法で行いました。

サフが落ちたところは磨き込みが完了したところになるので、再びサフを吹き、まだ残っている部分には再び瞬着パテを流して磨き込み……という作業を繰り返します。

19082905.jpg
同様の作業を4回程度繰り返した時点で、合わせ目の段付きは滑らかなラインに改善されました。

合わせ目を磨き込む際には、船体のラインを崩してしまわないよう、力加減やペーパーの番手の選び方をシビアに行う必要があるのですが、私は幸い(会社勤めをしていた頃に)樹脂製品の試作品の仕上げやモックアップ品の製作をしていた経験があるため、このような「荒れた面の修正」は得意分野となりました。

19082906.jpg
フジミの「あるぜんちな丸」は、デッキ構成が実船に準じて非常に繊細に再現されており、パーツもかなり多くなっています。

19082907.jpg
これだけデッキが多いとなると塗り分けが大変なのですが、今回はこの塗り分けを助けてくれるツールとして、モデルファクトリーハイギヤードの「1/700貨客船「ぶら志る丸」「あるぜんちな丸」(F社)用 甲板塗装マスキングシート http://www.cherry-anchor.com/shopdetail/000000000279/ 」を使用しました。

(パッケージは「ぶら志る丸」用となっていますが、「あるぜんちな丸」にも対応しています)

19082908.jpg
このシートは、最初からフジミの「あるぜんちな丸」級に合わせた形状にカットされているので、デッキ色を塗った後に貼り、ウインチや船倉ハッチなどの塗色を順番に重ねて仕上げていきます。

19082909.jpg
こうして、枚数の多いデッキも簡単に塗りあがりました。モデルファクトリーハイギヤードの甲板塗装用マスキングシートは、下記通販サイト「CHERRY&ANCHOR」にて、種類も豊富にそろえておりますので、艦船モデラーの皆さまはぜひご活用ください。

CHERRY&ANCHOR 甲板塗装マスキングシート通販ページ 
↓↓↓
http://www.cherry-anchor.com/shopbrand/ct14/

19082910.jpg
デッキの塗装と並行して、船体の方も無事に塗りあがりました。船体舷側のホワイトラインは塗装による表現で、ブリッジ下の途切れた部分には、日の丸のマーキングを追加する予定です。

次回も、1/700大阪商船「あるぜんちな丸」(フルハルモデル)製作記をご紹介します。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓
ninki01.png

艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

■メディア掲載情報
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo73』に、1/700戦艦『金剛』作例記事掲載。全国書店にて発売中!
┣ イカロス出版『いずも型護衛艦モデリングガイド』に、1/700護衛艦『かが』作例記事掲載。全国書店にて発売中!
┣ イカロス出版『あさひ型モデリングガイド』に1/700護衛艦『しらぬい』作例記事掲載。全国書店にて発売中!
┣ モデルアート社出版『月刊MODEL Art 2019年11月号』のマテリアル紹介記事に参加予定。9月26日発売予定!
┗ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo74』に、1/350作例記事掲載予定。11月15日発売予定!

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(2019年2月10日更新! 取引例と模型誌作例の計32作品を一挙公開!)
↓↓↓
mfhbana.jpg

モデルファクトリーハイギヤード公式 スケールモデル完成品webショップ『CHERRY&ANCHOR』
(2019年8月21日、1/350貨客船「氷川丸」完成品、再入荷!)
↓↓↓
crbana.jpg

●次回参加予定の展示会
┣ 「奈良模型愛好会 秋展2019」
┣ 日時:9月22日(日)13:00~20:00、9月23日(月祝)10:00~16:30
┣ 開催場所 :奈良県奈良市右京1丁目3-4 サンタウンプラザ すずらん館1階 すずらんサークル
┣ 交通:近鉄京都線・『高の原駅』駅下車 徒歩5分
┗ お問い合わせ先 :奈良模型愛好会 松本 hiro-orih.joker-joker@softbank.ne.jp

1/700航空母艦『海鷹』完成

艦船模型製作代行のご依頼をいただいて製作していた、フジミの帝国海軍シリーズ1/700航空母艦「海鷹」フルハルモデルが無事に完成しました。

本日は、完成写真をご紹介します。

bkatosama92.jpg
1/700航空母艦「海鷹」フルハルモデル、右舷艦首側からの全景。航空母艦「海鷹」は、大阪商船の豪華客船「あるぜんちな丸」を改装することで誕生した小型空母です。キットは船体上下の合いが極端に悪い点が少々残念ではあるのですが、丹念な処理を重ねることで、綺麗に一体化してくれました。

bkatosama93.jpg
1/700航空母艦「海鷹」フルハルモデル、右舷後部からの全景。ディテールアップには、キットに付属のエッチングパーツと別売りの「海鷹」専用パーツを使用していますが、それだけでは少々、間延びしている感が拭えなかったので、他艦種用のパーツをいくつか追加で使用することで全体的なバランス取りを行いました。

bkatosama94.jpg
また、高角砲や機銃、カッターなどは、ファインモールド製のナノドレッドシリーズのパーツと、ピットロードの新艦船装備セット(NEシリーズ)のパーツに順次切り替え、小物類のディテールも充実させています。

bkatosama95.jpg
フジミのエッチングには起倒式マストのトラスや、救助網などが含まれていなかったため、他艦種用エッチングパーツから、サイズの合うものを追加しました。

bkatosama96.jpg
左舷艦首側からの全景。このアングルで見ると、最上甲板から船底に至る船体形状は、商船形状をそのまま引き継いでいることがわかります。

bkatosama97.jpg
艦首左舷側の様子。キットには飛行甲板の白線標示のデカールが付属していなかったので、今回の製作では全ての表示を塗装で再現しました。(9mカッターのボートダビットには、クライプバンドの追加も行っています)

bkatosama98.jpg
飛行甲板上の策具は、フジミの別売りエッチングパーツによるものです。艦載機は、フジミのものは主翼が分厚くて実感を損ないそうでしたので、ウォーターラインシリーズの「日本航空母艦搭載機・前期セット」に切り替え、プロペラをエッチング化した艦攻を3機製作しました。

bkatosama99.jpg
なお、空中線は0.1号のメタルリギングで再現しました。

bkatosama100.jpg
航空母艦に改装される前の状態である、1/700大阪商船「あるぜんちな丸」とのツーショット。上部構造物は大きな変貌を遂げていますが、船体形状は全く同一であることが良くわかります。同一スケールでのフルハルモデルでの比較は、なかなか興味深いものになりました。

次回は、その1/700大阪商船「あるぜんちな丸」の製作をご紹介します。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓
ninki01.png

艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

■メディア掲載情報
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo73』に、1/700戦艦『金剛』作例記事掲載。全国書店にて発売中!
┣ イカロス出版『いずも型護衛艦モデリングガイド』に、1/700護衛艦『かが』作例記事掲載。全国書店にて発売中!
┣ イカロス出版『あさひ型モデリングガイド』に1/700護衛艦『しらぬい』作例記事掲載。全国書店にて発売中!
┣ モデルアート社出版『月刊MODEL Art 2019年11月号』のマテリアル紹介記事に参加予定。9月26日発売予定!
┗ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo74』に、1/350作例記事掲載予定。11月15日発売予定!

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(2019年2月10日更新! 取引例と模型誌作例の計32作品を一挙公開!)
↓↓↓
mfhbana.jpg

モデルファクトリーハイギヤード公式 スケールモデル完成品webショップ『CHERRY&ANCHOR』
(2019年8月21日、1/350貨客船「氷川丸」完成品、再入荷!)
↓↓↓
crbana.jpg

●次回参加予定の展示会
┣ 「奈良模型愛好会 秋展2019」
┣ 日時:9月22日(日)13:00~20:00、9月23日(月祝)10:00~16:30
┣ 開催場所 :奈良県奈良市右京1丁目3-4 サンタウンプラザ すずらん館1階 すずらんサークル
┣ 交通:近鉄京都線・『高の原駅』駅下車 徒歩5分
┗ お問い合わせ先 :奈良模型愛好会 松本 hiro-orih.joker-joker@softbank.ne.jp

1/700航空母艦『海鷹』製作 その2

艦船模型製作代行のご依頼をいただき、フジミの帝国海軍シリーズ、1/700航空母艦「海鷹」(フルハルモデル)を製作中です。

本日も、製作の続きをご紹介します。

19082701.jpg
前回までで、船体上下の合わせ目の処理が完了しました。写真左側が処理前、右側が処理後の様子で、吃水板の段付きが完全に消え、滑らかな面に整った様子が分かります。

19082702.jpg
その後、各種スポンソンと主錨、飛行甲板を取り付けると、早くも航空母艦としての全容が見えて参りました。

19082703.jpg
飛行甲板には、制動策や着艦制止策などがモールドされていますが、これは純正の別売りエッチングパーツに置き換えるため、全て切削しました。(写真上側が作業前、下側が作業後です)

19082704.jpg
これが、今回使用する「海鷹」専用エッチングパーツで、キットに付属のものと別売りのものの計2枚を使用します。

19082705.jpg
エッチングの取り付けを完了した、「海鷹」の全容。起倒式マストは、純正のエッチングはトラス部分が省略されていたので、他艦種用からサイズの合うものを流用しました。

19082706.jpg
飛行甲板下の艦橋は、ディフォルトでエッチングを使う仕様で、飛行甲板後端部の着艦標識も同様の構成となっています。

19082707.jpg
塗装は迷彩なしの仕様をご指定いただいたので、外舷色は(飛行甲板も含めて)軍艦色一色での仕上げとなりました。

19082708.jpg
飛行甲板上の白線標示はデカールが付属していないので、(風向き標示や紅白の着艦表示なども)全て塗装で仕上げております。

19082709.jpg
塗装を済ませた飛行甲板には、さきほど削り取った制動策や、着艦制止策をエッチングで復元しました。

19082710.jpg
対空兵装や9mカッターなどは、ファインモールド製のナノドレッドシリーズのパーツへの切り替えを行いました。次回は、完成写真をご紹介します


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓
ninki01.png

艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

■メディア掲載情報
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo73』に、1/700戦艦『金剛』作例記事掲載。全国書店にて発売中!
┣ イカロス出版『いずも型護衛艦モデリングガイド』に、1/700護衛艦『かが』作例記事掲載。全国書店にて発売中!
┣ イカロス出版『あさひ型モデリングガイド』に1/700護衛艦『しらぬい』作例記事掲載。全国書店にて発売中!
┣ モデルアート社出版『月刊MODEL Art 2019年11月号』のマテリアル紹介記事に参加予定。9月26日発売予定!
┗ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo74』に、1/350作例記事掲載予定。11月15日発売予定!

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(2019年2月10日更新! 取引例と模型誌作例の計32作品を一挙公開!)
↓↓↓
mfhbana.jpg

モデルファクトリーハイギヤード公式 スケールモデル完成品webショップ『CHERRY&ANCHOR』
(2019年8月21日、1/350貨客船「氷川丸」完成品、再入荷!)
↓↓↓
crbana.jpg

●次回参加予定の展示会
┣ 「奈良模型愛好会 秋展2019」
┣ 日時:9月22日(日)13:00~20:00、9月23日(月祝)10:00~16:30
┣ 開催場所 :奈良県奈良市右京1丁目3-4 サンタウンプラザ すずらん館1階 すずらんサークル
┣ 交通:近鉄京都線・『高の原駅』駅下車 徒歩5分
┗ お問い合わせ先 :奈良模型愛好会 松本 hiro-orih.joker-joker@softbank.ne.jp

1/700航空母艦『海鷹』製作 その1

昨日25日は「第7回 関西オートモデラーの集い! https://blogs.yahoo.co.jp/modeler_club_wednesday/16146884.html 」に参加しておりました。

会場で現地でお世話になりました皆さま、楽しいお時間をまことにありがとうございました。

当日のレポートはまた後日、掲載させていただく予定ですのでよろしくお願い申し上げます。


さて、ここからは再び業務日誌に戻ります。艦船模型製作代行のご依頼をいただき、1/700航空母艦「海鷹」の製作を(先週から)はじめておりますので、本日は製作の様子をご紹介します。

19082601.jpg
キットはフジミのものですが、洋上モデルの「特シリーズ」ではなく、フルハルモデルの「帝国海軍シリーズ」のものになります。今回はこのキットに純正の別売りエッチングパーツや、ナノドレッドパーツなどを使ってディテールアップを行います。

19082602.jpg
1/700のフルハルモデルキットといえば、船体が上下分割されていることが多く、吃水板のパーツの代わりに船底パーツを取り付けるのが普通です。ですがフジミの「海鷹」は非常に変わった構成となっておりまして、吃水板は吃水板で取り付け、その下に更に船底パーツを取り付ける珍しい組み合わせとなっています。

19082603.jpg
写真上側は、別売りの飾り脚と木製台座を船底パーツにボルト止めした様子。写真下側は、その上に吃水板を取り付けた様子です。

19082604.jpg
そして、その吃水板の上に船体上部を載せて、フルハル船体の完成となります。パーツの合いは劣悪というほかはなく、この写真のように若干、引いた絵でも吃水板の合わせ目が段付きとなって目立っている様子が分かります。

19082605.jpg
アップにすると、吃水板が船体上下よりも大幅に出っ張っている様子がわかります。これを修正するには、一旦、捨てサフを吹いたうえでサンディングを行い、磨いた部分を視覚的に確認しながら行うのが確実です。

19082606.jpg
とはいえ、1回や2回で整うほど甘くはなく、うっかりすると船体の曲面を崩してしまうことになるので、作業には慎重に慎重を重ねました。写真は、ほぼ段差が消えた状態ですが、瞬着パテをしようしても、一度で「す穴」を完全に消すのは難しいので、同様の処理を数回、繰り返しました。

19082607.jpg
結果、半日程度かかりましたが、ようやく滑らかな船体に仕上げることができました。次回も引き続き、1/700航空母艦「海鷹」の製作記をご紹介します。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓
ninki01.png

艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

■メディア掲載情報
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo73』に、1/700戦艦『金剛』作例記事掲載。全国書店にて発売中!
┣ イカロス出版『いずも型護衛艦モデリングガイド』に、1/700護衛艦『かが』作例記事掲載。全国書店にて発売中!
┣ イカロス出版『あさひ型モデリングガイド』に1/700護衛艦『しらぬい』作例記事掲載。全国書店にて発売中!
┣ モデルアート社出版『月刊MODEL Art 2019年11月号』のマテリアル紹介記事に参加予定。9月26日発売予定!
┗ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo74』に、1/350作例記事掲載予定。11月15日発売予定!

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(2019年2月10日更新! 取引例と模型誌作例の計32作品を一挙公開!)
↓↓↓
mfhbana.jpg

モデルファクトリーハイギヤード公式 スケールモデル完成品webショップ『CHERRY&ANCHOR』
(2019年8月21日、1/350貨客船「氷川丸」完成品、再入荷!)
↓↓↓
crbana.jpg

●次回参加予定の展示会
┣ 「奈良模型愛好会 秋展2019」
┣ 日時:9月22日(日)13:00~20:00、9月23日(月祝)10:00~16:30
┣ 開催場所 :奈良県奈良市右京1丁目3-4 サンタウンプラザ すずらん館1階 すずらんサークル
┣ 交通:近鉄京都線・『高の原駅』駅下車 徒歩5分
┗ お問い合わせ先 :奈良模型愛好会 松本 hiro-orih.joker-joker@softbank.ne.jp

1/350戦艦『武蔵』【番外編】 フィギュアの追加

先日、無事に完成した1/350戦艦「武蔵 http://modelfactoryhg.blog.fc2.com/blog-entry-1775.html 」ですが、その後、お客さまから更に「乗組員フィギュアを追加してほしい」というご要望をいただいたため、約30名に追加で乗艦してもらいました。

本日は、追加分も含めてフィギュアの配置に的を絞った完成写真を「番外編」としてご紹介します。

bfujiyoshisama016hd.jpg
まずは艦首の錨鎖孔付近。ここには錨鎖の固定状況を確認する水兵を3名配置してほしいというご要望をいただいたので、猿島工廠製のフィギュアを使って追加しました。(猿島工廠製品取扱店 DAMEYA-NET https://www.dameya.net/

bfujiyoshisama017hd.jpg
続いては波除板付近のホーサーリール前で、甲板清掃や主砲の手入れなどの作業前に整列が行われている様子を再現しました。1名の士官に対して8名の兵員を正対させたレイアウトで、兵員は基本的に直立姿勢ですが、多少、動きのあるものも加えることで、作業についての意見交換をしている様子を演出しました。

bfujiyoshisama018hd.jpg
こちらは、前回の完成写真でもご紹介した、猪口艦長による巡検のシーンですが、艦長の傍らに士官を1名、後続する兵員を一名追加し、合計7名に増員されました。

bfujiyoshisama019hd.jpg
防空指揮所の見張り員の人数は同じですが、羅津艦橋左舷の上部上空観察所にも1名、見張り員を追加しました。(この場所は床面積に少々余裕がないため、兵員を配置するスペースを確保するために、双眼鏡の角度を若干変更しました)

bfujiyoshisama020hd.jpg
艦橋後部には、ラッタルを駆けあがる兵員(赤丸部分)を追加し、旗甲板には(左舷に向かって)通行中の士官と兵員を1名ずつ追加しました。

bfujiyoshisama021hd.jpg
25mm三連装機銃へのフィギュア配置は、左舷高角砲増設甲板の中央部のみですが、ここにも2名の兵員を追加し、実銃を操作しているイメージに近づきました。

bfujiyoshisama022hdr.jpg
中央構造物上には、他に探照灯点検中の2名(緑丸部分)と、煙突外周部を移動中の兵員(赤丸部分)、そして単装機銃座の機銃員2名(黄丸)を追加し、動きのある表現となりました。

bfujiyoshisama026hd.jpg
後部第四副砲の脇では、荷物を持った兵員2名と、それを見送る立ち姿の兵員1名を追加しています。

bfujiyoshisama023hd.jpg
これは、以前の完成写真でもご紹介した、水偵搭乗員との離別のシーンで、この部分に関しては追加なしの現状維持となりました。

bfujiyoshisama024hd.jpg
その一方で左舷側の零観には、艦載機の台車を押す2名と誘導係の1名の兵員を、それぞれ追加しています。

bfujiyoshisama025hd.jpg
艦尾では軍艦旗の掲揚が行われていますが、ここも現状維持となり、乗組員フィギュアの総数は約50体となりました

今回の「武蔵」をご依頼いただきましたお客さまは、読書を多くなさっていることから各部の兵員配置のイメージが非常に的確で、説得力のある情景を実現することができました。

私が9月に製作予定の模型誌作例にもフィギュアの搭載を行う予定ですので、今回の製作で得たイメージを大いに参考にさせていただこうと思います。

(来週は、1/700航空母艦『海鷹』と、大阪商船『あるぜんちな丸』の製作記をご紹介します)


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。


この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓
ninki01.png

艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

■メディア掲載情報
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo73』に、1/700戦艦『金剛』作例記事掲載。全国書店にて発売中!
┣ イカロス出版『いずも型護衛艦モデリングガイド』に、1/700護衛艦『かが』作例記事掲載。全国書店にて発売中!
┣ イカロス出版『あさひ型モデリングガイド』に1/700護衛艦『しらぬい』作例記事掲載。全国書店にて発売中!
┗ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo74』に、1/350作例記事掲載予定。2019年11月15日発売予定!

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(2019年2月10日更新! 取引例と模型誌作例の計32作品を一挙公開!)
↓↓↓
mfhbana.jpg

モデルファクトリーハイギヤード公式 スケールモデル完成品webショップ『CHERRY&ANCHOR』
(2019年8月21日、1/350貨客船「氷川丸」完成品、再入荷!)
↓↓↓
crbana.jpg

●次回模型展示会出展のお知らせ
┣ 『第7回関西オートモデラーの集い』
┣ 案内ブログページ:https://blogs.yahoo.co.jp/modeler_club_wednesday/16146884.html
┣ 日時:2019年8月25日(11:30~17:30)
┗ 開催場所:ボークス大阪ショールーム8F

展示会出展のご案内【関西オートモデラーの集い】&【奈良模型愛好会 秋展】

8月下旬から9月下旬にかけては、模型作品展に2回参加いたしますので、本日はそのご案内をさせていただきます。

まずは、毎年恒例の「第7回 関西オートモデラーの集い」からです。

●第7回関西オートモデラーの集い

19082201.jpg
開催概要は、以下の通りです。

● 『第7回関西オートモデラーの集い』
┣ 案内ブログページ: https://blogs.yahoo.co.jp/modeler_club_wednesday/16146884.html
┣ 日時:2019年8月25日(11:30~17:30)
┗ 開催場所:ボークス大阪ショールーム8F

事前の参加申し込みが不要なオートモデル専門の作品展で、私は1/24「三菱パジェロ パリ~ル・カップ92」や、1/24「ザウバーメルセデスC9」、1/24「トヨタ SV-3」を新作として出展予定です。



●奈良模型愛好会2019秋展

続いては、こちらも毎秋恒例の「奈良模型愛好会 秋展」です。

19082202.jpg
開催概要は、以下の通りとなります。

●奈良模型愛好会2019秋展
┣日時:9月22日(日)13:00~20:00、9月23日(月祝)10:00~16:30
┣開催場所 :奈良県奈良市右京1丁目3-4 サンタウンプラザ すずらん館1階 すずらんサークル
┣交通:近鉄京都線・『高の原駅』駅下車 徒歩5分
┗お問い合わせ先 :奈良模型愛好会 松本 hiro-orih.joker-joker@softbank.ne.jp

当日、出展を予定している作品群は、以下の通りです。


●艦船模型

19082203.jpg
1/350戦艦『大和』(タミヤ)
【艦船模型スペシャルNo71作例】

19082211.jpg
1/700護衛艦「DDH-184 かが」(ハセガワ)
【イカロス出版 いずも型護衛艦モデリングガイド作例】(新作)

19082205.jpg
1/700日本郵船「讃岐丸」(フジミの陸軍特設輸送船からの改造)(新作)

19082212.jpg
1/700岡崎汽船「日豊丸」(フェアリー企画の特設給水船からの改造)

19082206.jpg
東海汽船「橘丸」、大阪商船「に志き丸」、関西汽船「くれない丸」(シールズモデルズ)(橘丸のみ新作)

●カーモデル

19082207.jpg
1/24「ザウバーメルセデスC9」(タミヤ)(新作)

19082208.jpg
1/24「三菱パジェロ パリ~ル・カップ92 篠塚建次郎」(タミヤ+シュンコ)

19082209.jpg
1/24「ランチア037ラリー 1984ツールド・コルス」(ハセガワ)
【製作中】

19082210.jpg
1/24「トヨタ SV-3」(フジミ)
【製作中】

以上ですが、9月は作例締切が少々厳しくなっておりますので、状況によっては製作中の作品がリスト落ちする可能性もございます。

(展示会の日程が近づきました際には、改めて修正版をお知らせいたします)

当日は、模型を愛する皆さまとご交流いただける機会を楽しみにしておりますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。



当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。

この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓
ninki01.png

艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

■メディア掲載情報
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo73』に、1/700戦艦『金剛』作例記事掲載。全国書店にて発売中!
┣ イカロス出版『いずも型護衛艦モデリングガイド』に、1/700護衛艦『かが』作例記事掲載。全国書店にて発売中!
┣ イカロス出版『あさひ型モデリングガイド』に1/700護衛艦『しらぬい』作例記事掲載。全国書店にて発売中!
┗ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo74』に、1/350作例記事掲載予定。2019年11月15日発売予定!

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(2019年2月10日更新! 取引例と模型誌作例の計32作品を一挙公開!)
↓↓↓
mfhbana.jpg

モデルファクトリーハイギヤード公式 スケールモデル完成品webショップ『CHERRY&ANCHOR』
(2019年8月21日、1/350貨客船「氷川丸」完成品、再入荷!)
↓↓↓
crbana.jpg

>>>模型展示会出展のお知らせ

● 『第7回関西オートモデラーの集い』
┣ 案内ブログページ:https://blogs.yahoo.co.jp/modeler_club_wednesday/16146884.html
┣ 日時:2019年8月25日(11:30~17:30)
┗ 開催場所:ボークス大阪ショールーム8F


●奈良模型愛好会2019秋展
┣日時:9月22日(日)13:00~20:00、9月23日(月祝)10:00~16:30
┣開催場所 :奈良県奈良市右京1丁目3-4 サンタウンプラザ すずらん館1階 すずらんサークル
┣交通:近鉄京都線・『高の原駅』駅下車 徒歩5分
┗お問い合わせ先 :奈良模型愛好会 松本 hiro-orih.joker-joker@softbank.ne.jp

1/350戦艦『武蔵』完成

艦船模型製作代行のご依頼をいただいて製作していた、1/350戦艦「武蔵」が完成しました。

本日は、完成写真をご紹介します。

bfujiyoshisama001.jpg
1/350戦艦「武蔵」、右舷前方からの全景。タミヤの1/350戦艦「武蔵」のキットは未だリニューアルが行われず、約40年前の設計のまま発売されているため、今回は2011年にリニューアルされたプレミアム版の「大和」をベースにしました。

bfujiyoshisama002.jpg
1/350戦艦「武蔵」、右舷後方からの全景。年代設定はレイテ沖海戦での最終時とし、ディテールアップにはポントスモデルのスーパーディテールアップセットを使用しました。このセットは、タミヤのリニューアル版「大和」を、「武蔵」にコンバージョンできるように設計されており、ディテールアップと装備の変更を同時に行うことができるスグレモノです。

bfujiyoshisama003.jpg
右舷艦首付近のクローズアップ。錨鎖甲板は独自に調色した塗料を使用し、亜鉛メッキコーティングの質感を再現しました。ボラードや旗竿は真鍮挽物パーツによるもので、真円度と強度を両立しています。

bfujiyoshisama004.jpg
第一、第二主砲塔と第一副砲塔の様子。主砲身は真鍮挽物パーツに切り替え、防水キャンパスもレジンパーツに交換しました。木甲板の色合いは(お客さまからのご希望で)黒塗装説を採用し、あまりコントラストが強くなりすぎない程度に着色しています。

bfujiyoshisama005.jpg
第一艦橋と煙突などが目立つ、中央構造物のクローズアップ。空中線は全て、0.3号のメタルリギングで処理しました。

bfujiyoshisama006.jpg
右舷後部から見た中央構造物。高角砲増設甲板に25mm三連装機銃を搭載した様子を再現し、増設機銃は全てシールドなしで仕上げました。

bfujiyoshisama007.jpg
航空作業甲板も錨鎖甲板と同様に、部分的に亜鉛メッキ塗装を再現しました。、艦載機は零式三座水上偵察機と零式観測機を2機ずつ(計4機)製作し、繋止位置は、お客さまとご相談の上、決定した場所に合わせました。

bfujiyoshisama008.jpg
1/350戦艦「武蔵」、左舷前方からの全景。舷側の汚水捨管の位置は、タミヤパーツの隠し穴として指定されている場所に合わせました。

bfujiyoshisama009.jpg
1/350戦艦「武蔵」、左舷後方からの全景。ディスプレイケースの台座には、特注のステンレス製銘板を取り付けています。

bfujiyoshisama010.jpg
左舷の第二主砲塔の脇には、猪口艦長による巡検のシーンを再現しました。今回の製作においては、お客さまより詳細なフィギュア配置のご希望をいただいておりましたので、そのイメージを出来る限り忠実に再現しました。

bfujiyoshisama011.jpg
前部艦橋のクローズアップ。「大和」最終時との違いは、背面のラッタルのレイアウトや旗甲板、22号電探の仕様や設置位置などです。信号旗と軍艦旗、将旗などは、お客さまのご指定に従い、艦橋信号ヤード左舷側にローマ字符号で「MUSASHI」、同じく艦橋信号ヤード右舷にZ旗と「2244」を掲揚しました。また、後部マスト頂部には、猪口少将座乗を示す少将旗も追加しています。

bfujiyoshisama012.jpg
高角砲増設甲板上の25mm三連装機銃にも、人員の配置をご希望いただきましたので、ご指定の人数を配置しました。今回の製作では、シールドなし25mm機銃は単装、三連装ともにファインモールド製のナノドレッドシリーズのパーツをベースに、銃身を真鍮挽物パーツに切り替えた仕様にて製作しています。

bfujiyoshisama013.jpg
左舷後方から、やや見下ろしアングルで見た艦中央部。舷側の舷外電路や短艇収納庫の換気扇はエッチングで再現し、係船桁や中央構造物の傾斜マストは真鍮挽物パーツに切り替えました。また、25mm三連装機銃の周りに応急的に設置された土嚢や対空噴進砲、150cm探照灯などは、ポントスモデルのレジンパーツを使用しています。

bfujiyoshisama014.jpg
航空作業甲板、左舷側からのクローズアップ。お客さまからのご希望により、格納庫には15m長官艇を収め、クレーンの左舷側には11m内火艇を設置しました。また、右舷側の水偵前では、以前に製作した1/350戦艦「大和 http://modelfactoryhg.blog.fc2.com/blog-entry-1648.html 」での表現に倣い、士官と整備兵が搭乗員3名を見送るシーンを再現しています。

bfujiyoshisama015.jpg
ステンレス製の銘板は当工房に特注いただいたもので、文字のレイアウトやフォントなどを詳細にご指定いただきました。今回の「武蔵」は黒甲板ですので、モノトーンイメージで作品の雰囲気にとても良く合ってくれたと思います。

以上で1/350戦艦『武蔵』の完成写真の紹介を終わりますが、更に大きい写真で見たいという方は、こちらのアドレスに倍程度のサイズの写真を掲載しておりますのでぜひクリックしてご覧ください
↓↓↓
http://nabeck.web.fc2.com/fujiyoshisama001.htm

今回の、リニューアル版「大和」をベースとした「武蔵」製作は、(ポントスモデルの充実したパーツ構成も手伝って)非常にやりがいのある内容となりました。

当工房をご信頼いただき、充実した内容にて製作をご依頼いただきましたお客様に、この場を借りて心より感謝を申し上げます。

長い製作記をご覧いただきまして、まことにありがとうございました。

(次回は、展示会のご案内をご紹介いたします)


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。


この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓
ninki01.png

艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

■メディア掲載情報
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo73』に、1/700戦艦『金剛』作例記事掲載。全国書店にて発売中!
┣ イカロス出版『いずも型護衛艦モデリングガイド』に、1/700護衛艦『かが』作例記事掲載。全国書店にて発売中!
┣ イカロス出版『あさひ型モデリングガイド』に1/700護衛艦『しらぬい』作例記事掲載。全国書店にて発売中!
┗ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo74』に、1/350作例記事掲載予定。2019年11月15日発売予定!

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(2019年2月10日更新! 取引例と模型誌作例の計32作品を一挙公開!)
↓↓↓
mfhbana.jpg

モデルファクトリーハイギヤード公式 スケールモデル完成品webショップ『CHERRY&ANCHOR』
(2019年8月21日、1/350貨客船「氷川丸」完成品、再入荷!)
↓↓↓
crbana.jpg

●次回模型展示会出展のお知らせ
┣ 『第7回関西オートモデラーの集い』
┣ 案内ブログページ:https://blogs.yahoo.co.jp/modeler_club_wednesday/16146884.html
┣ 日時:2019年8月25日(11:30~17:30)
┗ 開催場所:ボークス大阪ショールーム8F

1/350戦艦『武蔵』製作 その24

艦船模型製作代行のご依頼をいただき、タミヤの1/350戦艦『大和』リニューアルキットをベースに、戦艦『武蔵』を製作中です。

今回は、『武蔵』製作記の最終回ということで、画像13枚の拡大版となります。

19082001.jpg
中央構造物は塗り残しなどを防ぐために、なるべく小分けにした状態で個別に塗装を行いました。

19082002.jpg
外舷色にはMr.カラーの32番「軍艦色2」を使用し、塗装前にはいったん、下地を黒で隠蔽して光の透過を防ぐ処置を施しました。

19082003.jpg
増設機銃の土嚢は、ポントスモデルのパーツセットに付属していたレジンパーツを使用しています。塗装はグレーを数色重ね、ウォッシングとドライブラシで質感を演出しました。

19082004.jpg
探照灯と噴進砲も、精密レジン成形のパーツを使用しています。探照灯は、レンズ類を全て塗り残し、反射鏡の色はシルバーとしました。

19082005.jpg
ホーサーリールはタミヤ純正のパーツで、(最も小さいもの以外は)ドラム部がプラ成形で、リール本体は3枚のエッチングを組み合わせる構成です。

19082006.jpg
中央構造物を船体に固定し、土曜や噴進砲、ホーサーリールなどを組み込んだ様子。高角砲の射界制限枠は、個別に塗装しておいたもので、この段階で接着しました。

19082007.jpg
また、射界制限枠と同様、煙突と旗甲板を結ぶラッタルも個別に塗装を済ませたうえで、後付けしました。

19082008.jpg
航空作業甲板には、事前にお客さまと打ち合わせをした箇所に、水偵と零観をそれぞれ2機ずつ固定しました。(クレーン左舷側の11m内火艇も、お客さまからご指定いただいた搭載位置です)

19082009.jpg
ポントスモデルの真鍮挽物パーツ群の最後を飾るのは、艦首と艦尾の旗竿です。エッチングパーツとの組み合わせで強度のある仕上がりとなりました。

19082010.jpg
空中線は0.3号のメタルリギングで再現しました。信号旗と軍艦旗、将旗などについては、お客さまからかなり細かいご指定があり、艦橋信号ヤード左舷側にローマ字符号で「MUSASHI」、同じく艦橋信号ヤード右舷にZ旗と「2244」を掲揚しました。また、後部マスト頂部には、猪口敏平艦長の座乗に合わせて少将旗も追加しています。

19082011l.jpg
機銃やスクリュー、菊花紋章などを最後に取り付け、艦中央部も密度のあるディテール感となりました。

19082012.jpg
軍艦旗は艦尾旗竿に掲揚しています。スクリューシャフトはお客さまのご希望で、ゴールド塗装としました。

19082013.jpg
なお、この「武蔵」には、乗組員フィギュアも若干名搭載しています。今回は、従来使用していたノーススターやラーセナルのフィギュアに加えて、猿島工廠さんのフィギュアも使用しますので、完成写真公開の際に、各部の人員配置などをお楽しみいただけましたらと思います。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。


この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓
ninki01.png

艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

■メディア掲載情報
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo73』に、1/700戦艦『金剛』作例記事掲載。全国書店にて発売中!
┣ イカロス出版『いずも型護衛艦モデリングガイド』に、1/700護衛艦『かが』作例記事掲載。全国書店にて発売中!
┣ イカロス出版『あさひ型モデリングガイド』に1/700護衛艦『しらぬい』作例記事掲載。全国書店にて発売中!
┗ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo74』に、1/350作例記事掲載予定。2019年11月15日発売予定!

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(2019年2月10日更新! 取引例と模型誌作例の計32作品を一挙公開!)
↓↓↓
mfhbana.jpg

モデルファクトリーハイギヤード公式 スケールモデル完成品webショップ『CHERRY&ANCHOR』
(2019年7月12日、艦船模型甲板塗装用マスキングシート再入荷!)
↓↓↓
crbana.jpg

●次回模型展示会出展のお知らせ
┣ 『第7回関西オートモデラーの集い』
┣ 案内ブログページ:https://blogs.yahoo.co.jp/modeler_club_wednesday/16146884.html
┣ 日時:2019年8月25日(11:30~17:30)
┗ 開催場所:ボークス大阪ショールーム8F

1/350戦艦『武蔵』製作 その23

艦船模型製作代行のご依頼をいただき、タミヤの1/350戦艦『大和』リニューアルキットをベースに、戦艦『武蔵』を製作中です。

今回と次回にかけては、最終仕上げの様子をご紹介します。

19081901.jpg
前回までの時点で、航空作業甲板やバーペッドの製作を完了しましたので、今回は(これまでの製作から漏れていた)機銃座などを製作していきます。タミヤの「大和」では舷側のスポンソンがシールド付き機銃用となっていますが、「武蔵」ではシールドなし機銃の台座に変更する必要があるため、切り替え用のレジン&エッチングパーツの組み立て、塗装を行いました。

19081902.jpg
そして航空作業甲板の接着前には、艦載艇の固定も行いました。「15m長官艇は、左舷の艦載艇搬入口付近に固定」とのご要望をいただいていたのですが、吊り下げる形にすると輸送時の振動などで破損する可能性が高いため、ハッチを開けた状態で船首を内部に差し込み、隔壁部分を使って固定しました。

19081903.jpg
艦尾クレーンと射出機も、これまでの製作から漏れていましたが、この機会に完成させ、塗装まで一気に済ませました。

19081904.jpg
航空作業甲板を取り付け、機銃座と射出機&クレーンなどを取り付けた艦尾のクローズアップ。ボラードもすべて真鍮挽物パーツに切り替え、赤丸部分の操作ハンドルも真鍮挽物パーツ&エッチングの組み合わせで仕上げています。

19081905.jpg
主錨と錨鎖は繋げた状態でまとめて塗装しました。キットに付属の鎖は黒いので、外舷色に塗装することで一体感が高まります。

19081906k.jpg
錨鎖やケーブルホルダー、錨見台などを取り付けた錨鎖甲板。真鍮挽物のボラードは、取り付け箇所によって異なるサイズや形状も再現しており、実感的な仕上がりです。

19081907k.jpg
砲塔固定の様子。主砲塔は基部まで再現されているので、実艦のように船底部までしっかりと差し込みます。次回は中央構造物や機銃&探照灯などの取り付けとなり、「武蔵」製作記の最終回となる予定です。


当ブログは、艦船模型のブログランキングに参加させて頂いております。


この記事をご覧いただきました皆様には、応援として下記バナーを一回クリックしていただけましたら、幸いです。
↓↓↓
ninki01.png

艦船(模型・プラモデル) ブログランキングへ
(いつもご投票いただき、ありがとうございます)

■メディア掲載情報
┣ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo73』に、1/700戦艦『金剛』作例記事掲載。全国書店にて発売中!
┣ イカロス出版『いずも型護衛艦モデリングガイド』に、1/700護衛艦『かが』作例記事掲載。全国書店にて発売中!
┣ イカロス出版『あさひ型モデリングガイド』に1/700護衛艦『しらぬい』作例記事掲載。全国書店にて発売中!
┗ モデルアート社出版『艦船模型スペシャルNo74』に、1/350作例記事掲載予定。2019年11月15日発売予定!

艦船模型製作代行のご依頼は、モデルファクトリーハイギヤードへ!
(2019年2月10日更新! 取引例と模型誌作例の計32作品を一挙公開!)
↓↓↓
mfhbana.jpg

モデルファクトリーハイギヤード公式 スケールモデル完成品webショップ『CHERRY&ANCHOR』
(2019年7月12日、艦船模型甲板塗装用マスキングシート再入荷!)
↓↓↓
crbana.jpg

●次回模型展示会出展のお知らせ
┣ 『第7回関西オートモデラーの集い』
┣ 案内ブログページ:https://blogs.yahoo.co.jp/modeler_club_wednesday/16146884.html
┣ 日時:2019年8月25日(11:30~17:30)
┗ 開催場所:ボークス大阪ショールーム8F

プロフィール

HIGH-GEARed

Author:HIGH-GEARed
奈良市在住、スケールモデル販売業者「モデルファクトリーハイギヤード」の製作担当兼代表をしております。

また、渡辺真郎の名前で『月刊モデルアート』、『艦船模型スペシャル』等の模型雑誌の作例記事や考証記事を書かせていただいております。

このところ、無記名のコメント(名無し、通りすがり)などが増えております。HN記載のない投稿は全て削除しますので、ご注意ください

インターネット上とはいえ、人間同士の交流の場としてコメント欄を公開しておりますので、マナーをお守りいただき、フェアなお付き合いをよろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR